早稲田大学の学生から見た、おすすめ人気学部はどこ?【2019年調査】

最終更新日:2019/08/27

このページでは、早稲田大学生による、早稲田大学におけるおすすめの学部をご紹介します。早稲田大学への進学を検討している方はぜひ結果とその理由を併せて参考にしてみましょう。

※画像は各大学HPより引用(URLは基本情報欄に記載)


集計方法について

大学スクールナビでは、口コミ投稿フォームに「自分の大学の中でおすすめの学部はどこか?」という項目があります。今回の調査では、早稲田大学に通っている(もしくは直近まで通っていた)学生86人から回収したアンケート結果(回答期間:2018前半~2019年前半)を集計した結果をお伝えします。

早稲田大学の学生から見た人気学部

1位.政治経済学部(25%)

早稲田大学 政治経済学部

※画像は各大学HPより引用

1位は政治経済学部という結果になりました。レベルの高い学生が多いこと、就職活動に有利なことなどを理由として挙げている人が多く見られます。

政治経済学部

早稲田大学政治経済学部の学部棟である3号館は最近リニューアルしたばかりで、外見も内部もとても綺麗です。また、座席1つ1つに(机の上に)コンセントが付いており、充電しながら授業を受けられるのがとても魅力的です。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】

政治経済学部

看板学部ということもあり、かなり濃い内容の授業を取り揃え、大学生活を送る中で人として成長することができるからです。必修の授業でアカデミックという英語の授業がありますが、かなりハイレベルな内容を扱っています。成長したいと思う意識が少しでもあるのならば、政治経済学部を目指すことは正しい判断だと自信を持って言えます。生々しい話ですがネームバリューが一番強い学部でもあるので、就職に苦労することもあまりないように思われるからです。

早稲田大学の評判・口コミ【社会科学部編】

政治経済学部

早稲田大学内での看板学部と呼ばれているという部分が大きいです。学生は意識が高く、何かに向かって努力している人が多いですし、留学を目指す人も多いです。また、講義に関しても興味深いものが多く、しっかり勉強していけば世の中で起きている政治・経済のニュースを理解することができますし、生きていく上で役に立つと思います。留学に関しての支援が手厚いことも長所かと思います。

早稲田大学の評判・口コミ【政治経済学部編】

政治経済学部

早稲田大学の中で圧倒的に就職に有利だからです。高校時代は早稲田に受かることを目標にする方も多いと思いますが、就職を考えたときに一番上の学部にいると有利に働きます。今から早稲田を目指す方は大学に受かることよりもその先に目標を見据えて学部選びをしていただきたいです。

早稲田大学の評判・口コミ【社会科学部編】

政治経済学部

私立文系大学のトップと呼ばれる学部なので、どこへ就職するにも有利だと思います。教授陣も優秀、有名な方が多いです。また、キャンパスが新しく綺麗という点でも私にとって魅力的なポイントのひとつです。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】

政治経済学部

早稲田大学内で一番優秀と言われている政経学部は、入学試験の偏差値が最も高く、優秀な生徒が集まっており、大学内外両方からの評価も非常に高いです。そのため、就職に最も強い学部のうちの一つで、同学部出身の方は政治家から大手企業役員まで幅広くまさにエリート人材を多く生み出す学部だと断言できます。さらに、近年新しく改装された政治経済学部の建物である三号館の内装は、高級ホテルのような吹き抜けとピカピカのエレベーターが非常に印象的で美しいです。

早稲田大学の評判・口コミ【国際教養学部編】

政治経済学部

難易度は高いですが、やはりそれに匹敵するだけのステータスを兼ね備えれる気がします。政治経済学部の塔はとても綺麗ですし、設備もしっかりしていますし、勉学に励みやすい環境が提供されています。他の学部と比べると顕著にあらわれています。

早稲田大学の評判・口コミ【文学部編】

政治経済学部

やはり早稲田の看板と言われるだけのことはあり、政治経済学部在籍と言うと大学内でも社会に出ても一目置かれます。また就職活動においても一番汎用性があるというか、オールマイティにあらゆる業種に採用されるのもこの学部に有利な点だと感じました。もしも将来どんな職業に就きたいか、また何を学びたいか迷っている高校生がいたら、間違いなく政経を勧めます。そこから新たな選択肢がたくさん生まれてくると実感しているからです。

早稲田大学の評判・口コミ【政治経済学部編】

政治経済学部

教員、学生のレベルが高く、学外からの評価も上々のようです。その反面、授業は楽なものが多く、簡単に卒業することができます。就職実績も良いため、特にやりたいことが決まってない学生にとっては、コストパフォーマンスが高い学部だと言えます。

