口コミから見た、早稲田大学の評判は?

大学スクールナビに寄せられた、早稲田大学に通っている(直近まで通っていた)人から集めた口コミをもとに、早稲田大学の評判についてご紹介します。早稲田大学の雰囲気や魅力、特色を理解するのにお役立てください。

早稲田大学




目次

早稲田大学に通ってみて、満足しているポイント
早稲田大学に通ってみて、不満に感じているポイント
おすすめ学部は?
早稲田大学に通って良かったか
早稲田大学について
早稲田大学の口コミ・評判一覧

Q.早稲田大学に通ってみて、満足している点を教えてください。

  • 大学:早稲田大学 人間科学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学2年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

研究に関しての教育体制が整っている

基礎教育には、研究倫理や統計学の授業が存在します。それに加えて、実際に行われた研究の手順を踏み、実験も行いつつ結果を分析し、それをプレゼンテーションするという必修授業や、選択必修として存在する様々な分野の実験手法・解析方法を学習する「実験調査研究法」というカテゴリに属す授業があります。どれも非常に実践的であり、またどれも魅力的な内容になっています。少人数制というところから、教員に興味のある様々なセミナーなどの情報を聞くことも容易となっています。

早稲田大学の評判・口コミ【人間科学部編】
公開日:2020年8月
  • 大学:早稲田大学 法学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

各分野の著名な先生がいる

例えば、憲法であれば判例百選の編者でもある長谷部恭男先生や刑法では修復的司法の提唱で知られる高橋則夫先生など、それぞれの分野を勉強するなら知らない者はまずいないと言ってもいいほど有名な先生が数多くいます。もちろんそうした方々の授業は基本的なことだけでなく少し難しい問題についても言及してくれます。それによってさらに深く勉強するヒントを得ることができるため、授業を受けてただ知識を得るだけでなく、その先へと進むきっかけ作りにもなります。

早稲田大学の評判・口コミ【法学部編】
公開日:2020年7月
  • 大学:早稲田大学 人間科学部
  • 状況:大学卒業
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

就職サポートが充実している

大企業にOG・OBが多く在籍しており、話を聞ける場などを大学が設けてくれていて、意識が高い学生は多く参加します。OB訪問用のリストもキャリアセンターに揃っており連絡が取りやすかったです。また、キャリアセンターにはESを添削してくれるサポーターの方が在籍しています。初めてESを書く時はどのように書けばいいのかイメージが湧かなかったので、アドバイスをいただいてすごく助かりました。また、早稲田大学の集まりを開催してくれる企業もあり、話を聞きやすかったです。

早稲田大学の評判・口コミ【人間科学部編】
公開日:2020年6月
  • 大学:早稲田大学 社会科学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

留学生が身近にいる

最初の英語の授業で驚いたことがありました。同じクラスに留学生がいたのです。高校生のときはこのような体験をしたことはありませんでした。とても英語を流暢に話すのでものすごい衝撃と刺激を受けたことを今でも覚えています。また、その授業に限らず様々な教室で留学生をみかけます。留学生と交流しようと考えてお菓子を持っていったら日本語で「罰ゲームですか?」と聞かれたのを今でも覚えています。それもまたいい思い出になっています。

早稲田大学の評判・口コミ【社会科学部編】
公開日:2020年4月
  • 大学:早稲田大学 文学部 文学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

図書館が充実している

早稲田大学には、各キャンパスに大きな図書館があります。私の通う戸山キャンパスにも膨大な数の多岐にわたる専門分野の資料が存在し、自習スペースやグループワークができる予約型スペースもあり大変学習に適した環境が用意されています。パソコンの使用が許可されたフロアではコンセントが設置されており、快適に資料を用いたレポート作成や学習が行えます。また、1つ1つの席が仕切られている席もあるので試験前はたくさんの学生が自習を行なっていて刺激になることも魅力です。

早稲田大学の評判・口コミ【文学部編】
公開日:2020年3月
  • 大学:早稲田大学 政治経済学部 政治学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★☆☆(ふつう)

留学制度が整っている

私は早稲田大学の留学プログラムで3週間オーストラリアに留学しました。初めは大学のプログラムで行く必要はない、と考えていましたが、調べていくうちに個人で留学しようとすると無名の語学学校にしか通うことができないと分かりました。早稲田大学の留学プログラムでは、早稲田大学が海外の多くの有名大学と提携していることによって、有名大学のキャンパスで英語を学ぶことができ有名大学の学生と交流することができます。これは留学を希望する学生にとって大きなメリットであり、早稲田大学に通うべき理由の一つであると思います。

早稲田大学の評判・口コミ【政治経済学部編】
公開日:2020年3月
  • 大学:早稲田大学 法学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

価値観の全く違う多くの人が集まる

早稲田大学は日本各地、全世界から多くの学生が集まってきます。育った環境も違えば言葉も違う学生が多く在籍し、価値観の違いに触れることができます。また私は法学部の多くの学生が在籍する法律サークルに所属しており、たくさんの人々と出会う機会が多くありました。サークルの数も多く、興味のある活動をしているサークルが必ずあります。そこでも多様な価値観を持った人に出会うことができます。若いうちに様々な違った考え方に触れることは社会に出て必ず役に立つと感じます。

早稲田大学の評判・口コミ【法学部編】
公開日:2020年3月
  • 大学:早稲田大学 教育学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学2年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

学生数が多い

とにかく学生数が多いため、自分と趣味や嗜好などが似ている人や、自分とは全く異なった考えを持つ人まで様々な人々に出会うことが出来ます。また3000以上のサークルがあります。法学サークルや模擬国連、速記や資格取得といったような勉強系のサークルもあれば、野球やテニス、アルティメットといった様々なスポーツ系のものもありますし、中にはいちご大福研究会、かくれんぼサークルといった他の大学にはないような独特なサークルもあります。自分の趣味にあったサークルを見つけやすく、出会いが多いです。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2020年3月
  • 大学:早稲田大学 創造理工学部 総合機械工学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学2年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★☆☆☆☆(大変不満)

工房がある

理工キャンパスの中央の建物には、ものづくり工房というものがあります。ここではハンダ付けや3Dプリンター、そしてフライス盤などの工作をするための設備が沢山あり、無料で使えます。これらの設備を自分で揃えようとすると軽く30万以上は掛かると思います。それらを無料で使えるので非常に助かっています。また、ここの工房は学生がスタッフとしてバイトすることが出来ます。なので授業後に工房で工作をし、その後バイトしてから帰るということも可能です。

早稲田大学の評判・口コミ【創造理工学部編】
公開日:2020年3月
  • 大学:早稲田大学 文化構想学部
  • 状況:大学卒業
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

多種多様な分野の学問が同時に学べる

まず授業のカリキュラム上必修科目が少なく、その分自分たちで好きな講義を数多く選択することができます。また、専攻にとらわれず好きな講義を選択できるため学びの幅がとても広がりました。キャンパスの中に戸山図書館という図書館があり、蔵書がふんだんに揃っていて講義やレポート作成に使用できる文献が多数あります。また、その文献内で紹介された参考文献もその図書館内で見つかる可能性が多く、関連分野も同時に学ぶことができました。戸山図書館で見つからない場合も、歩いて移動できる場所に中央図書館という一番大きな図書館があり、大抵の本はそこで探すことができました。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】
公開日:2020年3月
  • 大学:早稲田大学 文化構想学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

