意外なあの人も?早稲田大学出身の女優・俳優たち【2018最新まとめ】

最終更新日:2019/04/24

早稲田大学出身の女優・俳優をまとめました。早大のどの学部か、そして卒業まで至ったのか、それとも中退してしまったのかどうかもわかるように記載しています。

目次

※画像は各大学HPより引用(URLは基本情報欄に記載)


広末涼子 (教育学部 中退)

hmm…mandomさん(@hmmm_mandom)がシェアした投稿

1998年11月25日に早稲田大学教育学部国語国文学科に自己推薦入試で合格。

1999年4月に早稲田大学教育学部に入学するも、3か月間登校しなかったため批判が集まる。3か月後の初登校時はマスコミが100人以上集まる騒動となった。

2003年10月6日 に「女優業に専念したい」との理由で早稲田大学を退学した。

引用:広末涼子 – Wikipedia

吉永小百合 (第二文学部 卒業)

日刊スポーツさん(@nikkansports)がシェアした投稿

1965年(昭和40年) – 大学入学資格検定に全科目合格は出来ていなかったが早稲田大学に高卒と同等以上の学力があると認められ早稲田大学第二文学部西洋史学専修に入学(俳優業多忙のため、精華学園女子高校は中退していた)。

1969年(昭和44年) – 多忙な中、早稲田大学第二文学部西洋史学専修を正規の4年間、しかも次席で卒業。

引用:吉永小百合 – Wikipedia


堺雅人 (第一文学部 中退)

早稲田大学第一文学部中国文学専修中退。

記念受験で受けた早稲田第一文学部に合格。早稲田大学第一文学部に入学後に官僚を諦めて、役者を志すようになる。

1992年に早稲田大学演劇研究会を母体にした劇団「東京オレンジ」の旗揚げに参加。同劇団の看板俳優として活躍し、「早稲田のプリンス」と呼ばれた。現在も同劇団の名誉団員である。後に早稲田大学第一文学部を中退。

引用:堺雅人 – Wikipedia


内野聖陽 (政治経済学部 卒業)

✩✩智聖✩✩さん(@ss_saintyang325_ss)がシェアした投稿

早稲田大学政治経済学部卒。大学在学中での初めての演劇は英語劇で、プレイボーイな役を演じたが、これで一時期、演じることが嫌になり、裏方にまわっていた。1992年(平成4年)、在学中に文学座研究所に入所。同期に寺島しのぶがいる。翌年に研修科1年となり、研修中はドラマの端役などで修行を積む。

引用:内野聖陽 – Wikipedia


松本 幸四郎 (第二文学部 中退)

1942年(昭和17年)、東京生まれ。暁星中学校・高等学校卒業。早稲田大学第二文学部中退。

引用:松本白鸚 (2代目) – Wikipedia


渡瀬恒彦 (法学部 抹籍)

SABAKIさん(@thunderball_1)がシェアした投稿

三田学園高等学校卒業後、1浪の末中央大学・早稲田大学・慶応大学に合格。尾崎士郎「人生劇場」にも影響され、早稲田大学の法学部に入学。当時青山学院大学に通っていた兄・渡哲也との共同生活が始まる。空手部に所属し、二段の腕前だった。またボクシングもやっていた という説もある。

早稲田大学はドイツ語文法1単位取れず抹籍扱いになった(2002年『徹子の部屋』では自身の早稲田大学抹籍証明書をテレビで披露した)

引用:渡瀬恒彦 – Wikipedia


秋吉久美子 (大学院 公共経営研究科 修了)

▼かおる▼さん(@kao4499)がシェアした投稿

最終学歴は高卒であったが、個別の入学資格審査を経て、2007年9月より早稲田大学大学院公共経営研究科専門職学位課程公共経営学専攻に入学。2009年9月、同研究科を10人中の総代として修了。 2009年公共経営修士取得。

引用:秋吉久美子 – Wikipedia

菅原文太 (法学部 中退)

