東京一工とは?最難関の国立大学群「東京一工」の特徴を口コミから解説【有利な就職・レベル高い授業】

最終更新日:2020/01/21

この記事では、エリート国立大学群「東京一工」について詳しく解説します。






おすすめ 【大学群の名称一覧】有名どころからマイナーな大学グループまで【2019年最新】

頭いいエリート大学群を意味する「東京一工」とは?

東京一工とは、日本の国立大学群の呼び名の一つで、国立大学の中でもトップクラスの偏差値・難易度の4大学(東京大学、京都大学、一橋大学、東京工業大学)のことを言います。

読み方は「とうきょういっこう」または「とうきょういちこう」です。別称として「難関4大学」と呼ばれることもあります。

  • 東:京大学
  • 京:都大学
  • 一:橋大学
  • 工:東京業大学

旧帝大(七帝大)との違いは?

同じく偏差値の高い国立大学群を意味する旧帝大(七帝大)とは、構成される大学に違いがあります。

旧帝大(七帝大)の大学一覧

  • 北海道大学
  • 東北大学
  • 東京大学
  • 名古屋大学
  • 京都大学
  • 大阪大学
  • 九州大学

黄色くハイライトされている大学は東京一工の構成大学でもあります。つまり、東京大学・京都大学は旧帝大(七帝大)であり、また東京一工でもありますが、一橋大学・東京工業大学は旧帝大(七帝大)ではありません。

一方で、この旧帝大(七帝大)と東京一工を組み合わせた大学群として、「旧帝一工」というくくりも存在します。また旧帝一工に加え、神戸大学を含めた「旧帝一工神」「難関国立10大学」という呼称もあります。

偏差値の高い国立大学の呼称一覧

東京大学
京都大学
  • 旧帝一工神(難関国立10大学)
  • 旧帝一工
  • 東京一工(難関4大学)
  • 旧帝大(七帝大)
一橋大学
東京工業大学
  • 旧帝一工神(難関国立10大学)
  • 旧帝一工
  • 東京一工(難関4大学)
北海道大学
東北大学
名古屋大学
大阪大学
九州大学
  • 旧帝一工神(難関国立10大学)
  • 旧帝一工
  • 旧帝大(七帝大)
神戸大学
  • 旧帝一工神(難関国立10大学)

東京一工から派生した大学群も

難関大学である東京一工と同じエリートグループであることを示すためかどうかは定かではありませんが、東京一工から派生した大学群名称もいくつか存在します。

  • 東京一工阪:東京一工+大阪大学
  • 東京一工早慶:東京一工+早稲田大学・慶應義塾大学
  • 東京一工国医:東京一工+各国立大学 医学部 医学科

【東京一工】偏差値ランキングトップ10

順位 大学・学部 偏差値
1位 東京大学 理科三類 (前) 74
1位 京都大学 法学部 (後) 74
1位 一橋大学 経済学部 経済(後) 74
4位 東京大学 文科一類 (前) 73
4位 東京工業大学 生命理工学院 (後) 73
6位 東京大学 文科二類 (前) 72
6位 東京大学 文科三類 (前) 72
6位 京都大学 医学部 医(前) 72
9位 京都大学 経済学部 経済経営(前) 71
9位 京都大学 法学部 (前) 71
9位 京都大学 文学部 人文(前) 71
9位 東京大学 理科一類 (前) 71
9位 東京大学 理科二類 (前) 71
9位 京都大学 教育学部 教育科(前) 71

 
東京一工 偏差値ランキング11位以降もチェックする
※データ参照元:「東進」の大学入試難易度ランキング

東京一工の大学へ通うメリット・魅力とは?

