口コミから見た、東京理科大学 理学部の評判は?

大学スクールナビに寄せられた、東京理科大学 理学部に通っている(直近まで通っていた)人から集めた口コミをもとに、東京理科大学 理学部の評判についてご紹介します。東京理科大学 理学部の雰囲気や魅力、特色を理解するのにお役立てください。
最終更新日:2022/11/08




目次

東京理科大学 理学部に通ってみて、満足しているポイント
東京理科大学 理学部に通ってみて、不満に感じているポイント
おすすめ学部は?
東京理科大学 理学部に通って良かったか
東京理科大学 理学部について
東京理科大学 理学部の口コミ・評判一覧

Q.東京理科大学 理学部に通ってみて、満足している点を教えてください。

  • 大学:東京理科大学 理学部第一部 応用化学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

大学の自習室が充実している

大学の最寄り駅から一番近い館に広い自習室があります。一つ一つ仕切りがあるため、周りを気にすることなく勉強できます。コンセントも付いているため、携帯やパソコンも使うことができます。勉強している人が多いので静かで環境も良いです。テスト期間は利用者が多く、席が埋まっていることもありますが、そういう問は図書室で勉強することができます。図書室の机はコンセントはないですが、レポートに使う文献をすぐに調べることができます。放課後に友達とレポートや演習に取り組むことが多いです。勉強しやすい環境があり、素晴らしいと感じます。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部第一部編】
公開日:2022年11月
  • 大学:東京理科大学 理学部 化学科
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

化学実験が充実している

私が通っていたキャンパスには3つの実験棟があり、それぞれで実験を行います。研究室なども入っている棟では分析機器がたくさんあり、研究室に所属している間はそれらの使い方を学ぶことができました。他の研究室との交流も多く、自分の専門以外のところも学ぶことが魅力的です。学生実験がメインの棟では基本的な実験から応用の部分まで幅広く学ぶことができます。学生実験の際にはTAがついているので安心して学ぶことができます。教職に関する実験を行う棟では、高校生以下を対象とした実験の練習を行うことができます。このように、目的によって実験棟がいくつもあるため、学べることはとても多いと思います。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部編】
公開日:2022年11月
  • 大学:東京理科大学 理学部第二部 物理学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

実力がつく

高い留年率と高難易度の試験を出してくることに定評がある大学なので、単位を取れたらその科目の勉強内容を忘れることはほぼありません。(試験終了後に解法を忘れてしまう程度の勉強量であれば単位はまず来ないので)実験科目でも他大学よりはプレゼンテーションの機会が多いため、社会に出た後や大学院に入ってから必要になるスキルや経験を積むことができます。実力主義を掲げる大学ならではのスパルタな講義と試験があるからこそ、大学を卒業することは大きな自信になるのではないかと思います。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部第二部編】
公開日:2021年8月
  • 大学:東京理科大学 理学部 応用物理学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

勉強しやすい環境が整っている

理学部の応用物理学科は葛飾にキャンパスがあります。葛飾キャンパスは東京理科大学で一番新しいキャンパスでとても綺麗です。中でも、海外の博物館を思わせるような素敵な外観の図書館は私のお気に入りの場所です。図書館内部も吹き抜けのような造りで天井も高く、非常に開放感があって、長時間いても閉塞感がなく心地よいです。また、グループ学習ができるエリアやサイレントエリアなどもあり、それぞれに合ったスタイルで学習できる環境が整っているところも居心地が良い理由だと思います。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部編】
公開日:2021年6月
  • 大学:東京理科大学 理学部第二部 化学科
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

学外の方からの評価が高い

『東京理科大学=留年』というイメージの通り、確かに留年は少ないとは言えないと思います。しかし、それゆえ東京理科大学を4年で卒業していると言うと『真面目で努力を重ねてきた人』として評価をされることが多いです。私は一般の理科大生と比較しても、それほど真面目で勤勉な学生ではなかったと思います。周りの人と同じだけの勉強をしていれば必ず卒業ができる大学です。しかし、理科大で育ったことによって努力の最低ラインがグッと上がったように感じます。泥のような努力を重ねた上に技術は成り立っているのだと思います。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部第二部編】
公開日:2020年12月
  • 大学:東京理科大学 理学部第一部
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

教員免許取得制度が充実している

キャンパスには、数学科、物理学科、応用化学科や工業化学科等様々な学部学科の人たちが密集しています。特に4月は食堂が混み合って、なかなか座れないこともあります。体育館もメインの校舎からは離れており、地下に設置してありますが空調が効いていて快適です。教員免許取得志望の方は、個別に単位を取らなければなりませんが、数学科と情報科の2種類の免許を取ることも出来、希望すれば教員採用試験対策のための合宿に参加することも出来ます。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部第一部編】
公開日:2020年2月
  • 大学:東京理科大学 理学部第一部 化学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

実力主義

テストは徹夜で単位が取れるようなものではありません。修得が難しいものでは、一か月間ほどその科目の勉強をしていた時もありました。また、評価も授業にもよりますが出席やテストなど総合的に評価されるため、かなりしっかりとやっていないと最高評価はもらえません。GPA3.5以上の人たちはずっと勉強をしていると思います。その姿は受験生さながらです。ですが、その分他の大学生よりも勉強をしているという思い/自負は芽生えます。ちゃんと勉強して研究者になりたいという方にはピッタリだと思います。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部第一部編】
公開日:2019年12月
  • 大学:東京理科大学 理学部第一部
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

実力主義

東京理科大学では、関門制度と呼ばれるものがあります。それは所定の単位が取れなければ留年してしまう制度です。私は物理学科でしたが、物理学実験および基幹科目としての物理数学、力学、物理学(電磁気学)がそれにあてはまります。その制度によって真面目に勉学を行いました。また、それらの科目は上級学年や研究の基礎となるので、まじめに勉学を行ったことによって、さらに難しい内容でもしっかりとついていくことができました。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部第一部編】
公開日:2019年5月
  • 大学:東京理科大学 理学部第二部
  • 状況:大学卒業後、1年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

