口コミから見た、東京理科大学の評判は?

大学スクールナビに寄せられた、東京理科大学に通っている(直近まで通っていた)人から集めた口コミをもとに、東京理科大学の評判についてご紹介します。東京理科大学の雰囲気や魅力、特色を理解するのにお役立てください。

目次

東京理科大学に通ってみて、満足しているポイント
東京理科大学に通ってみて、不満に感じているポイント
おすすめ学部は?
東京理科大学に通って良かったか
東京理科大学について
東京理科大学の口コミ・評判一覧

Q.東京理科大学に通ってみて、満足している点を教えてください。

評価:★★★★☆(満足) / 2年生・女性

キャンパスの設備が綺麗

私が通う東京理科大学葛飾キャンパスは、当校のキャンパスの中で最も新しく、校舎内だけでなく図書館や体育館までとても綺麗です。特にお手洗いはいつ入ってもとても清潔で、女子トイレには姿見・パウダースペース・コンセントも完備されています。また、黒板を用いる授業の後には必ず清掃員さんが入って、黒板を綺麗に消した後に水拭きして下さいます。冷暖房も時々効きすぎなくらいに効いていて、1年中快適に勉学に励むことができる環境です。

東京理科大学の評判・口コミ【工学部編】
公開日:2019年6月

評価:★★★★★(大満足) / 大学3年生・男性

図書館

東京建築賞を取ったこともある非常に見応えのある構造をしております。また、勉強に適した暖色系の光を基調とした、木目調と黒のカウンターが勉強をより一層捗らせます。また、黙考書院という静かにじっくり考える部屋も用意されており、充実しております。他大学と比べて、勉強のスペースがかなり多く備えられており、パソコンの貸し出しなども行っていて、学生に対して配慮がかなりなされています。極め付けはカウンターやテーブルに1人一つずつのコンセントが用意されていることです。

東京理科大学の評判・口コミ【工学部編】
公開日:2019年5月

評価:★★★★☆(満足) / 卒業後2年以内・男性

進路が幅広い

物を作って評価し再考する、いわゆるPDCAを回す機会が多い学部です。そのようなプロセスが一般社会で仕事を進めていくうえでも重要だと思われるため、他の学部生よりも企業採用者からのウケがいいと思いました。また、諸先輩方たちが大手メーカーで活躍していることが多く、就職活動の際に推薦枠をもらえる企業も多かったです。また学生がまじめで勤勉な人が多く、自分が就職活動をする際も、大学の印象がいい旨を採用担当者からよく聞きました。

東京理科大学の評判・口コミ【理工学部編】
公開日:2019年5月

評価:★★★★☆(満足) / 大学3年生・男性

研究が盛ん

意識の高い学生が多く、切磋琢磨しながら学生生活を送ることができる点が1番魅力的だと思います。また研究が盛んであり、興味のある研究を3年生で選び、4年生で1年間研究を行えることも魅力の一つです。また研究室の数も生物、物理、有機化学と幅広くあり自分の興味のある研究室は複数あると考えられます。学生も色々な地方から来ていることもあり様々な人間関係を構築できるのも満足している点です。サークルもたくさんあり不自由なく活動できます。

東京理科大学の評判・口コミ【薬学部編】
公開日:2019年5月

評価:★★★★☆(満足) / 卒業後2年以内・男性

実力主義

東京理科大学では、関門制度と呼ばれるものがあります。それは所定の単位が取れなければ留年してしまう制度です。私は物理学科でしたが、物理学実験および基幹科目としての物理数学、力学、物理学(電磁気学)がそれにあてはまります。その制度によって真面目に勉学を行いました。また、それらの科目は上級学年や研究の基礎となるので、まじめに勉学を行ったことによって、さらに難しい内容でもしっかりとついていくことができました。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部第一部編】
公開日:2019年5月

評価:★★★★☆(満足) / 卒業後1年以内・女性

夜間学部でも授業内容が充実している

理科大の中で一番歴史が古いと言われている理二部は夜間学部ですが、授業内容も充実しています。また、昼間部の授業を受けられる仕組みだったり、院進は昼間部の研究室に挑戦できたり、昼間部に転部できたり、自分のレベルに合わせてステップアップする選択ができます。夜間部だからといって部活動に参加できないということもなく入りたいサークルに入れます。留年というイメージが強いですが、土曜日には院生による学習支援コーナーも設けられていたり、秋山仁先生による夏期の特別講習が開催されたりして、学習意欲を高める工夫なども見受けられます。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部第二部編】
公開日:2019年4月

評価:★★★☆☆(ふつう) / 大学1年生・女性

良いサークルに入れた

授業で分からないことがあれば、すぐに先輩に聞くことができます。また、サークルに入ることでテストの過去問や先生がどんな人なのかを、他の人よりもいち早く知ることもできます。また、キャンパスはとても立地のいい場所であり、交通の便が良いので授業終わりに出かけたりして気分転換することもできます。そして、交通の便に関しては、地下鉄やJRがすぐそばにあるため、大学から徒歩で5分程度の距離で駅まで行くことができます。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部編】
公開日:2019年3月

評価:★★★★★(大満足) / 大学4年生・女性

世間からの評価が高い

理科大は、5年制大学と言われることがあるほど厳しいです。しかし、実際はすべての学科がそうであるわけではありません。数学科や情報系など実験が伴わない学科は、そこまで大変なところでもないですし、進級も困難なものではありません。まあそれは難関の大学受験を突破してきた頭を持つ人がたくさんいるからというのもあるでしょう。だから、皆効率よく勉強と遊びを両立している人が多く、バイトをしている人はたくさんいます。

東京理科大学の評判・口コミ【工学部編】
公開日:2019年3月

評価:★★★★☆(満足) / 大学3年生・女性

勉強しやすい環境が整っている

キャンパスの奥の方に、講義棟と呼ばれる建物があり、そこで主に授業が行われています。講義棟を出ると、すぐ図書館とロビーがあり、一人で静かに学習したい人は図書館で、友達とワイワイ勉強したいときはロビーで勉強できます。理科大は他の大学よりもレポートが多いので、授業が終わって少しレポートをやって帰ることが多いですが、そういうときに勉強しやすい環境です。また、近くにあるパソコン室も平日は夜8時半まで空いているので、調べ物やパソコンレポートもはかどりますよ。

