文学部に通うならどの大学がおすすめ?口コミからみた評価の高い大学6選

本記事では、文学部で何を学ぶのかを簡単にお伝えした上で、文学部を目指すならぜひ知っていただきたいおすすめ大学を6つご紹介します。各大学の特徴と併せて、実際に通ったことのある方の口コミを掲載していますので、ぜひ参考にしてください。

口コミ評価の高いおすすめ大学【文学部】

このページの目次

文学部ってどんなことを勉強する学部なの?
法学部のあるおすすめの大学6選【口コミあり】
   京都大学 文学部
   立命館大学 文学部
   青山学院大学 文学部
   東京大学 文学部
   慶應義塾大学 文学部
   愛知大学 文学部
さいごに
文学部の口コミ・評判一覧

文学部ってどんなことを勉強するの?

文学部は、「文」すなわち「ことば」を鍵として、人間の営みに関わる様々な事象を解き明かす学部です。学びの領域は大変幅広く、以下にあげるもの以外にも多くの学問があります。

  • 文(ことば)そのものを追究する学問=言語学、語学など
  • 文(ことば)で書かれたものを読み解く学問=日本文学、英米文学など
  • 文(ことば)に残された過去を明らかにする学問=歴史学、考古学など
  • 文(ことば)を頼りに人間の思想や心理を探る学問=哲学、心理学など
  • 文(ことば)から生まれた文化を知る学問=映画学・芸術学など

文学部というと、読書好きな学生が集い、有名作品の解読に没頭するアカデミックな学部というイメージをお持ちの方も多いかもしれません。もちろん文学について学ぶ学科もありますが、そればかりではないのです。

学びの内容が異なれば、学びのスタイルも様々。講義形式の授業だけでなく、学生同士のディスカッション、学外でのフィールドワークや調査などがある場合もあります。

文学部のあるおすすめの大学6選【口コミあり】

京都大学 文学部

京都大学 文学部

6つの系から32の専修へ、学びを深く追究できる

1年目は全学共通科目で基礎を固め、2年目から6つの系(東洋文化学、西洋文化学、哲学基礎文化学、歴史基礎文化学、行動・環境文化学、基礎現代文化学)に分かれます。そして3年目には、さらに細分化された32の専修から希望の内容を選んで、深く追究していきます。

年次が上がるごとに専門分野を絞りこんでいくので、入学時に学びたい分野が定まっていなくても安心ですし、学習内容と自分の興味との間に乖離がないことを確認しながら進んでいけます。また、専修の選択肢が豊富であることから、自分の学びたい分野が見つかりやすく、他大学にはないような視点から学べるのも京都大学文学部のメリットです。

文学部は研究の選択肢が比較的広いと言えます。言語、社会、歴史が主な3つの柱ではありますが、その中で行われていることは多種多様であり、文学部なのに理系的な研究をしているという分野もあります。

私が所属している地理学も文理融合したような学問であり、周囲には理系から転向したという方もおります。研究内容についてもシミュレーションのような仮想的なものから、フィールドワークのような地道なものまであり、また教授陣も研究の指針を親身に考えてくださるので、自分に合ったスタイルで研究を続けていけるというのが京都大学文学部の魅力だと思います。

京都大学の評判・口コミ【文学部編】

多様な専修(=研究室)が開講されています。文学系だけでも国文学、英文学、フランス文学、イタリア文学、ドイツ文学、ロシア文学、サンスクリット文学など個性的なものもたくさんあります。その他美学美術史学、キリスト教学、二十世紀学、などなど。

京都大学の評判・口コミ【文学部編】

京大の文学部は社会学も学べるのが特徴です。社会学を通じて文学を学ぶ視点は他にはないと思います。メディアや報道などに興味がある人は文学部を選んだ方がいいと思います。

京都大学の評判・口コミ【文学部編】

授業が面白いと評判

大学スクールナビに寄せられた京都大学 文学部の口コミの中には、授業やゼミの内容が大変面白い、というものが数多く見られます。各分野で先駆的な研究をしている教授と接することで、学生の興味や関心はますます広がっていきます。

テレビや本などでよく目にする著名な教授とお近づきになれる機会が多いということが理由です。私は地理学の教室に所属しているのですが、そこにも毎年テレビ取材を受けていたり、何冊も著書を出しているような教授がおられます。講義やそのほか教室の行事の際には、テレビ撮影の裏話や調査の苦労などを頻繁に話してくださり、メディアには表れない生の声を聴くことができます。地理学の教室に限らず、ノーベル賞を受賞した山中教授やゴリラ研究で有名な山極総長などにお会いできる講義も毎年設定されており、そうした方々の話を聞くことができるだけでなく、共に研究に携わることもできる点で京都大学は魅力があると思います。

京都大学の評判・口コミ【文学部編】

京都大学では多様な授業が開講されています。全学共通科目(一般教養に相当)では、iPS細胞の研究でノーベル賞を受賞した山中伸弥教授や、ゴリラを始めとする霊長類研究で名高い山極寿一総長から直接お話を伺うことのできる「生物学のフロンティア」という講義が大きな目玉です。リレー形式で、毎週様々な分野の先生方が登壇し、それぞれの研究分野について、最先端の学問を教授してくださいます。文系学生や生物学にあまり馴染みがなかった学生にも分かりやすく、また専門的に深く学びたい学生にとっても充実した内容だと大評判です。

