法学部に通うならどの大学がおすすめ?口コミからみた評価の高い大学5選

法学部に入るのは弁護士や政治家になりたい人ばかりだと思っていませんか?法学部で学べる知識は、一般企業に就職したい人や公務員を目指す人にも役立ちます。高い語学力を身につけられる大学もあります。入試での偏差値が比較的高く、入学後の定期試験も難しいイメージがあるかもしれませんが、それでも法学部を目指すメリットはたくさんあるのです。

口コミ評価の高いおすすめ大学【法学部】

このページの目次

法学部ってどんなことを勉強する学部なの?
法学部のあるおすすめの大学5選【口コミあり】
   慶應義塾大学 法学部
   関西学院大学 法学部
   中央大学 法学部
   早稲田大学 法学部
   明治大学 法学部
法学部で最も偏差値が高いのはどこの大学?
さいごに
法学部の口コミ・評判一覧

法学部ってどんなことを勉強する学部なの?

政治や貿易といったスケールの大きなことから、日常の買い物やご近所トラブルなど身近なことまで、社会における事象のすべてに、法や法律は関わっています。

六法(憲法、民法、刑法、商法、民事訴訟法、刑事訴訟法)を中心に、法治国家の規範となっている法律の内容、制定された経緯(主に政治学科で学習)、その法律が適用される事例などを学ぶのが法学部です。低学年のうちは、法学を学ぶ前提として論理的思考や一般教養科目も多く学びます。

弁護士などの法曹になるためには特別な勉強が必要ですが、専門家を目指す人もそうでない人も、社会生活の基礎となる法的思考(リーガルマインド)はしっかり身につけることができます。

法学部のあるおすすめの大学5選【口コミあり】

まずはスクールナビの情報の中から法学部に関するものをピックアップ。「分析対象となる口コミの数が一定数以上ある大学」に絞り込み、「この大学・学部に満足している」と答えた比率が高い大学を上位から5つ選びました。

慶應義塾大学 法学部

慶應OBが就職活動を力強くサポート

慶應義塾大学法学部の卒業生は、ありとあらゆる分野で活躍しています。大学のブランド力と就職支援体制、学生一人一人の能力の高さはもちろんですが、各業界・各企業のOB達がさまざまな場面で現役生の就活をサポートしてくれるようです。慶應出身者の団結力は他の大学と比べてもきわめて強固ですので、仕事をして行く上でも心強いですね。

日本はやはり学歴社会ですので、私も慶應義塾に通っていることで多くの恩恵を受けました。例えば、就職活動の際にエントリー締め切りを過ぎている企業に連絡したところ、OBが多数在籍しているので特別に選考に参加させてもらえたり、こちらから何もしなくともOB訪問のお誘いが頂けるなど、他大学に通う学生と比べて有利な環境にあったと感じています。また、近年OB訪問がシステム化され、学生が企業で働くOBに簡単に連絡をとれるようになりました。私も興味のあった企業名で検索をかけ、数名のOBの方にお会いすることができました。このように、学生がある程度受け身でも就職活動が進むこと、また主体的に取り組める環境もあること、この2点において就職活動中は様々な恩恵を受けました。

慶應義塾大学の評判・口コミ【法学部編】

慶應義塾大学は世間のイメージほど、塾生みんながお金持ちというわけではありませんが、OBの中には一流企業に就職した方や起業した方、弁護士、会計士などお金を稼いでる方々が多くいます。これらのOBの方々と各サークルの繋がりが強いのが慶應義塾大学の特徴であり、支援をいただいたり、交流を行ったりしています。学生の中にも、既に株式投資で莫大な資産を築いている人や、企業を経営している人もいますし、有名な芸能人や政治家のご子息とキャンパスで遭遇することも少なくないです。お陰で、普通の友人関係が将来的に有力な人脈になっているというのはよくある話です。

慶應義塾大学の評判・口コミ【法学部編】

マイナーな外国語も学べる豊富な履修科目

慶應義塾大学法学部では、外国語カリキュラムが大変充実しています。英語・ドイツ語・フランス語など7言語の中から2つを選び2年間必修科目として学ぶ他、意欲次第ではアラビア語・ポルトガル語も含めた9つの中から第3・第4の言語も学べます。語学に興味のある学生にとって、選択肢が豊富で、ある程度のレベルまでしっかり学べる環境は嬉しいですね。

