酪農学園大学の評判・口コミ【環境共生学類編】

最終更新日:2020/01/21


今回は、酪農学園大学 環境共生学類に現在通っている1年生に酪農学園大学の雰囲気や魅力、特色について、伺いました。お話の中で、ゼミ・研究室、部活動など、在籍している人ならではのリアルな口コミ・評判を教えていただくことができました。後半パートでは、酪農学園大学に通って良かったかについても、ずばり答えていただきましたので、酪大 環境共生学類に対するイメージを具体的にしたいとお考えの方は、ぜひ最後までお読みください。
※画像は各大学HPより引用(URLは基本情報欄に記載)



回答者プロフィール

  • 大学:酪農学園大学 環境共生学類
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

酪農学園大学の特徴

酪農学園大学では、農業、食品、環境、獣医の中の一つの学類を学ぶことが出来ますが、1年のうちは基礎科目を受けます。その中でもユニークな科目は、広大なキャンパスにいる牛や、食品製造所を使って実習する健土健民という科目です。この科目は牛の体の測定やバター作りを全員がしなくてはなりません。上級学生になると、キャンパス以外での実習もあります。洞爺湖に泊りがけで行って、野生のシカの観察をするなどもあります。座学だけではないこの大学に入学することが出来てよかったです。



満足していること:ゼミ・研究室

私は環境と野生動物を守る職業に就きたいと思ってこの大学に入学しました。そのためには狩猟免許を取る必要があり、この大学では免許取得をサポートしてくれる授業があります。授業だけでなくゼミに所属するとより専門的なことを学べます。野生動物保護の専門のゼミや、狩猟学のゼミで学べば、将来就職するときに役立つと思います。ゼミの倍率が高いところもありますが、将来のことを考えて勉強しようというやる気も出てきます。

満足していること②:部活動

広大なキャンパスと立地を生かして様々な、他の大学にはないサークルがあります。肉牛研究会では、牛を共進会に出したり黒毛和牛を肉にして出荷するまでを行います。ラクロスサークルでは、他大学との試合に出たり、昼休みにキャンパス内の芝生でラクロスを行います。有機農業サークルは、キャンパス内の畑を利用したり地元のレストランと協力したりして野菜を育てています。このように、この大学ならではの環境を活かしたサークル活動があります。



不満に感じていること:授業

私の所属している学類では、1年生の時に基礎科目ばかりで専門科目を取ることが出来ません。他の学類では1年生のうちから専門科目を取っています。今のうちから難しい内容のものを取って、上級学年になった時に少しでも心にゆとりが欲しいと思ってしまいます。高校生の時と同じような内容の授業や、本当に受講して意味があるのだろうかと疑問に思う授業もあります。人数が多すぎる授業の時は席がなくなりそうになるので、そこも不満に感じています。

不満に感じていること②:キャンパスの立地

この大学は北海道にあり、冬は豪雪で自転車や車では通いづらくなります。広大なキャンパスなので、自宅生も一人暮らしをしている人も30分以上歩いたり、電車やバスを使ったりして通わなくてはいけません。市街地から離れているので買い物や遊びに行きたいときも交通機関を使って市街地へ出ないといけません。授業を受ける部屋もそれぞれ遠いので渡り廊下を走ったり、キャンパス内を自転車で移動しないと間に合わないときもあり、そのようなところが不便です。



酪農学園大学のおすすめ学部:環境共生学類

キャンパスの隣にある自然公園や洞爺湖への数日間泊りがけでの研究など、この大学でしかできないことが出来るのが環境共生学類だからです。モンゴルの高原の調査や、カナダ、マレーシアへボランティアやホームステイができる授業にあります。野生のシカを研究したり、狩猟免許を取得し美味しいシカ肉を自分たちで食べたりすることが出来るのもこの学類ならではだと思います。シカ肉以外にもザリガニを取って食べたり、とにかく環境と動物を専門的に学べることはおもしろいし役に立つと思うのでお勧めです。


酪農学園大学に通って良かった?

