大阪大学の評判・口コミ【薬学部編】

最終更新日:2020/01/21


今回は、大阪大学 薬学部薬科学科に現在通っている4年生に大阪大学の雰囲気や魅力、特色について、伺いました。お話の中で、ゼミ・研究室、留学制度など、在籍している人ならではのリアルな口コミ・評判を教えていただくことができました。後半パートでは、大阪大学に通って良かったかについても、ずばり答えていただきましたので、阪薬に対するイメージを具体的にしたいとお考えの方は、ぜひ最後までお読みください。
※画像は各大学HPより引用(URLは基本情報欄に記載)



回答者プロフィール

  • 大学:大阪大学 薬学部薬科学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

大阪大学の特徴

大阪大学では、「基礎セミナー」と言って、他学部とも合同で行われる講義に参加することができます。一般的な、講師の講義を聞くような授業とは異なり、学生参加型のセミナーが多くみられます。本来であれば同じ学部の学生と授業を受けるのですが、基礎セミナーでは学部が異なる学生だけでなく、他学部の講師のマニアックな授業まで受けることができるため、学生の視野を広げるに当たって大いに役立っています。また、夏休みなどの長期休みを用いて行うセミナーもあるため、他学部の学生との絆も深まります。



満足していること:ゼミ・研究室

大阪大学薬学部では、薬学部棟という建物の中に多くの研究室が存在しており、多くの学生が様々な研究室に所属しています。また、他大学では研究室に配属されるのが一般的に四回生からであるのに対して、大阪大学では三回生のうちから研究室に配属されるため、より早い段階で研究室での経験を得ることができます。研究室の中には企業と連携しているものもあり、学生の段階から企業から来て頂いた人の話を聞いて社会のリアリティを実感しつつ研究に打ち込むこともできます。

満足していること②:留学制度

大阪大学では、学生に対して「留学奨学金制度」というものが存在しており、一定の条件を満たすことで大学から補助を受けて留学することができます。この奨学金制度では、外国の大学で授業を受けるお金やホームステイのお金だけでなく、現地で生活するための十分なお金も受けることができ、学生にとって人気の制度となっています。しかし、奨学金制度を得るための一定の条件として、授業での成績なども影響しているため、全ての学生が受けられるものではないようです。



不満に感じていること:キャンパスの立地

大阪大学という名前を聞くと大阪の中心地にキャンパスが立地していると思う方も多いと思いますが、実際はキャンパスが郊外に三つに分かれており、豊中キャンパス、箕面キャンパス、吹田キャンパスが存在しています。また、大阪大学のキャンパス付近は坂道の険しい場所が多く、女子学生は原動機付自転車で通っている人も多いです。夏場などは、大学へ登校しただけで汗があふれることも多々あり、多くの学生は登校直後の授業に集中し始めるのに少し時間がかかっています。

不満に感じていること②:サークル

大阪大学は国立の総合大学であるため、多くのサークルが存在しています。しかし、あまりに多くのサークルが存在しているために、新入生として大学に入学した直後にはすぐに所属するサークルを決め切れないのが現状としてあります。大学生の貴重な四年間のうちに、あまりに多くのサークルに目が眩んで決め切れないと、自分がしたかったものに出会える機会を失う可能性もあります。似たようなサークルをある程度まとめることで、学生に効率よくサークル選びをしてもらう環境が必要だと感じます。



大阪大学のおすすめ学部:医学部

大阪大学は、全国的に見ても医学部のレベルはトップクラスであり、世間のたくさんの人を救っています。また、臨床だけでなく研究機関としても世界的にトップクラスであり、現在原因不明の難病に悩まされている多くの人々の未来を背負っています。学生として学ぶにあたって、医学部のようなレベルの高い環境に身を置くことは人間としても成長させられることが多くあるように思います。また、医者という世の中に必要とされる未来も約束されるのはメリットの一つだと思います。


大阪大学に通って良かった?

