口コミから見た、立教大学の評判は?

大学スクールナビに寄せられた、立教大学に通っている(直近まで通っていた)人から集めた口コミをもとに、立教大学の評判についてご紹介します。立教大学の雰囲気や魅力、特色を理解するのにお役立てください。
最終更新日:2022/12/16

立教大学 池袋キャンパスにある一号館です。ツタが建物の周りを覆っている部分が素敵ですね。




目次

立教大学に通ってみて、満足しているポイント
立教大学に通ってみて、不満に感じているポイント
おすすめ学部は?
立教大学に通って良かったか
立教大学について
立教大学の口コミ・評判一覧

Q.立教大学に通ってみて、満足している点を教えてください。

  • 大学:立教大学 異文化コミュニケーション学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

ここでしか学べないことがある

私の学びたいことは、まさに異文化コミュニケーションでした。よくありがちな英米文学部などでは学べないことでした。立教大学の異文化コミュニケーション学部では学部名の通り、英語を使って(使わなくとも)自分と違う人を理解することを様々な視点から学ぶことができます。翻訳や通訳、英語教育でさえも、英語の知識だけではなく異文化コミュニケーションの視点がなければ高いパフォーマンスはできないのだと痛感しました。こういったことを、レベルの高い仲間と共に4年間ぎっちりと基礎から学んで身に着けていけるのは、この大学のこの学部だけだと思っています。

立教大学の評判・口コミ【異文化コミュニケーション学部編】
公開日:2022年12月
  • 大学:立教大学 コミュニティ福祉学部 コミュニティ政策学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

教授陣の人が良い

立教大学は自由選抜入試をはじめとした特色ある入試方法が存在します。私は一般入試であり、公立学校で育ってきたため、これらの個性豊かな人々との出会いはとても刺激的でした。例えば、野球の日本代表、学生プロボクサー、トリリンガル、留学生などの様々な友達を作ることができ、一気に視野が広がりました。また、教授陣もお世話になっている方がとても多く、魅力的です。入学するまで教授はかなり遠い存在に思えていましたが、実際に関わるととても優しく、進路の相談などにも親身にのってくださいます。

立教大学の評判・口コミ【コミュニティ福祉学部編】
公開日:2022年11月
  • 大学:立教大学 文学部 文学科 英米文学専修
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

設備が充実している

キャンパス内のほとんどの建物がレンガ造りでお洒落です。中でも有名なのが第一食堂です。内装がハリーポッターの食堂に似ていることで知られており、ランチメニューも美味しいです。他には二つほど食堂兼売店があります。図書館は地下を合わせて4階建てで、蔵書数はかなり多いと思います。DVDを閲覧するスペースには2人掛けソファーもある為、空きコマの時間に友達と映画鑑賞会をすることもできます。体育棟は誰でも自由に出入りできますが、上階のジムを使うには説明会への参加が必須です。

立教大学の評判・口コミ【文学部編】
公開日:2022年11月
  • 大学:立教大学 文学部 文学科 英米文学専修
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

学校の雰囲気と生徒の人柄

学校のおしゃれな雰囲気はとても有名ですが、入ってみるとやはりモチベーションが上がるものです。特に有名な第一食堂は、高い天井をもつ自慢の施設です。食堂のご飯はリーズナブルでとても美味しいので満足度が高いです。大学がある日はたくさんの生徒が食堂でご飯を食べるので、とても混雑します。もし入学して食堂を利用するなら、2限を空きコマにして行くのがスムーズかもしれません。また、大学に入学してからできた友達は、皆優しくて面白い子ばかりです。本当に入学してよかったと思っています。

立教大学の評判・口コミ【文学部編】
公開日:2022年8月
  • 大学:立教大学 経済学部
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

人との交流

立教大学は人との交流を大事にしながら学ぶ校風があります。ゼミだけでなく普段からグループワークを主体とする授業形式が多く、また、講義形式の授業でも多くは近くの人とコミュニケーションをとる事が求められる授業となっています。このように人とコミュニケーションをとりながら勉強することで、自分とは違う価値観を知る事ができ、新しい発想に至る事ができます。キャンパス自体も学部同士の垣根がなく、いつでもコミュニケーションが取れる建物となっています。

立教大学の評判・口コミ【経済学部編】
公開日:2022年6月
  • 大学:立教大学 コミュニティ福祉学部
  • 状況:大学卒業後、1年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

図書館が充実している

キャンパスに一つずつ図書館が設置されています。司書さんに頼めば文献の複写、別の図書館からの図書の依頼もスムーズに対応してくれます。キャンパス間での本の貸し出し、返却も自分で移動する必要もありません。テーブルや個別の自習スペースもあるので集中して勉強に取り組めます。グループで話し合いをしたい際にはミーティングルームも設置されているので、ゼミやグループ課題を取り組むときに便利でした。映画やドラマのレンタルや視聴スペースもあるため、授業の間に空いてしまった時間も有効に使えます。

立教大学の評判・口コミ【コミュニティ福祉学部編】
公開日:2021年6月
  • 大学:立教大学 社会学部
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

留学や語学習得に寛容

他の大学も同じかと思われますが、1年時には英語と第二外国語が必修です。その後、2年生までその制度が続き、3年時からは自身の学部や希望に合った科目を履修していくかと思います。私が言語習得に関心があったためというのもあるかと思いますが、3年時からでも1年生と混ざって第3外国語を基礎から学ぶことができました。留学先も豊富にあり、私の周囲の人も多数留学に行っている人やそのまま海外に移住してしまう人も多くいました。異文化センターの人はかなり不愛想ですが、留学制度は使うべきだと思いました。

立教大学の評判・口コミ【社会学部編】
公開日:2021年5月
  • 大学:立教大学 異文化コミュニケーション学部
  • 状況:大学卒業後、1年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

留学制度と奨学金が充実している

大学全体で海外の提携校が多く、様々な国に学びに行ける環境です。特に異文化コミュニケーション学部は留学が必須科目だったため、2年生の秋には学部全員が世界中に飛び立ち、それぞれが見識を深めていました。奨学金制度も豊富で、学校支給以外にも提携団体の奨学金も多く紹介してくれる環境なので、金銭的に余裕のない家庭でも4年間十分通える環境にあると思います。ユニークな学生が多く、刺激的で周りを高め合える人たちが多いのも特色です。

立教大学の評判・口コミ【異文化コミュニケーション学部編】
公開日:2021年3月
  • 大学:立教大学 社会学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

個人の自由度が高い

勉強に励む人、バイトを沢山する人、サークルに力を入れる人と多様性に富んでいます。授業の組み方を柔軟にできることにより、時間の使い方も人それぞれです。図書館も平日は22:30まで空いており、遅くまで勉強することも可能です。池袋キャンパスにはポール・ラッシュ・アスレティックセンターがあります。割と新しい建物で、ジムやプールがあります。学内の生徒は気軽に身体を動かすこともできます。

