旧帝大(七帝大)とは?偏差値高い国立大学群「旧帝大」を偏差値・評判で比較

最終更新日:2020/01/21

この記事では、偏差値の高い国立大学群「旧帝大(七帝大)」について詳しく解説します。






おすすめ 【大学群の名称一覧】有名どころからマイナーな大学グループまで【2019年最新】

大学群「旧帝大(七帝大)」とは?

旧帝大とは、日本の大学群の呼び名の一つで、北海道大学、東北大学、東京大学、名古屋大学、京都大学、大阪大学、九州大学の7大学をまとめた言葉です。「旧帝国大学」「七帝大」とも言います。偏差値の高い国立大学を示す言葉として用いられます。

東京一工との違いは?

同じく偏差値帯の高い国立大学群を意味する名称には、「東京一工」もあります。

東京一工の大学一覧

  • 東京大学
  • 京都大学
  • 一橋大学
  • 東京工業大学

黄色くハイライトされている大学は東京一工の構成大学でもあります。つまり、東京大学・京都大学は旧帝大(七帝大)かつ東京一工でもありますが、一橋大学・東京工業大学は旧帝大(七帝大)ではありません。

旧帝大+一工「旧帝一工」という大学群も

一方で、この旧帝大(七帝大)と東京一工を組み合わせた大学群として、「旧帝一工」というくくりも存在します。また旧帝一工に加え、神戸大学を含めた「旧帝一工神」「難関国立10大学」という呼称もあります。

これらの大学をまとめた比較表がこちらです。

偏差値の高い国立大学の呼称一覧

東京大学
京都大学
  • 旧帝一工神(難関国立10大学)
  • 旧帝一工
  • 東京一工(難関4大学)
  • 旧帝大(七帝大)
一橋大学
東京工業大学
  • 旧帝一工神(難関国立10大学)
  • 旧帝一工
  • 東京一工(難関4大学)
北海道大学
東北大学
名古屋大学
大阪大学
九州大学
  • 旧帝一工神(難関国立10大学)
  • 旧帝一工
  • 旧帝大(七帝大)
神戸大学
  • 旧帝一工神(難関国立10大学)

東京一工についても特集ページがありますので、興味のある方はチェックをしてみましょう。

東京一工とは?最難関の国立大学群「東京一工」の特徴を口コミから解説【有利な就職・レベル高い授業】

旧帝大(七帝大)の偏差値比較

旧帝大 偏差値ランキングトップ10【前期編】

順位 大学・学部 偏差値
1位 東京大学 理科三類 (前) 74
2位 東京大学 文科一類 (前) 73
3位 東京大学 文科二類 (前) 72
3位 東京大学 文科三類 (前) 72
3位 大阪大学 医学部 医(前) 72
3位 京都大学 医学部 医(前) 72
7位 京都大学 経済学部 経済経営(前) 71
7位 京都大学 法学部 (前) 71
7位 京都大学 文学部 人文(前) 71
7位 東京大学 理科一類 (前) 71
7位 九州大学 医学部 医(前) 71
7位 東北大学 医学部 医(前) 71
7位 名古屋大学 医学部 医(前) 71
7位 東京大学 理科二類 (前) 71
7位 京都大学 教育学部 教育科(前) 71

旧帝大 偏差値ランキングトップ10【後期編】

順位 大学・学部 偏差値
1位 九州大学 経済学部 経済・経営(後) 74
1位 京都大学 法学部 (後) 74
3位 東北大学 理学部 地球科学系(後) 73
3位 東北大学 理学部 物理系(後) 73
5位 東北大学 理学部 化学系(後) 72
5位 東北大学 理学部 生物系(後) 72
5位 名古屋大学 医学部 医(後) 72
8位 東北大学 理学部 数学系(後) 71
9位 北海道大学 獣医学部 共同獣医学(後) 70
10位 九州大学 法学部 (後) 69
10位 九州大学 工学部 機械航空工(後) 69

旧帝大(七帝大)偏差値ランキング11位以降もチェックする
※データ参照元:「東進」の大学入試難易度ランキング

偏差値から見た旧帝大における序列は?