京都大学の評判・口コミ【文学部編】

本当に面白い教授ばかりでどのゼミも魅力的ですが、私は佐藤教授のゼミに参加しています。メディアについてのゼミで、様々な議論をします。「情報とは何か」や「議論と討論の違いは」など様々な方向で物事を考える、その筋道を教えてくれる、中身が深くて面白いゼミです。佐藤教授のゼミを一度受けてみれば、面白さが分かると思います。

京都大学の評判・口コミ【文学部編】

東京大学と並ぶ日本の大学の頂点であるため、各分野の権威ある研究者が教鞭を取っている授業が非常に多いです。全学共通科目の芸術学では、かつて美学会の会長であり今は高松市美術館館長を務めている篠原資明さんが授業を行なっていました。また、ノーベル生理学・医学賞を受賞した山中伸弥教授が特別講義を行ったこともあります。最先端の研究成果を当たり前に享受できる授業環境は、他の大学では決して実現できない贅沢であると言えるでしょう。

京都大学の評判・口コミ【文学部編】

立命館大学 文学部

立命館大学 文学部

オリター制度や少人数教育でアットホームな4年間

7つの学域(人間研究学域・日本文学研究学域・日本史研究学域・東アジア研究学域・国際文化学域・地域研究学域・コミュニケーション学域)と17の専攻が設置されており、2年目から専攻に分かれます。

初年度の「リテラシー入門」「研究入門」などを通じて、学域と専攻についての理解を深められるので、その後の進路を選択しやすいのがメリットです。

学生数3万人以上のマンモス大学でありながら、上級生が相談に乗ってくれるオリター制度や、4年間を通しての徹底した少人数教育で、学生一人一人に寄り添うアットホームな一面があります。

立命館大学では「オリター制度」といって、新入生の生活を上回生がサポートしてくれる制度があります。大学に入学したての時は、一人暮らしに慣れていなかったり、友達作りに不安を抱えていたりと、何かと困ることが出てきます。立命館大学は日本全国から学生が集まってくるので、知らない土地で一人で悩み事を抱え込んでしまうこともあるかもしれません。そんな時にオリターの方々が力を貸してくれます。オリターさんたちのサポートのおかげで慣れない大学生活に溶け込むことができる素晴らしい制度だと思います。

立命館大学の評判・口コミ【文学部編】

まず、私の所属する文学部は比較的授業を静かに集中して受けることができます。また大講義室の授業ばかりでなく、少人数制のクラスで授業を行うプログラムも充実しており、学生一人ひとりをしっかり教授が見てくれる点が良いです。教授も専門性の高い方が多く、学生とコミュニケーションをとりながら分かりやすい授業展開をして下さる方が多いように感じます。勉強がしたい、専門的なことを本気で学びたいという方にはとても良い授業環境が揃っていると思います。

立命館大学の評判・口コミ【文学部編】

他専攻科目も自由に選択、国際交流にも期待大

2年目以降は一つの専攻に所属しますが、他専攻科目も受講することが可能です(実習などの例外あり)。また、全国的にも珍しいゼミの複数受講制度もあります。

文学部は幅広い分野を内包しているのが特徴ですから、自分の専攻だけにとどまらず、興味のある分野の授業を気軽に受けることができるのは魅力です。また、外国からの留学生を多数受け入れている大学ですので、キャンパス内での国際交流や語学力アップも期待できます。

自分が所属している文学部が一番おすすめです。なぜならば、立命館大学の文学部には非常に多くの専攻が含まれていて、幅広い分野の授業を受講することができるからです。文学部には、日本史の分野、日本文学の分野、コミュニケーションの分野、中国系の分野、国際系の分野、哲学などの分野等々さまざまな分野が含まれており、文学部の学生ならそれらを幅広く受講することができ、卒業単位にも含めることができます。自分の専攻だけでなくほかの分野の授業も受講できるので視野も広がり、知識も増えます。

立命館大学の評判・口コミ【文学部編】

さまざまな文化体系を持つ方と一緒に学べる場です。文学部のあるキャンパスは留学生が多くいる国際関係学部のあるキャンパスなので、食堂や授業などで多くの外国留学生と共に学校生活を送ることができます。また社会人の学生の方も沢山いらっしゃいます。社会人の方は特に心理学や哲学、京都学の授業で多いように感じました。このように国も年齢も異なる方々と共に生活を送ることで、自身の視野を広げるチャンスも生まれてくると思います。

立命館大学の評判・口コミ【文学部編】

立命館大学には様々な授業があります。自分の専門としている分野を学ぶ授業が充実しているのはもちろん、スポーツから映画について学んだりする授業まで様々なジャンルの授業が存在しているのです。自分の知らないことを学ぶことができるといった点からも、教養を深められる良い機会になるのではないでしょうか。また、将来に向けて広い視野を持つこともできると感じています。留学生と共に受講する授業もあるので国際交流も期待できます。