早稲田大学の評判・口コミ【基幹理工学部編】

政治経済学部

私が通っている大学の学部の中でもっともレベルの高い学部の一つであり、またそれゆえに就職や将来の進路について非常に優位性を持った学部です。実際に社会で活躍する多くの先達を輩出しています。

早稲田大学の評判・口コミ【社会科学部編】

政治経済学部

早稲田大学で政治経済学部といえば、看板の学部と言えます。サークルの自己紹介などで「学生注目」というのがあり、学部を名乗る流れがあるのですが、政治経済学部、と言えば「看板!」と返ってきます。早稲田大学卒の国会議員も実際に多く、政治家への道に大きく近づくことができるのではないかと思います。学部棟となる建物は早稲田キャンパスの中でも美しく、改装などもされているので、大学としても政治経済学部には特に力を入れている部分があるのでは、と感じます。実績もあり、早稲田大学を代表する学部の一つなので、おすすめです。

早稲田大学の評判・口コミ【文学部編】

政治経済学部

やはり早稲田大学の顔といえば政治経済学部です。偏差値も早稲田で一番高く学内でも一目置かれることは間違いなしです。キャンパスも早稲田1おしゃれで過ごしやすい環境だと思います。正直言って羨ましいです。なので周りの人から羨望の眼差しで見られたい願望のある方には強く政治経済学部をお勧めしたいです。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】

政治経済学部

腐ってもセイケイです。早稲田の政経は大学のブランド以上に最強のブランドを持ちます。学歴というだけでなく、いろんな意味で一目を置かれます。そして本人も早稲田に入るのなら政経であることに憧れる人が多いのではないのでしょうか。もちろん目的があって、法学・文学・商学等他学部を受験する皆さんも応援いたしますが、特に目標が定まっていない、でもとりあえず早稲田に入りたいという学生さんは絶対に「セイケイ」を目指すべきです。

早稲田大学の評判・口コミ【政治経済学部編】

政治経済学部

将来を見据えて特定の学びたいことがある高校生は少ないと思います。どの学部に所属していても他の学部の勉強もすることができるので、自分探しも含めて大学に通うなら就職活動に有利な政治経済学部がオススメです。起業する卒業生も多いので、卒業後も刺激を受け続けられます。

早稲田大学の評判・口コミ【政治経済学部編】

政治経済学部

政治経済学部といえば早稲田大学の顔であり、予備校のつける偏差値ランキングの中でも学内トップに位置します。そうしたことから早稲田キャンパス内でのカーストは最上位に位置し、他学部生からも一目置かれる様子をよく見ます。もちろんそれ以外にも、他の学部と比べても最新設備の整った学部棟を有していて非常に環境が良く、学生の本分である学業に身が入れやすいです。マスコミ関係や金融など、就職にも強い学部であると感じます。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】

政治経済学部

単純にネームバリューの問題です。学内・学外問わず、「早稲田の政経」のネームバリューは一定通じると実感しています。実際の学生の質は、特に優秀な層に関しては他の学部と大差はないようにも感じますが、ボトム層の学生の質では他学部よりも圧倒的に高いと感じます。

早稲田大学の評判・口コミ【政治経済学部編】

政治経済学部

まず、政治経済学部は、早稲田大学の中でも特にヒエラルキーの高い「名門」とされています。そして、自由な早稲田大学の中では比較的真面目な人が生き残る学部で、進級にTOEFLが何点以上必要などの条件があり、社会に役立つ人材が一番育つ学部の一つだと思います。

早稲田大学の評判・口コミ【先進理工学部編】

政治経済学部

やはり、早稲田の中で一番レベルが上で、学内におけるヒエラルキーも上位です。多少他の学部の人に自慢できますし、早稲田の政治経済学部と言えばみんな優秀と思ってくれます。また、政治経済学部の棟は建て替えしたばかりでエスカレーターもあり、すごく綺麗です。

早稲田大学の評判・口コミ【法学部編】

早稲田大学 政治経済学部の評判・口コミはこちら

2位.文化構想学部(16%)

早稲田大学 文化構想学部

※画像は各大学HPより引用

2位は文化構想学部です。面白い授業が多くあるという点を魅力として挙げている人が多く見られます。

文化構想学部

出版、メディア、文化などさまざまな分野について学べます。授業の内容もおもしろいものが多いです。また、課題に関する負担が大き過ぎないため、サークルやアルバイトなど、授業以外の学生生活にもしっかり打ち込めます。