夜間学部でも授業内容が充実している

理科大の中で一番歴史が古いと言われている理二部は夜間学部ですが、授業内容も充実しています。また、昼間部の授業を受けられる仕組みだったり、院進は昼間部の研究室に挑戦できたり、昼間部に転部できたり、自分のレベルに合わせてステップアップする選択ができます。夜間部だからといって部活動に参加できないということもなく入りたいサークルに入れます。留年というイメージが強いですが、土曜日には院生による学習支援コーナーも設けられていたり、秋山仁先生による夏期の特別講習が開催されたりして、学習意欲を高める工夫なども見受けられます。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部第二部編】
公開日:2019年4月
  • 大学:東京理科大学 理学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★☆☆(ふつう)

良いサークルに入れた

授業で分からないことがあれば、すぐに先輩に聞くことができます。また、サークルに入ることでテストの過去問や先生がどんな人なのかを、他の人よりもいち早く知ることもできます。また、キャンパスはとても立地のいい場所であり、交通の便が良いので授業終わりに出かけたりして気分転換することもできます。そして、交通の便に関しては、地下鉄やJRがすぐそばにあるため、大学から徒歩で5分程度の距離で駅まで行くことができます。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部編】
公開日:2019年3月
  • 大学:東京理科大学 理学部第一部 応用化学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

入試難易度に対する就職率が良い

留年でも有名である理科大は、企業側からの評価も高めであると言うことをよく耳にし、実際に先輩方の就職先も大手化学メーカーや化粧品などの有名企業が多いです。大学偏差値では早慶より下ではありますが、売り手市場の傾向にある現在の状況もあいまって就職に関しては引けを取らないレベルであるように感じます。勉学に厳しい環境にいて時折大変だと思うことはありますが、周りの学生も含めてしがみついていっているのは就職率と就職先が良いという理由が大きいと思います。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部第一部編】
公開日:2019年1月
  • 大学:東京理科大学 理学部第一部
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

キャンパスの立地が良い

東京理科大学神楽坂キャンパスは非常によい立地にあります。最寄り駅は飯田橋駅ですが、JR中央・総武線の他、東京メトロ東西線、南北線、有楽町線と都営大江戸線が通っているため、キャンパスへのアクセスが非常に良いです。そのため首都圏全域が通学圏内となります。また大学近辺にコンビニやドラッグストア、銀行などが多く、日常のキャンパスライフに不便を感じることはまずありません。加えて、神楽坂界隈のおしゃれな飲食店などが、安価でランチを提供しているので、そうした楽しみも都心のキャンパスならではです。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部第一部編】
公開日:2019年1月
  • 大学:東京理科大学 理学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

レベルの高い授業が受けられる

全国から高いレベルの学生が集まっているため、勉強面において切磋琢磨して研鑽できる環境が整っています。また都心にあることからアクセスもよく、様々な研究室など学会にも行きやすく効率よく学ぶことができます。常に研鑽していくことが求められるので高みを目指している人にとってはとてもいい環境だと思います。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部編】
公開日:2018年12月
  • 大学:東京理科大学 理学部
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

就活の際、企業からの評価が高い

勉強する環境が揃っている点に満足しています。留年率が高いために5年制大学と揶揄されることが多い理科大です。これは授業を受けるだけでなく自主的に勉強しなければ単位がでないことに起因しています。そのため、嫌でも勉強しなければいけない環境にあるため、専門分野の知識を身に着けることができます。さらに、その評判が広く知られている為か、就活の際には理科大生は真面目であると高く評価してもらうことが多く、大手企業へ内定をもらう人が多いです。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部編】
公開日:2018年11月
  • 大学:東京理科大学 理学部 数学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

就職フォローが充実している

就職に関してはかなり手厚くフォローしてくれていると感じます。一般企業への就職に関しては就職ガイダンスも頻繁に行い、公務員志望の生徒に対しても国家公務員対策講座などを開くなど合格に向けて積極的にサポートしてくれます。また、教員を目指す生徒に対してもガイダンスはもちろん、公立学校、私立学校どちらに対しても対策講座を開くなどしてくれています。これらの取り組みの成果か私の大学は就職率が良いと言われており、満足しています。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部編】
公開日:2018年9月


Q.東京理科大学 理学部に通ってみて、不満に感じている点を教えてください。

  • 大学:東京理科大学 理学部第一部 応用化学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

実験をする館が駅から遠い

駅から遠い館もありますが、そこから離れている館に行く時はとても大変です。1年次に取っていた体育の授業は離れた館にあり、着替えと移動を10分間で収めなければいけないため、どれだけ着替えを急いでも走って移動していました。実験する館も遠く、科目によって家を出る時間を変える必要があることが大変でした。実験は5分前には自分の席に座っていないといけないため、かなり余裕を持って行動していました。夏は日陰が少ない場所を歩くため、かなり暑いです。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部第一部編】
公開日:2022年11月
  • 大学:東京理科大学 理学部 化学科
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

英語力があまり伸びない

私が受験を受けた当時は数学と理科が重視されており、英語は二の次の科目でした。そのため、入学時は英語が苦手な学生が多かったように感じます。しかし、入学後の英語の授業はほとんどがTOEICのスコアアップを目的とした授業であり、実用的な英語を学ぶ機会はほとんどありません。にもかかわらず、4年次に研究室に入ってからは英語を使う機会が格段に多くなります。英語を使ったり話すことができなければ、ここで苦労すると思います。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部編】
公開日:2022年11月
  • 大学:東京理科大学 理学部第二部 物理学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

外国語が弱い

大学でのTOEIC平均スコアが300点前半なので、英語に強い大学ではないと思います。また、他大学では必修になることが多い第二外国語も本校は必修ではなく選択式(しかも他の必修と時間がかぶるためほぼ履修できない)なのでそこも弱点だと思います。あくまで日本国内で活躍する科学者を育てているのかと感じることもあります。海外からの留学生も全然受け付けていないので、海外の方との関わりがない状態で過ごしています。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部第二部編】
公開日:2021年8月
  • 大学:東京理科大学 理学部 応用物理学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

夏休みが非常に短い

東京理科大学の夏休みは短いことで有名で、小学生と同じくらいしかありません。その分、授業日数が多く、教育熱心な点は学費の面から見るとお得かもしれません。しかし、普段はレポートやテスト勉強に追われて思い切りのんびりできる自由な時間時間があまりないので、夏休みはもう少し長くてもいいのになと思います。他の大学の友人が夏休みを使って短期留学に行ったり、旅行で各地を飛び回ったりしているのを見ると、どうしても羨ましく思ってしまいます。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部編】
公開日:2021年6月
  • 大学:東京理科大学 理学部第二部 化学科
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

