口コミから見た、早稲田大学の評判は?

大学スクールナビに寄せられた、早稲田大学に通っている(直近まで通っていた)人から集めた口コミをもとに、早稲田大学の評判についてご紹介します。早稲田大学の雰囲気や魅力、特色を理解するのにお役立てください。

早稲田大学




目次

早稲田大学に通ってみて、満足しているポイント
早稲田大学に通ってみて、不満に感じているポイント
おすすめ学部は?
早稲田大学に通って良かったか
早稲田大学について
早稲田大学の口コミ・評判一覧

Q.早稲田大学に通ってみて、満足している点を教えてください。

評価:★★★★☆(満足) / 2年生・女性

キャンパスがキレイ

人間科学部がある所沢キャンパスは本キャンパスとは違い、埼玉県の所沢にあるのですが、キャンパスが綺麗で、とてもデザイン性があります。所沢キャンパスは、グッドデザイン賞を受賞しているそうです。学生達が通学してくる前の時間に清掃員の方々が毎日清掃してくれているので、とても感謝しています。自分を囲む周囲の環境がいつも綺麗だと、研究や勉強がとてもはかどります。また、お昼休みには、教室内の黒板を清掃しに来てくださる方もいて助かっています。

早稲田大学の評判・口コミ【人間科学部編】
公開日:2019年10月

評価:★★★★☆(満足) / 4年生・男性

いろんな人がいる

文系と理系に問わず多くの学部があり、中にはオリンピックに出場するような学生など、非常に幅広いタイプの学生がおり、様々な人と関わることのできる点が魅力であると思います。また、サークル活動が盛んで、種類も多い為、自分の興味や相性とあったサークルを見つけることができると思います。インカレサークルでは他大学の学生とも交流する機会もあり、気の合う友人をが学部や大学に限らずに見つけることのできる環境であるところも満足している理由です。

早稲田大学の評判・口コミ【人間科学部編】
公開日:2019年10月

評価:★★★★☆(満足) / 4年生・男性

多種多様な人間の巣窟となっている

これまで出会うことのなかった人と関わる機会を得ることができました。高校3年まで野球部に所属していたのですが、そこでは知的な人というよりかは体育会系の人が多数いました。早稲田大学では体育会系の人はもちろん博識な人、何かに異常な熱量で取り組んでいる人と、様々な人が所属していることが定性的に満足しています。施設面では、早稲田キャンパスには広大な図書館が存在し、レポート作成や卒業論文の作成だけでなく、雑誌なども存在しているので、休憩スペースとしても重宝されています。

早稲田大学の評判・口コミ【人間科学部編】
公開日:2019年10月

評価:★★★★☆(満足) / 2年生・男性

勉強の環境が整っている

理工学部のキャンパスには、メインの図書館に加えて自習スペースが多く設置されている読書室というものがあります。これらの施設は平日は夜の9時まで開館しているので、授業が終わった後によるまで勉強をすることができます。また、パソコンや携帯電話を充電するためのコンセントも設置されているので、パソコンや携帯電話を充電しながら課題などに取り組むことができとても便利です。もちろん図書館なので学術書の種類はとても豊富です。

早稲田大学の評判・口コミ【先進理工学部編】
公開日:2019年10月

評価:★★★★☆(満足) / 1年生・男性

放任主義

商学部に関してはそれほど取るべき授業が多いというわけではなく、1日の間に空いた時間が取れます。もちろんその時間に何もせずだらだらと過ごすこともできますが、自分のやりたいことを見つけて勉強することができるので、とてもいい環境だと思います。ただ、大学側がなにかを手厚くしてくれることはないので、自分でしたいことを見つけ、能動的に動いていかないと辛いと思います。トレーニング施設を会員登録で貸し出していたり、学部棟の地下に図書館があったり、様々な施設があるので、調べたり聞いたりして自ら恩恵を受け取る姿勢があれば、これ以上ない大学だと思います。

早稲田大学の評判・口コミ【商学部編】
公開日:2019年9月

評価:★★★★★(大満足) / 4年生・男性

生徒数が多い

早稲田大学は生徒数やサークル数がとても多いです。一般入試で第一志望で入学してくる学生はもちろん、指定校推薦やスポーツ推薦で入学してくる学生、東京大学や京都大学に落ちてきた学生、中国やアメリカからの留学生、多浪の学生など色々な学生が集まっており、色々なタイプの友達ができるので大学生活がとても楽しく、知見が深まります。またサークル数も多く、一つの競技でもたくさんのサークルがあるので、早稲田大学内での大会も盛んです。

早稲田大学の評判・口コミ【基幹理工学部編】
公開日:2019年9月

評価:★★★★★(大満足) / 1年生・女性

図書館が充実している

早稲田大学は日本の私立大学で一番の500万冊という蔵書数を誇ります。特に早稲田キャンパス内にある中央図書館にはその約半数が保管されています。新書や専門分野の本はもちろん、学生証を見せると昔の雑誌のバックナンバーや貴重な書物、研究資料などを閲覧することができます。さらに中央図書館はリニューアルされたばかりで、静かに読書や勉強ができるスペースはもちろん、友達と話しながら勉強したりグループでディスカッションしたりできるスペースも設けられました。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】
公開日:2019年7月

評価:★★★★☆(満足) / 4年生・女性

自由

「早稲田=自由」というイメージが強い人も多いかと思いますが、実際のキャンパスも、他大学と比べて活気に溢れ、自分らしく自由に生きている人が多いように感じます。例えば、入学式の前後に行われる「新歓」(サークルに新入生を勧誘する活動)では、身動きが取れなくなるほど人がごった返し、在校生はどこからともなく現れる太鼓に合わせて踊り狂ったり(通称ラテアメ)、大量のビラが飛び交う中で、それを拾うことを主な活動とするサークルが現れたりと、カオスなお祭り騒ぎとなります。やはり大概の人は地頭が良く、また愛校心はありつつも、いい意味でプライドがないため、自分の興味を持ったことに凄まじい行動力と感性で突き進む人が多く、日々刺激があります。このような雰囲気にワクワク出来る人なら、間違いなく楽しめる大学だと思います。

早稲田大学の評判・口コミ【社会科学部編】
公開日:2019年7月

評価:★★★★★(大満足) / 4年生・男性

学習環境が整っている

私が通っている早稲田キャンパスの近くには中央図書館という大きな図書館があり、ここに所蔵されている無数の書籍の中から必要な書籍を探すことができます。また、図書館の中で勉強できる環境も整っています。例えば、一人で集中できる個人ブースや、複数人で話しながら作業に取り組めるグループルームなど、用途別に部屋も区切られているのが特徴です。また、中央図書館だけでなく、各学部棟の地下には学生読書室というものがあり、その学部の専門的な書籍が所蔵されています。中央図書館と学生読書室を使い分けながら、日々勉学に励むことができます。