次に、旧帝大(七帝大)の序列について解説します。ただし、学部や学科によって偏差値が異なるため、大学全体の単位で序列をつけること自体に、実はあまり意味はありません。あくまで一つの参考情報としてご覧ください。

旧帝大(七帝大)偏差値比較

偏差値70以上ある学部の比率でみると、「東京大学>京都大学>東北大学>大阪大学>名古屋大学>北海道大学>九州大学」という序列となります。

なお、東京大学はすべての学部において、偏差値が70を超えています。さすが天下の東京大学と言えますね。

旧帝大と駅弁大学の偏差値比較

旧帝大(七帝大)と駅弁大学の偏差値比較

旧帝大の学部のうち、約15%が偏差値70以上なのに対し、駅弁大学は1%弱に留まります。偏差値65だと、旧帝大は57%と半数以上、一方駅弁大学は9%です。

旧帝大と東京一工の偏差値比較

では旧帝大と東京一工の偏差値を比較すると、どうなるのでしょうか?同じグラフで比較してみます。

旧帝大(七帝大)と東京一工の偏差値比較

東京一工は偏差値65以上の比率が100%でした。旧帝大よりも、東京一工の方が偏差値が高く、入試難易度が高いことがよくわかります

旧帝大(七帝大)に通う特徴・魅力とは?

授業のレベルが高い

北大は旧帝大ということもあって、授業の質が高いです。授業がわかりやすいということはもちろん、高度な内容も授業内で扱います。時には授業のレベルが高くてついていくのが大変な時もありますが、頑張って勉強することで、しっかりと学んだことが身についていくと強く感じています。

北海道大学の評判・口コミ【法学部編】

優秀な学生が多く集まる

アクティブな学生が多く、留学に挑戦したり、インターンをしていたりする学生が常に周りにいるため、刺激になります。また、自分で学生団体やビジネスを立ち上げる時など、仲間が集まりやすいです。

東北大学の評判・口コミ【農学部編】

大学生活だけでなくその後の人生においても、ずっとつながりを持っていたい人がたくさんいました。

東北大学の評判・口コミ【経済学部編】

就職に強い

卒業1~2年前を目安に、一般企業での就業体験が積極的に行われており(ただし卒業単位とは無関係)、私も大学3年の春頃に体験してきました。企業の紹介は、主に教授陣のコネだったように思います。おそらく他の研究室の教授陣とも連携が取れていたので、そのとき携わっている研究とは別の分野の企業を紹介してもらう等、多少の無理もきいたようです。私の同期生の中では、就業体験で訪問した企業にそのまま就職した学生もいましたので、就職活動においても大変有利な武器であったと思います。

北海道大学の評判・口コミ【工学部編】

旧帝国大学である北海道大学からは学生の多くが有名企業に就職します。なかには教授からの推薦で簡単に大手企業からの内定を勝ち取る学生もおり、早い人では経団連の定める就職活動解禁日よりもはるかに前の段階で就職先が決まるケースもあります。そうではないケースでも、企業の方がわざわざ北海道まで足を運んで優秀な学生を確保しようとセミナーを開催しに来てくれることがあります。このように一見東京の大企業へのアクセスが悪い北海道という環境でも、十分に他の大学と競争力をもって就活ができる環境が当大学にはあります。

北海道大学の評判・口コミ【工学部編】

道内(北海道内)への就職では北海道1の大学として学歴という面で就職に不利になることはほとんどないと思います。

北海道大学の評判・口コミ【経済学部編】

東北大学には研究室がたくさんあり、それぞれの分野で活躍している先生方が多くいらっしゃいます。私が所属した研究室の先生もそのうちの一人で、交友関係が幅広く、就職先についてご相談に乗ってくださり、私に適した就職先をいくつか紹介していただきました。自分が興味のある分野、仕事につけるということはなかなか難しいため、このように就職先を紹介していただけたことに大変満足しています。

東北大学の評判・口コミ【医学部編】

【旧帝大】大学別口コミ・評判

北海道大学の評判・口コミ

北海道大学

引用:https://www.hokudai.ac.jp/

私が所属している運動部は、24時間設備を使用することができます。高校のころからやっていたスポーツであり、大学でも継続したいと考えて入部を決めました。設備が充実しているのにも加え、北大という歴史が生んできたたくさんの方による後援会のおかげで、金銭的にも援助してもらっております。高校の時とは比べ物にならないくらい、とてもいい環境で部活動に励めると思います。また、部活動のほかにも、サークルが多数存在しており、自分のやりたいことがなんでもできます。

