商学部に通うならどの大学がおすすめ?口コミからみた評価の高い大学5選

「将来、どんな会社でどんな仕事をしたいのか、まだ定まっていない」という人にもおすすめなのが商学部。商学部で学ぶことで、卒業後に幅広い業種で活躍できるチャンスが広がります。本記事では、どの学部を志望しようか迷っている皆さんへ、商学部の魅力とおすすめ大学をご紹介します。

口コミ評価の高いおすすめ大学【商学部】

このページの目次

商学部ってどんなことを勉強するの?
商学部のあるおすすめの大学5選【口コミあり】
   慶應義塾大学 商学部
   早稲田大学 商学部
   大阪市立大学 商学部
   中央大学 商学部
   同志社大学 商学部
商学部で最も偏差値が高いのはどこの大学?
広くも深くも学べるのが商学部の魅力
商学部の口コミ・評判一覧

商学部ってどんなことを勉強するの?

商学部を簡単に説明すると、「経済学部と経営学部で学べることを組み合わせたもの」です。

人間の経済活動について、その成り立ちや仕組みを広い視野で学ぶのが経済学部。それに対し、企業側・経営者側の立場で、必要な考え方や知識を学ぶのが経営学部。

そして、経営学部と立ち位置としては似ているけれども、より専門的な分野へ掘り下げていけるのが商学部です。

勉強できる内容は主に、「ファイナンス(資金調達)」「マーケティング」「アカウンティング(会計学)」などであり、どんなビジネスにおいても必要とされるものばかりであることがわかりますよね。

商学部のあるおすすめの大学5選【口コミあり】

大学スクールナビに寄せられた1891件の口コミの中から、商学部に関するものをピックアップし、その大学に対する評価の平均値が高い大学を5つ選びました。(ただしサンプル数が少ない大学は除く)

慶應義塾大学 商学部

進路・就職に有利との声が多数

慶應義塾大学は、大学としてのブランド力があるのはもちろん、さまざまな業界にOB・OGがいることで、とても就職活動がしやすい、との声が多く聞かれました。大学内のキャリアセンターも、手厚くサポートしてくれています。

就職活動へのサポートが手厚いからです。就職活動中には、三田キャンパスに設置されているキャリアセンターに通っていました。ここでは、キャリア相談のみならず、ES添削や面接練習にも対応していただけます。また、OBOG検索システムがあるため、興味のある企業で働く社会人の方を訪問することができました。キャリアセンターだけでなく、各サークルごとに設置されている三田会も支援してくださいます。人脈という点に関しては、日本一の大学と言っても過言ではないと思います。

慶應義塾大学の評判・口コミ【商学部編】

進路と就職が最も満足している点です。自分は就職活動真っ最中ですが、学校のブランド力が高いので、ほとんどエントリーシートなどの初期段階で足切りを食らうことがないからです。また、OBが行きたい会社に多くいることもあり、情報を集めることが容易かった点も、満足している点の1つです。さらに、就職活動のみにとらわれず、自由に休学したり留学したり、はたまた大学院に進学したり、さまざまな進路を自由に選ぶことが出来る校風だと思います。

慶應義塾大学の評判・口コミ【商学部編】

授業についての高評価な口コミが続出

慶應義塾大学商学部は、経済学部と比べて数学が得意でなくとも学びやすい、といった意見がありました。また、自分が興味のある、他学部の一般教養の授業を履修できるゆとりもあるようで、選択肢の多さ、内容の面白さを評価する口コミも相次ぎました。

確かに経済学部や看板であると言われていますが、入ってから経済学に苦しんでいる人達が多いと感じます。その点商学部や文学部であれば、とりあえず数学がそこまで得意ではなくとも大丈夫です。

慶應義塾大学の評判・口コミ【商学部編】

慶應義塾大学にはさまざまな魅力的な授業があります。私は文系の学生ですが、一般教養の授業で受けることができる理系科目の授業を受けたところ、とても面白いと感じました。その授業は、生命体の現象に関して、コンピュータ技術を駆使して解明しようとすることを専門に研究していらっしゃる先生が授業をしていて、私は残念ながらプログラミングの知識はほとんどないのですが、それでも先生が分かりやすく説明してくださるので、毎回楽しんで授業を受けています。また授業の雰囲気もとても良いです。