早稲田大学の評判・口コミ【法学部編】
公開日:2019年7月

評価:★★★★☆(満足) / 大学卒業・女性

留学先が豊富で、優秀な大学と提携している

まず、圧倒的に留学生が多いです。国際教養学部では、学生の3割くらいは留学生であり、世界各国の帰国子女も多数在籍しており、とても国際色豊かな学部だと思います。留学生も多様性があり、英語圏に限らず、アジア圏やヨーロッパからもたくさんの留学生が来ているので、国際交流が好きな人にはとても刺激的で楽しい大学生活を送れると思います。また、他学部の学生とも、サークル活動や、他学部の授業の履修を通して知り合うこともできるので、帰国子女の学生は日本の大学生活を体験する意味でもとてもよかったと思います。

早稲田大学の評判・口コミ【国際教養学部編】
公開日:2019年7月

評価:★★★★★(大満足) / 卒業2年以内・男性

大学生活を思いっきり楽しめる

早稲田大学の早稲田キャンパスの周りは完全に学生街となっています。高田馬場~早稲田周辺には、安くて満腹になれる飲食店が軒を連ね、学生のお腹を満たしてくれます。また、居酒屋なども数多くあり、学生街ならではの低価格で大学の仲間たちとお酒を楽しむことができます。サークル活動が盛んなことも、早稲田の魅力です。1年生から4年生まで同じキャンパスで過ごすため、多くの学生が4年間、自らの好きなことを行えるサークル活動に勤しんでいます。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2019年7月

評価:★★★★★(大満足) / 在学中・女性

大学名にネームバリューがある

既に他大学の他分野学科を卒業していましたが、運動指導の仕事をしており、研究のため早稲田を受験、入学しました。最初に出た大学は都内の小さな女子大だったので、早稲田というネームの知名度のすごさが身にしみてわかりました。そして体育会の応援など、男女共学ならではのイベントも、女子中高大だった私にはとても良い経験をさせてもらったと思います。仕事をしていく上でも、早稲田というだけで信用や人脈をいただけることにもありがたみを感じます。

早稲田大学の評判・口コミ【人間科学部編】
公開日:2019年7月

評価:★★★★★(大満足) / 大学4年生・男性

教室がきれいで授業が面白い

自分が通っている商学部のキャンパスは2番目に新しく建てられたキャンパスで非常にきれいです。エスカレーターやエレベーター完備でコンビニも入っています。教室も広くてきれいなことにも満足しています。授業もマーケティングや会計など自分の興味のある事を学ぶことができ、先生もその道の第一人者や有名な人なので、高いレベルの授業を受ける事ができます。また、商学以外の授業でもメディア論や広告論、映画論など面白い授業もたくさんあり、時間割を組むのが難しいです。

早稲田大学の評判・口コミ【商学部編】
公開日:2019年7月

評価:★★★★☆(満足) / 在学中・男性

自由が尊重される

早稲田大学は自由です。大学には学業に優れた人だけではなく、スポーツからボードゲームまで、様々な分野で活躍する人が在学しています。先生方はそのような学生がいることに理解があり、単に成績が悪いだけという目で見られることは少ないです。私も大会のため、試験に出席できなかったことがありましたが、先生は大会を頑張って欲しいとおっしゃり、私に特別措置として平常点のみでの成績評価をしてくださいました。自分のやりたいことをやりたいように追究できるのが早稲田大学の良さで、それを支えてくれる環境があります。

早稲田大学の評判・口コミ【生命医科学科編】
公開日:2019年7月

評価:★★☆☆☆(不満) / 大学4年生・女性

交換留学の提携先が多い

他大学に比べ交換留学を提携している大学数が多いからです。アメリカやイギリスなどの英語圏だけでなく、ヨーロッパ、アフリカなど全世界に交換留学するチャンスがあるため、本当に自分が学びたい環境で学べます。私もずっと憧れのあったミラノに留学することができ、この大学だからできた経験だと感じています。また、初めての留学でも、学内の留学センターが留学準備から留学中まで十分にサポートしてくれ、安心して海外で学べる環境が整っています。特に宿泊施設や現地の携帯は自分で手配するのが難しかったため、助かりました。

早稲田大学の評判・口コミ【国際教養学部編】
公開日:2019年7月



Q.早稲田大学に通ってみて、不満に感じている点を教えてください。

評価:★★★★☆(満足) / 2年生・女性

キャンパスと最寄駅が遠い

キャンパスと最寄駅の小手指駅はかなりの距離があり、歩いては通学できないため、大学用のバスが出ています。しかし、バスは次々にくるわけではないので、乗り遅れてしまうと、かなりの時間待たなければならないことも多々あります。そのせいで遅刻してしまう学生達もいるので、バス通学に対しては不満をいだいています。また、乗るための行列が長くできていると、係員の人に無理やり乗せられることもあります。車内はぎゅうぎゅうでかなり辛いです。

早稲田大学の評判・口コミ【人間科学部編】
公開日:2019年10月

評価:★★★★☆(満足) / 4年生・男性

立地が悪い

私が所属する人間科学部は所沢キャンパスにあり、最寄駅である小手指からバスで15分ほどとアクセスが悪い点は不満に感じています。本部キャンパスである高田馬場キャンパスも高田馬場駅からは徒歩で10分ほどとあまり近いとは言えないため、天気の悪い日や暑い日などは不便さを感じています。また、観光客や見物客が多く、キャンパス内が混み合うことや食堂で座る席がないことがあり、ただでさえ学生の多い大学であるため、不便さを感じることは少なくありません。

早稲田大学の評判・口コミ【人間科学部編】
公開日:2019年10月

評価:★★★★☆(満足) / 4年生・男性

旧式の授業が依然として存在している

いわゆる、大人数の学生に対し1人の教授が淡々と話す形式の講義が多いです。アクティブラーニングと言われる活動的で、ディベート形式の講義は皆無に等しく、退屈な講義が展開されていることが多いです。中には数少ないそういった講義を履修することもできますが、そういった講義は非常に人気であるために、たとえエントリーをしても選外(=履修登録から外されること)が往々にしてあります。私はいくつかアクティブな講義を履修することができたので、万が一早稲田大学に入学した際には、活発な講義を選ぶことを強く薦めます。

早稲田大学の評判・口コミ【人間科学部編】
公開日:2019年10月

評価:★★★★☆(満足) / 2年生・男性

キャンパスが暗い

理工学部のキャンパスは工学系の工場や研究所のような建物がほとんどで、建物の外装は基本的に灰色です。特に機械系の学部の建物は実験や作業用の大きな装置や器具が多いので、本当の工場のようです。これらの建物に囲まれているので、キャンパス内の雰囲気はとても暗いものに感じます。またキャンパス内にはほとんど緑の植物がありません。今は芝生や大きな樹を育てているようですが、雨の日などは天気とキャンパスの雰囲気が暗いせいで、気分がとても下がってしまいます。

早稲田大学の評判・口コミ【先進理工学部編】
公開日:2019年10月

評価:★★★★☆(満足) / 1年生・男性

学生に関心がない

基本的に自分から尋ねないとなにかを話してくれるということはありません。教授は授業が終われば教室から出ていってしまうので、何か大学に対して疑問や質問があるときは自分で事務所に行かないといけないです。どの大学でもそうだとは思うのですが、担任の先生はいないので困ったことがあってもすぐには解決できません。この点に関しては、学生であるというより、大学に属している一般人という感覚でいた方がいいなと思う気がします。自由はただ自由なだけではないなと思いました。

