東京大学の評判・口コミ【文学部編】

最終更新日:2020/01/21
, ,


このページでは、東京大学 文学部に現在通っている4年生から聞いた、東京大学の魅力や雰囲気、特色をご紹介します。「人が穏やかで優しい」「男女比が偏っている」など、良い口コミや悪い評判を含めた、在籍している人ならではのリアルな実体験をお伝えしますので、東京大学に対するイメージを具体的にしたいとお考えの方は、ぜひご覧ください。
※画像は各大学HPより引用(URLは基本情報欄に記載)



回答者プロフィール

  • 大学:東京大学 文学部 人文学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

志望理由

やりたい学問や行きたい学校が特に定まっていなかったため、一番入学試験が難しいとされる東京大学を目指して勉強すれば落ちてもどこかしらの大学には行けるから路頭に迷わないだろうという打算的な考えから受験しました。実際に入学してみると周囲は本当に賢い人や志の高い人が多く、肩身が狭かったです。またもう一つ東京大学を目指した理由として進学振り分け制度がありました。進学振り分け制度とは、1・2年生の間は全学生が教養学部生としてさまざまな分野の学問の基礎を学びその上で専攻を選択する制度で、やりたいことがわからない自分にとっては最適な制度でした。実際に教養学部での授業を受けて興味関心も変化し、入学時に考えていた専攻とは違うものを最終的に選択しました。



大学で勉強していること

1・2年の間は教養学部生として語学やジェンダー、統計の基礎など広く浅く教養を学び、3・4年では専攻について論文を読み書きすることで研究の基礎を学びました。教養学部では特徴的な必修授業としてALESA/ALESSや初年次ゼミナールという授業があります。これらは専攻課程に進む前に研究者としての姿勢を学ぶ授業で、英語での論文検索・執筆の仕方や引用の表記方法などを学ぶもので学生からは負担の重さにかなり不満の声が多いですが、その分役立つことを学べたと思います。文学部は授業の選択が非常に自由なため私は卒業に必要な単位のかなりの部分を外国語学で埋めていました。1年生の間は必修として皆第二外国語を学びますが、その他にも外国語の授業が充実していて、手話やラテン語などのレア言語も選択できるのが魅力でした。


満足していること:人が穏やかで優しい

全体的に落ち着いた雰囲気の人が多く、コミュニケーションが苦手な人やワイワイ騒ぐのが苦手な人でも過ごしやすいです(もちろんワイワイしたい人にはそれに適したコミュニティが学内にあります!)。所属するコミュニティにもよるとは思いますが、特定の属性の人を排除するような雰囲気もあまりなく、比較的多様性が尊重される空間だと思います。教員も中には鬼教員と呼ばれる人もいますが、多くの教員は優しく学生と真摯に向き合ってくれていて、あまり理不尽な扱いは受けたことがないです。


不満に感じていること:男女比が偏っている

大学当局も男女比の是正に向けて施策をしていますがとにかく男女比がいびつです。人数が少ない分体育の授業などで女子生徒にかなり配慮はしてもらえますが、それでも寂しさや息苦しさはあると思います。これは社会のジェンダー的観念(「女子はそんなに勉強しなくていい」というような)や個人の希望にも関係する問題なので男女比を半々にすべきとは言えませんがもう少し女性が増えると雰囲気も変わってくるのではないかと思います。



東京大学のおすすめ学部:後期教養学部

前期教養に引き続き名前は教養学部ですがコースはかなり細かく分かれていて、理系でも文系でも何かしら個人の好みとあう学問が用意されていると思います。教養学部に進学した友人達は活き活きとしている人が多く、学問として面白そうな印象があります。キャンパスは本郷にある他の後期学部と異なり駒場です。


東京大学に通って良かった?

