口コミから見る早稲田大学の評判【早大のメリット・デメリット比較】

早稲田大学に興味があるけど、実際のところ評判ってどうなの?

と、これから受験を控えた高校生やその親御さんは気になりますよね。

今回この記事では、実際に早稲田大学に通っている、もしくは最近まで通っていた早大生の本音を、スクールナビに寄せられた口コミから読み解いていきます。

早稲田大学の評判はどうなの?と気になっている人はぜひご覧くださいね。

早稲田大学について

早稲田大学

早稲田大学は東京の高田馬場に位置しており、「本キャン」として知られる早稲田キャンパスには創設者である大隈重信の像が建てられています。早稲田キャンパス以外にも戸山キャンパス・西早稲田キャンパスや東伏見、埼玉県の所沢にもキャンパスを構えています。

早稲田には看板各部である政治経済学部を筆頭に、法学部、文化構想学部、文学部、教育学部、商学部、基幹理工学部、創造理工学部、先進理工学部、社会科学部、国際教養学部、人間科学部、スポーツ科学部の全部で13学部があります。

早稲田大学の中で一番偏差値が高い学部は政治経済学部で、その偏差値は70となっています。次点で法学部、商学部、社会科学部、文学部、文化構想学部、先進理工学部で67.5です。

早稲田大学の魅力とは?

早稲田大学に通う学生たちはどのような点を魅力に感じているのでしょうか。魅力だと思うところについて調査してみました。

魅力1「学部にとらわれない多種多様な授業」

学生(卒業生を含む)の多くが魅力として挙げていたのが「授業」です。有名な教授や授業があるだけでなく、所属する学部に制限されない自由選択科目の授業も多くあり、興味のある他学部の授業も受けることが出来ます。

一番満足しているのはやはり授業の充実度です。例えば、映画系の講義ですと、土曜日に映画監督やプロデューサーの方が実際に大学に来て映画の解説をしたりするものや、最近カンヌ映画祭でパルムドール賞を受賞した是枝監督と映像制作ができる授業などがあります。他の分野でも第一線で活躍している有名な先生が講義を持っている事も多く、とても勉強になります。授業も色々な分野を網羅しているので自分が興味のある分野を多角的に捉えられるような、そんな環境が整っていると思います。

早稲田大学 文化構想学部の評判・口コミより(3年生・女性)

学部数が多く、自由選択科目がたくさんあるので必修科目以外は、所属学部に関係なく受講できます。早稲田キャンパスの学生でも人間科学部のスポーツの授業が取れたり、英語のみで授業が進められる国際教養学部の授業を取れたりするので、基礎を固めたり趣味を広げたりするのも授業で行えます。

早稲田大学 政治経済学部の評判・口コミより(卒業済み・女性)

魅力2「必ず自分の居場所が見つかるサークル」

早稲田大学のサークルは公認・非公認合わせるとなんと3000ものサークルが存在していると言われています。これだけあると自分が入りたいと思っているサークルが見つけられるはず。気の合う仲間と充実したキャンパスライフがおくることができます。

演劇サークルでの活動が盛んです。「早稲田の演劇」はその界隈でも有名なようです。堺雅人、八嶋智人、岸田國士戯曲賞受賞者など多くの演劇人を輩出しています。大きく7つのサークルがあり、プロ志向で日々厳しい練習を積んでいるサークルや、プロ志向と趣味が混ざったサークル、趣味の人が多くのんびりと活動しているサークル、などそれぞれ毛色が違います。そのため、少しでも演劇に興味があれば自分の肌に合うサークルが見つけやすい大学です。サークルが多くあるからといってそれぞれが分裂している訳ではなく、サークル同士の結びつきも強いです。早稲田大学は様々な演劇人と出会える場所です。

早稲田大学 文学部の評判・口コミより(4年生・女性)

早稲田大学には、たくさんのサークルが存在します。運動系サークルを始め、音楽系サークル、旅行サークル、オールラウンドサークル、勉強サークル、中には食べ物を研究するサークルもあります。インカレサークルも多く存在するので、早稲田大学の学生でなくても入会することができます。また、学生会館という施設が大学付近にあります。ここでは主に音楽系サークルや舞台系サークルが練習に利用しています。インフォメーションで予約をすれば、誰でも部屋を借りることができます(ただし、公認サークルに入会している早稲田生のみ)。サークル活動をするにあたって、学生にとって非常に有意義な場所になっています。