慶應義塾大学の評判・口コミ【商学部編】

慶應は一般教養の授業があります。これは必修科目とは別に学部関係なくとることのできる授業のことです。慶應の一般教養の授業はほんとになんでもあります。私は商学部ですが、地学の授業をとっています。また、文系でも物理や化学の実験授業をとることができますし、他にも心理学の授業や体育の授業もあります。また、少人数セミナーという授業では、大教室で教授の授業をただ聞くだけの受け身の授業ではなく、10名ほどの人数で教授と直接コミュニケーションをとりながら学ぶことができます。私は少人数セミナーで哲学書を読み合う授業をとっています。仲間とともに、これはこういう意味ではないか、いやいやこれはこう解釈するべきだと議論し合う授業はとても有意義なものです。

慶應義塾大学の評判・口コミ【商学部編】

慶應義塾大学 商学部の口コミ・評判をもっと見る
※慶應義塾大学 商学部の口コミ一覧ページへ遷移します

早稲田大学 商学部

将来の役に立つ商学部の学び

早稲田大学商学部では、経営・会計・金融など、将来に役立つ学びが得られるとの声がありました。その内容も、実践的でためになるものが多いようです。

早稲田大学にはさまざまな学部があり、どの学部もそれぞれ良い部分があるのですが、あえて最もおすすめの学部をあげるとすればそれは商学部です。早稲田大学の商学部は歴史もあり、関東では商学部といえば早稲田大学の商学部か一橋大学の商学部かというくらい権威のある学部であるといえます。そして商学部には学科が存在せず、経営や会計、マーケティングや金融・経済に至るまで各自の興味に合わせて様々なことを学ぶことができます。

早稲田大学の評判・口コミ【商学部編】

将来の進路にもよりますが、一般企業に就職したい人にとって、一番将来役に立てる勉強ができるのは商学部の授業だと思います。オープン科目で商学部の授業をいくつかとりましたが、授業内でビジネスプランコンテストを行う授業や、著名企業の社長が講演を行う授業など、実践的で実のある授業が多かったです。また、商学部の友人をみていると、ゼミも充実しているように思います。

早稲田大学の評判・口コミ【法学部編】

大学内や周辺の環境が整っている

早稲田大学には、図書館や商学部専用のラウンジなど、学習に活用できる環境が整っています。また大学周辺には、会計士などの資格が取れる専門学校も多くあるので、自分のやる気次第でさらに成長することができそうです。

早稲田大学は非常に学習環境が整っており、自らが修めたい学問を追及することができます。まず第一に、中央図書館と呼ばれる最も大きな図書館に加えて各学部も図書館を有しているため、自習をしたいときや調べものをしたいときは自由に利用することができます。また、早稲田大学の周辺にはあらゆる資格学校が早稲田校を開校しており、弁護士や会計士などの資格の勉強をすることもできます。そして何よりも、これらの図書館や資格学校には常に切磋琢磨して共に学習できる仲間がいます。それはとても貴重なことであると思います。

早稲田大学の評判・口コミ【商学部編】

早稲田キャンパス内にある11号館の二階には、国際教養学部と商学部専用のラウンジがあり、あきコマや暇な時間はそこに行くと必ず友達に会えます。椅子に座ってるだけで新しい友達もふえるのでいいことばかりです。最近では、11号館ラウンジにいると、家にいるときのように安心します。

早稲田大学の評判・口コミ【国際教養学部編】

早稲田大学 商学部の口コミ・評判をもっと見る
※早稲田大学 商学部の口コミ一覧ページへ遷移します

大阪市立大学 商学部

地元の就職に強いネームバリュー

大阪市立大学は、将来地元で働きたい方におすすめの大学です。関西での知名度が高く、地元企業の経営陣にOB・OGが多いので就職に有利で、金融系の仕事につきたい人には特におすすめできます。

たしかに偏差値の割に全国での知名度は高くありませんが、関西での知名度はあることと、大手企業の学歴フィルターに引っかかることはありません。外資系一流企業には強くありませんが、日系大手企業への就職は大学の名前で苦労することはありません。また地元への意識が高いから関西での就職には特に強く、優良中小企業など関西中心で働きたい他考える人間にとってはコスパのいい大学であると思われます。理系の研究室からの推薦も一流企業の研究職はの門戸が開かれておりいい環境だと思います。

