大阪大学の評判・口コミ【基礎工学部編】

最終更新日:2020/01/13

今回は、大阪大学 基礎工学部システム科学科の卒業生(卒業後2年以内)に大阪大学の雰囲気や魅力、特色について、伺いました。回答の中で、ゼミ・研究室、サークルなど、在籍している人ならではのリアルな口コミ・評判を教えていただくことができました。後半パートでは、大阪大学に通って良かったかについても、ずばり回答していただきましたので、阪大 基礎工に対するイメージを具体的にしたいとお考えの方は、ぜひ最後までお読みください。

※画像は各大学HPより引用(URLは基本情報欄に記載)


回答者プロフィール

  • 大学:大阪大学 基礎工学部システム科学科
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

大阪大学の特徴

理系・文系問わず多くの学部があり多くの学生が在籍している大学です。キャンパスも3ヶ所あり、その規模を物語っています。理系文系が両方いるので、サークルなどでは両方の学生と仲良くなれます。そのため、学部学科の少ない大学に比べて幅広い人と関わることで広い視点で物事を考えられるようになると思っています。また、申請が通れば理系でも文系の授業を受けたり、その逆もできます。一種の趣味として学ぶこともでき、またキャンパス内でそのまま受けられるのでいろいろな勉強をしたい人にもおすすめです。



満足していること:ゼミ・研究室

国立大学故に環境が充実しており、望むならしっかりと研究ができます。私立大学に通っていた知り合いは研究室で「パソコンが一人一台あるなんて羨ましい」と言っていましたが、私の研究室では申請すれば2台以上のパソコンを個人で使うことができました。研究費は少なくて困っていると教員は言っていますが、実際学生にそこまでのしわ寄せが来ることは少ないので、学生が研究する上では非常に恵まれている環境であると感じます。また、多くの研究をしている総合大学なので、最初に入る学部や学科次第ですがかなり幅広いことに取り組めます。望む研究室に入るためにはそれなりの成績を取らなければいけませんが、それさえクリアできればやりたい研究にしっかり取り組めると感じています。

満足していること②:サークル

学生が多いこともあり非常に種類が充実しています。サークルの紹介を行うサークルオリエンテーションでは100以上のサークルが紹介をしています。また、そのサークルオリエンテーションに参加しないサークルもあり、Twitterなどで調べてみると非常に多くのサークルが見つかります。自分がやりたいと思うことのほとんどは見つかると思います。実際4年通った自分でもどんなサークルが存在しているのかよくわかってないほどで、その上で毎年どんどん新しいサークルが生まれるので、さまざまな活動に取り組めます。



不満に感じていること:キャンパスの立地

メインとなる石橋駅からは決して近いとはいえず、しかもほぼ車道のような道を通る必要があり、危険です。さらに学校までには「阪大坂」と呼ばれる長い坂があり、これが学生の体力を奪っていきます。もう一つ最寄り駅として柴原駅というのがあるのですが、こちらは大阪モノレールのためアクセスが悪く、運賃が高く、さらに周囲には店があまりなく、学生も少ないので使っているのは最寄り駅がモノレール沿線の学生のみではないかという駅です。自分は柴原駅を利用していますが、だいたい集まりは石橋駅周辺なので、毎回20分ほど歩いて柴原から石橋まで行っています。

不満に感じていること②:学食

学生が非常に多いせいで学食が非常に混雑します。通勤ラッシュ時の東京や梅田くらいの人がいるときもあります。運が悪いと昼休み中に昼食を取れなくなる可能性もあり、特に1年生は早く授業が終わる可能性が高いため2~4年生ははじめから学食を諦めお弁当などをコンビニで買って済ます人が多い印象です。何箇所か学食はあるのですが、一番よく使われるところ以外は基礎工学部からのアクセスが悪く、移動だけで往復10分以上かかってしまいます。そのため在籍中は満足に昼食を取れない日が頻繁にありました。



大阪大学のおすすめ学部:基礎工学部

工学部系でありながら学科によっては実験が少なく、拘束時間が短いというのは魅力です。実験は午後が全部潰れます。工学部の友人は週4日実験だったのに対し、自分は週2日しか実験がなかったので、自由な時間が多かったです。さらに吹田キャンパスへの移動もないので、サークル活動を続けやすいのも魅力です。


大阪大学に通って良かった?

