口コミから見た、早稲田大学 文化構想学部の評判は?

大学スクールナビに寄せられた、早稲田大学 文化構想学部に通っている(直近まで通っていた)人から集めた口コミをもとに、早稲田大学 文化構想学部の評判についてご紹介します。早稲田大学 文化構想学部の雰囲気や魅力、特色を理解するのにお役立てください。

早稲田大学 文化構想学部

※画像は各大学HPより引用(URLは基本情報欄に記載)




目次

早稲田大学 文化構想学部に通ってみて、満足しているポイント
早稲田大学 文化構想学部に通ってみて、不満に感じているポイント
おすすめ学部は?
早稲田大学 文化構想学部に通って良かったか
早稲田大学 文化構想学部について
早稲田大学 文化構想学部の口コミ・評判一覧

Q.早稲田大学 文化構想学部に通ってみて、満足している点を教えてください。

評価:★★★★★(大満足) / 1年生・女性

図書館が充実している

早稲田大学は日本の私立大学で一番の500万冊という蔵書数を誇ります。特に早稲田キャンパス内にある中央図書館にはその約半数が保管されています。新書や専門分野の本はもちろん、学生証を見せると昔の雑誌のバックナンバーや貴重な書物、研究資料などを閲覧することができます。さらに中央図書館はリニューアルされたばかりで、静かに読書や勉強ができるスペースはもちろん、友達と話しながら勉強したりグループでディスカッションしたりできるスペースも設けられました。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】
公開日:2019年7月

評価:★★★★★(大満足) / 4年生・女性

サークルがたくさんある

早稲田大学の戸山キャンパス(本部キャンパスである早稲田キャンパスから徒歩5分ほどのところ)に「学生会館」という建物があります。サークルや部活の部室があるため、多くの学生が出入りしています。学生会館に入ると音楽系のサークルが演奏している楽器の音色が聞こえてきたり、英語でミュージカルを行うサークルが練習をしていたりなど、学生の活力が詰まっている場所であり、サークル活動が盛んであることがわかります。サークルの豊富さは、早稲田大学が誇ることの1つでもあります。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】
公開日:2019年6月

評価:★★★★☆(満足) / 卒業後1年以内・男性

キャンパスの立地が良い

キャンパスが新宿区内にあります。東西線の早稲田駅から徒歩5分ほどです。早稲田駅周辺には飲食店も数多くあり、昼食には全く困りませんでした。特に、ラーメン屋や油そば屋が多く、講義の休み時間には毎日のように行っていました。軒並み食べログの評価も高く、美味しかったです。新宿区にあることから新宿駅はもちろん、渋谷駅や池袋駅など都内主要駅には20分以内で行けました。東西線の隣駅である高田馬場駅は居酒屋も多く、多くの早稲田大学生が飲み会を開催していました。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】
公開日:2019年3月

評価:★★★★☆(満足) / 大学3年生・男性

ユニークな授業がたくさんある

早稲田の文キャン(文学部・文化構想学部)には、面白い授業が数多くあり、ほかの学部や大学の人に話すと驚かれることもよくあります。例えば、大教室で大音量でサカナクションを聞いたり、映画やドラマ、アニメの名シーンを観たりするものです。もちろん、音楽や映画を観て終わりではなく、学術的に分析し、考察していきます。レポートも自分の好きなアニメで書けたりもするので、憂鬱なはずなレポートも楽しく書けたりすることもあります。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】
公開日:2019年3月

評価:★★★★★(大満足) / 卒業後2年以内・女性

奨学金が多い

学校だけでなく学部単位でも様々な奨学金があります。私立のため学費は一年に120万円程でとても高いです。しかし、奨学金の種類が豊富なため、まじめな学生や裕福ではない学生は奨学金を取ることが比較的容易にできます。入試で特待生になれなかったとしても、大学の成績で1年毎にもらえる給付型の奨学金や、留学に行きたい人のための給付型奨学金など、返済不要の奨学金が多数あるため、申込を忘れなければお金を受け取ることができます。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】
公開日:2019年1月

評価:★★★★★(大満足) / 大学4年生・女性

留学制度が充実している

早稲田大学の留学制度は日本トップクラスの充実度を誇っています。世界中に提携校があり、英語圏だけでなく、第二外国語等で履修した言語でも留学をすることが可能です。留学先の単位を早稲田大学での単位として変換できる制度があるので、最短4年で卒業することができます。校内には留学センターがあり、留学に関する必要な情報もすぐに調べられます。先輩の体験談を聞くことができる留学フォーラムも定期的に開催されているので、留学に関するサポート体制は充実しています。また奨学金制度も手厚く金銭面のサポート体制も整っています。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】
公開日:2019年1月

