口コミから見た、大阪大学 工学部の評判は?

大学スクールナビに寄せられた、大阪大学 工学部に通っている(直近まで通っていた)人から集めた口コミをもとに、大阪大学 工学部の評判についてご紹介します。大阪大学 工学部の雰囲気や魅力、特色を理解するのにお役立てください。
最終更新日:2022/06/30

大阪大学 工学部

引用:https://www.eng.osaka-u.ac.jp/ja/




目次

大阪大学 工学部に通ってみて、満足しているポイント
大阪大学 工学部に通ってみて、不満に感じているポイント
おすすめ学部は?
大阪大学 工学部に通って良かったか
大阪大学 工学部について
大阪大学 工学部の口コミ・評判一覧

Q.大阪大学 工学部に通ってみて、満足している点を教えてください。

  • 大学:大阪大学 工学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

サポートしてくれる教員が多い

大阪大学では単純計算で1人の学生につき2人から3人の教員が面倒を見てくれます。入学したての頃は特に教員に相談するような悩みもあまりないと思うのですが、進級して学ぶ内容が高度になっていくにつれ、勉強方法や講義の取り方、さらには進路の選択など、友達や先輩に相談するだけではなかなか解決できないようなことも増えていきます。大阪大学では2回生になってから1人の学生につき1人の担当教員がつき、常に自分の学習状況や単位取得状況などを確認して定期的な面談を行ってくれるようになります。さらにクラス担任や学科長といった方々にも気軽に相談できる環境がありますし、そういった教員たちに自分が入りたいと思っている研究室の教授など、他の教員と話す機会を設けてもらうことも可能です。

大阪大学の評判・口コミ【工学部編】
公開日:2022年5月
  • 大学:大阪大学 工学部
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

勉学と気分転換のメリハリが良く効いている

まず前提としてキャンパスは複数あります。文系と理系の学部が混ざった豊中キャンパス、理系に特化した吹田キャンパス、外国語に特化した箕面キャンパスがあります。その中でも特に豊中キャンパスはジャンルに富んだ施設が多く体育館やグラウンド、テニスコート、図書館との距離が非常に近いです。図書館の真下には大きな食堂(通称:館下)があり、運動した後にご飯を食べて図書館に向かい勉強するといったメリハリの効いた生活ができます。図書館も広くて涼しく、また本の検索も容易でパソコンも使える最高の空間です。テストシーズンには人でごった返すのがたまに傷ですが。学生街が近いのもグッドです。週末は学生が駅チカでよく飲んでいます。

大阪大学の評判・口コミ【工学部編】
公開日:2020年3月
  • 大学:大阪大学 工学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学2年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

履修科目が充実している

大阪大学では、自分が所属する学部の幅広い専門科目に加えて、他学部の科目の一部を履修することができます。この制度により、理系の人でも文系学部の講義を受けることが可能です。文系の人も理系学部の講義を受けられます。これを活用することで、より幅広い教養が身につきます。図書館の蔵書数も多く、学習面では困ることのない大学だと思います。先生方も非常に熱心な人が多く、学生の質問等にも快く答えてくれる先生が多いです。

大阪大学の評判・口コミ【工学部編】
公開日:2019年11月
  • 大学:大阪大学 工学部
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

就職に強い

入学試験の難易度もそれなりに高いですが、その分就職活動に強いです。阪大生向けの合同説明会が学内で頻繁に開催されていますし、さらにインターンや就職活動のエントリーシート選考の段階で落とされることはまずありません。同志社や関関同立の友人は説明会のネット予約が満席表示でも、大阪大学なら予約できたりします。面接選考に進んだ以降も、特に関西に本社を置く大手メーカー等であれば心なしか通過しやすいような気がします。

大阪大学の評判・口コミ【工学部編】
公開日:2019年7月
  • 大学:大阪大学 工学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