立教大学の評判・口コミ【社会学部編】
公開日:2021年3月
  • 大学:立教大学 文学部 文学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学2年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

校舎が綺麗

そんなことかと思われるかもしれませんが、意外と大切なポイントです。蔦の絡んだ立教大学のシンボル的な一号館や礼拝堂は、古風で今はなかなか見られない重厚な趣です。一方、キャンパスの奥の棟や図書館は近代的で設備も整っていて、パソコン等の機材も充実しています。キャンパス内に自然も多く、暖かい季節は外でお昼を食べる学生も多くいます。キャンパス内の生活の快適さは、学校生活で余計なストレスがなくなり授業や自習への意欲も高まるなど、多くのメリットがあると感じます。

立教大学の評判・口コミ【文学部編】
公開日:2020年12月
  • 大学:立教大学 文学部 文学科 英米文学専修
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

綺麗で居心地がいい

文学部のゼミがよく行われる建物は大学の一番端の方にあり、毎回そこへ向かうのは面倒に思っていました。しかし、周りに人があまり多くいないため、集中できるいい環境だったと思っています。私自身あまり人混みを好かない性格なので、落ち着いて受講できる環境で行えるゼミはとても良いものでした。図書館も近くにあり、文学部生にとってとても良い環境だと感じていました。もちろん静かなだけでなく清掃が行き届いていて、とても居心地の良い環境でした。

立教大学の評判・口コミ【文学部編】
公開日:2020年11月
  • 大学:立教大学 文学部 文学科 文芸・思想専修
  • 状況:大学卒業後、1年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★☆☆☆(不満)

外観がおしゃれ

正門から見える本館は蔦が何重にもからまっておりとても趣があります。本館を抜けると緑の芝生が広がっており、暖かい日はピクニックをしている学生も多いです。キリスト教なので教会もあり、クリスマスに開催されるイベントでは聖歌隊が歌い、異国の情緒を感じさせてくれます。正門すぐの左右に立つ木はクリスマスツリーとして電飾され、イルミネーションも有名です。近所の人はもちろん、遠くからもそのツリーを見に人が集まるぐらいです。

立教大学の評判・口コミ【文学部編】
公開日:2020年7月
  • 大学:立教大学 現代心理学部 心理学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

キャンパスが広い

キャンパス内には図書館やグラウンド、体育館などの設備があります。図書館は膨大な量の専門知識書物を扱っていることはもちろん、DVDも借りられ、それを見るスペースは個人用と大人数用があります。そのほかにも個人で勉強できるスペースや、友達同士でおしゃべりできるスペースがあり、学生は憩いの場としてもよく活用しています。また、グラウンドや体育館は部活動やサークル活動で利用でき、きれいで広いので使い勝手がとても良いです。

立教大学の評判・口コミ【現代心理学部編】
公開日:2020年7月
  • 大学:立教大学 経済学部 経済学科
  • 状況:大学卒業
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★☆☆(ふつう)

語学教育が充実している

まず最初の一年は英語と第二外国語が履修必須でした。これらの科目はテストの点だけでなく出席も必須で、サボれないよう出欠を取っていたのでその点は厳しかったと思います。また、コンバケーションのクラスも充実していたので、本気で語学に取り組みたい人にはかなり良い環境だと思います。海外へホームステイができるプログラムも学校が用意してくれていました。ゼミの中には中国からの留学生もおり、国際色は豊かでした。

立教大学の評判・口コミ【経済学部編】
公開日:2020年4月
  • 大学:立教大学 異文化コミュニケーション学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

留学制度が整っている

留学制度は非常に充実しています。例えば、私が所属する異文化コミュニケーションの場合は、休学せずに半年から一年間もの間留学することができます。国も、アメリカ、イギリス、カナダなど英語圏のみならずドイツやシンガポール、さまざまな地域に提携校があり、さまざまな地域に留学することができます。奨学金についても、制度が整っていると思います。例えば、グローバル奨学金というのは、異文化コミュニケーション学部以外の生徒も留学をするときに申請することができます。

立教大学の評判・口コミ【異文化コミュニケーション学部編】
公開日:2020年2月


Q.立教大学に通ってみて、不満に感じている点を教えてください。

  • 大学:立教大学 異文化コミュニケーション学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

祝日に授業日がある

この大学に限ったことではないかもしれませんが、祝日なのに授業をする日があるということが驚きでした。もっと言えば、祝日は基本的に授業日扱いです。その代わり、別の日に休日を設けています。なぜなのか、未だに全くわかっていません。どこか別の国のカレンダーでも使用しているんでしょうか? 他の大学生が授業の時に休めるから電車やレジャーが空いているというメリットはあるかもしれませんが、帰省勢は困っています。祝日がきちんと祝日扱いされていれば家族や友達との予定も合わせやすいのに。帰省予定が立てづらいという点が強いて言えばの難点です。長期休みは十分にあるので、その点はご心配なく。

立教大学の評判・口コミ【異文化コミュニケーション学部編】
公開日:2022年12月
  • 大学:立教大学 コミュニティ福祉学部 コミュニティ政策学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

制度を認知させる努力をしていない

留学制度、奨学金制度をはじめとした制度についてを認知させる努力はほとんどなされていません。大学生だから自分で情報を得にいく事は当たり前のことかもしれませんが、高い学費を払っていて、少なからずそのお金が制度の充実に使われているにもかかわらず、そのお知らせが掲示板やメールのみということには少し不満を感じます。私自身も入学当初、制度については詳しくわからず、奨学金や留学のチャンスをものにすることができませんでした。

立教大学の評判・口コミ【コミュニティ福祉学部編】
公開日:2022年11月
  • 大学:立教大学 文学部 文学科 英米文学専修
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

コロナ禍でも授業料が変わらない

正直、不満はあまりありませんが、強いて言えばコロナ禍においても授業料が変わっていないことに不満があります。最初に緊急事態宣言が出た時に学長の方からメールで説明がありましたが、その理由は「設備費等の問題とオンラインで対面と変わらず対応していく為」という旨でした。私はオンライン授業に不満はなく、むしろこれからも取り入れて欲しい程に充実して授業に臨めています。その一方で、立教大学の最大の魅力であるキャンパスの設備を何も利用できないまま2年間経ってしまった為、その分の費用は多少考慮して欲しいと思っています。

立教大学の評判・口コミ【文学部編】
公開日:2022年11月
  • 大学:立教大学 文学部 文学科 英米文学専修
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

コロナ禍での対面試験

立教大学では新型コロナウイルス対策として、春学期はオンライン授業を行ってきました。ですが、迫る筆記試験は学校内で対面で行うそうです。これに対しては多くの生徒が反対の声を挙げています。緊急事態宣言が出ている中で電車に乗って学校に行くこと、大人数が一つの場所に集まり、テストを受けること、リスクがとても高いと学生でも判断がつくにもかかわらず、大学側はレポート試験にする方が良いのではと言う学生の考えを鑑みてくれません。