東京大学への満足度:満足

賢くモチベーションの高い学生や先生と接することができ、勉強になりました。とてもこれから自分が彼らのように知性と自信あふれる人間になれるとは思いませんが、トップクラスの議論や価値観を目の当たりにできただけでもいい人生経験だったと思います。一つ105分の長く重い授業に耐えるのはすこし大変でしたがさまざまな学問を教養学部で少しずつかじれたのもいい経験でした。時間割も文学部であれば他学部(特に理系)と比べ余裕があるためのびのびと生活できたように思います。




人気記事 旧帝大(七帝大)とは?偏差値高い国立大学群「旧帝大」を偏差値・評判で比較

人気記事 東京一工とは?最難関の国立大学群「東京一工」の特徴を口コミから解説【有利な就職・レベル高い授業】

人気記事 学歴フィルターとは?どの大学から学歴フィルタに引っかかるか口コミから検証【学歴フィルター42校】

人気記事 【大学ランク】大学をSランクからEランクまで格付け(2019年4月調査)

ほかの学生による投稿口コミ(東京大学 文学部)

回答者プロフィール

  • 大学:東京大学 文学部 行動文化学科
  • 状況:大学卒業後、1年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

東京大学の評判・口コミ【文学部編】

満足している点

講義で常に面白い話が聞け、また授業外に質問に行ってもなんでも答えてもらえました。高校の頃は、授業のために準備している内容以外のことを質問すると教員に知識がないため答えて…続きを読む

不満に感じている点

この大学では二年生まで専門に分かれず、三年生から学部・学科に分かれるのですが、そのために「進振り制度」というものがありました。受験の際のセンター試験・二次試験に続く三次…続きを読む

おすすめ学部:教養学部

一応文系学部ではありますが、考古学のようなことから脳科学系のことまで幅広く扱っています。他の学部に比べ進振り制度で入るのがかなり難しい学部ですが、扱う分野が広い分、分野…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


回答者プロフィール

  • 大学:東京大学 文学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★☆☆☆(不満)

東京大学の評判・口コミ【文学部編】

志望理由

東京大学では、学部3年生から「進学ふりわけシステム」によって学部を選択肢、学部に所属することになります。私が文学部を選んだ理由はアジアの歴史について研究したかったからで…続きを読む

学んでいること

私は一年間の浪人生活を経て、東京大学に入学しました。浪人時代は、基本的なことを1から勉強することで成績を伸ばし、合格を手にしました。東京大学の入試(文系)に関しては、基…続きを読む

満足している点

東京大学という大学柄、比較的裕福な家庭で育った学生が多いです。私自身は地方の公立高校の出身でしたから、そのような階層の学生に出会うことでさえ新鮮でした。高校時代はそのよ…続きを読む

不満に感じている点

ある意味、東京大学に入学できたのはそれまでの環境がよかった。東京大学に入るだけの自分以外の外部環境が整っていたにすぎないと思います。実際、東京大学で生活して、周囲の学生…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


回答者プロフィール

  • 大学:東京大学 文学部
  • 状況:現在大学に通っている
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

東京大学の評判・口コミ【文学部編】

満足している点

図書館の蔵書数が充実しています。勉強や研究に必要な文献は基本的にここで揃えることができます。本郷キャンパスにある総合図書館には書庫があり、明治以降の貴重な文献が収蔵され…続きを読む

不満に感じている点

歴史のある建物が多いキャンパスであるだけに、建物の中を何度も改装・増築を繰り返しているため、内部が迷路のようになっている建物や、設備がきわめて古い建物があります。本郷キ…続きを読む

おすすめ学部:文学部

他学部に比べて、必修の授業の指定が緩いため、逆に言えば、自分の専門を超えて自発的に学ぶ姿勢が要求されているところが良いと思います。先生方の出席の取り方もおおらかなことが…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


回答者プロフィール

  • 大学:東京大学 文学部
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

東京大学の評判・口コミ【文学部編】

満足している点

ひとくちに東大生と言っても、合格までの道のりがさまざまであることが一番の驚きでした。私は偏差値50台の高校から、1日10時間以上勉強してようやく合格しましたし(それでも…続きを読む

不満に感じている点

強いて挙げるならば、建物の老朽化が進んでいるところです。古い建物で文化的価値が高いのもわかりますが、外側はともかく、とくに階段・エレベーターやトイレなどは、整備した方が…続きを読む

