武蔵野美術大学の評判・口コミ【造形学部編】

最終更新日:2020/02/22


武蔵野美術大学 造形学部 建築学科に現在通っている4年生から聞いた、武蔵野美術大学の魅力や雰囲気、特色をご紹介します。「様々な分野の友人ができる」「休学費用が高い」など、良い口コミや悪い評判を含めた、在籍している人ならではのリアルな実体験をお伝えしますので、武蔵野美術大学に対するイメージを具体的にしたいとお考えの方は、ぜひご覧ください。
※画像は各大学HPより引用(URLは基本情報欄に記載)



回答者プロフィール

  • 大学:武蔵野美術大学 造形学部 建築学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

志望理由

高校生のころ見に行った劇団四季から影響を受け、舞台美術をやりたいと思っていました。また、建築にも興味があり、将来自分で住む家を自分で設計したいなと思い、どちらも勉強することができる美術大学の建築学科を目指すことにしました。また小さなことから美術に関することに興味がありましたが、絵を描くことが得意ではなかったため、数学のみで受験することができる学科というのも、とても魅力的だったので、この学科を選びました。



大学で勉強していること

基本的に建築設計、建築意匠について学びます。課題の終わりには毎回プレゼンを行うので、そのために用意する資料制作のためにグラフィックにも強くなります。専門分野以外では彫刻や絵画を学びます。彫刻は私たちの代ではコンクリートの塊から小枝を掘り出しました。また、絵画では石をモチーフに作品制作を行ったり、ヌードデッサンをし、そこからさらに発展させ制作を行いました。また、他学科の分野の座学を受け、他分野の実技だけでなく考え方やプロセスも学びます。


満足していること:様々な分野の友人ができる

まず、建物がとてもかっこいいです。最近では特に藤本壮介氏設計の図書館が有名ですが、それ以外にも芦原義信氏により設計された油絵学科棟が特に素晴らしく、大学へ通うのがとても楽しくなります。授業の内容でも面白いものが多いです。例をあげると、グレートジャーニーと呼ばれている関野吉晴氏による授業では、教授が行った人類が旅した経路をたどるという旅の一部始終から、自分自身の生き方やそれに対する考え方を見直し考えることができます。


不満に感じていること:休学費用が高い

美術大学へ通っていると、様々な人に出会い、様々な考え方に触れます。すると、自分の生き方や指標を見失い目標がブレてしまうことがあります。私もそのような時期がありましたが、そのような時に1年休学し自分と向き合う時間が欲しいと考えていたのですが、学費の半分という休学費用の高さに驚き、現実と向き合い、休学という選択肢を捨てざるをえませんでした。実際に私の周りでもそのような人が多いので、そこは見直して欲しい点です。



武蔵野美術大学のおすすめ学部:造形学部

私の大学では二つのキャンパスがあります。ひとつは都心にあるキャンパス。もうひとつは郊外にあるキャンパスです。造形学部は郊外にキャンパスがあり、4年間そこで過ごします。その利点は、友人が大学のそばに住んでいる確率が高いということです。その良さは、一人暮らしでも心細くありませんし、大学のそばに住んでいることから授業がない日でも大学へ通う人が多く、仲間との距離が近いと感じます。都心から少し離れた場所にあるため、時間の流れ方が違うように感じ様々なことに集中することができます。


武蔵野美術大学に通って良かった?

武蔵野美術大学への満足度:とても満足

美術大学では本当に様々なことをしている人がいます。例えば、絵画を描く人や彫刻をする人、グラフィックのデザインを学ぶ人、インテリアデザインを学ぶ人、同じ学科同士でも政策の方向性や考え方が違う人が多く、そのような人たちと過ごしていると刺激的で楽しいです。また、一緒に制作をするとなると様々な分野の人と手を組むことになるので、思いもよらないような結果が生まれてくることがありとても面白いと思っています。





人気記事 学歴フィルターとは?どの大学から学歴フィルタに引っかかるか口コミから検証【学歴フィルター42校】

人気記事 【大学ランク】大学をSランクからEランクまで格付け(2019年4月調査)

ほかの学生による投稿口コミ(武蔵野美術大学)

回答者プロフィール

  • 大学:武蔵野美術大学 造形学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

武蔵野美術大学の評判・口コミ【造形学部編】

志望理由

高校生のときからポスターやロゴ、パッケージなどのグラフィックデザイン、テレビCMやインタラクティブデザインなど、デザイン全般に興味があったので、美術大学進学を目指しまし…続きを読む

学んでいること

ポスターや雑誌表紙、パッケージなどのグラフィックデザインはもちろん、HTMLやCSSなどのウェブコーディング、perlやC言語などのプログラミングも学びました。グループ…続きを読む

満足している点

大学内には、デザインや美術書が豊富に揃った図書館があり、美術館もあります。美術館は定期的に展示内容が入れ替わり、無料で閲覧できます。都内の美術館や博物館までは決して近い…続きを読む

不満に感じている点

大学は都心から外れた田舎にあります。作業着のまま大学外のコンビニや個人飲食店へ気軽に立ち寄れる自由でのどかな雰囲気はとてもいいですが、都心に出るまで多少の時間がかかりま…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


