小樽商科大学の評判・口コミ【商学部編】

2019/09/13


このページでは、小樽商科大学 商学部の卒業生から聞いた、小樽商科大学の魅力や雰囲気、特色に関する体験談をご紹介します。「ブランド力がある」「授業が少ない」など、良い口コミや悪い評判を含めた、在籍している人ならではのリアルな実体験をお伝えしますので、樽商に対するイメージを具体的にしたいとお考えの方は、ぜひご覧ください。

※画像は各大学HPより引用(URLは基本情報欄に記載)

回答者プロフィール

  • 大学:小樽商科大学 商学部 経済学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学2年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

目次

小樽商科大学(商学部)に対して満足している点はブランド力があるところ
実践的な大学である点にも満足
不満は授業が少ないところ
小樽商科大学のおすすめ学部は「商学部」
小樽商科大学に通って良かった?
小樽商科大学 商学部の基本情報

小樽商科大学(商学部)に対して満足している点はブランド力があるところ

--小樽商科大学(商学部)に対して魅力に感じている点を教えていただけますか?

ブランド力があるところです。

--詳しく教えてください。

北海道において、北海道大学に次ぐ大学であり、ブランド力があります。それゆえに北海道での就活では有利に立てます。受験の難易度に比べて、北海道ではとても高く評価されるのに加えて、昔は北海道大学には経済学部がなかったために小樽商大に経済系を目指すレベルが高い人が入る傾向があったため、その人たちが現在の会社で重役になったり、出世しているので地味に名の知れている大学で地方の大学にしては評価も高いので就職のとき有利になります。


実践的な大学である点にも満足

--ほかにも、小樽商科大学に対して満足しているところはありますか?

実践的な大学である点です。

小樽商科大学はめずらしいことに、学生ベンチャー企業がたくさんあります。学生ベンチャーといったらどちらかというとITなど理系分野を想像する人も多いと思いますが、文系の大学で学生ベンチャーが盛んなのは珍しいと思います。また授業の一環として、インターンシップや地方創生に関するフィールドワークのような実践的な単位をもらえる活動をすることができます。このような活動によって早くから、学問と仕事を同時に学べることができます。


不満は授業が少ないところ

--一方で、小樽商科大学(商学部)に対して不満に感じている点を教えてください。

授業が少ないところです。

教員数は大学の規模に対しては多いと言われていますが、あくまで規模に対してというもので、少ないのが実際のところです。経済、商学、企業法、社会情報学の4学科にさらに分散しているため、自分の興味のある学問テーマに沿った先生がいない時があり、授業が開講されていないということがあります。また授業が少ないために時間割を組むときにどうしてもいれたくない時間に入れることになったり、興味がなくても取らないといけないといったことが起こります。

--なるほど、他にもありますか?

キャンパスの立地条件が悪い点です。

大学は小樽にあり、札幌からJRで4、50分程度かかります。JRの駅から遠いところに住んでいる人は学校に行くためにJRと合わせて、2時間以上かけて通う人もいます。そのため1講目の授業のためにとても早く起きねばならなくて、睡眠不足で授業に集中できない学生も多いです。さらに小樽駅のそばに大学があるわけではなくて、地獄坂と呼ばれる急斜面を登ったさきに大学があり、徒歩で駅から行くには大変で、みんなバスにのりぎゅうぎゅうづめのバスにのるはめになります。

小樽商科大学のおすすめ学部は「商学部」

--では、小樽商科大学にある学部の中で、おすすめの学部はどこですか?

商学部です。

大学は商学部しかありません。しかしその商学部の中に4学科あり、様々な授業を受けることができます。自分は経済学科に属していますが、ゼミは商学科に属しています。経済学で学んだ知識を経営や会計に活かして勉強しています。そういったことが商学部内でできるので良いと思います。

小樽商科大学に通って良かった?