東京理科大学の評判・口コミ【理工学部編】
公開日:2019年1月

評価:★★★★☆(満足) / 大学3年生・男性

入試難易度に対する就職率が良い

留年でも有名である理科大は、企業側からの評価も高めであると言うことをよく耳にし、実際に先輩方の就職先も大手化学メーカーや化粧品などの有名企業が多いです。大学偏差値では早慶より下ではありますが、売り手市場の傾向にある現在の状況もあいまって就職に関しては引けを取らないレベルであるように感じます。勉学に厳しい環境にいて時折大変だと思うことはありますが、周りの学生も含めてしがみついていっているのは就職率と就職先が良いという理由が大きいと思います。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部第一部編】
公開日:2019年1月

評価:★★★★☆(満足) / 卒業後2年以内・男性

キャンパスの立地が良い

東京理科大学神楽坂キャンパスは非常によい立地にあります。最寄り駅は飯田橋駅ですが、JR中央・総武線の他、東京メトロ東西線、南北線、有楽町線と都営大江戸線が通っているため、キャンパスへのアクセスが非常に良いです。そのため首都圏全域が通学圏内となります。また大学近辺にコンビニやドラッグストア、銀行などが多く、日常のキャンパスライフに不便を感じることはまずありません。加えて、神楽坂界隈のおしゃれな飲食店などが、安価でランチを提供しているので、そうした楽しみも都心のキャンパスならではです。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部第一部編】
公開日:2019年1月

評価:★★★★★(大満足) / 大学1年生・男性

レベルの高い授業が受けられる

全国から高いレベルの学生が集まっているため、勉強面において切磋琢磨して研鑽できる環境が整っています。また都心にあることからアクセスもよく、様々な研究室など学会にも行きやすく効率よく学ぶことができます。常に研鑽していくことが求められるので高みを目指している人にとってはとてもいい環境だと思います。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部編】
公開日:2018年12月

評価:★★★★☆(満足) / 大学2年生・男性

勉強する環境が整っている

キャンパス内に図書館はもちろん、3つの食堂、自習室など一人になって静かに勉強できるスペースがしっかり確保されています。そこでは、中学生のように騒ぐ生徒や、においの出る食事をするようなモラルのかける生徒もいません。また、中庭は最近工事により、緑あふれるきれいな場所となったので、疲れた時にそこのベンチに座って休憩することもできます。このような点から、本気で勉強したい学生にとっては良い環境といえます。

東京理科大学の評判・口コミ【理工学部編】
公開日:2018年12月

評価:★★★★★(大満足) / 大学1年生・男性

真面目な生徒が多い

真面目な生徒でないと容赦なく留年になってしまいます。そのため卒業するために真面目でない生徒は元々少なく、また真面目でない生徒は淘汰されていきます。厳しい試験や関門科目が設置されているためにテスト前は本校の学生は遅くまで学校に残り勉強しています。そのため入学時偏差値では他大学より低くとも卒業時にはとても高い学力や専門知識を備えています。そのため、企業からの評価も高く就職もしやすいことが利点として挙げられるでしょう。

東京理科大学の評判・口コミ【理工学部編】
公開日:2018年11月

Q.東京理科大学に通ってみて、不満に感じている点を教えてください。

評価:★★★★☆(満足) / 2年生・女性

アルバイトに否定的

入学後すぐのオリエンテーションでまず「アルバイトはできるだけしない方が良い」という趣旨のお話を教務主任などの偉い教授から聞かされます。確かに当校は1年生から2年生に進級する為の関門制度がありますし、ネット上では5年制大学と言われることもあるくらい厳しく、実力主義の大学です。関門科目は規定数の単位を取得できないと問答無用で留年します。ですが、アルバイトをしていてもサークルに精を出していても、そのせいで留年する訳ではありません。アルバイトをしつつ高いGPAを取っている生徒も沢山います。大切なのは自制心と時間の使い方なのに、頭ごなしにアルバイトはするな、という趣旨の発言をされるのはあまり良い気はしませんでした。

東京理科大学の評判・口コミ【工学部編】
公開日:2019年6月

評価:★★★★★(大満足) / 大学3年生・男性

留年率が高い

自分の学部学科は毎年4割ほどが留年します。これはいささか問題なのではないかと思います。ある1つの科目を落としただけで留年させ、翌年の学費をその単位の為だけに払わなければならないという制度には憤慨いたします。それなら頑張ればいいとおっしゃる方もいると思われますが、その学部学科の人でないと理解はできないと思います。これに関しては、同じ学部学科の人とのみ共有できる唯一のことだと思います。しかしこの事実は高校生には知らされることはほとんどなく、大学に入ってから知らされることがほとんどなのでそれもまた腹立たしいです。

東京理科大学の評判・口コミ【工学部編】
公開日:2019年5月

評価:★★★★☆(満足) / 卒業後2年以内・男性

勉強できる場所が少ない

通常ほかの大学では4年間に必修単位を獲得すればいいと思いますが、3年間ですべての必修単位を取得しなければならなかったため、ほかの大学の学生から聞くよりも遊ぶ時間はなかったように思いました。また、その授業についていくためにもそれなりに勉強しなければなりませんでした。テスト前や実験レポート作成時には学内の図書館のキャパシティが小さいため、図書館に入って勉強できない事態が頻発しました。テスト前だけでももっと自習できる場所がほしかったです。

東京理科大学の評判・口コミ【理工学部編】
公開日:2019年5月

評価:★★★★☆(満足) / 大学3年生・男性

遊ぶ時間があまり取れない

比較的授業のコマ数が多いこともあり、部活とバイトをしながら授業を受けるのが精一杯で、プライベートで遊ぶ時間がなかなか取れないことが不満のひとつであります。また実験などが主に2年生から入ってくるのですが、そのレポートも提出期限までにやらなくてはいけないのですごく大変です。やむなく授業中にレポートをやらなくてはいけないことも多く、授業を集中して聞くことができないことが不満であります。またレポートの提出期限が短い事も不満のひとつであります。