設備が整っている

流石日本の私立の2トップである大学なだけあって、設備はとても整っていると思います。私が通っている文キャンは、本キャンからは少し離れており、一見大学の管理が行き届いていないかのような印象を受けることもあるでしょうが、実際のところは違うと思います。建物も建て直しされたばかりでとても綺麗ですし、学生会館やスタバなどがあるというのは、よく使わせていただく一学生としては便利ですし、とても嬉しいです。ただ、Wi-Fiはもっとどうにかならないのか、とは思います(笑)。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】
公開日:2020年2月
  • 大学:早稲田大学 社会科学部
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

どんな生き方でも受け入れてくれる

日本一留学生の多い大学ならではの国際色豊かなキャンパスであることはもちろん、聴講生制度なども充実しており、年齢層も幅広く、自分の価値観や視野を一気に広げられる環境が整っていました。同じ学部や他学部の友人でも、芸能活動や起業家としての活動と大学生としての生活を両立しているなど、多様な生き方をひっくるめて認めてくれる大学としての懐の深さは他の追随を許さないレベルのものであると感じています。もちろん通常のサークル活動や部活動なども盛んで、どんな過ごし方でも楽しめる四年間になると思います。

早稲田大学の評判・口コミ【社会科学部編】
公開日:2020年2月
  • 大学:早稲田大学 教育学部 国語国文学科
  • 状況:大学卒業後、1年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

図書館が充実している

1番大きい中央図書館をはじめ、各学部にも「〇〇学部学生読書室」という図書館があり、図書館自体の数も多いので本の数はとても充実しています。研究書庫には古い時代の本や資料など当時のまま残されているものも多く、貴重な文献に触れることもできます。また、図書館内の本を読んだり、勉強したりできる机のスペースも多く、場所によっては電源も使用できたので授業の空き時間やテスト前など、静かな空間で集中することができるのもありがたかったです。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2020年2月
  • 大学:早稲田大学 人間科学部
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

学生の質が高い

学生のなかには、難関受験を突破した人、持ち上がりで入った人など様々な人がいました。中には、留学経験のある人や、社会人経験のある人もいました。みんな、自分が何を学びたいのか明確な意思を持っていて、色んな人と話し合うなかで知識・教養を身につけていく雰囲気がありました。休みの日には、みんなでお出かけをしたり、サークル内で運動して汗を流したりしました。就活に差し掛かったときには、お互いに情報交換したりして、助け合う雰囲気も好きでした。

早稲田大学の評判・口コミ【人間科学部編】
公開日:2020年1月
  • 大学:早稲田大学 文化構想学部 文化構想学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

授業がおもしろい

早稲田大学は演劇やジャーナリズムなどの分野に強く、多くのOB・OGの方がエンターテイメントやマスコミなどの業界で活躍しておられます。そのため、ゲスト講師として社会人の方々からお話を聞く機会も多くあり、毎回興味深いお話をたくさん伺うことができます。また、それぞれの教員の研究テーマは古典芸能からアニメ・マンガまでカバーしているほど幅広く、多才な方々ばかりです。2年次以降、もっと専門的な面白い研究に触れられることを楽しみにしています。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】
公開日:2020年1月

Q.早稲田大学に通ってみて、不満に感じている点を教えてください。

  • 大学:早稲田大学 人間科学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学2年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

アクセスが非常に悪い

早稲田大学人間科学部は、本部キャンパスとはかなり離れた埼玉県の所沢市に位置します。最寄駅は小手指駅で、急行は停まるものの周辺には殆ど何もないです。例年早稲田大学といいうネームバリューからキラキラ大学生を想像した学生が入学しては他学部に転部していったり、高田馬場にある本部キャンパスのサークルに通ったりと、往復2時間弱の距離を行き来しています。また、小手指駅から校舎までスクールバスが殆ど必須と言っていいことにも問題があります。小手指駅からスクールバスで約25分かけて通学するため、朝は非常に混雑しますし、遠方から通っている学生は1限を取ることが非現実的であります。

早稲田大学の評判・口コミ【人間科学部編】
公開日:2020年8月
  • 大学:早稲田大学 法学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

子どものような学生が多い

授業中にも拘わらず平気で私語をするもはや論外な学生もいますが、ややモラルや気品にかけた言動をする学生がちらほらいるのが残念でなりません。共用のベンチで寝そべったり、休み時間に教室で弁当を食べた後、次に使う人のことを考えずに掃除もせず汚れをそのままにして立ち去るものなど、およそ家庭教育ないし初等教育をまともに受けているとは信じがたい者が高等教育を受けに来ている現実があります。大学にも小学校の復習ができる履修プログラムがあってもいいのかもしれません。

早稲田大学の評判・口コミ【法学部編】
公開日:2020年7月
  • 大学:早稲田大学 人間科学部
  • 状況:大学卒業
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

人数が多すぎる

人数がとても多いため何をするにも混みます。卒業証明書を取るのにディズニーランド並みに並びました。食堂の席取りも大変です。また学祭となると学外の人も集まるため大学内は大混雑です。学祭や早慶戦の後の高田馬場駅は酔っ払った早大生で溢れ、周囲に迷惑をかけています。それで評判が落ちていることもあるので、そういうことをしてない側の学生からすると少し迷惑です。人気の授業は抽選になることが多く、4年間1度も履修できないものもありました。

早稲田大学の評判・口コミ【人間科学部編】
公開日:2020年6月
  • 大学:早稲田大学 社会科学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

移動教室が大変

移動教室が大変というのは登録した科目によって人それぞれです。一限と二限の間の休み時間だけ10分に設定されている(3-4などは15分)のですが、一限でキャンパス内の端っこの建物で講義を受けたのちに二限のために別の建物のしかも8階まで移動するとなると地味に時間がかかります。一限の講義が終了時刻より1分でも長引いた際には急いで移動しなくてはなりません。一限と二限の間の休み時間も15分に設定してほしいです。

早稲田大学の評判・口コミ【社会科学部編】
公開日:2020年4月
  • 大学:早稲田大学 文学部 文学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

古い校舎にエレベーターがない

基本的には私の通う戸山キャンパスは改装されており、お手洗いや空調、スクリーンなどの施設は綺麗で快適です。しかし1箇所だけ古いままで、段差のきつい階段のみでエレベーターのない4階建ての校舎が存在します。2年次以上は必修科目で必ずこの建物の4階を利用するので大変苦労します。授業前に息を切らして教室に辿り着くと、空調の調子も悪く寒すぎたり暑すぎたりという踏んだり蹴ったりな状況です。余計なストレスがかかって授業に集中できないことは決して放っておいて良いことではないと思います。

早稲田大学の評判・口コミ【文学部編】
公開日:2020年3月
  • 大学:早稲田大学 政治経済学部 政治学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★☆☆(ふつう)