大阪市立大学の評判・口コミ【商学部編】

将来、金融の仕事に就きたい学生にはとても向いていると感じているからです。授業を通して、金融の知識や企業経営の理論などを深く学ぶことができます。授業の幅も広く、会計や簿記に関する授業、人材に関する授業、マーケティングに関する授業など、働くうえで欠かせない知識を身につけることができると思います。商学部では、金融に関する仕事に就く人が大変多いです。OBも多く、信頼されているため、金融系の企業の方からはすごく評価されている大学だと感じています。

大阪市立大学の評判・口コミ【商学部編】

三商大対抗の討論会も

大阪市立大学の商学部は、歴史が古く、神戸大学、一橋大学と並んで三商大と呼ばれています。3大学合同の討論会では、将来求められるであろうプレゼンテーション能力を高めることができそうです。

大阪市立大は神戸大、一橋大と並ぶ三商大の1つで商学部が名門です。他の2大学との交流もあり教授層も厚く、学ぶことは多くあります。就職にも強く経営層にはOBも多くいます。その割には単位も取りやすく私生活の充実も図れるバランスの良い学部です。

大阪市立大学の評判・口コミ【商学部編】

大阪市立大学の最大の特徴は、「三大学学生研究討論会(通称:三商ゼミ)」が毎年行われていることです。これは、三商大と言われた大阪商科大学、神戸商業大学、東京商科大学の伝統を引き継いでいる大阪市立大学、神戸大学、一橋大学の文系学部のゼミ対抗で行われる討論会です。商学部、経済学部、法学部の各分野にわたって同じようなテーマのグループ同士で互いにその研究成果を発表し、議論を交わし、意見を交換することで、研究を深めます。普段中々関わることのない他大学の学生と交流を深められるところが良いところです。また、討論会のためにゼミ生が一丸となって協力していく必要があるので、仲間との絆を深める良い機会にもなります。

大阪市立大学の評判・口コミ【商学部編】

大阪市立大学 商学部の口コミ・評判をもっと見る
※大阪市立大学 商学部の口コミ一覧ページへ遷移します

中央大学 商学部

資格取得を大学がバックアップ

中央大学には資格取得のための専用の施設があり、税理士や会計士を目指す学生が勉強に集中できる環境が整っています。商学部で学べる内容のうち、特に「アカウンティング」を極めたい方に向いているといえるでしょう。

中央大学には炎の塔と呼ばれる施設があります。そこでは会計士試験・税理士試験・法職試験といった資格を取得するために日々勉強のできる制度が整っています。毎日1限前や6・7限の時間に、答練という練習問題を解く時間が与えられていたり、講師の方に直接アドバイスをいただいたりすることもできます。そのような環境が整っているため毎年多くの合格者を輩出していて、OBOGの方々にお話を聞くことができるのも魅力的な部分です。
(中略)

現在の学科に進学し、炎の塔に所属したおかげで日商簿記検定1級にまで合格することができ、その延長で会計事務所への就職も決まりました。これは中央大学の会計学科に進学しなければ成し得なかったと思っています。また、時間割が特段忙しいわけではなかったため、サークル活動に参加することもできました。私が所属していた和太鼓サークルでは友人や先輩にも恵まれ、練習や演奏、イベントなど日々楽しい生活を送ることができました。

中央大学の評判・口コミ【商学部編】

ゼミや授業で学べる内容にも満足の声

ゼミで学外のコンペに参加し成長できたという声や、講義がおもしろいという口コミもいただいています。

所属学部の3回生から2年間行っていた、ゼミ活動では、学内のコンペティション以外にも、地区や全国のコンペに参加していました。ゼミ内でのチームでのワークも多く、勉学を通じて、協力し合い、達成感を得ることができました。また、卒業論文の製作を行うなど個人の研究も担当教授が個別指導で見てくださるため、個人として成長させてくれるゼミでした。さらに歴史も深く、年に1度OBOG会を開催してくださり、就職活動にも役立ちました。

中央大学の評判・口コミ【商学部編】

教師の方々の講義はとても丁寧でわかりやすく、また、学生たちにはとても親身になって対応してくれます。大学における教師と学生との関係は少し距離があるというイメージを持っている方も多いと思いますが、当大学では、そのようなイメージは全く当てはまりません。教師の方々の講義はどれをとっても面白く、また、講義中に度々学生たちに質問などを投げかけてくださるのでとても楽しく講義を受けることができます。教師の方々とのコミュニケーションも多く取ることができます。

