口コミから見た、東京大学 文学部の評判は?

大学スクールナビに寄せられた、東京大学 文学部に通っている(直近まで通っていた)人から集めた口コミをもとに、東京大学 文学部の評判についてご紹介します。東京大学 文学部の雰囲気や魅力、特色を理解するのにお役立てください。




目次

東京大学 文学部に通ってみて、満足しているポイント
東京大学 文学部に通ってみて、不満に感じているポイント
おすすめ学部は?
東京大学 文学部に通って良かったか
東京大学 文学部の口コミ・評判一覧

Q.東京大学 文学部に通ってみて、満足している点を教えてください。

  • 大学:東京大学 文学部 行動文化学科
  • 状況:大学卒業後、1年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

教授が知識豊富

講義で常に面白い話が聞け、また授業外に質問に行ってもなんでも答えてもらえたからです。高校の頃は、授業のために準備している内容以外のことを質問すると教員に知識がないため答えてもらえなかったり、煙たがられたりしました。しかしこの大学では、教授たちはたいていの質問に答えてくれましたし、わからないことならわからないと言ってくれ、質問を鬱陶しがりませんでした。私は自分の専門分野だけでなく色々な分野に興味を持っていました。なのでこの大学で、どの教授に質問しに行っても基本邪険にされず、しかも知識に基づいてきちんと答えてもらえたことに満足しています。

東京大学の評判・口コミ【文学部編】
公開日:2020年1月
  • 大学:東京大学 文学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★☆☆☆(不満)

学生のレベルが比較的高い

東京大学という大学柄、比較的裕福な家庭で育った学生が多いです。私自身は地方の公立高校の出身でしたから、そのような階層の学生に出会うことでさえ新鮮でした。高校時代はそのような階層に対しての一定の「憧憬」の気持ちを抱いてはいましたが、実際大学生活でそのような人と接するにつれ「階層」に対してのこだわりや選別の念を抱かなくなりました。「日本の将来を担う人材を輩出する大学」とは言っても、結局は個々人がどのようにあるかでしかないのだと実感を持って言える点においてこの大学にきた意味があるのだと感じています。

東京大学の評判・口コミ【文学部編】
公開日:2020年1月
  • 大学:東京大学 文学部 人文学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

人が穏やかで優しい

全体的に落ち着いた雰囲気の人が多く、コミュニケーションが苦手な人やワイワイ騒ぐのが苦手な人でも過ごしやすいです(もちろんワイワイしたい人にはそれに適したコミュニティが学内にあります!)。所属するコミュニティにもよるとは思いますが、特定の属性の人を排除するような雰囲気もあまりなく、比較的多様性が尊重される空間だと思います。教員も中には鬼教員と呼ばれる人もいますが、多くの教員は優しく学生と真摯に向き合ってくれていて、あまり理不尽な扱いは受けたことがないです。

東京大学の評判・口コミ【文学部編】
公開日:2019年12月
  • 大学:東京大学 文学部
  • 状況:現在大学に通っている
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

図書館が充実している

図書館の蔵書数が充実しています。勉強や研究に必要な文献は基本的にここで揃えることができます。本郷キャンパスにある総合図書館には書庫があり、明治以降の貴重な文献が収蔵されています。図書館内のパソコンからリクエストすれば、どの学部に所属していても学生であれば誰でも、書庫の文献を取り出して閲覧することができます。日本の学問の歴史を肌で感じる良い機会になるはずです。また、本郷キャンパスには、総合図書館の他、各学部がそれぞれ図書館をもっています。総合図書館にはない文献もここで探すことができます。

東京大学の評判・口コミ【文学部編】
公開日:2019年4月
  • 大学:東京大学 文学部
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

様々な人がいる

ひとくちに東大生と言っても、合格までの道のりがさまざまであることが一番の驚きでした。私は偏差値50台の高校から、1日10時間以上勉強してようやく合格しましたし(それでも合否ギリギリラインでした)、受験期には精神面でも相当追い詰められていました。しかし入学してみると、当然のことながら、東大模試上位に名を連ねていたような人が同級生になったり、「1日4時間、週5日しか勉強していない」と豪語する人がいたり、はたまた退職後に一念発起して勉強した、祖父母世代がいたりしました。多様な友人に恵まれたことは、働き始めたいまも、人生の糧になっています。