キャンパスによって設備の格差がある

首都圏には神楽坂キャンパス、葛飾キャンパス、野田キャンパスの3つのキャンパスがあります。しかし、一般的にキャンパスといって思い浮かべられるものは神楽坂には一切なく、ただのビルの羅列という印象です。特に化学科が主に実験や講義を行う10号館・11号館は非常に古く、空調設備すらまともに整っていません。11号館は女性用トイレも少なく、いつも休み時間には行列ができていました。最近できた葛飾キャンパスは広大な敷地に芝生が広がり、建築美の感じられる図書館をはじめ、どこもかしこも美しく考え抜かれた設計です。これならば志願者も増えるだろうと思いました。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部第二部編】
公開日:2020年12月
  • 大学:東京理科大学 理学部第一部
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

単位をとる基準が厳しい

大学内には数学科記念館があり、秋山仁先生の作品や数学を利用した装置を沢たくさん見ることができ、校外学習中の中高生がたまにやってきます。図書館では他のキャンパスにある本を調べることも出来ます。また、文化部や運動部も意外に活動が盛んです。夜間学部の部活動もあり、充実した学生生活を送ることができます。しかし、教職課程を履修していると土曜日も授業がある場合があります。そのほかにも説明会など参加必須のものもあるので大変ではあります。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部第一部編】
公開日:2020年2月
  • 大学:東京理科大学 理学部第一部 化学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

他大学との交流、単位互換制度などが少ない

総じて、大学生活には満足しており不満等はあまり無いですが、強いて言うならば、サークルはインカレサークルなどはあまりなく、主要なサークルは理科大生で構成されているものが多いです。また、留学制度や他大への単位互換制度はあまりなく、4年間を周りは理科大生だけで過ごしてしまう可能性もあると感じています。大学生は勉強だけではなく、人との交流も大事だと思うので、そういった制度も増やしてくれたらなと思う事はあります。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部第一部編】
公開日:2019年12月
  • 大学:東京理科大学 理学部第一部
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

キャンパスが狭かった

私は神楽坂キャンパスに通っていました。立地場所は大変良いのですが、土地の値段の関係上大変キャンパスが狭く、予備校に通っているようでした。また、建物は縦に長いため、教室移動の際に混雑したり、エレベーターを待つ時間がかなり長かった印象があります。さらに建物同士によっては約300mほど離れており、移動が大変でした。大学でイメージされる華やかなキャンパスイメージからは程遠く、浪人生が予備校に通い詰めているイメージです。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部第一部編】
公開日:2019年5月
  • 大学:東京理科大学 理学部第二部
  • 状況:大学卒業後、1年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

学科間で女子比率が偏っている

科学系を中心とした学科は4割弱と女子が多いですが、工学部や物理系になると女子の割合は2~3割に落ちます。理二部の数学科では、1年時にグループ学習があるのですが、5~6人の班に1人女子がいるかいないかくらいの割合でした。ですので、学科内で恋愛事情がもつれるとあっという間に噂は広がります。入学時に女子の友だちができないと、グループができていく中で取り残され、その後女子の友だちを作るのは少し難しくなってくると思います。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部第二部編】
公開日:2019年4月
  • 大学:東京理科大学 理学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★☆☆(ふつう)

勉強が忙しく、アルバイトをする時間がない

勉強との両立が難しく、テスト対策をするにしてもアルバイトでほとんどできないことがあるためバイトはできません。また、補習や実験等があるためアルバイトを休みがちになり、結局はアルバイトを辞めざるを得ないことが多いと思います。そして、レポート課題の提出期限を守ることすらできなくなる可能性も考えられるため、アルバイトは勉強する邪魔になるのではないかと思っていますし、そういう状況に実際になることがあると考えているからです。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部編】
公開日:2019年3月
  • 大学:東京理科大学 理学部第一部 応用化学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

夏休みが短い

理科大の夏休みは非常に短く、40日にも満たないです。高校の時より短く、普通の大学生が行えるサークルやバイト、旅行などが中々難しい環境です。特に、小中高の生徒の夏休みが終わり、大学生が動きやすくなる9月は中旬までしか休みがないため、他大学の友人と予定が合わせづらい事が多々ありました。また、私立大学には良くあることですが、祝日がほとんどありません。大学生であるのにも関わらず、フットワークが重くなってしまう教育のスケジュールに不満があります。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部第一部編】
公開日:2019年1月
  • 大学:東京理科大学 理学部第一部
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

キャンパスが狭い

東京理科大学神楽坂キャンパスは、都市型キャンパスであるが故にいささか窮屈です。学生数に対して敷地面積が狭いため、一般的にイメージされる大学のキャンパスと比較すると無機質なビル群といった印象です。また学生食堂の席数も不足しており、昼休み時は食事場所を確保するのにも苦労することがしばしばあります。広い芝生でくつろいだり、立派で華やかな近代建築のような講義棟で授業を受けることを想像している方にはあまりお勧めできません。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部第一部編】
公開日:2019年1月
  • 大学:東京理科大学 理学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

キャンパス周辺が混雑する

神楽坂キャンパスは最寄駅が飯田橋と色々な路線が乗り入れていることもありアクセスはとてもいいですがその点、人が多くオフィスも多いのでとても朝は混みます。また帰宅時も様々な大学や高校などがまとまっていることもあり、時間が重なってしまうととても混雑します。遅延などもありますがそこは様々な路線が走っているので困ることはそこまでないと思います。夜遅くになると飯田橋付近が飲み屋などが多いことから人が集まることもあります。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部編】
公開日:2018年12月
  • 大学:東京理科大学 理学部
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

アルバイトをしづらい

理科大生はアルバイトをするのには不向きであると思います。なぜなら、授業の課題が多くアルバイトをする自由な時間が十分に確保できないからです。また、テストの内容も難しいため、テスト前にはアルバイトに時間を割くことができないと思います。実際、私の周りではテストを経験した後に、アルバイトをしている場合ではないと言ってアルバイトをやめる人が多かったです。確かにアルバイトをしている人もいましたが、留年する人が多かった気がします。よって、アルバイトを自由気ままにできないところが不満です。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部編】
公開日:2018年11月
  • 大学:東京理科大学 理学部 数学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

学食のコスパが悪い

飯田橋ということで周りにご飯屋さんが多くあるものの値段が高く、学食に頼ることも多々あります。しかし、学食に関してはさほど安いわけでもなく、量も多くないため、満足するものではないと感じています。メニューに関しても日替わりの種類が多すぎるため、これが食べたいと思ったときにそのメニューが売っていないなどということがあり、日替わりもいいですが、メニューをもう少し固定してもらえると良いのではないかと感じてしまいます。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部編】
公開日:2018年9月


Q.おすすめ学部は?