東京理科大学の評判・口コミ【薬学部編】
公開日:2019年5月

評価:★★★★☆(満足) / 卒業後2年以内・男性

キャンパスが狭かった

私は神楽坂キャンパスに通っていました。立地場所は大変良いのですが、土地の値段の関係上大変キャンパスが狭く、予備校に通っているようでした。また、建物は縦に長いため、教室移動の際に混雑したり、エレベーターを待つ時間がかなり長かった印象があります。さらに建物同士によっては約300mほど離れており、移動が大変でした。大学でイメージされる華やかなキャンパスイメージからは程遠く、浪人生が予備校に通い詰めているイメージです。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部第一部編】
公開日:2019年5月

評価:★★★★☆(満足) / 卒業後1年以内・女性

学科間で女子比率が偏っている

科学系を中心とした学科は4割弱と女子が多いですが、工学部や物理系になると女子の割合は2~3割に落ちます。理二部の数学科では、1年時にグループ学習があるのですが、5~6人の班に1人女子がいるかいないかくらいの割合でした。ですので、学科内で恋愛事情がもつれるとあっという間に噂は広がります。入学時に女子の友だちができないと、グループができていく中で取り残され、その後女子の友だちを作るのは少し難しくなってくると思います。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部第二部編】
公開日:2019年4月

評価:★★★☆☆(ふつう) / 大学1年生・女性

勉強が忙しく、アルバイトをする時間がない

勉強との両立が難しく、テスト対策をするにしてもアルバイトでほとんどできないことがあるためバイトはできません。また、補習や実験等があるためアルバイトを休みがちになり、結局はアルバイトを辞めざるを得ないことが多いと思います。そして、レポート課題の提出期限を守ることすらできなくなる可能性も考えられるため、アルバイトは勉強する邪魔になるのではないかと思っていますし、そういう状況に実際になることがあると考えているからです。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部編】
公開日:2019年3月

評価:★★★★★(大満足) / 大学4年生・女性

学生課の対応が不親切

大学は「実力主義」を大きく掲げています。しかし、その言葉は裏を返せば「放任主義」です。良くも悪くもという感じです。大学のお知らせや行事日程等の伝達が上手くない気がします。掲示板に貼り出して、勝手に確認してと言わんばかりの対応もあります。そして、学科ごとの事務室などが存在しないため、学科の行事日程やその他知りたいことがあっても仲介がなく、学科主任である教授にダイレクトに聞きに行かなければいけません。さらにその場合、たいていの返答は不明確で、学生課に質問に行ってもしっかり対応してくれる人がいません。とにかく学生主体?というべきなのか?自分がちゃんとしないと大変なことが降りかかると思います。

東京理科大学の評判・口コミ【工学部編】
公開日:2019年3月

評価:★★★★☆(満足) / 大学3年生・女性

野田キャンパス周辺に何もない

わたしは野田キャンパスなのですが、キャンパスの周りに遊べるようなところはほとんどありません。ご飯を食べるにもオシャレなカフェなどなく、ほとんどの学生がキャンパス内のセブンイレブンか生協で済ませています。学校の周りにはラーメン屋が多くありますが、それ以外には居酒屋もありません。基本遊ぶときは、柏か流山おおたかの森に行くので、電車に乗ります。一人暮らしで、学校の近くに住んでる人は勉強するしかないと言っている人が多いです。

東京理科大学の評判・口コミ【理工学部編】
公開日:2019年1月

評価:★★★★☆(満足) / 大学3年生・男性

夏休みが短い

理科大の夏休みは非常に短く、40日にも満たないです。高校の時より短く、普通の大学生が行えるサークルやバイト、旅行などが中々難しい環境です。特に、小中高の生徒の夏休みが終わり、大学生が動きやすくなる9月は中旬までしか休みがないため、他大学の友人と予定が合わせづらい事が多々ありました。また、私立大学には良くあることですが、祝日がほとんどありません。大学生であるのにも関わらず、フットワークが重くなってしまう教育のスケジュールに不満があります。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部第一部編】
公開日:2019年1月

評価:★★★★☆(満足) / 卒業後2年以内・男性

キャンパスが狭い

東京理科大学神楽坂キャンパスは、都市型キャンパスであるが故にいささか窮屈です。学生数に対して敷地面積が狭いため、一般的にイメージされる大学のキャンパスと比較すると無機質なビル群といった印象です。また学生食堂の席数も不足しており、昼休み時は食事場所を確保するのにも苦労することがしばしばあります。広い芝生でくつろいだり、立派で華やかな近代建築のような講義棟で授業を受けることを想像している方にはあまりお勧めできません。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部第一部編】
公開日:2019年1月

評価:★★★★★(大満足) / 大学1年生・男性

キャンパス周辺が混雑する

神楽坂キャンパスは最寄駅が飯田橋と色々な路線が乗り入れていることもありアクセスはとてもいいですがその点、人が多くオフィスも多いのでとても朝は混みます。また帰宅時も様々な大学や高校などがまとまっていることもあり、時間が重なってしまうととても混雑します。遅延などもありますがそこは様々な路線が走っているので困ることはそこまでないと思います。夜遅くになると飯田橋付近が飲み屋などが多いことから人が集まることもあります。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部編】
公開日:2018年12月

評価:★★★★☆(満足) / 大学2年生・男性

キャンパスのアクセスが良くない

キャンパスが田舎にあって電車もあまり通っておらず、都心部へのアクセスが非常に悪いです。そのうえさらに、理工学部の生徒が大変多くの生徒が、少ない車両の電車で通学しなければならないので、電車内はとてもストレスが溜まります。また、都心部に遠いので、遊びに行ったり、おしゃれなお店に行くための交通費がばかにならず、経済的余裕のない大学生にとっては、一般的な大学生らしいことをすることも制限されてしまっています。

東京理科大学の評判・口コミ【理工学部編】
公開日:2018年12月

評価:★★★★★(大満足) / 大学1年生・男性

学生支援課の対応が悪い

学生支援課の対応が悪いです。理科大の他キャンパスは分かりませんが、野田キャンパスの学生支援課はとても態度が悪いです。事実、私が困っていることで相談した際に鼻で笑われましたし、Webを確認すればわかる、と返答を突き返されました。私だけでなく友人や先輩からの評価も悪く学生支援課を利用する学生からの声には不満がとても多いです。我々の高い学費から給料が支払われているのにぶっきらぼうな態度で本当に腹が立ちます。

東京理科大学の評判・口コミ【理工学部編】
公開日:2018年11月

Q.おすすめ学部は?