0227hiromiさん(@0227hiromi)がシェアした投稿

早稲田大学第二法学部法学科に進学。在学中に中原淳一のモデルとなり、1954年(昭和29年)、旗揚げしたばかりの劇団四季に1期生として入団、初期の作品に端役として多数出演した。1955年(昭和30年)、早稲田大学を中退。

引用:菅原文太 – Wikipedia

山村紅葉 (政治経済学部 卒業)

京都府京都市出身。山村美紗オフィス、東宝芸能所属。京都教育大学附属幼稚園、小学校、中学校、高校を経て1985年に早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。

引用:山村紅葉 – Wikipedia

北大路欣也 (第二文学部 卒業)

京都市立紫竹小学校、同志社香里中学校から暁星中学校に編入、暁星高等学校を卒業後、早稲田大学第二文学部演劇専修卒業。

引用:北大路欣也 – Wikipedia

小川範子 (社会科学部 卒業)

jun_hotaruさん(@jun_hotaru)がシェアした投稿

歌手デビューして初めて歌った舞台が早稲田祭だという彼女はその校風に憧れ、自己推薦入試にて幼少期からの多彩な芸能活動をアピールし1993年(平成5年)に早稲田大学社会科学部に入学した。入学後も女優と大学を両立させて1997年(平成9年)に卒業した。ゼミは国際人権法。紅茶研究会に所属。

引用:小川範子 – Wikipedia

三浦洋一 (政治経済学部 中退)

Shigeto Suzukiさん(@shigeto_4214)がシェアした投稿

愛知県丹羽郡岩倉町(現・岩倉市)出身。東海高等学校卒業、早稲田大学政治経済学部中退(5年在籍した後中退)。

引用:三浦洋一 (俳優) – Wikipedia

波岡一喜 (政治経済学部 卒業)

yonte4さん(@yonte4)がシェアした投稿

大阪府立高津高等学校を経て早稲田大学政治経済学部卒業。

引用:波岡一喜 – Wikipedia

筒井真理子 (社会科学部 卒業)

▽写真左

山梨県立甲府第一高等学校卒業。青山学院大学中退。早稲田大学社会科学部卒業。

1981年、青山学院大学在学中に、当時早稲田大学演劇研究会で旗揚げしたばかりの第三舞台の公演を見て感銘を受ける。本番中にも関わらず楽屋を訪れて「入れてください」と直訴するが、スタッフに追い出される。翌1982年、早稲田大学を受験し直し、晴れて第三舞台に加入、初舞台を踏む。

引用:筒井真理子 – Wikipedia

室井滋 (社会科学部 中退)

loco.hair−headspaさん(@loco.hair)がシェアした投稿

富山県滑川市出身。早稲田大学社会科学部中退。早稲田大学在学中にシネマ研究会に所属。

引用:室井滋 – Wikipedia

風間杜夫 (第二文学部 中退)

@june_e621がシェアした投稿

早稲田大学第二文学部演劇専修入学(のちに中退)し、演劇活動を始める。

引用:風間杜夫 – Wikipedia

南圭介 (政治経済学部 卒業)

▽写真右

あーちゃんさん(@yosuke_anri)がシェアした投稿

早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。

2008年3月に早稲田大学を卒業。在学中、政治学の講義で東国原英夫の隣席で受講したこともあったが、東国原は覚えていなかった。

引用:南圭介 – Wikipedia

宇津井健 (第一文学部 中退)

BAD-NICE💈さん(@barbershop_bad_nice)がシェアした投稿

1950年 早稲田大学第一文学部演劇専修入学
1952年 俳優座養成所に第4期生として入所
1953年 俳優座製作映画「思春の泉」主演抜擢
1954年 新東宝(株)と契約後、早稲田大学第一文学部演劇専修中退