評価:★★★★★(大満足) / 大学4年生・女性

興味のあることなら何でも学べる

基本的に授業は学生が自由に履修を組むことができます。そして授業は、日本で一番面白い授業が揃っているのではないかというほど楽しげな授業が多いです。ですから学生はこのようなバリエーション豊かな授業を、自分のペースで受講することができます。また、早稲田大学は留学の制度も日本で一番進んでおり、キャンパス内にはたくさんの外国人留学生がいます。そして、どの学部でもおおかた自由に留学し、学部や留学期間によっては4年での卒業も可能です。そのため、海外と関わることも自分が望めばできます。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】
公開日:2018年7月

評価:★★★★☆(満足) / 大学1年生・女性

キャンパスの立地

文化構想学部の位置する戸山キャンパスは、早稲田本キャンパスから徒歩5~10分程度と近く、また理工キャンパスにも歩いていける、ちょうど中間に位置しています。早稲田駅にも最も近く良い立地です。また、人の常に多い本キャンパスとは違い、のびのびとした雰囲気があります。美味しいと評判のパン屋さんや、2学部だけで使うには十分すぎるくらい広いカフェテリアもあります。また、学生会館と呼ばれる、様々なサークルの部室と活動場所になっている建物があります。学生会館を歩くだけで、面白い活動内容や人に出会うことができます。オリンピックの会場になると噂されている戸山の丘がまもなく出来上がります。一層のびのびとした環境になると思い、期待しています。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】
公開日:2018年7月

評価:★★★★★(大満足) / 大学卒業後2年以内・女性

授業

いろいろな人がいる早稲田大学、授業も多岐に渡っています。第一線で活躍される先生方が多いため授業も大変面白く刺激的です。先生方は学習意欲の強い学生にはいくらでも喜んで教えてくださるので、履修登録をしていない授業であっても興味を持ったら積極的に聴きに行くようにしていました。質問をするとしっかり答えてくださるほかにプラスアルファのお話も聞かせてくださり、とても面白かったです。文化構想学部の授業は就職にすぐに役立つようなものではないですが、文化的な知識があると、映画を見るのも美術館に行くのも音楽を聴くのも食べるのも楽しくなり、人生が豊かになりました。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】
公開日:2018年6月

評価:★★★★☆(満足) / 大学3年生・女性

授業

一番満足しているのはやはり授業の充実度です。例えば、映画系の講義ですと、土曜日に映画監督やプロデューサーの方が実際に大学に来て映画の解説をしたりするものや、最近カンヌ映画祭でパルムドール賞を受賞した是枝監督と映像制作ができる授業などがあります。他の分野でも第一線で活躍している有名な先生が講義を持っている事も多く、とても勉強になります。授業も色々な分野を網羅しているので自分が興味のある分野を多角的に捉えられるような、そんな環境が整っていると思います。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】
公開日:2018年5月



Q.早稲田大学 文化構想学部に通ってみて、不満に感じている点を教えてください。

評価:★★★★★(大満足) / 1年生・女性

教員免許取得の制度が整っていない

文化構想学部の中にも教員免許を取得したいと思っている学生は多くいますが、そのための授業を履修しようとするとすごく忙しくなってしまい、十分な勉強時間やバイトやサークルをする時間がかなり削られてしまいます。また、教育学部に所属していても免許取得は必ずもらえるわけではなく、さらに幼児教育の免許はどの学部でも取得することができません。ですから、教員や幼稚園教諭になりたいと考えている人にはお勧めできず、実際その理由で受験をやめた友達もいます。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】
公開日:2019年7月

評価:★★★★★(大満足) / 4年生・女性

食堂が混む

大学には、大学1年生から大学院の生徒、そして教授や事務の方などとても多くの人がいます。その中で一番混むのが食堂です。お昼時になると食堂はごった返し、席はほぼ見つかりません。各学部の棟にコンビニが併設されているところも多いですが、そのコンビニもお昼時にはとても混雑します。学校外の飲食店に食べに行く人も多いですが、やはり時間とお金がネックになるので、あらかじめお昼ご飯をコンビニで購入してくる人や、お弁当を持ってくる人が多いです。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】
公開日:2019年6月