就職に強い

関西の国公立では偏差値も高い方なので、学歴を重視する企業などであれば有利になると思っています。そうでなくても勉強してきたんだ、と真面目な人柄が伝わるので、今の大学に行けて満足しています。また、研究室からのコネも少なからずあると思うので、就職するときにそこまで苦しまず進めるのではないかと思っています。そのため、インターンや就活が嫌で辛く感じたりすることがなく、明るい気持ちで学生生活を送ることができます。また、卒業された先輩方も様々な就職先があり、その繋がりを持てれば将来さらに広がると思います。

大阪大学の評判・口コミ【工学部編】
公開日:2019年2月
  • 大学:大阪大学 工学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

サークルの数が豊富にある

阪大には多くのサークルがあり、同じスポーツをするにしてもいくつかのサークルから自分に合っているものを選ぶことができるという利点があります。また、阪大は大阪に立地しているということから体育館が周囲に多くあり、サークル活動のしやすさという点でもとても恵まれていると思います。そして、阪大には多くの学生が在籍しているため、サークルに入る学生の数も多く、サークルの中で友好を深めることもできるということもいいなと思います。

大阪大学の評判・口コミ【工学部編】
公開日:2018年9月
  • 大学:大阪大学 工学部
  • 状況:現在大学に通っている(それ以外)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

ゼミ・研究室

大阪大学は日本を代表する総合大学でそのスタッフの質や研究費用など他の大学よりも良い環境です。実際に私は、有機合成化学系の研究室に所属していました。優秀な教員そして学生に囲まれながら、最先端の研究を行っていました。主に実験が生活の中心となっていて、時には深夜まで実験する事もありますが、それができる環境は日本の大学の中では稀有な存在であると感じています。このような理由で、私は研究室に満足していました。

大阪大学の評判・口コミ【工学部編】
公開日:2018年6月

Q.大阪大学 工学部に通ってみて、不満に感じている点を教えてください。

  • 大学:大阪大学 工学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

大阪市内から遠い

大阪大学は3つのキャンパスがあるのですが、どのキャンパスも大阪の北部の端っこ辺り(豊中市、吹田市、箕面市)にあります。大阪市内から通っていた私からすると通学に片道1時間半程度は要するので、高校までとは比べ物にならないほど早起きしなければなりません。通学は結構大変です。私は大阪大学をレベルが高いという理由のみで受験することに決めましたので、願書を提出する際にはじめて大阪大学が遠い場所にあると知りました。大阪大学という名前ですから大阪市内からそんなに遠くはないだろうと勝手に思いこんでいたわけです。ただ、入学してみると自分より遠い場所から通っている学生はかなりいましたし、大学ではそれが普通なのかなと思うようになりました。ですが、早起きがとても苦手な私にとっては、自宅から遠いというのがやはり一番不満な点です。

大阪大学の評判・口コミ【工学部編】
公開日:2022年5月
  • 大学:大阪大学 工学部
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

清潔感に欠ける

歴史のある大学であることと国公立であることからある程度仕方の無いように感じますが、所々に不潔感を感じてしまいます。モラルの問題もありますが、学生が遅くまで騒いでいて翌日ゴミ箱が汚いといったことはしばしば目にします。また騒ぎすぎて品がないことも時々あります。食堂など所々改装が行われており少しづつ良くなっていましたが、散歩がてらにふらっと立ち寄った外部の方からしたら少しみすぼらしい大学だなと感じられると思います。

大阪大学の評判・口コミ【工学部編】
公開日:2020年3月
  • 大学:大阪大学 工学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学2年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

キャンパス内の移動が大変

工学部は二年次以降は、吹田キャンパスで全ての講義が開講されます。一方、一年次の講義は豊中キャンパスでの開講です。そのため、一年次で単位の取得に失敗すると、二つのキャンパスを行き来する必要があります。二つのキャンパスは非常に離れているため、移動が大変です。キャンパス移動のバスが運行されていますが、いつも混雑しています。自転車で移動する場合は片道40分以上かかります。また、吹田キャンパスの周りには飲食店などがありません。