早稲田大学 創造理工学部の評判・口コミより(3年生・女性)

魅力3「勉学に欠かせない充実したキャンパス施設」

図書館に博物館、コンピュータールームやスポーツホールなど大学内には数多くの施設が設置されています。特に図書館の数が多く、早稲田キャンパスには中央図書館と学生読書室が設けられています。また戸山キャンパスにも戸山図書館があるため、資料や論文を探すのに重宝されています。

中心である早稲田キャンパスには、会津八一記念博物館と演劇博物館という二つの博物館があり、貴重な作品や史料を見ることができます。さらに、多くの蔵書を誇る中央図書館が併設されているのに加え、各学部に学生読書室という小図書館が設置されており、手軽に書物にアクセスしたり勉強したりすることが可能です。また、コンピュータールームが充実しており、たとえ利用者が多くても、絶対にどこかに空きがあります。文学部などのある戸山キャンパスへのアクセスも徒歩10分程度と便利です。

早稲田大学 教育学部の評判・口コミより(2年生・男性)

早稲田大学への不満

いいところばかりではありません。学生生活を送る上で、不満に思うところも出てくると思います。ここでは早稲田大学の不満に思うところを紹介します。

不満1「融通が効かず認知度も低い留学制度」

不満の声で一番多く挙がったのが「留学制度」についてです。

留学資金の援助不足や、留学後の授業のサポート、留学制度自体の認知度の低さについて不満をもっているよう。また国際教養学部は留学が必須であることについてポジティブな声も多い一方で、日本で学びたいと考えている人はネガティブに考えている人もいます。

留学制度は整っているとはいえません。留学した場合の単位融通や免除などもないため、留学を希望する人は単位をほんの少し落としただけで留年の危機が迫ってきます。留学生向けの費用面での支援も足りておらず、早稲田の奨学金はあてにならないからトビタテなどの公的な奨学金の獲得を目指す人が多いです。また、法学部はローカルな学問だからなのか、海外からの留学生も少なく、グローバルな経験は自分から待っていたら全く積めません。

早稲田大学 法学部の評判・口コミより(2年生・男性)

早稲田大学の国際教養学部には、半強制的な留学制度があります。まず、国際教養学部にはおもに2つのプランがあり、1つは母国語を日本語としている人向け(主に日本人)、もう1つは母国語が日本語以外の言語としている人向け(主に外国人学生など)のものとなっています。半強制的といいますが、母国語が日本語の人たちの所属するプラン(SP1)に属する人は必ず1年の海外留学に行かねばなりません。これに魅力を感じて国際教養学部を希望する人ももちろん多いですが、帰国子女で日本で学びたいと思っている方にはあまりよく思われていないというのも事実です。

早稲田大学 国際教養学部の評判・口コミより(在籍中・男性)

不満2「駅から距離がある少々面倒な立地」

新宿区高田馬場という都心に位置しており、交通の便も良く一見通いやすそうですが、
駅から早稲田キャンパスまでは歩いて20分ほどかかるため少し面倒です。電車に乗り換えるか、バスを使うしか方法はありません。

また朝の交通は激混みで、遅延や運休に遭遇すると授業に出られない場合も。

高田馬場はとても素敵なところなのですが、不満もあります。朝は山手線なので、人がとても多く、満員電車に乗るのはとても苦痛です。行くだけで疲れてしまうことが多々あります。また、高田馬場駅から歩く距離は思いのほか長いいので、バスで行くか乗り換えて早稲田駅まで電車で行くかしないといけません。それは面倒だといつも思っています。また、早稲田のキャンパスがまとまっているので、沢山人がいて、お昼ご飯も1人でどこかに入ると友達がいたりしてとても気まずいです。

早稲田大学 商学部の評判・口コミより(2年生・女性)

不満3「教師の一人パフォーマンスと化している授業」

魅力に感じる反面、ネガティブな声も多かったのが授業内容です。

教師が一人ブツブツ唱えているお経のような授業や、人気授業の抽選制度など授業に不満を感じている人も多くいました。

また必修科目が多く、自分の好きな授業をとることができないことにも不満の声が上がりました。

確かに他学部の授業までも取ることができるなど多種多様で、非常に質の高い授業が存在しています。しかし一方で、高額の授業料に見合わないような残念な授業も多く見られます。そういった授業は取らなければいいのではないかと考える人もいるかもしれませんが、基本的に科目登録は抽選であり、人気のある授業は船外になる可能性も高いです。その結果として、つまらない余り物の授業を取らざるを得ないということが十分にあり得ます。場合によっては、必修科目がつまらない授業であることもあります。そのためにも、マイルストーンであらかじめ各授業の評判を確かめておくことは不可欠です。