元々、外国語学習に興味があったところ、慶應義塾には魅力的な語学学習のカリキュラムがあったので入学しました。私の通う学部の場合、1、2年生で必修の語学を一つ選択します。私はロシア語を選びましたが、1年生の時はベテランの日本人の先生二人に週2回、みっちりと基礎を教わりました。2年生になると、週二回の授業のうち、一回はネイティブの先生に音読中心の授業を受けました。マイナー言語をネイティブの先生から教わることができ、非常に良い勉強ができました。また、3年生以降はインドネシア語とタイ語も履修し、両科目ともネイティブの先生に教わりました。特に、インドネシア語は昨年の夏休みに海外研修に参加し、現地にて3週間ホームステイをしながら集中的に学びました。その結果、4か月の勉強で検定のD級(普通は1年程度の学習期間が必要)に合格しました。これほどマイナー言語の履修が揃う大学は珍しいと思います。ほかにも、古代エジプト語やサンスクリット語、ベトナム語、カンボジア語などレベル別に面白い授業が開講されています。

慶應義塾大学の評判・口コミ【法学部編】

大学の授業を履修していく上で、もちろん自分の専攻の科目をメインとするのは当たり前ですが、そうでない科目の履修に対しても、多様な制度が用意されており、自分の専門とは別に、もう一つ専門を作ることができます。例えば私は、法律学の刑法分野を専攻していましたが、ドイツ語の集中クラスに所属し、週4コマのドイツ語授業を履修することで、一般的な第二外国語としてのドイツ語ではなく、ドイツ語を専攻していると言えるくらいのレベルまで学ぶことができました。

慶應義塾大学の評判・口コミ【法学部編】

単位は意外と取りやすい!?

1.政治学科は、他学部に比べて単位が取得しやすいです。それゆえ、3年生で卒業単位を取りきることができます。したがって、4年生では語学や体育、情報処理など自分の興味にあった講義を気兼ねなく勉強できます。2.学問の幅が広い政治学科は「ゼネラリストの育成」を目標に掲げているので、政治に関わらず多くの科目を卒業単位として取得できます。私の場合は語学や経済学、国際法などの講義も学びました。

慶應義塾大学の評判・口コミ【法学部編】

他の学部と比べて偏差値が高く、周りからの見られ方としては自慢できるものがあります。さらに、単位数が足りなくて進級できなかったとしても、翌年に単位数を多く取ることができる制度があります。4年になった時に取るべき単位数が減ることもいいところです。

慶應義塾大学の評判・口コミ【法学部編】

慶應義塾大学 法学部の口コミ・評判をもっと見る
※慶應義塾大学 法学部の口コミ一覧ページへ遷移します

関西学院大学 法学部

じっくり基礎を学び、それぞれの専門コースへ

関西学院大学の法学部には、法律学科と政治学科があり、法曹をめざす司法特修コースの他、企業法務、公共政策、国際法政などコースの選択肢が豊富です。入学時ではなく1年半基礎を学んでからコースを決められることや、必修授業が少なく好きな授業を選べる点が好評です。

法律学科では一年次に法律の基礎を学び、二年の秋学期から生徒個人の学びたいことに応じてコースを選択する仕組みとなっています。コースの数は6種類と豊富で、またコース外の科目も選択することが出来るので、生徒の意欲に応じて学びを選択することが出来ます。

関西学院大学の評判・口コミ【法学部編】

授業は専門的なものが多く、個性的な先生がたくさんいらっしゃいます。オムニバス形式の授業では実際に現役の弁護士先生に来ていただいて授業を行ったりしていただきます。また法学部に関してはスタートアップ演習という授業があり、スピーチやプレゼンテーション力、そして法学部生として必要な論理的思考能力を育成してくれます。ゼミの中で友達を作ったり、交流をしたりする場にもなるのでとても有意義です。スタートアップ演習では法職に関する授業があり、進路について深く考える機会も設けていただいてよかったです。

関西学院大学の評判・口コミ【法学部編】

法学部は必ず受けなければいけない授業が少なく、自由に自分の興味のある授業を受けることが出来ます。3回生からは専門のコースに分かれるのですが、違うコースの授業も自由に受けることが可能です。また、他学部の授業も気軽に学べて、幅広い知識を身につけることが出来るのです。実際に私も神学部の授業を受けたり、自分の選択した言語以外の言語の授業を受けたりでき、とても満足しています。

関西学院大学の評判・口コミ【法学部編】

充実した留学制度は法学部生にとっても魅力

文部科学省によって選ばれた、スーパーグローバル大学(全国に37校)のひとつでもある関西学院大学。留学制度が整っており、留学先・留学期間などの選択肢が豊富で、大学のサポートも手厚いとして学生からも評判が良いです。国際学部のみならず、法学部の学生にとっても留学しやすい環境であり、語学能力の向上やグローバルな視野の獲得に役立っているようです。