大阪大学の評判・口コミ【工学部編】
公開日:2019年11月
  • 大学:大阪大学 工学部
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

建物、設備に差がある

研究科や専攻、研究室の入っている建物がきれいだったり汚なかったりします。逐次古い建物から建て替えが進んでいますが、そのペースが遅く、古い建物はかなり老朽化がすすんでいます。具体的には、小さなヒビが入る、エアコンが壊れる、窓のサッシが歪むなどです。2018年6月の大阪北部地震では、大きな亀裂が入りしばらく出入りが禁止された建物があったり、空調や電力系統がすべて壊れてしまったりした建物もありました。そもそもの綺麗さ、設備にも差があります。

大阪大学の評判・口コミ【工学部編】
公開日:2019年7月
  • 大学:大阪大学 工学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

キャンパスが山の中に立地している

山の中のような田舎に大学が建てられており、駅から徒歩20分ほどかかるため、いつも時間を無駄にしている気がしています。大学の最寄り駅も都市から離れているため、行きづらいと感じています。また、夜は暗く、登校途中に池と公園があり、痴漢などが出たりすることもあるらしく、特に冬には気を付けながら帰っています。下宿生の話を聞いても、大学の近くはファミリーマンションばかりで、坂道の多い通学路を自転車で通っているようで、立地が不便なところだと強く感じております。

大阪大学の評判・口コミ【工学部編】
公開日:2019年2月
  • 大学:大阪大学 工学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

授業を受ける態度が良くない

どの大学でもそうなのかもしれないですが、大学の授業は非常に退屈で周りの学生を見ていても寝ている人や携帯を触っている人が多く見られ、聞いている人はほんの一握りであるというのが率直な感想です。また、教授に関しても楽しく、生徒がずっと聞いていられる授業をするというよりは自己満足のような授業をしているイメージであり、もう少し教授の側にも工夫が必要であると思いました。そして、授業時間が90分というのも長すぎると思います。

大阪大学の評判・口コミ【工学部編】
公開日:2018年9月
  • 大学:大阪大学 工学部
  • 状況:現在大学に通っている(それ以外)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

キャンパスの環境

毎日大学で過ごすにあたり、学食やコンビニなどはとても大事な生活要因になります。その点、大阪大学は学食やコンビニの数は少ないように感じました。実際、数にしてみるとそれほど少なくはないですが、キャンパスが広いので行動範囲内には数は限られています。いちいち広いキャンパス内を徒歩で移動するのは面倒です。またこれはキャンパスの立地にも少し関係してきますが、大学の外に出て色々お店があるわけでもないので、不便でした。あまり注目されないようなキャンパスの環境ですが直接が学生生活の質に関係するので不満を感じていました。

大阪大学の評判・口コミ【工学部編】
公開日:2018年6月


Q.おすすめ学部は?

  • 大学:大阪大学 工学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

基礎工学部

大阪大学には工学部の他に基礎工学部という珍しい学部があります。1回生から3回生まで勉強する内容に大きな違いはありません。4回生になり、入る研究室で行っている内容が少し違うくらいです。では、大きな違いは何かというとキャンパスです。大阪大学では学部にかかわらず1回生は全員豊中キャンパスで講義を受けます。ですが、2回生からは工学部の学生は吹田キャンパスへと移動し、基礎工学部の学生はそのまま豊中キャンパスに残ります。工学部の学生はキャンパスを移動することで下宿生は引っ越しをせねばなりませんし、1回生で落とした必修科目の単位があると2回生からはキャンパス間を移動しながら講義を受けなければなりません。さらに、サークルや部活にも顔を出しにくくなります。なので、学ぶ内容にほとんど差がなく安定した学生生活を送れる基礎工学部がおすすめです。