就職活動を有利に進められる

就職活動

多く挙がったのが就活を有利に進められる点です。一流企業に就職しやすいという口コミは東京一工のどの大学でも見られました。一部をご紹介しましょう。

現在大学3年生で就職活動中であり、その活動の中で一橋大学生であることのメリットを常に感じています

就職活動においては未だに学歴フィルターは存在していて、他大学の友人と同時に申し込んだセミナーにおいて、友人の入力画面では満席となっているにも関わらず、自分の入力画面では多くの席が残っており一橋大学の学生であることにメリットを感じました。

他にも各企業ごとの選考の早い段階で行われるエントリーシートによる調査も高い確率で通過することができています。自分が書いたエントリーシートの中にはあまりうまく表現ができないものもありましたが、それでも通過することができたのは企業側から一橋大学生と言う先入観を持って読まれていたからだと感じています。

一橋大学の評判・口コミ【商学部編】

京大は民間企業からの評価が高く、国内外の優良企業に就職する人が多いです。特に、経済学部はメガバンクや外資系コンサルタント・投資銀行に多く就職するほか、製造業などにも管理職候補として就職する人がいます。

簿記や公認会計士試験の対策講義が無料で授業として受けられる科目もあり、資格を取りやすい点も就職には有利です。

京都大学の評判・口コミ【経済学部編】

一番大きな点はやはり東京大学というネームバリューによって就職活動がとても有利だということです。正直に言ってそんなにまともに頑張って就職活動をしていなくとも、ある程度の知名度のある企業に就職できる人は多いです。

東京大学の評判・口コミ【農学部編】

やはりブランド力のある大学なので、就活でも多少のアドバンテージがあると思っています。もちろん、就活では企業との相性や人間力などが重要になってくると思いますが、有名大学の学生ということで、自分に入りたい企業の情報などが得やすくなるのではないかと思っています。自分は文系なので大学院に進むつもりはなく、就職活動に際しての情報の得やすさや、OBの多さなどが、この大学に入ってよかったと今後一層思えるところかなと思っています。

東京大学の評判・口コミ【教養学部編】

学生の人数が少ないので、いわゆる一流企業の大学ごとの採用枠内にだいたい全員が収まります。OBから連絡をもらい、OB訪問をして面接に進むという流れで内定をもらいます。学生数の多い早慶等よりはるかに楽に内定がもらえると思います。就職活動でそれほど苦労したという話を聞きません。

業界トップ企業や超人気企業では、学内で採用枠を巡る競争はあります。でもその競争に破れても、他の一流企業の枠に入れるので、第一希望は無理でも第二・第三の希望は通ることが多いと思います。

一橋大学の評判・口コミ【商学部編】

大学名だけで「優秀である」と判断してもらえるため、就職活動では非常に有利に働きました。エントリーシートやWebテストで落ちたことがなかったのは、大学名の影響も大きかったと考えています。複数社の人事担当者の方は、「東大生であるという情報で、ある程度優秀だとわかるから、人柄を重視している」と仰っていたため、面接においても能力面での評価は得やすかったのではないかと思います。

実際、自分も希望する複数の会社から内々定をいただきましたし、周りでも希望する通りの会社に行けたという人がほとんどでした。

東京大学の評判・口コミ【文学部編】

自分の大学の研究室は多くの企業との繋がりを持っていました。真面目にコツコツと勉強・研究をしていれば、教授を通じて企業の採用担当者に名前が伝わり、スカウトしてくれることが多いです。自分もいくつかの企業からお声がけいただきました。そのおかげでほとんど就活をする必要がなく就職できたことはありがたかったですし、何より自分の勉強・研究してきたことが活かせるような業種・職種ということで会社での業務内容にも大変満足しています。

東京工業大学の評判・口コミ【理学部編】

レベルの高い授業が受けられる

大学

また、著名な教授が多く在籍しており、授業やゼミ、研究室を通じて、深い学びが得られることをメリットに感じているというコメントも多くみられました。

文系最高峰の国立大学であり、国内でも著名な教授の授業を受けることができます。特に、看板学部である商学部には日本の経営学や会計学を代表する教授がいて、普通ならその教授たちが書いた書物を読んで学ばなければならない内容を、その教授たちから直接学ぶことができます。

さらに一橋大学の特徴である少人数教育の授業を通じて、学生から教授へ意見や質問をすることが出来る場が用意されていて、大学において不足しがちなアウトプットの機会が確保されています。

一橋大学の評判・口コミ【商学部編】

京都大学には、長年西日本最高学府として培ってきた教育方針があり、それをもとに学んできた強力なOB陣によるレベルの高い授業が展開されています

京都大学の評判・口コミ【法学部編】

多くの授業において、アカデミックで、レベルの高い内容を学べる点が魅力的です。研究者として知名度が高い、または実績のある教員が授業を行っているため、その分野についての最先端の知識を学べる点はもちろんのこと、関連する分野の知識を学ぶこともできます。