関西学院大学には多種多様な留学制度があります。だから、自分の能力、目的に合ったところを留学先としてたくさんの選択肢の中から選ぶことができるので満足しています。また、留学するにあたってのサポート環境も充実しています。言語センターなどの施設に相談に行き、事前に知識を身につけたり、予算などの問題についても詳しく知ることができます。さらに、実際に留学に行く学生も多く、さまざまな経験を上回生から事前に聞くこともできます。

関西学院大学の評判・口コミ【法学部編】

関西学院大学では留学制度の種類が多く、数週間のものから一学期間の中期留学制度、一学期もしくは一年の交換留学も行われています。2019年からは一年間の長期留学の募集も始まるそうです。また、英語を学ぶためのものだけではなく海外派遣ボランティアや海外インターンシップの募集もあり、生徒は自分の目的によって留学制度を選択することが出来ます。

関西学院大学の評判・口コミ【法学部編】

関西学院大学 法学部の口コミ・評判をもっと見る
※関西学院大学 法学部の口コミ一覧ページへ遷移します

中央大学 法学部

法曹育成のための「炎の塔」に満足の声

中央大学はもともと司法試験や公認会計士試験に強い大学ですが、2002年に専用の研究棟(通称「炎の塔」)ができたおかげで、学習環境がより良くなりました。法曹を目指す人の多くが、法学部卒業後に法科大学院へ進むルートを選ぶ時代になったとはいえ、同じ夢を持つ仲間とともに、早い段階から専門的な学びが得られるのは良いですね。

多摩キャンパスには様々な学習するための施設があります。そのうちの一つに「炎の塔」と呼ばれる勉強施設があります。この施設は弁護士や公認会計士、国家公務員といった高難易度の資格を志望する人が集まり、勉強するために主に用いられます。中央大学出身の弁護士のほとんどが炎の塔出身の人であり、業界内での繋がりもつくることができます。ただこの施設を使うには事前に行われる試験をパスしなければいけないので、ある程度準備をする必要があります。

中央大学の評判・口コミ【法学部編】

中央大学では、司法試験や公認会計士試験等の資格取得を目指す学生の割合が非常に多いです。法学部法律学科では、約3割の学生が卒業後に法科大学院へ進学しています。また公認会計士試験においても、大学在学中に合格する学生が多々います。このような資格取得を推奨するために大学内には、「炎の塔」と呼ばれる施設があります。この施設では、各資格試験の合格に向けて専門的な学習を進めることができます。また、資格試験に合格したOBやOGから直接指導を受けることができるため、無駄のない効率的な勉強をすることができます。独学や予備校に通って勉強に励むよりも、同じ大学内にいる多くのライバルと競争し、協力することで資格試験の合格に向けて頑張ることができました。

中央大学の評判・口コミ【法学部編】

将来に役立つ専門的な授業

中央大学の法学部には法律学科・国際企業関係法学科・政治学科の3つがあります。さらに法律学科には「法曹」「公共法務」「企業」の3コース、政治学科には「公共政策」「地域創造」「国際政治」「メディア政治」の4コースが設定されており、自身の関心のある内容を究めていけます。それぞれの分野に特化した専門的な授業に満足しているとの口コミもあります。

授業では、様々な専門的な学習をすることができます。法学部では、民法や刑法などの基本的な学習は勿論のこと、倒産処理や環境等の様々な専門的な授業が揃っています。そのため、様々な講義を受けることで幅広い知識を得るだけでなく、自分が関心を抱いてる分野について深く学習できる環境が整っています。また、教授の多くはその業界で著名な方が多いため、講義だけではなく、様々な裏話を聞くことができます。そのため、一方的な授業にならず、学生がより深く学べる環境が整っています。

中央大学の評判・口コミ【法学部編】

中央大学法学部のブランド力は健在

法学部は中央大学の看板学部であり、社会の認知度と信頼性は非常に高いです。下の口コミにあるキャンパスの移転構想は、2022年ころの予定で計画されており、やや先の話にはなってしまいますが、都心のキャンパスを希望する方には要チェックです。

昔ほどではないと思いますが、まだ『中央大学法学部』にブランドを感じてくれる方がいるのも事実です。就職活動の際にはその名前が少しだけ役立った気がします。また、法学部のみ多摩キャンパスから後楽園キャンパスへ移転する話も出ているようです。多摩はちょっと…と思っていた方にとっては良い話かと思います。