立命館大学の評判・口コミ【文学部編】

青山学院大学 文学部

青山学院大学 文学部

ハイレベルな語学教育に満足の声

5つの学科(英米文学科、フランス文学科、日本文学科、史学科、比較芸術学科)から成る青学の文学部。学科により、さらにコース分けされ専門性を追求するところもあれば、選択必修という形でその学科の中のいくつかのジャンルを学べるところもあります。

青山学院大学は「英語の青山」と言われるだけあって、ハイレベルな英語教育を展開。そのノウハウは、文学部英米文学科でも十分に感じられるようで、高度な教育内容に満足したとの口コミがありました。

英米文学科は入学前に受けるTOEFLでクラスの振り分けがされ、わたしは一番上のクラスにいたのですが、生徒先生共にレベルが高く、日々高度な学習を行うことができました。英米文の必修のクラスだけでなく、青学には青山スタンダードという教養科目があるのですが、様々な分野を非常に高いレベルで学べる授業です。また、青学にはキリスト教の学校らしいキリスト教概論という授業もあり、キリスト教の成り立ちや歴史を授業で学び、礼拝などを通してキリスト教への理解を深めることができます。

文学部といっても英米文、日本文、比較芸術など様々な学科があるのですが、どの学科もレベルが高く、他学科の授業であっても受けたいと思う授業があるからです。また、経済学部などに比べて、比較的穏やかな学部だと思うので、しっかりと学びたいと思っている人には青学の中でおすすめの学部です。特に、英米文は英語専攻の学校では上位のレベルで、文学系のクラス、翻訳、コミュニケーションといった様々なジャンルの授業があるので、英語を本格的に学びたいと思っている人には本当にお勧めしたいです。

青山学院大学の評判・口コミ【文学部編】

手厚い就職支援で安心

文学部を卒業後、どのような業種・職種に就職できるのかは、大変気になるところでしょう。

2018年度の卒業生のうち、89%が就職しています。航空関連の運輸業、金融・保険業などへの就職が上位ですが、それ以外にもあらゆる分野へと進出しています。

入学して早々に就職ガイダンス、秋・冬には低学年向けのインターンシップの案内など、早期から積極的に就職支援・情報提供が行われるのが特徴です。3年生・4年生向けには、口コミのとおり、より具体的で有用な対策講座や学内企業説明会が開かれ、学生をサポートしてくれます。

学校が開催してくれる、就職活動のガイダンス等がたくさんあり、就職活動に対するサポートがとても充実していたと感じています。3年生の6月と9月には、インターンシップについてのガイダンス、ES・GD・面接などの各対策講座や四季報の読み方、企業研究・自己分析の仕方まで教えてくれました。内容も非常に就活をする上で役立つものでした。また、情報解禁となった3年生の3月からは多くの企業の学内合同説明会が開催され、効率よくたくさんの企業を見て回ることができました。さらに、就職センターでは、悩みを聞いてくれたり、面接の練習やESの添削などもしてくれたため、就活時期にはとても役立ちました。

青山学院大学の評判・口コミ【文学部編】

東京大学 文学部

東京大学 文学部

後半2年間で専門を追究する、集中的な学びのスタイル

東京大学の学びの特徴は、学部に分かれるのが3年次からであること。前半の2年間は全員が教養学部に所属し、一般教養や専門課程の基礎となる内容を広く学習します。そして後半の2年間で集中的に専門分野を追究するスタイルです。自分の学びたい内容を2年かけてじっくり選べるのは大きなメリットですし、後半2年間で学習や研究に集中できるので、充実した4年間になることでしょう。

大学1・2年次に教養課程があり、幅広い分野について勉強することができたからこそ、自身の進路についてゆっくり考えることができました。専門に分かれてからは2年間と短いですが、それでも授業にスピード感があり、他大学で4年かけて学ぶところを密に学べるため、遅れを取った感じはありません。希望する進路が見つかってからも、やはり、大学のネームバリューのサポートもあり、その進路を選びやすい点もよかったです。

東京大学の評判・口コミ【文学部編】

東大の中で文学部がおすすめ、というよりは、文学系を志す人には東大がおすすめだと思っています。前期課程で幅広い分野を見渡したうえで、自分の関心をじっくり選ぶことができます。また、文学部の中も細かく分化していつつも相互交流があるため、学習をより深めることができます。

東京大学の評判・口コミ【文学部編】

ハイレベルかつ丁寧な指導

文学部は4つの領域(思想文化、歴史文化、言語文化、行動文化)に大別され、その先に27の専修課程があります。この中には考古学・社会学・心理学なども含まれており、すでに広い領域を網羅していますが、さらに文化資源学、死生学など新しい分野も開拓中です。

権威ある教授陣によって日々展開される、ハイレベル・ハイスピードな学習と研究。その中に学生を置き去りにすることなく、丁寧な指導で着実にレベルアップさせてもらえたことに満足する口コミもありました。

多くの授業において、アカデミックで、レベルの高い内容を学べる点が魅力的です。研究者として知名度が高い、または実績のある教員が授業を行っているため、その分野についての最先端の知識を学べる点はもちろんのこと、関連する分野の知識を学ぶこともできます。さらに、これは自身の運が良かった部分でもありますが、指導教員が非常に熱心であった点がよかったです。具体的には、卒業研究の指導の際、研究の質を高めることのみならず、「社会に出てからも通用するように」構成の仕方や文章の書き方にまで気を配って指導していただきました。

