【体験談】私が精神科のカウンセラーの仕事を辞めたい、つらいと感じている理由


このページでは、精神科のカウンセラーを「辞めたい」「つらい」と感じている理由について、実際にカウンセラーの仕事をされている方の体験談をご紹介します。最後には、精神科のカウンセラーの仕事に向いている、おすすめな人はどんな人かも併せてお伝えしますので、ぜひ最後までお読みください。

回答者プロフィール

  • 属性:30代前半(女性)
  • お仕事:カウンセラー
  • 雇用形態:契約社員
  • エリア:大阪府

精神科のカウンセラーの仕事とは?

--まずは、仕事内容を教えてください。

精神科で、心の悩みを持って来院された患者様に対して、心理検査を行ったり、カウンセリングを行う仕事です。

精神的に疲弊されている方が来られるので、言葉の一つ一つにも気を遣いますし、場合によっては病状が悪化したり自殺をされるケースもあります。また、基本的に心理検査もカウンセリングもドクターからの指示になりますので、患者様が拒否された場合や怒ってしまった場合には、間に入って調整する役割も担っています。

最近では心理業務以外にも他機関や他職種との連携が求められており、積極的に外部に働きかけていくような仕事も増えてきています。

精神科のカウンセラーを辞めたいのは「自分のことを振り返らなければならない作業がキツイから」

--精神科のカウンセラーにおける仕事がつらい、辞めたいと思う理由は何ですか?

自分のことを振り返らなければならない作業がキツイからです。

--詳しく教えてください。

患者様の多くは、幼少期からの葛藤を抱えてこられる方です。心理学を学ばれる方は、多かれ少なかれ心理的な問題を抱えている方が多いというのが私の持論です。どこか、自分も救われたいような気持があったり、患者様が元気になっていく過程で、自分も元気になれるような感覚を持ちながら業務に取り組んでいるのではないでしょうか。

かくいう私もその一人でした。厳しい家庭で育ち、自己主張が許されず、自尊心や自己肯定感が非常に低い私ですが、自分なりに心理学を一生懸命学び、患者様にも真摯に向き合ってきたと思っていました。

心理検査やカウンセリングを行っていると、内面の深い部分を覗かせていただくことがあります。患者様の悩みに共鳴してしまったり、不安が移ってしまうようなことがあるので、心理士は自己鍛錬を欠かしません。しかし、それが段々と苦しくなってきたというのが現状です。

自己鍛錬の中には、ベテランな先生に自分を分析してもらう方法があるのですが、自分を振り返る作業というのは、自分の闇の部分を掘り起こす作業となり、思った以上につらくて苦しい過程です。どうして私はこんなに苦しい作業を続けているんだろうと日々落ち込んでいます。

--これからどうしていこうと考えていますか?

深い部分まで掘り起こさなくても、心に闇や傷を持っていても、普通に生活できている人は大勢います。私も他の仕事なら、それなりに明るく元気にやって行けたのではないかと思います。

決してお給料も高くはありません。自己鍛錬も無料ではありません。苦しみに対して対価が少なすぎるのです。心理学とは無縁な、全く違う職業を探そうと思っています。

精神科のカウンセラーに向いてるのは「ポジティブに考えられる癖がついている人」

--精神科のカウンセラーの仕事に向いてるのは、どのような人だと思いますか?

ポジティブに考えられる癖がついている人です。

ポジティブに考えようとすることは誰でもできます。どれだけ落ち込んでいても、ある程度回復すれば必ずできます。ですが、どんな方でもこの仕事に就けば、ポジティブに考える事が難しくなるような場面には遭遇するでしょう。

そんな時こそ、「自然に」「意識せずに」ポジティブな考えが浮かぶ人こそが、この仕事に向いているのではないかと思います。それほどに、深く暗い闇に落ち込んでしまうような場面が、多すぎる仕事です。テクニックや付け焼刃の理解では限界があると、身を持って体験しています。

いま転職する気がなくても転職サイトに登録しておいた方がいい

もし、いますぐに転職する気がなくても転職サイトに登録だけはしておきましょう。なぜなら、ストレス・疲労が限界に達すると、転職サイトに登録する気力すら無くなるから

日々求人情報を何気なくチェックしておき、もしいい求人が見つかったら、その時から具体的に転職活動を検討してみればいいのです。

求人サイトは登録無料です。優良な求人情報が集まる転職サイトのおすすめは、業界最大手のこちらのサイトです。

希望条件にあった新規求人や転職可能なおすすめ求人がメールで届くので、今すぐには転職できない、もしくは転職するつもりがなくても必ず登録しておきましょう。


こちらのページもよく読まれています

【体験談】私が人事の仕事を辞めたい、つらいと感じている理由

このページでは、人事を「辞めたい」「つらい」と感じている理由について、実際に人事の仕事をされている方の体験談をご紹介します。最後には、人事の仕事に向いている、おすすめな人はどんな人かも併せてお伝えしますので、ぜひ最後まで […]