回答者プロフィール

  • 大学:武蔵野美術大学 造形学部 工芸工業デザイン学科
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

武蔵野美術大学の評判・口コミ【造形学部編】

満足している点

専攻数が多く、自分の専門領域外にも精通している人が沢山いるため、異業種交流のようなものも盛んです。なにか新しいことを始めたいと思えば、他学科や他大学の知り合いやOBOG…続きを読む

不満に感じている点

最寄り駅からは大きなキャンバスや画材を持っていくには距離があり、また玉川上水の近くは道も悪いのでキャスター付きの画材セットを持っているときは国分寺からバスまたはタクシー…続きを読む

おすすめ学部:造形学部 工芸工業デザイン学科

日本の中でトップクラスに幅広い素材を扱える学科です。金工・木工・陶磁、ガラスといった工芸のほか、インテリアデザイン・インダストリアルデザインも専攻できます。工芸分野に進…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


回答者プロフィール

  • 大学:武蔵野美術大学 通信教育課程 総合課程
  • 状況:現在大学に通っている(大学2年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★☆☆(ふつう)

武蔵野美術大学の評判・口コミ【通信教育課程編】

満足している点

一般的な通学での学びと異なり、通信教育課程であるため、毎日自宅で地道に学習できるところは気に入っています。自宅で制作した課題は、郵送で提出して、大学の担当の先生に添削し…続きを読む

不満に感じている点

私は東京都内ではなく、地方に住んで大学に在籍しています。学習は自宅での絵画制作やレポート制作がメインですが、指定の単位分はスクーリングに行く必要があります。スクーリング…続きを読む

おすすめ学部:油絵学科 日本画コース

1、2年生の間からある程度3、4年生での学部とコースを考えておく必要があります。3年生で希望のコースに進むためには、選択した学部・コースに必要な必修科目の単位を1、2年…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


回答者プロフィール

  • 大学:武蔵野美術大学 造形学部 油絵学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★☆☆(ふつう)

武蔵野美術大学の評判・口コミ【造形学部編】

満足している点

教授陣はその業界の最前線にいるような豪華な顔触れです。私の所属している油絵科の教授方は、画力が高く受賞歴が多数あるのはもちろん、人格的にも優れています。私は今、先天的な…続きを読む

不満に感じている点

学費の高さは非常に重大な問題で、早急に解決するべきだと思います。年間約170万円もかかる理由が全く分かりません。私立の美術大学とはいえあまりにも高額過ぎます。殆どの学生…続きを読む

おすすめ学部:油絵学科

ムサビはデザイン系の学部が多いのが特徴ですが、あまりにも忙しくそして先生からのパワハラもあると聞き、心身を病むだろうと思いました。それに比べて油絵学科は、まだムサビ内で…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


回答者プロフィール

  • 大学:武蔵野美術大学 造形学部
  • 状況:大学卒業後、1年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

武蔵野美術大学の評判・口コミ【造形学部編】

満足している点

学生の頃からサークルで真面目に活動していたおかげで企業とのコネクションが出来たためです。いろいろなサークルがありましたが、いくつかに所属していたため様々な個性のある友人…続きを読む

不満に感じている点

もちろん仲の良い友人や尊敬出来る友人もたくさん出来ましたが、なにしろ美術大学なので・・・人間として程度の低い方が周りに多かったのが一番残念でした。こちらが強く出ない性格…続きを読む

おすすめ学部:造形学部

諦める、妥協するということを学ぶことができるためです。完璧を求めがちですが、決められた期限内に課題を提出するということは必ずなにかを諦めなければならないということです。…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


回答者プロフィール

  • 大学:武蔵野美術大学 油絵専攻
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

武蔵野美術大学(通信教育課程)の評判・口コミ【油絵専攻編】

満足している点

通信制という形態のため、授業に関しては、基本的にやるもやらないも自分のやる気と時間次第となっています。このことは良い点でありますし、悪い点とも言えますが。それでも、東京…続きを読む

不満に感じている点

通信制なので勿論なのですが、ゼミ、研究室という概念がかなり薄いです。そういった場所を必要としないというのも通信制の強みかと思いますが、美術大学なので、メインは作品制作で…続きを読む

おすすめ学部:絵画学部

絵画表現は、デザイン系の表現活動に比べ、より自分自身の表現したいものを投影できます。自分自身の内面を見つめなおしたり、思ったことを反芻、再構築するといった行為については…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


回答者プロフィール

  • 大学:武蔵野美術大学 造形学部デザイン情報学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

武蔵野美術大学の評判・口コミ【造形学部編】

満足している点

ムサビでは通常の講義や課外授業を通して、様々な職種に就いている方からお話を伺える機会が多くあります。『キャリア設計』という授業では毎週異なる企業に務める方が講義を行い、…続きを読む

不満に感じている点

立地・交通がとにかく不便です。最寄りの鷹の台駅から大学までは徒歩20分なのですが、公園もしくはその脇の道路を通らなければならず、公園の場合は目や口に虫がはいるのは日常茶…続きを読む