中央大学の評判・口コミ【商学部編】

ゼミは非常に少人数制で行われており、教授の方とコミュニケーションを取る機会が格段に増えます。普段は聞けない貴重な話であったり、専門の分野の研究をされている方ばかりなので普通に生活しているだけでは絶対知ることができなかったような知識も得ることができます。また自分が授業や単位のことで困っている時、親身になって相談してもらったり、また教えれる範囲のことであれば教えていただくことができたのでとてもよい環境であると考えます。

中央大学の評判・口コミ【商学部編】

数少ない会計学科が設置されている大学であることから、会計分野に対して特化して学ぶことができます。簿記論が必修科目であることから、会計士や税理士は目指さずとも日商簿記検定3級や2級を取得する学生も少なくありません。その知識を活かし企業の財務諸表を読むことができるため、就職活動において学んだ知識を活用することができると言えます。また数字を扱うことの多い学科であることから、数学的な知識も身につけることができます。

中央大学の評判・口コミ【商学部編】

中央大学 商学部の口コミ・評判をもっと見る
※中央大学 商学部の口コミ一覧ページへ遷移します

同志社大学 商学部

キャンパスの環境が良い

同志社大学商学部は、授業で使用する建物が過ごしやすく、学びを深められる設備がある、との口コミをいただいています。

設備が綺麗で充実している点です。キャンパスは今出川、新町、室町、京田辺にありますが、ここでは主に今出川キャンパスについて触れています。校舎は至誠館や明徳館などいくつかあり、古い校舎も残っていますが、良心館という建物は冷暖房完備、食堂があり、パソコンの教室も数カ所あります。さらにラーニングコモンズという、論文の書き方を教授や大学院の学生に見てもらえるスペースや、テレビのモニターを備えた会議スペースなどもあり、非常に充実しています。

同志社大学の評判・口コミ【商学部編】

第2外国語を履修しなくてよいコース

同志社大学商学部のフレックス複合コースは、第2外国語を履修するかどうかを自分で決められます。履修しない場合は、そのぶん他の授業をとることができ、英語を強化する人もいれば、自分の興味がある語学以外の科目を選ぶ人もいるようです。

商学部の900人近い定員のうちの、150名程度がフレックス複合コースに所属しています。ふつう、第二言語は必須科目ですが、フレックス複合コースだけは自由科目となっており、第二言語を取らない選択もできるため、自分の好きな授業にあてられる点がオススメです。そのことを知らずに入学してきた人たちから羨ましがられています。

同志社大学の評判・口コミ【商学部編】

同志社大学 商学部の口コミ・評判をもっと見る
※同志社大学 商学部の口コミ一覧ページへ遷移します

商学部で最も偏差値が高いのはどこの大学?

全国の商学部のうち、偏差値が高い大学は以下の通りです。

順位 大学・学部 偏差値
1位 早稲田大学 商学部 71
2位 慶應義塾大学 商学部 商 70
3位 一橋大学 商学部 (前) 69
4位 同志社大学 商学部 商学総合 68
4位 明治大学 商学部 商 68
6位 同志社大学 商学部 フレックス複合 67
7位 中央大学 商学部 フリーメジャー 66
8位 関西学院大学 商学部 65
8位 中央大学 商学部 商業・貿易 フレックス 65
8位 中央大学 商学部 金融 フレックス 65
8位 中央大学 商学部 経営 フレックス 65
8位 中央大学 商学部 会計 フレックス 65

 
商学部の中で、一番偏差値が高い大学は早稲田大学 商学部(偏差値71)という結果になりました。次いで、慶応義塾大学 商学部(偏差値70)、一橋大学 商学部 (前)(偏差値69)と続きます。

商学部の偏差値ランキングをすべて見る

広くも深くも学べるのが商学部の魅力

商学部は、理系の学部のように、入学時に進路がほぼ決まっている学部ではありません。だからこそ可能性はとても広いです。「広く学べる」「深く学べる」など、学びの環境が整っている大学の商学部が高評価を得ています。基礎をひととおり学んだ上で、自分の興味のある分野を専門的に突きつめ、就職活動も有利に進めたいですね。商学部で身につけられる知識は、どんな業界でも活かせるのです。