中央大学の評判・口コミ【法学部編】

中央大学 法学部の口コミ・評判をもっと見る
※中央大学 法学部の口コミ一覧ページへ遷移します

早稲田大学 法学部

難しい試験にも攻略法あり

法学部は入学してからの定期試験も難しいというイメージがありますよね。早稲田大学法学部も、授業への出席率よりも試験の出来を重視する厳しさ、試験内容の難しさは否めません。しかし、試験以外に課題などが少ないなどのメリットもあるようです。試験対策のためのサークルに参加するなどして勉強のポイントを押さえれば、難しい試験も攻略できそうですね。

大学の授業や試験は大変ですが、そのぶん力がつきます。私自身は法学に大変興味があるというわけではないのですが、過酷な試験勉強を強いられるため、試験期間が終わっても法学の知識や考え方が自分の中に残り続けています。また、法学部は試験が大変な分それ以外の期間に出される課題が少ないです。そのため、勉強とそれ以外の活動にメリハリをつけることは楽です。ある意味、他の活動との両立が一番しやすい学部ということができます。実際に私はサークルと授業の両立を行うことが出来てますが、他の学部の友人は試験期間以外にも課題がたくさんあって大変そうでした。

早稲田大学の評判・口コミ【法学部編】

他の文系学部より試験が厳しいと言われることもありますが、法学部内には「法律サークル」が何個も存在し、過去の試験問題集をもらえたり、先輩に試験対策を指導してもらったりできます。また、学部での勉強は、公務員試験をはじめとした資格取得や、法務の仕事など社会でも役立つスキルなのでお勧めです。

早稲田大学の評判・口コミ【法学部編】

他の大学や学部に入った人に比べると、授業に出席が必要なく、自分の好きなことに自分の時間を使え、まさに大学生らしい大学生活を送ることができるからです。インターンやバイトをするもよし、マージャンやパチンコに明け暮れるも良し、サークルや部活動にはげむも良し。人それぞれ自由に自分のモラトリアムを設計しやすいと思われます。もちろん勉強しないと単位は落としますが。2年生の後半から始まるゼミでは就職や資格獲得の上で心強い人脈を作ることができるでしょう。

早稲田大学の評判・口コミ【法学部編】

OBの早稲田愛が就職活動を有利に

早稲田の法学部を卒業後、法律の専門家を目指して法科大学院へ進む割合は15~20%と多いです。しかし残りの8割近くの人は、官公庁や民間企業に務めて活躍しています。幅広い業種に卒業生がいて、就職活動が有利になることもあるようです。

進路選択をする上で、どの業種、会社に行っても必ずと言っていいほどOBOGの方がいるのが、とても強みになります。もちろん、早稲田大学生であるというだけで内定をもらえるようなことはありませんが、リクルーター面談という形で実際に選考が有利になることもありますし、そうでなくてもOBの方に相談できる環境があることは自分自身の将来を検討する上で大変参考になります。またOBOGの方の多くは、「早稲田」を愛しているので基本的に後輩の相談には真摯に乗ってくれます。

早稲田大学の評判・口コミ【法学部編】

早稲田大学 法学部の口コミ・評判をもっと見る
※早稲田大学 法学部の口コミ一覧ページへ遷移します

明治大学 法学部

専門家への近道、国家試験指導センター

難関国家試験合格を目指す明大生・卒業生のための施設「国家試験指導センター」には、法制研究所(法曹を目指す方)、経理研究所(公認会計士を目指す方)、行政研究所(公務員を目指す方)の3つがあり、たしかな合格実績を上げています。大学の授業が終わってから専門学校へ、となると時間的にも身体的にも負担が大きいですが、国家試験指導センターは大学の敷地内にあるので大変便利ですね。

自分は司法試験を目指しています。明治大学には公認会計士や法曹、公務員を目指す人を支援するための団体があります。一般的な予備校に通うことなく、明治大学の校舎内で有名な予備校の講師の授業を格安で受講できます。また、自習室があり1年のほとんどが開放されています。そして、自習室には過去問など多数の蔵書があり生徒は自由に利用することができます。また、その団体の先輩との交流も多く、失敗談や成功法など先輩だからこそ伝えられる情報を入手することができます。

明治大学の評判・口コミ【法学部編】

知名度の高さは就職活動にも有利

下の口コミにもあるとおり、受験生から圧倒的な人気を集める明治大学。就職活動でも印象が良く、卒業後も出身大学について話すことがコミュニケーションのきっかけになっているようです。