東京大学の評判・口コミ【文学部編】

慶應義塾大学 文学部

慶應義塾大学 文学部

大勢の専門家が揃い、充実した学びを提供

慶應義塾大学の文学部は、1890年に大学が創設された際、理財科・法律科と並んでいち早く設置された学部です。

私学最古とされ、伝統ある文学部ですから、その教育システムも非常に整っています。5つの系(文学系、哲学系、史学系、人間関係学系、図書館・情報学系)の下に、17専攻+2部門(自然科学、諸言語)の幅広い専門分野。1年間一般教養や語学の習得に励み、2年次から専攻に分かれます。どの分野を選んでも優秀な教授がおり質の高い授業が受けられるとの口コミが多数見られました。

文学部だけで140名以上の専任教員が所属し、徹底した少人数制教育を展開している成果が出ています。

私は文学部でしたが、一年生は教養課程として様々な授業を受けることが出来ます。他学部の授業でも単位認定されるものもあるので、幅広い知識を身につけながら、二年次の専攻選びを考えることが出来ます。また、文学部のある三田キャンパス以外の授業も受けることが出来、湘南藤沢キャンパスの授業を受けたりもしました。大きな大学で、様々な研究を行なっている豊富な先生方がいらっしゃるので、それを活かして自分の興味のあることを学べる環境が整っています。

慶應義塾大学の評判・口コミ【文学部編】

ほとんどの分野をカバーできる授業が揃っているように思います。さらに、教授陣は各分野のトップクラスの方々が揃っている印象が強いので、少し興味があると思って取ってみた分野の授業でも一流の知識を得られると思います。4年生ではほとんど単位を取り終え、余裕がある人が多いので、その時に自分の専門外の分野の授業を取って新たな教養を身に付けている人が多いです。大学で「学びたい」と思っている人にはそれ相応のレベルの授業が用意されているため、おすすめです。

慶應義塾大学の評判・口コミ【文学部編】

他の文系学部に比べると勉強が大変です。これを悪い面として捉える方もいるかと思いますが、私は「大学でもここまで面倒をみてもらえるなんてラッキーだな」という気持ちでした。特に第二外国語の授業は本当に手厚くて驚きました。毎週テストがあったりして大変でしたが、入学当初は何もわからなかったスペイン語を、2年生の段階で日常会話ができるレベルまで上達させることができました。他の学部に比べると語学の勉強などをがっつりやるイメージがありますが、その点がおすすめのポイントです。

慶應義塾大学の評判・口コミ【文学部編】

良い意味で学生にゆるい授業が多かったと思います。甘いという意味ではなく、きちんとやるべきことをやっていれば不当な評価を下す先生はほとんどいませんでした。時にはものすごく予復習に厳しくて、中高時代のスパルタ先生を思い出す授業もありましたが、それも卒業式の日には「いやー、あの先生は怖かったねえ」と友と言い合い、笑って終われるようなものでした。全体を通して、筋を通していればごく自然に単位をくれる先生が多かったです。

慶應義塾大学の評判・口コミ【文学部編】

あくまで私が所属していた学部・専攻の話にはなりますが、教授の数が充実しており、様々な分野の研究に対応していた点が学生にとってとても有難かったです。自分が研究したいという分野に携わっている教授が必ずいる印象でした。また人数も教授ひとりに対して、学生が多くても10人以下であることが多かったため、研究や論文作成にあたって手厚い指導を受けることができたと感じます。毎回自身の研究内容を発表する機会があったため、進捗状況も教授に把握してもらいやすい環境だったと思います。

慶應義塾大学の評判・口コミ【文学部編】

卒業後は様々な分野で活躍

大学のネームバリューに奢らず、しっかりと進路を考え、就職活動をする学生が多いようです。2017年度の就職率は84%。情報通信、製造業、金融・保険業、卸売・小売業など、あらゆる分野で活躍しています。大学側の支援が手厚いことはもちろん、各界で活躍する卒業生のネットワークの強さも、就職活動を助けています。

学校の就職支援が充実しているように思います。学校では時々ANA、マッキンゼー、電通のような一流企業の社員さんをお呼びして講演会を開いたりしています。また、学生も他大学の学生に比べて就職に対する意識の高い学生が多く、モチベーションを高く持ちつづけられることはもちろん、情報収集の面でも最適な環境であると実感しています。またOB、OGとのつながりが強いため、OB訪問がスムーズに行えたり、サークルやゼミの先輩が熱心に就職の相談に乗ってくれたりします。

慶應義塾大学の評判・口コミ【文学部編】

就職活動において、大学名で困ったことはまだありません。学力としては早稲田とはほぼ変わりませんが、東大京大などには比べ物になりません。しかし、慶應義塾大学はOBOGの団結力が強く、また、各業界の権力を持つ人は慶應義塾大学卒が多いのも事実。そのため、実際の学力以上に優遇されているな、と実感した就職活動でした。OB訪問などでも、同じ慶應義塾大学というだけで、非常に良くして下さる先輩方が多く、この大学で良かったと思いました。