早稲田大学の評判・口コミ【先進理工学部編】

文化構想学部

もし受験時に大学のことをちゃんと調べて第一志望として受験するなら文化構想学部だと思います。文化構想学部の講義は本当に様々な分野があり、非常に興味深いものばかりです。そのため、まだ何をしたいか決めていないという人にはもってこいの学部だと思いました。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】

文化構想学部

大学の講義に楽しいものが多いです。教授も世界的に名の知れた優秀な方が多いです。また、授業数も少ないので自分のやりたいことをやれる時間が確保しやすいです。他の学部に比べて個性的な人が多く、友人にも恵まれる環境だと思います。人文学に興味がある方は決して後悔しない学部であると思います。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】

文化構想学部

自分が好きで選んで進学したこともありますが、やはり、楽しく学ぶことができる学部だと思います。まだ、自分の興味が定まっていない人は、バラエティー豊かな授業を受けていく中で見つけることができると思いますし、すでに好きなことがある人は、とことんそのことを追求しきれる学部だと思います。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】

文化構想学部

私の個人的な意見ですが、文化構想学部の授業は面白い授業が多いと思うからです。例えば、人気ドラマを毎回考察する授業があったり、映画についてディスカッションする授業があったり、日常的なものをきっかけに、物事を深く考える機会がある授業が多く、日常的に思考力が鍛えられると思います。

早稲田大学の評判・口コミ【社会科学部編】

文化構想学部

必修で英語と第二外国語をみっちりと勉強するので語学力がつきます。また、文化構想学部は文系の科目だけではなく、政治や法律といった幅広い分野の教授がおり授業もたくさんあるため、やりたいことの方向性が決まっていない人でも好きなことを見つけられるという意味でとてもお勧めです。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】

文化構想学部

一つの領域に囚われることなく、複合的に研究できる学部です。従来の文学や言語領域から、メディア系やアニメ・コンテンツ研究など興味深い授業が揃っています。固定概念に囚われず、自分の志向に沿った勉強ができる環境が整っています。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】

文化構想学部

開講している講義が、他学部からも受講する生徒が押し寄せるほど魅力的です。特にメディア関係の授業は全国的に見ても充実しており、現役の広告代理店や出版社、テレビ局の社員が講師として招かれるので、マスコミ志望者にとってはたまりません。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】

文化構想学部

本キャンパスになく、偏差値もそこまで高くはない、看板とはいえないような学部ですが、自由さと授業の面白さが売りです。履修の自由度から早稲田大学の楽しさを存分に感じられますし、自分のやりたい他の活動に専念しながら進級することも可能です。戸山キャンパスでのびのびと人目を気にせず学校生活を送れます。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】

文化構想学部

文学や芸術が好きで入ってくる人が多いので、他の学部よりも一層浮世離れした人が多く面白いです。みな自分の好きなものについて熱く語ってくれるので、話題豊富で何時間でも話せてしまいます。知らないジャンルにもどんどんアンテナを張っていけるのがとても楽しい場だと思います。ただ、就職や単位に興味のないタイプの人も多いので、ちゃんとサークルに入って他学部の友人も作って、バランス感覚を養うことも必要だと思いました。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】

文化構想学部

文化構想学部は新しくできた学部で、文学部より、より多角的に物事を見る力を養うことができます。多様性が叫ばれる今の時代にとても重要な学部なのではないかと思います。6つの論系があり自分の興味がある分野を究めることもできます。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】

文化構想学部

「落語」「漫画」「アニメ」「Jpop」と言った娯楽に思えるものをアカデミックな目で見る授業を開設しているから。ほとんどの科目は文学部からでも履修できますが、演習やゼミなどは所属していないと取ることができません。

早稲田大学の評判・口コミ【文学部編】

早稲田大学 文化構想学部の評判・口コミはこちら

3位.国際教養学部(12%)

早稲田大学国際教養学部

※画像は各大学HPより引用

3位は国際教養学部です。留学制度が充実していること、外国人留学生が多くいること、などのポイントを挙げる人が目立ちました。

国際教養学部

留学制度がとても充実しており、提携先の海外大学もとても優秀な大学が多いです。留学先で取得した単位も換算できるので、留年せずに4年で卒業できる事も魅力的だと思います。そして何よりも国際色がとても豊かで、国際交流、語学が好きな学生にとってはとてもいい環境だと思います。

早稲田大学の評判・口コミ【国際教養学部編】

国際教養学部

1年間の留学を強いられるからです。留学をしたい学生もいますが、自由な時間を目の前にすると人間は弱くなり目標を見失いがちです。そうなってしまうと、留学という目標も達成できずに大学生活を終わってしまう学生も多くいます。強制的に留学をさせられるのであれば、留学という目標を達成することができるし、何より強制的に自分の視野が広がる点は非常に魅力的です。