商学部の口コミ・評判一覧

関西大学の評判・口コミ【商学部編】

  • 大学:関西大学 商学部 商学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

志望理由

大学選びの軸は自宅から通える点と、関西で名前が通っていることで就職に有利な点です。高校はこの大学の併設校でしたが、私の場合は内部進学で受験はしていません。現在の学部を選…続きを読む

学んでいること

1年生では流通、ビジネス英語、経営、簿記など商学の基礎を学びました。私はその中で経営(私の大学ではマネジメントと呼びます)に興味を持ったので経営分野の授業を多く受け、ゼ…続きを読む

満足している点

図書館が広いです。どのキャンパスにも図書館はありますが、特にメインの千里山キャンパスの図書館は大きいです。図書館の建物自体は地上に3階、地下2階の5階建てになっています。本は200万冊以…続きを読む

不満に感じている点

サーバーが弱いです。総合大学で学生が多いのにも関わらず、サーバーが本当に弱いです。2020年に新型コロナが流行してからオンライン授業初日はアクセスが集中し、大学の学習システムのサイトのサー…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


関西学院大学の評判・口コミ【商学部編】

  • 大学:関西学院大学 商学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

志望理由

国公立大学との併願をする大学として自分のレベルに合っていたからです。私自身の学力であったり、難易度の参考として併願した大学は神戸大学と青山学院大学です。そのうち、後者で…続きを読む

学んでいること

商学部では1・2年時に基礎的な分野を学びました。学生数が多いため、学生番号を基準に学生全体が2グループに分けられ、そのグループ毎に前期・後期で履修すべき科目が決められる…続きを読む

満足している点

英語能力が高い人の割合が多いです。私は大学受験の時に英語を武器にしていた経験から、自分の英語力には自信がありました。しかし、入学してみると、出会う友達は私より英語ができる人が大勢いました。そのような環境…続きを読む

不満に感じている点

事あるごとに連絡が遅いです。基本的に通っている大学には不満がないのですが、強いて言うならば、関西学院大学は台風や新型コロナウイルスでの休校の際に休講の連絡をメールにて行なってくれるのですが、その連…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


中央大学の評判・口コミ【商学部編】

  • 大学:中央大学 商学部
  • 状況:大学卒業
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

志望理由

親が金融業界で働いていたため、経営学かそれに近しい分野を学びたいと考えて経営・金融・会計の分野に絞って探しました。地方出身なので都心に出るためには有名大学の方が親を説得…続きを読む

学んでいること

主に会計学・証券分析について学びました。身近なのだと簿記があります。1年生のうちに簿記2級まで受験し、取得後は証券分析に進みました。金融用語や公式の勉強が中心でしたが、…続きを読む

満足している点

図書館が充実しているです。キャンパス内に3階建ての図書館があり、各階に勉強スペースが準備されています。営業時間は8時から22時頃までで、パソコンも使用可能です。フリーWi-Fiが飛んでいるので一…続きを読む

不満に感じている点

都心から離れているです。都心から離れており、山手線沿いの駅に行くのに1時間近くかかりました。近隣も発展しているわけではないため、アルバイトの数が限られていました。一人暮らしの自分は少しキツかっ…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


関西学院大学の評判・口コミ【商学部編】

  • 大学:関西学院大学 商学部
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

志望理由

関関同立の大学に行きたいと考えていました。その中でも関西学院大学は「日本一キャンパスが美しい大学」として有名だったため、その魅力に惹かれて選びました。オープンキャンパス…続きを読む

学んでいること

商学部に所属していたため、主に経営学や会計学、ファイナンスなどを勉強しました。私は商学部の中でもファイナンスコースだったため、マクロ経済やミクロ経済、金融全般について重…続きを読む

満足している点

シンボルでもある中央芝生です。正門を入ってすぐ見える中央芝生です。とても広いので、休み時間などはピクニック気分でお弁当を食べたり、勉強したり、寝ている方も何人かいらっしゃいました。座っているとアカペ…続きを読む