早稲田大学に入学直後、新宿で颯爽と馬に乗る同大学の馬術部員に惹かれ、馬術部に入部。以来、乗馬歴は60年に及び、乗馬技術のみならず馬の習性・乗馬用具にも造詣が深く、日本の俳優の中でも、屈指の馬術の達人の一人として挙げられている。

引用:宇津井健 – Wikipedia

長塚京三 (第一文学部 中退)

@oper8ionがシェアした投稿

早稲田大学第一文学部演劇科中退、パリ大学(ソルボンヌ)卒業。

早稲田大学では演劇サークル劇団木霊に入り、当時の部の仲間には久米宏や田中真紀子がいる。

引用:長塚京三 – Wikipedia

大和田伸也 (第一文学部 中退)

23Foofanさん(@23foofanclub)がシェアした投稿

早稲田大学第一文学部中退。

早稲田大学総長(2016年現在時点)の鎌田薫は自由舞台所属時の同級生である。

引用:大和田伸也 – Wikipedia

宅間孝行 (中退。学部不明)

早稲田大学本庄高等学院卒業後早稲田大学を中退。

藤木直人 (理工学部 卒業)

NF0719TWさん(@nf0719tw)がシェアした投稿

日本の俳優、歌手、ミュージシャン。早稲田大学理工学部情報学科卒業。

引用:藤木直人 – Wikipedia

市來玲奈 (文学部 卒業)

#市來玲奈 #9

みんさん(@tomohikosuzuki)がシェアした投稿 –

日本テレビアナウンサーであり、元女優、元競技ダンサー、元ボールルームダンサー、女性アイドルグループ乃木坂46の元メンバーである。早稲田大学本庄高等学院を経て、2014年3月、母親が卒業した第一志望の早稲田大学文学部(母親が卒業したころの学部名は第一文学部)へ内部進学した。同年6月26日、学業に専念するため乃木坂46からの卒業予定を発表し、同年7月21日をもって乃木坂46を卒業した。同年11月1日、乃木坂46の早稲田大学学園祭ライブにサプライズ出演した。

引用:市來玲奈 – Wikipedia

森繁久彌 (商学部 中退)

@koya_naitoがシェアした投稿

日本の俳優、歌手、コメディアン、元NHKアナウンサー。旧制北野中学から早稲田第一高等学院に進み、1934年に早稲田大学商学部へ進学。1936年、必修とされていた軍事教練を拒否して大学を中退。

引用:森繁久彌 – Wikipedia

加藤剛 (第二文学部)

日本の俳優。東京都立小石川高等学校を経て、早稲田大学文学部演劇科で学ぶ。

引用:加藤剛 – Wikipedia

長塚圭史 (第二文学部 卒業)

miu sakamotoさん(@miu_sakamoto)がシェアした投稿

日本の劇作家、演出家、俳優。父は俳優の長塚京三。妻は女優の常盤貴子。早稲田大学第二文学部演劇専修在学中に、「劇団笑うバラ」を結成。解散後、福田将就とのユニット「カーズ」を経て、1996年 演劇プロデュースユニット「阿佐ヶ谷スパイダース」を結成(後に伊達暁と中山祐一朗が参加する)。主宰としてほぼ全ての作品の作・演出を手がける。1998年3月、早稲田大学第二文学部演劇専修卒業、学位は学士(文学)。

引用:長塚圭史 – Wikipedia

阿部華也子 (文学部)

Naru ナルさん(@17_coffee)がシェアした投稿

日本のタレント、キャスター。早稲田大学文学部(日本文学専修)在学中。2016年4月よりセント・フォースの子会社の株式会社スプラウトに所属し、小野彩香の後任として「めざましテレビ」の7代目お天気キャスターを務める。2017年4月にセント・フォースに移籍。

引用:阿部華也子 – Wikipedia

中丸雄一 (人間科学部 卒業)

eri _Aさん(@eerip)がシェアした投稿

日本の歌手、タレント、俳優であり、男性アイドルグループ・KAT-TUNのメンバーである。2002年に都立の高校を卒業していたが、環境問題についてもっと勉強したいという思いが強まり、2008年4月、24歳で早稲田大学人間科学部eスクール(通信教育課程)人間環境科学科に入学。2013年3月、同大学を卒業した。