評価:★★★★☆(満足) / 2年生・女性

理学部

純粋に男女比が1番正常に近いと思うからです。東京理科大学は名前の通り理系総合大学です。それ故にどうしても女子が少なく男子が多くなってしまいます。特に私が所属する工学部ではそれが顕著で、女子は全体で十数パーセント程、学科によっては一割以下なんてこともザラですので、そうした観点で考えると理学部がおすすめかなと思います。

東京理科大学の評判・口コミ【工学部編】
公開日:2019年6月

評価:★★★★★(大満足) / 大学3年生・男性

機械工学科

自分のいる学科が1番この大学では忙しく、キツイと言われております。多くの大学生は緩く授業を受け、周りの人と遊び、騒ぎ、そして大学生活を終えると思います。しかし、本当にそれでいいのかと考えると、その答えは人それぞれですが、自分はもっと成長出来ることを選びます。自分の今の学科が1番成長出来る環境であることには間違いないので、ストイックな方にはお勧めします!

東京理科大学の評判・口コミ【工学部編】
公開日:2019年5月

評価:★★★★☆(満足) / 卒業後2年以内・男性

薬学部

東京理科大学の薬学部は私立大学の中でもトップクラスの研究実績・就職実績があり、技術やノウハウが非常に集約された学部でした。一般の学部に比べて校舎も豪華であり、外から見てとても充実した学生生活を過ごしているようでした。また最近薬学部の校舎が都心寄りに移転し、通学の便が非常に良くなったので、立地の点でも非常におすすめです。

東京理科大学の評判・口コミ【理工学部編】
公開日:2019年5月

評価:★★★★☆(満足) / 大学3年生・男性

薬学部 生命創薬科学科

私が通っていることもあり説明しやすいのもありますが、やはり就職がいい点と、入学してからもたくさん勉強をするので、大学生としてレベルの高い所にいけることがオススメの理由です。頑張り次第で上に行ける所がいい点だと思います。

東京理科大学の評判・口コミ【薬学部編】
公開日:2019年5月

評価:★★★★☆(満足) / 卒業後2年以内・男性

理学部 第一部

真面目な人が多く、一生懸命授業を受けている人が多かったです。また、カリキュラムも適切で、中には研究者となる人もでてきます。理学部第一部は看板学部であり、人気もあります。また、大学院に進む人も多く、互いに刺激を感じながら高めあっていける学部です。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部第一部編】
公開日:2019年5月

評価:★★★★☆(満足) / 卒業後1年以内・女性

理学部第二部

金銭面に余裕のない方や、社会人で働きながら専門的な勉強したい方にも通える制度が整った学部だからです。学科は化学・物理・数学の3学科しかありませんが、受けたければ他学部他学科の授業も受講できますので、本気で勉強したい方にはとてもオススメです。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部第二部編】
公開日:2019年4月

評価:★★★☆☆(ふつう) / 大学1年生・女性

工学部

最近新しく出来た学科があるのでとても興味を持ちました。高校生の頃は本来はそこの学部に入りたかったのですが、当時は倍率がとても高かったため、残念ながら不合格になってしまいました。また、やりたかった研究もそこの学部にあったのですが、今振り返ってみれば今所属している学部に入った方が正解なのだろうなと思いました。なので、そこの学部はオススメだけど自分にとっては、そこに入るべきではなかったなと思いました。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部編】
公開日:2019年3月

評価:★★★★★(大満足) / 大学4年生・女性

基礎工学部

1年次は北海道にある長万部キャンパスで寮生活をします。寮生活をするので学科全体が仲良くなります。そして、都内の人も1年だけ田舎ライフを体験できるチャンスです。長万部から帰ってきた学生は楽しいと言います。

東京理科大学の評判・口コミ【工学部編】
公開日:2019年3月

評価:★★★★☆(満足) / 大学3年生・女性

理学部

理学部は、神楽坂キャンパスにあります。神楽坂は東京なので遊ぶところもたくさんありますし、就活説明会やセミナーなどのほとんどは神楽坂キャンパスで行われているので、神楽坂キャンパスの人ならそういったセミナーにも参加しやすいのでいいと思います。

東京理科大学の評判・口コミ【理工学部編】
公開日:2019年1月

評価:★★★★☆(満足) / 大学3年生・男性

応用数学科

実験がない学科で、レポートがほとんどなく楽な学科なうえに、就職率も情報系なので非常に良いものと聞いています。実際にこの学科の友人は、バイトやサークルなどのプライベートな時間を余裕を持って過ごせているように見えます。将来性、自由度で考えたときにはこの学科をお勧めします。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部第一部編】
公開日:2019年1月

評価:★★★★☆(満足) / 卒業後2年以内・男性

理学部第一部

学内でも特に力を入れている学部で、教授陣の質が非常に高い印象です。キャンパスも四年間神楽坂で学生同士の評価においても理学部第一部の評判は良いです。就職先の選択肢も広いので、将来像が定まっていない方にもおすすめの学部です。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部第一部編】
公開日:2019年1月

評価:★★★★★(大満足) / 大学1年生・男性

経済学部 ビジネスエコノミクス科

文系の科目の中でも理系に特化して現代のIT時代に応用が効き、とても高い水準の理系の環境で経済の勉強ができることです。授業も理系のように高いレベルからではなく徐々にということなので苦手な人にでも勉強しやすい環境だと思います。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部編】
公開日:2018年12月

評価:★★★★☆(満足) / 大学2年生・男性

理工学部

理工学部には様々な学科があり、多種多様な生徒の交流の中で、社会の問題に対して多面的に考えられるようになります。その中で自然に友達もできてくるだろうし、いろんな企業に存在する上下関係にも慣れることができると思います。

東京理科大学の評判・口コミ【理工学部編】
公開日:2018年12月

評価:★★★★★(大満足) / 大学1年生・男性

理工学部

私自身が理工学部に進学してよかったと思っているからです。理工学部はなんといっても一番多くの学科を抱えており理工学部の学科間では共同研究などの交流も行われています(一部交流なしの学科も存在)。また専門科目ばかりだけでなく教養科目とその教員も数多く整備され幅広い知識や教養を身につけることができます。専門分野を磨くには幅広い深い教養と一般常識が必須です。大学にてそのようなカリキュラムが用意されてるのは大変有り難いです。

東京理科大学の評判・口コミ【理工学部編】
公開日:2018年11月

Q.東京理科大学に通って良かった?