私たちの大学の世間的な特徴は何と言っても志望者がとても多いことです。日本国内において7年連続で「志望したい大学(関東エリア)」第1位(リクルート調べ)の評価を受けているそうです。なので「どこの大学に通っているの?」と聞かれた際に「明治大学です」と答えるとわからない人はほとんどいません。実際に通って見て感じた特徴は1、2年生と3、4年生のキャンパスが別れているため2つのキャンパスの雰囲気が全然違うということです。1、2年生の方のキャンパスは服装や髪が派手な人も多く和気藹々としている様子です。逆に3、4年生の方のキャンパスは就活を控えている影響で髪色も服装も落ち着いていて比較的静かです。就活生が1、2年生の元気さに邪魔されることの無いような別れ方になっているため就活にのぞみやすい雰囲気です。

明治大学の評判・口コミ【法学部編】

ビートたけしさんなど多くの有名人を輩出し、老若男女問わず知らない人はほとんどいない知名度のおかげで、どこにいっても大学の名前が通じます。初対面の人に対しては大学名が自分のアイデンティティのひとつになりますし、大学の場所や出身者などについて会話が広がります。学生時代には海外で出会った外国人にも大学名が通じたことがあり、話が盛り上がりました。就職活動でも、大学名だけで落とされてしまうような経験はなく、自信をもって自分の出身校を言うことができます。

明治大学の評判・口コミ【法学部編】

明治大学 法学部の口コミ・評判をもっと見る
※明治大学 法学部の口コミ一覧ページへ遷移します

法学部で最も偏差値が高いのはどこの大学?

全国の法学部のうち、偏差値が高い大学は以下の通りです。

順位 大学・学部 偏差値
1位 京都大学 法学部 (後) 74
2位 東京大学 法学部 (前) 73
3位 慶應義塾大学 法学部 政治 72
3位 慶應義塾大学 法学部 法律 72
5位 京都大学 法学部 (前) 71
5位 早稲田大学 法学部 71
7位 大阪大学 法学部 法(前) 70
7位 大阪大学 法学部 国際公共政策(前) 70
7位 神戸大学 法学部 法律(後) 70
7位 上智大学 法学部 地球環境法 70
7位 上智大学 法学部 国際関係法 70
7位 上智大学 法学部 法律 70
7位 中央大学 法学部 法律 70

 
法学部の中で、一番偏差値が高い大学は「京都大学 法学部 (後)」(偏差値74)という結果になりました。次いで、「東京大学 法学部 (前)」(偏差値73)、「慶應義塾大学 法学部 政治学科・法律学科」(いずれも偏差値72)、「早稲田大学 法学部」「京都大学 法学部 (前)」(いずれも偏差値71)と続きます。

法学部の偏差値ランキングをすべて見る

さいごに

法学部に入るには、ある程度高い学力が求められることが多いです。その分、社会における信頼度は高く、卒業生がしっかりと基盤を築いてくれているので、就職活動がスムーズに進みやすいでしょう。

法曹を目指したい人は、資格のための学びが充実した大学を選ぶことをおすすめします。それ以外の人も、大学で学びたいことは何かをよく考え、どの大学の法学部ならそれが実現できるのか、じっくりと見極めてくださいね。

法学部の口コミ・評判一覧




法政大学の評判・口コミ【法学部編】

評価:★★★★☆(満足) / 卒業2年以内・男性

志望理由

私は法政大学の付属校出身なので、エスカレーター式で大学に進学しました。もちろん、他の大学に進学するという選択肢もありました。ですが、高校全体の空気がそのまま法政大学に進…続きを読む

学んでいること

法政大学の法学部法律学科では、最初の2年間は各科目の基本的なことを学びます。3年生からは、自分の学びたいことや進路に合わせて授業を選択していきます。私は民法の授業が好き…続きを読む

満足している点

知り合いを多く作れることです。法政大学は多くの学部があり、多くの生徒が在籍しています。そして、サークル活動も盛んです。2つのサークルに所属する人もいます。私もその一人でした。私は野球サークルと法律系…続きを読む

不満に感じている点

常に工事をしていた点です。私が入学してから大学内では常に工事が行われていました。確かに校舎の老朽化が進み、いずれ建て替えは必要な状況ではありました。まず気になったのは騒音です。キャンパス内の工事…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