大阪大学の評判・口コミ【工学部編】
公開日:2022年5月
  • 大学:大阪大学 工学部
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

工学部

工学部しか経験していないので他の学部はわかりません。友人の話を聞いていても理系の学部は本質はどこも似ているように思いました。工学部の中でも学科は多種多様に分かれています。自分が何を目指すのか高校の頃から明確になっている人は選択に迷わないかと思います。学科が決まっていても研究室ごとに特化した内容はまったく異なり、隣の研究室がやっていることはほとんど理解できないほど分野と専門が複雑に分岐しています。つまり工学部のどの学科に入ってもそれから興味をもてば良いということです。学科を変えることもできるようですので柔軟に対応できます。自分の将来を考えるには良い学部に思います。

大阪大学の評判・口コミ【工学部編】
公開日:2020年3月
  • 大学:大阪大学 工学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学2年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

工学部

非常に多くの研究室があり、必ず自分にあった研究分野がみつかると思います。また、研究室が多いことから、講義の内容の幅も広く、広く浅く教養を身につけてから専門分野を学べます。実験も多いので、実験好きな人にもおススメです。

大阪大学の評判・口コミ【工学部編】
公開日:2019年11月
  • 大学:大阪大学 工学部
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

医学部

将来的に医者になるという道があるだけではなく、免疫系の研究力は日本屈指です。いくつもの学内研究所があり、ノーベル賞候補に挙がるほどの有名な教授も多いです。また、独自の特許や契約も多いため資金的にも潤っています。

大阪大学の評判・口コミ【工学部編】
公開日:2019年7月
  • 大学:大阪大学 工学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

工学部

他の学部の中身はよく分からないので、やはり自分の行った学部をおすすめしたいと思います。どこの学部でも楽な時期と大変な時期があり、通ってしまえば自分のところに誇りを持てるのではないかと感じています。まず、理系なので、文系ほど就活がしんどくないと思います。大学院まで行くと良い所に就職できると思います。授業は私のところは大変ではなかったので、文系とさほど変わらないのでははいかと思います。また、工学部は他の学部とキャンパスが違うため、自分たち特有の空間のように感じ、過ごしやすくなります。

大阪大学の評判・口コミ【工学部編】
公開日:2019年2月
  • 大学:大阪大学 工学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

工学部

自分が入ってみて思ったのですが、やはり工学部はしっかりと勉強もしながらも、友達との距離も詰めやすく、充実した学生生活を送れると思います。また、理系ということもあり就職にも有利で将来の心配もいりません。

大阪大学の評判・口コミ【工学部編】
公開日:2018年9月
  • 大学:大阪大学 工学部
  • 状況:現在大学に通っている(それ以外)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

工学部

一般的にも大阪大学といえば工学部ということもあります。学部の人数も日本一ですので周りの学生と切磋琢磨することができますし、幅広い学科や、多数の研究室があり、そのほとんどが世界に誇れる研究を行っています。

大阪大学の評判・口コミ【工学部編】
公開日:2018年6月



Q.大阪大学 工学部に通って良かった?

  • 大学:大阪大学 工学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

大阪大学 工学部に通って良かったと強く思う

自宅から遠いということ以外にもデメリットと言ってよいのかはわかりませんが、大阪大学は単位が取得しづらいということでとても有名です。専門科目であれ、教養科目であれ単位取得するためには1科目あたり相当な時間をテスト勉強やレポート作成に費やさなければなりません。ですが、このことが自分の学力を向上させてくれますし、社会に出た時に役に立つ人間に成長させてくれていると確信しています。受験をやり直すとしてもまた同じ選択をすると思います。

大阪大学の評判・口コミ【工学部編】
公開日:2022年5月
  • 大学:大阪大学 工学部
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