引用:中丸雄一 – Wikipedia

紗栄子 (人間科学部 中退)

YUI YAMAZAKIさん(@zakinko_esnail)がシェアした投稿

日本のタレント、モデル、女優。堀越高等学校卒業、早稲田大学通信制中退。

引用:紗栄子 – Wikipedia

手越祐也 (人間科学部 中退)

ななさん(@nana_yuya8511)がシェアした投稿

日本のタレント、歌手、俳優で男性アイドルグループ・NEWS、テゴマスのメンバー。早稲田大学人間科学部人間情報科学科にAO入試で合格。2010年春、「アイドル業を120%やりたい」という理由で4年生で早稲田大学を中退。

引用:手越祐也 – Wikipedia

まとめ

早稲田大学を卒業できた俳優・女優一覧

  • 秋吉久美子(大学院 公共経営研究科)
  • 吉永小百合(第二文学部)
  • 内野聖陽(政治経済学部)
  • 山村紅葉(政治経済学部)
  • 北大路欣也(第二文学部)
  • 小川範子(社会科学部)
  • 波岡一喜(政治経済学部)
  • 筒井真理子(社会科学部)
  • 南圭介(政治経済学部)
  • 藤木直人(理工学部)
  • 市來玲奈 (文学部)
  • 長塚圭史 (第二文学部)
  • 中丸雄一 (人間科学部)

早稲田大学を中退・抹籍となった俳優・女優一覧

  • 広末涼子(教育学部)
  • 堺雅人(第一文学部)
  • 松本幸四郎(第二文学部)
  • 菅原文太(法学部)
  • 三浦洋一(政治経済学部)
  • 室井滋(社会科学部)
  • 風間杜夫(第二文学部)
  • 宇津井健(第一文学部)
  • 長塚京三(第一文学部)
  • 大和田伸也(第一文学部)
  • 森繁久彌 (商学部)
  • 宅間孝行(学部不明)
  • 手越祐也(人間科学部)
  • 紗栄子(人間科学部)
  • 渡瀬恒彦(法学部) ※抹籍

早稲田大学 政治経済学部出身の俳優・女優一覧

  • 内野聖陽
  • 山村紅葉
  • 波岡一喜
  • 南圭介
  • 三浦洋一

早稲田大学 法学部出身の俳優・女優一覧

  • 菅原文太
  • 渡瀬恒彦

早稲田大学 第一文学部(※現 文学部)出身の俳優・女優一覧

  • 堺雅人
  • 宇津井健
  • 長塚京三
  • 大和田伸也
  • 市來玲奈
  • 阿部華也子

早稲田大学 第二文学部(※現 文化構想学部)出身の俳優・女優一覧

  • 吉永小百合
  • 北大路欣也
  • 松本幸四郎
  • 風間杜夫
  • 長塚圭史

早稲田大学 社会科学部出身の俳優・女優一覧

  • 小川範子
  • 筒井真理子
  • 室井滋

早稲田大学 教育学部出身の俳優・女優一覧

  • 広末涼子



人気記事 学歴フィルターとは?どの大学から学歴フィルタに引っかかるか口コミから検証【学歴フィルター42校】

人気記事 【大学ランク】大学をSランクからEランクまで格付け(2019年4月調査)

早稲田大学の評判・口コミ体験談をもっと見るなら

早稲田大学 人間科学部

早稲田大学の評判・口コミ【人間科学部編】

評価:★★★★☆(満足) / 2年生・女性

志望理由

私は、もともと環境や自然について興味があり、大学ではそれを中心に学んでいきたいと考えていました。また、比較的レベルの高い大学で、良い環境のもと研究したいと考えていたので…続きを読む