立教大学の評判・口コミ【文学部編】
公開日:2022年8月
  • 大学:立教大学 経済学部
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

奨学金制度

今でも奨学金制度はありますが、もう少し奨学金制度に力を入れて欲しいと思います。キャンパスは東京の池袋にあり、全て一人で身の回りのことをしているひとり暮らしの学生にとっては大学の近くに住むにも家賃が高く、離れると交通費が上がるといった状況になり、経済的に苦しくなります。そのような状況が続くと勉強どころではなくなるので、大学側から支援を行なって欲しいです。そうすることで学生自身も自分のやりたいことに時間を使うことができると思います。また、受験生の視野にも入りやすくなると思います。

立教大学の評判・口コミ【経済学部編】
公開日:2022年6月
  • 大学:立教大学 コミュニティ福祉学部
  • 状況:大学卒業後、1年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

授業の登録に限度がある

自分の学部、学科の中で必修科目がいくつかあり、もし他に自分の取りたい授業が必修科目と被っていた場合に履修できないことです。また、中には抽選での授業や1学期内で取る授業数が制限されています。抽選の科目に外れた場合は無駄に授業との間に時間が生まれてしまうこともあるため、授業の計画とアルバイトなどの大学外の計画を立てるのに苦労しました。また、授業を決める際に必要となる履修要項が分厚くて読みにくく、何が必要であるか把握することが困難でした。

立教大学の評判・口コミ【コミュニティ福祉学部編】
公開日:2021年6月
  • 大学:立教大学 社会学部
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

学生課の対応が硬い

私は言語習得に関心があり、学部では留学制度が韓国のみでしたので、大学3年時にカナダのケベック州で生きた英語とフランス語を習得したいと思い、1年間私費留学をしました。ゼミが始まるのも大学3年時で、その時には入りたいゼミが決まっており、有難いことにそのゼミへの入籍が決まっていました。しかし、留学が大学3年の8月だったので、実質ゼミに1年間出席できないことになりました。ゼミの先生はもちろん戻っておいでと言ってくれたのですが、学生課は1年遅らせてゼミに戻ることは原則認めていないとのことで、ゼミに戻ることができませんでした。

立教大学の評判・口コミ【社会学部編】
公開日:2021年5月
  • 大学:立教大学 異文化コミュニケーション学部
  • 状況:大学卒業後、1年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

学費が高い

近年、設備のリニューアルや備品を買い替えたりしている影響なのか、学費が年々高くなっているように感じます。自分たちの代も前年の代より4年生時の学費が高く、ほとんど授業を受けないにも関わらずの金額なので少々不満に感じました。学生に還元される形になればまだ救われると感じます。また、食堂は4箇所ありますが基本的に広くないため、2万人いる学生すべてに行き渡っていません。近隣に飲食店は多いですが価格が少々高いため、学食のエリアが少しでも広くなって欲しいと思いました。

立教大学の評判・口コミ【異文化コミュニケーション学部編】
公開日:2021年3月
  • 大学:立教大学 社会学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

治安が悪い

立教大学は池袋と新座にキャンパスがあります。池袋は西口なので東口の方よりも人通りは少ない気がします。しかし、大学の近くの通りを一本入るとラブホテルや水商売のお店が立ち並んでおります。サークルの飲み会で行った居酒屋までの道のりでキャッチにあったこともありました。道路に寝ている人も多々見かけます。駅から近いのでお買い物や飲食できる場所も多いですが、怖い一面もあります。池袋には大学の用事でしか行かないという友人もいます。

立教大学の評判・口コミ【社会学部編】
公開日:2021年3月
  • 大学:立教大学 文学部 文学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学2年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

休みが少ない

ゴールデンウィークなどの祭日はほとんど授業があります。今まではその代わりに授業時間が短かったそうですが、今年から共通して1コマ100分になりました。また、台風などの災害時の対応も遅いと感じます。基本的に余程の警戒が事前にされているような事態にならないと、事前休講や対策の通知は来ません。警報が出てても普通に授業があったりします。休講情報はメールで来るようにはなっていますが、教授が使い方を理解していない場合、通知が来なかったり授業直前に来たりすることもあり、学校に行ったら休講なんてこともあります。

立教大学の評判・口コミ【文学部編】
公開日:2020年12月
  • 大学:立教大学 文学部 文学科 英米文学専修
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

第二外国語が必修

友達も言っていたので全体的な認識だと思っているのですが、全学部学科で第二外国語が必修となっていて、中国語、韓国語、ドイツ語、フランス語(現在はもっと多いようです)から一つを必ず受講しなければなりません。もちろんこの授業を受講しただけでその言語が身につくわけではないので、本人のやる気が必要不可欠です。しかし現実は、必修であるが故に、第二外国語に興味のある人はほとんどおらず、入学時にこぞって一番単位が簡単にとれる第二外国語の調査から始まります。そのため、必修科目としてこれらを学ぶ意味はあるのかと思ってしまいます。

立教大学の評判・口コミ【文学部編】
公開日:2020年11月
  • 大学:立教大学 文学部 文学科 文芸・思想専修
  • 状況:大学卒業後、1年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★☆☆☆(不満)

授業内容に特徴がない

やる気のない先生が多いように思いました。ただこなせばいいと思っているのか、授業の準備をせず適当なことを話すだけの先生もいました。授業のテーマ自体は面白いのに、実際の講義はつまらないというものが多かったです。また、社会に出てから役に立つ知識を教えてくれる授業も少なかったです。特に文学部は、もっと学生の将来に寄り添った授業を提案して、専門別に細分化するべきだと思いました。研究者にならない限り、文学の知識がいつどこでどう役立つものなのかを教えてくれる講義があったら嬉しかったです。

立教大学の評判・口コミ【文学部編】
公開日:2020年7月
  • 大学:立教大学 現代心理学部 心理学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

交通アクセスが悪い

立教大学のキャンパスは池袋と新座の二つがあります。私の通う新座キャンパスは埼玉県にあり、東京、神奈川、千葉あたりに住む人にとってはとても遠く、時間帯によっては通勤ラッシュに巻き込まれます。また最寄り駅は新座駅と志木駅の二つで、それぞれの駅からスクールバスが出ているものの、志木駅のスクールバスの量が圧倒的に少なくほとんどが徒歩で通学しています。学校のサイトには志木駅から徒歩15分と書いてありますが、15分では絶対に着かないので日々不満に感じます。

立教大学の評判・口コミ【現代心理学部編】
公開日:2020年7月
  • 大学:立教大学 経済学部 経済学科
  • 状況:大学卒業
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★☆☆(ふつう)

部活の活動支援が乏しい

私は野球部のマネージャーをしていたのですが、大学同士の練習試合でどうしても授業を欠席しなくてはいけないときがありました。しかし他の大学は公欠制度があるにも関わらず、立教大学はただの欠席扱いだったので、出席が重要な授業は苦労しました。その他に、次の日が試合なのにも関わらず顧問同席の飲み会に夜遅くまで付き合わされることが多かったりして、部活支援の体制はあまりないように感じました。サークル活動しか考えていない人には数も多くていいと思います。

立教大学の評判・口コミ【経済学部編】
公開日:2020年4月
  • 大学:立教大学 異文化コミュニケーション学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

人が多すぎる

なんといっても立教大学はマンモス校です。生徒数は非常に多く、池袋キャンパスはいつも混雑しているイメージです。通学路も狭く、雨の日は最悪です。また、コンビニや学食も生徒数が多いゆえに常に長蛇の列です。学食やコンビニを利用する際は、時間をずらさなければなりません。立教大学の学食の数はかなり少ないですし、狭いのでそこがネックポイントだと考えています。また、学部にもよりますが大教室の授業が多いのでモチベーションが下がりやすくなります。

立教大学の評判・口コミ【異文化コミュニケーション学部編】
公開日:2020年2月


Q.おすすめ学部は?

