口コミから見た、早稲田大学 教育学部の評判は?

大学スクールナビに寄せられた、早稲田大学 教育学部に通っている(直近まで通っていた)人から集めた口コミをもとに、早稲田大学 教育学部の評判についてご紹介します。早稲田大学 教育学部の雰囲気や魅力、特色を理解するのにお役立てください。

早稲田大学 教育学部

※画像は各大学HPより引用(URLは基本情報欄に記載)




目次

早稲田大学 教育学部に通ってみて、満足しているポイント
早稲田大学 教育学部に通ってみて、不満に感じているポイント
おすすめ学部は?
早稲田大学 教育学部に通って良かったか
早稲田大学 教育学部について
早稲田大学 教育学部の口コミ・評判一覧

Q.早稲田大学 教育学部に通ってみて、満足している点を教えてください。

  • 大学:早稲田大学 教育学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学2年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

学生数が多い

とにかく学生数が多いため、自分と趣味や嗜好などが似ている人や、自分とは全く異なった考えを持つ人まで様々な人々に出会うことが出来ます。また3000以上のサークルがあります。法学サークルや模擬国連、速記や資格取得といったような勉強系のサークルもあれば、野球やテニス、アルティメットといった様々なスポーツ系のものもありますし、中にはいちご大福研究会、かくれんぼサークルといった他の大学にはないような独特なサークルもあります。自分の趣味にあったサークルを見つけやすく、出会いが多いです。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2020年3月
  • 大学:早稲田大学 教育学部 国語国文学科
  • 状況:大学卒業後、1年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

図書館が充実している

1番大きい中央図書館をはじめ、各学部にも「〇〇学部学生読書室」という図書館があり、図書館自体の数も多いので本の数はとても充実しています。研究書庫には古い時代の本や資料など当時のまま残されているものも多く、貴重な文献に触れることもできます。また、図書館内の本を読んだり、勉強したりできる机のスペースも多く、場所によっては電源も使用できたので授業の空き時間やテスト前など、静かな空間で集中することができるのもありがたかったです。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2020年2月
  • 大学:早稲田大学 教育学部 教育学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

様々な人と交流できる

早稲田大学に通う学生はとても多くて様々な学生がおりますし、外国人留学生も多数受け入れております。ですから、キャンパスを歩いているだけでも様々な言語が飛び交っており、最低でも一日に一回は外国語での会話を聞く機会があります。また、髪色や髪型、ファッションといった面でも様々な人がいて、多様性を感じます。さらに、早稲田大学はサークルが多数あるため、自分に合ったサークルを探すことができます。サークルでは普段関わる機会のない他学部の学生と交流できます。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2020年1月
  • 大学:早稲田大学 教育学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

学校自体に活気がある

早稲田大学は、勉強面はもちろん部活動などでも有名なので、学校自体に活気があります。早慶戦や学祭などは学校をあげて盛り上がりますが、普段の昼休みも大隈銅像の前で他校の応援団が来て応援合戦をやっていたり、チアの発表があったりとちょこちょこイベントがあります。早慶戦といえば野球というイメージが強いですが、基本的にどの競技でも早慶戦をやっているので、6月から7月にかけては「どの早慶戦を見に行けるかな!」という感じでワクワクします!

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2019年12月
  • 大学:早稲田大学 教育学部 社会科 社会科学専修
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

大学生活を思いっきり楽しめる

早稲田大学の早稲田キャンパスの周りは完全に学生街となっています。高田馬場~早稲田周辺には、安くて満腹になれる飲食店が軒を連ね、学生のお腹を満たしてくれます。また、居酒屋なども数多くあり、学生街ならではの低価格で大学の仲間たちとお酒を楽しむことができます。サークル活動が盛んなことも、早稲田の魅力です。1年生から4年生まで同じキャンパスで過ごすため、多くの学生が4年間、自らの好きなことを行えるサークル活動に勤しんでいます。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2019年7月
  • 大学:早稲田大学 教育学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★☆☆(ふつう)

変わった講義が多い

大学に入る前は好きな講義を取れるだけで、中身は高校の授業を少し自由にしただけだと思っていましたが、実際は全然違いました。講義になるとは予想できないような講義がたくさんあります。例えばオカルト文化を学ぶ講義や、週刊少年ジャンプや少女マンガを取り扱った講義、着物の着付けを学ぶ講義など、本当に様々な講義があります。大学生は単位を稼ぐためにテキトーな講義を選択する傾向がありますが、この大学では時間割が許す限り自分の興味のある分野を楽しみながら深めることができ、生徒の意欲を上げていると思います。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2019年6月
  • 大学:早稲田大学 教育学部 複合文化学科
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