学んでいること

私は、早稲田大学人間科学部に入学してから、あらゆる分野を勉強してきました。なぜかというと、人間科学部は学科や分野の境界を越えて、学際的・総合的に勉強することができるから…続きを読む

満足している点

キャンパスがキレイなところです。人間科学部がある所沢キャンパスは本キャンパスとは違い、埼玉県の所沢にあるのですが、キャンパスが綺麗で、とてもデザイン性があります。所沢キャンパスは、グッドデザイン賞を受…続きを読む

不満に感じている点

キャンパスと最寄駅が遠い点です。キャンパスと最寄駅の小手指駅はかなりの距離があり、歩いては通学できないため、大学用のバスが出ています。しかし、バスは次々にくるわけではないので、乗り遅れてしまうと、かな…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学 人間科学部

早稲田大学の評判・口コミ【人間科学部編】

評価:★★★★☆(満足) / 4年生・男性

志望理由

早稲田大学への漠然とした憧れを持っていたため、早稲田大学の文系の学部をいくつか受験しました。その中から合格したのが人間科学部であったため、入学を決定しました。幅広い学問…続きを読む

学んでいること

地域社会学を専門とするゼミに所属しているため、社会学関連の科目を多く履修しました。実際に調査地を訪れてインタビューを行うなど、大学外で勉強する機会も多くありました。これ…続きを読む

満足している点

いろんな人がいるところです。文系と理系に問わず多くの学部があり、中にはオリンピックに出場するような学生など、非常に幅広いタイプの学生がおり、様々な人と関わることのできる点が魅力であると思います。ま…続きを読む

不満に感じている点

立地が悪い点です。私が所属する人間科学部は所沢キャンパスにあり、最寄駅である小手指からバスで15分ほどとアクセスが悪い点は不満に感じています。本部キャンパスである高田馬場キャンパスも高田…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学 人間科学部

早稲田大学の評判・口コミ【人間科学部編】

評価:★★★★☆(満足) / 4年生・男性

志望理由

受験開始当初は「マスコミ業界」を志望していました。高校3年生の時の担任と面談をし、早稲田大学がマスコミ業界に強いことを知り、早稲田大学を第一志望とすることを決意しました…続きを読む

学んでいること

私は人間科学部の人間情報科学科に所属しています。学部内に学科が3つありますが、どの学部の授業も履修することが可能です。私は社会学を主に学びました。地方創生や人口減少の著…続きを読む

満足している点

多種多様な人間の巣窟となっているところです。これまで出会うことのなかった人と関わる機会を得ることができました。高校3年まで野球部に所属していたのですが、そこでは知的な人というよりかは体育会系の人が多数いました。早…続きを読む

不満に感じている点

旧式の授業が依然として存在していることです。いわゆる、大人数の学生に対し1人の教授が淡々と話す形式の講義が多いです。アクティブラーニングと言われる活動的で、ディベート形式の講義は皆無に等しく、退屈な講義が展開され…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学 先進理工学部

早稲田大学の評判・口コミ【先進理工学部編】

評価:★★★★☆(満足) / 2年生・男性

志望理由

物理や数学が高校生の頃から好きで、特に宇宙物理系の分野に小さい頃から憧れがあったので、物理系の学部、学科を受験しようと思いました。第一志望の大学は国立大学でしたが、国立…続きを読む

学んでいること

一年生の間はほとんどが必須科目で、線形代数、微分積分、力学、集合論など数学的な内容ばかりでした。これらの科目は授業を聞いているだけでなく、自分でも問題演習をこなしていか…続きを読む

満足している点

勉強の環境が整っているところです。理工学部のキャンパスには、メインの図書館に加えて自習スペースが多く設置されている読書室というものがあります。これらの施設は平日は夜の9時まで開館しているので、授業が終わ…続きを読む

不満に感じている点

キャンパスが暗い点です。理工学部のキャンパスは工学系の工場や研究所のような建物がほとんどで、建物の外装は基本的に灰色です。特に機械系の学部の建物は実験や作業用の大きな装置や器具が多いので、本当…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学 商学部