慶應義塾大学の評判・口コミ【文学部編】

他の学部に比べてピリピリしておらず、良い意味でのんびりと過ごせました。そして目指す就職先が多種多様なのも面白かったです。銀行や出版業や塾業界やテレビ局など。卒業式の日にみんなで集まった際には、様々に進む道を互いに語り合い、この間まではキャンパス内で好き勝手やりあった仲間たちが「一ヶ月後には京都で出版社に勤めるのか。」「アメフトに夢中だったあいつがバンカーとは!」などと考え、改めてこの大学、この学部ならではの面白さを感じることができました。

慶應義塾大学の評判・口コミ【文学部編】

愛知大学 文学部

やりたいことが見つからない人も、ありすぎる人も安心

心理学科と人文社会学科の2学科制で、5コース13専攻があります。1年間すべての領域を広く学んで、2年次から専攻に分かれます。入学時に自分の進みたい専攻が定まっていなくても安心ですし、主専攻の他に副専攻を設定することができるため、反対に色々な分野に興味があって絞れないという学生にも嬉しいところです。

特にやりたいことがない場合、一番選択肢が広いからです。2年生から専攻を選び、各専攻の必須授業を取っていくことになります。他学部では1年から専門の授業が決まっており、自由な選択肢がかなり限られてしまいます。文学部はその点選択肢がかなり広く、1年間は自由に取れます。そして、2年になってからも他専攻の授業を取ることが可能なため、少しずついろんなことを学びたいという人にはお勧めです。

愛知大学の評判・口コミ【文学部編】

文学部は、専攻が17専攻あります。中には心理学、文学、哲学などがあります。文学部の最大の魅力は、一年生時にそれぞれの専攻のことを少しずつ学びどのようなことをやるのかわかった上で、2年に上がる時に行きたい専攻を自分自身で選べるということです。つまり自分が学びたいことがはっきりわかった上で専攻選択することができます。

愛知大学の評判・口コミ【文学部編】

学生、教授ともに人数が多い分、たくさんの種類の講義が開講されるからです。大学には行きたいけど、正直何に興味があるかまだわからない…というような人には文学部、おすすめだと思います。友達といろんな授業を聞いてみて、なんか引っかかるなとか、なんか興味あるかも、みたいな分野を見つけてみてくださいね!

愛知大学の評判・口コミ【文学部編】

愛知大学 文学部では、様々なコースがあり同じ文学部であっても心理学、社会学、日本語日本文学、欧米言語文化などの多岐にわたるジャンルの学問を学ぶことができます。自身が専攻することになる学問の他にも別のコースの講義を受けることも出来るので、やりたいことや分野が多くある方には良いと思います。地域政策学部と同じキャンパスで講義を受けるのですが、そのキャンパスでは二つの学部しかないので、とても広い敷地に様々な施設があり、他のキャンパスとは違った経験が出来ます。

愛知大学の評判・口コミ【文学部編】

キャンパスの学習環境も充実

文学部が学ぶ豊橋キャンパスは、学習に集中できる環境が整っています。グループ学習に便利なラーニングコモンズ、パソコンやDVDを利用できる情報メディアセンター、そして82万冊以上の蔵書を誇る図書館。貴重な資料が閲覧できるとの口コミがありました。

キャンパスで学ぶ学生の気質も真面目であり、真剣に取り組む人が多いとのことですので、切磋琢磨しながらしっかり学ぶことができそうです。留学や資格取得など、やる気次第で様々なチャレンジができる大学です。

文学部のコースによって、コースの部屋が与えられます。それは他のコースの人は入れないようになっており、完全に自分のコースの人のための部屋です。そこでは、コース関連の資料があったり、コースでの話し合いを行うことが出来るなど、そのコースを深く理解するための手助けとなります。この他にも教授の研究室だけの建物があり、教授へ質問する時間を設けてもらうことが出来るのも理解するための要因となります。ゼミにおいても自由なものや、厳しいやり方に従ってやるものなど、一人一人にあったものが見つけられると思います。

愛知大学の評判・口コミ【文学部編】

他の大学に入った友人と比べると、確かに校舎が古いことや(豊橋キャンパスの場合)周りに魅力的な施設がなにもないことなどはとても不満ではあります。しかしながら、図書館の蔵書数がとても多いのです。文学部に所属し日本語日本文学専攻、また将来は国語の教員を目指している私にとってはとても最高の場所です。平安時代の本などもあります。しかもその原本を手にとって、実際に触れることもできるのです。自然に溢れ伸び伸びと学べる大学、それが愛知大学だと思います。

愛知大学の評判・口コミ【文学部編】

キャンパスの雰囲気はかなりいいと思います。授業では、ディスカッションなどの授業もあったりしたり、卒論や、論文のための学生同士の研究があったりするのですがそれらについてもかなり真剣に多くの生徒が取り組みます。大学生になったりすると授業中に大きめな声で話したり、ゲームなどの音漏れがあったりすることがありますが、この大学ではほとんどそういった行為は無いと思います。かなり真面目な人が多いです。

留学制度はかなり整っていると思います。普段から大学からのメールで留学の募集などをして多くの生徒達が利用します。私は短期留学をしたのですが、中期留学、長期留学もあり一年まるまる留学したりすることもできます。留学している間は留学先の学校の授業が相関的になったりしていて留学をしながら単位も取ることができて留年しずに卒業することができます。また、金銭面での大学のバックアップも充実していて留学をしやすいようになっています。

