経済学部に通うならどの大学がおすすめ?口コミからみた評価の高い大学6選

本記事では、経済学部を検討している皆さんにおすすめの大学を6校ご紹介します。同じ経済学部でも、学習環境や科目選択の自由度、授業の難易度などはそれぞれ異なります。各大学の特徴が、口コミを通じてどのように評価されているのか見ていきましょう。

口コミ評価の高いおすすめ大学【経済学部】

このページの目次

経済学部ってどんなことを勉強するの?
経済学部のあるおすすめの大学6選【口コミあり】
   慶應義塾大学 商学部
   京都大学 経済学部
   上智大学 経済学部
   同志社大学 経済学部
   関西学院大学 経済学部
   東京大学 経済学部
おわりに
経済学部の口コミ・評判一覧

経済学部ってどんなことを勉強するの?

経済学部で学べることを端的に表すと、「ヒト・モノ・カネ」です。ヒト・モノ・カネの流れに影響を与える様々な経済主体(企業や個人、投資家や政府など)があり、それらがどのように行動すると経済がどう変わるのか、ということを広い視野で俯瞰的に勉強していきます。

マクロ経済とミクロ経済

経済は「マクロ経済」と「ミクロ経済」の2つに分けられます。

宇宙から地球を見るように、ヒト・モノ・カネを大きなスケールで捉えるのがマクロ経済学。貿易や為替、経済格差など、国や地域レベルの規模で起こる社会現象を追究します。

一方、日常生活の中にある小規模な経済循環をクローズアップするのがミクロ経済学。すなわち、ヒトが労働力を提供してモノを生み出し、カネを得てまたモノを買うという循環です。カネとモノを交換する際のレート、つまり価格決定のメカニズムも知ることができます。

このように、広い視野を持ち、ピントを様々に調節しながらヒト・モノ・カネの動きを学ぶことができるのが経済学部です。

商学部・経営学部との違いは?

経済学部と商学部・経営学部との違いは、学ぶ領域の範囲(広さ)です。

経済学部・商学部・経営学部の学ぶ範囲イメージ

商学部は経済主体の中のひとつである企業の活動に学習の重点をおき、また経営学部はとりわけ経営者の立場からの意思決定に特化して学んでいきます。

経済学部のあるおすすめの大学6選【口コミあり】

慶應義塾大学 経済学部

慶應義塾大学 経済学部

多種多様なゼミは60以上

慶應義塾大学の経済学部は日本初の経済学部と言われ、長い伝統があります。3年生から所属できるゼミナールは非常に多種多様で、その数はなんと60以上です。

一人の教授の下で2年間学び、卒業論文を書くのが集大成。どのゼミナールも5~20名程度の少人数なので、丁寧な指導を受けることができます。

またゼミナールとは別に「研究プロジェクト」もあり、自分のやりたい研究に1年間没頭できます。こちらは研究テーマが経済学部の範疇を越えても良く、創作型研究も可能で、とても自由度の高いものになっています。

経済学部ではゼミの数が多くて半数以上が入ることができます。専門分野も多様であることは言うまでもありませんが、勉強の真剣さの度合いも多様です。ほとんどが女性で、大きな会社への就職活動を斡旋しているようなゼミもあれば、真剣に勉強しないとついていけないゼミもあります。希望すれば誰でも入れるゼミもあるので履歴書にゼミ無しになるのを回避できます。勉強したい人には優しい教授が多いため、指導もきめ細かくやってくれるので、好きな分野が決まっている人には恵まれた環境と言えます。

慶應義塾大学の評判・口コミ【経済学部編】

高いレベルを目指せる、充実した英語教育

1,2年生は日吉キャンパスで一般教養と語学を身につけます。3年生からは三田キャンパスに移り、経済学部の基本の10部門(経済理論、計量・統計、学史・思想史、経済史、産業・労働、制度・政策、現代経済、国際経済、環境関連、社会関連)の中から3つ以上の専門分野を学びます。

英語教育に関しては、1年生のうちから「英語で自ら発信できる」「英語で専門科目を学べる」という高いレベルを目標にしたトレーニングが受けられます。海外留学や大学院でも通用するより高い英語力を目指してPCP(Professional Career Programme)に挑戦することもできます。

一般教養の科目については、様々なジャンルの中から自分の興味のある講座を履修することができるため、とても充実しています。また必修科目についても、先生方が専門的なお話を90分たっぷりと使って教えてくださるためとてもわかりやすくさらに興味を持てます。語学については週3回あり、レベル別に合わせてクラスが分けられるので、それぞれに合った授業を提供していただけるのでとても良いです。また単位も少し勉強すれば取れるので効率が良いです。

慶應義塾大学の評判・口コミ【経済学部編】

京都大学 経済学部

京都大学 経済学部

自由な学風は経済学部にも浸透

1年次に9つの入門科目(ミクロ経済学、社会経済学、マクロ経済学、経営学、会計学、基礎統計学、経済史・思想史、情報処理、現代経済事情)を学んだ後、4つのコース(理論・歴史コース、政策コース、マネジメントコース、ファイナンス・会計コース)に分かれて専門性を高めます。