東京大学の評判・口コミ【文学部編】
公開日:2018年12月
  • 大学:東京大学 文学部 行動文化学科
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

授業のレベルが高い

多くの授業において、アカデミックで、レベルの高い内容を学べる点が魅力的です。研究者として知名度が高い、または実績のある教員が授業を行っているため、その分野についての最先端の知識を学べる点はもちろんのこと、関連する分野の知識を学ぶこともできます。さらに、これは自身の運が良かった部分でもありますが、指導教員が非常に熱心であった点がよかったです。具体的には、卒業研究の指導の際、研究の質を高めることのみならず、「社会に出てからも通用するように」構成の仕方や文章の書き方にまで気を配って指導していただきました。

東京大学の評判・口コミ【文学部編】
公開日:2018年8月
  • 大学:東京大学 文科三類
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

進路・就職

進路は広く門戸が開かれていると思います。将来の志望職種がまだ決まっていないため、あらゆる可能性を残しておきたくこの大学に進学しました。自分のように将来の志望が不確定な人にはこの大学は向いていると思います。1~2年生は専門的な学問に入り込むことはしないので、この期間に自分のやりたいことを考え、将来の仕事に結びつけていくことができます。大学院への進学も視野に入れれば、研究職や国家公務員なども可能となると思います。

東京大学の評判・口コミ【文科三類編】
公開日:2018年4月



Q.東京大学 文学部に通ってみて、不満に感じている点を教えてください。

  • 大学:東京大学 文学部 行動文化学科
  • 状況:大学卒業後、1年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

進振り制度がある

この大学では二年生まで専門に分かれず、三年生から学部・学科に分かれるのですが、そのために「進振り制度」というものがありました。受験の際のセンター試験・二次試験に続く三次試験と呼ぶ人もいるくらいの大変な制度で、簡単に言うと定期試験の成績上位者から希望の学科に入れるという制度です。この大学はリベラルアーツを標榜しており、好きな分野を専門に関係なく学べるのが売りの一つです。にもかかわらず、進振り制度があるために、「興味とは関わりなしに、楽に点数が取れる講義を受講した方がいい」という状態になっており、意欲的で難しい講義をとる学生の方が希望の学科に進みにくいという構図になっていました。学問を学ぶ場としてどうなんだろうと、不満に思っていました。

東京大学の評判・口コミ【文学部編】
公開日:2020年1月
  • 大学:東京大学 文学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★☆☆☆(不満)

学生のレベルは高くない

ある意味、東京大学に入学できたのはそれまでの環境がよかった。東京大学に入るだけの自分以外の外部環境が整っていたにすぎないと思います。実際、東京大学で生活して、周囲の学生や世間の東京大学に対する風潮をみるにつけてそう感じています。また、「大学に入学する」ことをゴールに生きている学生が多いように感じます。自分の本当の意味での確固たる意思で生きてきた学生が少なく、それゆえ大学に入学してからもそのようなレールを求めているように感じます。

東京大学の評判・口コミ【文学部編】
公開日:2020年1月
  • 大学:東京大学 文学部 人文学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

男女比が偏っている

大学当局も男女比の是正に向けて施策をしていますがとにかく男女比がいびつです。人数が少ない分体育の授業などで女子生徒にかなり配慮はしてもらえますが、それでも寂しさや息苦しさはあると思います。これは社会のジェンダー的観念(「女子はそんなに勉強しなくていい」というような)や個人の希望にも関係する問題なので男女比を半々にすべきとは言えませんがもう少し女性が増えると雰囲気も変わってくるのではないかと思います。

東京大学の評判・口コミ【文学部編】
公開日:2019年12月
  • 大学:東京大学 文学部
  • 状況:現在大学に通っている
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

建物の設備が古い

歴史のある建物が多いキャンパスであるだけに、建物の中を何度も改装・増築を繰り返しているため、内部が迷路のようになっている建物や、設備がきわめて古い建物があります。本郷キャンパス内でも一応学内関係者向けのWifi環境を整えつつあるのですが、比較的新しい研究棟の中ではほぼ全域でWifiが使える反面、古い建物内ではほぼWifiが使えないのが現状です。キャンパス内ではそうした古い建物の整備が必要であるため、常にキャンパス内のどこかで工事をしています。

東京大学の評判・口コミ【文学部編】
公開日:2019年4月
  • 大学:東京大学 文学部
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