早稲田大学の評判・口コミ【国際教養学部編】

国際教養学部

海外からの留学生が多いので、学部内で国際交流が出来ているのが他学部生としては羨ましいです。また、日本人学生は基本的に1年間の交換留学が義務付けられているのも素晴らしいです。そのための準備として1年生の時から授業が英語で行われるので、留学先でも英語「を」ではなく英語「で」勉強できるのが良いと思います。

早稲田大学の評判・口コミ【法学部編】

国際教養学部

元々プログラムで組み込まれているため、留学しても4年で卒業できる点は他の学部にはない利点だと思うからです。また1,2年生の間は文系理系問わず、幅広い分野の授業を選択して取れるので、様々な教養が身について良かったです。

早稲田大学の評判・口コミ【国際教養学部編】

国際教養学部

国際教養学部はグローバル化が進展する今の時代のニーズに最も適った学部であると思います。学生の大半が留学生で、講義はほとんど英語で行われます。そして学生は1年間の留学が義務付けられ、国際力を持った学生になることが期待されています。こうした学生は就職活動において高い実績を示すことができていると思います。

早稲田大学の評判・口コミ【文学部編】

国際教養学部

授業が全て英語で行われること、2年次には必ず1年間留学に行くカリキュラムになっていることなど、国際社会で活躍したいと思っている人にはとても良い学部です。留学先もアジアや英語圏だけでなく全世界に提携校があるので、英語以外の言語を身に付けたい人にも向いていると思います。

早稲田大学の評判・口コミ【文学部編】

国際教養学部

留学することが必須で求められるからです。そもそも、授業は英語で進められ、周りの学生も帰国子女や留学生が多いので、日本の大学に通いながら海外気分を味わうことができます。それに加えて、卒業までに必ず1年間留学が必須なので、グローバルな人材へと成長することができます。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】

国際教養学部

国際教養学部の学生は大きく3つのカテゴリーに分けられます。日本人学生、外国人学生、そして帰国子女(海外を経験した日本人)です。1つの学部という狭い空間に、ありとあらゆる違った価値観を持った人間が集まっているため、そこから得られるものは海外留学にも匹敵するレベルだと思います。

早稲田大学の評判・口コミ【国際教養学部編】

国際教養学部

早稲田キャンパス内にある11号館の二階には、国際教養学部と商学部専用のラウンジがあり、あきコマや暇な時間はそこに行くと必ず友達に会えます。椅子に座ってるだけで新しい友達もふえるのでいいことばかりです。最近では、11号館ラウンジにいると、家にいるときのように安心します。

早稲田大学の評判・口コミ【国際教養学部編】

国際教養学部

帰国子女や留学生が多くいて、授業以外の時間でも常に英語など日本語以外の言語で会話しているので、外国語を学びたい人にとっては最高の環境だと思います。また、1年間の留学が必須になっているので、「長期の留学をしてみたいけどやり方が分からない」という人も教授や先輩など身近な人に相談できるのでおすすめです。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】

早稲田大学 国際教養学部の評判・口コミはこちら

4位.社会科学部(9.3%)

早稲田大学 社会科学部

※画像は各大学HPより引用

4位は社会科学部です。カリキュラムの柔軟性が高く、様々なことを学べる点に魅力を感じている人が多いようです。

社会科学部

学内で「シャガクズ」と呼ばれ、単位が取りやすいと言われている学部です。学業以外のことも全力で楽しみたいと感じる人には、バランスが取りやすい学部だと思います。また一方で、他学部に比べてかなり広い学問領域を履修することになるため、明確に研究目的がある人にとっては、それが「学際的な視点」を身につける良いきっかけとなります。私自身も、「社学」に進学したおかげで、幅広い視野を身につけられたと感じていますし、それが研究活動・就職活動を行う上での糧となっています。

早稲田大学の評判・口コミ【社会科学部編】

社会科学部

社会科学部は学部での専攻が深く決まっておらず、自分で好きなことを追究する学部です。さらに授業がかなり楽で、学校以外のことにかなり打ち込めます。さらに卒論もないので、本当に自由に遊ぶなりバイトするなりできる学部です。

早稲田大学の評判・口コミ【生命医科学科編】

文化構想学部

文化構想学部では様々なことを学ぶことができます。文化とは多種多様です。言語や歌、哲学などの活動や、ダンスやスポーツなどといった活動についてを講義で学ぶことができます。文化の解釈がそれぞれに委ねられているからこそですが、自分なりの文化について考えを深めることができるでしょう。