京都大学の特徴である自由な学風は、経済学部も例外ではありません。授業への出席が成績評価において重視されないこと、必修科目が少ないこと、卒業論文が必須でないことなどから、大学のカリキュラムに縛られることなくアグレッシブに活動できる4年間になるでしょう。もちろん勉学に励みたい学生のために、学内の施設も充実しています。

京大経済学部は「パラダイス経済」と揶揄されるように、出席を取らないため授業に出ず単位を取得することも可能です。中にはこれを利用して遊んでばかりいる人もいますが、大半の人は授業の重要性とサークルなど他の活動の重要性を比較し、授業よりも価値があることがあればそちらを優先するという行動をとっています。単位や成績に縛られることなく、自分にとって本当に重要なものに時間を割けるという点でとても自由で融通の利く環境です。

京都大学の評判・口コミ【経済学部編】

なんといっても自由さが京大のウリだと思います。自由の校風、とよく取り沙汰されていますしね。京大の経済学部は必修科目が皆無に等しいので、そのぶん自分の好きな事、やりたいことに存分に時間を使うことができます。裏を返せば、なにか目標を持たなければ学生生活を浪費することとなるとは思いますが。さらに卒業論文もないので、卒業間近になって海外に旅立つ人も多くいます。一番自由な大学生の時期に、時間をたっぷりやりたいことに使えるのは本当に魅力です!

京都大学の評判・口コミ【経済学部編】

この大学に所属していらっしゃる先生方は学問に熱心に取り組んでいる方が多く、質問にも快く答えてくださいます。また、授業の負担が少なく、他学部の授業を聞きに行くことも簡単にできます。他学部の授業はある程度卒業単位にも加えることができ、教養科目やゼミナールでは他学部との交流も多くありました。加えて図書館の蔵書数は日本有数で、開館時間も長いため自分の好きな本をいつでも読むことができます。学部にとらわれず自分の知りたいこと、学びたいことを自分で選べるのが最もよい点だと思います。

京都大学の評判・口コミ【経済学部編】

民間企業への就職に絶対的な強さ

経済学部卒業後、約9割が就職します。平成30年3月卒業生のデータを参照すると、金融・保険業や情報通信、サービス業などに多くの学生が就職しています。法学部などに比べて、公務員になる人の割合はそれほど多くありません。

大学のネームバリューと各人の能力の高さをベースに、経済学部で得た知識・取り組んできた活動をアピールして、民間の様々な業種へスムーズに就職していけるようです。

官公庁に強い東大とは対照的に、京大は民間企業からの評価が高く、国内外の優良企業に就職する人が多いです。特に、経済学部はメガバンクや外資系コンサルタント・投資銀行に多く就職するほか、製造業などにも管理職候補として就職する人がいます。簿記や公認会計士試験の対策講義が無料で授業として受けられる科目もあり、資格を取りやすい点も就職には有利です。また、京大にはサークルも豊富なので、自分の好みに合ったサークルに入って活動し、その実績をアピールすることもできます。

京都大学の評判・口コミ【経済学部編】

卒業後、就職を考えている人は経済学部をお勧めします。経済学部は他学部に比べると就職活動に対するサポートがあり、社会人として働いていた教授も多いので相談もできます。また、授業では出席日数が重視されない場合が多いので、自分で時間を自由に使うことができます。

京都大学の評判・口コミ【経済学部編】

上智大学 経済学部

上智大学 経済学部

小規模大学ならではのきめ細やかな指導

経済学科と経営学科があり、1年次はそれぞれ経済学、経営学の基礎を学び、2年次から徐々に専門科目も履修していきます。学科を越えて自分の興味ある科目を履修することもできます。

3年次・4年次ではゼミナール(演習)を中心に主体的な研究を進めていきます。学部全体で1学年300人ほどの規模ですから、授業に積極的に関わることのできる少人数制の講義が多く、教授と密にコミュニケーションを取りながら学習を進められます。

やはり経営学という自分達の身近な生活に関わっているということもあり、経営学科生だけでなく色々な学部から講義を受けている人がいました。その中でも自分が感じていたのが、講義をしてくださる先生達が魅力的であったことです。大学まで小、中、高と授業を受けてきましたが、大学の先生のように講義をしてくれればより勉強に興味を持つことができたのではないかとも思いました。

上智大学の評判・口コミ【経済学部編】

国際的に活躍したい人に最適な環境

上智大学は文部科学省の指定したスーパーグローバル大学のひとつ。「国際貢献できる人材の育成」を掲げており、語学教育や留学制度が非常に充実しています。

経済学を英語で学べる英語特修プログラムに登録して、高いレベルを目指すこともできます。

また、キャンパス内に外国人教員や外国人留学生が多く、気軽に交流もできるため、将来国際社会で活躍したい人には最適の環境と言えるでしょう。

私は国連職員になりたくて上智大学に入学しました。上智大学の教授陣には国際機関の出身者、国際協力従事者がたくさんいます。そのような教授陣から授業を受けることができる環境に満足しています。上智大学は学科を超えた「一般教養科目」の選択もできるため、国際的な学びの実現も可能です。講義形式の授業に限らず、ディスカッション形式の授業も多いため能動的な学びができる点も良いです。熱心な先生が多くリアクションペーパーによる評価はインタラクティブな授業の構築に一役買っています。