建物が古い

強いて挙げるならば、建物の老朽化が進んでいるところです。古い建物で文化的価値が高いのもわかりますが、外側はともかく、とくに階段・エレベーターやトイレなどは、整備した方が良いと思います。わたしの同級生は車椅子で生活しており、しばしば不自由を訴えていました。また、予算の付いている理系の学部や法学部では新しい建物が建設されているのに、文学部や教育学部は明らかに後回しにされていたという点にも、不満を感じています。

東京大学の評判・口コミ【文学部編】
公開日:2018年12月
  • 大学:東京大学 文学部 行動文化学科
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

オンライン化が進んでいない

まず、オンラインを活用したシステムが整っていないため、必要以上に紙媒体が用いられている点が不満です。例えば学期末に行われる授業評価アンケートは、他大学ではWeb上で回答できるにもかかわらず、東京大学では紙で回答する必要があり、時間や場所の制約を受けます。さらに、オンラインシステムが整っていないことで、大学側からの連絡が得にくい点も挙げられます。授業の休講情報などはもちろんのこと、事務手続きの期限などについても一部は掲示板で確認しなければならず、遠方から通学している身としては非常に不便でした。

東京大学の評判・口コミ【文学部編】
公開日:2018年8月
  • 大学:東京大学 文科三類
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

留学制度

留学制度についてまだ詳しく調べてはいませんが、フライプログラムという制度には少し不満があります。というのは、大学合格と同時に申請し、大学に全く通わないまま1年間の留学をするという制度なので、利用するにはかなりの決断力を必要とすると思います。受験勉強のことしか考えていないまま、やっと合格を知って直後に決断は普通はなかなか難しいです。できれば1年通ったあとの、2年生になるタイミングに1年間留学というシステムであればよかったです。

東京大学の評判・口コミ【文科三類編】
公開日:2018年4月



Q.おすすめ学部は?

  • 大学:東京大学 文学部 行動文化学科
  • 状況:大学卒業後、1年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

教養学部

一応文系学部ではありますが、考古学のようなことから脳科学系のことまで幅広く扱っています。他の学部に比べ進振り制度で入るのがかなり難しい学部ですが、扱う分野が広い分、分野横断的・学際的であり、学問的興味が強い人にとっては勉強しがいのある学部だと思います。

東京大学の評判・口コミ【文学部編】
公開日:2020年1月
  • 大学:東京大学 文学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★☆☆☆(不満)

経済学部

個人的にマーケティングに興味があります。そのため、行動経済学を学問として本格的に学ぶ環境として「経済学部」が最適なのではと思います。一方で、行動経済学やマーケティングは実践の場で学べるので、それほど経済学部に進学する必要性を感じないと言うのも事実です。

東京大学の評判・口コミ【文学部編】
公開日:2020年1月
  • 大学:東京大学 文学部 人文学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

後期教養学部

前期教養に引き続き名前は教養学部ですがコースはかなり細かく分かれていて、理系でも文系でも何かしら個人の好みとあう学問が用意されていると思います。教養学部に進学した友人達は活き活きとしている人が多く、学問として面白そうな印象があります。キャンパスは本郷にある他の後期学部と異なり駒場です。

東京大学の評判・口コミ【文学部編】
公開日:2019年12月
  • 大学:東京大学 文学部
  • 状況:現在大学に通っている
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

文学部

他学部に比べて、必修の授業の指定が緩いため、逆に言えば、自分の専門を超えて自発的に学ぶ姿勢が要求されているところが良いと思います。先生方の出席の取り方もおおらかなことが多く、それぞれの学生が自分で文献を読んで勉強することを重視していることが伺えます。

東京大学の評判・口コミ【文学部編】
公開日:2019年4月
  • 大学:東京大学 文学部
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

文学部

東大の中で文学部がおすすめ、というよりは、文学系を志す人には東大がおすすめだと思っています。前期課程で幅広い分野を見渡したうえで、自分の関心をじっくり選ぶことができます。また、文学部の中も細かく分化していつつも相互交流があるため、学習をより深めることができます。

東京大学の評判・口コミ【文学部編】
公開日:2018年12月
  • 大学:東京大学 文学部 行動文化学科
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