学習院大学の評判・口コミ【法学部編】

評価:★★★★☆(満足) / 4年生・女性

志望理由

大学選びの軸は、①通学にバスが不要で電車の乗り換えが少ないこと、②受験勉強を必死にやっていない状況で受けていた模試で合格可能性がA程度あること、③個人的に一番字面が頭が…続きを読む

学んでいること

日本国憲法、刑法総論各論、民法総論各論、民事訴訟法、行政法、商法、会社法などオーソドックスな法律論を重要な判例を踏まえて学びました。面白かったのは国際法です。私は特に、…続きを読む

満足している点

駅から近いところです。キャンパスは1つのみで、最寄りの駅の改札を出てすぐ右手に校門があります。門から校舎までのキャンパス内の移動は距離がありますが、通学には無駄な体力を使う必要が全くないので…続きを読む

不満に感じている点

小学校中学校が併設されている点です。大学の敷地に附属学校があり、時間帯によっては制服を着た小さい子供達の波に巻き込まれます。校内はあまり混雑しませんが、駅が混雑するため電車の乗り降りが大変です。保護者が一…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


福岡大学の評判・口コミ【法学部編】

評価:★★★★★(大満足) / 4年生・女性

志望理由

高校が大学の付属校であったこともあり、大学選びに時間はかけませんでした。法学部を選んだ理由は木村拓哉が出演していたテレビドラマ「HERO」を見たことがきっかけです。警察…続きを読む

学んでいること

法学部では、憲法から始まり幅広い法律について学ぶことができます。例えば、知的財産法の講義では「漫画村」がなぜ違法なのか、無料音楽ダウンロードアプリはなぜ無くならないのか…続きを読む

満足している点

あらゆる学部があることです。法学部などの文系学部、薬学部、医学部など幅広い学部が一つのキャンパスに集まっています。そのため総学生人数は二万人と言われ、、出身や国を問わず様々な人が大学に通っています…続きを読む

不満に感じている点

外部の人間が簡単に入ってくる点です。全額部が一つのキャンパスに集まっていることもあり、大学敷地はとても広いです。そのため大学構内を横断する外部の人間が多く、また学内に人が多くいるため宗教団体や危険な団体が…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


龍谷大学の評判・口コミ【法学部編】

評価:★☆☆☆☆(大変不満) / それ以外・女性

満足している点

ゼミ・研究室です。私はADHDという発達障害を抱えており、学生生活をおくるうえでさまざまな不便なことがありました。そんな時に自分のゼミの教授が親身になって相談にのってくれ、龍谷大学には障…続きを読む

不満に感じている点

キャンパスです。龍谷大学は京都の中でも辺鄙な所にメインキャンパスがあります。辺鄙なためか周囲にコンビニがなく、大学から最寄りのコンビニまで20分ほど徒歩でかかるなど交通面に不便な点があ…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


龍谷大学の評判・口コミ【法学部編】

評価:★★★★☆(満足) / 卒業2年以内・男性

志望理由

受験をすることに抵抗があったわたしは、高校の成績のみの審査で入学することが指定校推薦の方法で進学しました。その時の成績でいける大学は、ほかの生徒との兼ね合いで龍谷大学の…続きを読む

学んでいること

法学部でしたので、憲法、民法、刑法、会社法、刑事訴訟法、民事訴訟法などの司法試験科目の7法を優先して選択して受講しました。本格的に、上記の7法を学習することができるよう…続きを読む

満足している点

学習する意欲が高い人をサポートしてくれるところです。奨学金の付与?のような制度があると前述の通り紹介しました。このように学習に積極的な学生に対しては、多くのサポートがありました。まず、個人的にゼミを組んで学習をしたいとい…続きを読む

不満に感じている点

遊んでいる学生が多すぎる点です。大学生は、遊ぶことももちろん重要でその中から将来の人脈へと繋がっていきますから、一概に無下にはできませんが、あまりにも学習に意欲的でない学生が多いことです。上記で示した…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


駒澤大学の評判・口コミ【法学部編】

評価:★★★★☆(満足) / 卒業後1年以内・女性

満足している点

授業の選択肢が幅広いところです。法学部でも経済学部などの講義を自由に選択することが出来、一部は選択必修科目としても認められていたのであまり法律に興味が無かった身としてはかなり助かりました。文系学部が中…続きを読む

不満に感じている点

ゼミに入れないケースがあることです。全員がゼミに入るこが出来ず、2年生のゼミの申し込みに失敗してしまうと4年生までほぼゼミに所属できません。そのため、ゼミに入れなかった時のこともしっかり考えたうえで入学す…続きを読む