東京大学の評判・口コミ【文学部編】

大学にいる教授陣も優秀な方々ばかりという点が満足できる一番の理由です。もちろん、学部時代にも授業中に先生の研究紹介をしてくださったり、研究体験の授業があったりとその恩恵を受けることができます。

学生数に対する先生の数も多いので、4年生で研究室配属されてからも手厚く教えてもらえるケースが多いのではないでしょうか。研究したい人にはおすすめです。

東京大学の評判・口コミ【教養学部編】

周りの学生が優秀

大学生

授業だけでなく、周りの学生も優秀な人が多いため、刺激を受けることができたという口コミも多く寄せられました。

学生の質が高いため、学生の理解力に合わせたレベルの高い授業を受けることができます。また、授業でわからないことがあった時も学生同士で相談したり、学生で自主的にゼミを開いたりなど、切磋琢磨して学力を向上させることができます

図書館や講義室の近くに、グループ研究室やディスカッションのできる自習室もあり、学生同士で交流し相互に高め合って行ける環境が整っていることも、満足できる理由です。学生同士の交流で非常に充実した大学生活を送ることが出来ていると感じています。

東京工業大学の評判・口コミ【第1類 物理学系編】

京都大学は難関大学だけあり、周りの友人はとても聡明で賢い人ばかりです。私は女子の多い学部に所属しており、入学前は女だらけの場所に少し不安を持っていましたが、入学してみると、さばさばした子が多く、同じくさばさばしている私にはとてもうれしい環境です。多くの人がイメージする「変な人」も中にはいるのですが、彼ら彼女らは自分なりの信念を持っており、とても行動力のある人が多いです。ちょっと友達にはなれないかもしれないと思うこともありますが、そういう人をとても尊敬しています。

京都大学の評判・口コミ【医学部編】

周りの学生や教授が非常に優秀である、というのがいちばん東大に通って良かったと思えるポイントです。勉学だけではなく、運動や音楽を得意とする学生も相当な数います。

優秀な学生に囲まれることで、勉強だけでなく音楽など自分の趣味に関してもやる気が出るようになりました。

東京大学の評判・口コミ【理学部編】

【東京一工】大学別口コミ・評判

東京大学の口コミ・評判

東京大学

東京大学の魅力として、「優秀な学生が多い」「就職活動がスムーズ」という口コミが多くありましたが、1~2年じに教養学部にて一般教養を学ぶ点も多く挙げられました。

東京大学には、進学振り分け制度があります。これは、1・2年の間は全員が教養学部に所属して様々な授業を取り、進学先を決め、3年から専門の学部で学ぶものです。メリットは、専門が決まってない人は進学先をじっくりと決められること、そして決まっている人も興味関心に沿って教養を深める機会を得られることです。

東京大学の評判・口コミ【文科三類編】

東京大学の特徴のひとつは進学選択(進振り)と呼ばれる制度で、どの科類で入学しても全員1~2年生は教養学部になります。3年生になるときに各学部へ振り分けられますが、このとき良い成績を取っていれば自分の入学した科類を超えた進学(進級)が可能になります。例えば文系で入学した人が、医学部へ進学するということも不可能ではなく、過去にもそういう例は稀ではありません。そのため、多くの人が入学後もきちんと勉強することになります。

東京大学の評判・口コミ【文科三類編】

東京大学の口コミ・評判をもっと見る

京都大学の口コミ・評判

京都大学

京都大学は、校風が自由なので、大学生活を自分で組み立て、充実させることができるという点に魅力を感じているという口コミが多くみられます。

京都大学はとても自由な校風です。まずサークル活動がとても盛んで、毎年4月の入学シーズンは受け取りきれないほどの勧誘ビラがもらえます。各サークルが作成した立て看板もとてもユニークで、ユーモアに富んでいるものが多く面白いです。毎年秋の学祭も大変盛り上がります。かなり校風が緩いので、集まってくる人もユニークな人が多い気がします。何か面白いことをしたい、変わったことをしたいという人が他の学校に比べて多いような気がします。