学生の質が低い

早稲田大学の学生の中には、将来のために努力している真面目で優秀な学生が多くいます。しかしながら、中には早稲田大学に入っただけで満足してしまったような、大学生のうちに成長しようという意識の低い生徒もいます。彼らは授業にほとんど出席しなかったり、授業中にスマートフォンをいじったりと真面目に勉強せず、また、飲み会ではお酒を飲みすぎてお店の人に迷惑をかけたり公共の場で騒ぎを起こしてしまうこともあります。

早稲田大学の評判・口コミ【政治経済学部編】
公開日:2020年3月
  • 大学:早稲田大学 法学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

印象の悪いサークルも多くある

先程サークルが多くあると述べましたが、印象の悪いサークルが若干数あることも事実です。飲みすぎて救急車を呼んだり、警察沙汰になっているサークルもいくつかあります。そういったサークルのせいで大学としてのイメージが悪くなってしまっています。また、公共の場であるはずの駅前に屯したり、夜中に大声で騒いだり、周辺に住んでる人などにとっては大変迷惑です。もう少しサークルを規制するなど大学にも対応してもらいたいです。

早稲田大学の評判・口コミ【法学部編】
公開日:2020年3月
  • 大学:早稲田大学 教育学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学2年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

施設設備が学部間で異なる

看板学部の政治経済学部は美術館かというレベルで外観も中身も綺麗です。しかし私の所属する教育学部は、ここ私立大学だよねと言ってしまいたくなるような建物の古さと汚さに加え、机やいすなどの勉強に必要な設備が、他の学部に比べて圧倒的に劣っています。少し前までは教育学部の一階のラウンジは他学部に比べて簡易的な机にプラスチックの椅子しかなかったので、「海の家」と呼ばれていました。同じように学費を払っているのにこうも扱いが違うのかと悲しくなります。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2020年3月
  • 大学:早稲田大学 創造理工学部 総合機械工学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学2年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★☆☆☆☆(大変不満)

授業が不親切

基本的に学生に理解させようとする授業ではありません。教授の配るレジュメは文字だらけで見にくい上に、使っている教科書が先代の教授が執筆したものなのですが、とても誤植が多くまともに使えません。また、授業によっては物理なのに1000ページ以上もある英語で書かれた教科書を使います。そして、その授業での課題は何ページも和訳して来いというものばかりです。こっちは力学を学びたいのに頑張って英語を調べるというよく分からない状態になっています。

早稲田大学の評判・口コミ【創造理工学部編】
公開日:2020年3月
  • 大学:早稲田大学 文化構想学部
  • 状況:大学卒業
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

学生の人数が多い

学生の人数がとても多く、個々人がしっかりしていないと情報を取りこぼしてしまうなど、個人へのサポートが手厚くない印象がありました。医療費が安くなるなど知っていればお得な制度もありましたが、あくまで個人で探す・聞くなどしないと表に上がってこないような情報も多かったので、常にアンテナを張っていないと上手く活用できない制度が多かったです。また、通学時間やお昼時などは電車も周辺の店も混むため、時間をずらさなければのんびりとできないことも不満でした。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】
公開日:2020年3月
  • 大学:早稲田大学 文化構想学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

規模が大きすぎる

これに不満を抱いてしまっては元も子もないでしょうが、正直全ての不満の原因は「規模が大きすぎる」ことにあると思います。人数が多すぎる、キャンパスが何個もありすぎる、キャンパス内が広すぎる、朝の通学だけで人疲れするなど、少し規模がでかすぎるがためにこの大学に通っている大学生だけでなく、近所の住人、早稲田駅が通り道の社会人の方など、数えきれないほど周りに迷惑を被っている気がします。勿論「規模を小さくしろ」とまでは言いませんが、大学側がもう少しそこらへんのことに口を出してもいいのではないか、とも思います。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】
公開日:2020年2月
  • 大学:早稲田大学 社会科学部
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

施設のクオリティに差がある

大学内には学部棟と呼ばれる、各学部の講義がメインで行われるビル様の建物がいくつもあります。この学部棟と ですが、学部ごとに順番に再建をしているのか施設の充実度やクオリティに随分差があります。吹き抜けの天井にお洒落な内装、綺麗なフリースペースが用意された学部もあれば、5階建なのにエレベーターが一機だけの学部もあるなど学部ごとの施設満足度には差があると感じています。また大学内においてキャッシュレス決済の対応に差があるところもやや不便でした。

早稲田大学の評判・口コミ【社会科学部編】
公開日:2020年2月
  • 大学:早稲田大学 教育学部 国語国文学科
  • 状況:大学卒業後、1年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

学食が遠く、人が多い

大学生になったばかりのとき、学食に行くのを楽しみにしていたのですが、私がいた教育学部の建物は学食からわりと離れたところにあるため、授業が終わって学食に着くころには人がいっぱいで座れないことが多かったです。また、昼休みは50分なのに対し、学食まで往復するのと並ぶんで席を取るのに時間を取られてしまって10分~15分くらいで急いで食べなければならなかったので、途中からはコンビニで買ったり、キャンパス外で食べることが多かったです。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2020年2月
  • 大学:早稲田大学 人間科学部
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

お酒を飲ませる雰囲気が若干ある

私の大学は飲み会で飲むことで有名でしたが、私はお酒が飲めませんでした。だから、まわりの先輩や同級生も気を使って、私に飲ませないようにしていましたが、若干距離感を感じていました。やっぱり、シラフでは言いたいことも言えないし、酔ってる人を見て少し騒がしいと思ってしまいます。友人とは、勉強や恋愛のことで気があったものの、お酒の話はまったく共感できなかったのです。誰が二日酔いで遅れたとか、酔って話題になったとかという話をされると辛かったです。

早稲田大学の評判・口コミ【人間科学部編】
公開日:2020年1月
  • 大学:早稲田大学 文化構想学部 文化構想学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

大学の全貌を把握できない

大学というのは大規模なところなので仕方がないことだとは思いますが、施設の番号や名称などが煩雑で全く全貌が把握しきれないです。なにかの用事があってある建物を目指していても、それがどこにあるのかを見つけるのに予想外に時間がかかることが多いです。また、コンピュータールームや談話スペースなどいろいろな設備が揃っているのですが、それがどこにあるのかがなかなか分かりにくいです。ウェブページで空き状況が確認できる部屋もありますが、もっと総合的なインフォメーションが欲しいです。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】
公開日:2020年1月


Q.おすすめ学部は?