  • 大学:立教大学 異文化コミュニケーション学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

異文化コミュニケーション学部

自分の学部なのですが、異文化コミュニケーションを学びたい人はもちろん、英語を使って自分のスキルを鍛えたいと思う人にはオススメです。英語での授業もたくさんありますし、日本語の授業でもためになるものがたくさんあります。ついでに、今のところ立教大学では経営学部と並んで花形の学部なので、自己肯定感もそれなりに上がると思います。

立教大学の評判・口コミ【異文化コミュニケーション学部編】
公開日:2022年12月
  • 大学:立教大学 コミュニティ福祉学部 コミュニティ政策学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

経営学部

ビジネスリーダーシッププログラムという経営学部特有の授業があり、それに参加している人は本当に楽しそうですし、やりがいを感じているように見えます。主体性を養わせ、企業家を本気で輩出させようとしている学部のメッセージを感じます。

立教大学の評判・口コミ【コミュニティ福祉学部編】
公開日:2022年11月
  • 大学:立教大学 文学部 文学科 英米文学専修
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

異文化コミュニケーション学部

看板学部の1つで、経営学部と並んでかなり人気の学部です。オープンキャンパスでは異文化コミュニケーション学部の説明コーナーだけ長蛇の列が発生します。一番の特徴は在学中に行きたい国を選んで留学をすることができる点です。私の友人も南国に行き、1年ほどして帰って来てからは日本人とは思えない英語力を発揮していました。

立教大学の評判・口コミ【文学部編】
公開日:2022年11月
  • 大学:立教大学 文学部 文学科 英米文学専修
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

経営学部 国際経営学科

友達が通っているのですが、企業からの案件を実際に自分たちで考え発表する機会があるそうです。カルビーの会社の人が来てくださったこともあるようで、将来役に立つことを学ぶ環境が大学内で一番整っているのではないかと感じました。

立教大学の評判・口コミ【文学部編】
公開日:2022年8月
  • 大学:立教大学 経済学部
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

異文化コミュニケーション学部

学部の特色として海外の方も多く在籍し、日本にいながら自分の価値観とは全く異なる価値観を勉強する事ができるのでお勧めします。授業も英語が多く、留学も必須であるので英語などの語学力の向上にもつながります。

立教大学の評判・口コミ【経済学部編】
公開日:2022年6月
  • 大学:立教大学 コミュニティ福祉学部
  • 状況:大学卒業後、1年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

異文化コミュニケーション学部

珍しい学部だと思います。この学部では在学中に半年から一年以上の留学制度が組み込まれています。英語で開講されている授業も多数あるため、英語を磨きたい人にはお勧めです。留学への奨学金制度も整っているため、安心して取り組めます。

立教大学の評判・口コミ【コミュニティ福祉学部編】
公開日:2021年6月
  • 大学:立教大学 社会学部
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

経営学部 国際経営学科

経営学部は留学制度が整っているからです。2年生時にレベルによって行きたい大学に半強制的に大学の補助で留学することができます。語学を習得したいと考えている人にはとてもおすすめの学部です。

立教大学の評判・口コミ【社会学部編】
公開日:2021年5月
  • 大学:立教大学 異文化コミュニケーション学部
  • 状況:大学卒業後、1年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

異文化コミュニケーション学部

グローバルな視点を培うことのできる学部です。留学生も多く、先生もユニークな方々ばかりです。新設から10年程度ですが卒業生も優秀な方が多いです。人数が100人程度なので全員と仲良くできるのも魅力です。

立教大学の評判・口コミ【異文化コミュニケーション学部編】
公開日:2021年3月
  • 大学:立教大学 社会学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

社会学部

私が大学一年生なのでまだ他の学部との交流も少なく、他を知らないという理由もあります。しかし、私がこの学部に入ってよかったと思っているので社会学部をおすすめいたします。社会学部はどんなジャンルも学ぶことができます。

立教大学の評判・口コミ【社会学部編】
公開日:2021年3月
  • 大学:立教大学 文学部 文学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学2年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

文学部

文学部の中に教育学科が入っていたり、文芸思想専修ではアニメや漫画について真剣に学べたりと、とにかく様々な事を学ぶ事ができます。大学で何を学びたいのか分からないという人でも、何かしら自分のやりたい事が見つかる学部だと思います。

立教大学の評判・口コミ【文学部編】
公開日:2020年12月
  • 大学:立教大学 文学部 文学科 英米文学専修
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

文学部 文学科 英米文学専修

私が通っていた学部です。勉強もしながら色々な面白い物語に触れ、さらに自分とは違った解釈を聞いたりと、勉強という以外にも楽しむことができます。他の学部にも魅力的な授業はあると思いますが、英米文学専修でなければできない経験だったと思っています。

立教大学の評判・口コミ【文学部編】
公開日:2020年11月
  • 大学:立教大学 文学部 文学科 文芸・思想専修
  • 状況:大学卒業後、1年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★☆☆☆(不満)

経営学部

経営学部はゼミの制度がかなりきちんとしています。大学一年次からかなり脳を鍛えられるカリキュラムになっています。卒業生には優秀な人も多く、就職も安泰です。今のご時世、起業する人も多いので経営力は一番身につけるべきものだと思います。

立教大学の評判・口コミ【文学部編】
公開日:2020年7月
  • 大学:立教大学 現代心理学部 心理学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

観光学部

同じ新座キャンパスにある学部ですが、留学制度もあり、言語力(特に英語力)が高まるのではないかと考えられます。またホテル業界を目指している人もいるため、ビジネススキルがより身につくのではないかと感じました。

立教大学の評判・口コミ【現代心理学部編】
公開日:2020年7月
  • 大学:立教大学 経済学部 経済学科
  • 状況:大学卒業
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★☆☆(ふつう)

社会学部

あまり良い理由ではないですが、単位が抜群に取りやすかったからです。立教大学では「馬鹿が落とす社学」と呼ばれていました。出席日数が重視されるので、テストが苦手だけど毎日真面目に学校に行きたいという人におすすめです。

立教大学の評判・口コミ【経済学部編】
公開日:2020年4月
  • 大学:立教大学 異文化コミュニケーション学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

異文化コミュニケーション学部

異文化コミュニケーション学部は非常にカリキュラムが充実していると思います。まず、必修科目としての海外留学研修は、二年生の秋学期に半年から一年間学部生は全員留学します。(例外もありますが)留学までの準備も、それぞれの語学レベルに合わせた授業が展開されていますし、奨学金制度も整っていると思います。また、少人数制で参加型授業でが多いので学習意欲が上がりますし、毎日が刺激的です。

立教大学の評判・口コミ【異文化コミュニケーション学部編】
公開日:2020年2月



Q.立教大学に通って良かった?