不満に感じている点

学祭の日数が少ないです。私が学生だった頃は学祭は4日間あり、そのうち最終日は片付けでした。サークルや団体、ゼミごとに出店や出し物を考え、当日の学祭で売り上げを出し、そのお金で合宿や交流会を開く…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


小樽商科大学の評判・口コミ【商学部編】

  • 大学:小樽商科大学 商学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★☆☆(ふつう)

志望理由

北海道を出ることに抵抗があり、文系の国公立が良かったというのが一番の理由です。高校の先生が小樽商科大学の卒業生ということもあり、1年生の頃に色々話を聞いて興味を持ちまし…続きを読む

学んでいること

英語の授業が週2日あり、1日はTOEIC対策です。もう一日の方はコミュニケーションの勉強をします。また、第二外国語として週2日、中国語も学びます。あとは自分の好きな教科…続きを読む

満足している点

サークルです。よさこいのサークルに入っており、そのサークルは自分たちで衣装から曲、踊りも考えます。最初は何も踊れない人達が練習をたくさんして少しずつ踊れるようになることで充実感を味わ…続きを読む

不満に感じている点

リモート授業です。コロナ禍でほとんどの授業がリモートやオンデマンドになっているので友達ができにくいです。顔出しや話す機会がある授業ならまだ知り合いくらいにはなれますが、顔出しもなくオンデ…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


拓殖大学の評判・口コミ【商学部編】

  • 大学:拓殖大学 商学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

志望理由

周りに就職を選んだ人が多かった影響で就職について強い関心があり、4年後の就職を踏まえて、少しでも就職後に役立つスキルを身につけたかったからです。実際に私が行っている学部…続きを読む

学んでいること

外国語と情報リテラシー、簿記が必修で、その他に商学部専門教科や経済学についても学んでいます。外国語は英語とドイツ語の2ヶ国語を学んでいます。専門教科では基礎からマーケテ…続きを読む

満足している点

設備が綺麗です。設備が綺麗でとても整っています。都心には異臭がするような所もありますが、人が多い駅近にもかかわらずいつも清潔です。トイレも多く、全てが綺麗に清掃されています。自動水洗ト…続きを読む

不満に感じている点

オンライン講義のシステムが難しいです。新型コロナウィルスの影響もあるので仕方ないと思う所もありますが、オンライン講義のやり方がバラバラな上、連絡をとるサイトの使い方をよく学生がわかっていない状況でどんどん進…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


中央大学の評判・口コミ【商学部編】

  • 大学:中央大学 商学部 商業・貿易学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★☆☆(ふつう)

志望理由

高校時代に大学見学会というものがありました。そこで中央大学のキャンパスに行き、ここに行きたいと思い受験しました。父も中央大学出身だったので尚更その想いは強かったです。学…続きを読む

学んでいること

大学ではマーケティングを中心としたカリキュラムで、商品開発から流通、市場に関して学びました。また、中央大学ではアドバンス科目という他学部で学習する科目を履修することが必…続きを読む

満足している点

キャンパスが広いです。中央大学の多摩キャンパスは中央大学・明星大学のモノレール駅が最寄りではありますが、その駅から学部棟までは10分ほどかかります。自然豊かで標高が高いことから『多摩のマチュ…続きを読む

不満に感じている点

周りに何もないです。キャンパスの外を出ると何もありません。コンビニへは往復20分以上かかり、坂道もあるので行くだけでへとへとになります。近くに唯一あるのは多摩動物公園で、環境学の授業を取っ…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


中央大学の評判・口コミ【商学部編】

  • 大学:中央大学 商学部 経営学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

志望理由

自分の将来や人生に対して意識が高い人が多い環境に身を置きたいという軸から、東京に上京をすること、偏差値の高い大学に行くことという2点で大学を選びました。商学部経営学科を…続きを読む

学んでいること

経営学や技術経営論、経営情報論など、企業という組織の経営についてマーケティングの視点から考える講義を多く受講しました。その他、消費者行動論や心理学などの少し身近な内容も…続きを読む

満足している点

キャンパス内が快適です。中央大学は敷地が広く、様々な施設があるため、有効活用すると非常に楽しいです。一人で集中して勉強しやすいスペース、ゼミ等のグループで集まって話し合いがしやすいスペース、友…続きを読む