大阪大学への満足度:満足

大阪大学は関西だけでなく全国的にも有名度が高く、就職活動を有利な状況で進めることができます。また、一般的な有名度だけではなく、留学生が多くグローバルな学生生活をこなしたことにより、これからの日本に必要な海外への対応力とコミュニケーション能力も養われるため、やはり就職活動においての強みを持っています。日本の将来を支えるリーダーとなるような学生を育成する、このような環境に身を置けていることはとても誇れることだと思います。





人気記事 旧帝大(七帝大)とは?偏差値高い国立大学群「旧帝大」を偏差値・評判で比較

人気記事 学歴フィルターとは?どの大学から学歴フィルタに引っかかるか口コミから検証【学歴フィルター42校】

人気記事 【大学ランク】大学をSランクからEランクまで格付け(2019年4月調査)

ほかの学生による投稿口コミ(大阪大学 薬学部)

回答者プロフィール

  • 大学:大阪大学 薬学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

大阪大学の評判・口コミ【薬学部編】

満足している点

一応旧帝国大学ということで、かなり良い教育を受けられているのではないかと思います。おそらく各学部にその分野で最先端の研究をしていたり沢山の実績のある先生がいると思います…続きを読む

不満に感じている点

3つのキャンパスがありますが、基本は山に建っています。全学部の学生が1度は通うことになる豊中キャンパスは駅から徒歩10-15分、学部棟によってはもっとかかります。自宅通…続きを読む

おすすめ学部:基礎工学部

この大学でも一番有名な教授の一人、石黒先生のアンドロイドの研究室があり、私の周りでも志望する人が多く人気がある印象です。他の大学に同じ名前の学部も無いので、ここでしか学…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


回答者プロフィール

  • 大学:大阪大学 薬学部 薬学科
  • 状況:現在大学に通っている
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

大阪大学の評判・口コミ【薬学部編】

満足している点

私の通っている薬学部の同学年は、非常に頭の良い人が多いです。ほぼ全員が全国有数の進学校から来ており、もともとの能力がかなり高く、テストの成績も常によいです。そういった環…続きを読む

不満に感じている点

大阪大学は中心地からめちゃくちゃ離れています。大阪大学は豊中、吹田、箕面など3か所にキャンパスがありますが、どのキャンパスに行くにしても少なくとも40分はかかります。そ…続きを読む

おすすめ学部:薬学部

私は自分が通っている大阪大学薬学部をおすすめします。大阪大学薬学部は全国の薬学部の中でも、東京大学、京都大学に次ぐレベルの高い薬学部です。偏差値が高い分、優秀で能力の高…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます




大阪大学 薬学部の口コミ・評判一覧をチェック
※大阪大学 薬学部の口コミ一覧ページへ遷移します

大阪大学(薬学部)専用掲示板


名無しさん
大阪大学 薬学部に実際に通っている方、通っていた方に質問です。

大阪大学の評判はどうですか?大阪大学の雰囲気・校風、学校行事・イベントの盛り上がり具合、就活の進めやすさなどについて教えてください。薬学部についてのコメントも大歓迎です。

コメントお待ちしています。
回答受付中

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA






大阪大学 薬学部の基本情報

  • 名称:大阪大学 薬学部
  • 法人名:国立大学法人大阪大学
  • キャンパス:吹田キャンパス
  • アクセス:阪急バスまたは近鉄バスで「阪大本部前」下車、徒歩7分。大阪モノレール阪大病院前下車、徒歩15分。阪急電車北千里駅下車、東へ徒歩20分
  • 所在地:〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1の6
  • 公式HP:http://www.phs.osaka-u.ac.jp/

目次

大阪大学の特徴
満足していること:ゼミ・研究室
満足していること②:留学制度
不満に感じていること:キャンパスの立地
不満に感じていること②:サークル
大阪大学のおすすめ学部:医学部
大阪大学に通って良かった?
大阪大学(薬学部)専用掲示板  
 
       
比治山大学 短期大学部 美術科
比治山大学 短期大学部の評判・口コミ【美術科編】

大学:比治山大学 短期大学部 美術科 グラフィックデザインコース状

西九州大学 リハビリテーション学部
西九州大学の評判・口コミ【リハビリテーション学部編】

大学:西九州大学 リハビリテーション学部 リハビリテーション学科状

九州栄養福祉大学 リハビリテーション学部
九州栄養福祉大学の評判・口コミ【リハビリテーション学部編】

大学:九州栄養福祉大学 リハビリテーション学部 理学療法学科状況:

九州大学 共創学部
九州大学の評判・口コミ【共創学部編】

大学:九州大学 共創学部 状況:現在大学に通っている(大学1年生)

目白大学 人間学部
目白大学の評判・口コミ【人間学部編】

大学:目白大学 人間学部 子ども学科状況:大学卒業後、2年以内性別

→もっと見る