大阪大学 工学部に通って良かった

勉強の本質を理解できる大学だな、と思います。高校までの点数をとる勉強とは大きく変わり点数にしにくいレポートが良く課題に出されます。先生方も答えを教える授業ではなく原理と考え方を教えることに注力されていたように感じます。大学終盤では研究活動をしていました。もちろん答えはなくどうしたらいいかわからないことばかりです。しかし社会に出てみて大学で経験したことは間違いなかったと強く思います。大学内にはヒントが転がっています。社会人の準備運動として考える力を養うにはうってつけの大学です。

大阪大学の評判・口コミ【工学部編】
公開日:2020年3月
  • 大学:大阪大学 工学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学2年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

大阪大学 工学部に通って良かったと強く思う

非常に役立つ講義が多く、先生方も熱心です。レポートなどを一人ずつ添削してもらう機会も多いです。プレゼンテーションを行う機会も多いので、社会に出てから役に立つスキルが多く身につくと思います。図書館も充実していて、授業で参照したい本や自分が読みたい本が見つかりやすいです。研究室の数も多く、自分にあった研究をすることができると思います。このようなことから充実したキャンパスライフを送れています。

大阪大学の評判・口コミ【工学部編】
公開日:2019年11月
  • 大学:大阪大学 工学部
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

大阪大学 工学部に通って良かった

事務が適当、建物が汚い等の不満はありますが、世間でのネームバリュー、将来性等を考えると総合的にはかなり良い大学であると考えています。また、世間からのイメージや就職活動での有利さと比較すれば、大学入試の難易度もそこまで高くはなくコストパフォーマンスの良い大学であると言えると思います。また、立地的にも大阪の中心部まで30分ほどと近く便利です。

大阪大学の評判・口コミ【工学部編】
公開日:2019年7月
  • 大学:大阪大学 工学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

大阪大学 工学部に通って良かった

評判の良い大学なので、意外と賢いと思ってもらえるので本当に今の大学に入れて良かったと思っています。また、3回生まではサークルやバイトばかりで授業も楽に受けていたため、おすすめしたいくらい楽しい学生生活を送れていました。しかし、今研究室に配属され、卒業論文を書き始めると、鬱になりそうなくらいしんどいため、辞めたい気持ちでいっぱいです。しかし、今までサボってきた自分にも非はあると思います。とりあえず、大学卒の肩書きだけでももらえるのはありがたいです。

大阪大学の評判・口コミ【工学部編】
公開日:2019年2月
  • 大学:大阪大学 工学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

大阪大学 工学部に通って良かった

上記で挙げたような不便な点なども多々ありますが、やはり学力的には一番あっており、学生の雰囲気も遊ぶときは遊ぶ、勉強するときは勉強するとメリハリのある感じなのでとても馴染みやすく、学生生活を楽しめていることやサークル活動や勉学、ゼミ活動、慈善活動ととても充実した生活を行うことができていることはやはり阪大という素晴らしい大学に入学できたためであると思いますし、他の大学ではすべてが中途半端になってしまっていただろうと思います。

大阪大学の評判・口コミ【工学部編】
公開日:2018年9月
  • 大学:大阪大学 工学部
  • 状況:現在大学に通っている(それ以外)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

大阪大学 工学部に通って良かったと強く思う

一番の理由としては、高い学力そしてネームバリューだと思います。周りの人にも恥じることなく通っている大学名を言うことができます。実際ある程度のステータスにはなりますし、人の見る目も変わることも事実です。また、周りには優れた友人が多いのでこれからの私の人生を豊かなものにしてくれると思います。あとはもちろん国立大学ですので、私立大学と比較すると学費も断然安いというのも入学してよかったと思うことの一つです。

大阪大学の評判・口コミ【工学部編】
公開日:2018年6月

大阪大学 工学部について

  • 名称:大阪大学 工学部
  • 法人名:国立大学法人大阪大学
  • キャンパス:吹田キャンパス
  • アクセス:近鉄バス阪急茨木市駅発「阪大本部前行き」(JR茨木駅経由)で阪大本部前下車徒歩5~15分など
  • 所在地:〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2の1
  • 公式HP:http://www.eng.osaka-u.ac.jp/ja/index.html