京都大学の評判・口コミ【工学部編】

自主性を重んじる校風なので、私の所属する国語学国文学研究室では自由テーマで研究したいことを研究できます。教授の干渉がほぼゼロなので、自分のペースで学べるところが良いと思っています。他にも、大学内での活動以外に学生団体に所属したり、長期インターンをしたり、地球一周の旅に出たり(休学費がかかりません)起業したり芸人になったりと、周囲の友達もやりたいことを自由にやっており、在学中に自分の知らない世界の話が聞けて刺激になります

京都大学の評判・口コミ【文学部編】

京都大学の特徴は何と言っても「自由な校風」です。キャンパス外周の石垣に立ち並ぶ様々な立て看板(今は大学や京都市の圧力により撤去されてしまいましたが…)や、1913年に建てられたレトロな外観をしながらも内部はまるで魔物の巣窟のような吉田寮はまさに学生の自由を体現しています。

また、「京大は空から単位が降ってくる」という言葉もあります。これは、授業に真面目に出なくてもテストさえ出来れば単位はあげるからこの4年間で自分のやりたい事を見つけて必死に取り組め、というメッセージです。実際、私の知り合いでも所属は理学部なのに教育学部の授業にたくさん潜り込んでいる人もいました。このように学生の自由を尊重している事が京都大学の一番の特徴です。

京都大学の評判・口コミ【工学部編】

京都大学の口コミ・評判をもっと見る

一橋大学の口コミ・評判

一橋大学

一橋大学は東京都下の国立にキャンパスがあります。都心の真ん中にある大学と比較して、土地が広く、勉強や部活、サークルのための環境が充実しているというコメントが見られました。

一橋大学が位置する国立駅周辺は一橋大学を中心とした学園都市となっており、学生にとって快適な環境が用意されています。都内に立地するにも関わらず、自然が非常に豊かです。国立駅から大学までの道筋、大学通りは美しい桜並木となっています。大学のキャンパス内にも銀杏並木があり、学生は都会の喧騒を忘れ、落ち着いて勉学やサークル活動などに励むことができます。

一橋大学の評判・口コミ【経済学部編】

キャンパス内に体育会庭球部が常に使えるテニスコートが六面あり、また、そのうち三面は一昨年改修してハードコートという、とても質のいいコートになったため、テニスをする環境としては、都内ではトップクラスだと思います。キャンパスがわりと小さいので教室間の移動が容易であり、授業開始ギリギリまでテニスをしたり、部室で寝たりできるのでとても気に入っています。また、キャンパスが国立という計画都市にあり、市の決まりでガラの悪い居酒屋などを禁止しているので、夜も安心して外を歩けます。

一橋大学の評判・口コミ【商学部編】

ただその一方で、都心から離れているゆえのデメリットを挙げる方もいました。

一橋大学は東京都心から離れた国立にあり、ときにはキャンパスが郊外にあることをメリットに感じることもありすが、大学生活をする中で都心へ出かける時やときには遊びに行く際の大学キャンパスの立地の悪さを感じます

就職活動においても説明会や就職に関するイベントの多くは東京都内で開催されるため、国立からは多くの移動時間と交通費を要します。また、都内にある大学とは異なり学生の多くがラフな格好でキャンパスに来るため、大学時代のおしゃれさは都内の有名私立大学に大きく劣っていると感じます。

一橋大学の評判・口コミ【商学部編】

一橋大学の口コミ・評判をもっと見る

東京工業大学の口コミ・評判

東京工業大学は、勉強のための設備・システムが充実しているという口コミが多く寄せられています。

設備といってもいろいろありますが、まず第一に研究設備が非常に整っています。研究室に配属されてからの研究においてはもちろん、研究室に配属される前に行われる学生実験でも、充実した実験設備のもと満足のいく実験を行うことができます。具体例としては、化学の実験を行う場合、薬品・器具の個数が多く、一人で全ての実験工程を行うことができるため、実験操作も身につき理解も深まります。そのほかにも、Wi-Fiが繋がることや、いつでも研究室を使うことができることなど便利な点も多く、非常に大学生活を過ごしやすいと感じます。