生徒が多く、コミュニティが広がる

「オープン科目」と呼ばれるどの学部の人でも取れる授業が用意されており、その授業を通じて交友関係を広げる事が出来たことが私の大学生活において最も有益であったと思います。私見ですが、政治経済学部には大学内でも特に優秀な学生が多く、卒業後海外の院へ進学したり企業する人も多いです。そういった人と今現在でもSNSを通じて繋がっているので、近況を知る事は日々の励みになりますし、自分自身へも新しい可能性を感じさせてくれます。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2019年3月
  • 大学:早稲田大学 教育学部 英語英文学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

サークルの種類が非常に多い

早稲田大学は学問のレベルが高いことで有名ですが、学問のみならずサークルの数も非常に多いです。そのため、自分の趣味にあったサークルをほぼ必ず見つけることができ、充実したキャンパスライフ送ることができます。スポーツで全国大会に出場する人もいれば、ヨーロッパ公演など数々の演奏会を行っているオーケストラなど様々です。さらに、早稲田大学には沢山の留学生がいるため、留学生との交流ができるサークルもあり、多国籍な友人関係を築くことができます。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2019年3月
  • 大学:早稲田大学 教育学部
  • 状況:大学卒業後、1年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

知名度が高い

なんといってもやはり早稲田大学は知名度が高いです。映画館で学割のために学生証を見せるのですが、その時の店員さんの羨望の眼差しがとても気持ちいいです。また、合コンでのウケがとてもいいです。早稲田大学です、というと女性陣が歓喜の声とともに自分を狙った野獣のような眼光を見せます。さらに、日本中の人が、老若男女問わず早稲田大学をレベルの高い大学と認知しているため、大学はどこ?、と聞かれても堂々と答えることができます。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2018年11月
  • 大学:早稲田大学 教育学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

様々なタイプの学生がいる

一人ひとりの学生が持つ個性から形成される大学の雰囲気がとても好きで、満足しています。真面目系・やんちゃ系・体育会系・バンカラ系などなど様々なタイプの学生が混在している中で、それぞれが自分に自信を持って人生を謳歌している一方、自分とは違うタイプに属する学生を馬鹿にすることなく、受け入れるような空気が大学全体にあるように思います。他人に合わせることはせず、しかしそれを拒絶することもない雰囲気の中で、のびのびと学生生活を送れることに満足しています。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2018年11月
  • 大学:早稲田大学 教育学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

様々な活動ができる

早稲田大学ではまず、高水準の教育が受けられます。授業を受け持つ教授の方々は、各分野で第一線に立たれている方々です。教材は教授自ら執筆なさった著書で、学生の理解のために授業時間外にも支援してくれます。また、学術セミナーや後援会、学会が頻繁に開催され、他大学の教授や国内外の政治家、著名人などのゲストスピーカーによる講義が聴けます。さらに、図書館は各キャンパスに必ず1つは設置されており、加えて学部ごとにも図書室が設けられています。蔵書の数は東京大学に匹敵するほどであり、専門的な学術書を整った学習環境で閲覧することができます。 また、早稲田大学では課外活動が非常に盛んです。サークルは1000以上存在し、体育会にはオリンピック選手も在籍し多くの好成績を残しております。ボランティア活動や留学制度も充実し、意欲さえあればやりたいことが無限にできる大学だと言えます。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2018年7月
  • 大学:早稲田大学 教育学部社会科
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

サークル

理由は2つあります。まず、数が非常に多いところです。自分の趣味や嗜好にあった内容、雰囲気のサークルが必ずどこかにあると思います。そのため、掛け持ちも頻繁にでき、交友の輪が広がりやすい点が魅力だと思います。次に、自分でサークルを立ち上げやすい風土があることです。サークルの数が多いため、毎日のようにサークルが新規に立ち上げられています。よって、自分自身がサークル立ち上げることが容易ともいえます。新しいことを始めやすいです。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2018年6月
  • 大学:早稲田大学 教育学部 教育心理学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

サークル

僕が入っているのは音楽系のサークルなんですが、とにかく楽しいです!なんといっても人数の多さが半端じゃないです。学年、学部を問わずに多勢の人が集まり、みんなでワイワイ活動していくのがとても楽しいです。楽器をやるのは初めてなのでまだまだ分からないことも多いのですが、先輩や経験者の友達が丁寧に教えてくれるので順調に上達しています。早稲田大学にはサークルが山ほどあるのできっとどんな人でも自分に合ったサークルを見つけることができると思います。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2018年6月
  • 大学:早稲田大学 教育学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学2年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