評価:★★★★☆(満足) / 2年生・女性

東京理科大学に通って良かった

入学前は、厳しい大学と聞いていたので、アルバイトやサークル活動や遊ぶ時間さえなく、レポートや課題に追われる生活になるのかと怯えていました。しかし前述の通り、自分で時間を管理し、要領を掴んでしまえば、アルバイトもサークルも遊びもそれなりに満喫することができました。また、大学の実力主義や厳しさ故に、就職にはとても強いことを、OB・OGの方々のお話を聞く度に感じますし、全体的なバランスはとても良い大学だと思います。

東京理科大学の評判・口コミ【工学部編】
公開日:2019年6月

評価:★★★★★(大満足) / 大学3年生・男性

東京理科大学に通って良かったと強く思う

自分が一度足を踏み外した時に、教授陣が揃って親身になってくれました。その時は本当にうるさいと思っていたのですが、今を思えばとてもありがたかったと思っております。学生は何のためにこんなキツイことをやらされているのかと愚痴をこぼすだけです。しかし、教授陣は言いません。それは答えは与えられるものではなく、自分で見つけるものであると思うからです。これは社会に出る身として重要なので、そういう面ではとても感謝しております。

東京理科大学の評判・口コミ【工学部編】
公開日:2019年5月

評価:★★★★☆(満足) / 卒業後2年以内・男性

東京理科大学に通って良かった

研究室生活は非常に苦痛でしたが、その甲斐あって就職活動もうまくいったので悪いイメージばかりではなかったです。ただ、やはりキャンパスの立地はもう少し都心よりの方が買い物など便利に過ごすことができたのではないかと思います。課外活動にしても、自己啓発セミナー等の会場はキャンパス周辺よりも都会の方が圧倒的に多かったので、都内まで行く交通費を工面するのに苦労しました。

東京理科大学の評判・口コミ【理工学部編】
公開日:2019年5月

評価:★★★★☆(満足) / 大学3年生・男性

東京理科大学に通って良かった

やはり力がつくというのは3年間通して感じました。ほかの大学生に比べて課題やレポート、日々の授業といったことが密にあるので、有意義な学校生活を送れたんじゃないかと感じております。また学生のレベルも高く、試験の点数で順位がつきその順位が研究室を選ぶ際に重要になってくることから、学生がテストに向けて頑張るので、自分も負けじと勉強に打ち込むことが出来たことを考えると、やはりこの学校に入って良かったと感じています。

東京理科大学の評判・口コミ【薬学部編】
公開日:2019年5月

評価:★★★★☆(満足) / 卒業後2年以内・男性

東京理科大学に通って良かった

教授陣が教育を頑張っているイメージが強かったです。講義についても工夫された授業で、わかりやすかったです。例えば、一部授業で導入されているのが反転授業と呼ばれる、オンライン上で授業が受けられるシステムがあります。これを講義前までに聴講し、講義では演習メインの授業を行うことで、週1回の授業に対しての定着度が大幅に上がりました。ほかの大学と比べて忙しかったですが、その分大学が掲げる実力主義に沿った教育を受けられました。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部第一部編】
公開日:2019年5月

評価:★★★★☆(満足) / 卒業後1年以内・女性

東京理科大学に通って良かった

理学部二部とはいえ、就職面では全く問題なく普通に就職することができました。私は1年留年しましたが、それでも留年が理由で落とされたことはありません。院に行けば昼間部夜間部も関係なくなりますし、勉学の面でも満足です。また、理学部二部は昼間学部に比べて、学費がほぼ半額くらいになります。奨学金制度もありますし、授業は夜にあるので昼間働いて夜は大学に通っている社会人の方も沢山います。社会人になってから大学に通いたいと挑戦する人にも、金銭面的に余裕がないけど大学に通いたいという方にもチャンスがある学部だと思います。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部第二部編】
公開日:2019年4月

評価:★★★☆☆(ふつう) / 大学1年生・女性

東京理科大学に通って良かったかどちらとも言えない

まだこの大学に入ってから半年くらいしかたっていないため、まだ環境に慣れていません。しかし、大学自体の雰囲気は私にとってはすごく居心地のいい場所なので、この大学に通って正解だったなと実感しています。また、2年生になって新しい分野を学ぶことができるため、今よりも一層楽しく学生生活を送れるかなと思っています。そして、2年生では後輩に対して基礎的なことを教える立場にもなるため、より学問を深く学ぶ意識が高まると思います。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部編】
公開日:2019年3月

評価:★★★★★(大満足) / 大学4年生・女性

東京理科大学に通って良かったと強く思う

所属学科にもよりますが、いわゆる文武両道ができて、メリハリのある生活ができると思います。普通の大学は「the人生の夏休み」をしていると思うくらい時間割がガラガラで遊んでばかりだと思います。しかし、この大学は時間割もそれなりに埋まっていて、さらに実験レポート提出も毎週あり、テストも点数主義です。だから勉強は最低限にします。しかし、それだけでなく、ちゃんとバイトしてサークルにも参加しています。そんな人間が集まるからこそ、他大にいる生粋のパリピやDQNが少なく、チャラ過ぎず、がり勉過ぎずのバランスが取れた人間がいると感じています。普段行動を共にする友達がそういう人種だったため、私はストレスなく楽しい大学生活ができたと思います。

東京理科大学の評判・口コミ【工学部編】
公開日:2019年3月

評価:★★★★☆(満足) / 大学3年生・女性

東京理科大学に通って良かった

他の学校に比べると授業のコマも多いし、レポートも多いですが、レポートをこなすだけでもかなり勉強になるので、その分就職や将来の職業に活かせるのではないかと思います。また、忙しくてもアルバイトにもサークルにも取り組めますし、わたしはアルバイトの掛け持ちもしていたので、本当に充実した学校生活を送れています。大変なレポートやテストでも友達と一緒に教えあって乗り切ることで、友達との仲が深まっていくので段々勉強も楽しくなっていきますよ。