おすすめ学部:文学部

東大の中で文学部がおすすめ、というよりは、文学系を志す人には東大がおすすめだと思っています。前期課程で幅広い分野を見渡したうえで、自分の関心をじっくり選ぶことができます…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


回答者プロフィール

  • 大学:東京大学 文学部 行動文化学科
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

東京大学の評判・口コミ【文学部編】

満足している点

多くの授業において、アカデミックで、レベルの高い内容を学べる点が魅力的です。研究者として知名度が高い、または実績のある教員が授業を行っているため、その分野についての最先…続きを読む

不満に感じている点

まず、オンラインを活用したシステムが整っていないため、必要以上に紙媒体が用いられている点が不満です。例えば学期末に行われる授業評価アンケートは、他大学ではWeb上で回答…続きを読む

おすすめ学部:経済学部

学部での就職活動のことを考え、経済学部が一番良いと考えます。法学部は公務員試験や司法試験を受ける人が多く、文学部は必ずしも就職活動しない人が多いことを考えると(さらに、…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


回答者プロフィール

  • 大学:東京大学 文科三類
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

東京大学の評判・口コミ【文科三類編】

満足している点

進路は広く門戸が開かれていると思います。将来の志望職種がまだ決まっていないため、あらゆる可能性を残しておきたくこの大学に進学しました。自分のように将来の志望が不確定な人…続きを読む

不満に感じている点

留学制度についてまだ詳しく調べてはいませんが、フライプログラムという制度には少し不満があります。というのは、大学合格と同時に申請し、大学に全く通わないまま1年間の留学を…続きを読む

おすすめ学部:医学部

入れるならば多くの人が医学部を選ぶのではないかと思います。(どうしても医師になりたくないという人は別ですが)医師は社会的地位が高く、仕事のやりがいも大きいのではないかと…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます



東京大学 文学部の口コミ・評判一覧をチェック
※東京大学 文学部の口コミ一覧ページへ遷移します

東京大学(文学部)専用掲示板


名無しさん
東京大学 文学部に実際に通っている方、通っていた方へ。

東京大学の評判はどうですか?東京大学の雰囲気・校風、学校行事・イベントの盛り上がり具合、就活の進めやすさなどについて語り合いましょう!文学部についてのコメントも大歓迎です。

コメントお待ちしてます。
回答受付中

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA






東京大学 文学部の基本情報

  • 名称:東京大学 文学部
  • 法人名:国立大学法人東京大学
  • キャンパス:本郷地区キャンパス
  • アクセス:地下鉄丸ノ内線・都営地下鉄大江戸線本郷三丁目駅下車、徒歩8分。または地下鉄南北線東大前駅下車、徒歩1分
  • 所在地:〒113-8654 東京都文京区本郷7丁目3の1
  • 公式HP:http://www.l.u-tokyo.ac.jp/

目次

志望理由
大学で勉強していること
満足していること:人が穏やかで優しい
不満に感じていること:男女比が偏っている
東京大学のおすすめ学部:後期教養学部
東京大学に通って良かった?
東京大学(文学部)専用掲示板  
 
       
玉川大学 通信教育部
玉川大学の評判・口コミ【通信教育部編】

大学:玉川大学 通信教育部 教育学部状況:大学卒業後、2年以内性別

青山学院大学 社会情報学部
青山学院大学の評判・口コミ【社会情報学部編】

大学:青山学院大学 社会情報学部 状況:大学卒業性別:男性総合評価

金沢医科大学 看護学部
金沢医科大学の評判・口コミ【看護学部編】

大学:金沢医科大学 看護学部 状況:大学卒業性別:女性総合評価:★

神奈川工科大学 創造工学部
神奈川工科大学の評判・口コミ【創造工学部編】

大学:神奈川工科大学 創造工学部 自動車システム開発工学科状況:現

愛知淑徳大学 文学部
愛知淑徳大学の評判・口コミ【文学部編】

大学:愛知淑徳大学 文学部 国文学科状況:現在大学に通っている(大

→もっと見る