  • 大学:立教大学 異文化コミュニケーション学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

立教大学に通って良かったと強く思う

私にとって、ということになりますが、周りの学生は本当に頭がいいです。帰国子女もたくさんいらっしゃるのですごく勉強になりますし、毎日鍛えてもらっています。また、自分の第一志望の大学の学部だったこともあり、学びたいと思ったことを本当にたくさん学べているので、やはりここしかなかったと強く思えています。

立教大学の評判・口コミ【異文化コミュニケーション学部編】
公開日:2022年12月
  • 大学:立教大学 コミュニティ福祉学部 コミュニティ政策学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

立教大学に通って良かったと強く思う

キャンパスが綺麗なことはもちろん、人間関係も良好で楽しい大学生活が送れているためです。校舎のデザインなどで外部の人がイメージするキラキラ感はほんの一部で、ありのままの自分で飾らずに受け入れてくれる人がいるので本当にありがたいです。また、周りの人のレベルや意識が高いため、自分も頑張ろうという気持ちに常になれます。

立教大学の評判・口コミ【コミュニティ福祉学部編】
公開日:2022年11月
  • 大学:立教大学 文学部 文学科 英米文学専修
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

立教大学に通って良かった

一番良かったことは英語力を伸ばせたことです。立教大学はとにかく英語に強く、私のように英語系の学科でなくても英語に触れる機会が多いです。例えば、年に一回無料でTOEICテストがある、国際交流ラウンジで留学生と交流できるといった特徴があります。私は短期語学プログラムを利用して夏休みにカナダに行きましたが、本当に良い経験をさせてもらったと思っています。

立教大学の評判・口コミ【文学部編】
公開日:2022年11月
  • 大学:立教大学 文学部 文学科 英米文学専修
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

立教大学に通って良かったと強く思う

高校生の頃からの憧れの大学でしたし、生徒の雰囲気もよく居心地がとても良いです。また、学校の中にコンビニがあるのでとても便利です。勉強に集中する施設も揃っていますし、周りの友達も真面目で切磋琢磨できる環境だと思います。また、サークルも充実していて楽しい大学生活を送りたい人にはもってこいな大学だと思います。

立教大学の評判・口コミ【文学部編】
公開日:2022年8月
  • 大学:立教大学 経済学部
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

立教大学に通って良かったと強く思う

立教大学に通うことによって経済についての知識だけではなく、人とのコミュニケーションの取り方やグループワークの仕方など、社会に出ても通用するスキルについても学ぶ事ができたと思います。また、サークルやゼミを通して数多くの友人とも出会うとこができたので、立教大学に通ってよかったと強く思います。

立教大学の評判・口コミ【経済学部編】
公開日:2022年6月
  • 大学:立教大学 コミュニティ福祉学部
  • 状況:大学卒業後、1年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

立教大学に通って良かった

一年ごとに来年に向けたゼミや進路の方向性を決める機会があるため、将来自分が何をしたいのか真摯に向き合うことができます。在学中に自分の取り組みたい可能性を十分に広げてくれる大学であると感じます。キャンパスは広くて自然も多いことからゆったりと過ごせたので、散歩をするなど勉強の息抜きや気分転換にもなりました。

立教大学の評判・口コミ【コミュニティ福祉学部編】
公開日:2021年6月
  • 大学:立教大学 社会学部
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

立教大学に通って良かった

私は大学受験をして入っているので、友人から学ぶことや驚かされることがたくさんありました。一番最初に仲良くなった子のお父様は教授で4か国語を操るという話を当たり前のようにされたときには、カルチャーショックのような電撃が走りました。また、その友人だけではなく、私の周りには毎日違うブランドバッグを持ってくる子が多く、格差のようなものを感じざるを得ませんでした。しかし、そのような子たちとどのように仲良くしていくかという社会に出てからも使える学びを得ました。

立教大学の評判・口コミ【社会学部編】
公開日:2021年5月
  • 大学:立教大学 異文化コミュニケーション学部
  • 状況:大学卒業後、1年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

立教大学に通って良かったと強く思う

とにかく人の出会いが多く、主体的な人であればあるほど楽しく魅力的な授業が多い大学だと思います。客員教授も魅力的な方がたくさん行われていて、人としてのバリューを増すことのできる学びができる場と感じています。また、平常点で決まる授業も多く、出席していればある程度単位が取れることもあり、自分のペースを作ることができます。多くの学部では卒業制作がないため、就職活動も気負いせずにできる環境だと思います。

立教大学の評判・口コミ【異文化コミュニケーション学部編】
公開日:2021年3月
  • 大学:立教大学 社会学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

立教大学に通って良かった

東京の私立大学なので格好が派手でセレブな方々が多いというイメージがありました。そういう学生ももちろんいらっしゃるのですが、田舎出身で地味な私にも気さくに接してくれました。英語のクラスは仲が良く友人もたくさんできました。サークルも飲みサーなど危険なサークルがなく、先輩方は履修登録を教えてくれたりとても親切です。合宿やコンパもとても楽しいです。学食のみならず飲食店が大学の近くに沢山あることも魅力です。

立教大学の評判・口コミ【社会学部編】
公開日:2021年3月
  • 大学:立教大学 文学部 文学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学2年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

立教大学に通って良かったと強く思う

全体的に綺麗で、隅々まで統率の整った大学だと思います。学生数が少ないためか、学生一人一人にきちんと目をかけて対応してもらっている感覚があります。基本的に自由で色々な事をさせてもらえますが、サークル等のルールについては結構厳しいので、ハメを外しすぎる学生もあまり目立たず、大きな騒動が起こることも滅多にないのではないでしょうか。全体的にこじんまりとしている分、アットホームで中学や高校の延長線にあるような感覚です。

立教大学の評判・口コミ【文学部編】
公開日:2020年12月
  • 大学:立教大学 文学部 文学科 英米文学専修
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