色々な資格が取れることが利点だと思います。小学校から高校までの教職の免許や司法系の免許、司書の免許、幼稚園の免許、カウンセリング系の授業など多種多様な資格を取ることができます。1年生から資格を取り始めなくても2年生以降からで資格を取ることができます。1年生の頃は必修科目が多く忙しいので、2年生からのだいぶ落ち着いてきた頃からの方が授業を取りやすいと思います。また、色々な資格を同時に取ることも可能です。

愛知大学の評判・口コミ【文学部編】

さいごに

文学部のある大学を探す時のポイントは、専攻の数が多いというだけで満足しないこと。自分の学びたい分野がその中に含まれているかどうか、それについて深く学べる環境なのか、よく確認しておきましょう。また、専攻に分かれる時期も様々ですから、早くから専門的な学びを始めたいのか、広く学んでから選びたいのか考えてみてください。

文学部で得た知識は、たとえ仕事に直接結びつかないものだとしても、人生の糧となることは間違いありません。

文学部の口コミ・評判一覧

北海道大学の評判・口コミ【文学部編】

評価:★★★★☆(満足) / 大学2年生・女性

満足している点

図書館や食堂等の施設が充実しているところです。北大には、一年生の時に通う北図書館と札幌駅方面にある附属中央図書館があります。どちらにも自習・勉強のためのスペースや、ゆっくり読書をするスペース、仲間と議論するスペース…続きを読む

不満に感じている点

自転車や観光客の往来が多いところです。夏場に限りますが、北大生は自転車で通学する人の割合が大きいです。自転車を使わない人の立場からすると、朝の混み合う時間帯などには恐怖を感じることも少なくありません。自転車…続きを読む

おすすめ学部:文学部

必修科目を決めるための「コース」や卒論テーマに関わる「講座」を、抽選などは一切なく自由に選ぶことができるため、自分の学びたいことを確実に学べる学部だと思うからです。さら…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


武庫川女子大学の評判・口コミ【文学部編】

評価:★★★★☆(満足) / 卒業後2年以内・女性

満足している点

学内の施設が充実しているところです。女子大であったため、学内にカフェやテラスが多かったことが魅力的でした。食堂以外にコンビニやファストフード店、パン屋さんなどがあり非常に便利でした。また在学中に図書館がリ…続きを読む

不満に感じている点

高校生活のようだったところです。大学なのにクラス制度があったため、ホームルームなどもあり高校生活のようでした。年に1度クラス替えがあり、その度にオリエンテーション合宿がありましたが、全く必要性を感じる…続きを読む

おすすめ学部:建築学部

建築学部は一番大きなキャンパスから少し離れた場所にあるのですが、建築で有名なホテルを改修しキャンパスとして使用しています。女子大で建築学部がある大学は非常に珍しく、これ…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


学習院大学の評判・口コミ【文学部編】

評価:★★★★★(大満足) / 大学卒業・女性

満足している点

選択授業の幅が広いところです。芸術系や思想系の学部は無い、一般的な学部のみの大学でした。しかし、芸術系や思想系の授業も多く展開されており、学部で定められたカリキュラムをこなすだけではなく、教養を身に…続きを読む

不満に感じている点

学食が狭すぎるところです。学生数のわりに学食が極端に狭く、昼時に学食で昼食を摂ることが非常に難しかったです。ピーク時を外して学食に行くか、カフェテリアで弁当やパンを買うか、学校の敷地外に出て昼食…続きを読む

おすすめ学部:文学部 心理学科

学部の人数が少ないため、少人数で濃い内容の授業を受けることができます。また、統計や科学なども必要で理系にもかかる分野ですが、文系しか学んでこなかった生徒にも非常に優しく…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


佛教大学の評判・口コミ【文学部編】

評価:★★★★★(大満足) / 4年生・女性

志望理由

大学では海外を視野に入れて勉強に励みたいと考えていたため、大学受験時には外国語(特に英語)を学べる大学、学部への入学を志望していました。その中でも佛教大学の文学部には親…続きを読む

学んでいること

大学では英語を専攻していましたが、英語の4技能のうちでも特にライティングを熱心に勉強しました。もともと作文が苦手だったため、あえて英作文に特化した授業を履修しました。そ…続きを読む

満足している点

生徒と教授の距離が近いところです。学生と教授の距離が近く、仲が良いところが魅力だと感じています。教授に対する学生数がかなり少ないので、学生一人と向き合う時間を多く取ってもらえます。授業ももちろん少人数で…続きを読む

不満に感じている点

食堂が少ないことです。学生数に対し食堂が足りていません。食堂に隣接して中庭などもありますが、天候が悪い場合はもちろん使えないので昼休みに食事スペースを確保することが困難です。午後からの授業が…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


立命館大学の評判・口コミ【文学部編】

評価:★★★★★(大満足) / 卒業1年以内・女性

志望理由

高校生の頃から世界史が好きで、大学では西洋史学を専攻したいと考えていました。また、京都でのキャンパスライフに憧れがあったため「京都で西洋史学が学べる大学」を軸に大学選び…続きを読む