経済学部

学部での就職活動のことを考え、経済学部が一番良いと考えます。法学部は公務員試験や司法試験を受ける人が多く、文学部は必ずしも就職活動しない人が多いことを考えると(さらに、理系学部では大学院進学が主となることを考えると)、全体的に就職活動の意欲が高く、情報を得やすい経済学部は頭一つ抜けています。赤門からも近く、最寄り駅からのアクセスがいい点、建物が比較的きれいな点なども魅力です。

東京大学の評判・口コミ【文学部編】
公開日:2018年8月
  • 大学:東京大学 文科三類
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

医学部

入れるならば多くの人が医学部を選ぶのではないかと思います。(どうしても医師になりたくないという人は別ですが)医師は社会的地位が高く、仕事のやりがいも大きいのではないかと思います。また臨床医師ではなく医学の研究をすることも可能です。また最初の数年間は比較的勉強量が少なくてすむと聞くので、勉強一筋にならず学生生活を楽しむこともできます。また、理科三類の生徒は大学内でも一目おかれ、大学内にヒエラルキーが存在するとすればその頂点ということになります。

東京大学の評判・口コミ【文科三類編】
公開日:2018年4月



Q.東京大学 文学部に通って良かった?

  • 大学:東京大学 文学部 行動文化学科
  • 状況:大学卒業後、1年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

東京大学 文学部に満足

私は勉強が好きだったのですが、高校までの人間関係ではそういう人は少数派でした。真面目に勉強していると馬鹿にされたり、面白いと思う歴史の話や文学作品の考察などの話題を振ると、「頭いい自慢?」などとリアクションされて嫌がられるのが普通でした。しかし大学では、勉強が好きという人が多く、少なくとも話題を振った時に「自慢?」とは言われなくなりました。したい話ができる環境で、それだけでも大学に行ってよかったなと思います。

東京大学の評判・口コミ【文学部編】
公開日:2020年1月
  • 大学:東京大学 文学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★☆☆☆(不満)

東京大学 文学部に不満

東京という土地柄、人間や流れる空気が澱んでいます。また、東京にいる人間の空気感が好きになれません。どこか斜に構えているような、そんな雰囲気を日々感じます。私自身、地方の田舎から出ているとあって、大学を卒業したらしばらくは東京で働き、落ち着いたら地元で仕事をおこそうと考えています。「日本の中心」である東京に対し上京前に抱いていた幻想は、幻想でしかなかった。また、東京大学でさえも世間が形成した幻想でしかなく、地元の大学に進学していればよかったなと後悔しています。

東京大学の評判・口コミ【文学部編】
公開日:2020年1月
  • 大学:東京大学 文学部 人文学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

東京大学 文学部に満足

賢くモチベーションの高い学生や先生と接することができ、勉強になりました。とてもこれから自分が彼らのように知性と自信あふれる人間になれるとは思いませんが、トップクラスの議論や価値観を目の当たりにできただけでもいい人生経験だったと思います。一つ105分の長く重い授業に耐えるのはすこし大変でしたがさまざまな学問を教養学部で少しずつかじれたのもいい経験でした。時間割も文学部であれば他学部(特に理系)と比べ余裕があるためのびのびと生活できたように思います。

東京大学の評判・口コミ【文学部編】
公開日:2019年12月
  • 大学:東京大学 文学部
  • 状況:現在大学に通っている
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

東京大学 文学部にとても満足

さまざまな専門の学生と出会えるため、とても多くの知的な刺激を受けます。普段の授業は学部や学科単位で区切られているとしても、学部や学科を横断したイベントや授業が多数あるため、そうした場に積極的に出ていくことで、多彩な交流ができます。全く異なる専門の学生の研究を聞くと、自分の研究を相対化して考えたり、新たな方法を思い付いたりするもので、そうした刺激を受けることは、研究を進める上では不可欠だと思います。

東京大学の評判・口コミ【文学部編】
公開日:2019年4月
  • 大学:東京大学 文学部
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

東京大学 文学部にとても満足

最高峰の環境で勉強したいと思っていたので、それを実現できただけでも、母校に入ってよかったと思っています。もちろん、何が最高峰かといえば諸説ありますし、東大だから周りの大学より優秀だ、とおごり高ぶるつもりもありません。ただ、自分に自信がなかった高校生の頃の私と比べると、目標だった大学に合格し、学んだことを活かして仕事ができていることはこのうえない喜びです。大学生の本分はまず第一に学業だと思うので、学業を全うさせてくれた環境に感謝しています。