立教大学に通って良かった

幅広いジャンルの授業があり、それらの授業が学部学科関係なく誰でも受講することができるのがとてもよかったと思います。極端なことを言えば、経済学といったようなきっちりしたものから、世界の呪術といったような面白い話を聞けるようなものまで自由に選ぶことができます。しかし、これらは抽選形式になっているものが多く、もちろん人気なものはなかなか受講できません。また、抽選に落ち続ければ、単位がとれないといった理不尽なことも起こるかもしれません。個人的には好きなことを余裕を持って学べたので満足しています。

立教大学の評判・口コミ【文学部編】
公開日:2020年11月
  • 大学:立教大学 文学部 文学科 文芸・思想専修
  • 状況:大学卒業後、1年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★☆☆☆(不満)

立教大学に通って良かったと思わない

立教大学は留学制度が整っていました。私はサークルに精を出していたのでその制度を使わなかったことが心残りです。かといってサークルでもなにか目覚ましい結果を出せたわけでもありませんでした。授業もいい成績をとることを目標にしていたので特に身についたというものもありません。文学部の授業は興味をもって取り組める面白いものも多かったのですが、社会に出ることを考えたら、文学はプライベートの時間を使っていくらでも勉強できるので、経営学部や経済学部、社会学部に入っておけばよかったと後悔しています。

立教大学の評判・口コミ【文学部編】
公開日:2020年7月
  • 大学:立教大学 現代心理学部 心理学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

立教大学に通って良かった

大学生活は楽しいですが、通学時間が多くかかってしまうことと池袋キャンパスに比べて華やかさに欠けることが原因で二番目にさせていただきました。通学時間は家から大学までで考えると約1時間半はかかるので、毎日の疲労がたまっていきます。また、通勤ラッシュのせいでより疲労がたまると考えております。池袋キャンパスだったら通学時間も短縮され、都会のキャンパスという憧れの華やかな生活が送れるのに、といつも考えてしまいます。

立教大学の評判・口コミ【現代心理学部編】
公開日:2020年7月
  • 大学:立教大学 経済学部 経済学科
  • 状況:大学卒業
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★☆☆(ふつう)

立教大学に通って良かったかどちらとも言えない

大学に入って1番良かったことは自由な時間が増えたことです。特に友達と一緒に学食でわいわい喋りながら過ごすのはすごく楽しい時間でした。部活に所属していたので大学外での自由な時間は少なかったですが、それでもアルバイトをすることも出来ました。私は学校の近くの居酒屋で働いていたので、部活終わりのみんなとそこへ飲みに行くことも多く、いつもサービスをしてもらっていたことを覚えています。勉強に部活にアルバイトにと、いろんなことに挑戦して充実した大学生活になりました。

立教大学の評判・口コミ【経済学部編】
公開日:2020年4月
  • 大学:立教大学 異文化コミュニケーション学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

立教大学に通って良かったと強く思う

私が所属する異文化コミュニケーション学部は学年の全体人数が非常に少なく、授業も少人数が多いです。なので、どの授業でも生徒と先生の距離も近く、グループワークも多いので様々な人の考えを知ることができます。学ぶ意欲も上がりますし、なにより受け身の授業ではなく参加型の授業が多いのですごく楽しいです。カリキュラムも充実していますし、意欲さえあれば自分のやりたいことや資格の勉強も思い切り勉強することができます。

立教大学の評判・口コミ【異文化コミュニケーション学部編】
公開日:2020年2月

立教大学について

立教大学の基本情報

  • 法人名:学校法人立教学院
  • 本部所在地:東京都豊島区西池袋3-34-1
  • WEBサイト:https://www.rikkyo.ac.jp/

立教大学の口コミ・評判を学部別に見る

立教大学の口コミ・評判を学部別にチェックできます。

文学部
異文化コミュニケーション学部
経済学部
経営学部
理学部
社会学部
法学部
観光学部
コミュニティ福祉学部
現代心理学部

立教大学の口コミ・評判一覧

立教大学の評判・口コミ【異文化コミュニケーション学部編】

  • 大学:立教大学 異文化コミュニケーション学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

志望理由

高校2年生の時に洋楽に夢中になりました。ワールドツアーなどで歌手の方が自分と文化背景が違う世界中の人と心を通わせられている姿を見て、自分もそうなりたいと憧れたことがきっ…続きを読む

学んでいること

受験科目は現代文・古文、英語、世界史を選んだので、とにかく英語を勉強しました。世界史もかなり本気を出して勉強しました。学校の勉強だけではなく、レベルが高い教材を使ったり…続きを読む

満足している点

ここでしか学べないことがあるです。私の学びたいことは、まさに異文化コミュニケーションでした。よくありがちな英米文学部などでは学べないことでした。立教大学の異文化コミュニケーション学部では学部名の通り、英…続きを読む

不満に感じている点

祝日に授業日があるです。この大学に限ったことではないかもしれませんが、祝日なのに授業をする日があるということが驚きでした。もっと言えば、祝日は基本的に授業日扱いです。その代わり、別の日に休日を…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


立教大学の評判・口コミ【コミュニティ福祉学部編】

  • 大学:立教大学 コミュニティ福祉学部 コミュニティ政策学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

志望理由

理論と実践の掛け合わせで体系的に学びを深めることができると思ったためです。コミュニティ政策学科は2年次に必修科目として「フィールドスタディ」という授業が存在します。自分…続きを読む

学んでいること

私は主に「コミュニティの定義」を社会学的な知見を含めて勉強しました。どのような方法、観点で地域を見つめればコミュニティが存在していると言えるかを考えました。最終的にはこ…続きを読む

満足している点

教授陣の人が良いです。立教大学は自由選抜入試をはじめとした特色ある入試方法が存在します。私は一般入試であり、公立学校で育ってきたため、これらの個性豊かな人々との出会いはとても刺激的でした。例…続きを読む

不満に感じている点

制度を認知させる努力をしていないです。留学制度、奨学金制度をはじめとした制度についてを認知させる努力はほとんどなされていません。大学生だから自分で情報を得にいく事は当たり前のことかもしれませんが、高い学費を…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


立教大学の評判・口コミ【文学部編】

  • 大学:立教大学 文学部 文学科 英米文学専修
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

志望理由

英語と読書が好きだったからです。オープンキャンパスで参加した授業が面白く、英語で本が読めたら好きなことが両方達成できると思い、入学しました。他には観光学部や心理学部も悩…続きを読む

学んでいること

1・2年次の必修で英語の4技能を高める授業があったので、まずは英語の基礎を勉強しました。学部ならではの授業では、イギリス文学・アメリカ文学の歴史、作品講読、英語学等をや…続きを読む

満足している点

設備が充実しているです。キャンパス内のほとんどの建物がレンガ造りでお洒落です。中でも有名なのが第一食堂です。内装がハリーポッターの食堂に似ていることで知られており、ランチメニューも美味しいです…続きを読む

不満に感じている点

コロナ禍でも授業料が変わらないです。正直、不満はあまりありませんが、強いて言えばコロナ禍においても授業料が変わっていないことに不満があります。最初に緊急事態宣言が出た時に学長の方からメールで説明がありまし…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


