【DWE】ストレート・プレイとは?他プログラムとの違いや内容・効果も説明

この記事では、ディズニー英語システム(DWE)の教材ストレート・プレイについて解説していきます。

ストレート・プレイについての基本的な情報とともに、以下のような疑問についてわかるようにご紹介します。

  • 価格は?
  • どうやって使う教材?
  • どんな効果が期待できる?
  • 中古じゃだめ?

また実際に使っているライターによる体験談や、使い方の工夫などもたっぷりお伝えしています。

  • ディズニー英語システム(DWE)を前向きに検討したい
  • ストレート・プレイの効果的な使い方を知りたい

という方の参考になれば幸いです!


この記事を書いた人

ディズニー英語システム(DWE)歴2年11ヶ月。上の子が1歳になったタイミングでDWEを購入しました。現在上の子は4歳でブルーキャップ。英語での会話や、遊びや日常生活をほぼ英語のみ(シンプルな文章)でも過ごすことができます。下の子は2歳で、簡単な英語での問いかけに単語で答えることができたり、簡単な文もいくつか話すことができます。英語の歌も何曲か歌えます。

ストレート・プレイとは

子どもは、自分に向けられる言葉と体験している事とを関連づけることを繰り返しながら言葉の意味を理解し、母国語を身につけていきます。ディズニー英語システム(DWE)はこのプロセスを再現し、子どもが自ら英語を学び取っていくよう、とてもよく考えられた教材です。

その中でも、ストレート・プレイは、DWEの1〜12のそれぞれお話を映像で楽しむ事ができます。ディズニーキャラクター達がたくさん登場するので、子どもは楽しく見る事ができますよ。言葉とキャラクターの動きが正しく一致しているので、日本語が一切無くても自然に英語を理解できるように作られています。

また、単語、文法にも丁寧に触れられていて、ナレーションによる問いかけも多く、ポーズの後に答えも言ってくれます。そのため、表現の仕方、質問への答え方も自然に身につきます。

ストレート・プレイのセット内容・価格

ストレート・プレイのセット内容


引用元:ワールドファミリー公式ホームページ

ストレート・プレイは、ブルーレイ(DVD)全12巻分で構成されています。
ブルー、グリーン、ライムグリーン、イエローのパッケージが3巻ずつあり、それぞれがメインプログラムの教材(ブック、ステップ・バイ・ステップなど)や補助教材(ミッキー・マジックペンセット、ミッキー・マジックペン・アドベンチャーセット、Q&Aカード、レッツプレイ)の同じカラーとレベル的に連動しています。

ストレート・プレイの価格

最初に注意しておきたいのが、ストレート・プレイのみを単品で正規購入することはできない、という点です。

ストレート・プレイを含まないパッケージ(ドナルド・パッケージ)や、シング・アロングを正規で単品購入した後に追加購入する場合の価格は

  • 181,440円(税込・一括払)

です。

ストレート・プレイの対象年齢 何歳から使える?

ストレート・プレイはインプット教材なので、何歳の子どもでも使う事ができます。
0歳の赤ちゃんにも、インプット素材の一つとして使ってOK。プレイ・アロングやシング・アロングのかけ流しに飽きてしまった時の代わりとして取り入れてみるのも良いでしょう。子どもが小さい時に、メイン・プログラムのお話の内容に親しんでおくことは大切です。

メイン・プログラムの1〜12のお話は4色に色分けされており、ブルー、グリーン、ライム、イエローの順に内容は難しくなります。ストレート・プレイを一度ひと通り見たあとは、子どもが小さいからとやさしい内容のお話に限定せず、好きなお話を楽しみましょう。

ストレート・プレイの効果的な使い方

0歳〜2歳くらいのお子さまが主に使うのはプレイ・アロングです。ストレート・プレイは子どもの興味に合わせて、色や順番にこだわらず好きなところを楽しみ、お話に親しんでいくといいですよ。

子どもがプレイ・アロングを十分に楽しんだら、DWEを4色の色ごとに使っていきましょう。ストレート・プレイを中心に、ブルーから順番に進め、シング・アロングなど他プログラムも併せて楽しんでいきましょう。

DWEのお話やお歌に十分親しむと、ステップ・バイ・ステップを始めていきます。進めているレッスンと対応するお話をストレート・プレイで見て、予習や復習をしていきましょう。

ストレート・プレイと他プログラムの違い・関係性は?