東京大学の評判・口コミ【文学部編】
公開日:2018年12月
  • 大学:東京大学 文学部 行動文化学科
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

東京大学 文学部にとても満足

大学1・2年次に教養課程があり、幅広い分野について勉強することができたからこそ、自身の進路についてゆっくり考えることができました。専門に分かれてからは2年間と短いですが、それでも授業にスピード感があり、他大学で4年かけて学ぶところを密に学べるため、遅れを取った感じはありません。希望する進路が見つかってからも、やはり、大学のネームバリューのサポートもあり、その進路を選びやすい点もよかったです。

東京大学の評判・口コミ【文学部編】
公開日:2018年8月
  • 大学:東京大学 文科三類
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

東京大学 文学部にとても満足

大学名によって実際の自分以上に評価してもらえる気がします。合格時にも思いもよらない親戚の方からお祝いを頂いたりしました。アルバイトも塾や家庭教師系ならばたくさんあると聞きますし、時給も悪くないようです。逆に、その大学でこんなことも知らないのか、こんなこともできないのか、などと言われることも多々あると先輩に聞きますが、それを良いプレッシャーとして常識人になっていくことが出来ればさらにこの大学に入った意味があると思います。

東京大学の評判・口コミ【文科三類編】
公開日:2018年4月



東京大学 文学部の口コミ・評判一覧

東京大学の評判・口コミ【文科三類編】

  • 大学:東京大学 文科三類
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

満足している点

進路・就職です。進路は広く門戸が開かれていると思います。将来の志望職種がまだ決まっていないため、あらゆる可能性を残しておきたくこの大学に進学しました。自分のように将来の志望が不確定な人…続きを読む

不満に感じている点

留学制度です。留学制度についてまだ詳しく調べてはいませんが、フライプログラムという制度には少し不満があります。というのは、大学合格と同時に申請し、大学に全く通わないまま1年間の留学を…続きを読む

おすすめ学部:医学部

入れるならば多くの人が医学部を選ぶのではないかと思います。(どうしても医師になりたくないという人は別ですが)医師は社会的地位が高く、仕事のやりがいも大きいのではないかと…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


東京大学の評判・口コミ【文学部編】

  • 大学:東京大学 文学部 行動文化学科
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

満足している点

授業のレベルが高いです。多くの授業において、アカデミックで、レベルの高い内容を学べる点が魅力的です。研究者として知名度が高い、または実績のある教員が授業を行っているため、その分野についての最先…続きを読む

不満に感じている点

オンライン化が進んでいないです。まず、オンラインを活用したシステムが整っていないため、必要以上に紙媒体が用いられている点が不満です。例えば学期末に行われる授業評価アンケートは、他大学ではWeb上で回答…続きを読む

おすすめ学部:経済学部

学部での就職活動のことを考え、経済学部が一番良いと考えます。法学部は公務員試験や司法試験を受ける人が多く、文学部は必ずしも就職活動しない人が多いことを考えると(さらに、…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


東京大学の評判・口コミ【文学部編】

  • 大学:東京大学 文学部
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

満足している点

様々な人がいるです。ひとくちに東大生と言っても、合格までの道のりがさまざまであることが一番の驚きでした。私は偏差値50台の高校から、1日10時間以上勉強してようやく合格しましたし(それでも…続きを読む

不満に感じている点

建物が古いです。強いて挙げるならば、建物の老朽化が進んでいるところです。古い建物で文化的価値が高いのもわかりますが、外側はともかく、とくに階段・エレベーターやトイレなどは、整備した方が…続きを読む

おすすめ学部:文学部

東大の中で文学部がおすすめ、というよりは、文学系を志す人には東大がおすすめだと思っています。前期課程で幅広い分野を見渡したうえで、自分の関心をじっくり選ぶことができます…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


東京大学の評判・口コミ【文学部編】

  • 大学:東京大学 文学部
  • 状況:現在大学に通っている
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

満足している点

図書館が充実しているです。図書館の蔵書数が充実しています。勉強や研究に必要な文献は基本的にここで揃えることができます。本郷キャンパスにある総合図書館には書庫があり、明治以降の貴重な文献が収蔵され…続きを読む

不満に感じている点

建物の設備が古いです。歴史のある建物が多いキャンパスであるだけに、建物の中を何度も改装・増築を繰り返しているため、内部が迷路のようになっている建物や、設備がきわめて古い建物があります。本郷キ…続きを読む