  • 大学:東京理科大学 理学部第一部 応用化学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

理学部第一部 応用化学科

留年率が高いことで有名な大学ですがそれは理工学部のことで、私がいる理学部の留年率はそれほど高くないと思います。留年した友達も数人いますが、普通に授業を受けて提出物を提出すれば留年することはないので理学部がおすすめです。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部第一部編】
公開日:2022年11月
  • 大学:東京理科大学 理学部 化学科
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

理学部 化学科

私が実際に通っていた学部ということもありますが、実験や授業内容などかなり密度が濃いものになっています。その分、他の学科と比べるとレポート作成など大変なところは多いですが、充実した学生生活を送ることができます。他の研究室や教授とコネクションを持っている先生も多くいるので、キャンパスを飛び出して学びに行くこともできます。勉強も学生生活も楽しみたいという方にはお勧めです。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部編】
公開日:2022年11月
  • 大学:東京理科大学 理学部第二部 物理学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

経営学部

文系と思われがちの経営学部ですが、高校で習う数学Ⅲの計算を扱えることが必須の難関文系だと思っています。コミュニケーションスキルも向上し、さらに理系に負けず劣らずな数的知識を有しているので就活に強いのではないかと思います。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部第二部編】
公開日:2021年8月
  • 大学:東京理科大学 理学部 応用物理学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

工学部 情報工学科

私のサークルでは工学部情報工学科が多く在籍しており、よく話を聞くのですが、一人一人の応用力が非常に高い学科だなと感じます。プログラミングなどを学んでいるようなのですが、皆自ら新しいことを吸収しようとしていたり、積極的に学ぼうとしている姿勢が以上に強い学科です。モチベーションを高く保てそうだなと感じます。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部編】
公開日:2021年6月
  • 大学:東京理科大学 理学部第二部 化学科
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

理学部第二部

なんといってもとにかく学費が安いところがおすすめポイントだと思います。昼間に働きながら大学に通うことができるので、経済的な理由で進学を断念せざるを得ない人にも門戸が開かれています。現に私も高校を卒業したのち、昼間は事務職の仕事をしながら大学に通って卒業したうちの一人です。このように社会人学生もいることから、様々な年齢・バックグラウンドの学生が集まり、様々な価値観を得ることができます。夜間学部という選択肢は人を救うと思います。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部第二部編】
公開日:2020年12月
  • 大学:東京理科大学 理学部第一部
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

数学科

一般的に理系といわれる学部・学科は忙しい、卒論が大変など、全体的に賢いイメージがあると思います。しかし数学科は実験もなく、レポートも少なく、ゼミや研究室も週1回で良いなど条件が緩いことが多いです。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部第一部編】
公開日:2020年2月
  • 大学:東京理科大学 理学部第一部 化学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

理学部 応用化学科

一番のおすすめは自分の学びたい分野の学部に行くことです。学部の立地という点で考えると理学部が一番良いと思います。というのも、理学部の権威がこの大学では強いため、必ず神楽坂キャンパスに通えます。他の理工学部や工学部は葛飾や野田に在学中にキャンパスが変わることもしばしばあります。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部第一部編】
公開日:2019年12月
  • 大学:東京理科大学 理学部第一部
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

理学部 第一部

真面目な人が多く、一生懸命授業を受けている人が多かったです。また、カリキュラムも適切で、中には研究者となる人もでてきます。理学部第一部は看板学部であり、人気もあります。また、大学院に進む人も多く、互いに刺激を感じながら高めあっていける学部です。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部第一部編】
公開日:2019年5月
  • 大学:東京理科大学 理学部第二部
  • 状況:大学卒業後、1年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

理学部第二部

金銭面に余裕のない方や、社会人で働きながら専門的な勉強したい方にも通える制度が整った学部だからです。学科は化学・物理・数学の3学科しかありませんが、受けたければ他学部他学科の授業も受講できますので、本気で勉強したい方にはとてもオススメです。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部第二部編】
公開日:2019年4月
  • 大学:東京理科大学 理学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★☆☆(ふつう)

工学部

最近新しく出来た学科があるのでとても興味を持ちました。高校生の頃は本来はそこの学部に入りたかったのですが、当時は倍率がとても高かったため、残念ながら不合格になってしまいました。また、やりたかった研究もそこの学部にあったのですが、今振り返ってみれば今所属している学部に入った方が正解なのだろうなと思いました。なので、そこの学部はオススメだけど自分にとっては、そこに入るべきではなかったなと思いました。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部編】
公開日:2019年3月
  • 大学:東京理科大学 理学部第一部 応用化学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

応用数学科

実験がない学科で、レポートがほとんどなく楽な学科なうえに、就職率も情報系なので非常に良いものと聞いています。実際にこの学科の友人は、バイトやサークルなどのプライベートな時間を余裕を持って過ごせているように見えます。将来性、自由度で考えたときにはこの学科をお勧めします。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部第一部編】
公開日:2019年1月
  • 大学:東京理科大学 理学部第一部
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

理学部第一部

学内でも特に力を入れている学部で、教授陣の質が非常に高い印象です。キャンパスも四年間神楽坂で学生同士の評価においても理学部第一部の評判は良いです。就職先の選択肢も広いので、将来像が定まっていない方にもおすすめの学部です。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部第一部編】
公開日:2019年1月
  • 大学:東京理科大学 理学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

経済学部 ビジネスエコノミクス科

文系の科目の中でも理系に特化して現代のIT時代に応用が効き、とても高い水準の理系の環境で経済の勉強ができることです。授業も理系のように高いレベルからではなく徐々にということなので苦手な人にでも勉強しやすい環境だと思います。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部編】
公開日:2018年12月
  • 大学:東京理科大学 理学部
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

理学部

私自身が理学部だったことも起因していますが理学部をおすすめします。名のある有名な教授が多くいるため、研究の楽しさを学ぶことができます。キャンパスの立地もいいので留年さえしなければ非常にいい大学生活を送れるでしょう。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部編】
公開日:2018年11月
  • 大学:東京理科大学 理学部 数学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

理学部

理学部に入るとほとんどの学科のキャンパスが飯田橋になるため、通いやすく楽しいキャンパスライフを過ごせると感じます。また、学業に厳しいと言われるこの大学の中でも比較的楽で、学力をつけることもできるのではないかと感じるため、おすすめします。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部編】
公開日:2018年9月



Q.東京理科大学 理学部に通って良かった?