記事を読む

【体験談】私がアパレル販売員の仕事を辞めたい、つらいと感じている理由

このページでは、アパレル販売員の仕事を「辞めたい」「つらい」と感じている理由について、実際に仕事をされている方の体験談をご紹介します。またアパレル販売員の仕事に向いている、おすすめな人はどんな人かも併せてお伝えしますので […]

記事を読む

作業療法士
【体験談】私が作業療法士の仕事を辞めたい、つらいと感じている理由

このページでは、作業療法士の仕事を「辞めたい」「つらい」と感じている理由について、実際に仕事をされている方の体験談をご紹介します。また作業療法士の仕事に向いている、おすすめな人はどんな人かも併せてお伝えしますので、ぜひ最 […]

記事を読む

自動販売機
【体験談】私が自動販売機メンテナンスの仕事を辞めたい、つらいと感じている理由

このページでは、自動販売機メンテナンスを「辞めたい」「つらい」と感じている理由について、実際に自動販売機メンテナンスの仕事をされている方の体験談をご紹介します。最後には、自動販売機メンテナンスの仕事に向いている、おすすめ […]

記事を読む

【将来が不安】私が卸売業の仕事を辞めたい、つらいと感じている理由

このページでは、卸売業の仕事を「辞めたい」「つらい」と感じている理由について、実際に仕事をされている方の体験談をご紹介します。また卸売業の仕事に向いている、おすすめな人はどんな人かも併せてお伝えしますので、ぜひ最後までお […]

記事を読む

【体験談】私が介護士の仕事を辞めたい、つらいと感じている理由

このページでは、介護士の仕事を「辞めたい」「つらい」と感じている理由について、実際に仕事をされている方の体験談をご紹介します。また介護士の仕事に向いている、おすすめな人はどんな人かも併せてお伝えしますので、ぜひ最後までお […]

記事を読む

保育の現場
保育士に向いている人、向いていない人ってどんな人?

私は早いもので保育士として働きだして12年が過ぎようとしています。今までたくさんの新人保育士を見てきました。当然保育士も人間ですから、十人十色でそれぞれの考え方、特徴があります。 今回は保育士に向いている人、向いていない […]

記事を読む

本
【体験談】私が出版業界の仕事を辞めたい、つらいと感じている理由

このページでは、出版業界を「辞めたい」「つらい」と感じている理由について、実際に出版業界の仕事をされている方の体験談をご紹介します。最後には、出版業界の仕事に向いている、おすすめな人はどんな人かも併せてお伝えしますので、 […]

記事を読む

【体験談】私がホテルの仕事を辞めたい、つらいと感じている理由

このページでは、ホテルの仕事を「辞めたい」「つらい」と感じている理由について、実際に仕事をされている方の体験談をご紹介します。またホテルの仕事に向いている、おすすめな人はどんな人かも併せてお伝えしますので、ぜひ最後までお […]

記事を読む

言語聴覚士
【体験談】私が言語聴覚士の仕事を辞めたい、つらいと感じている理由

このページでは、言語聴覚士を「辞めたい」「つらい」と感じている理由について、実際に言語聴覚士の仕事をされている方の体験談をご紹介します。最後には、言語聴覚士の仕事に向いている、おすすめな人はどんな人かも併せてお伝えします […]

記事を読む

   
【体験談】私がアシスタントWebディレクターの仕事を辞めたい、つらいと感じている理由

このページでは、アシスタントWebディレクターの仕事を「辞めたい」「つ

塾講師
【体験談】私が塾の仕事を辞めたい、つらいと感じている理由

このページでは、塾の仕事を「辞めたい」「つらい」と感じている理由につい

作業療法士
【体験談】私が理学療法士の仕事を辞めたい、つらいと感じている理由

このページでは、理学療法士の仕事を「辞めたい」「つらい」と感じている理

【体験談】私がメガネショップの仕事を辞めたい、つらいと感じている理由

このページでは、メガネショップの仕事を「辞めたい」「つらい」と感じてい

【体験談】私がテレアポ営業の仕事を辞めたい、つらいと感じている理由

このページでは、テレアポ営業の仕事を「辞めたい」「つらい」と感じている

→もっと見る

PAGE TOP ↑