上智大学の評判・口コミ【経済学部編】

日本で屈指のグローバル大学と呼ばれるだけあって上智大学は世界中の大学と提携を結んでいます。また、交換留学の枠組み自体にもバリエーションがあります。東南アジア大学協定群のSAIMSプログラムや、中南米へ留学することができるLAPプログラムなど、上智大学でしか体験し得なかったであろうプログラムがたくさんあります。当然スコアが高いほど選択肢も広がりますが、スコアが低くても応募できるプログラムもあるので裾野自体も大変広くなっています。

上智大学の評判・口コミ【経済学部編】

同志社大学 経済学部

同志社大学 経済学部

同志社ならではのバラエティ豊かな授業

経済学概論、IT基礎論などの導入科目から学び始め、基礎科目、基幹科目と専門性を高めていきますが、それ以外にもバラエティ豊かな授業があります。「科学と技術」「文化と社会」などの啓発科目では、日本の伝統文化である茶道を学べたり、地域での農業体験や企業見学ができたりと、有意義な時間を過ごせます。

副専攻制度を利用して他学部の知識を併せ持てば、その分見識も広がります。1年次に基礎演習でプレゼンテーションやディベートの能力を高め、本格的な演習(ゼミ)は2年次の秋からスタート。興味のあるテーマについて2年半かけてじっくり研究することができるのもメリットです。

同志社大学では、京都の市街中心部に位置していることを最大限に生かした、京都ならではの授業が開講されています。例えば、京都の里山で農作業を行う授業や、京都という町がどのようにして都となり、どのようにして現在まで発展してきたか学ぶ授業などがあります。また、より深く大学自体の歴史に踏み込んだ授業もあります。例えば、創立者である新島襄がどのようにして同志社大学を築いてきたか、1学期間かけてじっくりと学ぶ授業があります。他県から通ってきた生徒も、これらの授業を受講することでかなり京都や同志社大学について詳しくなります。

同志社大学の評判・口コミ【経済学部編】

学部にとらわれず、様々な学問にふれる授業が用意されております。例えば、経済学部では経済学のカリキュラムの中で情報の授業や数学の授業が必修となっており、文系でありながら理系の学問にしっかりと触れることができます。そのまま理系の資格の取得を目指すこともできます。各学部によって異なる副専攻カリキュラムも充実しています。例えば、経済学部の副専攻科目は法学です。一定の単位を取得することで、卒業証書にも記載してもらえます。第二言語の種類も豊富で、他の大学ではあまり開講されていないようなロシア語、イタリア語なども開講されています。

同志社大学の評判・口コミ【経済学部編】

大学時代のゼミ活動では、環境経済学を専攻しておりました。私が在籍していたゼミの教授は環境経済学の第一人者の方で、常にあらゆる課題について疑問をもつこと、考えて続けることを教えて頂きました。現代社会では環境に対する意識が高まってきております。私はその分野の第一人者に学ぶことができ、環境問題は現代社会においても大きなテーマであり、深く行動することができています。簡単に結果を求めるのではなく、常に考え続けることの大切さを学ぶことが出来たと考えております。

同志社大学の評判・口コミ【経済学部編】

資格取得や就職活動にも有利

経済学部の科目を履修することで、教職や図書館司書、学芸員を目指すことができます。公認会計士や税理士の資格対策講座も充実しており、実績もあります。やる気次第で様々なことに挑戦できる環境が整っています。

卒業生の就職先は大手企業が多く、特に女子学生の金融関係への就職率は4割以上と特徴的です。

関西の私立大学では一番なので、レベルの高い学生が非常に多いと感じました。特に、京都大学・大阪大学・神戸大学・広島大学等、関西圏の旧帝国大学、上位国立大学の経済学部を狙う学生の滑り止めとして、受験されることも多いので、それくらいのレベルの学生も半分くらいいて、学習環境のレベルは高いと思います。経済学部では、他校や国立大学に比べて、資格取得制度も整っていると感じています。公認会計士、ファイナンシャルプランナーの資格を取得するための講義もあるので、より実践的かつ就職活動等に直結した講義を受けることができるのではないかと思います。経済学部は他学部に比べて、程よく勤勉で程よく遊んでいる学生が多いと感じます。

同志社大学の評判・口コミ【経済学部編】

同志社大学経済学部経済学科というだけで、まず学歴フィルターにかかった覚えがなく、就職活動を有利に進めることができたと思います。大手企業を5社くらい受けたのですが、全社最終面接まで行けました。学歴的には、旧帝国大学と遜色ないと思うほどでした。希望していた総合商社に無事就職することができたので大変満足しています。関西私立大学一番の名は伊達ではないと思いました。卒業後の進路・就職を見据えて関西の私立大学に進学するのであれば、同志社大学が一番いいと思います。講義内容も、就職活動に直結する内容のものも多く、就職した後でも役に立っています。