早稲田大学 教育学部の評判・口コミより(2年生・男性)

早稲田大学の社会科学部というのは早稲田の中でもかなり特殊な部類に位置しています。そのため授業内容的に非常にきびしい状態となっているのが現状です。その理由は、何と言っても文学や理工学以外のすべてを学問の対象にしてしまっているから。これはその昔、早稲田が一部(昼部)と二部(夜間)でわかれていた時に、文学部と理工学部以外の学部の二部学部として社会科学部が存在していた名残であります。そのため法学も商学も政治経済学もすべてが学部の対象範囲に入ってきてしまい、何を勉強しているのかわからない状態になってしまうのです。

早稲田大学 社会科学部の評判・口コミより(卒業済み・男性)

在校生・卒業生が選ぶおすすめ学部

早稲田大学に通う学生・卒業生はみなそれぞれ自身が卒業した学部をおすすめとする学部に挙げていました。

そんな中、他学部生からも多くの声を集めていたのが「政治経済学部」です。

早稲田大学の中でもトップの偏差値を誇っており、昔から現在まで看板学部として名が知られています。過去には総理大臣の福田康夫さんや野田佳彦さんなど多くの著名人が輩出しています。

政治経済学部は、早稲田大学の中でも特にヒエラルキーの高い「名門」とされています。そして、自由な早稲田大学の中では比較的真面目な人が生き残る学部で、進級にTOEFLが何点以上必要などの条件があり、社会に役立つ人材が一番育つ学部の一つだと思います。

早稲田大学 先進理工学部の評判・口コミより(3年生・男性)

政治経済学部といえば早稲田大学の顔であり、予備校のつける偏差値ランキングの中でも学内トップに位置します。そうしたことから早稲田キャンパス内でのカーストは最上位に位置し、他学部生からも一目置かれる様子をよく見ます。もちろんそれ以外にも、他の学部と比べても最新設備の整った学部棟を有していて非常に環境が良く、学生の本分である学業に身が入れやすいです。マスコミ関係や金融など、就職にも強い学部であると感じます。

早稲田大学 教育学部の評判・口コミより(2年生・男性)

将来を見据えて特定の学びたいことがある高校生は少ないと思います。どの学部に所属していても他の学部の勉強もすることができるので、自分探しも含めて大学に通うなら就職活動に有利な政治経済学部がオススメです。起業する卒業生も多いので、卒業後も刺激を受け続けられます。

早稲田大学 政治経済学部経済学科の評判・口コミより(卒業済み・女性)

まとめ

早稲田大学の魅力・不満な点を実際に早稲田に通っている(いた)人たちの生の声が聞くことができたのではないかと思います。

大学選びに迷っている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • 法人名:学校法人早稲田大学
  • 本部所在地:東京都新宿区戸塚町一丁目104番地
  • WEBサイト:https://www.waseda.jp/top/

早稲田大学の口コミ・評判一覧

早稲田大学の評判・口コミ【法学部編】

総合評価:★★★★★ 4年生・女性
法学部は、4年間で法律科目を90単位弱履修するカリキュラムになっており、法律を体系的に学ぶことができます。教授も著名な方が多く、その方から直に授業を受けられるの…

続きを見る

早稲田大学の評判・口コミ【文学部編】

総合評価:★★★★☆ 2年生・女性
 グローバルエデュケーション科目とは、学生にGEC科目と呼ばれている科目で、学部関係なくとることのできる授業です。座学に限らず、九州、東北、カンボジアといったキ…

続きを見る

早稲田大学の評判・口コミ【創造理工学部編】

総合評価:★★★★☆ 2年生・女性
私の所属している総合機械工学科では、1年の時に電気回路の実習、2年では工作機械を用いた実習やCADソフトを用いた実習が行われています。工作実習では最大8人ほどの…

続きを見る

早稲田大学の評判・口コミ【社会科学部編】

総合評価:★★★★★ 卒業1年以内・女性
私の大学では都心にしては広いキャンパスが2つありました。1つ目に早稲田キャンパス(通称本キャン)では多くの施設がありました。図書館や読書室が充実していて授業合間…

