東京工芸大学の評判・口コミ【芸術学部編】

このページでは、東京工芸大学 芸術学部に現在通っている1年生から聞いた、東京工芸大学の魅力や雰囲気、特色をご紹介します。「環境や校舎の設備が整っている」「違う科目なのに似たことを勉強しないといけない」など、良い口コミや悪い評判を含めた、在籍している人ならではのリアルな実体験をお伝えしますので、東京工芸大学に対するイメージを具体的にしたいとお考えの方は、ぜひご覧ください。

※画像は各大学HPより引用(URLは基本情報欄に記載)


回答者プロフィール

  • 大学:東京工芸大学 芸術学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

目次

東京工芸大学 芸術学部を志望した理由
東京工芸大学 芸術学部で勉強していること
東京工芸大学(芸術学部)に対して満足している点は環境や校舎の設備が整っていること
不満は違う科目なのに似たことを勉強しないといけない点
東京工芸大学のおすすめ学部は「芸術学部、工学部」
東京工芸大学に通って良かった?

東京工芸大学 芸術学部を志望した理由

--まずは、東京工芸大学 芸術学部の志望理由を教えてください。

将来の夢がゲームクリエイターだからです。高校生の時にプログラミングを学び、それがとても楽しくて印象に残っていて、趣味を仕事にしたいと考えていてゲームが好きであったためプログラミングの勉強にのめり込みました。大学を受験する年になり、大学探しをしていたところゲーム学科というものを目にしてオープンキャンパスに行き大学の特徴をしりそこに受験したいと思いAO入試で受験しました。面接ではPC等の持ち込みが可能であったため、実際に自分でプログラミングしたものを待ち込みアピールをしました。周りの人達はあまりそういったものを持っていた印象は受けなかったのでこれは受かったな!と思いました。今ではプログラミングについてさらに深く勉強していてとても楽しいです。



東京工芸大学 芸術学部で勉強していること

--次に、東京工芸大学 芸術学部でどのようなことを学んでいるか教えてください。

大学1年生現在で勉強していることは英語などの外国語や心理学など、一般科目はもちろんありますが、専門科目の中にゲーム史を学ぶ授業や、プログラミング、デザイン、CGについて学ぶ授業もあり、僕が目指しているゲームクリエイターになるための勉強が揃っています。2年生になればデザイン分野、企画分野、プログラミング分野の三分野からそれぞれ集まり、五人組程度のチームを作りゲーム制作に取り組みます。プロのゲームクリエイターもそのようにチームを作って制作しているので同じような環境で勉強できることはとても有意義だと感じます。

東京工芸大学(芸術学部)に対して満足している点は環境や校舎の設備が整っていること

--東京工芸大学(芸術学部)に対して魅力に感じている点を教えていただけますか?

環境や校舎の設備が整っていることです。

--詳しく教えてください。

まず、ぼくはお腹が弱いのですが、お手洗いがとても綺麗で使いやすいです。他には図書館には芸術学部らしい想像を助長するような本や様々な知識を深められる場所になっています。サークルや委員会もたくさんあり先輩、後輩や他学部との交流もたくさんできるところもとても魅力的だと思っています。また、留学制度もありぼくも実際に参加させてもらう予定です。留学では自分が芸術学部で作った作品を持っていき英語を話して発表する機会があり、とても有意義だと思います。



不満は違う科目なのに似たことを勉強しないといけない点

--一方で、東京工芸大学(芸術学部)に対して不満に感じている点を教えてください。

違う科目なのに似たことを勉強しないといけない点です。

ゲーム学科ではゲーム史、ゲーム概論と芸術学という科目を学ぶ機会があるのですが、その三科目で学ぶことがとても似ていて、同じ話を繰り返し聞く場面が多々ある気がしています。学びに来ているのにもかかわらず、長い時間をかけて同じ話を何度も話されても復習にしかならず時間の無駄なのではないか?と考えてしまっています。また、キャンパスの周りには小学校や幼稚園が多々あり、5時ごろになるとたくさんの学生が通行するためとても騒がしくなってしまうところも少し不満ではあります。


東京工芸大学のおすすめ学部は「芸術学部、工学部」

--では、東京工芸大学にある学部の中で、おすすめの学部はどこですか?