酪農学園大学への満足度:満足

私が学びたい学問のある大学に入ることが出来る上、立地を活かしたフィールドワークの授業があるからです。授業は難しいところもありますが、上級学生になると本当にやりたかった授業や、ゼミに所属することが出来るので頑張ろうと思います。部活動も様々で選び放題なので、新しく何かを始めるきっかけにもなります。泊りがけで行うフィールドワークにも積極的に参加し、他の大学では経験できないことを学びたいので、この大学に通うことが出来てよかったと思います。




人気記事 学歴フィルターとは?どの大学から学歴フィルタに引っかかるか口コミから検証【学歴フィルター42校】

人気記事 【大学ランク】大学をSランクからEランクまで格付け(2019年4月調査)

ほかの学生による投稿口コミ(酪農学園大学 農食環境学群)

回答者プロフィール

  • 大学:酪農学園大学 農食環境学群 環境共生学類 生命環境学コース
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

酪農学園大学の評判・口コミ【農食環境学群編】

満足している点

研究室にもよるかもしれませんが、卒業論文の指導をしっかりしてもらえます。他の私立大学と比べて、教員一人当たりの研究室の学生が少ない方ではないかと思います。私の研究室は、…続きを読む

不満に感じている点

授業に対する学生の意識の差が激しい点は少し不満でした。もちろん、真面目に勉強に取り組んでいる学生もいましたが、授業中の私語や授業を受ける態度が悪い学生も多かったです。私…続きを読む

おすすめ学部:環境共生学類

野生動物の管理から、海洋水質まで、環境・生態学に関する研究室がたくさんあります。キャンパスのすぐ近くに森林があるのでそこで実習をしたりします。生き物が好き・自然環境に興…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


回答者プロフィール

  • 大学:酪農学園大学 農食環境学群 循環農学類
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

酪農学園大学の評判・口コミ【農食環境学群編】

満足している点

他大学よりも一度職に就いてから大学教授になられた方が多く、より専門的な内容の学習ができます。また、先生方の分野も多岐に分かれており、学生が本当に学びたい事をさらに専門的…続きを読む

不満に感じている点

学内の敷地は広く、端から端まで歩くと30分ほどかかります。その敷地内で自動車を利用できないことはとても不便で登校にも時間がかかる現状です。自動車を利用できれば登校でも疲…続きを読む

おすすめ学部:食と健康学類

これから農業よりも農産物を利用する職業の方が需要が高まるため、それを学び、より専門的な技術などを身に付ければ就職やアルバイトにしてもかなり生かせるのではないかと考えます…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


回答者プロフィール

  • 大学:酪農学園大学 農食環境学群 食と健康学類
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

酪農学園大学の評判・口コミ【農食環境学群編】

満足している点

酪農に関する学類があり敷地が広く、牛や馬をはじめとする家畜がいる、獣医もあるため犬や猫などもおり動物と触れ合えるところです。他にも広い農地があり、農業に関する学科以外の…続きを読む

不満に感じている点

酪農に関する科があるため、多くの動物が大学構内で共に生活しています。また、獣医の科もあり、動物病院が併設されています。そのため学内で飼っている動物は定期的に動物病院で検…続きを読む

おすすめ学部:食と健康学類

生産、流通、消費とすべての面で体験を通し学ぶことができます。これはほかの特徴ある科がある私が通う大学であるからこその特徴であると考えるためです。もし真剣に食に関して学び…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


回答者プロフィール

  • 大学:酪農学園大学 農食環境学群
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

酪農学園大学の評判・口コミ【農食環境学群編】

満足している点

大学のすぐそばには森林公園が隣接しており、動物や植物などの自然環境を学ぶには持ってこいの立地です。また、敷地内には、サークル活動でも野菜を育てられる場所があり、農業を通…続きを読む

不満に感じている点

ゼミや研究室では動物や水質に特化した教授が多く見受けられます。逆に、自然環境のなかで植物に特化した教授は少ないので、植物を究めたい場合は入りたいゼミや研究室が見つからな…続きを読む

おすすめ学部:農食環境学群

農食環境学群は、農業や食などの分野と自然環境の分野に分かれます。私がおススメなのは農業や食の分野です。なぜなら、人は生きる上で必要なことは食だからです。農業の技術を学び…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