  • 大学:早稲田大学 人間科学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学2年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

人間科学部

人間科学部ではかなり単位が取りやすい授業が多く、出席さえまともにしていれば留年することはほぼありません。また時間割も比較的ゆるく、学部1年生の必修が多い時期ですら週1日は全休が作れ、学部2~3年になると週休4日程になってきます。この余った時間でアルバイトやインターン、自己学習や講習会など、大学生という自由な時間をかなり贅沢に使うことが出来ます。

早稲田大学の評判・口コミ【人間科学部編】
公開日:2020年8月
  • 大学:早稲田大学 法学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

法学部

法学部では論理的な思考力が磨けます。これはどの学問においても基本的かつ最も重要なことで、すべてにおいて基礎となるものです。そして、あらゆる事実に対して冷静に臨むことができます。法律はあらゆる紛争の場面で登場しますが、その紛争では様々な感情の対立があります。その対立の中でただそこにある事実が条文に当てはまるかどうかを冷静に考える、そうした作業の確固たるものの考え方を身に付けることができると思います。

早稲田大学の評判・口コミ【法学部編】
公開日:2020年7月
  • 大学:早稲田大学 人間科学部
  • 状況:大学卒業
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

人間科学部

文系理系関係なく幅広い分野を学べることです。そのため、やりたいことが決まっていなくても大学に入ってやりたいことを決めることができます。場所は所沢ですが、早稲田キャンパスの授業を選択することも可能です。

早稲田大学の評判・口コミ【人間科学部編】
公開日:2020年6月
  • 大学:早稲田大学 社会科学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

社会科学部

幅広く様々な分野を学ぶことができるからです。その中にきっと自分が学びたい科目があるはずです。そしてそれを極めるのも1つの手です。また、留学生も多数在学しているので機会があれば交友してみるのも面白いと思います。

早稲田大学の評判・口コミ【社会科学部編】
公開日:2020年4月
  • 大学:早稲田大学 文学部 文学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

文化構想学部

私は不合格だったため進学できなかったのですが大変興味深い専攻をもっています。メディアや文化など、学ぶに値しないなどと声高に言われるようなジャンルの学問ですが、人々が毎日を健やかに生きていくために必要な知識を身につけられる素敵な学部だと思います。

早稲田大学の評判・口コミ【文学部編】
公開日:2020年3月
  • 大学:早稲田大学 政治経済学部 政治学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★☆☆(ふつう)

文学部

文学部は時間割が大変すぎないので、バイトやサークル活動を行う学生も多く、充実した学生生活を送っているように見えます。その一方で、自分の研究対象に対する関心が高い人が多く、勉強と遊びを両立できているように感じます。

早稲田大学の評判・口コミ【政治経済学部編】
公開日:2020年3月
  • 大学:早稲田大学 法学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

政治経済学部

政治経済学部は早稲田大学の中では最も偏差値が高く、就職先も良くなっています。大学入学までに将来の方向性が決まってない方は政治経済学部は最も多くの進路に進むことのできる学部であるためおすすめです。また、政治経済学部の建物は新築なので、綺麗な休憩スペース、充電スポットが多くあり、学生にとっては過ごしやすい空間になっています。

早稲田大学の評判・口コミ【法学部編】
公開日:2020年3月
  • 大学:早稲田大学 教育学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学2年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

国際教養学部

国際教養学部は全ての授業が英語で行われるというとてもハードなものです。しかし、授業で取り扱う事柄は政治や経済、社会学や文学といった文系科目から、天文学、数学、物理学といった理系科目まであります。それらの内容を外国人の教授から英語で詳しく教えてもらうことが出来ます。また、留学が必修化しているため、留学体制やサポートが非常に手厚いです。外国語に興味がある方や、しっかりとした留学をしたい方におすすめです。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2020年3月
  • 大学:早稲田大学 創造理工学部 総合機械工学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学2年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★☆☆☆☆(大変不満)

創造理工学部 経営システム工学科

時間割が文系と殆ど変わりません。1日休みの日なんて平日に2日くらい簡単に作れてしまいます。時間が沢山取れるためバイトでお金を稼いだり、サークルで遊んだりすることが出来ます。この点が私の通っている学科とは正反対で羨ましいです。また、女の子も沢山いて男女の比率が大体1:1です。私の学科の場合は10:1よりも少ないです。さらに、就職率も別に悪いということもありません。至れり尽くせりだと思います。

早稲田大学の評判・口コミ【創造理工学部編】
公開日:2020年3月
  • 大学:早稲田大学 文化構想学部
  • 状況:大学卒業
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

政治経済学部

早稲田大学の中で当時一番の看板学部でした。偏差値が高く「何学部か?」と聞かれた時に「政治経済学部」と誰かが答えると場がどよめいたことを覚えています。また、就職にも強いと聞いています。学びたいことがその場で学べるのであれば、将来設計により強く役に立つ学部としておすすめです。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】
公開日:2020年3月
  • 大学:早稲田大学 文化構想学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

政治経済学部

やはり早稲田大学イチオシの学部なだけあって、ここはオススメするしかないと思います。正直、何が良いのかさえ他学部に通っている私には知り得ませんが、この学部専用の建物は本当に素晴らしいと思います。綺麗という言葉では収まりきらないほど、芸術的です。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】
公開日:2020年2月
  • 大学:早稲田大学 社会科学部
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

社会科学部

大学入学時に自分の学びたいことが必ずしも決まっていなくても良いと感じるためです。ともすれば学際性の豊かさからどれも極められないのではないかと思われがちですが、入学後過ごしていく中で「これを極めたい」というものが見つかれば、ゼミナールはもちろん、特定のその分野の講義やプログラムを履修することで特定の資格を得ることも可能です。

早稲田大学の評判・口コミ【社会科学部編】
公開日:2020年2月
  • 大学:早稲田大学 教育学部 国語国文学科
  • 状況:大学卒業後、1年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

政治経済学部

政治経済学部はなによりも建物がきれいで、教室の机にも電源があるなど設備も充実しているように感じました。ミーティングルームなども大小あって、グループでの作業や会議などもやりやすそうでした。また、ラウンジも広くてコンビニも併設されているので、お昼を食べながら授業の準備をしたりパソコンをいじったりしている人も多く見かけました。大学内でも偏差値が高めな学部なので、勉強のための設備は整っていると思います。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2020年2月
  • 大学:早稲田大学 人間科学部
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

国際教養学部

学部キャンパス前に行くだけでわかりますが、色んな国の方がいます。講義はすべて英語で、欧米の大学に留学するときにも生きます。つまり、チャンスが広がります。もちろん、入学1年目で学術的に通じる英語を徹底的に叩き込まれます。

早稲田大学の評判・口コミ【人間科学部編】
公開日:2020年1月
  • 大学:早稲田大学 文化構想学部 文化構想学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

文化構想学部

当然ながら自分の学部だからです。私は文学部と文化構想学部の両方に合格し、どちらに行くか最後まで迷ったのですが、より現代的なテーマの研究ができそうな文化構想学部を選びました。今はまだ具体的な研究には入っていませんが、研究テーマなどをみても文化構想を選んで良かったと思っています。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】
公開日:2020年1月



Q.早稲田大学に通って良かった?

