早稲田大学の評判・口コミ【社会科学部編】

最終更新日:2020/01/21
, , ,


このページでは、早稲田大学 社会科学部に現在通っている4年生から聞いた、早稲田大学の魅力や雰囲気、特色をご紹介します。「自由な校風」「学生に対する支援が手薄」など、良い口コミや悪い評判を含めた、在籍している人ならではのリアルな実体験をお伝えしますので、早稲田大学に対するイメージを具体的にしたいとお考えの方は、ぜひご覧ください。
※画像は各大学HPより引用(URLは基本情報欄に記載)



回答者プロフィール

  • 大学:早稲田大学 社会科学部 社会科学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

志望理由

「社会学を学べること」の他、起業にも興味があったため「経営学等、他の学問も並行して学べること」「オープンな校風であること」「都内の大学であること」を軸に大学・学部選びを行いました。第一志望は一橋大学の社会学部、第二志望は早稲田大学の社会科学部、第三志望が早稲田大学の文学部で、それらに加えて滑り止めとして、立教大学の社会学部・法政大学の社会学部を受験しました。結果、立教大学と法政大学はセンター利用入試で合格、早稲田大学の社会科学部は一般入試で合格、早稲田大学の文学部と一橋大学は不合格となったため、早稲田大学の社会科学部に進学しました。



大学で勉強していること

社会科学部は、幅広い学問領域を満遍なく学ぶことが特徴の学部です。「まちづくり」「社会学」「ジェンダー論」の3つを基軸としつつ、法学・経済学・経営学等、様々な科目を幅広く履修しました。1年生は、基盤を作る期間となるため、社会科学系の基礎科目(基盤専門科目)を選択必修のような形で履修します。この期間は、履修制度の関係上、興味の有無に関わらず、複数の学問領域を同時に学ぶことを求められます。2年生からはゼミナールが始まり、自分の専門分野を深めながら、社会科学系の応用科目(先進専門科目)を学びます。これ以降は、履修の自由度も比較的高まります。ちなみに私は、「都市・コミュニティデザイン」というゼミナールに所属しており、実際にまちに出てボランティア活動をしながら、住民参加によるまちづくりの在り方を研究しています。


満足していること:自由

「早稲田=自由」というイメージが強い人も多いかと思いますが、実際のキャンパスも、他大学と比べて活気に溢れ、自分らしく自由に生きている人が多いように感じます。例えば、入学式の前後に行われる「新歓」(サークルに新入生を勧誘する活動)では、身動きが取れなくなるほど人がごった返し、在校生はどこからともなく現れる太鼓に合わせて踊り狂ったり(通称ラテアメ)、大量のビラが飛び交う中で、それを拾うことを主な活動とするサークルが現れたりと、カオスなお祭り騒ぎとなります。やはり大概の人は地頭が良く、また愛校心はありつつも、いい意味でプライドがないため、自分の興味を持ったことに凄まじい行動力と感性で突き進む人が多く、日々刺激があります。このような雰囲気にワクワク出来る人なら、間違いなく楽しめる大学だと思います。


不満に感じていること:学生に対する支援が手薄

人数が多いため仕方ない部分もあるのかもしれませんが、基本的に放任主義です。そのため、常に自分で目的意識を持って行動をとっていないと、大事な申請を見逃してしまったり、就職活動等における必要な情報を得られなかったりします。また学費が高い割に、細かなところで課金が必要だったり、事務所の職員の方の対応が悪かったりと、その使われ方には疑問を感じる機会も多いです。「与えられたものをこなす」「サービスを受けたい」というスタンスの人にとっては、厳しい大学だと思います。「良い自由さ」と表裏一体の点ではありますが、せめてもう少し、必要な情報にアクセスしやすい環境を整えて貰いたいと感じています。



早稲田大学のおすすめ学部:社会科学部

学内で「シャガクズ」と呼ばれ、単位が取りやすいと言われている学部です。学業以外のことも全力で楽しみたいと感じる人には、バランスが取りやすい学部だと思います。また一方で、他学部に比べてかなり広い学問領域を履修することになるため、明確に研究目的がある人にとっては、それが「学際的な視点」を身につける良いきっかけとなります。私自身も、「社学」に進学したおかげで、幅広い視野を身につけられたと感じていますし、それが研究活動・就職活動を行う上での糧となっています。


早稲田大学に通って良かった?