評価:★★★★☆(満足) / 卒業後1年以内・男性

進路・就職のフォローが手薄

マンモス校であり、学生数が約50000人もいるため、一人一人の進路に対するフォローがあまりなっていないと感じました。大学内のキャリアセンターも基本的にはやる気がなく、相談に行ってもまともに話を聞いてくれません。学生数が多いが故、仕方のないことかもしれませんが、面談時間は5分ほどであり、そのほとんどが自己啓発的なもので、具体的なアドバイスは全くありませんでした。教授もあまり進路についての相談には乗ってくれず、自分の力でなんとかするしかありませんでした。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】
公開日:2019年3月

評価:★★★★☆(満足) / 大学3年生・男性

通学に使う路線が混雑する

大学は新宿区にあり、大変賑やかですし、遊ぶのにも買い物をするのにも良いのですが、郊外の実家から通っている私としては、毎日満員の通勤電車に乗ることになり苦痛に感じています。早稲田に入学している時点で、避けられないことではありますが、サークルの美術展の準備で荷物が多い時なども大変なので、大学選びの時にもう少し考えれば良かったようにも思います。ただ、通学の辛さを超える良さを早稲田には感じているので、耐えながら通学しています。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】
公開日:2019年3月

評価:★★★★★(大満足) / 卒業後2年以内・女性

キャンパスが工事中

現在、文学部キャンパス(通称文キャン)では大規模な工事が行われています。そのため、キャンパスのあちこちで立ち入れない場所がありとても不便です。時期によって立ち入り禁止の場所が変わるため、教室にたどり着くのが難しくていつも苦労していました。また、体育館を建て替えており、キャンパスに通うたびに工事が目に付いて不快です。また、工事の音が聞こえてくるため、授業の教室によっては静かな環境ではなく集中ができないです。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】
公開日:2019年1月

評価:★★★★★(大満足) / 大学4年生・女性

キャンパスの立地が良くない

大学には複数のキャンパスがありますが、多数の学部が集まるメインキャンパスと文系学部が存在する戸山キャンパスはどちらも最寄りが東西線の早稲田駅です。両キャンパスとも最寄駅からは近いので便利ですが、電車や駅のホームは常に混雑しています。特に人が集中する1限目や2限目の時間帯は通学が満員電車に乗らなければならず、非常に辛かったです。高田馬場駅や西早稲田駅から通う選択肢もありますが、徒歩で15分~20分程度かかるので、こちらに関しても不便さを感じます。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】
公開日:2019年1月

評価:★★★★★(大満足) / 大学4年生・女性

キャンパスの改修が微妙

早稲田キャンパスは一部古い建物があり、新しい建物との差が大きく、あまり利用したくない気持ちになります。しかし、早稲田キャンパスはもう改修はしばらく見込めないので、非常に不満です。そして、戸山キャンパスでも今現在、新しい建物が建設中です。この建物はキャンパスの入り口を入ってすぐの地下に、入学式などのイベントなども行うような大きな体育館として建てられています。そのため今は入り口から大々的に工事をやっているので非常に邪魔です。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】
公開日:2018年7月

評価:★★★★☆(満足) / 大学1年生・女性

授業

早稲田大学といえば私立の難関と言われ、みんな入学後はしっかりと将来に向けて勉強に励むと思っていました。けれども人数が多すぎるため、大きい講義室では収拾がつかず、教授も生徒が聴いていようがいまいが関係なしにボソボソと喋ったりします。生徒もあまりしっかり聞く雰囲気ではありません。確かにみんな賢いですが、賢いからこそディスカッション等交えた授業をもっと行えたらいいのにと思いました。そのためゼミにはとても期待しています。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】
公開日:2018年7月

評価:★★★★★(大満足) / 大学卒業後2年以内・女性

キャンパスの立地

早稲田大学の最寄り駅といえば高田馬場駅だと誰もが思うでしょう。しかし、実際に高田馬場から大学まで歩いてみると30分程度ゆうにかかってしまうのです。本部キャンパスの方だと40分はかかるでしょう。高田馬場駅から早稲田駅まで1駅だけ地下鉄に乗ることも出来ますが、階段の上り下りや混雑の中を歩く時間等を考えると10分くらいはかかってしまいます。結局いつも遅刻しながら歩いていました。高田馬場から大学までの道のりに飲食店がたくさんあるので帰り道は楽しいのですが、行きは毎日必死でした。これから通われる方は余裕を持って家を出るリズムを確立することをおすすめします。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】
公開日:2018年6月