北海道大学の評判・口コミ【工学部編】

北大は卒業生の満足度がとても高いです、それは大学の自由さによると思います。のんびりとした時間の流れの中で、自分のしたいことをやりたいだけできる環境が北大にはあります。また、一人暮らしをしていますが、治安もよく、女性でも比較的安心して暮らせます。まだ卒業までは数年ありますが、おそらく卒業するころにはもっとこの大学が好きになっているのではないでしょうか。

北海道大学の評判・口コミ【工学部編】

私は法学部ですが、法律以外のことにも興味関心があるので、教育学部や文学部の授業をとったことがあります。入学した当初は「法律しか学習できないのかな?」と思いましたが、他学部の授業も受けられるシステムがあって本当に良かったです。

北海道大学の評判・口コミ【法学部編】

北海道大学の評判・口コミ一覧へ

東北大学の評判・口コミ

東北大学

引用:https://www.tohoku.ac.jp/japanese/

東北大学の有名な理系学部に限らず、経済学部、教育学部でも、留学生の受け入れ、送り出しが共に盛んです。留学経験のある先輩方も多くおり、留学に関する疑問点の解消もしやすいです。受け入れた外国留学生と交流を持てる機会も多く、留学しなくても上手くやれば多様な国際交流のスキルを伸ばし、就職に向けて強みをつけられることも一つの魅力であると言えます。海外の提携大学も多く、また卒業した後でも大学の仲介で海外で学ぶ人もたいへん多いです。

東北大学の評判・口コミ【経済学部編】

東北大学は日本を代表する大学のうちの一つであることもあり、教育面で非常に充実しています。具体的には授業の質の高さと図書館の蔵書数が挙げられます。授業については総合大学であるので様々な分野の授業を受けることができます。授業をするのは各分野の第一人者である教授により行われ、ほとんどの先生は質問に気軽に答えてくれます。図書館については国内で7位の蔵書数を誇り、自分が借りたい本が誰かに借りられてしまっている場合でも、学内なら電子書籍で無料で読むことができる場合があります。

東北大学の評判・口コミ【経済学部編】

東北大学の評判・口コミ一覧へ

東京大学の評判・口コミ

東京大学

国際的にも知名度が高い大学なので、海外のレベルの高い大学とのプログラムが充実しています。自分は春休みに短期プログラムで中国に一週間滞在しましたが、現地の優秀な学生と交流したり、現地経済を肌で感じたりして、とてもいい経験になりました。また、交換留学の協定校もたくさんあり、自分は交換留学をする計画はありませんが、もしするとしたら自分にあった留学先を見つけることができて有意義な留学になるのではと思います。

東京大学の評判・口コミ【教養学部編】

多くの授業において、アカデミックで、レベルの高い内容を学べる点が魅力的です。研究者として知名度が高い、または実績のある教員が授業を行っているため、その分野についての最先端の知識を学べる点はもちろんのこと、関連する分野の知識を学ぶこともできます。

東京大学の評判・口コミ【文学部編】

東京大学は授業の質が高いという点にも大変満足しています。まず第一に、教授陣の質が圧倒的に高いです。東京大学に所属している教授は、どの方もその分野で日本最高峰の研究者です。私が所属している経済学部にも、世界的に知名度のある研究者である教授が多く在籍しています。そういった教授陣の授業を受けることで、最新の研究内容なども知ることができます。また、彼らに直接質問して話を聞くこともできます。知的欲求を高い次元で満たすことができる環境だと思います。

東京大学の評判・口コミ【経済学部編】

東京大学の評判・口コミ一覧へ

名古屋大学の評判・口コミ

名古屋大学

引用:http://www.nagoya-u.ac.jp/

進路や就職に関するサポートはとても厚いと思います。インターンシップの情報や、説明会の情報等も学部によって多少の差はありますが、他大学に比べ、多い方だと思います。また就職支援センターではOBOG訪問が可能な卒業生の情報を閲覧することができます。それだけではなく、エントリーシートの書き方講座や添削、面接練習も行なってくれるため、非常にサポートは手厚いです。名古屋大学の卒業生が勤務している企業の方が大学に来られる頻度も多く、様々な企業の人事の方とお話することが可能です。

名古屋大学の評判・口コミ【農学部編】

大学名のついた地下鉄の駅があって、駅を出ると大学の中なので非常に便利です。また、授業の後に立ち寄りたいお店やスポットへ電車1本で行けるのも魅力です。大学自体はとても落ち着いた自然豊かな場所にあるので、勉強するのにも最適です。