同志社大学の評判・口コミ【経済学部編】

関西学院大学 経済学部

関西学院大学 経済学部

しっかり学べる環境と高い就職率

1年で専門基礎科目を学び、2年から5コース(日本経済と財政・金融、日本の企業と家計、世界経済の歴史・思想と文化、グローバル経済と環境・資源、地域政策)に分かれます。コース別の履修モデル案や、専門性の高低がひと目でわかる科目コードのおかげで、4年間で学ぶ内容をイメージしやすく、履修登録も容易です。

1年生で基礎演習を履修し2年生の秋からゼミが始まります。必修や必修選択の科目が多く、授業の難易度も高いとの口コミがありますが、しっかり学べる環境を魅力的と捉えることもできます。

就職率は99.7%(2017年度)であり、学内で比較しても他大学の経済学部と比較してもきわめて高く、金融・保険業への就職が目立ちます。

ゼミの数、種類はかなり豊富だと思います。私の所属は金融専門のゼミなのですが、他大学のゼミと合同で研究論文の発表やディベート大会をおこなったり、金融・政府機関に見学に行ったりなどの学問的活動はとても活発で、非常に人気があります。

また学問のみならず、飲み会や観光などの遊びの面も非常に充実しており、とても満足しています。教授と学生の距離も近く、仲が良いように思います。多くのゼミが存在し、自分にあったものをしっかりと探すことが出来る環境が整っているおかげで、このゼミと出会えました。

関西学院大学の評判・口コミ【経済学部編】

経済学部に関しては非常に長い伝統があり、西の関学、東の慶応と呼ばれているくらい高貴な人気学部でした。また授業の質も非常に高い為、就職率も非常に良いものとなっています。ゼミに関しても伝統ある長い歴史をもつゼミが多くあり充実感は得られるはずです。

関西学院大学の評判・口コミ【経済学部編】

一概には言えませんが、個人的には経済学部がおすすめです。理由としては、99パーセントという就職率の高さと充実した就職支援でしょう。新人研修やインターンシップはもちろん、二年生になってから、さまざまな企業の人の話を聞ける講座を受けることができます。

関西学院大学の評判・口コミ【経済学部編】

留学や国際活動に手厚いバックアップ

広い視野と国際感覚を持った「世界市民」を育てるという教育理念の下、国際活動や留学を応援するプログラムが充実しています。インターナショナルな活動は、「副専攻プログラム」「ハンズオン・ラーニング・プログラム(実社会での実践型学習)」とともに、アウェイチャレンジの3本柱としても推奨されています。

経済学部独自の海外派遣プログラムもありますし、短期の留学であっても大学からの資金援助があります。国際学部生でなくとも迷うことなく海外に飛び出していけます。

海外留学にはとても積極的に協力してくれ、姉妹校も多数あるので、留学を希望する学生にとってはとても向いている大学だと思います。留学生も多く、サークルやゼミを通しても国際的な交流が出来るところも良い点です。サークルの中には、国外でボランティアをするものや、英会話をするもの、留学生と言語を教え合うものもあり、学生も国際的な活動に積極的であるのも、大学全体の雰囲気としてとても良いと感じます。他国の先生も多いので、色々質問できるところも良いです。

関西学院大学の評判・口コミ【経済学部編】

関西学院大学では、世界に羽ばたく人材の育成に力を入れているのが特徴です。交換留学制度はどの大学にもあると思いますが、関西学院大学では、アメリカを始め、ドイツ、中国、タイなどにも交換留学ができるようになっておりの幅広い国で留学し勉強に励むチャンスが広がっている点は他の大学よりも選択肢が広がっており大きな魅力だといえます。この交換留学制度を利用する場合は、TOEICなどを事前に受験して置く必要がありますので、これから留学制度を考えている人は事前にテスト対策を取って置くとよいでしょう。

関西学院大学の評判・口コミ【経済学部編】

東京大学 経済学部

東京大学 経済学部

国家公務員を目指すなら一番の近道

キャリア官僚への入り口である国家公務員総合職の合格者数は、他の大学を寄せつけません。OBのネットワークが強固であること、試験対策の講座やワークショップが充実していること、卒業要件が厳しくないため公務員試験の勉強に集中できることなどが、東大生の公務員合格率を押し上げています。

ただし、学内で公務員となる割合がもっとも高いのは法学部であり、経済学部は民間企業への就職にも強く、特に金融・保険、コンサルタント業界などで多くの卒業生が活躍しています。

東京大学は、なんだかんだいって就職には強いです。まず、比較的高給が貰えるところはある程度学歴フィルターが働いているのが現状で、東大に入ればそういった企業に受かるチャンスが得られます。もちろん、東京大学だというだけで受かることはありませんが、大学名のせいで落ちるといったことはないでしょう。また、大企業等に就職している卒業生が多いので、OB訪問など、優秀な社会人に会って話を聞く機会が得やすいです。上記の特徴は早慶等でもある程度同じですが、国家公務員一種に限っては、ほとんどが東大出身者であり圧倒的に有利なので、官僚も選択肢に入れている人は東大を選ぶ必要があるでしょう。