早稲田大学の評判・口コミ【商学部編】
公開日:2019年9月

評価:★★★★★(大満足) / 4年生・男性

キャンパス同士の行き来が少し面倒

早稲田大学はホンキャンと呼ばれる早稲田キャンパスの他に、文学部と文化構想学部のための文キャン、理工学部のための理工キャンパス、所沢キャンパスなどがあります。キャンパスが違うために他学部の学生との交流が少なくなってしまうことが残念です。ですが、一応各キャンパス間には一時間に4本ほど無料の連絡バスがあるので、行き来したい時に困るといったようなことはありません。また、歩いても20分ほどなので、歩いて移動することが多いです。

早稲田大学の評判・口コミ【基幹理工学部編】
公開日:2019年9月

評価:★★★★★(大満足) / 1年生・女性

教員免許取得の制度が整っていない

文化構想学部の中にも教員免許を取得したいと思っている学生は多くいますが、そのための授業を履修しようとするとすごく忙しくなってしまい、十分な勉強時間やバイトやサークルをする時間がかなり削られてしまいます。また、教育学部に所属していても免許取得は必ずもらえるわけではなく、さらに幼児教育の免許はどの学部でも取得することができません。ですから、教員や幼稚園教諭になりたいと考えている人にはお勧めできず、実際その理由で受験をやめた友達もいます。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】
公開日:2019年7月

評価:★★★★☆(満足) / 4年生・女性

学生に対する支援が手薄

人数が多いため仕方ない部分もあるのかもしれませんが、基本的に放任主義です。そのため、常に自分で目的意識を持って行動をとっていないと、大事な申請を見逃してしまったり、就職活動等における必要な情報を得られなかったりします。また学費が高い割に、細かなところで課金が必要だったり、事務所の職員の方の対応が悪かったりと、その使われ方には疑問を感じる機会も多いです。「与えられたものをこなす」「サービスを受けたい」というスタンスの人にとっては、厳しい大学だと思います。「良い自由さ」と表裏一体の点ではありますが、せめてもう少し、必要な情報にアクセスしやすい環境を整えて貰いたいと感じています。

早稲田大学の評判・口コミ【社会科学部編】
公開日:2019年7月

評価:★★★★★(大満足) / 4年生・男性

人が多すぎる

これはいい意味でも悪い意味でも捉えられる点なのですが、人数が多いことで、授業や試験の時に席が足りなかったり、希望の授業を選択できなかったり、留学の公募で当選する確率が低かったりと、デメリットとなることも多々あります。また、通学や帰宅時に電車が混んだり、昼時に食堂が溢れかえったりなどもストレスを感じる要因です。また、最たるものとしては就職活動です。1万人も同期がいるため、学歴で優位になる機会はあまりなく、自分の個性を売り出していかなければなりません。就職活動における敵は、東京大学でも慶應義塾大学でもなく、同じ早稲田大学の学生たちなのです。

早稲田大学の評判・口コミ【法学部編】
公開日:2019年7月

評価:★★★★☆(満足) / 大学卒業・女性

学生の数が多く、学部は専門性に欠ける

早稲田大学は他の私大と比べても絶対的に母集団が大きく、キャンパス内を歩いているだけでも大混雑し、授業の合間の休憩時間のコンビニや生協はいつも大行列です。学食も早めに行って席を確保しないと満員になってしまいます。また、国際教養学部に関する不満としては、リベラルアーツというだけあって、とても幅広い分野の学問を浅く勉強するため、専門的な知識や学問を勉強したいと思う学生にとってはもの足りない内容だと思います。本当に専門性を身に付けたいのであれば、その後に大学院に行く事をお勧めします。

早稲田大学の評判・口コミ【国際教養学部編】
公開日:2019年7月

評価:★★★★★(大満足) / 卒業2年以内・男性

大学の人が多すぎる

毎年1万人の新入生が入学してくる早稲田大学には「中退一流、留年二流、4年卒業三流」という言葉があり、実際に3人に1人の割合で留年する学生がいます。そのため、在籍している学生の数がとても多く、テスト期間や入学シーズンになるとディズニーランドのように人が溢れかえってしまいます。また、写生が趣味の老人会の人たちの写生スポットにもなっているらしく、構内のベンチなどにはお年寄りが座って絵を描いており、邪魔だなあと迷惑することがあります。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2019年7月

評価:★★★★★(大満足) / 在学中・女性

自宅から遠い

家から片道2時間かかります。山の中にあり、キャンパス自体も広大なため、電車を乗り継ぎ、バスに乗り、キャンパス内を10分歩いてやっと着くイメージです。無料の学バスがありますが、遅くまで研究していると終バスを逃すこともしばしば。有料の路線バスに乗ったり、教授に最寄り駅まで送っていただいたりして何とかやりくりしてきました。常に朝から夜までバスにある程度の本数があるといいのですが、授業のある時しか本数はありません。

早稲田大学の評判・口コミ【人間科学部編】
公開日:2019年7月

評価:★★★★★(大満足) / 大学4年生・男性

学生が多すぎる

早稲田は1学部だけでも4000人以上いる為、常に人がとても多いです。特に2限終わりの昼食時がピークです。大学周りの飲食店が毎日行列になっていて、なかなかご飯にありつけないところが不満です。また、コンビニも非常に多くの人が並び、時間がかかる為、2限終わりの昼食は嫌いです。さらに3限の教室にお昼から行って席を取った後にご飯に行く学生も多いため、お昼を食べてから教室に行くともう席が埋まっていて、友達と離れる事になることもあるのも不満です。

早稲田大学の評判・口コミ【商学部編】
公開日:2019年7月

評価:★★★★☆(満足) / 在学中・男性

研究室に長時間拘束される

私は理系の研究室に在籍していますが、研究室では研究だけやっていれば良いという雰囲気で、朝9時から夜6時までというのは普通のことです。早稲田大学には様々な学生がいて、それぞれがそれぞれの特技を活かすという場所のはずなのに、研究室に入った途端その特技を潰されます。研究室で研究をして楽しいこともありますが、それ以上にもっと視野の広い学習をしたいと考えていただけに、この狭い活動範囲で過ごさなければならないのは窮屈に感じます。

早稲田大学の評判・口コミ【生命医科学科編】
公開日:2019年7月

評価:★★☆☆☆(不満) / 大学4年生・女性

学部のゼミ活動が充実していない

国際教養学部は外国人教師が主となるため、日本的な「ゼミ」を期待するとがっかりすると思います。日本のゼミは、生徒が一緒にビジコンに出たり、週に何回も集まりそれぞれの学問を深め発表の準備をしたり、学外ではゼミ旅行やゼミ飲みがあったりして、わいわい楽しくやる印象があります。しかし国際教養学部のほとんどのゼミはただ週一回少人数で集まる授業となっています。そのため、教授と距離を近づけるのも難しく、専門的な分野を勉強する場としてはふさわしくなく、日本のゼミに憧れを持っていた自分としては不満に感じています。

早稲田大学の評判・口コミ【国際教養学部編】
公開日:2019年7月



Q.おすすめ学部は?