評価:★★★★☆(満足) / 大学3年生・女性

キャンパスの環境

私は今文学学術院の戸山キャンパスにいるのですが、環境が少し悪いと感じます。建物も新しいものが多くトイレも教室も綺麗なのですが、ただビルが並んでいるような感じで緑も少なく、全体的に無機質なイメージを持ちます。学生数の割には学食のスペースも小さく、お昼どきに座れる場所を探して彷徨うことも少なくはありません。また、戸山キャンパスでは2020年完成予定の体育館を工事しています。ちょうどキャンパスの真ん中が工事中で寂しい気持ちもあります。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】
公開日:2018年5月



Q.おすすめ学部は?

評価:★★★★★(大満足) / 1年生・女性

国際教養学部

帰国子女や留学生が多くいて、授業以外の時間でも常に英語など日本語以外の言語で会話しているので、外国語を学びたい人にとっては最高の環境だと思います。また、1年間の留学が必須になっているので、「長期の留学をしてみたいけどやり方が分からない」という人も教授や先輩など身近な人に相談できるのでおすすめです。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】
公開日:2019年7月

評価:★★★★★(大満足) / 4年生・女性

政治経済学部

早稲田大学政治経済学部の学部棟である3号館は最近リニューアルしたばかりで、外見も内部もとても綺麗です。また、座席1つ1つに(机の上に)コンセントが付いており、充電しながら授業を受けられるのがとても魅力的です。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】
公開日:2019年6月

評価:★★★★☆(満足) / 卒業後1年以内・男性

文化構想学部

大学の講義に楽しいものが多いです。教授も世界的に名の知れた優秀な方が多いです。また、授業数も少ないので自分のやりたいことをやれる時間が確保しやすいです。他の学部に比べて個性的な人が多く、友人にも恵まれる環境だと思います。人文学に興味がある方は決して後悔しない学部であると思います。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】
公開日:2019年3月

評価:★★★★☆(満足) / 大学3年生・男性

文化構想学部

自分が好きで選んで進学したこともありますが、やはり、楽しく学ぶことができる学部だと思います。まだ、自分の興味が定まっていない人は、バラエティー豊かな授業を受けていく中で見つけることができると思いますし、すでに好きなことがある人は、とことんそのことを追求しきれる学部だと思います。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】
公開日:2019年3月

評価:★★★★★(大満足) / 卒業後2年以内・女性

文化構想学部

必修で英語と第二外国語をみっちりと勉強するので語学力がつきます。また、文化構想学部は文系の科目だけではなく、政治や法律といった幅広い分野の教授がおり授業もたくさんあるため、やりたいことの方向性が決まっていない人でも好きなことを見つけられるという意味でとてもお勧めです。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】
公開日:2019年1月

評価:★★★★★(大満足) / 大学4年生・女性

文化構想学部

一つの領域に囚われることなく、複合的に研究できる学部です。従来の文学や言語領域から、メディア系やアニメ・コンテンツ研究など興味深い授業が揃っています。固定概念に囚われず、自分の志向に沿った勉強ができる環境が整っています。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】
公開日:2019年1月

評価:★★★★★(大満足) / 大学4年生・女性

国際教養学部

留学することが必須で求められるからです。そもそも、授業は英語で進められ、周りの学生も帰国子女や留学生が多いので、日本の大学に通いながら海外気分を味わうことができます。それに加えて、卒業までに必ず1年間留学が必須なので、グローバルな人材へと成長することができます。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】
公開日:2018年7月

評価:★★★★☆(満足) / 大学1年生・女性

文化構想学部

本キャンパスになく、偏差値もそこまで高くはない、看板とはいえないような学部ですが、自由さと授業の面白さが売りです。履修の自由度から早稲田大学の楽しさを存分に感じられますし、自分のやりたい他の活動に専念しながら進級することも可能です。戸山キャンパスでのびのびと人目を気にせず学校生活を送れます。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】
公開日:2018年7月

評価:★★★★★(大満足) / 大学卒業後2年以内・女性

文化構想学部

文学や芸術が好きで入ってくる人が多いので、他の学部よりも一層浮世離れした人が多く面白いです。みな自分の好きなものについて熱く語ってくれるので、話題豊富で何時間でも話せてしまいます。知らないジャンルにもどんどんアンテナを張っていけるのがとても楽しい場だと思います。ただ、就職や単位に興味のないタイプの人も多いので、ちゃんとサークルに入って他学部の友人も作って、バランス感覚を養うことも必要だと思いました。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】
公開日:2018年6月

評価:★★★★☆(満足) / 大学3年生・女性

文化構想学部

文化構想学部は新しくできた学部で、文学部より、より多角的に物事を見る力を養うことができます。多様性が叫ばれる今の時代にとても重要な学部なのではないかと思います。6つの論系があり自分の興味がある分野を究めることもできます。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】
公開日:2018年5月



Q.早稲田大学 文化構想学部に通って良かった?