大阪大学への満足度:満足

やはりネームバリューが強いです。東大や京大には劣るとはいえ、旧帝大の一つなので名前を出せばとりあえずすごそうな人扱いされます。就職などもESは通りやすく、30も40も出さなくてもなんとかなることが多いです。授業や研究もしっかりしており、図書館などの設備も充実していて、サークルもたくさんある中から選ぶことが出来るので、4年間でしっかり学びたい人、大学生活を楽しみたい人どちらにも適した大学だと思います。





人気記事 旧帝大(七帝大)とは?偏差値高い国立大学群「旧帝大」を偏差値・評判で比較

人気記事 学歴フィルターとは?どの大学から学歴フィルタに引っかかるか口コミから検証【学歴フィルター42校】

人気記事 【大学ランク】大学をSランクからEランクまで格付け(2019年4月調査)

ほかの学生による投稿口コミ(大阪大学 基礎工学部)

回答者プロフィール

評価:★★★★★(大満足) / 在籍中・男性

大阪大学の評判・口コミ【基礎工学部編】

志望理由

もともと理数系が好きで、その中でも電気に興味があった為、工学部を志望していました。真剣に受験を考え始めた頃は家の近くにある私立大学を考えていたのですが、大学見学で大阪大…続きを読む

学んでいること

基本的な電気の知識を身に着けるために、数学では線形代数や解析学など細かく分野が分かれたり、物理も今まで何気なく使ってきた公式がどのように生まれたのかなど、高校の延長のよ…続きを読む

満足している点

吹田キャンパス近くにレーザーを扱う施設がありますが、これは日本最大級で世界的にも非常に有名なものです。恐らく阪大が最もお金をかけている研究施設なのですが、これのおかげで…続きを読む

不満に感じている点

大阪大学というと旧帝大で賢いと言われますが、関西には京大があるため落ちこぼれの阪大と言われることが多く、あまり良い印象がありません。実際、私の周りにも京大が厳しいので阪…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


回答者プロフィール

評価:★★★★★(大満足) / 1年生・男性

大阪大学の評判・口コミ【基礎工学部編】

志望理由

まず、自宅から通える大学を探しました。関西における難関大学は、京都大学、大阪大学、神戸大学と言われており、その中でも私が大阪大学を選んだ理由は以下の通りです。一つ目は、…続きを読む

学んでいること

私は一年生であるため、専門科目は未だ受けていません。専門基礎教養科目と一般教養科目を受けています。専門基礎では、力学、解析学、線型代数学といった、工学を修めるにあたって…続きを読む

満足している点

大阪大学には複数のキャンパスがありますが、その中でも、吹田キャンパスは広大な敷地を有していて、医学部と歯学部の両付属病院や、多くの理系学部の所在地であり、数多くの研究所…続きを読む

不満に感じている点

大阪大学は日本で一番学生数の多い国立大学です。豊中キャンパスは文系学部と理系学部の所在地で、一年の教養科目の開講キャンパスであることから、全学部の一年が使用しています。…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


回答者プロフィール

評価:★★★★★(大満足) / 2年生・男性

大阪大学の評判・口コミ【基礎工学部編】

志望理由

自分の学力レベルに合っていて、就職実績、評判、知名度なども申し分なかったからです。通っていたのが京都大学を非常に推している高校で、京都大学レベルの問題は解けるくらいの勉…続きを読む

学んでいること

主に自分の所属している学科では、プログラミングなどコンピュータについての勉強をします。プログラミング言語などを用いてプログラムを作ることはもちろん、その土台となる数学も…続きを読む

満足している点

やはり大阪大学の理系となると企業からの認知度が高いです。パナソニックなどの大手企業などとの関わりも深く、やはり就職に関しては申し分ないレベルにあると思います。また、研究…続きを読む

不満に感じている点

大阪大学は比較的忙しいと言われている大学です。京都大学での単位は空から降ってくると言われているのに対し、大阪大学の単位は大阪湾に沈んでいると言われているほどです。確かに…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