評価:★★★★☆(満足) / 2年生・女性

人間科学部

人間科学部は学問の枠にとらわれることなく、他の学部の分野や本キャンパスの分野を学ぶことも可能だからです。学びたいことを1つの分野に絞れない方には、とてもお勧めです。学生達の雰囲気も落ち着いているので、過ごしやすいです。

早稲田大学の評判・口コミ【人間科学部編】
公開日:2019年10月

評価:★★★★☆(満足) / 4年生・男性

スポーツ科学部

オリンピックに出場するような選手と同じ講義を履修したり、そのスポーツの代表チームに帯同するような先生の講義を受けることができるなど、非常に整った環境で勉強に取り組むことができる点が他の大学や学部と比較した時に優れていると感じます。

早稲田大学の評判・口コミ【人間科学部編】
公開日:2019年10月

評価:★★★★☆(満足) / 4年生・男性

スポーツ科学部

日本屈指のスポーツ学部であることは言うまでもなく、早稲田大学の学部間の偏差値の割に就職で評判が良いことで大学内では有名です。スポーツ科学部に所属する教授陣は素晴らしいキャリアを形成している人が多いです。経済産業省からオリパラ関連の事業に携わっている人など、スポーツに精通している方が多く、その人たちの講義・ゼミはとても人気であるとよく耳にします。

早稲田大学の評判・口コミ【人間科学部編】
公開日:2019年10月

評価:★★★★☆(満足) / 2年生・男性

先進理工学部

授業のコマ数や勉強量は他の大学、学部に比べて多いので大変かもしれませんが、それでもバイトやサークル活動との両立は可能です。また一年生から専門的なゼミでの活動ができるため、最先端の研究が体験できます。少し学業が大変ですが、自分の頑張り次第で充実した生活を送ることができます。

早稲田大学の評判・口コミ【先進理工学部編】
公開日:2019年10月

評価:★★★★☆(満足) / 1年生・男性

文化構想学部

いろんなサークルの体験や新入生歓迎会に行くと、メンバーに多いのは文学部と文化構想学部です。友達付き合いがうまくいくのはいろんなところで出会いのあることだと思うので、文学部か文化構想学部を推したいと思います。また、文学部より文化構想学部の方が授業の幅が広いので、どちらかといえば文化構想学部がいいと思います。

早稲田大学の評判・口コミ【商学部編】
公開日:2019年9月

評価:★★★★★(大満足) / 4年生・男性

基幹理工学部

基幹理工学部では二年生から学科に配属になるので、やりたいことが決まってない人や進む学科に悩んでいる人は大学一年生の一年間いろんな勉強をして、本当に自分が好きだと思った分野の学科に進むことができるからです。

早稲田大学の評判・口コミ【基幹理工学部編】
公開日:2019年9月

評価:★★★★★(大満足) / 1年生・女性

国際教養学部

帰国子女や留学生が多くいて、授業以外の時間でも常に英語など日本語以外の言語で会話しているので、外国語を学びたい人にとっては最高の環境だと思います。また、1年間の留学が必須になっているので、「長期の留学をしてみたいけどやり方が分からない」という人も教授や先輩など身近な人に相談できるのでおすすめです。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】
公開日:2019年7月

評価:★★★★☆(満足) / 4年生・女性

社会科学部

学内で「シャガクズ」と呼ばれ、単位が取りやすいと言われている学部です。学業以外のことも全力で楽しみたいと感じる人には、バランスが取りやすい学部だと思います。また一方で、他学部に比べてかなり広い学問領域を履修することになるため、明確に研究目的がある人にとっては、それが「学際的な視点」を身につける良いきっかけとなります。私自身も、「社学」に進学したおかげで、幅広い視野を身につけられたと感じていますし、それが研究活動・就職活動を行う上での糧となっています。

早稲田大学の評判・口コミ【社会科学部編】
公開日:2019年7月

評価:★★★★★(大満足) / 4年生・男性

法学部

まず、早稲田の文系で就職活動において有利なのは、政治経済学部、法学部、商学部の三つです。このメリットにプラスして、法学部は出欠確認がないのが一つのメリットかと思います。勉学に勤しむことが学生の本分ではありますが、どうしてもサークルやバイトで出席できない時、寝坊をしてしまうこともあると思います。しかし、法学部では日頃の出席日数は評価せず、テストのみで評価する授業が多いです。そのため、テストの出来さえ良ければ効率よく単位を取得していくことができます。

早稲田大学の評判・口コミ【法学部編】
公開日:2019年7月

評価:★★★★☆(満足) / 大学卒業・女性

国際教養学部

留学制度がとても充実しており、提携先の海外大学もとても優秀な大学が多いです。留学先で取得した単位も換算できるので、留年せずに4年で卒業できる事も魅力的だと思います。そして何よりも国際色がとても豊かで、国際交流、語学が好きな学生にとってはとてもいい環境だと思います。

早稲田大学の評判・口コミ【国際教養学部編】
公開日:2019年7月

評価:★★★★★(大満足) / 卒業2年以内・男性

教育学部

教育を志している学生はもちろん、そうでない学生でも、かなり多くの学科があるため、自らが興味をもって学んでいける学問を見つけられるからです。大学入学後に、自分の学生生活をかけて学ぶ学問を見つけられる体制が整っていることは、大きな魅力です。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2019年7月

評価:★★★★★(大満足) / 在学中・女性

スポーツ科学部

私は運動指導の仕事をしていますが、研究内容から健福科におります。20代で、体力があり、運動に興味があるなら、早稲田のスポ科は本当におすすめです(早稲田の中ではおすすめではないのかもしれませんが)。皆で競技に励んでどうぞ青春を満喫してください!

早稲田大学の評判・口コミ【人間科学部編】
公開日:2019年7月

評価:★★★★★(大満足) / 大学4年生・男性

商学部

商学部はビジネスに関する勉強をします。1.2年生で基礎、3年からは各自自分の興味のある学問を選択して勉強する事になります。マーケティングや会計、経営、貿易論などビジネスに関する幅広い事を学ぶことができる為、自分がどのような仕事がしたいか考えるきっかけにもなります。また、英語教育も盛んで留学に1年間行く事もできます。その様な場合も4年で卒業する事ができるので、制度を利用して留学する人は多いです。ゼミに入らないという選択もでき、その場合は卒論を書かなくてもいいという事も魅力です。

早稲田大学の評判・口コミ【商学部編】
公開日:2019年7月

評価:★★★★☆(満足) / 在学中・男性

社会科学部

社会科学部は学部での専攻が深く決まっておらず、自分で好きなことを追究する学部です。さらに授業がかなり楽で、学校以外のことにかなり打ち込めます。さらに卒論もないので、本当に自由に遊ぶなりバイトするなりできる学部です。

早稲田大学の評判・口コミ【生命医科学科編】
公開日:2019年7月

評価:★★☆☆☆(不満) / 大学4年生・女性

商学部

しっかり専門性を身に着けられる数少ない学部だと思うからです。商学部の授業はマーケティングやアカウンティングなど、4年間でビジネスについての優れた知見が得られると思いました。実際私自身もいくつかの商学部の授業をとっていたのですが、今を生きる企業で働くゲストスピーカーを招いたり、リアルなビジネスシチュエーションの話が聞けて面白かったです。

早稲田大学の評判・口コミ【国際教養学部編】
公開日:2019年7月



Q.早稲田大学に通って良かった?