東京理科大学の評判・口コミ【理工学部編】
公開日:2019年1月

評価:★★★★☆(満足) / 大学3年生・男性

東京理科大学に通って良かった

もともと浪人生であった上に、ここしか受からなかったのですが、自分が十分に妥協できるラインであること、また自分にあったサークルが見つけられたり、人間関係の不和もなく平和に生活を送れてますので現在の環境には満足しています。普段の忙しさについては自分を成長させてくれるものとして受け入れられています。世間の評価もある程度高いため、学歴コンプレックスにも陥ることなく過ごせています。総合的に見ても自分に合った大学であると感じます。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部第一部編】
公開日:2019年1月

評価:★★★★☆(満足) / 卒業後2年以内・男性

東京理科大学に通って良かった

四年間を通して濃密な経験ができたためです。他大学、特に文系の学部の友人などと比べれば勉強にさく時間は多いですが、その分サークル活動やアルバイトにも効率重視で取り組めるので、キャンパスライフの充実感はおのずと高くなります。また、キャンパスが都心にあるため、学外においてもさまざまな刺激を受けることができます。特に地方出身は、10代後半から20代の自己成長の時期において、東京の街に触れ、多様な価値観を吸収することができ、学問以外にも多くのことを学べると思います。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部第一部編】
公開日:2019年1月

評価:★★★★★(大満足) / 大学1年生・男性

東京理科大学に通って良かったと強く思う

教授や友達ととても環境が整っていて研鑽していく上ではとてもいい環境です。今後理系で研究職を目指す人にとってはとても面白く先が見える環境だと思います。国立大に比べ受験科目は少ないので得意教科に特化した人が多く好きな分野の話などとても面白くいい話も聞ける機会も多いです。これからどう過ごすか、わからなくても狭いキャンパスなので色々な人と関わることや様々な研究を知ることもあり刺激が多くとてもいい環境だと思います。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部編】
公開日:2018年12月

評価:★★★★☆(満足) / 大学2年生・男性

東京理科大学に通って良かった

都心部から遠いキャンパスの立地や、中学生並の授業中の私語などの不満な点を考慮しても、大学に入ってよかったと思っています。理由は先ほどお伝えした満足した点を除いて主に2つあります。1つ目は、地方からくる生徒が多いことです。地方からきた生徒にとっては友達ができやすい環境になっていて、実際たくさんの友達もできました。2つ目は、学科の勉強です。高校生の下調べの時よりも、大学内で勉強をしてきた今のほうが知識欲にあふれるようになっています。

東京理科大学の評判・口コミ【理工学部編】
公開日:2018年12月

評価:★★★★★(大満足) / 大学1年生・男性

東京理科大学に通って良かったと強く思う

我々は大学生であり本分はやはり勉強や研究です。世の大学生や世間の大学生のイメージは遊んでいたり勉強しなかったりと堕落していますがうちの大学はそんなことはありません。厳しい試験があり合格できないと進級できない、単位取得にも高いハードルが設置されているので生半可な生徒はふるい落とされます。そのため学問に対し真剣な生徒ばかりで議論も勉強もとても充実しています。理科大の広報が宣伝していることは脅しでもなく事実です。ですがそこが理科大の伝統でありこれからも守られて行くべき物だと思います。

東京理科大学の評判・口コミ【理工学部編】
公開日:2018年11月

東京理科大学について

東京理科大学の学部別偏差値比較

ランク 学部名 偏差値
1位 東京理科大学 薬学部 薬 66
2位 東京理科大学 経営学部 経営 65
2位 東京理科大学 工学部 建築 65
2位 東京理科大学 工学部 情報工 65
2位 東京理科大学 工学部 機械工 65
2位 東京理科大学 理学部 化 65
2位 東京理科大学 理工学部 応用生物科 65
2位 東京理科大学 理学部 応用化 65
2位 東京理科大学 理学部 物理 65
10位 東京理科大学 理工学部 建築 64
10位 東京理科大学 理工学部 先端化 64
10位 東京理科大学 工学部 工業化 64
10位 東京理科大学 工学部 電気工 64
10位 東京理科大学 理学部 数 64
10位 東京理科大学 理学部 応用物理 64
10位 東京理科大学 薬学部 生命創薬科 64
17位 東京理科大学 経営学部 ビジネスエコノミクス 63
17位 東京理科大学 基礎工学部 生物工 63
17位 東京理科大学 理工学部 機械工 63
17位 東京理科大学 理工学部 物理 63
17位 東京理科大学 理学部 応用数 63
17位 東京理科大学 理工学部 電気電子情報工 63
17位 東京理科大学 理工学部 情報科 63
24位 東京理科大学 基礎工学部 材料工 62
24位 東京理科大学 理工学部 土木工 62
24位 東京理科大学 理工学部 経営工 62
27位 東京理科大学 基礎工学部 電子応用工 61
27位 東京理科大学 理工学部 数 61

※データ参照元:「東進」の大学入試難易度ランキング

  • 法人名:学校法人東京理科大学
  • 本部所在地:東京都新宿区神楽坂一丁目3
  • WEBサイト:http://www.tus.ac.jp/

東京理科大学の口コミ・評判一覧

東京理科大学の評判・口コミ【理工学部編】

評価:★★★★★(大満足) / 大学1年生・男性

満足している点

学生の意識が高いことです。私が満足しているのは東京理科大学のブランドそのものです。この大学に入る一年前に私は東京理科大学に行ってきました。その時に食堂に行ったのですがかなりの生徒が勉強していまし…続きを読む

不満に感じている点

キャンパスのアクセスが悪いことです。私は東京理科大学の野田キャンパスに通っています。今は実家通いなので片道約二時間かけて通っています。野田キャンパスの千葉県で、私の実家は横浜なのでとても大変です。一人暮ら…続きを読む

おすすめ学部:理工学部電気電子情報工学科

ここの学部は留年率が圧倒的に高いです。なぜならば必修科目がほかの学部に比べてケタ違いだからです。ですからここの学部に入れば厳しい大学生活を送れると思うのでお勧めします。…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


東京理科大学の評判・口コミ【基礎工学部編】

評価:★★★★☆(満足) / 大学2年生・女性

満足している点

ゼミ・研究室です。私が通う大学の研究室は企業と連携しているところが多々あるということが満足している点の1つとしてあげられます。また学生は研究室に入るまでの座学等で自分の専門科目だけでなく…続きを読む