不満に感じている点

立地が悪いです。中央大学の文系学部は多摩地域に位置しています。田舎で周囲にご飯屋さんや遊び場はかなり少ないため、学校帰りに友人と遊ぶのが難しい環境です。授業の空きコマに利用するカフェ等…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


大阪市立大学の評判・口コミ【商学部編】

  • 大学:大阪市立大学 商学部
  • 状況:大学卒業
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

志望理由

自宅から通いやすい距離で駅からも近いのでこの大学を選びました。マーケティングについて興味があり、学びを深めたいと思っていたので商学部に決めました。経済学部もあったのです…続きを読む

学んでいること

マーケティング・経営学などの商業についてを幅広く学びました。会計学も必修科目だったので、物の販売からお金の流れや利益の出し方、企業、企業の成長過程などを討論やゼミ、講義…続きを読む

満足している点

視野を広げやすいです。他の学部の授業が受けやすいので、自分が少しでも気になった授業があれば受講して学びを広げることができる環境であったと思います。ゼミ活動も活発的に行われており、勉強している…続きを読む

不満に感じている点

食堂があまりおいしくないです。学生数に比べて食堂が小さかったので、いつも満席でゆったりと食堂を使えたことはありません。周りに飲食店がほとんどなく、大学内の小さいコンビニを利用することが多かったです。…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


同志社大学の評判・口コミ【商学部編】

  • 大学:同志社大学 商学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

志望理由

社会をとりまくビジネスに関心があり、マーケティング戦略や組織戦略について広く学びたいと考えていました。この大学には、フレックスコースという商学の分野の中でも自分の好きな…続きを読む

学んでいること

1年次は大学が指定するカリキュラムに沿ってマーケティング、会計学、経営学、商学の基礎知識を身につけることができます。その後、2年次からは学部の授業は全て選択必修となり、…続きを読む

満足している点

生徒に多様性があるです。他学部の授業や学部の制限のない実践授業などが豊富に用意されています。そのような授業に積極的に参加すると、自分の所属する学部だけではなく、同じキャンパスに通う他学部の人と…続きを読む

不満に感じている点

融通が利かないです。生徒数がかなり多いので、大学による個人へのサポートの薄さ、融通の利かなさには少し不満があります。例えば、履修登録の際に水曜3限で設定した講義が、第一講で登録人数が多かっ…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


小樽商科大学の評判・口コミ【商学部編】

  • 大学:小樽商科大学 商学部
  • 状況:大学卒業
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

志望理由

北海道に在住しており、大学も引き続き北海道内で選択したいと思っていました。三人兄弟だったため、家計的にも国公立に絞って考えており、また将来の就職率も踏まえて北海道大学か…続きを読む

学んでいること

この大学では入学時は全員一旦商学部に入学し、2年目以降に4学科に振り分けられるシステムです。私は商学部商学科に進学したので、主にマーケティング戦略や会計学、その他マクロ…続きを読む

満足している点

偏差値の割に地頭の良い人が多いです。小樽商科大学は北海道以外の方からするとあまり聞き馴染みのない大学かと思います。しかし、意外と大手の全国企業に勤めて役員クラスになっている方も多いです。実際に大学で知り合…続きを読む

不満に感じている点

規模が小さく、孤立しているです。小樽商科大学は単科大学です。マンモス大学とは異なり総合学科ではありません。そのため、一学年400名ほどと、かなり小さな規模の大学です。さらに立地も北海道小樽市の坂の上と…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


慶應義塾大学の評判・口コミ【商学部編】

  • 大学:慶應義塾大学 商学部 商学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

志望理由

私がこの大学を選んだ理由は、レベルの高い教育を受けられるからです。日本の大学の中でもトップレベルの学力を誇っており、そのような環境に自分も身を置くことで勉強に対するモチ…続きを読む

学んでいること

1・2年生では英語と第二外国語をはじめとする語学に加えて、商業・経営・経済・会計の各分野の基礎についてまんべんなく学びました。具体的には、マーケティングや経営戦略のフレ…続きを読む

満足している点

大学生活のカスタマイズがしやすいです。自分の興味のあることを自由に学ぶことができ、何に重点を置くかもその人の自由にカスタマイズすることができます。例えば、3年生になるとほとんどの人がゼミに入ることになります…続きを読む