東京工業大学の評判・口コミ【第1類 物理学系編】

図書館の蔵書数が多く、またオンラインで本の予約や取り寄せができることが一番の魅力です。また、学術文献や論文などの蔵書数も高く、インターネット上にはない20世紀前半の古い論文でも容易に見つけることができます。一般的な書籍、例えば英語資格試験の対策書や小説、ハウツー本などのラインナップも豊富なため、わざわざ書店に足を運んで資格対策本などを購入せずとも、図書館のそれを借りることで十分な勉強をすることができます。

東京工業大学の評判・口コミ【工学部編】

弊学には、半年や一年間の長期の留学制度はもちろん、数週間の超短期留学の制度が豊富にあります。そのような留学制度を用いれば、卒業年次を繰り下げることなく気軽に留学が可能であり、また十分な留学実績として認められるんため、積極的に利用する学生が多いです。私もこの制度を利用して留学し、TOEIC900点以上のスコアを帰国後に取得しました。派遣先も豊富にあり、学生のニーズに合わせてアレンジ可能であることも大きな魅力です。

東京工業大学の評判・口コミ【工学部編】

東京工業大学の口コミ・評判をもっと見る





人気記事 東京一工とは?最難関の国立大学群「東京一工」の特徴を口コミから解説【有利な就職・レベル高い授業】

人気記事 学歴フィルターとは?どの大学から学歴フィルタに引っかかるか口コミから検証【学歴フィルター42校】

人気記事 【大学ランク】大学をSランクからEランクまで格付け(2019年4月調査)

東京一工 の口コミ・評判一覧

京都大学の評判・口コミ【理学部編】

  • 大学:京都大学 理学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

志望理由

自由な校風、学生の自主性を重んじる風潮が良いと思いました。この校風により学生の独創的な思考も育まれノーベル賞受賞者を次々と輩出するのだと思います。このようなところで学び…続きを読む

学んでいること

現在私は一回生で、主に一般教養として人文社会の科目と、全学部共通向けの自然科学の授業を受けています。人文社会科目では心理学や社会学、神話などを学んでいます。自然科学では…続きを読む

満足している点

学生が自由に自主的に活動できるです。吉田構内には京大のシンボル、楠の木と時計台がありますが、この時計台がある構内には付属の博物館や図書館もあります。博物館には実際に大学が所有する資料が展示されており、中で…続きを読む

不満に感じている点

人が多すぎるです。京都大学には1学年約3,000人の学生がいるため、多くの学生が一斉に移動する朝の時間や授業の間の時間は自転車と歩行者がとても多いです。そのため、しばしば人と自転車がぶつ…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


京都大学の評判・口コミ【経済学部編】

  • 大学:京都大学 経済学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学2年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

志望理由

大学を選んだ理由の1つ目は、社会的な評価です。高学歴を手に入れたいという気持ちでした。2つ目は高校生の頃の自分の学力です。東京大学は目指せないけど、京都大学なら手が届く…続きを読む

学んでいること

1年目は一般教養科目と言われる、専門的ではない幅広い科目を勉強しました。例えば英語やスペイン語、心理学や地域地理学などです。深掘りすると、英語はリスニングに力を入れまし…続きを読む

満足している点

大学周りが住みやすいです。京都は学生の街ということで、学生にとても住みやすい街になっています。街の作りも道路が碁盤目状に敷かれており、繁華街に遊びに行くのも自転車でいけます。そのため交通費がかか…続きを読む

不満に感じている点

起業に対する意識が低いです。私は大学で起業をしたいと思っているのですが、東京と比べて起業に対する意識が高い学生があまりいないと思います。起業をするとなると、大阪まで出て行ってインターンを経験したり…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


東京大学の評判・口コミ【理学部編】

  • 大学:東京大学 理学部 生物化学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

志望理由

成績的に東京大学を目指せるレベルにあったため、最初からこの大学を検討していました。他大学も検討しましたが、教育環境・研究環境ともに最も充実しており、学費も安い東大を受験…続きを読む

学んでいること

入学してからの1年半は教養について学ぶということで、文理や専攻に囚われず普通の数学や物理などの理系学問から外国語や心理学、政治学などの文系学問まで幅広く学びました。ただ…続きを読む

満足している点

研究水準が非常に高いです。もちろん研究室によって当たり外れはあるでしょうが、僕が所属する予定の研究室は非常に研究水準が高く、Nature誌やScience誌のような超一流の論文雑誌にコンスタント…続きを読む