評価:★★★★☆(満足) / 2年生・女性

早稲田大学に通って良かった

総合的に考えると有意義な大学生活を送れていると思うからです。勉強にサークルにバイトにと、バランスを保って生活できていると思います。キャンパスが所沢の自然の中にあるので、晴れている日はとても心地よく、ストレスもあまりたまりません。また、学生の人数に対してキャンパスがとても大きいので、人数が多いという印象も受けず、生活しやすいです。研究室の数も多く、プールや野球場、陸上競技場など数多くの施設があることも、この大学の魅力だなと感じます。

早稲田大学の評判・口コミ【人間科学部編】
公開日:2019年10月

評価:★★★★☆(満足) / 4年生・男性

早稲田大学に通って良かった

いろんなタイプの友人と出会う機会に恵まれたため、入学してよかったと感じています。また、勉学の方でも地域社会学という自分が勉強したかった科目を専門とするゼミに所属することができているため満足しています。一年生や二年生の前半は講義の数が多く大変な面もありましたが、順調に単位を獲得することができたので3年、4年は比較的自由な時間が増えています。アルバイトや旅行など、友人と出かける機会も作れており、勉強と私生活のバランスが取りやすい学校であると感じているため満足しています。

早稲田大学の評判・口コミ【人間科学部編】
公開日:2019年10月

評価:★★★★☆(満足) / 4年生・男性

早稲田大学に通って良かった

先述した通り、早稲田大学は多種多様な人が存在します。それゆえ、良い意味で「何をやっても許される、自由度の高い」大学だと思います。4つのアルバイトを掛け持ちする人もいれば、俳優を志して、カットモデルをやる人、ミスコンで最優秀賞を受賞する人など、本当に個性あふれる学生が大勢います。就職活動においても、早稲田ブランドは健在で、毎年多くの有名企業に進学する学生がいます。慶應義塾大学と比較されることが往々にしてありますが、どちらも素晴らしい大学です。しかし「人」という観点で見るのであれば、早稲田大学です。

早稲田大学の評判・口コミ【人間科学部編】
公開日:2019年10月

評価:★★★★☆(満足) / 2年生・男性

早稲田大学に通って良かった

勉強に真摯に取り組む環境が整っていると思うからです。入学当初は、第一志望の大学でなかったこともあり、あまり良いイメージはありませんでしたが、一年間大学で勉強してみてとても良い仲間に恵まれて勉強することができたと思います。学科のクラスには自分と似た境遇の人がとても多く、すぐに仲良くなることができました。学科の友人はしっかりしていて真面目な人が多く、互いに協力しながら勉強することができると思います。図書館などの施設も含め勉強するにはとても良い環境だとおもいます。

早稲田大学の評判・口コミ【先進理工学部編】
公開日:2019年10月

評価:★★★★☆(満足) / 1年生・男性

早稲田大学に通って良かった

授業が多いわけではないので、基本的にはしたいことをできます。友達と遊ぶこともそうですし、いくつもサークルを掛け持ちして活動に打ち込むこともできます。バイトを入れてがっつりお金を稼ぐこともできます。大学があまり楽しくないかなと思っても他で埋め合わせることはできますし、逆もまた然りです。大学という単位で見るのではなく、大学生活という単位で見ながら生活していくと、大学生は何かしら楽しいことを見つけているのではないかなと思います。

早稲田大学の評判・口コミ【商学部編】
公開日:2019年9月

評価:★★★★★(大満足) / 4年生・男性

早稲田大学に通って良かったと強く思う

学業やサークル活動、交友関係など全ての面において全力で取り込むことができたからです。大学側がこれらの活動に対してとても協力的なのはもちろん、全国からいろいろな学生が集まっているので、それらを一緒に全力で楽しめる仲間に出会えると思います。時間割も全く余裕がないわけではなく、しっかり勉強をしていれば理系でも全休の日は作れますし、最後の年には卒業に必要な単位数を取り終えて授業がないことがほとんどです。その一年でみな海外旅行や卒業旅行を楽しんでいます。

早稲田大学の評判・口コミ【基幹理工学部編】
公開日:2019年9月

評価:★★★★★(大満足) / 1年生・女性

早稲田大学に通って良かったと強く思う

文化構想学部に限った話にはなりますが、卒業のための単位数はほかの大学や学部に比べると比較的少なく、自分の勉強のために時間を割くことができます。実際私は英語の資格を取ったり留学の検討をしたりしています。また、教授やOBOGに著名人が多くいるので、その人たちの活躍や体験談を近くで聞くこともできますし、インターンシップやOB訪問など就活にも役立てられると思います。学生の数が多いためいろいろなタイプの人に出会えるのも魅力です。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】
公開日:2019年7月

評価:★★★★☆(満足) / 4年生・女性

早稲田大学に通って良かった

とにかく居心地が良いです。もちろん様々な人がいますが、全体的に見れば、高い教養や豊かな経験を持つ自律的な人が多く、刺激的で良好な人間関係を築けています。また、規模が大きい分、そこら中に様々なチャンスがあり、自分の目的のためにそれを掴んでいく姿勢さえあれば、これ以上ない環境だと思います。学業に専念するも良し、サークルやアルバイトに没頭するも良し、人脈を作るも良し、というように、自分らしい選択をしやすい様々な制度があります。

早稲田大学の評判・口コミ【社会科学部編】
公開日:2019年7月

評価:★★★★★(大満足) / 4年生・男性

早稲田大学に通って良かったと強く思う

勉強、サークル、アルバイト、ゼミなどを良いバランスでできているからです。勉強やゼミ活動を高いレベルで実現できているのは、もちろん一般的に優秀と言われているこの大学に入ることができたからです。また、早稲田は人数の多い大学であるため、サークルの数もかなり多いです。そのため、他校にはないような色々なサークルに入るチャンスがありますし、そのようなコミュニティから紹介してもらえる面白いバイトなどもあります。これは早稲田ならではの機会だと思うので、このような有意義な経験ができたことは良かったと感じています。

早稲田大学の評判・口コミ【法学部編】
公開日:2019年7月

評価:★★★★☆(満足) / 大学卒業・女性

早稲田大学に通って良かった

日本の大学に在学しながら英語で授業を受けるという意味では、国際教養学部に入学できてよかったと思います。早稲田大学は日本でも海外でも(特にアジア圏)知名度が高く、就職の際にも優位に感じていましたし、優秀な同級生と切磋琢磨しながら勉強できたので、とてもよかったと思います。また、図書館がとても充実しており、借りたい本はいつでも気軽に借りれましたし、洋書の数もたくさんありました。サークル活動も参加自由で、そのような活動が得意でない学生もボランティアやアルバイトをするなり、とても自由で楽な環境で学生時代を過ごせたと思います。

早稲田大学の評判・口コミ【国際教養学部編】
公開日:2019年7月

評価:★★★★★(大満足) / 卒業2年以内・男性

早稲田大学に通って良かったと強く思う

他の大学に行った友人よりも、勉強も遊びも充実した学生生活を送ることができたと感じているからです。自らの好きなことに集中して打ち込めるサークル活動。豊富な選択肢から選ぶことのできる授業。恩師とも呼べる教授と出会い、仲間と真剣に学問を行うことができるゼミ活動。どれをとっても非の打ち所がないです。また、卒業後も愛校心を持っている卒業生が多いため、多くの企業では学閥というものが存在し、社会人になっても早稲田大学の繋がりに感謝する機会があるためです。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2019年7月