大阪大学 工学部の口コミ・評判一覧

大阪大学の評判・口コミ【工学部編】

  • 大学:大阪大学 工学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

志望理由

受験勉強を始めた頃は特に目標の大学や学部はなかったのですが、理系科目の勉強が得意だったため、大雑把に理系の学部を目指していました。そのなかで工学部が最も就職がしやすいと…続きを読む

学んでいること

数学では解析学、線形代数学といった初歩的な分野でありながら、2回生、3回生で専門的な内容を学んでいく中で基礎知識として持っていなければならない分野を習いました。物理でも…続きを読む

満足している点

サポートしてくれる教員が多いです。大阪大学では単純計算で1人の学生につき2人から3人の教員が面倒を見てくれます。入学したての頃は特に教員に相談するような悩みもあまりないと思うのですが、進級して学ぶ内容が…続きを読む

不満に感じている点

大阪市内から遠いです。大阪大学は3つのキャンパスがあるのですが、どのキャンパスも大阪の北部の端っこ辺り(豊中市、吹田市、箕面市)にあります。大阪市内から通っていた私からすると通学に片道1時間…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


大阪大学の評判・口コミ【工学部編】

  • 大学:大阪大学 工学部
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

志望理由

自分の学力を基準に判断して、受かるか落ちるかわからないギリギリのラインだと判断したからです。物理が得意で興味もあったので物理系の学部で、かつものづくりが良いと思っていた…続きを読む

学んでいること

金属の勉強をしました。金属の勉強といわれても一般には意味不明に感じるかもしれません。しかし私たちの生活は金属に囲まれています。食事ではスプーンやフォーク、移動では車や電…続きを読む

満足している点

勉学と気分転換のメリハリが良く効いているです。まず前提としてキャンパスは複数あります。文系と理系の学部が混ざった豊中キャンパス、理系に特化した吹田キャンパス、外国語に特化した箕面キャンパスがあります。その中でも特に…続きを読む

不満に感じている点

清潔感に欠けるです。歴史のある大学であることと国公立であることからある程度仕方の無いように感じますが、所々に不潔感を感じてしまいます。モラルの問題もありますが、学生が遅くまで騒いでいて翌日…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


大阪大学の評判・口コミ【工学部編】

  • 大学:大阪大学 工学部
  • 状況:現在大学に通っている(それ以外)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

満足している点

ゼミ・研究室です。大阪大学は日本を代表する総合大学でそのスタッフの質や研究費用など他の大学よりも良い環境です。実際に私は、有機合成化学系の研究室に所属していました。優秀な教員そして学生に…続きを読む

不満に感じている点

キャンパスの環境です。毎日大学で過ごすにあたり、学食やコンビニなどはとても大事な生活要因になります。その点、大阪大学は学食やコンビニの数は少ないように感じました。実際、数にしてみるとそれほど…続きを読む

おすすめ学部:工学部

一般的にも大阪大学といえば工学部ということもあります。学部の人数も日本一ですので周りの学生と切磋琢磨することができますし、幅広い学科や、多数の研究室があり、そのほとんど…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


大阪大学の評判・口コミ【工学部編】

  • 大学:大阪大学 工学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

満足している点

サークルの数が豊富にあるです。阪大には多くのサークルがあり、同じスポーツをするにしてもいくつかのサークルから自分に合っているものを選ぶことができるという利点があります。また、阪大は大阪に立地している…続きを読む

不満に感じている点

授業を受ける態度が良くないです。どの大学でもそうなのかもしれないですが、大学の授業は非常に退屈で周りの学生を見ていても寝ている人や携帯を触っている人が多く見られ、聞いている人はほんの一握りであるという…続きを読む