続きを見る

早稲田大学の評判・口コミ【政治経済学部編】

総合評価:★★★★★ 卒業2年以内・女性
相当数のサークルがあり、特に私も所属していた音楽系のサークルに関してはありとあらゆるジャンルがあります。ポップス・ロックから演歌、歌謡、レゲエ、ボサノバ、ゴスペ…

続きを見る

早稲田大学の評判・口コミ【社会科学部編】

総合評価:★★★★★ 4年生・男性
就職活動を開始するまでは早稲田大学が就職に強いかどうかは疑心暗鬼の状態でした。しかし、いざ活動を始めてみると企業が自分達の大学の名前を知らないということはなく安…

続きを見る

早稲田大学の評判・口コミ【社会科学部編】

総合評価:★★★★☆ 4年生・男性
早稲田大学といえば、様々なサークルがあること有名です。日本の大学の中でもサークル数が1番多いと言えるでしょう。なので、たとえば変わった趣味や特技を持っていたとし…

続きを見る

早稲田大学の評判・口コミ【人間科学部編】

総合評価:★★★★☆ 卒業1年以内・女性
私が通っている大学は、学科が決まってはいるけれど、ほかの学科の科目も簡単にとることができ、いろいろな興味を持ったことを学ぶことができました。また、心理学の内容の…

続きを見る

早稲田大学の評判・口コミ【人間科学部編】

総合評価:★★★★☆ 卒業2年以内・男性
 満足している点としては、男性と女性の比率がほぼ同じ学部であったこととです。 一生懸命に勉強して入学し、誰もが大学で彼氏または彼女をつくり、有意義なキャンパスラ…

続きを見る

早稲田大学の評判・口コミ【基幹理工学部編】

総合評価:★★★☆☆ 卒業2年以内・男性
私の所属していた学科では、実験に重点を置いており、基礎的で理論的なものから応用的なものまで幅広く学べるよう、カリキュラムが組まれていました。また、都内の大学では…

続きを見る

早稲田大学の評判・口コミ【先進理工学部編】

総合評価:★★★★★ 4年生・男性
私は早稲田大学の最大の魅力はサークルの豊富さにあると思っています。サークルが豊富であるということはそれだけ多様なコミュニティがあるということであるので、サークル…

続きを見る

早稲田大学の評判・口コミ【社会科学部編】

総合評価:★★★★☆ 1年生・男性
早稲田大学の一番の特徴として多様な人を受け入れていることが挙げられると思います。学生数が多い分色々な趣味や特徴を持った学生が全国から集まるうえ、いわゆる「バンカ…

続きを見る

早稲田大学の評判・口コミ【文学部編】

総合評価:★★★★★ 4年生・男性
グローバルエデュケーションセンターが企画する講義は種類も豊富で全学部が共通して受講することができ、専攻と並行してまったく別の分野を学ぶことができます。例えば英文…

続きを見る

早稲田大学の評判・口コミ【商学部編】

総合評価:★★★★★ 卒業2年以内・男性
大学のネームバリューがあることのメリットは様々です。例えば家庭教師のアルバイトなどをするにしても仕事が探しやすい上に他の大学と比較して時給も良いようでした。また…

続きを見る

早稲田大学の評判・口コミ【法学部編】

総合評価:★★★★☆ 2年生・男性
キャンパスのすぐ近くにある中央図書館は、日本で最大規模といっていいほど沢山の本を所有しています。そのため、「読みたい」と思った本はほとんど図書館に置いてあるので…

続きを見る

早稲田大学の評判・口コミ【社会科学部編】

総合評価:★★★★☆ 在籍中・男性
サークルの数が非常に充実しており、色々なサークルに参加すればするだけいろいろな人とめぐり合うチャンスがあります。実際に私は4つのサークルを掛け持ちしていますが、…

続きを見る

早稲田大学の評判・口コミ【文学部編】

総合評価:★★★★★ 卒業2年以内・女性
文学分野では日本屈指の教授ばかりなので、ためになる授業ばかりでした。授業で使う教科書も教授本人が書いたものが多かったので、プラスアルファの知識を得ることができま…

続きを見る

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】

総合評価:★★★★★ 4年生・女性
早稲田大学ではまず、高水準の教育が受けられます。授業を受け持つ教授の方々は、各分野で第一線に立たれている方々です。教材も、先生方ご自身で執筆なさった著作を使用し…