評価:★★★★★(大満足) / 在学中・女性

早稲田大学に通って良かったと強く思う

「早稲田」という名前の中で生活できたことは一生の支えになってくれると思います。タイプの違う大学を出ている身なので、すごくそれを感じます。周囲は年下の学生ばかりですが、男子も女子も、擦れているところがなく、とても純朴な学生が多いように思います。勉強は大変ですが(妥協が許されないゼミなので)、勉強したと胸を張って言える経験が出来たのがよかったです。

早稲田大学の評判・口コミ【人間科学部編】
公開日:2019年7月

評価:★★★★★(大満足) / 大学4年生・男性

早稲田大学に通って良かったと強く思う

自分の学びたいことがしっかりと学べるだけでなく、大学の授業で新しく興味を持つ学問に出会えましたので教育面で不満はありません。また、サークルも2つ所属していましたが、どちらも活動は活発で非常に充実した大学生活を送ることができました。また、就職活動の指導もしっかりしてもらえ、対策がばっちりできた状態で臨めましたので、自分の第一志望である会社に内定をいただくことができました。自分から動く学生にとってはすばらしい大学だと考えています。

早稲田大学の評判・口コミ【商学部編】
公開日:2019年7月

評価:★★★★☆(満足) / 在学中・男性

早稲田大学に通って良かった

早稲田大学は自由で、自分から動けばざまざまなチャンスに出会えます。学業が厳しいことを含め、とくに理系は簡単には卒業できません。自分で学校以外のことにチャレンジしようとしているならなおさらです。私は学校以外にもたくさんのことにチャレンジして、時には学業成績が悪すぎたことも、チャレンジに失敗したこともあります。でもそれらを含めて、早稲田大学に在学したことがきっかけだったので、私を成長させてくれた大きな学校だったと思います。

早稲田大学の評判・口コミ【生命医科学科編】
公開日:2019年7月

評価:★★☆☆☆(不満) / 大学4年生・女性

早稲田大学に通って良かったと思わない

私は大学では留学がしたかったため、早稲田大学の国際教養学部を選択したのですが、留学を経て、授業、生徒や教授の質が圧倒的に留学先の大学のほうが高く、最初から海外大学を受験していればよかったと感じました。国際教養学部はいかにインターナショナルな学部かを売りにしていますが、蓋を開けてみれば、英語で授業がろくにできない日本人教授が多くいたりしました。国際的な環境で学びたいが理由でこの学部に入学するならば、海外大学をおすすめしたいと思いました。

早稲田大学の評判・口コミ【国際教養学部編】
公開日:2019年7月

早稲田大学について

早稲田大学の学部別偏差値一覧

早稲田大学の偏差値をランキング形式で学部別にまとめました。(※データ参照元:「東進」の大学入試難易度ランキング)

順位 大学・学部 偏差値
1位 早稲田大学 政治経済学部 経済 72
1位 早稲田大学 政治経済学部 政治 72
1位 早稲田大学 政治経済学部 国際政治経済 72
4位 早稲田大学 商学部 71
4位 早稲田大学 法学部 71
4位 早稲田大学 社会科学部 社会科 71
4位 早稲田大学 教育学部 教育 教育学 教育心理学 71
4位 早稲田大学 文学部 文 71
4位 早稲田大学 文化構想学部 文化構想 71
4位 早稲田大学 国際教養学部 国際教養 71
4位 早稲田大学 教育学部 英語英文 71
12位 早稲田大学 教育学部 複合文化 70
12位 早稲田大学 人間科学部 人間環境科 70
12位 早稲田大学 教育学部 国語国文 70
12位 早稲田大学 教育学部 教育 教育学 教育学ほか 70
12位 早稲田大学 教育学部 社会科 地理歴史ほか 70
17位 早稲田大学 先進理工学部 生命医科 67
17位 早稲田大学 基幹理工学部 67
17位 早稲田大学 先進理工学部 物理 67
17位 早稲田大学 先進理工学部 応用化 67
17位 早稲田大学 先進理工学部 化学・生命化 67
17位 早稲田大学 先進理工学部 応用物理 67
17位 早稲田大学 スポーツ科学部 スポーツ科 67
24位 早稲田大学 創造理工学部 経営システム工 66
24位 早稲田大学 先進理工学部 電気・情報生命工 66
24位 早稲田大学 創造理工学部 総合機械工 66
24位 早稲田大学 創造理工学部 環境資源工 66
24位 早稲田大学 創造理工学部 建築 66
24位 早稲田大学 創造理工学部 社会環境工 66
24位 早稲田大学 人間科学部 健康福祉科 66
24位 早稲田大学 教育学部 理 生物学ほか 66
24位 早稲田大学 教育学部 数 66

 

早稲田大学で偏差値が最も高い学部は政治経済学部(偏差値72)、次いで商学部・法学部・社会科学部(社会科)等(それぞれ偏差値71)が続きます。相対的に偏差値が低く、穴場と言えるかもしれない学部は、理系学部も含みますが、以下の通りです。(いずれも偏差値66)

  • 創造理工学部(経営システム工)
  • 先進理工学部(電気・情報生命工)
  • 創造理工学部(総合機械工)
  • 創造理工学部(環境資源工)
  • 創造理工学部(建築)
  • 創造理工学部(社会環境工)
  • 人間科学部(健康福祉科)
  • 教育学部(理 生物学ほか)
  • 教育学部(数)

早稲田大学の基本情報

  • 法人名:学校法人早稲田大学
  • 本部所在地:東京都新宿区戸塚町一丁目104番地
  • WEBサイト:https://www.waseda.jp/top/

早稲田大学の口コミ・評判を学部別に見る

早稲田大学の口コミ・評判を学部別にチェックできます。

政治経済学部
法学部
教育学部
商学部
社会科学部
人間科学部
スポーツ科学部
国際教養学部
文化構想学部
文学部
基幹理工学部
創造理工学部
先進理工学部

早稲田大学 写真ギャラリー

早稲田大学文学学術院

早稲田大学文学学術院の31号館階段です。ノルウェイの森の撮影場所で有名です。

早稲田大学




早稲田大学の口コミ・評判一覧

早稲田大学の評判・口コミ【人間科学部編】

評価:★★★★☆(満足) / 2年生・女性

志望理由

私は、もともと環境や自然について興味があり、大学ではそれを中心に学んでいきたいと考えていました。また、比較的レベルの高い大学で、良い環境のもと研究したいと考えていたので…続きを読む

学んでいること

私は、早稲田大学人間科学部に入学してから、あらゆる分野を勉強してきました。なぜかというと、人間科学部は学科や分野の境界を越えて、学際的・総合的に勉強することができるから…続きを読む

満足している点

キャンパスがキレイなところです。人間科学部がある所沢キャンパスは本キャンパスとは違い、埼玉県の所沢にあるのですが、キャンパスが綺麗で、とてもデザイン性があります。所沢キャンパスは、グッドデザイン賞を受…続きを読む