  • 大学:東京理科大学 理学部第一部 応用化学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

東京理科大学 理学部に通って良かったと強く思う

勉強する時は集中し、遊ぶ時はとことん遊ぶというメリハリのある人が多いです。効率が良く、単位を落とす人も少ない印象です。この環境に良い影響を受けているので大学生活を楽しめていると実感しています。サークル内もとても仲が良く、違う学部学科の友達を作ることが出来ました。きっとこれからずっと関わるであろう友達が作れたことも良かったと思います。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部第一部編】
公開日:2022年11月
  • 大学:東京理科大学 理学部 化学科
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

東京理科大学 理学部に通って良かったと強く思う

私の学校は関東でも有名であり、理系大学としてかなり名が知られていると思います。英語を学ぶ環境に関しては少し不満もありましたが、自分で勉強できるという人は問題ないと思います。実験や教職、理科について学ぶには最適な環境だと思います。キャンパスはこぢんまりとしていますが、かなり駅チカで都心にありますし、逆に言えば移動が少なくてとても楽だと思います。有名な教授もいるのでこの大学に通ってよかったと思います。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部編】
公開日:2022年11月
  • 大学:東京理科大学 理学部第二部 物理学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

東京理科大学 理学部に通って良かったと強く思う

基本的に自由なので、自分でゼミを開講したりして勉強や趣味に思う存分浸っていました。土曜日も授業があるため、アルバイトも行うと毎日忙しいですが充実しているなと感じます。勉強も大変ですが、昔からあった科学の疑問が一つずつ紐解けていくことが楽しいです。定期的にサークル活動も参加し、時々行われる合宿に行っては友達との仲を深めることができています。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部第二部編】
公開日:2021年8月
  • 大学:東京理科大学 理学部 応用物理学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

東京理科大学 理学部に通って良かった

東京理科大学でよかったと思える点は、やはり授業の質の高さ、指導の手厚さです。定期試験もただ授業を聞き流しているだけでは解けず、しっかりと授業を聞いてそれをかみ砕いて理解して応用するという、アウトプットできる能力が身につけられたかどうかが求められるものばかりです。テスト勉強はかなり辛いですが、その分大学で授業を受けた甲斐があったなと実感できます。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部編】
公開日:2021年6月
  • 大学:東京理科大学 理学部第二部 化学科
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

東京理科大学 理学部に通って良かった

この大学は忙しいです。教員免許を取ろうとすると更に地獄のような忙しさが待っていると思います。試験前には寝る暇もありません。とにかく勉強をしないと卒業ができません。留年や退学者も多いですが、勉強をしない学生には相当の評価をする大学だというだけです。大学は勉強をするところです。勉強をしたいから大学に入学しているはずです。勉強をしたくない人は辛い思いをするだけだと思いますので、出身大学名欲しさだけで入学するのは辞めた方がいいと思います。私はここで勉強ができてよかったです。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部第二部編】
公開日:2020年12月
  • 大学:東京理科大学 理学部第一部
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

東京理科大学 理学部に通って良かった

教員になるという目標を持って大学に入学したため、同じ夢を持った友人と出会い、仲良くなったり切磋琢磨することができました。また、専門学科の必修科目と教職課程の必修科目が被っている部分が多いので、一般的に言われているよりは負担が少ないと思います。また、東京理科大学の生徒は静かな人が比較的多い為自分の性格に合っていたと思います。そのほかにも、大学の近くには神楽坂があり美味しいランチや居酒屋があるため交友関係を広げやすい立地ではあると思います。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部第一部編】
公開日:2020年2月
  • 大学:東京理科大学 理学部第一部 化学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

東京理科大学 理学部に通って良かったと強く思う

サークルで気の合う友達を作れたことが特に入ってよかったなと思います。立地が良く(都内、神楽坂)、お昼に友人とランチに気軽に、おいしい所へ行けるのが入っています。また、都内への定期で頻繁に行くことが出来、自分の行動範囲や視野が広がったように思います(都内の長期インターンの参加など)。また、勉強面ではそれなりに勉強しないと単位は取得できないため、大変だった一方で、他の大学生に比べ勉強はちゃんとしていると思います。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部第一部編】
公開日:2019年12月
  • 大学:東京理科大学 理学部第一部
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

東京理科大学 理学部に通って良かった

教授陣が教育を頑張っているイメージが強かったです。講義についても工夫された授業で、わかりやすかったです。例えば、一部授業で導入されているのが反転授業と呼ばれる、オンライン上で授業が受けられるシステムがあります。これを講義前までに聴講し、講義では演習メインの授業を行うことで、週1回の授業に対しての定着度が大幅に上がりました。ほかの大学と比べて忙しかったですが、その分大学が掲げる実力主義に沿った教育を受けられました。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部第一部編】
公開日:2019年5月
  • 大学:東京理科大学 理学部第二部
  • 状況:大学卒業後、1年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

東京理科大学 理学部に通って良かった

理学部二部とはいえ、就職面では全く問題なく普通に就職することができました。私は1年留年しましたが、それでも留年が理由で落とされたことはありません。院に行けば昼間部夜間部も関係なくなりますし、勉学の面でも満足です。また、理学部二部は昼間学部に比べて、学費がほぼ半額くらいになります。奨学金制度もありますし、授業は夜にあるので昼間働いて夜は大学に通っている社会人の方も沢山います。社会人になってから大学に通いたいと挑戦する人にも、金銭面的に余裕がないけど大学に通いたいという方にもチャンスがある学部だと思います。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部第二部編】
公開日:2019年4月
  • 大学:東京理科大学 理学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★☆☆(ふつう)

東京理科大学 理学部に通って良かったかどちらとも言えない

まだこの大学に入ってから半年くらいしかたっていないため、まだ環境に慣れていません。しかし、大学自体の雰囲気は私にとってはすごく居心地のいい場所なので、この大学に通って正解だったなと実感しています。また、2年生になって新しい分野を学ぶことができるため、今よりも一層楽しく学生生活を送れるかなと思っています。そして、2年生では後輩に対して基礎的なことを教える立場にもなるため、より学問を深く学ぶ意識が高まると思います。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部編】
公開日:2019年3月
  • 大学:東京理科大学 理学部第一部 応用化学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