不満に感じている点

面倒見がよくないです。優秀な学生は自分でどんどん勉強を進めていってしまい、落ちこぼれた学生は全くついていけなくなってしまうため、授業の出席率がよくなく、必然的にあまり充実していない講義内容に…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


京都大学の評判・口コミ【農学部編】

  • 大学:京都大学 農学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★☆☆(ふつう)

志望理由

高1で理系を選択したのですが数学や物理に興味がなく、ヒトや生き物について考えたいと思っていました。最初に考えたのは医療分野でしたが、医療業界はネットや本で調べれば調べる…続きを読む

学んでいること

環境保全のための勉強や生物由来の機能性材料を作るための研究について勉強しました。2~3回生では森林へフィールド実習に出かけたり材料工学(物理・化学)の実験を行いました。…続きを読む

満足している点

優秀な同期や先輩が多いです。優秀な同期や先輩が多いため、追いつくために必死で休みを捧げて勉強しないと対等に議論できないからです。また、意識が高く様々な活動(勉強会やIT系のインターンシップ)に積極…続きを読む

不満に感じている点

転学部制度が整っていないです。東大のように入学後に学部学科を選べるシステムになっていればミスマッチや「こんなはずじゃなかった」を防げるのではと思います。学問内容の表層を見て楽しそうと感じても実際の現…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


東京大学の評判・口コミ【文学部編】

  • 大学:東京大学 文学部 行動文化学科
  • 状況:大学卒業後、1年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

満足している点

教授が知識豊富です。講義で常に面白い話が聞け、また授業外に質問に行ってもなんでも答えてもらえました。高校の頃は、授業のために準備している内容以外のことを質問すると教員に知識がないため答えて…続きを読む

不満に感じている点

進振り制度があるです。この大学では二年生まで専門に分かれず、三年生から学部・学科に分かれるのですが、そのために「進振り制度」というものがありました。受験の際のセンター試験・二次試験に続く三次…続きを読む

おすすめ学部:教養学部

一応文系学部ではありますが、考古学のようなことから脳科学系のことまで幅広く扱っています。他の学部に比べ進振り制度で入るのがかなり難しい学部ですが、扱う分野が広い分、分野…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


東京大学の評判・口コミ【文学部編】

  • 大学:東京大学 文学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★☆☆☆(不満)

志望理由

東京大学では、学部3年生から「進学ふりわけシステム」によって学部を選択肢、学部に所属することになります。私が文学部を選んだ理由はアジアの歴史について研究したかったからで…続きを読む

学んでいること

私は一年間の浪人生活を経て、東京大学に入学しました。浪人時代は、基本的なことを1から勉強することで成績を伸ばし、合格を手にしました。東京大学の入試(文系)に関しては、基…続きを読む

満足している点

学生のレベルが比較的高いです。東京大学という大学柄、比較的裕福な家庭で育った学生が多いです。私自身は地方の公立高校の出身でしたから、そのような階層の学生に出会うことでさえ新鮮でした。高校時代はそのよ…続きを読む

不満に感じている点

学生のレベルは高くないです。ある意味、東京大学に入学できたのはそれまでの環境がよかった。東京大学に入るだけの自分以外の外部環境が整っていたにすぎないと思います。実際、東京大学で生活して、周囲の学生…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


東京大学の評判・口コミ【文学部編】

  • 大学:東京大学 文学部 人文学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

志望理由

やりたい学問や行きたい学校が特に定まっていなかったため、一番入学試験が難しいとされる東京大学を目指して勉強すれば落ちてもどこかしらの大学には行けるから路頭に迷わないだろ…続きを読む

学んでいること

1・2年の間は教養学部生として語学やジェンダー、統計の基礎など広く浅く教養を学び、3・4年では専攻について論文を読み書きすることで研究の基礎を学びました。教養学部では特…続きを読む

満足している点

人が穏やかで優しいです。全体的に落ち着いた雰囲気の人が多く、コミュニケーションが苦手な人やワイワイ騒ぐのが苦手な人でも過ごしやすいです(もちろんワイワイしたい人にはそれに適したコミュニティが学…続きを読む