名古屋大学の評判・口コミ【医学部編】

名古屋大学は愛知県では優秀な大学と言われているので、外部の方に大学名を言うととても受けがいいです。バイトの面接はすんなり通るし、お客さんにも印象がよく、そこから話を広げてくれたりします。ネームバリューのある大学に通うことで、周りの人の見る目が変わります。学歴が全てではないけれど、学歴というのはその人を判断するのに最も使われやすい材料だと思うので、名古屋大学に入って損は無いと思います。

名古屋大学の評判・口コミ【工学部編】

名古屋大学の評判・口コミ一覧へ

京都大学の評判・口コミ

京都大学

京都大学では、様々な分野における著名な教授の講義を聞くことができます。過去には、特別にノーベル賞受賞者の山中伸弥氏が講義をしたこともあります。また、大学1、2年次には、学科の専門分野以外にも幅広く教養を学ぶことができます。例えば、理系学部に所属していても、哲学や心理学等の講義を受けることができ、見識を広めることができます。

京都大学の評判・口コミ【工学部編】

様々なところに自習スペースが設けられています。図書館の中や授業を行う建物の1階部分、また、24時間空いている学習専用の場所や友達と相談しながら学習できる場所などがあります。空きコマの時に課題やレポートをしたり、テスト前の勉強などにとても良いです。下宿生の場合、大学の自習スペースを利用することで光熱費を節約することもできます。また、学科の友達と一緒にレポートをすることで学科の仲も深まります。

京都大学の評判・口コミ【農学部編】

官公庁に強い東大とは対照的に、京大は民間企業からの評価が高く、国内外の優良企業に就職する人が多いです。特に、経済学部はメガバンクや外資系コンサルティングファーム・投資銀行に多く就職するほか、製造業などにも管理職候補として就職する人がいます。簿記や公認会計士試験の対策講義が無料で授業として受けられる科目もあり、資格を取りやすい点も就職には有利です。また、京大にはサークルも豊富なので、自分の好みに合ったサークルに入って活動し、その実績をアピールすることもできます。

京都大学の評判・口コミ【経済学部編】

京都大学の評判・口コミ一覧へ

大阪大学の評判・口コミ

大阪大学

引用:https://www.osaka-u.ac.jp/ja

大阪大学の教授は全国的に有名な方も多く、授業内容がとても充実しています。それぞれの分野で第一線で活躍されていて、教授自身が研究者だからこそ持てる観点からのお話などが多く聴けます。高校までと違い、正しいと言われていることを教わって覚えるのではなく、「そういう考え方もあるのか」と思わせてもらえる授業が多いので、ここでしか聴けない話だなと感じますし、本当に価値があると思います。面白い授業ほど人気があって混みますが、それでも受けたいと思える授業を取れるのは嬉しいです。

大阪大学の評判・口コミ【文学部編】

学部もたくさんあり、人数も多い大学なので、サークルの数がとても多いです。テニスサークルだけでも10種類ほどあり、サークル同士で大会ができるほどで、様々な交流がありとても楽しいです。また、他大学とのインカレサークルもたくさんあり、出会いの場にもなりますし、普段合わない人と知り合え、仲良くなり、サークルの時間は素晴らしいと思います。

大阪大学の評判・口コミ【工学部編】

やはり関西地区ではトップクラスで有名な大学なので、いくつかの恩恵を得ることができました。まず第一に、塾講師系のアルバイトにはほぼ確実に採用されます。また第二に、就職活動はかなり順調に進みました。もちろん大学名だけで内定を獲得したわけではありませんが、学部の周りの友人はほぼ皆人気企業に就職を決めていたので、やはり大学名の効果はあったように思います。私個人的には、リクルーター面談や裏選考など優遇はありました。

大阪大学の評判・口コミ【外国語学部編】

大阪大学の評判・口コミ一覧へ

九州大学の評判・口コミ

九州大学

日本最大キャンパスである伊都キャンパスには、理系の伊都図書館と文系の中央図書館があり、どちらも蔵書量が非常に多く専門性の高い書籍も多いので、専攻以外の分野もよく学ぶことができます。学内はどこでもWiFi環境が整っており、学食やカフェなども充実していて、勉強したりレポート作成したりする環境として好条件です。また、人工芝のサッカーコートやプール、卓球場、テニスコート10面以上、学生無料のジム、弓道場、アーチェリー場、野球場、陸上グラウンドなどの運動設備が1つのキャンパスに集中しています。丘の上ということもあり、文系棟の屋上展望デッキや理学部棟・工学部棟最上階からは博多湾とその港が一望でき、夏には花火大会の花火も見ることができます。