東京理科大学 理学部に通って良かった

もともと浪人生であった上に、ここしか受からなかったのですが、自分が十分に妥協できるラインであること、また自分にあったサークルが見つけられたり、人間関係の不和もなく平和に生活を送れてますので現在の環境には満足しています。普段の忙しさについては自分を成長させてくれるものとして受け入れられています。世間の評価もある程度高いため、学歴コンプレックスにも陥ることなく過ごせています。総合的に見ても自分に合った大学であると感じます。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部第一部編】
公開日:2019年1月
  • 大学:東京理科大学 理学部第一部
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

東京理科大学 理学部に通って良かった

四年間を通して濃密な経験ができたためです。他大学、特に文系の学部の友人などと比べれば勉強にさく時間は多いですが、その分サークル活動やアルバイトにも効率重視で取り組めるので、キャンパスライフの充実感はおのずと高くなります。また、キャンパスが都心にあるため、学外においてもさまざまな刺激を受けることができます。特に地方出身は、10代後半から20代の自己成長の時期において、東京の街に触れ、多様な価値観を吸収することができ、学問以外にも多くのことを学べると思います。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部第一部編】
公開日:2019年1月
  • 大学:東京理科大学 理学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

東京理科大学 理学部に通って良かったと強く思う

教授や友達ととても環境が整っていて研鑽していく上ではとてもいい環境です。今後理系で研究職を目指す人にとってはとても面白く先が見える環境だと思います。国立大に比べ受験科目は少ないので得意教科に特化した人が多く好きな分野の話などとても面白くいい話も聞ける機会も多いです。これからどう過ごすか、わからなくても狭いキャンパスなので色々な人と関わることや様々な研究を知ることもあり刺激が多くとてもいい環境だと思います。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部編】
公開日:2018年12月
  • 大学:東京理科大学 理学部
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

東京理科大学 理学部に通って良かった

私は真剣に研究活動を行いたかったため、勉強と研究に真剣に打ち込める理科大学は非常に良い大学だと感じました。周りにいる人間も真面目で、勉強熱心で、いい意味で遊ばない人が多かったので研究を効率よく進めることができたと感じています。教授の方々も名のある人たちが多いため、最先端の研究に触れることができます。また、大学院への進学率がいいため、修士の先輩方が多くいます。その大学院の先輩方の面倒見が良いため、研究でわからないことがあってもある程度助けてもらえます。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部編】
公開日:2018年11月
  • 大学:東京理科大学 理学部 数学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

東京理科大学 理学部に通って良かったと強く思う

他の大学に通っている友達と比べて学業の実力は凄く伸びると感じています。他の大学と比較して留年率が高く、真面目に勉強しなければ進級できないのが私の通う大学の特徴であるため、学びに関してはかなり集中して行わなければいけません。そのため、他の大学よりも学びの力をつけることができると感じます。この大学で学ぶことで就職活動の際なども企業の方が勉強を頑張っていると感じてくださり、就職に関しても学業の実力があると注目していただけてると感じ、満足しています。

東京理科大学の評判・口コミ【理学部編】
公開日:2018年9月

東京理科大学 理学部について

  • 名称:東京理科大学 理学部
  • 法人名:東京理科大学
  • キャンパス:神楽坂キャンパス神楽坂校舎
  • アクセス:JR総武線または地下鉄有楽町線・東西線・南北線・大江戸線飯田橋駅下車、徒歩3分
  • 所在地:〒162-8601 東京都新宿区神楽坂1-3
  • 公式HP:https://www.tus.ac.jp/fac_grad/fac/ri2/

東京理科大学 理学部の口コミ・評判一覧

東京理科大学の評判・口コミ【理学部第一部編】

  • 大学:東京理科大学 理学部第一部 応用化学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

志望理由

出身高校の指定校推薦で考えていたので、理系で一番偏差値が高いことを理由に受験しました。学部は数学科、物理科、化学科の中から、一番好きな化学を選びました。面接では2人の教…続きを読む

学んでいること

1年では、化学だけでなく物理や数学の基礎を学び、専門的な科目はありませんでした。また、各研究室について教授自身で説明してくださる科目があり、この科目のおかげで勉強のモチ…続きを読む

満足している点

大学の自習室が充実しているです。大学の最寄り駅から一番近い館に広い自習室があります。一つ一つ仕切りがあるため、周りを気にすることなく勉強できます。コンセントも付いているため、携帯やパソコンも使うことが…続きを読む

不満に感じている点

実験をする館が駅から遠いです。駅から遠い館もありますが、そこから離れている館に行く時はとても大変です。1年次に取っていた体育の授業は離れた館にあり、着替えと移動を10分間で収めなければいけないため、…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


東京理科大学の評判・口コミ【理学部編】

  • 大学:東京理科大学 理学部 化学科
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

志望理由

理科の教員免許を取ることを軸に大学選びをしました。ですので、化学系の学科で教職がある大学を選んでいます。また、実験や施設が豊富にあること、自宅からの距離なども考慮して選…続きを読む

学んでいること

私の進んだ理学部化学科では、化学について多面的に学びました。物理化学や生物化学、無機化学など多岐に渡ります。実験も多い時は週に3回あり、それぞれレポートを作成しました。…続きを読む

満足している点

化学実験が充実しているです。私が通っていたキャンパスには3つの実験棟があり、それぞれで実験を行います。研究室なども入っている棟では分析機器がたくさんあり、研究室に所属している間はそれらの使い方を学…続きを読む

不満に感じている点

英語力があまり伸びないです。私が受験を受けた当時は数学と理科が重視されており、英語は二の次の科目でした。そのため、入学時は英語が苦手な学生が多かったように感じます。しかし、入学後の英語の授業はほと…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


東京理科大学の評判・口コミ【理学部第二部編】

  • 大学:東京理科大学 理学部第二部 物理学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

志望理由

地震予測の研究に携わりたいと思い、理系の大学に通うことを決めました。ただ、地震の研究と言えば地学部に通うべきですが、地学のみならず科学の原点である物理学を学ぶことでより…続きを読む

学んでいること

物理学部なので一年次は力学、電磁気学、さらに物理を扱う上での数学が必須ということもあり、微分積分を中心に講義を受けていました。実験科目もあり、ビオ・サバールの法則や液体…続きを読む