早稲田大学の評判・口コミ【商学部編】

評価:★★★★☆(満足) / 1年生・男性

志望理由

高校2年生の冬くらいの時点で心理系の学部に進学しようと思いました。国公立の心理学部がある大学を目指して勉強しており、私立も心理学系の学部がある大学を3つ受けましたが、浪…続きを読む

学んでいること

これぞ商学部という授業は選択でとった経営の授業くらいで、第二外国語である中国語や、基礎数学、基礎会計、そして自分が勉強したかった心理学など、様々なことを学んでいます。基…続きを読む

満足している点

放任主義なところです。商学部に関してはそれほど取るべき授業が多いというわけではなく、1日の間に空いた時間が取れます。もちろんその時間に何もせずだらだらと過ごすこともできますが、自分のやりたい…続きを読む

不満に感じている点

学生に関心がない点です。基本的に自分から尋ねないとなにかを話してくれるということはありません。教授は授業が終われば教室から出ていってしまうので、何か大学に対して疑問や質問があるときは自分で事務…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学 基幹理工学部

早稲田大学の評判・口コミ【基幹理工学部編】

評価:★★★★★(大満足) / 4年生・男性

志望理由

高校受験をした際には、早稲田大学付属高等学院や慶應義塾高校に落ちてしまいました。ですから大学はどうしても早稲田大学か慶應義塾大学に合格したいと思い、死に物狂いで三年間勉…続きを読む

学んでいること

自分は基幹理工学部の情報通信学科に入りました。そこでは機械学習、無線通信、画像処理など最先端の内容を、それぞれの業界のとても偉い人から教わりました。また、いろんな企業か…続きを読む

満足している点

生徒数が多いところです。早稲田大学は生徒数やサークル数がとても多いです。一般入試で第一志望で入学してくる学生はもちろん、指定校推薦やスポーツ推薦で入学してくる学生、東京大学や京都大学に落ちてき…続きを読む

不満に感じている点

キャンパス同士の行き来が少し面倒な点です。早稲田大学はホンキャンと呼ばれる早稲田キャンパスの他に、文学部と文化構想学部のための文キャン、理工学部のための理工キャンパス、所沢キャンパスなどがあります。キャンパスが…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学 文化構想学部

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】

評価:★★★★★(大満足) / 1年生・女性

志望理由

将来マスコミ業界で仕事をしたいと思っていたため、その業界への就職率が高い大学、学部を探しました。マスコミの中でも文章を書くことに興味があったため、ほかの大学の文学部も検…続きを読む

学んでいること

まだ1年なので専門分野の研究などはしていないのですが、1年で履修できるものだけでも、ドラマ好きの教授と一緒に月9を見て恋愛についてディスカッションをする講義や、ジェンダ…続きを読む

満足している点

図書館が充実しているところです。早稲田大学は日本の私立大学で一番の500万冊という蔵書数を誇ります。特に早稲田キャンパス内にある中央図書館にはその約半数が保管されています。新書や専門分野の本はもちろん…続きを読む

不満に感じている点

教員免許取得の制度が整っていないことです。文化構想学部の中にも教員免許を取得したいと思っている学生は多くいますが、そのための授業を履修しようとするとすごく忙しくなってしまい、十分な勉強時間やバイトやサークルをす…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学 社会科学部

早稲田大学の評判・口コミ【社会科学部編】

評価:★★★★☆(満足) / 4年生・女性

志望理由

「社会学を学べること」の他、起業にも興味があったため「経営学等、他の学問も並行して学べること」「オープンな校風であること」「都内の大学であること」を軸に大学・学部選びを…続きを読む

学んでいること

社会科学部は、幅広い学問領域を満遍なく学ぶことが特徴の学部です。「まちづくり」「社会学」「ジェンダー論」の3つを基軸としつつ、法学・経済学・経営学等、様々な科目を幅広く…続きを読む