キャンパスの環境

中心である早稲田キャンパスには、会津八一記念博物館と演劇博物館という二つの博物館があり、貴重な作品や史料を見ることができます。さらに、多くの蔵書を誇る中央図書館が併設されているのに加え、各学部に学生読書室という小図書館が設置されており、手軽に書物にアクセスしたり勉強したりすることが可能です。また、コンピュータールームが充実しており、たとえ利用者が多くても、絶対にどこかに空きがあります。文学部などのある戸山キャンパスへのアクセスも徒歩10分程度と便利です。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2018年6月

Q.早稲田大学 教育学部に通ってみて、不満に感じている点を教えてください。

  • 大学:早稲田大学 教育学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学2年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

施設設備が学部間で異なる

看板学部の政治経済学部は美術館かというレベルで外観も中身も綺麗です。しかし私の所属する教育学部は、ここ私立大学だよねと言ってしまいたくなるような建物の古さと汚さに加え、机やいすなどの勉強に必要な設備が、他の学部に比べて圧倒的に劣っています。少し前までは教育学部の一階のラウンジは他学部に比べて簡易的な机にプラスチックの椅子しかなかったので、「海の家」と呼ばれていました。同じように学費を払っているのにこうも扱いが違うのかと悲しくなります。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2020年3月
  • 大学:早稲田大学 教育学部 国語国文学科
  • 状況:大学卒業後、1年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

学食が遠く、人が多い

大学生になったばかりのとき、学食に行くのを楽しみにしていたのですが、私がいた教育学部の建物は学食からわりと離れたところにあるため、授業が終わって学食に着くころには人がいっぱいで座れないことが多かったです。また、昼休みは50分なのに対し、学食まで往復するのと並ぶんで席を取るのに時間を取られてしまって10分~15分くらいで急いで食べなければならなかったので、途中からはコンビニで買ったり、キャンパス外で食べることが多かったです。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2020年2月
  • 大学:早稲田大学 教育学部 教育学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

学部によって建物のレベルが異なる

早稲田大学の建物は基本的にとても綺麗です。しかし、教育学部の建物である16号館はとても古く、数十年変わっていないということを聞きました。さらに、他の学部の建物には必ずついているエスカレーターがありません。エレベーターは二つあるのですが、上の階に行くときしか利用できないうえに、授業開始前はとても混み合います。利用する人が多すぎて数回待たなければならないことがあり、数分遅刻してしまうこともあります。さらに、狭い階段を多くの人が利用するため、階段も混み合います。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2020年1月
  • 大学:早稲田大学 教育学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

教育学部の棟が古い

教育学部の棟は、早稲田駅を利用している人からすると一番遠い位置にあります。授業に遅れそうな時や、学食に行く時などは不便です。唯一誇れるのは、中央図書館からは一番近いということですかね。他には、トイレが一個しかないフロアがあり、急いでいる時にとても焦るという点や、エスカレーターがないという点があります。教育学部の棟にしかいなければ何とも思わないかもしれませんが、たまに違う学部の棟に行った時に「この違いは何だ??」となります。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2019年12月
  • 大学:早稲田大学 教育学部 社会科 社会科学専修
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

大学の人が多すぎる

毎年1万人の新入生が入学してくる早稲田大学には「中退一流、留年二流、4年卒業三流」という言葉があり、実際に3人に1人の割合で留年する学生がいます。そのため、在籍している学生の数がとても多く、テスト期間や入学シーズンになるとディズニーランドのように人が溢れかえってしまいます。また、写生が趣味の老人会の人たちの写生スポットにもなっているらしく、構内のベンチなどにはお年寄りが座って絵を描いており、邪魔だなあと迷惑することがあります。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2019年7月
  • 大学:早稲田大学 教育学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★☆☆(ふつう)

受講人数が多過ぎる

日本のほぼ全ての人が知っていると思いますが、早稲田大学は本当に生徒が多い学校です。そのために、各講義で受講人数が多くなることは必然です。大教室では何百人もの生徒が集まります。単位を取るためだけに講義を選択した人にはどうでも良いかもしれませんが、真面目に授業を受けたいと思っている人にはとても困ることがあります。それは人の話し声です。大教室なので教授が生徒を注意することもありません。注意したとしてもその一瞬静かになるだけですぐにまた話し始めます。後ろの方に座っている大勢の生徒がお喋りをすることで前の席に座っている人にまで声が響き、授業が聞き取れないことがあります。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2019年6月
  • 大学:早稲田大学 教育学部 複合文化学科
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

教育学部が遠い

私の所属する教育学部は、キャンパスの中でも最も駅から遠く、またエレベーターもエスカレーターもない古い建物です。エレベーターも二台しかなく、小さいので授業前は大変混雑します。ゼミの教室が10階にあるので、乗らないときは肉体的疲労がすごかったです。大学のパンフレットを見ると各学部の学校維持費の一覧が載っているのですが、綺麗な校舎を使う他学部と金額の差がなく不公平に感じました。大学内では「チベット」と呼ばれ、バカにされていてそこも嫌でした。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2019年3月
  • 大学:早稲田大学 教育学部 英語英文学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