早稲田大学の評判・口コミ【スポーツ科学部編】

社会科学部

自分のやりたい事が思う存分できる学部であると考えるからです。ゼミに入るかどうかも選べます。卒業論文を書くかどうかも選べます。自分が学びたい学問も選べます。授業が忙しくないために課外活動にも力をいれられます。

早稲田大学の評判・口コミ【社会科学部編】

社会科学部

他の学部に比べ専門性がないため、まだ何を学びたいか決まっていない人、大学に入ってから探したい人にぴったりだからです。社会科学部では様々な分野の授業を受ける環境があるため、その中で将来の方向性を決めることができます。

早稲田大学の評判・口コミ【社会科学部編】

社会科学部

社会科学部は早稲田大学の中でもカリキュラムの柔軟性が高く、自分の学びたい分野を進んで学べる環境が整っていると思います。一方で自由に使える時間を確保することも十分できるので、学ぶことも遊ぶことも、好きなことに情熱を注ぎやすい学部であるように思っています。

早稲田大学の評判・口コミ【先進理工学部編】

社会科学部

早稲田大学といえば政治経済学部、法学部が人気ですが、近年では社会科学部の人気も高まっています。社会科学部のいいところは経済学、政治学、法学、商学、社会学など社会科学に分類される分野を満遍なく広く学べるところだと思います。

早稲田大学の評判・口コミ【社会科学部編】

社会科学部

一昔前、社会科学部は夜間の学部で、早稲田の中では一番ランクの低い扱いを受けていました。今では夜間は廃止され、他学部と同様に通常の時間で講義が開かれます。当時の蔑まれた目で見られることもなくなりました。受験の難易度は恐らく昔からあまり変わっていないのに、高い評価を得られるという意味では、とてもお買い得な学部なのではないかと思います。

早稲田大学の評判・口コミ【人間科学部編】

早稲田大学 社会科学部の評判・口コミはこちら

5位.文学部(8%)

早稲田大学 文学部

※画像は各大学HPより引用

5位は文学部です。文化構想学部と同様、授業に魅力を感じている人が多いことに加え、キャンパスが新しい点を挙げている人もいました。

文学部

通っていたということもありますが、日本の文学部の中でも最高クラスと言われており、事実、素晴らしい教授が多く在籍し、面白い授業もたくさんあって、文学部に関心があるのならばやはり早稲田大学の文学部は非常にオススメできるのではないでしょうか。

早稲田大学の評判・口コミ【文学部編】

文学部

最も規模の大きく有名な早稲田キャンパスではなく、そこから徒歩3分のほどの戸山キャンパスというところにありますが、非常に落ち着いていて独特の雰囲気があります。授業は2年次にコースというものに分かれて受けることになりますが、非常に興味深く、各分野で著名な教授が多数在籍しています。

早稲田大学の評判・口コミ【商学部編】

文学部

入ってから自由度の高い学部だからです。例えば私は、かなり具体的に、目標とする専門分野を決めて入学して来ました。しかし、その興味はだんだんと薄れ、別のものに興味が湧いて来ました。しかし、そんな私でも転部という負担の大きいことをせずに、興味に近い学問を学部内で見つけることができました。

早稲田大学の評判・口コミ【文学部編】

文学部

名前は文学部といえ、学習対象は文学にとらわれれることなく、哲学や心理学、歴史も取り扱っているため自分の興味に臨機応変に対応してくれる学部だからです。また、文学部と文化構想学部の学生は教員免許を取得する科目を国語科、英語科、社会科、その他外国語の中から選ぶことができます。また頑張りによっては2教科の教員免許を取得することも可能です。

早稲田大学の評判・口コミ【文学部編】

文学部

キャンパスの最寄り駅が早稲田駅で便利かつ、近年改修工事がされたために校舎が綺麗であること。早稲田キャンパスとは少しだけ離れているので、それほど混み合っているという印象もなく、静かな環境で勉強ができるので羨ましく思います。

早稲田大学の評判・口コミ【スポーツ科学部編】

文学部

商学部の僕が文学部を勧める理由はただ一つ。楽そうだからです。まず、商学部は他の学部と違い、中間テストなるものがあって面倒なのであまりお勧めしません。まぁ期末範囲が広くならないというのは楽ですが。その点、文学部は知り合いによると殆どがテストなしでレポートのみでよく、あまり授業の出席もないらしいです。そこで殆ど授業に出ずに知り合いに聞いてレポートを書いて単位を取っている人もいると聞きました。こんな理由から文学部をお勧めします。