学んでいること

1、2回生では文学部全体の学びを一通りさらい、自分の興味のある分野を見つけました。3、4回生ではそれをさらに深めていく形で専門的な学習を進めました。私は文学部西洋史学専…続きを読む

満足している点

学部に捉われない幅広い学びができることです。文学部は日本史や東アジア史、西洋史、心理学、文化芸術といった非常に細かな専攻に分かれていましたが、基本的にはこれらの生徒が皆同じ教室で授業を受けることができます。専攻、…続きを読む

不満に感じている点

大学施設が老朽化していることです。大学施設によっては、老朽化が進んでいる所とそうでない所の差が激しかったです。特に、私が所属していた文学部の建物は大学内でも古い施設だったため、空調の不具合や洗面所の故障…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


立命館大学の評判・口コミ【文学部編】

評価:★★★★★(大満足) / 大学1年生・男性

満足している点

図書館が居心地よく綺麗なところです。我が校の平井嘉一郎記念図書館は、綺麗で居心地がとてもいいです。蔵書数も150万冊と多く、静かに読書・学習ができる閲覧席は2000席あります。まず、パルテノン神殿のような…続きを読む

不満に感じている点

食堂の環境がよくないところです。この大学は日本でもトップクラスの生徒数を誇りますが、昼休みにはその生徒たちが一斉に食堂に向かいます。衣笠キャンパスには3つの食堂がありますが、2限目が終わると長蛇の列で…続きを読む

おすすめ学部:文学部

我が校の文学部は7つの学域に分かれ、さらにそこから2,3個ずつ専攻が分かれるといったように、さまざまな選択肢が存在します。文学部は大学の中でも一番人数が多く、色々な個性…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


立命館大学の評判・口コミ【文学部編】

評価:★★★★★(大満足) / 大学4年生・女性

満足している点

授業です。まず、私の所属する文学部は比較的授業を静かに集中して受けることができます。また大講義室の授業ばかりでなく、少人数制のクラスで授業を行うプログラムも充実しており、学生一人…続きを読む

不満に感じている点

キャンパスの立地です。唯一不満に感じる点は、キャンパスの立地の悪さです。まず、京都市バスでしか学校に行くことができず、最寄りの電車の駅から歩いて20分弱かかってしまいます。キャンパスが金閣寺…続きを読む

おすすめ学部:文学部

まず、他学部に比べて断然に真面目な方が多いという点です。比較的授業も静かで、勉強がしたいという方には非常にお勧めの学部です。また、専門性の高さという部分も挙げられます。…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


立命館大学の評判・口コミ【文学部編】

評価:★★★★★(大満足) / 大学3年生・女性

満足している点

キャンパスの環境が充実していることです。主に、キャンパスの図書館と国際色豊かな環境に満足しています。立命館大学の文系の学部が主に集まる衣笠キャンパスには、2年ほど前完成した平井嘉一郎図書館という大きくてきれい…続きを読む

不満に感じている点

構内での喫煙マナーが悪いことです。立命館大学では、数年前から全面禁煙になったとポスター等で書かれていますが、実質徹底されているとはいい難い状況です。駐輪場の隅でたばこを吸う人たちを黙認している状態で、喫…続きを読む

おすすめ学部:文学部

わたしは自分が所属している文学部が一番おすすめです。なぜならば、立命館大学の文学部には非常に多くの専攻が含まれていて、幅広い分野の授業を受講することができるからです。文…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


立命館大学の評判・口コミ【文学部編】

評価:★★★★☆(満足) / 卒業後2年以内・女性

満足している点

サークルの種類が幅広いところです。人が多いため、サークル数も幅広いところから選ぶことができます。わたしが所属していたボランティアサークルでも、それぞれのサークルによって所属する人や活動内容も異なり、サー…続きを読む

不満に感じている点

研究の自由度が低いところです。文学部のわたしが所属していた専攻のゼミは、150人ほどの学生に対して5つほどのクラスがありました。わたしの所属するゼミでは全員が同じ歴史小説について研究することになり、…続きを読む

おすすめ学部:産業社会学部

複数の有名人が在学していた学部であり、そのコネクションが強いのか有名人がゲスト講師として登場し、その授業を受講することができるからです。また、メディア、福祉など一見何の…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


立教大学の評判・口コミ【文学部編】

評価:★★★★☆(満足) / 4年生・女性

志望理由

地元にはあまり魅力的な大学がなかったので、夏にいくつか東京の私立の大学のオープンキャンパスに参加しました。その中で一番ここに進学したいと感じたのが立教大学でした。趣のあ…続きを読む

学んでいること

自分の興味のある言語系の授業を中心に履修しています。学部の授業では英語の文学作品を読み、ディスカッションをしたりレポートを書いたりします。それ以外にも幅広く用意されてい…続きを読む

満足している点

魅力的な授業が多いところです。外部の有名な人を講師に招いた授業があり、倍率は高いが普通なら会うことのできないような人の授業を受けるのはなかなかできないいい経験になると思う。また、最近は講義式の授業だ…続きを読む

不満に感じている点

キャンパスがこじんまりとしていることです。池袋という立地にあり仕方がないのかもしれませんが、学生数の割にキャンパスが小さく感じます。休み時間などには人が移動で建物の中も外も溢れます。学食も三ヶ所あるのですが、ど…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