九州大学の評判・口コミ【工学部編】

旧帝大の1つに属しているということもあり、就職先はとても良く、就職率も良いです。就職支援もしっかりしており、大学内には就職相談室というものがあり、アドバイザーの方々から就職のことについて色々アドバイスを頂け、今後に活かせられます。インターネットにある学内掲示板にも幅広い分野の会社の求人票が掲載されており、旧帝大のブランドというのを感じ、それを企業の方々も広く認知されていることがわかります。

九州大学の評判・口コミ【工学部編】

九州大学では、個人の学びたい意欲を満たす多くの授業が開講されています。例えば学部一年生は、基幹教育といい文理に関わらず幅広い分野の科目を学ぶようになっています。私はこれを機会に、あまり興味がなかった天文学に少し興味をもつようになりました。また時には他大学の教授を招いた集中講義が開かれます。普段の講義では学ばないことを大学の移動なしに学ぶことができます。専門分野の理解を深めたい人や珍しい講義内容に興味を持った人が多く参加します。このように、九州大学では様々な授業が開講されます。

九州大学の評判・口コミ【文学部編】

九州大学の評判・口コミ一覧へ





人気記事 旧帝大(七帝大)とは?偏差値高い国立大学群「旧帝大」を偏差値・評判で比較

人気記事 学歴フィルターとは?どの大学から学歴フィルタに引っかかるか口コミから検証【学歴フィルター42校】

人気記事 【大学ランク】大学をSランクからEランクまで格付け(2019年4月調査)

旧帝大(七帝大) の口コミ・評判一覧

大阪大学の評判・口コミ【外国語学部編】

  • 大学:大阪大学 外国語学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

志望理由

英語を勉強したいという気持ちが高校時代からあり、さらに個別試験で数学を使用しなくても受験できること、地元の島根県からそこそこ近いことを理由に、大阪大学の外国語学部を選び…続きを読む

学んでいること

1~2年生の間は全学生共通の科目(いわゆる一般教養)の他に英語の授業が週7コマあり、基礎的な英語の4技能(リーディング、リスニング、ライティング、スピーキング)に磨きを…続きを読む

満足している点

総合大学です。総合大学であるため、非常に多様な出会いが待っています。サークル・部活に入れば他学部・他学科の学生と交流する機会が得られます。そのサークル・部活も数が多く、興味のあるサー…続きを読む

不満に感じている点

交通の便が悪いです。大阪大学の3つのキャンパスにはいずれも交通の面で不満を感じています。豊中キャンパスには1年生全員と理学部、文学部など10程度の学部・研究科の学生が通いますが、最寄り駅か…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


北海道大学の評判・口コミ【農学部編】

  • 大学:北海道大学 農学部 畜産科学科
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

志望理由

高校時代に何を専門とするべきか悩みました。「何が好きか、何を専門とすべきか」と自問自答しても答えは出ませんでした。そこで「何を学ぶのが有益か、今後に活きるか」という観点…続きを読む

学んでいること

農学部の中でも畜産科学科を選択したので、畜産業にかかわる座学・実習を行いました。例えば牛の体内で飼料がどの様に消化されるのか・その際にはどんな細菌が活動しているか、とい…続きを読む

満足している点

キャンパスが広く開放感があるです。北海道大学は日本で最もキャンパスが広いと言われています。確かに広大で公園のようです。主要な道を歩いていると近所のご老人が散歩していたり、ランニングしているおじさまがいた…続きを読む

不満に感じている点

食堂がいつも混んでしまうです。キャンパスが広いにもかかわらず、食堂は狭くて数も少なかったです。特にお昼時は混雑度合いがひどく、席も全くないような状態です。時間をずらすとなると授業に遅れてしまうことに…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


京都大学の評判・口コミ【農学部編】

  • 大学:京都大学 農学部 資源生物科学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学2年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

志望理由

自宅から電車一本で通えること、勉強はある程度できる方だったので、地元で一番いいところに行きたかったという理由から京都大学を選びました。また、農学部を選んだ理由は、生物の…続きを読む

学んでいること

資源生物科学科は植物、動物、海洋、環境の4つのコースに分かれています。ただ、このコース配属は4回生なので、3回生まではそれぞれの分野について自由に学べます。実際私はまだ…続きを読む