東京大学の評判・口コミ【経済学部編】

東京大学経済学部は、社会的ステータスが高い割に、卒業するのが比較的楽な学部だと思います。理由は2つあり、1つ目はほとんど出席を取らないからです。つまり、授業に出る必要はなく、試験さえきちんとできれば単位が取れます。2つ目は、卒論が必須ではないことです。ゼミによっては卒論が課されますが、学部としては卒論を卒業条件に課していません。

東京大学の評判・口コミ【経済学部編】

必要取得単位数が少なく、学問だけでなくバイトやサークル、留学等多様な活動にも時間をかけることができ、自由に学生生活を謳歌できます。また、先生方は優秀で、学部図書館の蔵書も豊富であり、学問を深めたい方も主体的に質問するなどして環境を有効活用することができます。

東京大学の評判・口コミ【経済学部編】

進学振り分け制度を多くの学生が支持

東京大学では、最初の2年間は全員教養学部に所属して広い学域の基礎知識を学びます。3年生に上がる時に、成績順に希望する学部に振り分けられ、各学部にて専門科目をスピーディに習得していきます。

なお、受験時・入学時には6つの科類(文科一類、文科二類、文科三類、理科一類、理科二類、理科三類)に分かれており、全員が教養学部生になるといっても、1,2年生での重点学習ポイントは異なります。

経済学の基礎を多く学べるのは文科二類ですから、文科二類から経済学部に進むのが一般的。希望の学部に入れるかどうかは成績次第ですので、文科二類から経済学部に進む場合はもちろん、それ以外から経済学部に進む場合は一層、好成績を取るよう努めなければなりません。

しかしながら、どの学部で学びたいか2年間でじっくり再検討できるこの制度は、多くの学生から支持されています。

東京大学には進学振り分け制度という特徴的な制度があります。これは、大学入学時は一応各科類に分かれて入学するのですが、大学1、2年生時の成績によって3年生から学部を移動・選択できる制度です。3年生から各学部の授業が本格的に始まるため、1、2年生時までは全員前期教養学部に所属します。前期教養学部では、文系理系といった制約をあまり受けずに、各々が興味のある授業を比較的自由に履修できます。この2年間で自分が本当に学びたい分野を見つけ、進振り制度で3年生からその学部に移転できるのは大きな魅力です。

東京大学の評判・口コミ【経済学部編】

東京大学には、進学振り分け制度があります。これは、1・2年の間は全員が教養学部に所属して様々な授業を取り、進学先を決め、3年から専門の学部で学ぶものです。メリットは、専門が決まってない人は進学先をじっくりと決められること、そして決まっている人も興味関心に沿って教養を深める機会を得られることです。デメリットは、進学先を決めて入学した人は、専門的な勉強に入るのが遅くなってしまうことです。私は受験勉強ばかりしていて自分の興味が分からなくなっていたので、考える機会を与えてくれた進学振り分け制度には助けられました。

東京大学の評判・口コミ【経済学部編】

東京大学は授業の質が高いという点にも大変満足しています。まず第一に、教授陣の質が圧倒的に高いです。東京大学に所属している教授は、どの方もその分野で日本最高峰の研究者です。私が所属している経済学部にも、世界的に知名度のある研究者である教授が多く在籍しています。そういった教授陣の授業を受けることで、最新の研究内容なども知ることができます。また、彼らに直接質問して話を聞くこともできます。知的欲求を高い次元で満たすことができる環境だと思います。

東京大学の評判・口コミ【経済学部編】

さいごに

経済学部は文系の学部ではありますが、比較的高度な数学を使ってアプローチする分野もあります。経済現象にかくされた法則性・周期性を見いだしたり、理論を証明したりするのには、数学や統計学が不可欠です。反対にほとんど数学を必要としない分野もありますから、文系・理系どちらの学生も力を発揮できる学部といえるでしょう。ただ、希望する大学の経済学部に数Ⅲ・数Cレベルの必修科目があるかどうかは、事前に調べておいたほうが安心かもしれませんね。

経済学部の口コミ・評判一覧




北九州市立大学の評判・口コミ【経済学部編】

評価:★★★★★(大満足) / 卒業2年以内・男性

志望理由

元々通っていた高校が商業高校だったので、自然と経済学科に入学する運びとなりました。商業高校から大学に行くには一般入試は至難の業なので、商業推薦と言う枠から応募し入学しま…続きを読む

学んでいること

私の大学には経済学部の中に「経営情報学科」と「経済学科」の2つがあり、学ぶことはほとんど変わらないのですが、入学したのは経済学科でした。ここではミクロ経済学やマクロ経済…続きを読む

満足している点

校内がコンパクトなところです。北九州市立大学はとても小さい大学で、校内を全て徒歩で行き来できるほど小さいです。もう1つキャンパスがあるのですが距離がとても離れているためどちらもコンパクトな大学です。…続きを読む