評価:★★★★★(大満足) / 1年生・女性

早稲田大学 文化構想学部に通って良かったと強く思う

文化構想学部に限った話にはなりますが、卒業のための単位数はほかの大学や学部に比べると比較的少なく、自分の勉強のために時間を割くことができます。実際私は英語の資格を取ったり留学の検討をしたりしています。また、教授やOBOGに著名人が多くいるので、その人たちの活躍や体験談を近くで聞くこともできますし、インターンシップやOB訪問など就活にも役立てられると思います。学生の数が多いためいろいろなタイプの人に出会えるのも魅力です。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】
公開日:2019年7月

評価:★★★★★(大満足) / 4年生・女性

早稲田大学 文化構想学部に通って良かったと強く思う

一番はその知名度です。早稲田大学のブランドは日本全国どこに行っても通じますし、就活にも有利になります。また、優秀な学生が多いですし(逆にぶっ飛んでいる人も多いですが)、本当に様々な境遇の人がたくさんいるので、友人になると人生がとても豊かになると感じます。キャンパスも綺麗ですし、駅からも近いので不満に思うことはほぼありません。強いて言うなら、上記のように食堂が混むことです。私がもしもう1度受験をするとしても、早稲田大学を受験し入学すると重います。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】
公開日:2019年6月

評価:★★★★☆(満足) / 卒業後1年以内・男性

早稲田大学 文化構想学部に通って良かった

学生の質が高く、一生一緒にいたいと思える友人がたくさんできたからです。バイタリティーも志も高い学生が多く、何か新しいことや楽しいことを始めようと自発的に動ける学生が多かったように感じます。遊びも仕事(アルバイトやインターン)も本気で取り組む人が多く、会話をしているだけでも楽しかったのを覚えています。「大学ではクラスがないので、心から通じ合える友人ができるかな」と入学当初は不安でしたが、在学中は全くそんな心配はありませんでした。とても有意義な4年間を過ごせたと思っています。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】
公開日:2019年3月

評価:★★★★☆(満足) / 大学3年生・男性

早稲田大学 文化構想学部に通って良かった

「私学の雄」として、かなりレベルの高い教育が提供されているように思います。古参の先生から、新しい先生まで、様々なバックグラウンドを持つ教員に教わることができますし、話の面白い先生も多く、大変刺激になります。学生の学びに対する意識も高く、ゼミなどでは活発な議論が行われます。自分ひとりで考えているだけでは、思いつきもしなかったことを知れるので、とてもためになります。こうした環境で学ぶことは、これからの人生の糧になると感じています。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】
公開日:2019年3月

評価:★★★★★(大満足) / 卒業後2年以内・女性

早稲田大学 文化構想学部に通って良かったと強く思う

とにかく授業数が多いため、自分の興味のあることをいくらでも学べるところです。自分の学部だけではなく、大学内や提携大学の授業まで受けれるため、興味と好奇心を満たすのに最高の環境でした。また、色々な性格の人がおり、生涯の友人とも言える人たちと出会えたり、サークル数がとても多く、自分に合ったサークルに入って活動を楽しめたりと、人生の中で一番充実した時間を過ごすことができました。主体的に行動できる人にはとても良い環境だと思います。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】
公開日:2019年1月

評価:★★★★★(大満足) / 大学4年生・女性

早稲田大学 文化構想学部に通って良かったと強く思う

サークル活動や留学を含め、非常に充実した4年間を過ごすことができました。早稲田大学に通っていなければできなかった経験や学べなかったことが多くあったと実感しています。また、自由な校風であるため、多様な価値観やバックグラウンドを持つ学生が周囲にいた環境でした。そのため自分自身も視野を広げることができ、豊かな人生を築くための礎となったと感じています。自ら学ぶ意欲は必要ですが、その意欲さえあれば答えてくれる環境です。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】
公開日:2019年1月