満足している点

人も環境も広いです。まずはキャンパスが広いです。総合大学なので文系・理系、様々な学部のキャンパスが大体同じエリアに集中するため、とても広いキャンパスとなっています。また、人も広いです。日本…続きを読む

不満に感じている点

自由がなくなってきたです。京大と言えば『自由の校風』として知られます。しかし最近は職員が厳しく、その校風が失われつつあります。たとえば、京大のキャンパスの周りには以前まで”タテカン”と呼ばれるサ…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


名古屋大学の評判・口コミ【工学部編】

  • 大学:名古屋大学 工学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

志望理由

薬の研究に興味があり、それに直接関わるような学部を探したところ、薬学部と工学部等が該当しました。その中で薬学部は近辺の大学にはあまり無く偏差値も高いため、自分の学力でも…続きを読む

学んでいること

一年生の頃は主に言語や教養といった科目を学び、二年生になると本格的に無機化学、有機化学、生化学といった幅の広い分野の化学の基礎を学びます。3年生では2年で学んだことを踏…続きを読む

満足している点

充実した設備と環境が整っているです。国公立であるため、国から研究費として豊富な資金がある他にも、研究室にもよるのですが企業と共同研究をしている教授もいるため、企業からもお金が頂けます。そのため、それを使っ…続きを読む

不満に感じている点

院に進むことを勧められるです。唯一の不満に感じているところを挙げるとするならば、理系の学部に限られるのですが、大学4年での就活が教授にあまり受け入れられないという点です。研究室も忙しいこともあり、就…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


九州大学の評判・口コミ【工学部編】

  • 大学:九州大学 工学部
  • 状況:大学卒業後、1年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

志望理由

ものづくりができる工学に強く、海外留学制度が整っているという2つの軸で選びました。九州大学は工学部がはじめに設立されたため、工学系の実験設備や研究施設がよく整備されてい…続きを読む

学んでいること

工学部で材料工学という分野を専攻しておりました。この分野では金属材料を中心とした無機物材料についての特性や、工学理論を学びました。理論について例を挙げると、原子や分子の…続きを読む

満足している点

成長のための機会が豊富です。留学制度が整っているだけでなく、母国語を互いに教え合って語学を磨く場があったり、オックスフォード大学と共同で主催しているOKMUNという模擬国連キャンプが一年に一度開催…続きを読む

不満に感じている点

情報格差が激しいです。成長するための機会は豊富にあり、様々な有用な情報も溢れています。積極的な学生はその恩恵に預かっている傾向にありますが、情報を行き渡らせるための効果的・効率的なプラットフ…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


名古屋大学の評判・口コミ【工学部編】

  • 大学:名古屋大学 工学部 環境土木・建築学科
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

志望理由

元々自然災害に興味を持っていましたが、自然現象の原理よりも災害から街を守る技術の勉強がしたいと思い、工学部土木学科を志望していました。志望校の選択は、①都市部で一人暮ら…続きを読む

学んでいること

1年目は理系の基礎知識や第二外国語などを広く学びます。2年より土木コースに配属され、構造力学、水力学、土質力学、交通工学、衛生工学などの専門的な講義と、実験形式の授業を…続きを読む

満足している点

自習環境が整っているです。大学構内の図書館では自習スペースが完備されています。一般的な机が多いですが、運が良ければ個室風のスペースを利用することができ、必要な参考書があれば検索して探すことができ…続きを読む

不満に感じている点

施設が一部山の中にあるです。運動施設が山の上にあります。体育の講義では短い休み時間に山の上まで移動しなければならない点が大変でした。部活活動の部室なども山の上にあるにもかかわらず、原則として学内に…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


東北大学の評判・口コミ【文学部編】

  • 大学:東北大学 文学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

志望理由

私は中学生の頃から東北大学を目指していました。東北大学は私の通っていた高校から一番近くにある旧帝大だったため、自然と東北大学が第一志望になっていました。学部に関しては、…続きを読む

学んでいること

まだ1年生なので専門的な勉強はほとんどしていません。1年生のうちは様々なジャンルの学問を学ぶ一般教養科目の履修がメインです。その中でも印象的だった授業は、レポート作成術…続きを読む

満足している点

留学プログラムが充実しているです。留学プログラムが充実しています。長期留学だけでなく短期留学のプログラムも多くあるため、希望すれば誰でも海外での生活体験が可能です。例えば、長期休暇を利用した3~5週間の…続きを読む