おすすめ学部:工学部

自分が入ってみて思ったのですが、やはり工学部はしっかりと勉強もしながらも、友達との距離も詰めやすく、充実した学生生活を送れると思います。また、理系ということもあり就職に…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


大阪大学の評判・口コミ【工学部編】

  • 大学:大阪大学 工学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

満足している点

就職に強いです。関西の国公立では偏差値も高い方なので、学歴を重視する企業などであれば有利になると思っています。そうでなくても勉強してきたんだ、と真面目な人柄が伝わるので、今の大学に行け…続きを読む

不満に感じている点

キャンパスが山の中に立地しているです。山の中のような田舎に大学が建てられており、駅から徒歩20分ほどかかるため、いつも時間を無駄にしている気がしています。大学の最寄り駅も都市から離れているため、行きづらいと…続きを読む

おすすめ学部:工学部

他の学部の中身はよく分からないので、やはり自分の行った学部をおすすめしたいと思います。どこの学部でも楽な時期と大変な時期があり、通ってしまえば自分のところに誇りを持てる…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


大阪大学の評判・口コミ【工学部編】

  • 大学:大阪大学 工学部
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

満足している点

就職に強いです。入学試験の難易度もそれなりに高いですが、その分就職活動に強いです。阪大生向けの合同説明会が学内で頻繁に開催されていますし、さらにインターンや就職活動のエントリーシート選…続きを読む

不満に感じている点

建物、設備に差があるです。研究科や専攻、研究室の入っている建物がきれいだったり汚なかったりします。逐次古い建物から建て替えが進んでいますが、そのペースが遅く、古い建物はかなり老朽化がすすんでいま…続きを読む

おすすめ学部:医学部

将来的に医者になるという道があるだけではなく、免疫系の研究力は日本屈指です。いくつもの学内研究所があり、ノーベル賞候補に挙がるほどの有名な教授も多いです。また、独自の特…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


大阪大学の評判・口コミ【工学部編】

  • 大学:大阪大学 工学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学2年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

志望理由

私は、小学生の頃からエネルギー問題に関心がありました。中学二年生の頃、趣味で太陽光発電装置や水力発電装置を自作しました。これをきっかけに、将来はエネルギーに関係のある職…続きを読む

学んでいること

一年生では、専門基礎科目に加えて、教養科目(私は経済学系統の科目を履修しました。)や語学(英語と第二外国語)を学びました。専門基礎科目では、線型代数学、解析学、古典力学…続きを読む

満足している点

履修科目が充実しているです。大阪大学では、自分が所属する学部の幅広い専門科目に加えて、他学部の科目の一部を履修することができます。この制度により、理系の人でも文系学部の講義を受けることが可能です。…続きを読む

不満に感じている点

キャンパス内の移動が大変です。工学部は二年次以降は、吹田キャンパスで全ての講義が開講されます。一方、一年次の講義は豊中キャンパスでの開講です。そのため、一年次で単位の取得に失敗すると、二つのキャンパ…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


静岡大学 工学部
静岡大学の評判・口コミ【工学部編】

大学:静岡大学 工学部 状況:現在大学に通っている(大学2年生)性

立教大学 経済学部
立教大学の評判・口コミ【経済学部編】

大学:立教大学 経済学部 状況:大学卒業後、2年以内性別:男性総合

近畿大学 文芸学部
近畿大学の評判・口コミ【文芸学部編】

大学:近畿大学 文芸学部 文化・歴史学科状況:現在大学に通っている

新潟大学 教育学部
新潟大学の評判・口コミ【教育学部編】

大学:新潟大学 教育学部 美術教育専修状況:大学卒業後、2年以内性

青山学院大学 教育人間科学部
青山学院大学の評判・口コミ【教育人間科学部編】

大学:青山学院大学 教育人間科学部 心理学科状況:大学卒業後、1年

→もっと見る