  • 大学:早稲田大学 人間科学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学2年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

早稲田大学に通って良かったと強く思う

早稲田大学にはバンカラ(万色)の風潮があると言われるように、本当に様々なタイプの人間がいます。その上、根底では皆頭がいいので、これ以上にお互いを認めあえ、人脈が広がり、更には様々な友人ができる大学はそうありません。よく慶應と比較されますが、早稲田大学の方がゆったりと、そしてマイペースにそれぞれが楽しみ、自由に生きていると感じます。現在早稲田大学では入学者数を絞っていますが、それによって学生の質も向上してきていると思います。今が狙い目です。

早稲田大学の評判・口コミ【人間科学部編】
公開日:2020年8月
  • 大学:早稲田大学 法学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

早稲田大学に通って良かったと強く思う

とにかく環境が良いです。勉強するにしても最高水準の教授や書籍、設備が揃っていますので学びきれないほどに学ぶ機会があります。また、日本一のマンモス大学だけあって様々な人に会うことができます。学部の違う人というだけでなく、生まれも育ちも何もかも共通点のない人とも会う機会があります。そうした中で、自分と他者との考え方、価値観の違いを認識し、改めて自分の物の見方に気づき、あるいは自分を成長させることができます。

早稲田大学の評判・口コミ【法学部編】
公開日:2020年7月
  • 大学:早稲田大学 人間科学部
  • 状況:大学卒業
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

早稲田大学に通って良かったと強く思う

入るのは難しかったのですが卒業は比較的簡単でした。出席してレポートを提出していれば単位がもらえるものがほとんどでした。その分アルバイトができ、友達と海外旅行などに行くことができました。また、有名な大学ということもあり、やはり就職には有利でした。早稲田大学の学生のための説明会やセミナーを開催している企業もあり恵まれているなと思いました。またスポーツも強いので、6大学野球の観戦を楽しんだり、学校で一体感を持って楽しむことができました。

早稲田大学の評判・口コミ【人間科学部編】
公開日:2020年6月
  • 大学:早稲田大学 社会科学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

早稲田大学に通って良かったと強く思う

さまざまな友人、先輩と出会うことが出来ました。出身地やサークルなどみんなの話を聞くのが楽しいです。初めての講義でお菓子を配り歩いて友人をつくるのに必死だったことを今でも覚えています。そのおかげで交友の輪が広がりました。この人怖そう…と感じても話してみれば案外フレンドリーだったということがたくさんあります。大事なのはきっかけだと気付かされました。全国から人が集まってくる大学に通っていてよかったです。

早稲田大学の評判・口コミ【社会科学部編】
公開日:2020年4月
  • 大学:早稲田大学 文学部 文学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

早稲田大学に通って良かった

個人的な理由ですが他の受験校より自宅からのアクセスが良いこと、サークル活動が充実していることが理由です。早稲田大学は日本一サークルが多く活動が活発だと聞いていましたが、実際に参加してみて本当にそうだと感じています。大学側からの部費の支援の充実度がそれを物語っています。また、学習意欲の高い学生も多いためお互い刺激になり学生参加型の授業も盛り上がって楽しいです。尊敬する教授ができ、これからの私の人生を大きく変えたと思っています。

早稲田大学の評判・口コミ【文学部編】
公開日:2020年3月
  • 大学:早稲田大学 政治経済学部 政治学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★☆☆(ふつう)

早稲田大学に通って良かったかどちらとも言えない

時間割が大変すぎない点、良い友人に知り合えた点、留学制度を利用できた点においては早稲田大学に入学して良かったと思いますが、授業や学生の質が高いとは言い難いと思います。また、私の性格上飲み会などで酔いつぶれたり騒いだりすることが好きではないのですが、早稲田大学のサークルはそういったことを楽しむようなところが多く、その結果サークルに入ることができなかったので、もう少し自分の性格に合う大学に行った方が良かったのかなとも思います。

早稲田大学の評判・口コミ【政治経済学部編】
公開日:2020年3月
  • 大学:早稲田大学 法学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

早稲田大学に通って良かった

私は法律サークルと陸上サークル、サイクリングサークルに所属しており、3つのサークルに所属できたのもこの大学だったからだと思います。サークルで信頼できる友人が多くできたことが最も満足している点です。また、法学部は他学部に比べると勉強量が多くテスト前は非常に大変でしたが、テストさえ取れれば良いという風潮で、レポートや中間試験等がなかったので、多くの時間をバイトやサークル等自由にすごすことができました。

早稲田大学の評判・口コミ【法学部編】
公開日:2020年3月
  • 大学:早稲田大学 教育学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学2年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

早稲田大学に通って良かった

サークルで尊敬できる友人に出会えたからです。その友人といると自分ももっと頑張らなければとモチベーションが上がり、多方面の事柄に集中して結果が出せるようになりました。常に切磋琢磨できる環境にありとても充実しています。また、授業の時間割も他大学に比べると忙しすぎず、サークルやアルバイト、遊びといった自分の時間をしっかりと確保することが出来ます。そのためにボランティアといったような様々な事柄に挑戦することが出来ました。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2020年3月
  • 大学:早稲田大学 創造理工学部 総合機械工学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学2年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★☆☆☆☆(大変不満)

早稲田大学に通って良かったと全く思わない

他の大学や大学内の他の学科と比べると忙しすぎると思います。基本的には毎日朝9時から授業が始まり、終わるのが20時であることが多いです。私の場合、帰る頃には22時頃になってしまいます。それなのに課題は山のように出されるので辛いです。まともにバイトをする時間もないのであまりお金も貯まりません。けれども、教科書などは高いものばかりで、前期や後期の始まりで教科書などを揃える時に3万円以上掛かります。お金も時間も膨大にかかる学科です。

早稲田大学の評判・口コミ【創造理工学部編】
公開日:2020年3月
  • 大学:早稲田大学 文化構想学部
  • 状況:大学卒業
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

早稲田大学に通って良かったと強く思う

上記のような不満はありましたが、多種多様な人たちと常に交流ができ、参考文献や教師陣などの質も量も十分で、学びの環境としては素晴らしかったからです。また、大きな学生街だったこともあり飲食店が非常に多く、食べる・飲む店に困ることはありませんでした。そして、卒業してから実感しましたが、愛校心が強い卒業生が多く同大学出身というだけで良くしていただけることが多々あり、そのネームバリューに感動しました。在学中も卒業後も、自分自身の成長と交流に役立っていると感じています。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】
公開日:2020年3月
  • 大学:早稲田大学 文化構想学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

早稲田大学に通って良かった

たしかに今、「大学に入って良かった」と思っていますが、本当にそう思うのは大学卒業後ではないのかなと思います。社会人になって真にこの大学の良さがわかるのだろうとも思いますし、今はその渦中にいるせいかあまり分からないです。ただ、中学くらいの頃から目指してきた目標ではあったので、ある程度満足していますし、それを裏切らない大学生活なのかなとも思います。勿論、どの大学に行っても楽しいことには楽しいのかもしれませんが、大学が一つ、自分の自信になるというのはとてもこの先、役に立つことが多い気がします。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】
公開日:2020年2月
  • 大学:早稲田大学 社会科学部
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

早稲田大学に通って良かった

生徒数の非常に多いマンモス校であるからこその自由度の高さを魅力的に感じたためです。他大との交流も盛んで、自分の視野を広げられるきっかけがたくさんありました。いつか自分の子供ができたときにも、早稲田大学を進めたいなと感じます。また卒業後も同門でのつながりは強く、会社内でも同じ大学出身という強い絆を感じる場面が多々あります。四年間に閉じない素敵な人生のキッカケにできうるチャンスのある大学だと思っています。

早稲田大学の評判・口コミ【社会科学部編】
公開日:2020年2月
  • 大学:早稲田大学 教育学部 国語国文学科
  • 状況:大学卒業後、1年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

早稲田大学に通って良かった

時間割もそこまで忙しくなく、サークルやアルバイトにも時間を割くことができたのでよかったです。勉強面でも、日本文学を学びたいと願っていたことがちゃんと実現できました。キャンパスには人がたくさんいるので、留学生と仲良くなるチャンスもたくさんあって色んな人や文化と触れ合うことができたのも魅力的だったなと思います。大学が大きい分、図書館や学生課などの設備やサポートも充実していて、学生生活で困ることはあまりありませんでした。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2020年2月
  • 大学:早稲田大学 人間科学部
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