不満に感じている点

キャンパスと最寄駅が遠い点です。キャンパスと最寄駅の小手指駅はかなりの距離があり、歩いては通学できないため、大学用のバスが出ています。しかし、バスは次々にくるわけではないので、乗り遅れてしまうと、かな…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学の評判・口コミ【人間科学部編】

評価:★★★★☆(満足) / 4年生・男性

志望理由

早稲田大学への漠然とした憧れを持っていたため、早稲田大学の文系の学部をいくつか受験しました。その中から合格したのが人間科学部であったため、入学を決定しました。幅広い学問…続きを読む

学んでいること

地域社会学を専門とするゼミに所属しているため、社会学関連の科目を多く履修しました。実際に調査地を訪れてインタビューを行うなど、大学外で勉強する機会も多くありました。これ…続きを読む

満足している点

いろんな人がいるところです。文系と理系に問わず多くの学部があり、中にはオリンピックに出場するような学生など、非常に幅広いタイプの学生がおり、様々な人と関わることのできる点が魅力であると思います。ま…続きを読む

不満に感じている点

立地が悪い点です。私が所属する人間科学部は所沢キャンパスにあり、最寄駅である小手指からバスで15分ほどとアクセスが悪い点は不満に感じています。本部キャンパスである高田馬場キャンパスも高田…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学の評判・口コミ【人間科学部編】

評価:★★★★☆(満足) / 4年生・男性

志望理由

受験開始当初は「マスコミ業界」を志望していました。高校3年生の時の担任と面談をし、早稲田大学がマスコミ業界に強いことを知り、早稲田大学を第一志望とすることを決意しました…続きを読む

学んでいること

私は人間科学部の人間情報科学科に所属しています。学部内に学科が3つありますが、どの学部の授業も履修することが可能です。私は社会学を主に学びました。地方創生や人口減少の著…続きを読む

満足している点

多種多様な人間の巣窟となっているところです。これまで出会うことのなかった人と関わる機会を得ることができました。高校3年まで野球部に所属していたのですが、そこでは知的な人というよりかは体育会系の人が多数いました。早…続きを読む

不満に感じている点

旧式の授業が依然として存在していることです。いわゆる、大人数の学生に対し1人の教授が淡々と話す形式の講義が多いです。アクティブラーニングと言われる活動的で、ディベート形式の講義は皆無に等しく、退屈な講義が展開され…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学の評判・口コミ【先進理工学部編】

評価:★★★★☆(満足) / 2年生・男性

志望理由

物理や数学が高校生の頃から好きで、特に宇宙物理系の分野に小さい頃から憧れがあったので、物理系の学部、学科を受験しようと思いました。第一志望の大学は国立大学でしたが、国立…続きを読む

学んでいること

一年生の間はほとんどが必須科目で、線形代数、微分積分、力学、集合論など数学的な内容ばかりでした。これらの科目は授業を聞いているだけでなく、自分でも問題演習をこなしていか…続きを読む

満足している点

勉強の環境が整っているところです。理工学部のキャンパスには、メインの図書館に加えて自習スペースが多く設置されている読書室というものがあります。これらの施設は平日は夜の9時まで開館しているので、授業が終わ…続きを読む

不満に感じている点

キャンパスが暗い点です。理工学部のキャンパスは工学系の工場や研究所のような建物がほとんどで、建物の外装は基本的に灰色です。特に機械系の学部の建物は実験や作業用の大きな装置や器具が多いので、本当…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学の評判・口コミ【商学部編】

評価:★★★★☆(満足) / 1年生・男性

志望理由

高校2年生の冬くらいの時点で心理系の学部に進学しようと思いました。国公立の心理学部がある大学を目指して勉強しており、私立も心理学系の学部がある大学を3つ受けましたが、浪…続きを読む

学んでいること

これぞ商学部という授業は選択でとった経営の授業くらいで、第二外国語である中国語や、基礎数学、基礎会計、そして自分が勉強したかった心理学など、様々なことを学んでいます。基…続きを読む

満足している点

放任主義なところです。商学部に関してはそれほど取るべき授業が多いというわけではなく、1日の間に空いた時間が取れます。もちろんその時間に何もせずだらだらと過ごすこともできますが、自分のやりたい…続きを読む

不満に感じている点

学生に関心がない点です。基本的に自分から尋ねないとなにかを話してくれるということはありません。教授は授業が終われば教室から出ていってしまうので、何か大学に対して疑問や質問があるときは自分で事務…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学の評判・口コミ【基幹理工学部編】

評価:★★★★★(大満足) / 4年生・男性

志望理由

高校受験をした際には、早稲田大学付属高等学院や慶應義塾高校に落ちてしまいました。ですから大学はどうしても早稲田大学か慶應義塾大学に合格したいと思い、死に物狂いで三年間勉…続きを読む

学んでいること

自分は基幹理工学部の情報通信学科に入りました。そこでは機械学習、無線通信、画像処理など最先端の内容を、それぞれの業界のとても偉い人から教わりました。また、いろんな企業か…続きを読む

満足している点

生徒数が多いところです。早稲田大学は生徒数やサークル数がとても多いです。一般入試で第一志望で入学してくる学生はもちろん、指定校推薦やスポーツ推薦で入学してくる学生、東京大学や京都大学に落ちてき…続きを読む

不満に感じている点

キャンパス同士の行き来が少し面倒な点です。早稲田大学はホンキャンと呼ばれる早稲田キャンパスの他に、文学部と文化構想学部のための文キャン、理工学部のための理工キャンパス、所沢キャンパスなどがあります。キャンパスが…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】

評価:★★★★★(大満足) / 1年生・女性

志望理由

将来マスコミ業界で仕事をしたいと思っていたため、その業界への就職率が高い大学、学部を探しました。マスコミの中でも文章を書くことに興味があったため、ほかの大学の文学部も検…続きを読む

学んでいること

まだ1年なので専門分野の研究などはしていないのですが、1年で履修できるものだけでも、ドラマ好きの教授と一緒に月9を見て恋愛についてディスカッションをする講義や、ジェンダ…続きを読む

満足している点

図書館が充実しているところです。早稲田大学は日本の私立大学で一番の500万冊という蔵書数を誇ります。特に早稲田キャンパス内にある中央図書館にはその約半数が保管されています。新書や専門分野の本はもちろん…続きを読む

不満に感じている点

教員免許取得の制度が整っていないことです。文化構想学部の中にも教員免許を取得したいと思っている学生は多くいますが、そのための授業を履修しようとするとすごく忙しくなってしまい、十分な勉強時間やバイトやサークルをす…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学の評判・口コミ【社会科学部編】

評価:★★★★☆(満足) / 4年生・女性

志望理由

「社会学を学べること」の他、起業にも興味があったため「経営学等、他の学問も並行して学べること」「オープンな校風であること」「都内の大学であること」を軸に大学・学部選びを…続きを読む

学んでいること

社会科学部は、幅広い学問領域を満遍なく学ぶことが特徴の学部です。「まちづくり」「社会学」「ジェンダー論」の3つを基軸としつつ、法学・経済学・経営学等、様々な科目を幅広く…続きを読む