早稲田大学の評判・口コミ【商学部編】

文学部

やはり授業がたのしい。 ツイッターを授業中に活用するジェンダーの授業や、人形とホラーに関する授業などなど、変わった内容の講義が盛りだくさんで、さまざまな教養を積むことができるといえるでしょう。 人気授業は他学部からの潜り学生も多いです。

早稲田大学の評判・口コミ【法学部編】

早稲田大学 文学部の評判・口コミはこちら


おわりに

早稲田大学生から見た、早稲田大学における人気学部についてご紹介しました。法学部や商学部、理工学部がランクインしないという結果は少々驚きでした。

特定の学部をおすすめする理由は人さまざまです。全体のランキングだけでなく、ぜひ個別のコメントもご覧くださいね。あなたにとって魅かれるコメントがあるかもしれません。

早稲田大学 の基本情報



人気記事 学歴フィルターとは?どの大学から学歴フィルタに引っかかるか口コミから検証【学歴フィルター42校】

人気記事 【大学ランク】大学をSランクからEランクまで格付け(2019年4月調査)

早稲田大学 の基本情報

  • 大学名:早稲田大学
  • 法人名:学校法人早稲田大学
  • 創立:1882年
  • 本部所在地:東京都新宿区戸塚町一丁目104番地
  • 公式HP:https://www.waseda.jp/top/

早稲田大学の評判・口コミ体験談をもっと見るなら

早稲田大学 人間科学部

早稲田大学の評判・口コミ【人間科学部編】

評価:★★★★☆(満足) / 2年生・女性

志望理由

私は、もともと環境や自然について興味があり、大学ではそれを中心に学んでいきたいと考えていました。また、比較的レベルの高い大学で、良い環境のもと研究したいと考えていたので…続きを読む

学んでいること

私は、早稲田大学人間科学部に入学してから、あらゆる分野を勉強してきました。なぜかというと、人間科学部は学科や分野の境界を越えて、学際的・総合的に勉強することができるから…続きを読む

満足している点

キャンパスがキレイなところです。人間科学部がある所沢キャンパスは本キャンパスとは違い、埼玉県の所沢にあるのですが、キャンパスが綺麗で、とてもデザイン性があります。所沢キャンパスは、グッドデザイン賞を受…続きを読む

不満に感じている点

キャンパスと最寄駅が遠い点です。キャンパスと最寄駅の小手指駅はかなりの距離があり、歩いては通学できないため、大学用のバスが出ています。しかし、バスは次々にくるわけではないので、乗り遅れてしまうと、かな…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学 人間科学部

早稲田大学の評判・口コミ【人間科学部編】

評価:★★★★☆(満足) / 4年生・男性

志望理由

早稲田大学への漠然とした憧れを持っていたため、早稲田大学の文系の学部をいくつか受験しました。その中から合格したのが人間科学部であったため、入学を決定しました。幅広い学問…続きを読む

学んでいること

地域社会学を専門とするゼミに所属しているため、社会学関連の科目を多く履修しました。実際に調査地を訪れてインタビューを行うなど、大学外で勉強する機会も多くありました。これ…続きを読む

満足している点

いろんな人がいるところです。文系と理系に問わず多くの学部があり、中にはオリンピックに出場するような学生など、非常に幅広いタイプの学生がおり、様々な人と関わることのできる点が魅力であると思います。ま…続きを読む

不満に感じている点

立地が悪い点です。私が所属する人間科学部は所沢キャンパスにあり、最寄駅である小手指からバスで15分ほどとアクセスが悪い点は不満に感じています。本部キャンパスである高田馬場キャンパスも高田…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学 人間科学部

早稲田大学の評判・口コミ【人間科学部編】

評価:★★★★☆(満足) / 4年生・男性

志望理由

受験開始当初は「マスコミ業界」を志望していました。高校3年生の時の担任と面談をし、早稲田大学がマスコミ業界に強いことを知り、早稲田大学を第一志望とすることを決意しました…続きを読む

学んでいること

私は人間科学部の人間情報科学科に所属しています。学部内に学科が3つありますが、どの学部の授業も履修することが可能です。私は社会学を主に学びました。地方創生や人口減少の著…続きを読む

満足している点

多種多様な人間の巣窟となっているところです。これまで出会うことのなかった人と関わる機会を得ることができました。高校3年まで野球部に所属していたのですが、そこでは知的な人というよりかは体育会系の人が多数いました。早…続きを読む