早稲田大学に通って良かった

講義は学科関係なく受けることができ、ある程度なら学部の枠を超えて受けることもできます。サークルやバイトとの両立も十分可能であり、有意義な学生生活を送ることができます。ゼミでは、遠征調査や合宿が思い出として残っています。また、大学のキャリアセンターも充実しており、就活アドバイザーの方からアドバイスをもらえたり、入社1年目の先輩に相談に乗ってもらえたりします。卒業後も交流会など充実しており、愛校心のある方ばかりで馴染みやすいです。

早稲田大学の評判・口コミ【人間科学部編】
公開日:2020年1月
  • 大学:早稲田大学 文化構想学部 文化構想学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

早稲田大学に通って良かったと強く思う

時間割が、語学以外は本当に自由に組むことができます。そのぶん自立的に計画を立てなければならない面はありますが、面白そうな授業を見つけた時はとても充実した気分になれますし、またオープン科目を活用することで学部横断型の学びが自由自在なので非常に自由度が高いです。自分で決めるのが苦手な人には向いていないかもしれませんが、責任をもって自分の学びを選びとっていけるという点で、私はこの大学、またこの学部を選んで良かったと思っています。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】
公開日:2020年1月

早稲田大学について

早稲田大学の学部別偏差値一覧

早稲田大学の偏差値をランキング形式で学部別にまとめました。(※データ参照元:「東進」の大学入試難易度ランキング)

順位 大学・学部 偏差値
1位 早稲田大学 政治経済学部 経済 72
1位 早稲田大学 政治経済学部 政治 72
1位 早稲田大学 政治経済学部 国際政治経済 72
4位 早稲田大学 商学部 71
4位 早稲田大学 法学部 71
4位 早稲田大学 社会科学部 社会科 71
4位 早稲田大学 教育学部 教育 教育学 教育心理学 71
4位 早稲田大学 文学部 文 71
4位 早稲田大学 文化構想学部 文化構想 71
4位 早稲田大学 国際教養学部 国際教養 71
4位 早稲田大学 教育学部 英語英文 71
12位 早稲田大学 教育学部 複合文化 70
12位 早稲田大学 人間科学部 人間環境科 70
12位 早稲田大学 教育学部 国語国文 70
12位 早稲田大学 教育学部 教育 教育学 教育学ほか 70
12位 早稲田大学 教育学部 社会科 地理歴史ほか 70
17位 早稲田大学 先進理工学部 生命医科 67
17位 早稲田大学 基幹理工学部 67
17位 早稲田大学 先進理工学部 物理 67
17位 早稲田大学 先進理工学部 応用化 67
17位 早稲田大学 先進理工学部 化学・生命化 67
17位 早稲田大学 先進理工学部 応用物理 67
17位 早稲田大学 スポーツ科学部 スポーツ科 67
24位 早稲田大学 創造理工学部 経営システム工 66
24位 早稲田大学 先進理工学部 電気・情報生命工 66
24位 早稲田大学 創造理工学部 総合機械工 66
24位 早稲田大学 創造理工学部 環境資源工 66
24位 早稲田大学 創造理工学部 建築 66
24位 早稲田大学 創造理工学部 社会環境工 66
24位 早稲田大学 人間科学部 健康福祉科 66
24位 早稲田大学 教育学部 理 生物学ほか 66
24位 早稲田大学 教育学部 数 66

 

早稲田大学で偏差値が最も高い学部は政治経済学部(偏差値72)、次いで商学部・法学部・社会科学部(社会科)等(それぞれ偏差値71)が続きます。相対的に偏差値が低く、穴場と言えるかもしれない学部は、理系学部も含みますが、以下の通りです。(いずれも偏差値66)

  • 創造理工学部(経営システム工)
  • 先進理工学部(電気・情報生命工)
  • 創造理工学部(総合機械工)
  • 創造理工学部(環境資源工)
  • 創造理工学部(建築)
  • 創造理工学部(社会環境工)
  • 人間科学部(健康福祉科)
  • 教育学部(理 生物学ほか)
  • 教育学部(数)

早稲田大学の基本情報

  • 法人名:学校法人早稲田大学
  • 本部所在地:東京都新宿区戸塚町一丁目104番地
  • WEBサイト:https://www.waseda.jp/top/

早稲田大学の口コミ・評判を学部別に見る

早稲田大学の口コミ・評判を学部別にチェックできます。

政治経済学部
法学部
教育学部
商学部
社会科学部
人間科学部
スポーツ科学部
国際教養学部
文化構想学部
文学部
基幹理工学部
創造理工学部
先進理工学部

早稲田大学 写真ギャラリー

早稲田大学文学学術院

早稲田大学文学学術院の31号館階段です。ノルウェイの森の撮影場所で有名です。

早稲田大学

早稲田大学の口コミ・評判一覧

早稲田大学の評判・口コミ【人間科学部編】

  • 大学:早稲田大学 人間科学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学2年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

志望理由

私は文系ではありますが、情報系の研究を行いたいと考えていました。しかし中々条件に沿う大学・学部がなく、どこも文系は文系、理系は理系といったように完全に分離されていました…続きを読む

学んでいること

人間科学部では、統計・情報科学を主専攻、教育心理学を副専攻として勉強を行ってきました。授業も多岐に渡るものが存在し、この2つの専攻を持つことで単位もちょうどよく取得でき…続きを読む

満足している点

研究に関しての教育体制が整っているです。基礎教育には、研究倫理や統計学の授業が存在します。それに加えて、実際に行われた研究の手順を踏み、実験も行いつつ結果を分析し、それをプレゼンテーションするという必修授業や…続きを読む

不満に感じている点

アクセスが非常に悪いです。早稲田大学人間科学部は、本部キャンパスとはかなり離れた埼玉県の所沢市に位置します。最寄駅は小手指駅で、急行は停まるものの周辺には殆ど何もないです。例年早稲田大学といいう…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学の評判・口コミ【法学部編】

  • 大学:早稲田大学 法学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

志望理由

将来法律関係の仕事に就くことを考えていますが、それにあたって中途半端に学ぶのでは役に立たないと思い、できるだけ良い環境で勉強できる場所に身を置きたいと思いました。そのう…続きを読む

学んでいること

憲法、民法、刑法、民事訴訟法、刑事訴訟法、商法のいわゆる六法に加えて行政法や倒産法など実定法の解釈論を勉強したり、人類学や芸術論など一般教育科目も少しだけ学びました。基…続きを読む

満足している点

各分野の著名な先生がいるです。例えば、憲法であれば判例百選の編者でもある長谷部恭男先生や刑法では修復的司法の提唱で知られる高橋則夫先生など、それぞれの分野を勉強するなら知らない者はまずいないと言って…続きを読む

不満に感じている点

子どものような学生が多いです。授業中にも拘わらず平気で私語をするもはや論外な学生もいますが、ややモラルや気品にかけた言動をする学生がちらほらいるのが残念でなりません。共用のベンチで寝そべったり、休み…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学の評判・口コミ【人間科学部編】