不満に感じている点

学生の交通マナーが悪いです。自転車通学をしている人が多いため、平日の朝は特に大学周辺の道路が自転車で混み合います。大学周辺は車も多く通るため、歩行者にとっては危険が多いです。そんな中、この大学の学…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


大阪大学の評判・口コミ【理学部編】

  • 大学:大阪大学 理学部
  • 状況:大学卒業後、1年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

志望理由

大阪大学を選んだ理由は、英語の理系学生用プログラムがあったからです。帰国子女であるため、このプログラムにとても興味をもちました。また、高校の成績と面接による選考をした結…続きを読む

学んでいること

生物と化学に特化した特別プログラムに入学したので、生物と化学を主に勉強しました。体育や情報学、系統学などの授業もありましたが非常に少なかったです。化学は無機化学や有機化…続きを読む

満足している点

みんなが真面目です。大阪大学には真面目な人が多く、勉強熱心な方が多いです。だからといって勉強しかできないわけではないという風に感じました。大阪だからなのかはわかりませんが皆ノリがよく、遊ぶ…続きを読む

不満に感じている点

留学生が少ないです。英語プログラムに所属していたにもかかわらず留学生が少ないと感じました。そもそも英語のプログラムは理系と人間科学の二つと限られているので少ないのかと思います。また、英語を…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


北海道大学の評判・口コミ【工学部編】

  • 大学:北海道大学 工学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

志望理由

道外に出て一人暮らしをするお金がなく、道内の大学に絞りました。どうして工学部にしたのかというと、お金持ちになりたいという漠然とした夢しかなく、特にやりたいことはなかった…続きを読む

学んでいること

1年目は学部・学科に関係なく様々な分野の基礎的な勉強をしました。工学部ですが、心理学や統計学など文系科目にも触れました。2年目からは専門的な学習やプログラミングの基礎、…続きを読む

満足している点

卒業までの教育制度が整っているです。私の学部・学科は大学院まで進学する人が多いのですが、大学院卒業までの教育制度がとても整っていると思います。総合理系という学部の決まっていない状態で入学したのですが、1年…続きを読む

不満に感じている点

立地が悪いです。大学の立地自体は都市部の駅にある程度近いため良いのですが、学校内が広いため、自分の学部学科に行くまでの道がとても長いです。また、雪により交通網の遅延が多いので、毎日の通…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


東京大学の評判・口コミ【工学部編】

  • 大学:東京大学 工学部 機械工学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

志望理由

私は小さい頃からやパズルや迷路で遊んだり理科実験を見たりすることが好きで、数学や理科はずっと得意だったので、高校ではまず理系を選択しました。しかし、高校生の時点では将来…続きを読む

学んでいること

まず、1~2年生のうちは数学や物理、情報などの教養的な部分を幅広く学びました。3年になり学部に入った後は、座学では機械力学・熱力学・材料力学・流体力学の四力学と言われる…続きを読む

満足している点

勉強する環境が整っているです。主に3年生以上が使う本郷キャンパス内には総合図書館があり、約120万冊の本が所蔵されていたり、学生が存分に勉強できるよう机がたくさん用意されていたりします。総合図書館の…続きを読む

不満に感じている点

講義や課題が多いです。通常の授業は1コマ2単位ですが、機械工学科に入ると演習がほぼ毎日ある上1コマ1単位以下なので、卒業単位数を満たすために週20コマ程度取らなくてはいけません。また、課題も…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます





成蹊大学 経済学部
成蹊大学の評判・口コミ【経済学部編】

大学:成蹊大学 経済学部 状況:現在大学に通っている(大学2年生)

大妻女子大学 文学部
大妻女子大学の評判・口コミ【文学部編】

大学:大妻女子大学 文学部 状況:大学卒業性別:女性総合評価:★★

東海大学 海洋学部
東海大学の評判・口コミ【海洋学部編】

大学:東海大学 海洋学部 水産学科状況:現在大学に通っている(大学

大阪経済大学 経営学部
大阪経済大学の評判・口コミ【経営学部編】

大学:大阪経済大学 経営学部 状況:現在大学に通っている(大学4年

千葉大学 医学部
千葉大学の評判・口コミ【医学部編】

大学:千葉大学 医学部 状況:現在大学に通っている(大学1年生)性

→もっと見る