おすすめ学部:文学部

他学部に比べて、必修の授業の指定が緩いため、逆に言えば、自分の専門を超えて自発的に学ぶ姿勢が要求されているところが良いと思います。先生方の出席の取り方もおおらかなことが…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


東京大学の評判・口コミ【文学部編】

  • 大学:東京大学 文学部 人文学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

志望理由

やりたい学問や行きたい学校が特に定まっていなかったため、一番入学試験が難しいとされる東京大学を目指して勉強すれば落ちてもどこかしらの大学には行けるから路頭に迷わないだろ…続きを読む

学んでいること

1・2年の間は教養学部生として語学やジェンダー、統計の基礎など広く浅く教養を学び、3・4年では専攻について論文を読み書きすることで研究の基礎を学びました。教養学部では特…続きを読む

満足している点

人が穏やかで優しいです。全体的に落ち着いた雰囲気の人が多く、コミュニケーションが苦手な人やワイワイ騒ぐのが苦手な人でも過ごしやすいです(もちろんワイワイしたい人にはそれに適したコミュニティが学…続きを読む

不満に感じている点

男女比が偏っているです。大学当局も男女比の是正に向けて施策をしていますがとにかく男女比がいびつです。人数が少ない分体育の授業などで女子生徒にかなり配慮はしてもらえますが、それでも寂しさや息苦し…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


東京大学の評判・口コミ【文学部編】

  • 大学:東京大学 文学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★☆☆☆(不満)

志望理由

東京大学では、学部3年生から「進学ふりわけシステム」によって学部を選択肢、学部に所属することになります。私が文学部を選んだ理由はアジアの歴史について研究したかったからで…続きを読む

学んでいること

私は一年間の浪人生活を経て、東京大学に入学しました。浪人時代は、基本的なことを1から勉強することで成績を伸ばし、合格を手にしました。東京大学の入試(文系)に関しては、基…続きを読む

満足している点

学生のレベルが比較的高いです。東京大学という大学柄、比較的裕福な家庭で育った学生が多いです。私自身は地方の公立高校の出身でしたから、そのような階層の学生に出会うことでさえ新鮮でした。高校時代はそのよ…続きを読む

不満に感じている点

学生のレベルは高くないです。ある意味、東京大学に入学できたのはそれまでの環境がよかった。東京大学に入るだけの自分以外の外部環境が整っていたにすぎないと思います。実際、東京大学で生活して、周囲の学生…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


東京大学の評判・口コミ【文学部編】

  • 大学:東京大学 文学部 行動文化学科
  • 状況:大学卒業後、1年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

満足している点

教授が知識豊富です。講義で常に面白い話が聞け、また授業外に質問に行ってもなんでも答えてもらえたからです。高校の頃は、授業のために準備している内容以外のことを質問すると教員に知識がないため答…続きを読む

不満に感じている点

進振り制度があるです。この大学では二年生まで専門に分かれず、三年生から学部・学科に分かれるのですが、そのために「進振り制度」というものがありました。受験の際のセンター試験・二次試験に続く三次…続きを読む

おすすめ学部:教養学部

一応文系学部ではありますが、考古学のようなことから脳科学系のことまで幅広く扱っています。他の学部に比べ進振り制度で入るのがかなり難しい学部ですが、扱う分野が広い分、分野…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


       
比治山大学 短期大学部 美術科
比治山大学 短期大学部の評判・口コミ【美術科編】

大学:比治山大学 短期大学部 美術科 グラフィックデザインコース状

西九州大学 リハビリテーション学部
西九州大学の評判・口コミ【リハビリテーション学部編】

大学:西九州大学 リハビリテーション学部 リハビリテーション学科状

九州栄養福祉大学 リハビリテーション学部
九州栄養福祉大学の評判・口コミ【リハビリテーション学部編】

大学:九州栄養福祉大学 リハビリテーション学部 理学療法学科状況:

九州大学 共創学部
九州大学の評判・口コミ【共創学部編】

大学:九州大学 共創学部 状況:現在大学に通っている(大学1年生)

目白大学 人間学部
目白大学の評判・口コミ【人間学部編】

大学:目白大学 人間学部 子ども学科状況:大学卒業後、2年以内性別

→もっと見る