評価:★★★★★(大満足) / 大学4年生・女性

早稲田大学 文化構想学部に通って良かったと強く思う

個人的に、校風が自分に合っているかが大切だと考えていますが、自分にはとても早稲田があっているなぁと大学に通うほどに感じているので、通って良かったと感じています。周りの友人も自分と似たような人々が集っているので、リラックスして学校に通うことができます。また、他の学部、他の学校と比較しても単位は非常に取りやすく、授業もテーマがSNSからお料理までととにかく幅広い面白い授業が揃っているので楽しいです。時間割も忙しくないので、自分の時間がたくさんできるところも良いポイントです。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】
公開日:2018年7月

評価:★★★★☆(満足) / 大学1年生・女性

早稲田大学 文化構想学部に通って良かった

自分の入った学部はとても自由な雰囲気で忙しくなく、サークル活動やアルバイトにも集中できます。また、とても興味深い授業も多いのが特徴です。学びたい授業を、学部学科関係なくバイキングのように取れることにとても魅力を感じています。また、立地もいいおかげで買い物やご飯にも行きやすく、友人との親睦を深めやすいです。早稲田大学には俗にいう「面白い奴」が多いように感じますし、彼らと過ごすことで大学生活を一生忘れられないものにできそうな気がしています。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】
公開日:2018年7月

評価:★★★★★(大満足) / 大学卒業後2年以内・女性

早稲田大学 文化構想学部に通って良かったと強く思う

先生も学生もとにかくいろんな人がいるのが楽しいからです。自分の知らなかった世界がどんどん広がり、発見の毎日でとても楽しい4年間でした。就職してから早稲田以外の人と話して、早稲田の人たちがいかにおもしろく好奇心旺盛だったかを再確認しました。今でも大学のときの友達とはよく集まっていて、飲み始めるとおしゃべりが止まりません。女性であっても自分の目標に全力投球し、本気で怒ったり泣いたりできる友達ができたのは早稲田大学だったからだと思っています。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】
公開日:2018年6月

評価:★★★★☆(満足) / 大学3年生・女性

早稲田大学 文化構想学部に通って良かった

早稲田大学に入ってよかったと思う一番のポイントは人との出会いです。サークルや授業で知り合う同世代の人は皆努力をして大学に入り、何かを成し遂げたいと思って日頃から色々と物事を深く考えている人が多いので、一緒に過ごしていてとても刺激的です。サークルも数がたくさんあり、自分の居場所を見つけやすいと思います。早稲田大学の学生としてネームバリューもあるので、それを生かして社会で活躍していけるのも良いと思います。

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】
公開日:2018年5月

早稲田大学 文化構想学部について

  • 名称:早稲田大学 文化構想学部
  • 法人名:学校法人早稲田大学
  • キャンパス:戸山キャンパス
  • アクセス:地下鉄東西線早稲田駅下車、またはJR・西武新宿線高田馬場駅下車、地下鉄副都心線西早稲田駅下車、いずれも徒歩。高田馬場駅前から大学まで都バス(学バス)あり。
  • 所在地:〒162-8644 東京都新宿区戸山1-24-1
  • 公式HP:https://www.waseda.jp/flas/cms/



早稲田大学 文化構想学部の口コミ・評判一覧

早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】

評価:★★★★★(大満足) / 1年生・女性

志望理由

将来マスコミ業界で仕事をしたいと思っていたため、その業界への就職率が高い大学、学部を探しました。マスコミの中でも文章を書くことに興味があったため、ほかの大学の文学部も検…続きを読む

学んでいること

まだ1年なので専門分野の研究などはしていないのですが、1年で履修できるものだけでも、ドラマ好きの教授と一緒に月9を見て恋愛についてディスカッションをする講義や、ジェンダ…続きを読む

満足している点

図書館が充実しているところです。早稲田大学は日本の私立大学で一番の500万冊という蔵書数を誇ります。特に早稲田キャンパス内にある中央図書館にはその約半数が保管されています。新書や専門分野の本はもちろん…続きを読む

不満に感じている点

教員免許取得の制度が整っていないことです。文化構想学部の中にも教員免許を取得したいと思っている学生は多くいますが、そのための授業を履修しようとするとすごく忙しくなってしまい、十分な勉強時間やバイトやサークルをす…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学の学生から見た、おすすめ人気学部はどこ?【2019年調査】