帝京大学の評判・口コミ【文学部編】

評価:★★★★★(大満足) / 4年生・男性

志望理由

中学・高校と社会科が得意で地理・歴史について興味があり、地理・歴史を学ぶことができるような大学選びをしていました。現在在学している大学は、高校のほうで指定校推薦の枠があ…続きを読む

学んでいること

現在の大学では地理学コースを専攻し、主に人文地理学のメインとして勉強・研究をしています。初年度は、日本史・東洋史・西洋史などの幅広い領域を「概論」という形で勉強しますが…続きを読む

満足している点

先生方の知識が深く面白いことです。授業を行う先生方は、「教授」として生徒に知識を教えるのはもちろん、「研究者」でもあるので、知識の量が普通の方より膨大に多く、様々な話が聞けることが面白いのではないかと思…続きを読む

不満に感じている点

アクセスが不便な点です。私が在学している大学は、23区外にあり都心からも離れているので、大学周辺ではない郊外の場所から通学している人にとっては、1時間以上かかるのが当たり前になってしまうので朝…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


國學院大學の評判・口コミ【文学部編】

評価:★★★★★(大満足) / 大学4年生・女性

満足している点

図書館が充実していることです。國學院大學の図書館の蔵書数はとても膨大なです。所属している学科の課題でよくレポートが課されるのですが、文献を集める時に国会図書館に行かなくても大學の図書館で大部分集まり…続きを読む

不満に感じている点

教務課です。大学の履修は自分で好きなように組めますが、その中でも学科によって必修選択授業というものがあります。登録すれば受けられる授業と、希望履修生が多いため抽選で決まる授業があり…続きを読む

おすすめ学部:文学部

どの学部もそれぞれ特色と良さがありますが、私は文学部をおすすめします。國學院大學の文学部の教授は著名な方が多く、授業内容もとても濃いものです。また図書館でも、文学部の文…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


國學院大學の評判・口コミ【文学部編】

評価:★★★★☆(満足) / 卒業後2年以内・女性

満足している点

渋谷キャンパスの図書館です。専門書の蔵書数が素晴らしいです。歴史を考えるうえで、大体の分野において複数の専門書が取り揃えられているため、学校の図書館だけでそれらを読み比べし、自分なりの解釈や考えを…続きを読む

不満に感じている点

学校祭です。毎年行われていますが、本当に地味で特に見どころもありません。他の大学の学校祭が夢のように思えます。近所の人が覗きに来てくれたりしますが、普段の学校のほうが圧倒的に人が多…続きを読む

おすすめ学部:文学部

大学内で一番偏差値が高いため、授業数や図書館の関連蔵書数が他学部に比べて非常に多いです。また、授業の専門性も非常に高く、しっかり学べるので、その専門性を活かした分野には…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


國學院大學の評判・口コミ【文学部編】

評価:★★★★★(大満足) / 大学2年生・女性

満足している点

授業の質が高いことです。古典に強い大学として、先生や学生も向上心があり真面目なので、授業で先生に積極的に質問したり意見交換したり出来る環境が整っています。また、教材も分かり易いものを選択してく…続きを読む

不満に感じている点

部室です。部活動やサークルの部室がある棟があります。とても活発でにぎやかなのは良いのですが、少々汚れや乱雑さが目立つように思います。ゴミも乱雑に置いてしまう部活もあり、掃除のおじ…続きを読む

おすすめ学部:文学部

国語の國學院大學といわれるほどに日本文学や日本語に力を注いでいるからです。わが校に来るなら日本文学科をお勧めします。先生も細かく分かれた分野の専門の先生が大勢いるのに加…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


國學院大學の評判・口コミ【文学部編】

評価:★★★★☆(満足) / 卒業後2年以内・女性

満足している点

授業の専門性が高いところです。授業については、丁寧かつ高い専門性を持った講義をしてくれる教授が多かったように思います。また、授業のテーマそのものを取っても、他の大学では見たことのないような視点から開…続きを読む

不満に感じている点

授業の抽選システムです。授業の内容については、面白いものや専門性の高いものなどが多く満足が出来るものが多い反面、取りたい授業を受けることが難しい環境であったことが不満でした。人気の高い科目は抽…続きを読む

おすすめ学部:文学部

大学はそれぞれ特化した強みや特に力を入れている学問があるところが多くあるのですが、國學院大學ではそれは文学部の特に史学科と日本文学科であると感じているからです。教授や資…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


       
北海道大学の評判・口コミ【文学部編】

このページでは、北海道大学 文学部の卒業生から聞いた、北海道大学の魅力

新潟工科大学の評判・口コミ【情報電子工学科編】

このページでは、新潟工科大学 情報電子工学科の卒業生から聞いた、新潟工

武庫川女子大学の評判・口コミ【文学部編】

このページでは、武庫川女子大学 文学部の卒業生から聞いた、武庫川女子大

学習院大学の評判・口コミ【文学部編】

このページでは、学習院大学 文学部の卒業生から聞いた、学習院大学の魅力

京都産業大学の評判・口コミ【現代社会学部編】

このページでは、京都産業大学 現代社会学部の卒業生から聞いた、京都産業

→もっと見る