早稲田大学への満足度:満足

とにかく居心地が良いです。もちろん様々な人がいますが、全体的に見れば、高い教養や豊かな経験を持つ自律的な人が多く、刺激的で良好な人間関係を築けています。また、規模が大きい分、そこら中に様々なチャンスがあり、自分の目的のためにそれを掴んでいく姿勢さえあれば、これ以上ない環境だと思います。学業に専念するも良し、サークルやアルバイトに没頭するも良し、人脈を作るも良し、というように、自分らしい選択をしやすい様々な制度があります。





人気記事 学歴フィルターとは?どの大学から学歴フィルタに引っかかるか口コミから検証【学歴フィルター42校】

人気記事 【大学ランク】大学をSランクからEランクまで格付け(2019年4月調査)

ほかの学生による投稿口コミ(早稲田大学 社会科学部)

回答者プロフィール

  • 大学:早稲田大学 社会科学部
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

早稲田大学の評判・口コミ【社会科学部編】

志望理由

将来マスコミ関係の職に就きたく、マスコミに強いといえば早稲田大学というイメージがあったことや、高校時代に親しくしていた先輩が進学し毎日楽しそうに過ごされていたので迷わず…続きを読む

学んでいること

入学後は経済学、心理学、法学、文学など本当に幅広い講義を受講しました。またゲストスピーカーなどが来校されての講義も多く、ただの大学生として過ごすだけでは得られなかった思…続きを読む

満足している点

日本一留学生の多い大学ならではの国際色豊かなキャンパスであることはもちろん、聴講生制度なども充実しており、年齢層も幅広く、自分の価値観や視野を一気に広げられる環境が整っ…続きを読む

不満に感じている点

大学内には学部棟と呼ばれる、各学部の講義がメインで行われるビル様の建物がいくつもあります。この学部棟と ですが、学部ごとに順番に再建をしているのか施設の充実度やクオリテ…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


回答者プロフィール

  • 大学:早稲田大学 社会科学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

早稲田大学の評判・口コミ【社会科学部編】

志望理由

奨学金を借りて進学する予定だったので、将来的に選択肢が多くなると思われる大学として早稲田大学を選びました。文系の学部を志望しているなかで、複合的に社会問題を解決する力を…続きを読む

学んでいること

1年次は社会科学を総合的に学びました。コアとなる科目でミクロ・マクロ経済学、民法、私法、経営学、社会学などを学びました。基礎的なコンピュータの使い方や、学術的な文章の書…続きを読む

満足している点

環境が良いことが満足している理由として挙げられます。まず立地は都内にあります。学部ごとにビルディングが割り振られ、図書館も学部ごとにあります。建物は綺麗に保たれており、…続きを読む

不満に感じている点

朝、夕のラッシュ時には高田馬場駅、早稲田駅が非常に混雑する。お昼には学校の近くの飲食店は行列となる。とにかく人が多いためそれがストレスと感じることがある。学費が高いこと…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


回答者プロフィール

  • 大学:早稲田大学 社会科学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学2年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

早稲田大学の評判・口コミ【社会科学部編】

志望理由

親の影響もあり、経営および商学系を学ぶことができる学部をメインに受験しました。自分は大学そのものの名前というより、大学に入ってどういったことを学ぶのか、あるいは大学でど…続きを読む

学んでいること

入学前に学びたいと思っていた、経営学系をメインに学習しています。「経営」と一単語でいってもどういったことをしているのかというと、マーケティングであったり、会計などといっ…続きを読む