不満に感じている点

旧式の授業が依然として存在していることです。いわゆる、大人数の学生に対し1人の教授が淡々と話す形式の講義が多いです。アクティブラーニングと言われる活動的で、ディベート形式の講義は皆無に等しく、退屈な講義が展開され…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学 先進理工学部

早稲田大学の評判・口コミ【先進理工学部編】

評価:★★★★☆(満足) / 2年生・男性

志望理由

物理や数学が高校生の頃から好きで、特に宇宙物理系の分野に小さい頃から憧れがあったので、物理系の学部、学科を受験しようと思いました。第一志望の大学は国立大学でしたが、国立…続きを読む

学んでいること

一年生の間はほとんどが必須科目で、線形代数、微分積分、力学、集合論など数学的な内容ばかりでした。これらの科目は授業を聞いているだけでなく、自分でも問題演習をこなしていか…続きを読む

満足している点

勉強の環境が整っているところです。理工学部のキャンパスには、メインの図書館に加えて自習スペースが多く設置されている読書室というものがあります。これらの施設は平日は夜の9時まで開館しているので、授業が終わ…続きを読む

不満に感じている点

キャンパスが暗い点です。理工学部のキャンパスは工学系の工場や研究所のような建物がほとんどで、建物の外装は基本的に灰色です。特に機械系の学部の建物は実験や作業用の大きな装置や器具が多いので、本当…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学 商学部

早稲田大学の評判・口コミ【商学部編】

評価:★★★★☆(満足) / 1年生・男性

志望理由

高校2年生の冬くらいの時点で心理系の学部に進学しようと思いました。国公立の心理学部がある大学を目指して勉強しており、私立も心理学系の学部がある大学を3つ受けましたが、浪…続きを読む

学んでいること

これぞ商学部という授業は選択でとった経営の授業くらいで、第二外国語である中国語や、基礎数学、基礎会計、そして自分が勉強したかった心理学など、様々なことを学んでいます。基…続きを読む

満足している点

放任主義なところです。商学部に関してはそれほど取るべき授業が多いというわけではなく、1日の間に空いた時間が取れます。もちろんその時間に何もせずだらだらと過ごすこともできますが、自分のやりたい…続きを読む

不満に感じている点

学生に関心がない点です。基本的に自分から尋ねないとなにかを話してくれるということはありません。教授は授業が終われば教室から出ていってしまうので、何か大学に対して疑問や質問があるときは自分で事務…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学 基幹理工学部

早稲田大学の評判・口コミ【基幹理工学部編】

評価:★★★★★(大満足) / 4年生・男性

志望理由

高校受験をした際には、早稲田大学付属高等学院や慶應義塾高校に落ちてしまいました。ですから大学はどうしても早稲田大学か慶應義塾大学に合格したいと思い、死に物狂いで三年間勉…続きを読む

学んでいること

自分は基幹理工学部の情報通信学科に入りました。そこでは機械学習、無線通信、画像処理など最先端の内容を、それぞれの業界のとても偉い人から教わりました。また、いろんな企業か…続きを読む

満足している点

生徒数が多いところです。早稲田大学は生徒数やサークル数がとても多いです。一般入試で第一志望で入学してくる学生はもちろん、指定校推薦やスポーツ推薦で入学してくる学生、東京大学や京都大学に落ちてき…続きを読む

不満に感じている点

キャンパス同士の行き来が少し面倒な点です。早稲田大学はホンキャンと呼ばれる早稲田キャンパスの他に、文学部と文化構想学部のための文キャン、理工学部のための理工キャンパス、所沢キャンパスなどがあります。キャンパスが…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学 文化構想学部

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】

評価:★★★★★(大満足) / 1年生・女性

志望理由

将来マスコミ業界で仕事をしたいと思っていたため、その業界への就職率が高い大学、学部を探しました。マスコミの中でも文章を書くことに興味があったため、ほかの大学の文学部も検…続きを読む

学んでいること

まだ1年なので専門分野の研究などはしていないのですが、1年で履修できるものだけでも、ドラマ好きの教授と一緒に月9を見て恋愛についてディスカッションをする講義や、ジェンダ…続きを読む

満足している点

図書館が充実しているところです。早稲田大学は日本の私立大学で一番の500万冊という蔵書数を誇ります。特に早稲田キャンパス内にある中央図書館にはその約半数が保管されています。新書や専門分野の本はもちろん…続きを読む

不満に感じている点

教員免許取得の制度が整っていないことです。文化構想学部の中にも教員免許を取得したいと思っている学生は多くいますが、そのための授業を履修しようとするとすごく忙しくなってしまい、十分な勉強時間やバイトやサークルをす…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学 社会科学部