おすすめ学部:デザイン情報学科

ムサビ一課題が多い鬼畜学科と呼ばれている場所です。幅広いことを学べるのがメリットなのですが、最初から自由に選べるわけではなく一通りのことを膨大な課題をこなしながら経験し…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


回答者プロフィール

  • 大学:武蔵野美術大学 造形学部 工芸工業デザイン学科
  • 状況:大学卒業後、1年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

武蔵野美術大学の評判・口コミ【造形学部編】

満足している点

個性豊かな人々が共存していて、さほど大きいわけではないキャンパス内には、様々な設備もぎゅっと集まって充実しています。彫刻学科の友人に大きな彫刻アトリエを案内してもらって…続きを読む

不満に感じている点

制作に没頭するにはほどほどに都会から離れた閑静な住宅街は適した環境なのかもしれません。しかし、私はあまり好きな街ではありませんでした。2時間かけて通学していて、経由地の…続きを読む

おすすめ学部:彫刻学科

設備が立派で、大きな作品も開放的な空間でつくれます。一流作家の話も身近に聞けて、夢を持って没頭できる空間だと思いました。私の学科と少し似たことをしているので親近感があり…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


回答者プロフィール

  • 大学:武蔵野美術大学 造形学部 彫刻学科
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

武蔵野美術大学の評判・口コミ【造形学部編】

満足している点

彫刻学科は各素材ごとに専用の工房がありますが日本の美術大学の中でもかなり整った設備の中で作品作りができます。基本的な工具はもちろんのこと、工房によってはクレーンや電気窯…続きを読む

不満に感じている点

最寄り駅が西武国分寺線の鷹の台駅ですが、そこから徒歩18分ぐらいかかります。緑が生い茂る玉川上水沿いの道は昼間は景色もよく散歩に最適ですが、夜はとても暗いためその道を避…続きを読む

おすすめ学部:油絵学科 版画専攻

油絵がアートの主流と一見思われがちですが版画専攻は少人数制で各版画技法をしっかり学ぶことができとてもオススメです。人数に対しての先生も多く制作環境を整っているためのびの…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


回答者プロフィール

  • 大学:武蔵野美術大学 造形学部工芸工業デザイン学科
  • 状況:大学卒業後、1年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

武蔵野美術大学の評判・口コミ【造形学部編】

満足している点

授業は企業とコラボレーションして進める産学協同研究などが豊富です。教授も有名なデザイナーが常勤でいらっしゃいますし、学科、専攻超えて相談することもできます。授業は教授か…続きを読む

不満に感じている点

最寄駅がありません。駅から徒歩20~30分か、もしくはバスで15分程度かかるところにあります。自転車を最寄駅近くで購入し、駐輪場を契約し通う方もかなり多いです。キャンパ…続きを読む

おすすめ学部:工芸工業デザイン学科

1年次に専攻ごとの授業を受けさせてくれて進路決定に自信が持てます。また専攻後も手厚いサポートで高度な技術を身に付けることができます。一人一人としっかり向かい合うスタイル…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます




武蔵野美術大学の口コミ・評判一覧をチェック
※武蔵野美術大学の口コミ一覧ページへ遷移します

武蔵野美術大学(造形学部)専用掲示板


名無しさん
武蔵野美術大学 造形学部に実際に通っている方、通っていた方に質問です。

武蔵野美術大学の評判はどうですか?武蔵野美術大学の雰囲気・校風、学校行事・イベントの盛り上がり具合、就活の進めやすさなどについて教えてください。造形学部についてのコメントも大歓迎です。

コメントお待ちしています。
回答受付中

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA






武蔵野美術大学 造形学部の基本情報

  • 名称:武蔵野美術大学 造形学部
  • 法人名:学校法人武蔵野美術大学
  • キャンパス:本キャンパス
  • アクセス:西武国分寺線鷹の台駅下車、徒歩約18分。またはバスで武蔵野美術大学下車
  • 所在地:〒187-8505 東京都小平市小川町1-736
  • 公式HP:http://www.musabi.ac.jp/course/

目次

志望理由
大学で勉強していること
満足していること:様々な分野の友人ができる
不満に感じていること:休学費用が高い
武蔵野美術大学のおすすめ学部:造形学部
武蔵野美術大学に通って良かった?
武蔵野美術大学(造形学部)専用掲示板  
 
       
東京理科大学 工学部
東京理科大学の評判・口コミ【工学部編】

大学:東京理科大学 工学部 状況:現在大学に通っている(大学2年生

立教大学 異文化コミュニケーション学部
立教大学の評判・口コミ【異文化コミュニケーション学部編】

大学:立教大学 異文化コミュニケーション学部 状況:現在大学に通っ

熊本県立大学 総合管理学部
熊本県立大学の評判・口コミ【総合管理学部編】

大学:熊本県立大学 総合管理学部 状況:現在大学に通っている(大学

早稲田大学 文化構想学部
早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】

大学:早稲田大学 文化構想学部 状況:現在大学に通っている(大学1

専修大学 人間科学部
専修大学の評判・口コミ【人間科学部編】

大学:専修大学 人間科学部 状況:大学卒業後、1年以内性別:女性総

→もっと見る