--小樽商科大学に通って良かったと思うか、教えてください。

はい、通って良かったと思います。

小樽商科大学は商学部1つですが4つの学科に分かれていて、学生は商学部に一括で入学します。1年間は学科に所属せず、2年生から成績順に行きたい学科を選ぶことができます。成績が悪いと選べないのですが、1年目では各学科の内容を紹介に近い授業があり、自分の興味のある分野がどの学科なのが授業を受けながら見極めることができ、自分にあう学科を受けることができました。また、所属した学科以外の授業も単位に含めることができて、幅広く学ぶことができます。




人気記事 【学歴フィルター42校】どの大学から学歴フィルタに引っかかる?口コミから検証

人気記事 【大学ランク】大学をSランクからEランクまで格付け(2019年4月調査)

小樽商科大学 商学部の基本情報

  • 名称:小樽商科大学 商学部
  • 法人名:国立大学法人小樽商科大学
  • キャンパス:本キャンパス
  • アクセス:JR函館本線小樽駅下車、駅前のJRバス2番乗場から(19)小樽商大線で、終点(小樽商大前)下車、徒歩1分
  • 所在地:〒047-8501 北海道小樽市緑3丁目5の21
  • 公式HP:https://www.otaru-uc.ac.jp/faculties/

小樽商科大学の評判・口コミ体験談をもっと見るなら

小樽商科大学 商学部

小樽商科大学の評判・口コミ【商学部編】

評価:★★★★☆(満足) / 4年生・男性

志望理由

私自身、高校生の時は典型的な理系であり、大学受験においても理学部や工学部を目指して勉強していました。しかし、1年目の大学受験に失敗してしまい浪人生活を送ることになりまし…続きを読む

学んでいること

小樽商科大学は主にビジネス分野の講義が多く開講されており、その中でも私はマーケティング分野の勉強を行いました。実際に存在する業界シェアの高い企業をピックアップし、その企…続きを読む

満足している点

多文化に触れられるところです。小樽商科大学は、学生の全体数や規模は他校に比べてかなり小さい方だと思うのですが、海外留学や多文化交流がとてもさかんな大学だと思います。講義練でも食堂でも、多くの留学生が…続きを読む

不満に感じている点

校舎がとても小さい点です。小樽商科大学は山の中腹にあるため、広い土地を確保できず、必要最低限の施設しかなく、とてもコンパクトな造りになっています。施設も大きく分けて、講義棟、図書館、体育館、生協…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


小樽商科大学 商学部

小樽商科大学の評判・口コミ【商学部編】

評価:★★★★☆(満足) / 大学4年生・女性

満足している点

留学制度が充実していることです。私は大学の交換留学制度を利用して留学したのですが、その際に奨学金として10万円が給付されたり、協定大学で取得した単位が大学の単位と互換で取得できたりしました。そのため4…続きを読む

不満に感じている点

キャンパス周辺の坂がきついところです。学校の立地が非常に不満です。小樽駅からバスで10分程度なので、距離的にはあまり遠くありません。しかし、山の中腹にあるため坂がきつく、徒歩では通いにくいです。冬場は地面が…続きを読む

おすすめ学部:商学部

私の大学は単科大学であるということもあり、おすすめの学部は必然的に商学部になってしまいます。しかし商学部には4つの学科があるため、商学だけでなく、非常に多岐にわたった分…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


小樽商科大学の評判・口コミ【商学部編】

評価:★★★★☆(満足) / 大学卒業後2年以内・女性

満足している点

ゼミ・研究室です。専攻できる分野が数多くあります。商学系の大学ではありますが、1年次の必須科目として「心理学」や「哲学」がありますから、当然その方面に特化した教授もいらっしゃいます。自分…続きを読む

不満に感じている点

キャンパスの立地です。大学が山の上にありますから、通学は非常に不便です。自分は小樽で一人暮らしをしていましたが、そもそも小樽は坂が多く、通学以外の日常生活も苦労しました。一人暮らしをしている…続きを読む

おすすめ学部:社会情報学科

一番人気の学科は商学科ではあります。しかしながら、これほどまでにインターネットが普及した社会では、社会情報学科が今後に強いかと思います。社会情報学科ではプログラミングが…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます




小樽商科大学の口コミ・評判一覧をチェック (全4件)
※小樽商科大学の口コミ一覧ページへ遷移します



       
北海道大学の評判・口コミ【文学部編】

このページでは、北海道大学 文学部の卒業生から聞いた、北海道大学の魅力

新潟工科大学の評判・口コミ【情報電子工学科編】

このページでは、新潟工科大学 情報電子工学科の卒業生から聞いた、新潟工

武庫川女子大学の評判・口コミ【文学部編】

このページでは、武庫川女子大学 文学部の卒業生から聞いた、武庫川女子大

学習院大学の評判・口コミ【文学部編】

このページでは、学習院大学 文学部の卒業生から聞いた、学習院大学の魅力

京都産業大学の評判・口コミ【現代社会学部編】

このページでは、京都産業大学 現代社会学部の卒業生から聞いた、京都産業

→もっと見る