立教大学の評判・口コミ【文学部編】

  • 大学:立教大学 文学部 文学科 英米文学専修
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

志望理由

私が立教大学文学部英米文学専修を志望した理由は、立教大学への憧れが高校生の時からあったからです。おしゃれなキャンパスの雰囲気や学園祭での学生さんの楽しそうな様子をみて、…続きを読む

学んでいること

私は立教大学の総合型選抜(AO)で入学したので、志望理由書の作成、面接練習、英作文の練習の三つを軸に取り組んでいました。志望理由書は5、6回書き直し、毎回高校の現代文の…続きを読む

満足している点

学校の雰囲気と生徒の人柄です。学校のおしゃれな雰囲気はとても有名ですが、入ってみるとやはりモチベーションが上がるものです。特に有名な第一食堂は、高い天井をもつ自慢の施設です。食堂のご飯はリーズナブル…続きを読む

不満に感じている点

コロナ禍での対面試験です。立教大学では新型コロナウイルス対策として、春学期はオンライン授業を行ってきました。ですが、迫る筆記試験は学校内で対面で行うそうです。これに対しては多くの生徒が反対の声を…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


立教大学の評判・口コミ【経済学部編】

  • 大学:立教大学 経済学部
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

志望理由

大学受験の段階では将来何になりたいのか決まっていなかったのですが、世の中の動きやお金の動き、会社というものに興味があったためので経済学部を志望しました。また、少数のグル…続きを読む

学んでいること

私は主に行動経済学や世界経済学について勉強いたしました。行動経済学につきましては座学だけでなく、グループで人々のとる消費行動について意見交換をしたりしました。世界経済学…続きを読む

満足している点

人との交流です。立教大学は人との交流を大事にしながら学ぶ校風があります。ゼミだけでなく普段からグループワークを主体とする授業形式が多く、また、講義形式の授業でも多くは近くの人とコミュニ…続きを読む

不満に感じている点

奨学金制度です。今でも奨学金制度はありますが、もう少し奨学金制度に力を入れて欲しいと思います。キャンパスは東京の池袋にあり、全て一人で身の回りのことをしているひとり暮らしの学生にとって…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


立教大学の評判・口コミ【コミュニティ福祉学部編】

  • 大学:立教大学 コミュニティ福祉学部
  • 状況:大学卒業後、1年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

志望理由

福祉を学びたいと考えていました。立教大学では福祉が学部として設置されていることから、日本では珍しいと感じ選びました。国家試験にも挑戦できる学部であるとともに外部での経験…続きを読む

学んでいること

福祉について一通り勉強を終えた後、それぞれの領域(地域、障害、高齢、児童・女性など)を選び、さらに詳しく学びを深めました。座学だけではなく実際に施設に足を運び、現場を見…続きを読む

満足している点

図書館が充実しているです。キャンパスに一つずつ図書館が設置されています。司書さんに頼めば文献の複写、別の図書館からの図書の依頼もスムーズに対応してくれます。キャンパス間での本の貸し出し、返却も自…続きを読む

不満に感じている点

授業の登録に限度があるです。自分の学部、学科の中で必修科目がいくつかあり、もし他に自分の取りたい授業が必修科目と被っていた場合に履修できないことです。また、中には抽選での授業や1学期内で取る授業数…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


立教大学の評判・口コミ【社会学部編】

  • 大学:立教大学 社会学部
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

志望理由

本来は立教大学の経営学部に入りたいと思っていました。というのも、その学部には大学の補助で留学に行ける制度があったからです。社会学部の試験を受けたのは受験日がちょうど他校…続きを読む

学んでいること

1年生の必修科目では社会統計を勉強しました。具体的にはExcelの使い方を社会事情と共に学びました。自由に選択できる科目としては、アイデンティティの形成やメディア論等の…続きを読む

満足している点

留学や語学習得に寛容です。他の大学も同じかと思われますが、1年時には英語と第二外国語が必修です。その後、2年生までその制度が続き、3年時からは自身の学部や希望に合った科目を履修していくかと思いま…続きを読む

不満に感じている点

学生課の対応が硬いです。私は言語習得に関心があり、学部では留学制度が韓国のみでしたので、大学3年時にカナダのケベック州で生きた英語とフランス語を習得したいと思い、1年間私費留学をしました。ゼミ…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


立教大学の評判・口コミ【異文化コミュニケーション学部編】

  • 大学:立教大学 異文化コミュニケーション学部
  • 状況:大学卒業後、1年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

志望理由

海外留学ができること、韓国語や韓国の歴史が勉強できることを軸に学校探しをしていたところ、ある教授の授業を受けて絶対にこの大学に入りたいと感じたので受験しました。外国語の…続きを読む

学んでいること

大学では主に外国語とカルチュアルスタディーズが中心でした。第二外語は固定でしたが、それ以外の言語・文化も深く学べる環境です。中国史、台湾史、フランス文化、インドネシア文…続きを読む

満足している点

留学制度と奨学金が充実しているです。大学全体で海外の提携校が多く、様々な国に学びに行ける環境です。特に異文化コミュニケーション学部は留学が必須科目だったため、2年生の秋には学部全員が世界中に飛び立ち、それ…続きを読む

不満に感じている点

学費が高いです。近年、設備のリニューアルや備品を買い替えたりしている影響なのか、学費が年々高くなっているように感じます。自分たちの代も前年の代より4年生時の学費が高く、ほとんど授業を受…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


立教大学の評判・口コミ【社会学部編】

  • 大学:立教大学 社会学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

志望理由

私は元々人間について関心がありました。生物学的アプローチよりも精神的にアプローチをしたいと思い、社会学を学びたいと思いました。医学についても興味があったのですが、学力が…続きを読む

学んでいること

社会学部一年生では様々な社会学者の考えについて学びました。高校のときの倫理で学んだ方もいらっしゃいました。エミール・デュルケームは春学期も秋学期も学びました。彼の『自殺…続きを読む

満足している点

個人の自由度が高いです。勉強に励む人、バイトを沢山する人、サークルに力を入れる人と多様性に富んでいます。授業の組み方を柔軟にできることにより、時間の使い方も人それぞれです。図書館も平日は22:…続きを読む

不満に感じている点

治安が悪いです。立教大学は池袋と新座にキャンパスがあります。池袋は西口なので東口の方よりも人通りは少ない気がします。しかし、大学の近くの通りを一本入るとラブホテルや水商売のお店が立ち並…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


立教大学の評判・口コミ【文学部編】

  • 大学:立教大学 文学部 文学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学2年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

志望理由

文学だけでなく、現代文化、芸術全般を学びたかったため志望しました。その分野を幅広く学べる学部は少ないので、様々な分野が専修として学部内に存在している立教大学の文学部はと…続きを読む

学んでいること

基本的には、近現代の文学や思想についてを主に学びました。文学を中心に学ぶか、哲学を中心に学ぶかを選べる機会が多いので、私は文学や小説や詩の創作についてをメインに学んでい…続きを読む