不満に感じている点

教授のモラルがなってないことです。大学はとても人気で周りからも「凄い頭のいい大学じゃん」と言われていたのですが、毎年のように教授が不祥事を起こしてニュースになっています。在学中には受けていた講義の教授が…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


埼玉大学の評判・口コミ【経済学部編】

評価:★★★★☆(満足) / 3年生・男性

志望理由

まず大学選びをする上で、まず関東の大学、出来れば首都圏の大学にしようと思いました。それは自分の地元は東北の田舎で自分の見聞を広げるためです。次に学部を決めるのですが、特…続きを読む

学んでいること

入ったのは経済学部ですが、経済分野以外にも経営や法律関係の講義も取ることができ、社会に出た際に役立つ幅広い知識を得ることが出来ます。経済分野でしたらミクロやマクロ、他に…続きを読む

満足している点

公務員試験への支援が手厚いことです。公務員志望の学生が多く、毎年学部の5分の1程は公務員として就職するほどであるため、大学主催の学内講座が毎年開かれています。その講座では、大学の教授の他、資格スクールから…続きを読む

不満に感じている点

大学の立地が悪いことです。大学があるのは、最寄り駅から約2km離れた地点です。そのため大学周辺に住んでいるのなら、駅に行くのにわざわざバスに乗るか20分も自転車を漕がないといけません。周辺の大学…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


名古屋市立大学の評判・口コミ【経済学部編】

評価:★★★★☆(満足) / 2年生・男性

志望理由

高校入学時は漠然と法学部に行こうとしか思っていなかったのですが、高校2年生のころに仮想通貨というものに興味をもって、個人的に勉強していくうちに経済を勉強することの楽しさ…続きを読む

学んでいること

名古屋市立大学では1年次は主に教養教育科目という一般的な教養や専門的に経済を勉強する上で必要になってくる数学などの基礎科目の勉強をしました。2年次になってようやく経済を…続きを読む

満足している点

学生同士の交流が盛んなところです。名古屋市立大学では入学時にオリエンテーションを設けていて、学生同士の交流が盛んになる理由はそこにあります。それはオリターと呼ばれるオリエンテーションを実施し、盛り上げる…続きを読む

不満に感じている点

設備が充実していない点です。設備があまり良くないということは公立大学ということもあり妥協しなければならないポイントだとは思いますが、やはり不満に感じてしまいます。特に不満に感じる点は食堂で、学生の…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


上智大学の評判・口コミ【経済学部編】

評価:★★★★★(大満足) / 4年生・男性

志望理由

国立志望でしたが、第一志望の試験日程よりもかなり前に受験することができ、第一志望の試験勉強の妨げにならないと考えたため、上智大学を受験しました。経済学部を選んだ理由とし…続きを読む

学んでいること

入学当初はミクロ経済学やマクロ経済学などの基礎を学びつつ、発展経済学を中心に履修していました。教授の授業がおもしろく、経済発展の全体像が見れるのが発展経済学だと考えるよ…続きを読む

満足している点

立地が良いところです。四ツ谷という場所は静かすぎず賑やかすぎない場所です。東京でインターンをするのも、新宿で友達と飲むのも10分で着くのは最高の立地です。近くに迎賓館があるため、治安が良く、…続きを読む

不満に感じている点

校舎が狭い点です。校舎が狭く、緑が校舎内にないことは物足りなく感じます。また、校舎が狭く駐輪場のスペースがないのも不満です。しかしながら、校舎が狭い分、移動に時間と労力がかからないのはメ…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


北海道大学の評判・口コミ【経済学部編】

評価:★★★★☆(満足) / 卒業1年以内・男性

志望理由

北海道に住んでいて国立大学を考えた時、最も偏差値が高かったため、自然と候補に入りました。学部の選択は、自分が文系であることと就職先を考慮した結果、経済学部と法学部で迷っ…続きを読む

学んでいること

一年目は基礎教育ということで、一般教養を勉強しました。内容は自身の選択によって変わりますが私は、数学基礎や社会学の基礎を受講しました。二年目以降は経済学部に正式に編入さ…続きを読む

満足している点

就職活動に集中できることです。必要な単位数が適切であるため、真面目に授業を受けると大学の4年時は、就職活動とゼミに専念できます。また、必修科目が少ないため就職活動に有利な資格を取ることができるような…続きを読む

不満に感じている点

事務の対応が悪い点です。事務の対応は悪いと言わざるを得ません。まず、休日には空いていないことが多く、早期退社制が取り入れられてから水曜日には午後から事務が無人のときもありました。また、電話での…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


西南学院大学の評判・口コミ【経済学部編】

評価:★★★★☆(満足) / 3年生・男性

志望理由

私は元々大学に進学する意欲は皆無でしたが、親や高校時代の教師や友人と進学について話し合い高校2年生の時に大学に進学すると決めました。それ以降、毎日睡眠を惜しんで朝方まで…続きを読む

学んでいること

まずは語学力を基本能力として身につけるべく英語関連の授業に積極的に取り組みました。その中で洋楽から学ぶ英語学習のスタイルを取る先生と出会いいろいろな知識を教えてもらいま…続きを読む