満足している点

早稲田大学社会科学部には数多くの教授がいらっしゃるため、広く分野を踏破し、なおかつ分野の細部にまでその学びを広げています。さらに、社会科学部生は必修の授業が英語および第…続きを読む

不満に感じている点

学生数がとても多いため、自分の考えを広げられる可能性はとても大きいものです。しかしながら、その分学業そっちのけでサークル活動に没頭する人であったり、授業に来ても騒ぎ立て…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学の学生から見た、おすすめ人気学部はどこ?【2019年調査】

このページでは、早稲田大学生による、早稲田大学におけるおすすめの学部をご紹介します。早稲田大学への進学を検討している方はぜひ結果とその理由を併せて参考にしてみましょう。

続きを読む

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


回答者プロフィール

  • 大学:早稲田大学 社会科学部
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

早稲田大学の評判・口コミ【社会科学部編】

満足している点

本校は日本の大学で一番サークル数が多いと言われています。王道のサークルからニッチなサークルまで幅広く網羅されています。また、ジャンルだけでなく様々な大学の学生が所属して…続きを読む

不満に感じている点

本校はマンモス大学と言われることが多々ありますが、そのことによって弊害も生じております。多種多様な講義を受講することができるのは良い点ですが、その分講義によって大きく質…続きを読む

おすすめ学部:政治経済学部

早稲田大学の中で圧倒的に就職に有利だからです。高校時代は早稲田に受かることを目標にする方も多いと思いますが、就職を考えたときに一番上の学部にいると有利に働きます。今から…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


回答者プロフィール

  • 大学:早稲田大学 社会科学部 社会科学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

早稲田大学の評判・口コミ【社会科学部編】

満足している点

私は就職活動を今年の6月に終えたばかりですが、無事に第一志望の会社の内定を獲得することが出来たのは、大学の知人のおかげだと思っているからです。 マンモス校であるために、…続きを読む

不満に感じている点

最近は様々な校舎で建て替え工事が行われ、きれいに使いやすい校舎が増えたことも事実ですが、まだボロボロで、授業のために5階分階段を上がらなければいけない校舎もあります。た…続きを読む

おすすめ学部:文化構想学部

私の個人的な意見ですが、文化構想学部の授業は面白い授業が多いと思うからです。例えば、人気ドラマを毎回考察する授業があったり、映画についてディスカッションする授業があった…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


回答者プロフィール

  • 大学:早稲田大学 社会科学部
  • 状況:大学卒業後、1年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

早稲田大学の評判・口コミ【社会科学部編】

満足している点

私の大学では都心にしては広いキャンパスが2つありました。1つ目に早稲田キャンパス(通称本キャン)では多くの施設がありました。図書館や読書室が充実していて授業合間に読書や…続きを読む

不満に感じている点

大学のキャリアセンターで就職支援を受けることが出来ます。学生数が多いことから就活の最も忙しい時期にはかなり混み合っていて相談に行ってもかなり待つことが多かったです。大学…続きを読む

おすすめ学部:政経

やはり看板学部だからです。比較的単位も取りやすいらしく、最近政経の建物はきれいになりました図書館も快適でよく他学部ですが利用していました。また、エスカレーターで移動でき…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


回答者プロフィール

  • 大学:早稲田大学 社会科学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

早稲田大学の評判・口コミ【社会科学部編】

満足している点

就職活動を開始するまでは早稲田大学が就職に強いかどうかは疑心暗鬼の状態でした。しかし、いざ活動を始めてみると企業が自分達の大学の名前を知らないということはなく安心して面…続きを読む

不満に感じている点

早稲田大学は学費が非常に高いと思います。そしてその学費が私達学生に還元されてないよう思えてしまいます。大学運営には諸々の費用がかかるのは承知の上ですが、単位を取りきって…続きを読む

おすすめ学部:社会科学部

自分のやりたい事が思う存分できる学部であると考えるからです。ゼミに入るかどうかも選べます。卒業論文を書くかどうかも選べます。自分が学びたい学問も選べます。授業が忙しくな…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