満足している点

自由なところです。「早稲田=自由」というイメージが強い人も多いかと思いますが、実際のキャンパスも、他大学と比べて活気に溢れ、自分らしく自由に生きている人が多いように感じます。例えば、入学…続きを読む

不満に感じている点

学生に対する支援が手薄な点です。人数が多いため仕方ない部分もあるのかもしれませんが、基本的に放任主義です。そのため、常に自分で目的意識を持って行動をとっていないと、大事な申請を見逃してしまったり、就職…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学 法学部

早稲田大学の評判・口コミ【法学部編】

評価:★★★★★(大満足) / 4年生・男性

志望理由

地元は大阪であり、高校までは大阪に住んでいました。しかし、大学進学の際に親元を離れたいという思いと、日本の中心で暮らしてみたいという思いが重なり、東京の大学を受験しまし…続きを読む

学んでいること

一年生、二年生の間は比較的広範なことを学びました。六法と言われる、憲法、民法、刑法、商法、刑事訴訟法、民事訴訟法について広く浅く学びました。また、英語と第二外国語(私の…続きを読む

満足している点

学習環境が整っているところです。私が通っている早稲田キャンパスの近くには中央図書館という大きな図書館があり、ここに所蔵されている無数の書籍の中から必要な書籍を探すことができます。また、図書館の中で勉強…続きを読む

不満に感じている点

人が多すぎることです。これはいい意味でも悪い意味でも捉えられる点なのですが、人数が多いことで、授業や試験の時に席が足りなかったり、希望の授業を選択できなかったり、留学の公募で当選する確率が低…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学 国際教養学部

早稲田大学の評判・口コミ【国際教養学部編】

評価:★★★★☆(満足) / 大学卒業・女性

志望理由

帰国子女で高校まで海外にいたため、9月入学を受け入れてくれる大学がまず絶対条件でしたが、日本国内、特に東京の大学で9月入学ができる大学は限られていました。また、日本語で…続きを読む

学んでいること

国際教養学部では幅広い分野から授業を選択でき、卒業までに自分に一番向いている専門を見つけられます。そのため、大学一年目は国際関係学、経済学、文学など、幅広く授業をとって…続きを読む

満足している点

留学先が豊富で、優秀な大学と提携していることです。まず、圧倒的に留学生が多いです。国際教養学部では、学生の3割くらいは留学生であり、世界各国の帰国子女も多数在籍しており、とても国際色豊かな学部だと思います。留学生も多様…続きを読む

不満に感じている点

学生の数が多く、学部は専門性に欠けることです。早稲田大学は他の私大と比べても絶対的に母集団が大きく、キャンパス内を歩いているだけでも大混雑し、授業の合間の休憩時間のコンビニや生協はいつも大行列です。学食も早めに行っ…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます




早稲田大学の口コミ・評判一覧をチェック (全107件)
※早稲田大学の口コミ一覧ページへ遷移します



       
鳴門教育大学 学校教育学部
鳴門教育大学の評判・口コミ【学校教育学部編】

このページでは、鳴門教育大学 学校教育学部の卒業生(卒業後2年以内)か

拓殖大学北海道短期大学 農学ビジネス学科
拓殖大学北海道短期大学の評判・口コミ【農学ビジネス学科編】

このページでは、拓殖大学北海道短期大学 農学ビジネス学科に現在通ってい

岩手県立大学 社会福祉学部
岩手県立大学の評判・口コミ【社会福祉学部編】

このページでは、岩手県立大学 社会福祉学部の卒業生(卒業後1年以内)か

愛知工業大学 工学部
愛知工業大学の評判・口コミ【工学部編】

このページでは、愛知工業大学 工学部に現在通っている2年生から聞いた、

近畿大学 文芸学部
近畿大学の評判・口コミ【文芸学部編】

このページでは、近畿大学 文芸学部に現在通っている4年生から聞いた、近

→もっと見る