おすすめ学部:グローバル・メディア・スタディーズ学部

通称GMS学部で、駒澤大学の学部の中では一番人気が高いです。他の学部はGMARCHレベルに合格できなくてしょうがなく滑り止めで受けた駒澤に入るという人が多いですが、GM…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


駒澤大学の評判・口コミ【法学部編】

評価:★★★☆☆(ふつう) / 大学4年生・男性

満足している点

キャンパスの立地です。キャンパスは3つあり、その中でもメインの駒沢キャンパスは東京都心に繋がる田園都市線の沿線で、なおかつ渋谷まで3駅という非常にアクセスしやすい立地となっています。都会の中…続きを読む

不満に感じている点

サークルです。駒澤大学はスポーツが非常に盛んで、それ目当てで入学して来る人も少なくないです。だからこそ真面目にスポーツに取り組みたい人はサークルではなく、みな部活動のほうに行ってしま…続きを読む

おすすめ学部:法学部

法学部は高校時代ほぼ勉強することがない内容なので、全く分からない人がほとんどの中で勉強に励むことが出来ます。教授も初心者向けの基礎から授業を始めてくれるので、自分にとっ…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


獨協大学の評判・口コミ【法学部編】

評価:★★★★★(大満足) / 大学4年生・女性

満足している点

キャンパスの立地です。キャンパスは東武スカイツリーラインの獨協大学前駅から徒歩約10分と、駅からのアクセスが良いです。草加市にあるということもあり、キャンパスの周りには川や公園があり自然に囲…続きを読む

不満に感じている点

留学制度です。交換留学の提携校は豊富にある半面、授業の認定の範囲が狭い点に不満を感じます。特に外国語学部以外の言語を専攻としていない学生は、海外大学での単位認定ができず、交換留学の条…続きを読む

おすすめ学部:法学部

私の在籍している法学部は、少人数で穏やかな雰囲気があります。法学部では文献を読んだり文章を論理的に書いたりする能力を身に付けられます。また、埼玉県の市役所の職員の方から…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


獨協大学の評判・口コミ【法学部編】

評価:★★★★☆(満足) / 卒業後1年以内・女性

満足している点

おもしろい授業があるところです。法学部と聞くと、民法や憲法など堅苦しいものばかり学ぶイメージがあると思いますが、獨協大学の法学部は違います。獨協大学と言えば語学、語学学習への情熱があります。必修である…続きを読む

不満に感じている点

キャンパスの立地が良くないことです。大学周辺は住宅街ということもあり、近所の幼稚園児をはじめ、近所の人が通りかかることがあります。散歩をしたい等なら許しています。しかしただ近道をするためだけに自転車で通る…続きを読む

おすすめ学部:国際教養学部 言語文化学科

この学部は英語だけでなく、韓国語、中国語とスペイン語の三か国の中から1つを選んで徹底的に勉強します。語学の面だけでなく、文化や環境、社会について研究しています。三か国語…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


獨協大学の評判・口コミ【法学部編】

評価:★★★★☆(満足) / 卒業後2年以内・女性

満足している点

アットホームなところです。大きな大学では、授業後に質問に行くことは難しいと思います。しかしこの大学では、熱心な教授が多いこともあり、わからないところを聞きに行くと個別対応してくれることがあります…続きを読む

不満に感じている点

人脈が狭く就職に弱いことです。少人数制のデメリットでもありますが、OBが少ないです。入学時、多く人を取らないため仕方ないのですが、就職の際に他の大学と比べるとアドバンテージが少ないです。就職課とOB…続きを読む

おすすめ学部:外国語学部 ドイツ語学科

かねてからドイツの大学と親交が深く、外国語学部のみならず他学部からもドイツへの留学が盛んです。ドイツ語での文献も多く、ドイツ語を習得したい人にはおすすめの場所だと思いま…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


福岡大学の評判・口コミ【法学部編】

評価:★★★★☆(満足) / 大学3年生・男性

満足している点

圧倒的に人が多いことです。福岡大学は、全ての学部が1つのキャンパスに収まっており、総学生数は2万人を簡単に超えてしまいます。私がいる法学部の3回生だけでも400人はいます。それだけの人がいると、…続きを読む

不満に感じている点

授業を受ける環境が整っていないことです。人が多いということが一番の良さだと感じていますが、デメリットもあります。授業について考えると、テスト前の時期とそうでない時期には雰囲気が全く違います。後ろの方で喋ってい…続きを読む