満足している点

多くの外国人教授が揃っているところです。私が入学した年に図書館が改装され、図書館内にカフェや会議室やグループ学習室など多くの利便性の高い施設が増えました。さらにパソコンルームの設備も最新のWindowsを搭載…続きを読む

不満に感じている点

時間割が曜日によって違うところがあることです。時間割が曜日によって時制が変わる時があり、私は電車通学なので平日のダイヤは一緒なので、通常の電車では間に合わないが、それの前の電車に乗ると早く着きすぎてしまうことや、朝…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


新潟大学の評判・口コミ【経済学部編】

評価:★★★★☆(満足) / 1年生・男性

志望理由

私は家庭の経済状況のこともあり、国公立大学への進学が家庭内で暗黙の了解のような感じでした。私が新潟大学経済学部を受験した理由は、私は文系のなかでは比較的数学が得意科目な…続きを読む

学んでいること

私は、新潟大学経済学部で、日本の経済の仕組み、日本経済の歴史、経営学の基礎、パソコンの基本的な操作を身に着ける講義や経済学で必要となる数学を基礎から学ぶ講義などを受けま…続きを読む

満足している点

大学の規模が大きいところです。新潟大学は医学部と歯学部以外の学部は一つのキャンパスに集中しているため、大学の広さは国公立大学の中でも大きいほうで、大学の端から端まで移動するのにも結構な時間がかかるほ…続きを読む

不満に感じている点

大学の立地が良くない点です。新潟大学は新潟の中心地である新潟市からはだいぶ離れており、正直田舎です。自然豊かで海も近いということでよいところも十分あるのですが、学生が利用するであろう新潟大学前駅は…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


立教大学の評判・口コミ【経済学部編】

評価:★★★★★(大満足) / 4年生・女性

志望理由

高校生の頃から、会計士を志しており、会計学を学びたかったからです。経済学部や商学部では、経済学や経営学なども学びますが、私は特に会計学を中心に勉強できる場所を探していま…続きを読む

学んでいること

1年次には必須科目も多く、経済学や経営学、語学も広く学びました。語学は、英語と選択のスペイン語でしたが、授業回数が多かったです。1年次に興味を持ったマクロ経済学、ファイ…続きを読む

満足している点

キャンパスが素敵なところです。経済学部のある池袋キャンパスは、ツタの張られた校舎が有名で、外観を撮りに来る人も多くいます。ミッション系の学校なので、教会があり、毎年クリスマスツリーの点灯式があるなど…続きを読む

不満に感じている点

周囲の治安が悪い点です。キャンパスが池袋西口にあることから、大学周辺の治安があまり良くありません。キャンパス内で迷惑することはありませんが、登下校中に少し気になります。居酒屋や安い店が多いこと…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


駒澤大学の評判・口コミ【経済学部編】

評価:★★★★☆(満足) / 大学2年生・女性

満足している点

キャンパスの立地です。キャンパス自体は少々小さめではありますが、本キャンパスである駒澤キャンパスの場所が駒沢大学駅から徒歩10分ほど真っ直ぐ歩くだけで着くので、とても通いやすいです。また、他…続きを読む

不満に感じている点

キャンパスの環境です。全体的にキャンパス自体が狭く、狭いため建物が結構所狭しと建っています。また、最近になって建物の建て替えをはじめてはいますが、ほとんどの建物が古めで、棟にもよりますが冷暖…続きを読む

おすすめ学部:経済学部

経済を学んでおくと、今までニュースや新聞を見てもなんとなくでしかわからなかった世界情勢や日本国内のことが鮮明にわかるようになります。また、就職のためのことを教わる授業や…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


駒澤大学の評判・口コミ【経済学部編】

評価:★★★★★(大満足) / 2年生・女性

志望理由

私はかねてからお金持ちになりたい欲が強く、初めはお金持ちの男性が沢山いるところに行って玉の輿に乗ろうとしていたのですが、人を頼るよりも自分でお金のことを勉強して金持ちに…続きを読む

学んでいること

現在は、日本経済の仕組みを日本の歴史から紐解いて、未来はどうなっていくのかという予想を立てながら、現代の経済の仕組みを学んでいます。様々な経済関係の授業を通して、流通論…続きを読む

満足している点

多角的な学びができるところです。いろんな学部の授業をとることができ、学部の垣根を越えて授業が受けられます。ゼミの種類も豊富ですし、経済学部は2年生からゼミに入れるので、早い段階から高度で実践的な学びが…続きを読む

不満に感じている点

駅から遠い点です。大学の最寄りが駒沢大学駅なのですが、大学があるのは駅から10~15分離れたところであり、少し駅から遠いのが困っている点です。というのも駅から大学までの道幅が狭く、授業前…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


駒澤大学の評判・口コミ【経済学部編】

評価:★★★★☆(満足) / 大学3年生・男性

満足している点

休学費用が安いところです。私立大学の平均休学費用は15万円です。しかし駒澤大学は10万円です。大学生活中に挑戦したいことや学校以外での長期インターンや長期留学をしてみたいと思った時に休学費用が安…続きを読む