続きを見る

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】

総合評価:★★★★★ 4年生・女性
基本的に授業は学生が自由に履修を組むことができます。そして授業は、日本の中で一番面白い授業が揃っているのではないかというほど楽しげな授業が多いです。なので学生は…

続きを見る

早稲田大学の評判・口コミ【創造理工学部編】

総合評価:★★★★☆ 卒業2年以内・男性
早稲田大学創造理工学部は西早稲田にキャンパスがあります。大きな特徴というと、見た目はキャンパスというよりは、工場に近いかもしれませんが、機械系や理工系に欠かせな…

続きを見る

早稲田大学の評判・口コミ【文学部編】

総合評価:★★★★☆ 3年生・女性
日本一の学園祭で来場客数や盛り上がりがすごいです。とくに、野外ステージ上でのパフォーマンスでは様々なジャンルのダンスや企画を見ることができ、見応えがあります。大…

続きを見る

早稲田大学の評判・口コミ【人間科学部編】

総合評価:★★★★★ 卒業2年以内・男性
早稲田大学と言えば、いわゆる早慶の片方で、日本の私立大学のツートップと言われています。ちなみに、日本で一番サークル数が多い大学として有名です。一般的に私立大学の…

続きを見る

早稲田大学の評判・口コミ【法学部編】

総合評価:★★★★☆ 4年生・男性
早稲田大学は、日本有数の大学であるため、各分野における一流の研究者はもちろん、教育以外の分野における一流の方々の授業をどの学部の学生も受講できる「GEC(グロー…

続きを見る

早稲田大学の評判・口コミ【スポーツ科学部編】

総合評価:★★☆☆☆ 卒業2年以内・男性
早稲田大学スポーツ科学部は、その名の通りスポーツに力を入れていて1年から4年の間に6つの種類の中のスポーツ群のなかから8種目選択して受講しなくてはなりません。例…

続きを見る

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】

総合評価:★★★★☆ 1年生・女性
早稲田大学は、学部数と生徒数がとても多い大学です。新宿区にあることから移動しやすく、上京組にとっても東京に慣れやすい良い環境だと思います。また、生徒数が多いこと…

続きを見る

早稲田大学の評判・口コミ【文学部編】

総合評価:★★★★★ 4年生・女性
早稲田大学の特徴は複数ありますが、特に早稲田祭を挙げたいと思います。入学式の次か同じくらいに賑わうとされる学園祭ですが、日本一の学園祭とも言われています。お笑い…

続きを見る

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】

総合評価:★★★★★ 4年生・男性
2つあります。まず、学部間を超えた授業を卒業参入単位として履修ところだと考えます。具体的には一般教養科目を他学部設置科目、すなわち卒業するために必要な単位として…

続きを見る

早稲田大学の評判・口コミ【政治経済学部編】

総合評価:★★★★★ 卒業2年以内・男性
早稲田大学全体を通して言えることなんですが、政治経済学部では特に、学生に「自主性」を植え付けることに力を入れていると思います。常に、学部の掲示板を見に行っていな…

続きを見る

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】

総合評価:★★★★☆ 1年生・男性
やっぱり早稲田大学の特徴はとにかく自由な校風だと思います。毎日の通学ですれ違う人々の服装もとても個性的でこんな格好でもいいのか?と言いたくなるくらいに多様性に溢…

続きを見る

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】

総合評価:★★★★★ 卒業2年以内・女性
大学全体で約5万人、私がいた文化構想学部だけでも約4千人。早稲田大学はとにかく学生数が多い大学です。いろいろな人がいて、それぞれ自分のやりたいことを好きにやって…

続きを見る

   
no image
東洋学園大学の評判・口コミ【現代経営学部編】

今回は、東洋学園大学 現代経営学部の卒業生(卒業後2年以内)に東洋学園

日本獣医生命科学大学の評判・口コミ【獣医保健看護学科編】

今回は、日本獣医生命科学大学 獣医保健看護学科の卒業生(卒業後2年以内

東京工科大学の評判・口コミ【応用生物学部編】

今回は、東京工科大学 応用生物学部に現在通っている2年生に東京工科大学

滋賀県立大学の評判・口コミ【人間文化学部編】

今回は、滋賀県立大学 人間文化学部の卒業生(卒業後2年以内)に滋賀県立

南山大学の評判・口コミ【外国語学部編】

今回は、南山大学 外国語学部に現在通っている2年生に南山大学の雰囲気や

→もっと見る