このページでは、早稲田大学生による、早稲田大学におけるおすすめの学部をご紹介します。早稲田大学への進学を検討している方はぜひ結果とその理由を併せて参考にしてみましょう。

続きを読む

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】

評価:★★★★☆(満足) / 大学3年生・女性

満足している点

授業です。一番満足しているのはやはり授業の充実度です。例えば、映画系の講義ですと、土曜日に映画監督やプロデューサーの方が実際に大学に来て映画の解説をしたりするものや、最近カンヌ映…続きを読む

不満に感じている点

キャンパスの環境です。私は今文学学術院の戸山キャンパスにいるのですが、環境が少し悪いと感じます。建物も新しいものが多くトイレも教室も綺麗なのですが、ただビルが並んでいるような感じで緑も少なく…続きを読む

おすすめ学部:文化構想学部

文化構想学部は新しくできた学部で、文学部より、より多角的に物事を見る力を養うことができます。多様性が叫ばれる今の時代にとても重要な学部なのではないかと思います。6つの論…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】

評価:★★★★★(大満足) / 大学卒業後2年以内・女性

満足している点

授業です。いろいろな人がいる早稲田大学、授業も多岐に渡っています。第一線で活躍される先生方が多いため授業も大変面白く刺激的です。先生方は学習意欲の強い学生にはいくらでも喜んで教え…続きを読む

不満に感じている点

キャンパスの立地です。早稲田大学の最寄り駅といえば高田馬場駅だと誰もが思うでしょう。しかし、実際に高田馬場から大学まで歩いてみると30分程度ゆうにかかってしまうのです。本部キャンパスの方だと…続きを読む

おすすめ学部:文化構想学部

文学や芸術が好きで入ってくる人が多いので、他の学部よりも一層浮世離れした人が多く面白いです。みな自分の好きなものについて熱く語ってくれるので、話題豊富で何時間でも話せて…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】

評価:★★★★☆(満足) / 大学1年生・女性

満足している点

キャンパスの立地です。文化構想学部の位置する戸山キャンパスは、早稲田本キャンパスから徒歩5~10分程度と近く、また理工キャンパスにも歩いていける、ちょうど中間に位置しています。早稲田駅にも最…続きを読む

不満に感じている点

授業です。早稲田大学といえば私立の難関と言われ、みんな入学後はしっかりと将来に向けて勉強に励むと思っていました。けれども人数が多すぎるため、大きい講義室では収拾がつかず、教授も生…続きを読む

おすすめ学部:文化構想学部

本キャンパスになく、偏差値もそこまで高くはない、看板とはいえないような学部ですが、自由さと授業の面白さが売りです。履修の自由度から早稲田大学の楽しさを存分に感じられます…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】

評価:★★★★★(大満足) / 大学4年生・女性

満足している点

興味のあることなら何でも学べることです。基本的に授業は学生が自由に履修を組むことができます。そして授業は、日本で一番面白い授業が揃っているのではないかというほど楽しげな授業が多いです。ですから学生はこのような…続きを読む

不満に感じている点

キャンパスの改修が微妙です。早稲田キャンパスは一部古い建物があり、新しい建物との差が大きく、あまり利用したくない気持ちになります。しかし、早稲田キャンパスはもう改修はしばらく見込めないので、非常に…続きを読む

おすすめ学部:国際教養学部

留学することが必須で求められるからです。そもそも、授業は英語で進められ、周りの学生も帰国子女や留学生が多いので、日本の大学に通いながら海外気分を味わうことができます。そ…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】

評価:★★★★★(大満足) / 大学4年生・女性

満足している点

留学制度が充実しているところです。早稲田大学の留学制度は日本トップクラスの充実度を誇っています。世界中に提携校があり、英語圏だけでなく、第二外国語等で履修した言語でも留学をすることが可能です。留学先の単…続きを読む

不満に感じている点

キャンパスの立地が良くないところです。大学には複数のキャンパスがありますが、多数の学部が集まるメインキャンパスと文系学部が存在する戸山キャンパスはどちらも最寄りが東西線の早稲田駅です。両キャンパスとも最寄駅…続きを読む

おすすめ学部:文化構想学部

一つの領域に囚われることなく、複合的に研究できる学部です。従来の文学や言語領域から、メディア系やアニメ・コンテンツ研究など興味深い授業が揃っています。固定概念に囚われず…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】