早稲田大学の評判・口コミ【社会科学部編】

評価:★★★★☆(満足) / 4年生・女性

志望理由

「社会学を学べること」の他、起業にも興味があったため「経営学等、他の学問も並行して学べること」「オープンな校風であること」「都内の大学であること」を軸に大学・学部選びを…続きを読む

学んでいること

社会科学部は、幅広い学問領域を満遍なく学ぶことが特徴の学部です。「まちづくり」「社会学」「ジェンダー論」の3つを基軸としつつ、法学・経済学・経営学等、様々な科目を幅広く…続きを読む

満足している点

自由なところです。「早稲田=自由」というイメージが強い人も多いかと思いますが、実際のキャンパスも、他大学と比べて活気に溢れ、自分らしく自由に生きている人が多いように感じます。例えば、入学…続きを読む

不満に感じている点

学生に対する支援が手薄な点です。人数が多いため仕方ない部分もあるのかもしれませんが、基本的に放任主義です。そのため、常に自分で目的意識を持って行動をとっていないと、大事な申請を見逃してしまったり、就職…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学 法学部

早稲田大学の評判・口コミ【法学部編】

評価:★★★★★(大満足) / 4年生・男性

志望理由

地元は大阪であり、高校までは大阪に住んでいました。しかし、大学進学の際に親元を離れたいという思いと、日本の中心で暮らしてみたいという思いが重なり、東京の大学を受験しまし…続きを読む

学んでいること

一年生、二年生の間は比較的広範なことを学びました。六法と言われる、憲法、民法、刑法、商法、刑事訴訟法、民事訴訟法について広く浅く学びました。また、英語と第二外国語(私の…続きを読む

満足している点

学習環境が整っているところです。私が通っている早稲田キャンパスの近くには中央図書館という大きな図書館があり、ここに所蔵されている無数の書籍の中から必要な書籍を探すことができます。また、図書館の中で勉強…続きを読む

不満に感じている点

人が多すぎることです。これはいい意味でも悪い意味でも捉えられる点なのですが、人数が多いことで、授業や試験の時に席が足りなかったり、希望の授業を選択できなかったり、留学の公募で当選する確率が低…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学 国際教養学部

早稲田大学の評判・口コミ【国際教養学部編】

評価:★★★★☆(満足) / 大学卒業・女性

志望理由

帰国子女で高校まで海外にいたため、9月入学を受け入れてくれる大学がまず絶対条件でしたが、日本国内、特に東京の大学で9月入学ができる大学は限られていました。また、日本語で…続きを読む

学んでいること

国際教養学部では幅広い分野から授業を選択でき、卒業までに自分に一番向いている専門を見つけられます。そのため、大学一年目は国際関係学、経済学、文学など、幅広く授業をとって…続きを読む

満足している点

留学先が豊富で、優秀な大学と提携していることです。まず、圧倒的に留学生が多いです。国際教養学部では、学生の3割くらいは留学生であり、世界各国の帰国子女も多数在籍しており、とても国際色豊かな学部だと思います。留学生も多様…続きを読む

不満に感じている点

学生の数が多く、学部は専門性に欠けることです。早稲田大学は他の私大と比べても絶対的に母集団が大きく、キャンパス内を歩いているだけでも大混雑し、授業の合間の休憩時間のコンビニや生協はいつも大行列です。学食も早めに行っ…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます




早稲田大学の口コミ・評判一覧をチェック (全107件)
※早稲田大学の口コミ一覧ページへ遷移します



       
鳴門教育大学 学校教育学部
鳴門教育大学の評判・口コミ【学校教育学部編】

このページでは、鳴門教育大学 学校教育学部の卒業生(卒業後2年以内)か

拓殖大学北海道短期大学 農学ビジネス学科
拓殖大学北海道短期大学の評判・口コミ【農学ビジネス学科編】

このページでは、拓殖大学北海道短期大学 農学ビジネス学科に現在通ってい

岩手県立大学 社会福祉学部
岩手県立大学の評判・口コミ【社会福祉学部編】

このページでは、岩手県立大学 社会福祉学部の卒業生(卒業後1年以内)か

愛知工業大学 工学部
愛知工業大学の評判・口コミ【工学部編】

このページでは、愛知工業大学 工学部に現在通っている2年生から聞いた、

近畿大学 文芸学部
近畿大学の評判・口コミ【文芸学部編】

このページでは、近畿大学 文芸学部に現在通っている4年生から聞いた、近

→もっと見る