不満に感じている点

サークルです。私は基礎工学部に所属していて、大学で色々な経験をしたいと思っていますがこの学部のサークルへの参加は2年生からなので入りやすいサークルというのは少ないと思います。葛飾であ…続きを読む

おすすめ学部:基礎工学部

1年の長万部での生活は他の学校では体験できない寮生活が魅力的です。仲間とコミュニケーションを取ることの難しさや大切さなどを学べます。また、先生方の距離も近いことも良いこ…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


東京理科大学の評判・口コミ【工学部編】

評価:★★★☆☆(ふつう) / 大学2年生・女性

満足している点

校舎が綺麗に整備されているところです。私が通っている葛飾キャンパスという所は、校舎が新しくデザイン性もある素敵な所です。どの棟も一貫して統一性があり写真映えもします。また、図書館は本棚すらもデザインの要素と…続きを読む

不満に感じている点

留年しやすいところです。私の所属している機械工学科は1年から2年に上がる時、そして3年から4年に上がる時に留年する可能性があります。必修科目を落としたり、一般教養科目が必要数に足りなかったりす…続きを読む

おすすめ学部:工学部機械工学科

工学部機械工学科は留年率が高いのですが、その代わりにこの学科を卒業するとある程度の学力があるとみなして貰えます。ですからこの学科は就職活動にはかなり有利で、卒業した先輩…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


東京理科大学の評判・口コミ【理工学部編】

評価:★★★★★(大満足) / 大学3年生・男性

満足している点

授業です。教授陣は学生に対して極めて親身なので、講義も懇切丁寧に行われます。他大学では「声が聞き取りにくい」「板書が読めない」といったことで悩まれる方がいらっしゃるようですが、そ…続きを読む

不満に感じている点

立地です。理系の大学は、大掛かりな研究施設が必要であり、その土地を確保するにはどうしても僻地になりがちです。私の大学もご多分にもれず、アクセスの悪い場所に位置しています。都心部に…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


東京理科大学の評判・口コミ【理学部編】

評価:★★★★☆(満足) / 卒業後2年以内・男性

満足している点

就活の際、企業からの評価が高いところです。勉強する環境が揃っている点に満足しています。留年率が高いために5年制大学と揶揄されることが多い理科大です。これは授業を受けるだけでなく自主的に勉強しなければ単位がでない…続きを読む

不満に感じている点

アルバイトをしづらいことです。理科大生はアルバイトをするのには不向きであると思います。なぜなら、授業の課題が多くアルバイトをする自由な時間が十分に確保できないからです。また、テストの内容も難しいため…続きを読む

おすすめ学部:理学部

私自身が理学部だったことも起因していますが理学部をおすすめします。名のある有名な教授が多くいるため、研究の楽しさを学ぶことができます。キャンパスの立地もいいので留年さえ…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


東京理科大学の評判・口コミ【経営学部編】

評価:★★★★☆(満足) / 大学2年生・男性

満足している点

授業です。1、2年の講義のうち必修科目は2コマ連続になっている事がほとんどで、1コマ目に講義を行い2コマ目に演習を行うという形になっています。この仕組みによってその日に学んだ講義…続きを読む

不満に感じている点

アルバイト・インターンです。多くの講義が講義と演習の2コマセットになっているおかげで時間割がキツキツです。そのせいか自主的な活動がする時間が限られており、予復習や課題に時間を取られるためアルバイト…続きを読む

おすすめ学部:経営学部

東京理科大学という理系色が強い大学で文系に属する科目を学ぶことができ「経営を科学する」という文系と理系のハイブリッドだからです。数学的能力が重要視されていってる現状に対…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


東京理科大学の評判・口コミ【理工学部編】

評価:★★★★★(大満足) / 大学1年生・男性

満足している点

真面目な生徒が多いところです。真面目な生徒でないと容赦なく留年になってしまいます。そのため卒業するために真面目でない生徒は元々少なく、また真面目でない生徒は淘汰されていきます。厳しい試験や関門科目が…続きを読む

不満に感じている点

学生支援課の対応が悪いところです。学生支援課の対応が悪いです。理科大の他キャンパスは分かりませんが、野田キャンパスの学生支援課はとても態度が悪いです。事実、私が困っていることで相談した際に鼻で笑われまし…続きを読む

おすすめ学部:理工学部

私自身が理工学部に進学してよかったと思っているからです。理工学部はなんといっても一番多くの学科を抱えており理工学部の学科間では共同研究などの交流も行われています(一部交…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


東京理科大学の評判・口コミ【基礎工学部編】

評価:★★★★☆(満足) / 大学2年生・男性

満足している点

キャンパスの立地です。東京理科大学は様々なキャンパスを持っています。神楽坂、野田、葛飾、長万部の4つのうち基層工学部が主に利用するのは長万部キャンパスと葛飾キャンパスです。長万部キャンパスで…続きを読む

不満に感じている点

サークルです。特に不満に感じていることはないのですがしいて言うならサークルの活動が若干弱い気がします。新入生歓迎会でいろいろなサークルを回りましたが、葛飾キャンパスにはサークルが少な…続きを読む

おすすめ学部:基礎工学部

基礎工学部は入学式の途中に入学式を行う日本武道館から羽田空港へと向かい、当日中に長万部町に入ります。入寮時には町民の方々が歓迎してくれ、とても楽しいです。長万部キャンパ…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


東京理科大学の評判・口コミ【理工学部編】

評価:★★★★☆(満足) / 大学2年生・男性

満足している点

勉強する環境が整っているところです。キャンパス内に図書館はもちろん、3つの食堂、自習室など一人になって静かに勉強できるスペースがしっかり確保されています。そこでは、中学生のように騒ぐ生徒や、においの出る食…続きを読む

不満に感じている点

キャンパスのアクセスが良くないところです。キャンパスが田舎にあって電車もあまり通っておらず、都心部へのアクセスが非常に悪いです。そのうえさらに、理工学部の生徒が大変多くの生徒が、少ない車両の電車で通学しなければ…続きを読む