おすすめ学部:法学部経営法学科

私が行っている法律学科と同じ法学部ではあるものの、勉強自体はとても簡単で、単位も比較的取得し易いからです。勉学とバイト、サークル活動に精を出すことが可能だと思います。…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


北海道大学の評判・口コミ【法学部編】

評価:★★★★★(大満足) / 大学3年生・男性

満足している点

時間の融通がきくところです。法学部は専門の授業に関しては、基本的に出席をとらないため、その時間を他の興味あることに使えたりします。急遽昼間に用事が入った時などには、授業に行かなくても大丈夫なので、…続きを読む

不満に感じている点

留学支援が手薄なところです。「新渡戸カレッジ」と謳って留学を歓迎しているものの、そのサポートは薄いように思います。その理由として、新渡戸カレッジに入って留学するのはかなりハードルが高く、取らなけれ…続きを読む

おすすめ学部:文学部

私は法学部なのですが、法学部はテストが難しく単位を取得するのが比較的困難です。しかし文学部は、授業の出席を取るものもあれば取らないものもあり、またテストも非常に簡単で、…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


北海道大学の評判・口コミ【法学部編】

評価:★★★★★(大満足) / 大学3年生・男性

満足している点

敷地が広いところです。北海道大学はとても敷地が広いです。なのでかなり伸び伸びとした大学生活が送れます。札幌駅から徒歩5分以内というとてもいいアクセスです。自分は東京出身なのですが、最初は北海…続きを読む

不満に感じている点

雪がすごいところです。秋の終わりから大雪が降り始めます。かなりの頻度で降るので雪は好きですが登校をする気が失せます。自分は自転車で通学しているのですが、使っている自転車はロードバイクタイヤの…続きを読む

おすすめ学部:法学部

私が法学部を選んだ理由は、国家公務員になりたいからです。法学部は出席を取りませんし、卒論もありません。ですから、テストだけの勝負になります。もし、テストが得意な人ならば…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


北海道大学の評判・口コミ【法学部編】

評価:★★★★☆(満足) / 大学1年生・男性

満足している点

選択できる授業が多いことです。私が一番満足している点は選択可能な授業の多さにあります。北海道大学では1年は全員教養科目を受講しなければなりません。教養科目を受講するにあたって選択できる幅が広いことが…続きを読む

不満に感じている点

キャンパスの移動に苦労することです。北海道大学のキャンパスはとても広大です。それぞれの学部によって学部棟が分かれていて、1年のうちに教養科目をすべて取れなかった場合、遠い距離の移動をしなければなりません。…続きを読む

おすすめ学部:総合文系

私は文系の人なので総合文系をお勧めします。理由としては大学進学後もじっくりと今後の進路を考えることができる点が挙げられます。良い成績を取れればどの学部にも移行することが…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


北海道大学の評判・口コミ【法学部編】

評価:★★★★★(大満足) / 大学4年生・男性

満足している点

キャンパスの環境が良いところです。私の通っている北海道大学のキャンパスは、自然で溢れています。キャンパス内には木々が多く生い茂っており、キャンパス内を歩いていると実に気持ちがいいです。そのため、空きコマ…続きを読む

不満に感じている点

建物とトイレが古いところです。やはり国公立ということもあってか、建物はお世辞にも綺麗とは言えないです。トイレがボロかったり、壁が汚れていたりすることはザラにあります。基本的には毎日通う場所なので、ど…続きを読む

おすすめ学部:法学部

北大の法学部は卒論がないです。卒業に必要な分だけの単位さえ取れれば卒業できます。よって、3年次までに必要な分だけの単位を取り切り、4年次は何の授業も取らずに就活にあてる…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


       
青森公立大学 経営経済学部
青森公立大学の評判・口コミ【経営経済学部編】

このページでは、青森公立大学 経営経済学部の卒業生から聞いた、青森公立

法政大学 法学部
法政大学の評判・口コミ【法学部編】

このページでは、法政大学 法学部の卒業生(卒業後2年以内)から聞いた、

甲南女子大学 文学部
甲南女子大学の評判・口コミ【文学部編】

このページでは、甲南女子大学 文学部に現在通っている4年生から聞いた、

中央大学 経済学部
中央大学の評判・口コミ【経済学部編】

このページでは、中央大学 経済学部に現在通っている4年生から聞いた、中

静岡理工科大学 情報学部
静岡理工科大学の評判・口コミ【情報学部編】

このページでは、静岡理工科大学 情報学部の卒業生(卒業後1年以内)から

→もっと見る