芸術学部、工学部です。

芸術学部と工学部それぞれで自分のやりたいことを向けて、自分にスキルを身につけてしっかりと努力をすればいざ職についた時に即戦力になれるだけの技術を持てる大学です。双方のキャンパスはとても綺麗で整備されていて勉強するための環境が整っています。

東京工芸大学に通って良かった?

--東京工芸大学に通って良かったと思うか、教えてください。

はい、通って良かったと強く思います。

4年間専門的なことを勉強できるため、他の四年制大学に学びに行くよりも自分のやりたいこと、するべきことが明確であり勉強がとてもしやすいと感じます。また、一般科目が少ない分個人の時間を長く取ることができて、アルバイトや休暇、趣味の時間に回すことが可能です。専門知識を学ぶことは簡単ではありませんが、やりたいことのために頑張ろうと思わせてくれる先生方が沢山いて、その中でもパックマンを作った人やインベーダーゲームを作った人などとても有名な人が教えてくださるので勉強になります。





人気記事 学歴フィルターとは?どの大学から学歴フィルタに引っかかるか口コミから検証【学歴フィルター42校】

人気記事 【大学ランク】大学をSランクからEランクまで格付け(2019年4月調査)

ほかの学生が書いた、東京工芸大学の評判・口コミ体験談を見るなら

東京工芸大学の評判・口コミ【工学部編】

評価:★★★★☆(満足) / 卒業後1年以内・男性

満足している点

サークルです。サークル活動には大変満足しています。文化部と体育部がありますが、文化部の場合は、年に2回学園祭があります。大きな大学のように決して派手な学園祭ではありませんが、サークル…続きを読む

不満に感じている点

学生課の態度が悪いことです。学生課というところ課がありますが、そこの職員の態度が非常に悪いです。こちらが悪いことをしているわけでもなく、決められた通りに書類などを提出しに行っただけでも、すごくぶっ…続きを読む

おすすめ学部:工学部

工学部をおすすめする理由としては、まず、内定率が高いことだと思います。内定率は、理系は全体的に高い傾向にあると思いますが、この大学の工学部は、偏差値のわりに相当内定率が…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


東京工芸大学の評判・口コミ【芸術学部編】

評価:★★★☆☆(ふつう) / 大学2年生・女性

満足している点

進路・就職です。就職率が高いことです。就職先もアニメーションの有名な会社が多くモチベーション向上につながっています。授業では、卒業後に即戦力になるためのスキルだけでなく、そこに至るまで…続きを読む

不満に感じている点

授業です。不満に感じるのは、専門的な授業以外の科目に魅力的なものが少ないからです。特に講義の中には日に日に授業を受ける学生が減っていくものが多くみられます。講義はレポート課題を出…続きを読む

おすすめ学部:芸術学部

芸術学部は色々な先進的なソーシャルメディアについて学べる学科が多くあります。また、授業によっては他学科と交流できることも多いです。アニメーション学科にいながら写真学科の…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます




東京工芸大学の口コミ・評判一覧をチェック
※東京工芸大学の口コミ一覧ページへ遷移します



東京工芸大学 芸術学部の基本情報

  • 名称:東京工芸大学 芸術学部
  • アクセス:都営地下鉄大江戸線「中野坂上」駅から徒歩 7分/東京メトロ丸ノ内線「中野坂上」駅から徒歩 7分
  • 所在地:中野キャンパス : 東京都中野区本町2-9-5
  • 公式HP:https://www.t-kougei.ac.jp/gakubu/arts/
       
北海道大学 大学院 国際広報メディア・観光学院
北海道大学 大学院の評判・口コミ【国際広報メディア・観光学院編】

このページでは、北海道大学 大学院 国際広報メディア・観光学院に現在通

京都文教大学 臨床心理学部
京都文教大学の評判・口コミ【臨床心理学部編】

このページでは、京都文教大学 臨床心理学部に現在通っている4年生から聞

筑波大学 比較文化学類
筑波大学の評判・口コミ【比較文化学類編】

このページでは、筑波大学 比較文化学類に現在通っている1年生から聞いた

東北大学 大学院 農学研究科
東北大学 大学院の評判・口コミ【農学研究科編】

このページでは、東北大学 大学院 農学研究科に現在通っている学生から聞

公立鳥取環境大学 環境学部
公立鳥取環境大学の評判・口コミ【環境学部編】

このページでは、公立鳥取環境大学 環境学部に現在通っている4年生から聞

→もっと見る