回答者プロフィール

  • 大学:早稲田大学 社会科学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

早稲田大学の評判・口コミ【社会科学部編】

満足している点

早稲田大学といえば、様々なサークルがあること有名です。日本の大学の中でもサークル数が1番多いと言えるでしょう。なので、たとえば変わった趣味や特技を持っていたとしても、そ…続きを読む

不満に感じている点

早稲田は学生数が非常に多いため、その分同じ授業を受講する生徒の数も多いです。そのため、授業を行う教室のほとんどが、300人以上収容できる大教室であり、先生はマイクを使っ…続きを読む

おすすめ学部:社会科学部

他の学部に比べ専門性がないため、まだ何を学びたいか決まっていない人、大学に入ってから探したい人にぴったりだからです。社会科学部では様々な分野の授業を受ける環境があるため…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


回答者プロフィール

  • 大学:早稲田大学 社会科学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

早稲田大学の評判・口コミ【社会科学部編】

満足している点

早稲田大学の一番の特徴として、多様な人を受け入れていることが挙げられると思います。学生数が多い分色々な趣味や特徴を持った学生が全国から集まるうえ、いわゆる「バンカラ」と…続きを読む

不満に感じている点

早稲田大学の教授は研究に関しては優れているかもしれませんが、教えることに関してはあまり優れていないかもしれません。授業の質はあまり高くなく、そのせいか学生の勉学に対する…続きを読む

おすすめ学部:社会科学部

早稲田大学といえば政治経済学部、法学部が人気ですが、近年では社会科学部の人気も高まっています。社会科学部のいいところは経済学、政治学、法学、商学、社会学など社会科学に分…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます




早稲田大学 社会科学部の口コミ・評判一覧をチェック
※早稲田大学 社会科学部の口コミ一覧ページへ遷移します

早稲田大学(社会科学部)専用掲示板


名無しさん
早稲田大学 社会科学部に実際に通っている方、通っていた方に質問です。

早稲田大学の評判はどうですか?早稲田大学の雰囲気・校風、学校行事・イベントの盛り上がり具合、就活の進めやすさなどについて教えてください。社会科学部についてのコメントも大歓迎です。

コメントお待ちしています。
回答受付中

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA






早稲田大学 社会科学部の基本情報

  • 名称:早稲田大学 社会科学部
  • 法人名:学校法人早稲田大学
  • キャンパス:早稲田キャンパス
  • アクセス:地下鉄東西線早稲田駅下車、またはJR・西武新宿線高田馬場駅下車、地下鉄副都心線西早稲田駅下車、いずれも徒歩。高田馬場駅前から大学まで都バス(学バス)の便がある
  • 所在地:〒169-0051 東京都新宿区西早稲田1-6-1
  • 公式HP:https://www.waseda.jp/fsss/sss/

目次

志望理由
大学で勉強していること
満足していること:自由
不満に感じていること:学生に対する支援が手薄
早稲田大学のおすすめ学部:社会科学部
早稲田大学に通って良かった?
早稲田大学(社会科学部)専用掲示板  
 
       
東京理科大学 工学部
東京理科大学の評判・口コミ【工学部編】

大学:東京理科大学 工学部 状況:現在大学に通っている(大学2年生

立教大学 異文化コミュニケーション学部
立教大学の評判・口コミ【異文化コミュニケーション学部編】

大学:立教大学 異文化コミュニケーション学部 状況:現在大学に通っ

熊本県立大学 総合管理学部
熊本県立大学の評判・口コミ【総合管理学部編】

大学:熊本県立大学 総合管理学部 状況:現在大学に通っている(大学

早稲田大学 文化構想学部
早稲田大学の評判・口コミ【文化構想学部編】

大学:早稲田大学 文化構想学部 状況:現在大学に通っている(大学1

専修大学 人間科学部
専修大学の評判・口コミ【人間科学部編】

大学:専修大学 人間科学部 状況:大学卒業後、1年以内性別:女性総

→もっと見る