ストレート・プレイとシング・アロングの違い・関係性

シング・アロングはDWEのストーリーに沿ったお歌だけが収録されていて、お歌を覚えて歌い、実際のアウトプットに繋げる、という教材です。
一方ストレート・プレイは、そのストーリーを映像で見て、状況、表現が正しく理解できるように作られている教材です。さらに、ストレート・プレイには、シング・アロングでは出てこない、クラシックディズニーの映像もたくさん含まれています。リニューアル後の教材であれば、大人気のプリンセスやピクサーのキャラクター達もたくさん出てきます。大好きなキャラクターが出てくると、子どもはより興味を持って見るはずです。

» シング・アロングについて詳しくはこちら

ストレート・プレイとステップ・バイ・ステップの違い・関係性

ステップ・バイ・ステップは、塗り絵やステッカーなどを使ったアクティビティなどを通して英語の定着を図る、レッスン形式のアウトプット教材になります。ストレート・プレイに出てくるお話や、シング・アロングのお歌をもとに進んでいきます。

一方、ストレート・プレイはDWEブックと連動したストーリーを楽しみながら英語を学ぶインプット教材です。ストレート・プレイを使ってストーリーを十分に楽しんでから、ステップ・バイ・ステップに進むようにしましょう。進めていくうちに、子どもが理解していなかった部分が分かる事があります。そんな時は、対応するストレート・プレイに戻り、またお話を楽しむようにしましょう。

ストレート・プレイとシング・アロング 買うならどっち?

シング・アロングは英語のリズム、重要な文法、構文がまるごとお歌で覚えられるようになっています。聞き流しとして使っていても子どももお歌に合わせて歌いやすいです。

» シング・アロングについて詳しくはこちら

ストレート・プレイは純粋にストーリーとして楽しめる教材です。問いかけを挟んだりとインタラクティブな作りになっているので、子どもは引き込まれるように見る事ができると思います。教材同士が連動しているので、ストーリー中にシング・アロングのお歌もたくさん登場します。ただ、お歌よりもナレーションやキャラクターの声がメインになっているので、小さな子どもだと集中力が続かない事はあるかもしれません。かけ流しでも子どもの頭にはしっかり英語がインプットされるので、お子さまの集中力に一喜一憂しないことをおすすめします。

ストレート・プレイを中古で購入するのはどう?

ストレート・プレイ単体でも一定の効果は得られると思いますが、単品で使うのであればシング・アロングの方がおすすめできるかもしれません。
シング・アロングは、日常会話に必須かつ重要な表現や文法・構文などを楽しいお歌にぎゅっと詰め込んだ教材です。何度も繰り返し聞き、口ずさんだり歌ったりすることで、必要な英語が頭に染み込んでいきます。単品使いをするなら、シング・アロングをひたすらかけ流すのが一番簡単で効果的だと思います。

一点注意したいのが、中古で購入した場合はWFC(ワールド・ファミリー・クラブ)の会員になることができないという点です。そのため、万が一破損やトラブルが起きた場合の交換対応は望めません。また、壊れたDVDを一枚だけ…といった買い方は中古ではなかなか難しいことも、あらかじめ考慮しておくと良いでしょう。

「買い切りでも構わないから、とりあえず試してみたい」

という方は、中古で購入するのもありだと思います。

また、デイズニー英語システムは教材のセット同士がそれぞれ連動しており、同じ内容をさまざまな角度から繰り返し学習することで英語を身につけていける点が特徴の一つです。できれば他の教材も合わせて取り組むのがベスト、という点も覚えておいていただければと思います。

ストレート・プレイの体験談!我が家はこんな風に楽しんでいます

我が家はリニューアル前の教材を使っています。クラシックディズニーの映像部分は、笑える箇所などもあり面白いようで、上の子は大好きです。2歳になる前からストレート・プレイに夢中になりました。音声と同時に文字も出る事もあるので、最近はこれらの文字に興味を持つようにもなりました。

生まれた時からストレート・プレイを見聞きしている下の子は、「happy」、「angry」などを1歳から表情や仕草で示していました。小さい子どもでも映像を見て意味をつかむ事ができる事を実感しました。現在2歳ですが、DWEのブックスが大好きでよく読み聞かせしています。ブックスはストレート・プレイに対応しているので、ストレート・プレイを見せると、この話知ってる!ととても嬉しそうに見ています。

また、DWE以外でディズニーの映像を見た時に、ストレート・プレイの映像とたまたま一致する時があります。その時は、もう一度ストレート・プレイのあの場面を見てみようか、と楽しんだりしています。

       
英会話アシュフォート
英会話アシュフォート

スクール名:英会話アシュフォート 英語レベル:初心者 (目安:TOEI

バズ・イングリッシュ・スタジオ
バズ・イングリッシュ・スタジオ

スクール名:バズ・イングリッシュ・スタジオ 英語レベル:初級者 (目安

ECC外語学院 南草津校
ECC外語学院 南草津校

スクール名:ECC外語学院 南草津校 英語レベル:初心者 (目安:TO

ECC外語学院 BiViつくば校
ECC外語学院 BiViつくば校

スクール名:ECC外語学院 BiViつくば校 英語レベル:初級者 (目

ECC外語学院 イオンモール名古屋みなと校
ECC外語学院 イオンモール名古屋みなと校

スクール名:ECC外語学院 イオンモール名古屋みなと校 英語レベル:初

英会話教室体験談の一覧はこちら
PAGE TOP ↑