満足している点

自由なところです。「早稲田=自由」というイメージが強い人も多いかと思いますが、実際のキャンパスも、他大学と比べて活気に溢れ、自分らしく自由に生きている人が多いように感じます。例えば、入学…続きを読む

不満に感じている点

学生に対する支援が手薄な点です。人数が多いため仕方ない部分もあるのかもしれませんが、基本的に放任主義です。そのため、常に自分で目的意識を持って行動をとっていないと、大事な申請を見逃してしまったり、就職…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学の評判・口コミ【法学部編】

評価:★★★★★(大満足) / 4年生・男性

志望理由

地元は大阪であり、高校までは大阪に住んでいました。しかし、大学進学の際に親元を離れたいという思いと、日本の中心で暮らしてみたいという思いが重なり、東京の大学を受験しまし…続きを読む

学んでいること

一年生、二年生の間は比較的広範なことを学びました。六法と言われる、憲法、民法、刑法、商法、刑事訴訟法、民事訴訟法について広く浅く学びました。また、英語と第二外国語(私の…続きを読む

満足している点

学習環境が整っているところです。私が通っている早稲田キャンパスの近くには中央図書館という大きな図書館があり、ここに所蔵されている無数の書籍の中から必要な書籍を探すことができます。また、図書館の中で勉強…続きを読む

不満に感じている点

人が多すぎることです。これはいい意味でも悪い意味でも捉えられる点なのですが、人数が多いことで、授業や試験の時に席が足りなかったり、希望の授業を選択できなかったり、留学の公募で当選する確率が低…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学の評判・口コミ【国際教養学部編】

評価:★★★★☆(満足) / 大学卒業・女性

志望理由

帰国子女で高校まで海外にいたため、9月入学を受け入れてくれる大学がまず絶対条件でしたが、日本国内、特に東京の大学で9月入学ができる大学は限られていました。また、日本語で…続きを読む

学んでいること

国際教養学部では幅広い分野から授業を選択でき、卒業までに自分に一番向いている専門を見つけられます。そのため、大学一年目は国際関係学、経済学、文学など、幅広く授業をとって…続きを読む

満足している点

留学先が豊富で、優秀な大学と提携していることです。まず、圧倒的に留学生が多いです。国際教養学部では、学生の3割くらいは留学生であり、世界各国の帰国子女も多数在籍しており、とても国際色豊かな学部だと思います。留学生も多様…続きを読む

不満に感じている点

学生の数が多く、学部は専門性に欠けることです。早稲田大学は他の私大と比べても絶対的に母集団が大きく、キャンパス内を歩いているだけでも大混雑し、授業の合間の休憩時間のコンビニや生協はいつも大行列です。学食も早めに行っ…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】

評価:★★★★★(大満足) / 卒業2年以内・男性

志望理由

就活で自ら選択できる企業が多くなるように、少しでも上のレベルの大学に進学することを目指しました。マーケティングなどに興味があったため、同大学の商学部も希望していましたが…続きを読む

学んでいること

力を入れて勉強したのは、所属していたゼミのテーマである労働経済学・統計です。入学前は、マーケティングに興味があったのですが、経済学を学ぶうちに、その奥深さに興味を持ち、…続きを読む

満足している点

大学生活を思いっきり楽しめることです。早稲田大学の早稲田キャンパスの周りは完全に学生街となっています。高田馬場~早稲田周辺には、安くて満腹になれる飲食店が軒を連ね、学生のお腹を満たしてくれます。また、居酒屋…続きを読む

不満に感じている点

大学の人が多すぎる点です。毎年1万人の新入生が入学してくる早稲田大学には「中退一流、留年二流、4年卒業三流」という言葉があり、実際に3人に1人の割合で留年する学生がいます。そのため、在籍している…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学の学生から見た、おすすめ人気学部はどこ?【2019年調査】

このページでは、早稲田大学生による、早稲田大学におけるおすすめの学部をご紹介します。早稲田大学への進学を検討している方はぜひ結果とその理由を併せて参考にしてみましょう。

続きを読む

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学の評判・口コミ【スポーツ科学部編】

評価:★★★★☆(満足) / 大学3年生・男性

満足している点

留学制度が整っているところです。私の大学には世界各国から留学生が集まります。100カ国を超える留学生が早稲田には在籍しており、その規模はまさに日本で一番です。また、提携している大学が多いため、留学先が…続きを読む

不満に感じている点

キャリア支援が手薄なところです。人数が多いということも理由としてあげられますが、キャリア支援は大学が何か提供してくれるというよりかは自分ですることが多いです。学生が活発にセミナーや説明会、OB・OG会…続きを読む

おすすめ学部:文化構想学部

文化構想学部では様々なことを学ぶことができます。文化とは多種多様です。言語や歌、哲学などの活動や、ダンスやスポーツなどといった活動についてを講義で学ぶことができます。文…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学の評判・口コミ【商学部編】

評価:★★★★☆(満足) / 大学4年生・男性

満足している点

キャンパスの立地です。家から30分ほどで通えるというのはとても大きいです。のんびりとした気持ちで学校に通えています。私は早稲田大学の他に慶應義塾大学にも入試で合格をしていて、どちらに行くか迷…続きを読む

不満に感じている点

学部事務所の対応です。学部事務所の対応に不満があります。これは私の通う商学部の事務所なのですが、授業の科目登録で科目の取り消しができないのです。どういう事がというと、うちの大学では科目登録を…続きを読む

おすすめ学部:文学部

商学部の僕が文学部を勧める理由はただ一つ。楽そうだからです。まず、商学部は他の学部と違い、中間テストなるものがあって面倒なのであまりお勧めしません。まぁ期末範囲が広くな…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学の評判・口コミ【商学部編】

評価:★★★★★(大満足) / 大学2年生・女性

満足している点

サークルです。早稲田大学は、サークルが多いことが人気のひとつで楽しみにしていました。実際に入学してみると本当に色々なサークルがあるので悩みました。今私は運動系のサークルに入っているの…続きを読む

不満に感じている点

授業です。授業は、必修が多いのであまり自分の好きな科目が取れないのが現状です。私が取りたい科目は、必修と被っていて今年も取れませんでした。特に第二外国語が必修なのが、外国に興味の…続きを読む

おすすめ学部:商学部

正直どの学部も楽しいし、立地もほとんど同じでサークルも混合なので、授業以外はあまり変わらないのではないかと思います。私は自分の学部しかわからないので商学部を選択しました…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


       
青森公立大学 経営経済学部
青森公立大学の評判・口コミ【経営経済学部編】

このページでは、青森公立大学 経営経済学部の卒業生から聞いた、青森公立

法政大学 法学部
法政大学の評判・口コミ【法学部編】

このページでは、法政大学 法学部の卒業生(卒業後2年以内)から聞いた、

甲南女子大学 文学部
甲南女子大学の評判・口コミ【文学部編】

このページでは、甲南女子大学 文学部に現在通っている4年生から聞いた、

中央大学 経済学部
中央大学の評判・口コミ【経済学部編】

このページでは、中央大学 経済学部に現在通っている4年生から聞いた、中

静岡理工科大学 情報学部
静岡理工科大学の評判・口コミ【情報学部編】

このページでは、静岡理工科大学 情報学部の卒業生(卒業後1年以内)から

→もっと見る