  • 大学:早稲田大学 人間科学部
  • 状況:大学卒業
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

志望理由

大学はMARCH以上を受験しました。浪人していたのでそれなりの学力の大学に行きたいと思っていたからです。やりたいことがはっきり決まっていなかったため人間科学部や総合政策…続きを読む

学んでいること

1、2年の間は心理学、教育工学、情報工学、英語コミュニケーションなど様々な分野の基礎を学びました。3年からは心理学を専攻し、発達心理学を卒論のテーマとして選びました。発…続きを読む

満足している点

就職サポートが充実しているです。大企業にOG・OBが多く在籍しており、話を聞ける場などを大学が設けてくれていて、意識が高い学生は多く参加します。OB訪問用のリストもキャリアセンターに揃っており連絡が取…続きを読む

不満に感じている点

人数が多すぎるです。人数がとても多いため何をするにも混みます。卒業証明書を取るのにディズニーランド並みに並びました。食堂の席取りも大変です。また学祭となると学外の人も集まるため大学内は大混…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学の評判・口コミ【社会科学部編】

  • 大学:早稲田大学 社会科学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

志望理由

早稲田大学を選んだ理由は尊敬していた祖父が目指していた大学だったからです。入試方式は自己推薦です。1次試験では書類選考、通過した場合2次試験で小論文と面接があります。1…続きを読む

学んでいること

社会科学部は様々な分野(法律や文学、歴史など)を広く浅く学ぶことが出来ます。もちろん興味がある分野は深く学ぶことも可能です。私が興味をもって勉強したのは国際法です。国際…続きを読む

満足している点

留学生が身近にいるです。最初の英語の授業で驚いたことがありました。同じクラスに留学生がいたのです。高校生のときはこのような体験をしたことはありませんでした。とても英語を流暢に話すのでものすごい…続きを読む

不満に感じている点

移動教室が大変です。移動教室が大変というのは登録した科目によって人それぞれです。一限と二限の間の休み時間だけ10分に設定されている(3-4などは15分)のですが、一限でキャンパス内の端っこ…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学の評判・口コミ【法学部編】

  • 大学:早稲田大学 法学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

志望理由

私は付属高に通っていたため、内部進学という形で早稲田大学に進学することができました。法学部に進学したのは将来の幅が広かったからです。もともと私は両親が教師だった影響もあ…続きを読む

学んでいること

私は法学部で教育法のゼミに所属しています。そこでは教育法の観点から現在の教育学の問題を扱い、もともと志望していた教育の分野にも携わることができました。3年時からゼミに所…続きを読む

満足している点

価値観の全く違う多くの人が集まるです。早稲田大学は日本各地、全世界から多くの学生が集まってきます。育った環境も違えば言葉も違う学生が多く在籍し、価値観の違いに触れることができます。また私は法学部の多くの学生…続きを読む

不満に感じている点

印象の悪いサークルも多くあるです。先程サークルが多くあると述べましたが、印象の悪いサークルが若干数あることも事実です。飲みすぎて救急車を呼んだり、警察沙汰になっているサークルもいくつかあります。そういっ…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学の評判・口コミ【政治経済学部編】

  • 大学:早稲田大学 政治経済学部 政治学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★☆☆(ふつう)

志望理由

もともと哲学や文学など抽象的な物事に対して研究することに興味があり、哲学を学ぶため東京大学の文化三類を受験しましたが落ちてしまいました。早稲田大学政治経済学部政治学科を…続きを読む

学んでいること

政治学科では主に政治分析と政治理論の勉強をします。政治分析とは政治がどのように行われているかについて学ぶ科目であり、政治理論とは政治がどのように行われるべきであると考え…続きを読む

満足している点

留学制度が整っているです。私は早稲田大学の留学プログラムで3週間オーストラリアに留学しました。初めは大学のプログラムで行く必要はない、と考えていましたが、調べていくうちに個人で留学しようとすると…続きを読む

不満に感じている点

学生の質が低いです。早稲田大学の学生の中には、将来のために努力している真面目で優秀な学生が多くいます。しかしながら、中には早稲田大学に入っただけで満足してしまったような、大学生のうちに成長…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学の評判・口コミ【文学部編】

  • 大学:早稲田大学 文学部 文学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

志望理由

第一志望が国立大学であり、英語・国語・数学・社会・理科基礎科目の受験が必須でした。滑り止めとして私立大学の文系学部を受験したかったのですが、基本的に英語・国語・社会とい…続きを読む

学んでいること

1年次では専門分野に別れる前に基礎的な知識を身につけるという目的のもと、論文の書き方、資料の収集の方法、英語および第2外国語の履修を行いました。2年次では私は日本語日本…続きを読む

満足している点

図書館が充実しているです。早稲田大学には、各キャンパスに大きな図書館があります。私の通う戸山キャンパスにも膨大な数の多岐にわたる専門分野の資料が存在し、自習スペースやグループワークができる予約型…続きを読む

不満に感じている点

古い校舎にエレベーターがないです。基本的には私の通う戸山キャンパスは改装されており、お手洗いや空調、スクリーンなどの施設は綺麗で快適です。しかし1箇所だけ古いままで、段差のきつい階段のみでエレベーターの…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】

  • 大学:早稲田大学 文化構想学部
  • 状況:大学卒業
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

志望理由

元々早稲田大学の文学部を受験したいと思っていて、高校3年生の夏にオープンキャンパスに行きました。その際に「文化構想学部」という学部が新設されていたのを知り、その説明を聞…続きを読む

学んでいること

キリスト教やギリシャ神話など、世界の宗教や神話について学んだ後、古事記・日本書紀、古代史といった日本の神話や宗教、歴史風土について学んでいました。それらに付随して、柳田…続きを読む

満足している点

多種多様な分野の学問が同時に学べるです。まず授業のカリキュラム上必修科目が少なく、その分自分たちで好きな講義を数多く選択することができます。また、専攻にとらわれず好きな講義を選択できるため学びの幅がとても広が…続きを読む

不満に感じている点

学生の人数が多いです。学生の人数がとても多く、個々人がしっかりしていないと情報を取りこぼしてしまうなど、個人へのサポートが手厚くない印象がありました。医療費が安くなるなど知っていればお得な制…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学の評判・口コミ【創造理工学部編】

  • 大学:早稲田大学 創造理工学部 総合機械工学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学2年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★☆☆☆☆(大変不満)

志望理由

私は昔からロボットなどの機械が大好きで、将来それらを作りたいと思い機械科を選びました。第一志望は東大だったのですが落ちたため滑り止めの早稲田大学に行きました。実は慶應大…続きを読む

学んでいること

学部1年の前期は高校で学んだ数学と物理の延長でした。正直、大学受験で学んだことでほぼ全て事足りてました。しかし後期からは専門的な事を学んで行きます。例えば流体力学です。…続きを読む

満足している点

工房があるです。理工キャンパスの中央の建物には、ものづくり工房というものがあります。ここではハンダ付けや3Dプリンター、そしてフライス盤などの工作をするための設備が沢山あり、無料で使え…続きを読む

不満に感じている点

授業が不親切です。基本的に学生に理解させようとする授業ではありません。教授の配るレジュメは文字だらけで見にくい上に、使っている教科書が先代の教授が執筆したものなのですが、とても誤植が多く…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】