不満に感じている点

男女比が偏っているです。大学当局も男女比の是正に向けて施策をしていますがとにかく男女比がいびつです。人数が少ない分体育の授業などで女子生徒にかなり配慮はしてもらえますが、それでも寂しさや息苦し…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


京都大学の評判・口コミ【法学部編】

  • 大学:京都大学 法学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

志望理由

経済的な事情で「家から通える国公立大学」という条件を親から提示されました。その中で通いやすさ、校風、偏差値が最も自分に合っていたのが京都大学でした。法学部を選んだ理由は…続きを読む

学んでいること

現在は一般教養科目がメインで、理系文系問わず様々な領域の学問に触れています。専門科目は三種類の授業があります。一つ目は法学の入門科目で、あらゆる分野の法律(刑法、労働法…続きを読む

満足している点

授業が充実しているです。京都大学は規模が大きく、各分野で日本の最先端の研究がなされています。それゆえ一般教養科目であってもレベルの高い授業が多く、授業に出席するだけで高い教養を身につけることが…続きを読む

不満に感じている点

最近規制が厳しくなってきているです。京都大学は自由な学風が売りで、自分自身そういったところに惹かれて入学をしました。しかし最近は、話題になっている吉田寮問題、立て看板問題など、学生と十分に話し合いをするこ…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


京都大学の評判・口コミ【農学部編】

  • 大学:京都大学 農学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

志望理由

食品や化学に興味があったため、農学部のある大学を前提に探していました。京都に住んでみたかったのと、家から遠すぎることもない距離だったので京都大学を志望しました。また、何…続きを読む

学んでいること

2回生までは全額共通科目でさまざまな授業をとりました。社会学や音楽の歴史、精神病や健康についてなど、大きい大学だけあって色々な種類の授業が揃っていて楽しかったです。専門…続きを読む

満足している点

自由です。京大の特徴としてまず思い浮かぶのが「自由」だと思います。学部によると思いますが、農学部では授業も必修のものが非常に少なく、数種類の中から何単位以上のような選択科目が設定…続きを読む

不満に感じている点

色々と規制が厳しくなっているです。京大と言えば道路沿いに設置してある立て看板の印象が強く、ネットで話題になっていたり、オープンキャンパスのときにも立て看板を見てびっくりした思い出があります。その立て看板…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


京都大学の評判・口コミ【工学部編】

  • 大学:京都大学 工学部 物理工学科
  • 状況:現在大学に通っている
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

志望理由

高校に京都大学を目指している友達が多く、目標に向けて一緒に頑張れる環境が整っていると感じ、京都大学を目指しました。中でも二次電池に関わる勉強がしたかったため、工学部を選…続きを読む

学んでいること

1回生では、数学や物理学などの基本的な計算知識を学びました。一般教養として、世界史、日本史や外国語、日本文学、日本語の成り立ちに関わる授業も受けました。2回生からエネル…続きを読む

満足している点

学風が自由です。大学在学中に様々な活動をしている人がいます。ベンチャー企業で働いたり、プロのバンドで活動していたりする人と友人になり話を聞くことで、自分の視野を大学の外に広げられたよう…続きを読む

不満に感じている点

立地が悪いです。最寄り駅から歩くと15~20分ほどかかります。バス停が近くにありますが、人気の路線が走っているため常に混雑しており、遅れも頻繁に発生します。また、京都という土地柄観光客…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます





東京都市大学 知識工学部
東京都市大学の評判・口コミ【知識工学部編】

大学:東京都市大学 知識工学部 状況:現在大学に通っている(大学2

東京国際大学 言語コミュニケーション学部
東京国際大学の評判・口コミ【言語コミュニケーション学部編】

大学:東京国際大学 言語コミュニケーション学部 状況:大学卒業後、

岩手大学 人文社会科学部
岩手大学の評判・口コミ【人文社会科学部編】

大学:岩手大学 人文社会科学部 状況:大学卒業後、2年以内性別:男

津田塾大学 学芸学部
津田塾大学の評判・口コミ【学芸学部編】

大学:津田塾大学 学芸学部 状況:現在大学に通っている(大学3年生

龍谷大学 国際学部
龍谷大学の評判・口コミ【国際学部編】

大学:龍谷大学 国際学部 状況:現在大学に通っている(大学3年生)

→もっと見る