満足している点

実力がつくです。高い留年率と高難易度の試験を出してくることに定評がある大学なので、単位を取れたらその科目の勉強内容を忘れることはほぼありません。(試験終了後に解法を忘れてしまう程度の勉…続きを読む

不満に感じている点

外国語が弱いです。大学でのTOEIC平均スコアが300点前半なので、英語に強い大学ではないと思います。また、他大学では必修になることが多い第二外国語も本校は必修ではなく選択式(しかも他の…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


東京理科大学の評判・口コミ【理学部編】

  • 大学:東京理科大学 理学部 応用物理学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

志望理由

理系科目が得意で、特に物理が得意だったため、理学部応用物理学科を受験しました。東京理科大学は元々は第一志望の国立大学や他の私立大学の滑り止めとして、また就職においても他…続きを読む

学んでいること

東京理科大学理学部応用物理学科では物理学を主に学んでいます。具体的には物理学を学ぶにあたって必要不可欠である数学、力学、電磁気学、熱力学といった高校物理でも聞き覚えのあ…続きを読む

満足している点

勉強しやすい環境が整っているです。理学部の応用物理学科は葛飾にキャンパスがあります。葛飾キャンパスは東京理科大学で一番新しいキャンパスでとても綺麗です。中でも、海外の博物館を思わせるような素敵な外観の図…続きを読む

不満に感じている点

夏休みが非常に短いです。東京理科大学の夏休みは短いことで有名で、小学生と同じくらいしかありません。その分、授業日数が多く、教育熱心な点は学費の面から見るとお得かもしれません。しかし、普段はレポ…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


東京理科大学の評判・口コミ【理学部第二部編】

  • 大学:東京理科大学 理学部第二部 化学科
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

志望理由

私立の理系学部は学費が国立大学の2~3倍であることが多く、兄弟が多く家庭に金銭的な余裕のない私には国立大学しか選択肢はありませんでした。しかし、たまたま見つけた東京理科…続きを読む

学んでいること

夜間学部であることや入試の難易度から、あまりきつい勉強をすることはないのだろうと考えていましたが、全くの想定違いでした。普通の化学科と同じように有機化学、無機化学、物理…続きを読む

満足している点

学外の方からの評価が高いです。『東京理科大学=留年』というイメージの通り、確かに留年は少ないとは言えないと思います。しかし、それゆえ東京理科大学を4年で卒業していると言うと『真面目で努力を重ねてきた…続きを読む

不満に感じている点

キャンパスによって設備の格差があるです。首都圏には神楽坂キャンパス、葛飾キャンパス、野田キャンパスの3つのキャンパスがあります。しかし、一般的にキャンパスといって思い浮かべられるものは神楽坂には一切なく、ただ…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


東京理科大学の評判・口コミ【理学部第一部編】

  • 大学:東京理科大学 理学部第一部
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

志望理由

教員になることが夢だった為、卒業生が多数教員として活躍しており、教員免許取得のためのカリキュラムが充実している東京理科大学を受験しました。東京理科大学の他に、日本大学や…続きを読む

学んでいること

1、2学年では英語や中国語、一般教養系の科目を選択しました。特に、コンピュータ関係や物理学、生物学などは選択必修で難関科目でした。そして、数学科の基礎的な講義を何科目か…続きを読む

満足している点

教員免許取得制度が充実しているです。キャンパスには、数学科、物理学科、応用化学科や工業化学科等様々な学部学科の人たちが密集しています。特に4月は食堂が混み合って、なかなか座れないこともあります。体育館もメ…続きを読む

不満に感じている点

単位をとる基準が厳しいです。大学内には数学科記念館があり、秋山仁先生の作品や数学を利用した装置を沢たくさん見ることができ、校外学習中の中高生がたまにやってきます。図書館では他のキャンパスにある本を…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


東京理科大学の評判・口コミ【理学部第一部編】

  • 大学:東京理科大学 理学部第一部 化学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

志望理由

化学に興味があったので、化学科のある大学を軸に受験しました。東京理科大学理学部化学科 →合格、他には・東京理科大学理学部応用化学科 →不合格、・千葉大学理学部化学科 →…続きを読む

学んでいること

化学について全般的に学びます。無機化学や有機化学がメインの授業や、物理よりの物理化学、生物よりの生化学などを学びます。無機化学では、ある化学物/単体の分子構造からみた性…続きを読む

満足している点

実力主義です。テストは徹夜で単位が取れるようなものではありません。修得が難しいものでは、一か月間ほどその科目の勉強をしていた時もありました。また、評価も授業にもよりますが出席やテスト…続きを読む

不満に感じている点

他大学との交流、単位互換制度などが少ないです。総じて、大学生活には満足しており不満等はあまり無いですが、強いて言うならば、サークルはインカレサークルなどはあまりなく、主要なサークルは理科大生で構成されているものが多…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


東京理科大学の評判・口コミ【理学部第一部編】

  • 大学:東京理科大学 理学部第一部
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

満足している点

実力主義です。東京理科大学では、関門制度と呼ばれるものがあります。それは所定の単位が取れなければ留年してしまう制度です。私は物理学科でしたが、物理学実験および基幹科目としての物理数学…続きを読む

不満に感じている点

キャンパスが狭かったです。私は神楽坂キャンパスに通っていました。立地場所は大変良いのですが、土地の値段の関係上大変キャンパスが狭く、予備校に通っているようでした。また、建物は縦に長いため、教室移…続きを読む

おすすめ学部:理学部 第一部

真面目な人が多く、一生懸命授業を受けている人が多かったです。また、カリキュラムも適切で、中には研究者となる人もでてきます。理学部第一部は看板学部であり、人気もあります。…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


東京理科大学の評判・口コミ【理学部第二部編】

  • 大学:東京理科大学 理学部第二部
  • 状況:大学卒業後、1年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

満足している点

夜間学部でも授業内容が充実しているです。理科大の中で一番歴史が古いと言われている理二部は夜間学部ですが、授業内容も充実しています。また、昼間部の授業を受けられる仕組みだったり、院進は昼間部の研究室に挑戦できた…続きを読む

不満に感じている点

学科間で女子比率が偏っているです。科学系を中心とした学科は4割弱と女子が多いですが、工学部や物理系になると女子の割合は2~3割に落ちます。理二部の数学科では、1年時にグループ学習があるのですが、5~6人…続きを読む