回答者プロフィール

評価:★★★★☆(満足) / 卒業1年以内・男性

大阪大学の評判・口コミ【基礎工学部編】

志望理由

金銭面で国立に通うことは前提でした。また、当時通っていた高校のコースが入学した瞬間から理系コースに決定されており、理系学部に進学することは高校1年生の時から決めていまし…続きを読む

学んでいること

一般教養と外国語の他には主に物性物理学に関する分野を学びました。具体的な分野では量子力学、統計力学、個体物理学などを学びました。また、エレクトロニクス分野も学びました。…続きを読む

満足している点

周囲の環境は自己の形成にすごく重要だと思っています。周囲が勉強熱心だと自ずと自分も勉強しますし、逆に不真面目だと自分も自ずと不真面目になるものだと思います。これは、高校…続きを読む

不満に感じている点

イベントなどで賑わうシーズンになると、通学路に立ち並ぶガールズバーや飲み屋の前に嘔吐物がよく落ちています。朝、清々しい気分で登校しているときに汚物を見ると流石に気が滅入…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


回答者プロフィール

評価:★★★★★(大満足) / それ以外・男性

大阪大学の評判・口コミ【基礎工学部編】

満足している点

旧七帝大の1つでもあるので、就職先は優良な会社に行く人たちが多いです。いわゆる大企業であったり、外資系やベンチャーなどさまざまです。理系の場合だと、さまざまな大企業から…続きを読む

不満に感じている点

大学の最寄り駅からキャンパスまで20分~30分歩かなければならないので、実家生は馴れるまで大変です。下宿生は、自転車や原付置き場がキャンパス内にあるので、そこまで苦労し…続きを読む

おすすめ学部:文学部

私が知っている学部の中で、一番単位を取るのがラクな学部です。1回生で一般教養などの単位をしっかり取り切ると、2回生以降では、週2回講義に出るだけで卒業要件を満たすことも…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


回答者プロフィール

評価:★★★☆☆(ふつう) / 大学4年生・男性

大阪大学の評判・口コミ【基礎工学部編】

満足している点

4年生から行きたい研究室に希望を出したものの中で、成績順で配属が決まります。研究室に入ってからは、自由な時間が多く、いつも同じメンバーでいるので非常に仲良くなり、時に学…続きを読む

不満に感じている点

大阪大学では、体育会系も文化系も沢山のサークルが有りますが、やはり私立の大学と比べるとスポーツ推薦が無いため、体育会のサークルは関西の大会に出るとあまり強くありません。…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます




大阪大学 基礎工学部の口コミ・評判一覧をチェック
※大阪大学 基礎工学部の口コミ一覧ページへ遷移します



大阪大学 基礎工学部の基本情報

  • 名称:大阪大学 基礎工学部
  • 法人名:国立大学法人大阪大学
  • キャンパス:豊中キャンパス
  • アクセス:大阪モノレール柴原駅下車、学部により徒歩7~15分など
  • 所在地:〒560-8531 大阪府豊中市待兼山町1の3
  • 公式HP:http://www.es.osaka-u.ac.jp/

目次

大阪大学の特徴
満足していること:ゼミ・研究室
満足していること②:サークル
不満に感じていること:キャンパスの立地
不満に感じていること②:学食
大阪大学のおすすめ学部:基礎工学部
大阪大学に通って良かった?
 
 
       
比治山大学 短期大学部 美術科
比治山大学 短期大学部の評判・口コミ【美術科編】

比治山大学 短期大学部 美術科の卒業生から聞いた、比治山大学 短期大学

西九州大学 リハビリテーション学部
西九州大学の評判・口コミ【リハビリテーション学部編】

西九州大学 リハビリテーション学部の卒業生から聞いた、西九州大学の魅力

九州栄養福祉大学 リハビリテーション学部
九州栄養福祉大学の評判・口コミ【リハビリテーション学部編】

九州栄養福祉大学 リハビリテーション学部の卒業生から聞いた、九州栄養福

九州大学 共創学部
九州大学の評判・口コミ【共創学部編】

九州大学 共創学部の卒業生から聞いた、九州大学の魅力や雰囲気、特色に関

目白大学 人間学部
目白大学の評判・口コミ【人間学部編】

目白大学 人間学部の卒業生から聞いた、目白大学の魅力や雰囲気、特色に関

→もっと見る