満足している点

校舎が綺麗です。そんなことかと思われるかもしれませんが、意外と大切なポイントです。蔦の絡んだ立教大学のシンボル的な一号館や礼拝堂は、古風で今はなかなか見られない重厚な趣です。一方、キャ…続きを読む

不満に感じている点

休みが少ないです。ゴールデンウィークなどの祭日はほとんど授業があります。今まではその代わりに授業時間が短かったそうですが、今年から共通して1コマ100分になりました。また、台風などの災害…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


立教大学の評判・口コミ【文学部編】

  • 大学:立教大学 文学部 文学科 英米文学専修
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

志望理由

中学受験で付属の中学校に入り、そのままエスカレーターで大学まで入学しました。中学受験時は自分のレベルに合っていて大学までいければいいと思っていただけで、深く考えてこの学…続きを読む

学んでいること

英語の勉強が多いと思っていたのですが、実際は英米文学の考察であったり英米の歴史、英語の歴史が主でした。大学1・2年時は学部学科に限らず、必修で英語のコミュニケーションを…続きを読む

満足している点

綺麗で居心地がいいです。文学部のゼミがよく行われる建物は大学の一番端の方にあり、毎回そこへ向かうのは面倒に思っていました。しかし、周りに人があまり多くいないため、集中できるいい環境だったと思っ…続きを読む

不満に感じている点

第二外国語が必修です。友達も言っていたので全体的な認識だと思っているのですが、全学部学科で第二外国語が必修となっていて、中国語、韓国語、ドイツ語、フランス語(現在はもっと多いようです)から一…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


立教大学の評判・口コミ【文学部編】

  • 大学:立教大学 文学部 文学科 文芸・思想専修
  • 状況:大学卒業後、1年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★☆☆☆(不満)

志望理由

将来の夢と講義で学べる内容、という軸で選びました。4年間通うので、自分が全く興味のない学部では続けられないだろうと思いました。将来は出版関係の仕事に就きたかったので出版…続きを読む

学んでいること

日本文学から海外文学、サブカルチャー、心理学、中国や西洋の哲学、映画論、広告論、とさまざまなことを学びました。大学3年次にはゼミに入り文芸誌の制作に携わりました。そこで…続きを読む

満足している点

外観がおしゃれです。正門から見える本館は蔦が何重にもからまっておりとても趣があります。本館を抜けると緑の芝生が広がっており、暖かい日はピクニックをしている学生も多いです。キリスト教なので教…続きを読む

不満に感じている点

授業内容に特徴がないです。やる気のない先生が多いように思いました。ただこなせばいいと思っているのか、授業の準備をせず適当なことを話すだけの先生もいました。授業のテーマ自体は面白いのに、実際の講義…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


立教大学の評判・口コミ【現代心理学部編】

  • 大学:立教大学 現代心理学部 心理学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

志望理由

幼少の頃から人を喜ばせることが好きで、人に喜んでもらうにはどうしたらいいのか考えた末に、人の心理を学ぶことが一番効率的なのではないかと考えこの学部を選びました。また、将…続きを読む

学んでいること

アドラー、フロイト、ユングによる基本的な心理学、認知心理学、知覚心理学から応用的な臨床心理心理学、消費者心理学、児童心理学などを学びました。これらの授業では、専門的な知…続きを読む

満足している点

キャンパスが広いです。キャンパス内には図書館やグラウンド、体育館などの設備があります。図書館は膨大な量の専門知識書物を扱っていることはもちろん、DVDも借りられ、それを見るスペースは個人用と…続きを読む

不満に感じている点

交通アクセスが悪いです。立教大学のキャンパスは池袋と新座の二つがあります。私の通う新座キャンパスは埼玉県にあり、東京、神奈川、千葉あたりに住む人にとってはとても遠く、時間帯によっては通勤ラッシ…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


立教大学の評判・口コミ【経済学部編】

  • 大学:立教大学 経済学部 経済学科
  • 状況:大学卒業
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★☆☆(ふつう)

志望理由

高校は進学校だったのでMARCH以上は必須という雰囲気がありました。その中で、理系の学部は興味がなかったし、授業が大変という話を聞いていたのでなんとなく文系、その中でも…続きを読む

学んでいること

経済の基礎を学びました。経済といっても国際経済だったり社会経済だったりと幅は広かったです。1番楽しかったのは女性の活躍推進に関する授業です。将来どう働きたいかをしっかり…続きを読む

満足している点

語学教育が充実しているです。まず最初の一年は英語と第二外国語が履修必須でした。これらの科目はテストの点だけでなく出席も必須で、サボれないよう出欠を取っていたのでその点は厳しかったと思います。また、…続きを読む

不満に感じている点

部活の活動支援が乏しいです。私は野球部のマネージャーをしていたのですが、大学同士の練習試合でどうしても授業を欠席しなくてはいけないときがありました。しかし他の大学は公欠制度があるにも関わらず、立教…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


立教大学の評判・口コミ【異文化コミュニケーション学部編】

  • 大学:立教大学 異文化コミュニケーション学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

志望理由

まず、異文化コミュニケーション学部の最大の特徴は、海外留学研修が必須であるところです。休学することなく、単位も貰えることができるので四年間充実した大学生活を送ることがで…続きを読む

学んでいること

私は主に、異文化コミュニケーション学について学んでいます。異文化コミュニケーション学とは、文化の違いだけでなく健常者と障害者、ジェンダー、大人と子供、環境と人間、自然と…続きを読む

満足している点

留学制度が整っているです。留学制度は非常に充実しています。例えば、私が所属する異文化コミュニケーションの場合は、休学せずに半年から一年間もの間留学することができます。国も、アメリカ、イギリス、カ…続きを読む

不満に感じている点

人が多すぎるです。なんといっても立教大学はマンモス校です。生徒数は非常に多く、池袋キャンパスはいつも混雑しているイメージです。通学路も狭く、雨の日は最悪です。また、コンビニや学食も生徒数…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


久留米大学 医学部
久留米大学の評判・口コミ【医学部編】

大学:久留米大学 医学部 医学科状況:現在大学に通っている性別:女

鹿屋体育大学 体育学部
鹿屋体育大学の評判・口コミ【体育学部編】

大学:鹿屋体育大学 体育学部 状況:現在大学に通っている(大学1年

愛知大学 経済学部
愛知大学の評判・口コミ【経済学部編】

大学:愛知大学 経済学部 状況:大学卒業性別:男性総合評価:★★★

明治大学 農学部
明治大学の評判・口コミ【農学部編】

大学:明治大学 農学部 生命科学科状況:大学卒業後、2年以内性別:

長崎県立大学 経営学部
長崎県立大学の評判・口コミ【経営学部編】

大学:長崎県立大学 経営学部 経営学科状況:現在大学に通っている(

→もっと見る