おすすめ学部:理学部第二部

金銭面に余裕のない方や、社会人で働きながら専門的な勉強したい方にも通える制度が整った学部だからです。学科は化学・物理・数学の3学科しかありませんが、受けたければ他学部他…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


東京理科大学の評判・口コミ【理学部編】

  • 大学:東京理科大学 理学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★☆☆(ふつう)

満足している点

良いサークルに入れたです。授業で分からないことがあれば、すぐに先輩に聞くことができます。また、サークルに入ることでテストの過去問や先生がどんな人なのかを、他の人よりもいち早く知ることもできます。…続きを読む

不満に感じている点

勉強が忙しく、アルバイトをする時間がないです。勉強との両立が難しく、テスト対策をするにしてもアルバイトでほとんどできないことがあるためバイトはできません。また、補習や実験等があるためアルバイトを休みがちになり、結局…続きを読む

おすすめ学部:工学部

最近新しく出来た学科があるのでとても興味を持ちました。高校生の頃は本来はそこの学部に入りたかったのですが、当時は倍率がとても高かったため、残念ながら不合格になってしまい…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


東京理科大学の評判・口コミ【理学部第一部編】

  • 大学:東京理科大学 理学部第一部 応用化学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

満足している点

入試難易度に対する就職率が良いです。留年でも有名である理科大は、企業側からの評価も高めであると言うことをよく耳にし、実際に先輩方の就職先も大手化学メーカーや化粧品などの有名企業が多いです。大学偏差値では早…続きを読む

不満に感じている点

夏休みが短いです。理科大の夏休みは非常に短く、40日にも満たないです。高校の時より短く、普通の大学生が行えるサークルやバイト、旅行などが中々難しい環境です。特に、小中高の生徒の夏休みが終…続きを読む

おすすめ学部:応用数学科

実験がない学科で、レポートがほとんどなく楽な学科なうえに、就職率も情報系なので非常に良いものと聞いています。実際にこの学科の友人は、バイトやサークルなどのプライベートな…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


東京理科大学の評判・口コミ【理学部第一部編】

  • 大学:東京理科大学 理学部第一部
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

満足している点

キャンパスの立地が良いです。東京理科大学神楽坂キャンパスは非常によい立地にあります。最寄り駅は飯田橋駅ですが、JR中央・総武線の他、東京メトロ東西線、南北線、有楽町線と都営大江戸線が通っているため…続きを読む

不満に感じている点

キャンパスが狭いです。東京理科大学神楽坂キャンパスは、都市型キャンパスであるが故にいささか窮屈です。学生数に対して敷地面積が狭いため、一般的にイメージされる大学のキャンパスと比較すると無機質…続きを読む

おすすめ学部:理学部第一部

学内でも特に力を入れている学部で、教授陣の質が非常に高い印象です。キャンパスも四年間神楽坂で学生同士の評価においても理学部第一部の評判は良いです。就職先の選択肢も広いの…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


東京理科大学の評判・口コミ【理学部編】

  • 大学:東京理科大学 理学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

満足している点

レベルの高い授業が受けられるです。全国から高いレベルの学生が集まっているため、勉強面において切磋琢磨して研鑽できる環境が整っています。また都心にあることからアクセスもよく、様々な研究室など学会にも行きや…続きを読む

不満に感じている点

キャンパス周辺が混雑するです。神楽坂キャンパスは最寄駅が飯田橋と色々な路線が乗り入れていることもありアクセスはとてもいいですがその点、人が多くオフィスも多いのでとても朝は混みます。また帰宅時も様々な…続きを読む

おすすめ学部:経済学部 ビジネスエコノミクス科

文系の科目の中でも理系に特化して現代のIT時代に応用が効き、とても高い水準の理系の環境で経済の勉強ができることです。授業も理系のように高いレベルからではなく徐々にという…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


東京理科大学の評判・口コミ【理学部編】

  • 大学:東京理科大学 理学部
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

満足している点

就活の際、企業からの評価が高いです。勉強する環境が揃っている点に満足しています。留年率が高いために5年制大学と揶揄されることが多い理科大です。これは授業を受けるだけでなく自主的に勉強しなければ単位がでない…続きを読む

不満に感じている点

アルバイトをしづらいです。理科大生はアルバイトをするのには不向きであると思います。なぜなら、授業の課題が多くアルバイトをする自由な時間が十分に確保できないからです。また、テストの内容も難しいため…続きを読む

おすすめ学部:理学部

私自身が理学部だったことも起因していますが理学部をおすすめします。名のある有名な教授が多くいるため、研究の楽しさを学ぶことができます。キャンパスの立地もいいので留年さえ…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


東京理科大学の評判・口コミ【理学部編】

  • 大学:東京理科大学 理学部 数学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

満足している点

就職フォローが充実しているです。就職に関してはかなり手厚くフォローしてくれていると感じます。一般企業への就職に関しては就職ガイダンスも頻繁に行い、公務員志望の生徒に対しても国家公務員対策講座などを開く…続きを読む

不満に感じている点

学食のコスパが悪いです。飯田橋ということで周りにご飯屋さんが多くあるものの値段が高く、学食に頼ることも多々あります。しかし、学食に関してはさほど安いわけでもなく、量も多くないため、満足するもの…続きを読む

おすすめ学部:理学部

理学部に入るとほとんどの学科のキャンパスが飯田橋になるため、通いやすく楽しいキャンパスライフを過ごせると感じます。また、学業に厳しいと言われるこの大学の中でも比較的楽で…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


亜細亜大学 経営学部
亜細亜大学の評判・口コミ【経営学部編】

大学:亜細亜大学 経営学部 ホスピタリティ・マネジメント学科状況:

明治大学 法学部
明治大学の評判・口コミ【法学部編】

大学:明治大学 法学部 法律学科状況:現在大学に通っている(大学2

早稲田大学 商学部
早稲田大学の評判・口コミ【商学部編】

大学:早稲田大学 商学部 状況:現在大学に通っている(大学2年生)

東京理科大学 理学部第一部
東京理科大学の評判・口コミ【理学部第一部編】

大学:東京理科大学 理学部第一部 応用化学科状況:現在大学に通って

藍野大学 医療保健学部
藍野大学の評判・口コミ【医療保健学部編】

大学:藍野大学 医療保健学部 看護学科状況:現在大学に通っている(

→もっと見る