回答者プロフィール

  • 大学:酪農学園大学 農食環境学群 環境共生学類
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

酪農学園大学の評判・口コミ【農食環境学群編】

満足している点

酪農、農業、環境、食品、獣医、獣看護士についての講義が広く行われており、他学群の講義を受講することも出来たからです。私は環境の専門コースに所属していましたが、農業や食品…続きを読む

不満に感じている点

留学をする意思がなく、調べていないためかもしれませんが、留学の制度がなかったように思います。講義やゼミ活動で海外に調査にいったりといったことはあり、実際にその事を卒論の…続きを読む

おすすめ学部:環境共生学類

昨今、環境問題が重大な課題となっています。まだ国内で深く学べる大学はあまり多くはないと思います。環境問題だけではなく、生態系について、食害対策などについても学ぶことが出…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます



酪農学園大学 農食環境学群の口コミ・評判一覧をチェック
※酪農学園大学 農食環境学群の口コミ一覧ページへ遷移します

酪農学園大学(環境共生学類)専用掲示板


名無しさん
酪農学園大学 環境共生学類に実際に通っている方、通っていた方へ。

酪農学園大学の評判はどうですか?酪農学園大学の雰囲気・校風、学校行事・イベントの盛り上がり具合、就活の進めやすさなどについて語り合いましょう!環境共生学類についてのコメントも大歓迎です。

コメントお待ちしてます。
回答受付中

投稿コメント一覧

  1. 環境共生 一年 女子 より:

    2022年度、環境共生に入学しました
    障害などを持っている生徒にハイリョねかいが、だせるのですが、結局なんの意味もありませんでした。授業中にお菓子を食べていたりYou Tubeをみてさわいでいたり写真だけとって帰る生徒がいたりととても、学べる環境ではありません。先生もあきらめて居るのか注意もしません……授業に出る意味が全くわかりまけん。このがっこうでは。まなべないです
    真剣に学びを考えてるこは、こないほうがいいです。サボートもしてくれませんこどもこども。たかい学費を払い関東から、単身で入学しましたが。先のことをかんがえて、結局来年べつの学校に、受験し直すことに、しました。すべての生徒ではありませんが、生徒、教務課の質がわるいです。
    まだ。昭和的な考えの学校ですね。
    学びたい生徒がはじかれます。別の学校に進学することをおすすめします。
    こどもは、やみました。こどもを
    まもりましょう。
    北海道特有の気圧の変化も、あります。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA






酪農学園大学 環境共生学類の基本情報

  • 名称:酪農学園大学 環境共生学類
  • 法人名:酪農学園
  • キャンパス:本キャンパス
  • アクセス:JR函館本線大麻駅南口下車、徒歩約10分、またはJR・地下鉄新札幌駅からJRバスもしくは夕鉄バスで約20分、とわの森三愛高校前下車、または酪農学園前下車、すぐ
  • 所在地:〒069-8501 北海道江別市文京台緑町582
  • 公式HP:https://www.rakuno.ac.jp/department/agriculture/symbiotic.html

目次

酪農学園大学の特徴
満足していること:ゼミ・研究室
満足していること②:部活動
不満に感じていること:授業
不満に感じていること②:キャンパスの立地
酪農学園大学のおすすめ学部:環境共生学類
酪農学園大学に通って良かった?
酪農学園大学(環境共生学類)専用掲示板  
 
静岡大学 工学部
静岡大学の評判・口コミ【工学部編】

大学:静岡大学 工学部 状況:現在大学に通っている(大学2年生)性

立教大学 経済学部
立教大学の評判・口コミ【経済学部編】

大学:立教大学 経済学部 状況:大学卒業後、2年以内性別:男性総合

近畿大学 文芸学部
近畿大学の評判・口コミ【文芸学部編】

大学:近畿大学 文芸学部 文化・歴史学科状況:現在大学に通っている

新潟大学 教育学部
新潟大学の評判・口コミ【教育学部編】

大学:新潟大学 教育学部 美術教育専修状況:大学卒業後、2年以内性

青山学院大学 教育人間科学部
青山学院大学の評判・口コミ【教育人間科学部編】

大学:青山学院大学 教育人間科学部 心理学科状況:大学卒業後、1年

→もっと見る