  • 大学:早稲田大学 教育学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学2年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

志望理由

早稲田大学ではグローバルエデュケーションセンターという特別な機関があり、その機関の授業は全学部の学生が受講出来ます。グローバルエデュケーションセンターでは、単位が取得で…続きを読む

学んでいること

私は教育学部に所属しているため、人はどのように学習していくのか、どのような教授方法が効果的なのかといった教育心理学など教育学に関する事柄を学んでいます。また日本文学につ…続きを読む

満足している点

学生数が多いです。とにかく学生数が多いため、自分と趣味や嗜好などが似ている人や、自分とは全く異なった考えを持つ人まで様々な人々に出会うことが出来ます。また3000以上のサークルがあります…続きを読む

不満に感じている点

施設設備が学部間で異なるです。看板学部の政治経済学部は美術館かというレベルで外観も中身も綺麗です。しかし私の所属する教育学部は、ここ私立大学だよねと言ってしまいたくなるような建物の古さと汚さに加え、…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】

  • 大学:早稲田大学 文化構想学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

志望理由

文化構想学部ではバラエティに富んだ学びが出来るという話を予備校の先生から聞き、この学部を志望するきっかけになりました。というのも、私が興味ある分野は歴史とメディア、心理…続きを読む

学んでいること

ネットや噂などで色々と話は聞いてはいましたが、想像以上に「自由な学部」でした。正直な話、「遊ぶんこう」などという二つ名が付けられているように、勉強など二の次、三の次で遊…続きを読む

満足している点

設備が整っているです。流石日本の私立の2トップである大学なだけあって、設備はとても整っていると思います。私が通っている文キャンは、本キャンからは少し離れており、一見大学の管理が行き届いていな…続きを読む

不満に感じている点

規模が大きすぎるです。これに不満を抱いてしまっては元も子もないでしょうが、正直全ての不満の原因は「規模が大きすぎる」ことにあると思います。人数が多すぎる、キャンパスが何個もありすぎる、キャン…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学の評判・口コミ【人間科学部編】

  • 大学:早稲田大学 人間科学部
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

志望理由

私がこの大学を選んだ理由は、奨学金制度が充実してるからです。無償で借りられるものもあり、学費の工面という点で助かりました。あと、早稲田大学は大隈重信創設のもと100年以…続きを読む

学んでいること

人間科学部で勉強したこととして、主に「文化人類学」が挙げられます。文化人類学では、異文化の表象を自文化と照らし合わせて解明していきます。例えば、沖縄にある石敢當という石…続きを読む

満足している点

学生の質が高いです。学生のなかには、難関受験を突破した人、持ち上がりで入った人など様々な人がいました。中には、留学経験のある人や、社会人経験のある人もいました。みんな、自分が何を学びたいの…続きを読む

不満に感じている点

お酒を飲ませる雰囲気が若干あるです。私の大学は飲み会で飲むことで有名でしたが、私はお酒が飲めませんでした。だから、まわりの先輩や同級生も気を使って、私に飲ませないようにしていましたが、若干距離感を感じてい…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学の評判・口コミ【社会科学部編】

  • 大学:早稲田大学 社会科学部
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

志望理由

将来マスコミ関係の職に就きたく、マスコミに強いといえば早稲田大学というイメージがあったことや、高校時代に親しくしていた先輩が進学し毎日楽しそうに過ごされていたので迷わず…続きを読む

学んでいること

入学後は経済学、心理学、法学、文学など本当に幅広い講義を受講しました。またゲストスピーカーなどが来校されての講義も多く、ただの大学生として過ごすだけでは得られなかった思…続きを読む

満足している点

どんな生き方でも受け入れてくれるです。日本一留学生の多い大学ならではの国際色豊かなキャンパスであることはもちろん、聴講生制度なども充実しており、年齢層も幅広く、自分の価値観や視野を一気に広げられる環境が整っ…続きを読む

不満に感じている点

施設のクオリティに差があるです。大学内には学部棟と呼ばれる、各学部の講義がメインで行われるビル様の建物がいくつもあります。この学部棟と ですが、学部ごとに順番に再建をしているのか施設の充実度やクオリテ…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】

  • 大学:早稲田大学 文化構想学部 文化構想学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

志望理由

演劇、特にミュージカルが好きで、その身体所作に関する分野及び演劇など芸術関連のマネジメントを学びたいと思い、それを基準に学部探しをしました。すると、ちょうどその分野に精…続きを読む

学んでいること

現在1年生なのですが、身体論や舞台芸術入門などの芸術関連分野だけでなく、ジャーナリズムやビジネスなど様々なジャンルを学ぶことができています。来期からは博物館学芸員の資格…続きを読む

満足している点

授業がおもしろいです。早稲田大学は演劇やジャーナリズムなどの分野に強く、多くのOB・OGの方がエンターテイメントやマスコミなどの業界で活躍しておられます。そのため、ゲスト講師として社会人の方…続きを読む

不満に感じている点

大学の全貌を把握できないです。大学というのは大規模なところなので仕方がないことだとは思いますが、施設の番号や名称などが煩雑で全く全貌が把握しきれないです。なにかの用事があってある建物を目指していても…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】

  • 大学:早稲田大学 教育学部 国語国文学科
  • 状況:大学卒業後、1年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

志望理由

私はもともと国語が1番得意で、漠然と大学でも国文学を学びたいと思っていたので文学部を中心に大学を調べていました。しかし、文学部だと入学して1、2年は英文学や仏文学など外…続きを読む

学んでいること

古代・上代から現代まで、幅広い時代の文学や当時の文化を中心に学びました。古文や漢文もありましたが、文法や現代語訳をするというよりも、文章の内容に注目してその時代の情勢や…続きを読む

満足している点

図書館が充実しているです。1番大きい中央図書館をはじめ、各学部にも「〇〇学部学生読書室」という図書館があり、図書館自体の数も多いので本の数はとても充実しています。研究書庫には古い時代の本や資料な…続きを読む

不満に感じている点

学食が遠く、人が多いです。大学生になったばかりのとき、学食に行くのを楽しみにしていたのですが、私がいた教育学部の建物は学食からわりと離れたところにあるため、授業が終わって学食に着くころには人がい…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


東京都市大学 知識工学部
東京都市大学の評判・口コミ【知識工学部編】

大学:東京都市大学 知識工学部 状況:現在大学に通っている(大学2

東京国際大学 言語コミュニケーション学部
東京国際大学の評判・口コミ【言語コミュニケーション学部編】

大学:東京国際大学 言語コミュニケーション学部 状況:大学卒業後、

岩手大学 人文社会科学部
岩手大学の評判・口コミ【人文社会科学部編】

大学:岩手大学 人文社会科学部 状況:大学卒業後、2年以内性別:男

津田塾大学 学芸学部
津田塾大学の評判・口コミ【学芸学部編】

大学:津田塾大学 学芸学部 状況:現在大学に通っている(大学3年生

龍谷大学 国際学部
龍谷大学の評判・口コミ【国際学部編】

大学:龍谷大学 国際学部 状況:現在大学に通っている(大学3年生)

→もっと見る