おすすめ学部:理工学部

理工学部には様々な学科があり、多種多様な生徒の交流の中で、社会の問題に対して多面的に考えられるようになります。その中で自然に友達もできてくるだろうし、いろんな企業に存在…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


東京理科大学の評判・口コミ【経営学部編】

評価:★★★★☆(満足) / 大学卒業後2年以内・男性

満足している点

進路・就職です。就職率が高い事が売りとされていますが、周囲を見ていてもそれを実感することができました。就職率では、さらに高い学校もありますが、多くの人が希望する業界の大手企業に就職をし…続きを読む

不満に感じている点

ゼミ・研究室です。ゼミ・研究室では、実践的なことまで深く学ぶことができますが、人数が多く、教授に見てもらう時間や、ゼミ内での発表の回数などが自然と短くなってしまいます。特に、人気があるゼ…続きを読む

おすすめ学部:経営学部

就職に強いことと、授業では就職後も役に立つことが学べるというのがが一番です。また、ゼミやサークルも多様で、自分に合うものを見つけることができれば、かなり楽しめると思いま…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


東京理科大学の評判・口コミ【理学部編】

評価:★★★★★(大満足) / 大学1年生・男性

満足している点

レベルの高い授業が受けられるところです。全国から高いレベルの学生が集まっているため、勉強面において切磋琢磨して研鑽できる環境が整っています。また都心にあることからアクセスもよく、様々な研究室など学会にも行きや…続きを読む

不満に感じている点

キャンパス周辺が混雑するところです。神楽坂キャンパスは最寄駅が飯田橋と色々な路線が乗り入れていることもありアクセスはとてもいいですがその点、人が多くオフィスも多いのでとても朝は混みます。また帰宅時も様々な…続きを読む

おすすめ学部:経済学部 ビジネスエコノミクス科

文系の科目の中でも理系に特化して現代のIT時代に応用が効き、とても高い水準の理系の環境で経済の勉強ができることです。授業も理系のように高いレベルからではなく徐々にという…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


東京理科大学の評判・口コミ【経営学部編】

評価:★★★★☆(満足) / 大学3年生・女性

満足している点

キャンパスの立地です。東京理科大の経営学部は、神楽坂キャンパスにあります。神楽坂は東京の中心とも呼ばれる都会的な場所で、各主要都市へのアクセスがしやすいです。例えば東京駅まで10分、新宿駅ま…続きを読む

不満に感じている点

部活動です。キャンパスの立地が大都市にあるため、体育会系の部活動で使う体育館やグラウンドが近隣になく、運動部で活動するには、電車で最寄りの体育館やグラウンドに移動する必要があるから…続きを読む

おすすめ学部:理学部、薬学部

とにかく東京理科大学は、国内でもトップクラスの研究設備や教育環境が整った理系大学ですので、化学科、応用化学科、数学科などが所属する理学部が最も人気です。また、薬学部は、…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


東京理科大学の評判・口コミ【理学部第一部編】

評価:★★★★☆(満足) / 大学卒業後2年以内・女性

満足している点

ゼミ・研究室です。研究室は、学科を跨いで所属する事が一部可能になっております。例えば、私は応用物理学科所属でしたが、宇宙物理学に関心を持った為、三年次から物理学科の宇宙物理学関連の講義を…続きを読む

不満に感じている点

学生の質です。第一志望校でなかった人が多く集まる大学なので、初めの頃はとても鬱屈とした、人と関わろうとしないムードが溢れていたりします。勿論、仮面浪人をして大学から出て行く人や、学歴…続きを読む

おすすめ学部:理学部第一部

大学内で一番偏差値が高く評価が良い学部だからです。また、キャンパスは飯田橋にあり、駅に近いため通学も楽です。いわゆるキャンパスという感じではなく、ビル群といった感じの大…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


東京理科大学の評判・口コミ【理学部編】

評価:★★★★☆(満足) / 大学4年生・女性

満足している点

キャンパスの立地です。キャンパスは飯田橋駅から徒歩5分ほどの場所にあるため、新宿や秋葉原、池袋といった主要都市に出やすく、授業が午前中のみの日などは友人とショッピングやお茶をしに行くことがで…続きを読む

不満に感じている点

授業です。数学関係の授業にムラがあります。黒板への板書が小さい先生が多く、その場で問題を解きながら進めるため進度も定まりません。教授がその場で解けなかった問題を学生に投げる場合も…続きを読む

おすすめ学部:理学部

わたし自身が理学部に在籍しているから、という理由が一番です。専門の先生方の授業は大変興味深く、自分の視野を広げることができます。また、教職を履修する予定がある方には、理…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


東京理科大学の評判・口コミ【理学部第二部編】

評価:★★★★☆(満足) / 大学卒業後2年以内・男性

満足している点

進路・就職です。進学や就職のサポート体制が整っているところが非常に魅力的です。東京理科大学の教授の多くは他大学の教授と面識があるため、他大学の大学院の推薦書を書いていただくこともできま…続きを読む

不満に感じている点

キャンパスの環境です。東京理科大学の神楽坂キャンパスに通っていました。神楽坂キャンパスは大通りに面しているため、車や通行人が多く騒がしいことが多々ありました。また神楽坂近辺には店がたくさんあ…続きを読む

おすすめ学部:理学部 第二部数学科

数学科は教員を目指している学生が非常に多いので、他の学生から刺激を受けます。当時は私も中学校の数学の教員を目指していたので、他の学生から多くの刺激を受けました。もちろん…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


       
京都教育大学 教育学部
京都教育大学の評判・口コミ【教育学部編】

このページでは、京都教育大学 教育学部の卒業生(卒業後1年以内)から聞

京都女子大学 現代社会学部
京都女子大学の評判・口コミ【現代社会学部編】

このページでは、京都女子大学 現代社会学部に現在通っている4年生から聞

東海大学 政治経済学部
東海大学の評判・口コミ【政治経済学部編】

このページでは、東海大学 政治経済学部に現在通っている1年生から聞いた

慶應義塾大学 文学部
慶應義塾大学の評判・口コミ【文学部編】

このページでは、慶應義塾大学 文学部に現在通っている3年生から聞いた、

法政大学 社会学部
法政大学の評判・口コミ【社会学部編】

このページでは、法政大学 社会学部に現在通っている4年生から聞いた、法

→もっと見る