評価:★★★★★(大満足) / 卒業後2年以内・女性

満足している点

奨学金が多いところです。学校だけでなく学部単位でも様々な奨学金があります。私立のため学費は一年に120万円程でとても高いです。しかし、奨学金の種類が豊富なため、まじめな学生や裕福ではない学生は…続きを読む

不満に感じている点

キャンパスが工事中なところです。現在、文学部キャンパス(通称文キャン)では大規模な工事が行われています。そのため、キャンパスのあちこちで立ち入れない場所がありとても不便です。時期によって立ち入り禁止の…続きを読む

おすすめ学部:文化構想学部

必修で英語と第二外国語をみっちりと勉強するので語学力がつきます。また、文化構想学部は文系の科目だけではなく、政治や法律といった幅広い分野の教授がおり授業もたくさんあるた…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】

評価:★★★★☆(満足) / 大学3年生・男性

満足している点

ユニークな授業がたくさんあるところです。早稲田の文キャン(文学部・文化構想学部)には、面白い授業が数多くあり、ほかの学部や大学の人に話すと驚かれることもよくあります。例えば、大教室で大音量でサカナクションを聞…続きを読む

不満に感じている点

通学に使う路線が混雑するところです。大学は新宿区にあり、大変賑やかですし、遊ぶのにも買い物をするのにも良いのですが、郊外の実家から通っている私としては、毎日満員の通勤電車に乗ることになり苦痛に感じています…続きを読む

おすすめ学部:文化構想学部

自分が好きで選んで進学したこともありますが、やはり、楽しく学ぶことができる学部だと思います。まだ、自分の興味が定まっていない人は、バラエティー豊かな授業を受けていく中で…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】

評価:★★★★☆(満足) / 卒業後1年以内・男性

満足している点

キャンパスの立地が良いところです。キャンパスが新宿区内にあります。東西線の早稲田駅から徒歩5分ほどです。早稲田駅周辺には飲食店も数多くあり、昼食には全く困りませんでした。特に、ラーメン屋や油そば屋が多く…続きを読む

不満に感じている点

進路・就職のフォローが手薄なところです。マンモス校であり、学生数が約50000人もいるため、一人一人の進路に対するフォローがあまりなっていないと感じました。大学内のキャリアセンターも基本的にはやる気がなく、相…続きを読む

おすすめ学部:文化構想学部

大学の講義に楽しいものが多いです。教授も世界的に名の知れた優秀な方が多いです。また、授業数も少ないので自分のやりたいことをやれる時間が確保しやすいです。他の学部に比べて…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】

評価:★★★★★(大満足) / 4年生・女性

志望理由

数学や物理など理系が苦手だったことから私立文系を志願しており、どうせ受けるなら私学の雄を目指そう、と考え勉強していました。自宅からの便を考え、早稲田大学を選びました。受…続きを読む

学んでいること

早稲田大学文化構想学部では、1年生の時に必修で第二外国語を週4日学びます。中国語・スペイン語・フランス語・韓国語・アラビア語・ドイツ語がありました。その中で私は中国語を…続きを読む

満足している点

サークルがたくさんあるところです。早稲田大学の戸山キャンパス(本部キャンパスである早稲田キャンパスから徒歩5分ほどのところ)に「学生会館」という建物があります。サークルや部活の部室があるため、多くの学生…続きを読む

不満に感じている点

食堂が混むことです。大学には、大学1年生から大学院の生徒、そして教授や事務の方などとても多くの人がいます。その中で一番混むのが食堂です。お昼時になると食堂はごった返し、席はほぼ見つかりませ…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


       
青森公立大学 経営経済学部
青森公立大学の評判・口コミ【経営経済学部編】

このページでは、青森公立大学 経営経済学部の卒業生から聞いた、青森公立

法政大学 法学部
法政大学の評判・口コミ【法学部編】

このページでは、法政大学 法学部の卒業生(卒業後2年以内)から聞いた、

甲南女子大学 文学部
甲南女子大学の評判・口コミ【文学部編】

このページでは、甲南女子大学 文学部に現在通っている4年生から聞いた、

中央大学 経済学部
中央大学の評判・口コミ【経済学部編】

このページでは、中央大学 経済学部に現在通っている4年生から聞いた、中

静岡理工科大学 情報学部
静岡理工科大学の評判・口コミ【情報学部編】

このページでは、静岡理工科大学 情報学部の卒業生(卒業後1年以内)から

→もっと見る