不満に感じている点

自習できる場所が少ないです。自習できるスペースが少ないように感じます。主に図書館とグループ学習室と呼ばれる場所で自習を行うのですが、これらに少し不満を抱えています。私が所属しているゼミでは、とある…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


慶應義塾大学の評判・口コミ【商学部編】

  • 大学:慶應義塾大学 商学部
  • 状況:大学卒業後、1年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

志望理由

本来は文学や社会学などの人文科学系の学問に興味があったため、進学先を選定する際も文学部や社会科学部等の学部を中心に選んでいました。しかし、大学卒業後に社会に出た際に自分…続きを読む

学んでいること

入学後は学部、学問の壁にとらわれることなく、幅広く学ぶように心がけました。商学部の必修科目はしっかりと履修し勉強しつつ、文学部、法学部等、他学部の授業も積極的に履修し、…続きを読む

満足している点

伝統的学食『山食』があるです。慶應義塾の三田キャンパスには二つの学食があります。一つは一般的な生協食堂であり、広いフロアと多くのメニューで、昼休憩時には多くの学生で賑わいます。そしてもう一つは、三田…続きを読む

不満に感じている点

学問に集中しない学生が多いです。就活シーズンになると顕著になります。慶応の学生の特徴として、皆就活に命を捧げているが如く本気で取り組むため、就活シーズンになると授業に来る学生が激減します。テスト前にプ…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


小樽商科大学の評判・口コミ【商学部編】

  • 大学:小樽商科大学 商学部 商学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

志望理由

高校時代に理系から文系に文転したため、受けられる大学が少なかったという問題がありました。私は政治経済を独学しましたが、センター試験の政治経済で入れる大学は極端に少ないも…続きを読む

学んでいること

一年目は学科に所属せずに年目から学科振り分けがあります。そのため一般教科と呼ばれるものとすべての学科の基礎科目を履修しました。二年目からは商学科に進んだため、経営や会計…続きを読む

満足している点

就職活動に強いです。小樽商科大学は就職活動のコストパフォーマンスが高いことで有名なのですが、実際に就職活動を行ってみて実感しました。まず国公立大学という名前と、現在の日経の会社の役員に卒業…続きを読む

不満に感じている点

立地が悪いです。まず小樽にあるという立地にも不満はあるのですが、最寄り駅から徒歩で30分かかる距離にあることも不満です。さらには山の上にあるという最大デメリットがあります。小樽商科大学…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


同志社大学の評判・口コミ【商学部編】

  • 大学:同志社大学 商学部 商学科
  • 状況:大学卒業後、1年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

志望理由

同系列の中高に通っており、大学の推薦枠があった為に志望しました。高校生の時点でやりたいことや行きたい学部が特に決まっておらず、マーケティングやファイナンシャルの勉強をし…続きを読む

学んでいること

同志社大学の授業の受講方法はすごく自由でした。商学部の中でも経営経済や会計など4種類からメインテーマを選べます。必要単位以外だと他学部の授業も選択することが出来ました。…続きを読む

満足している点

学校設備が整っているです。大学には『ラーニングコモンズ』というレンタル式のテーブルやパソコンが自由に使えるスペースがあります。ミーティングや会議ができるような場所など、生徒が授業において必要とす…続きを読む

不満に感じている点

ラウンジがうるさいです。同志社大学の今出川キャンパスにはラウンジというものがあります。皆さんがイメージされるのは学生同士がお茶や勉強をしたりと和気あいあいとした雰囲気のものかと思いますが、実際…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


秀明大学 学校教師学部
秀明大学の評判・口コミ【学校教師学部編】

大学:秀明大学 学校教師学部 初等教育コース状況:現在大学に通って

同志社女子大学 薬学部
同志社女子大学の評判・口コミ【薬学部編】

大学:同志社女子大学 薬学部 医療薬学科状況:大学卒業性別:女性総

東海大学 文化社会学部
東海大学の評判・口コミ【文化社会学部編】

大学:東海大学 文化社会学部 広報メディア学科状況:大学卒業性別:

北海道情報大学 通信教育部
北海道情報大学の評判・口コミ【通信教育部編】

大学:北海道情報大学 通信教育部 状況:現在大学に通っている(大学

愛知大学 地域政策学部
愛知大学の評判・口コミ【地域政策学部編】

大学:愛知大学 地域政策学部 状況:現在大学に通っている(大学1年

→もっと見る