不満に感じている点

パソコン室が狭いところです。駒澤大学は多くの他大学と異なり1キャンパスです。そのためキャンパス内にいる学生は2千人を超えます。それに対してコンピューター室のパソコン台数が少なすぎます。なので昼休み…続きを読む

おすすめ学部:グローバルスタディメディア学部

理由は大学生活にやりたいことができたときに、英語が必要になった時にこの学部に通っていれば日常から英語に触れているので他の学部にくらべたら困らない。ネイティブの先生もいる…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


獨協大学の評判・口コミ【経済学部編】

評価:★★★★☆(満足) / 大学卒業後2年以内・女性

満足している点

サークルです。この大学はサークル活動が盛んです。大学生らしいキラキラしたキャンパスライフが楽しめるサークルがたくさんあります。運動系サークルもそうですし、文化系のサークルも充実してい…続きを読む

不満に感じている点

キャンパスの立地です。首都圏とはいえ、やはり東京にあるのと埼玉にあるのとでは大きな違いかと思います。東京にあったらもっと人気のある大学になったと思います。もよりの駅からは歩いてすぐですが、最…続きを読む

おすすめ学部:経済学部

私自身経済学部に在籍しており、経済学部でよかったと最終的には感じています。この大学といえば外国語学部ですし、人気もあるので経済学部でいることに劣等感を感じることも入学当…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


獨協大学の評判・口コミ【経済学部編】

評価:★★★★★(大満足) / 大学卒業後1年以内・女性

満足している点

部活動です。私は部活動に力を入れていました。この部活は他の大学と大会をしたり、獨協大学内で大会を開催したりする活発な部活だったので沢山の事を学びました。特に図書室で活動することが多…続きを読む

不満に感じている点

留学制度です。私が英語圏に留学しようとしたとき、学校の留学センターに相談しに行ったのですが、センターの人は留学に精通していないように思いました。留学といっても交換留学や大学独自のプラ…続きを読む

おすすめ学部:経済学部

獨協大学は英語学部等の言語系が有名ですが、卒業後、一般企業に就職したいなら絶対に経済を学んでおくべきだと思います。私の経験からすると、特に英語学部は英語しかできない人が…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


獨協大学の評判・口コミ【経済学部編】

評価:★★★★☆(満足) / 大学3年生・女性

満足している点

大学内の清潔で過ごしやすいところです。オープンキャンパスなどで入学前に様々な大学に行きましたが、獨協大学がダントツで綺麗です。私が入学した頃はまだ古い棟がいくつかありましたが、そのうちの一部を取り壊し新たに…続きを読む

不満に感じている点

経営系のゼミが少ないところです。経済学部は2年になると強制的にゼミに入らなければいけません。経済学部は経済学科、経営学科、国際環境経済学科の3つの学科に分かれています。なので、ゼミもそれにあったような…続きを読む

おすすめ学部:経済学部

経済学部の教授は、もともと企業に勤めてた人が結構います。大学に入り就職のことを考え始めた時、身近な存在が教授だと思います。具体的な企業名は言わないにしても、会社について…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


獨協大学の評判・口コミ【経済学部編】

評価:★★★★☆(満足) / 卒業後2年以内・男性

満足している点

キャンパスが広いところです。キャンパスが広いのでイベントなどの時にいろいろなものがあって楽しいです。学園祭ではたくさんのサークルが屋台を出したり、運動場や体育館を使ってイベントがあります。空き時間…続きを読む

不満に感じている点

駅から距離があるところです。最寄りの松原団地駅からキャンパスまでの距離が少し歩くことになるので急いでいる時や、天候が悪いときは少し不便に感じます。駅からキャンパスまでの道は整備されておりとても綺麗…続きを読む

おすすめ学部:経済学部

他の学部に比べて人数も多く偏差値は少し低いですが、有名な先生も多数おり、他の学部に比べて圧倒的に合格しやすい学部だと思います。外国語の授業の先生は1番レベルの高い国際関…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


       
鳴門教育大学 学校教育学部
鳴門教育大学の評判・口コミ【学校教育学部編】

このページでは、鳴門教育大学 学校教育学部の卒業生(卒業後2年以内)か

拓殖大学北海道短期大学 農学ビジネス学科
拓殖大学北海道短期大学の評判・口コミ【農学ビジネス学科編】

このページでは、拓殖大学北海道短期大学 農学ビジネス学科に現在通ってい

岩手県立大学 社会福祉学部
岩手県立大学の評判・口コミ【社会福祉学部編】

このページでは、岩手県立大学 社会福祉学部の卒業生(卒業後1年以内)か

愛知工業大学 工学部
愛知工業大学の評判・口コミ【工学部編】

このページでは、愛知工業大学 工学部に現在通っている2年生から聞いた、

近畿大学 文芸学部
近畿大学の評判・口コミ【文芸学部編】

このページでは、近畿大学 文芸学部に現在通っている4年生から聞いた、近

→もっと見る