手入れの行き届いていない施設が多い

大学内には沢山の施設が建てられており、改修工事が行われて非常にキレイな校舎もあるのですが、全く工事が行われていない建物も存在し、中学校の校舎並みにボロいものもあります。さらに酷いのは、大学にもかかわらずWi-Fiが繋がらない建物もあり、ノートパソコンなどを使ってレポート作業をする大学生にとってみれば、この様なことは非常に不便であり、不満を感じています。この様なことは、大学のパンフレットからはわからないことが多いので、実際に通ってみて失望することがあります。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2019年3月
  • 大学:早稲田大学 教育学部
  • 状況:大学卒業後、1年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

キャンパスが狭い

大学は他の大学と比べても狭い部類に入ると思います。だから、大学構内での部活動やサークルを行うことはできず、電車なのでどこかにいって活動するというかたちになります。そのため、実家通いの人はあまり時間をとれず、また、交通費も多めにかかってしまうことになります。さらに、私の所属している教育学部は早稲田大学屈指のオンボロ校舎であり、立地もキャンパスの僻地にあるため、とても不便です。他の校舎と異なり教室にコンセントがなく、充電もできません。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2018年11月
  • 大学:早稲田大学 教育学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

キャンパスでの移動に苦労する

キャンパスが大きすぎる上に生徒数が多すぎて、キャンパス内や周辺道路がたいへん混みあうため、移動がとても大変です。例えば、早稲田キャンパス(通称:本キャン)から戸山キャンパス(通称:文キャン)まで移動するには、約10~15分かかります。授業と授業の間の休み時間が15分しかないため、移動したらすぐに授業が始まってしまいます。のんびり歩いているとトイレに行ったり、飲み物を買ったりするためにコンビニに寄る時間がないため、常に早歩きで移動しています。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2018年11月
  • 大学:早稲田大学 教育学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

高額な学費

早稲田大学は私立の大学であるため、学費が高額になってしまいます。理系学部は特にその傾向があり、1年で200万に及ぶ学部も存在します。大学院に進学ともなれば、さらに200万から600万ほどの学費がかかってしまいます。 ただ、早稲田大学は奨学金制度が非常に充実しており、返済の必要がない給付の奨学金40万から100万円ほどが数種類存在します。奨学金は、金銭的に困窮している学生だけでなく、成績が優秀な学生、地方からの学生などにも受ける機会が設けられています。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2018年7月
  • 大学:早稲田大学 教育学部社会科
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

授業

理由は2つです。まず、大人数向け授業が多いことです。教授が一方的に教科書に沿って喋り続けるだけの講義が多いです。講義に出る時間で自身で学んだ方がより多くのことを学べるという点が残念といえます。次に、必修科目が取りにくいことです。学生数が多いため、必修科目が人気科目の場合、履修が抽選になる場合もあります。よって、取りたい科目が取れないという事態が頻繁に発生します。最悪の場合、再履修や留年につながる恐れもあります。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2018年6月
  • 大学:早稲田大学 教育学部 教育心理学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

キャンパスの環境

僕は教育学部なんですけど、この教育学部の棟である16号館という場所は非常に不便です。他の学部の棟にはエスカレーターが完備されているのに16号館にはエスカレーターがなく、ちょっと狭いエレベーター2つしかないというのは不便で、学部差別を受けているのかな、と思ってしまうほどです。16号館が全体的にボロいのも不満の一つです。エアコンもなんかぬるいカビた風しか出て来なかったり、教室のマイクが壊れていたり…とにかく改善してもらいたいです。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2018年6月
  • 大学:早稲田大学 教育学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学2年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

授業

確かに他学部の授業までも取ることができるなど多種多様で、非常に質の高い授業が存在しています。しかし一方で、高額の授業料に見合わないような残念な授業も多く見られます。そういった授業は取らなければいいのではないかと考える人もいるかもしれませんが、基本的に科目登録は抽選であり、人気のある授業は船外になる可能性も高いです。その結果として、つまらない余り物の授業を取らざるを得ないということが十分にあり得ます。場合によっては、必修科目がつまらない授業であることもあります。そのためにも、マイルストーンであらかじめ各授業の評判を確かめておくことは不可欠です。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2018年6月


Q.おすすめ学部は?

  • 大学:早稲田大学 教育学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学2年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

国際教養学部

国際教養学部は全ての授業が英語で行われるというとてもハードなものです。しかし、授業で取り扱う事柄は政治や経済、社会学や文学といった文系科目から、天文学、数学、物理学といった理系科目まであります。それらの内容を外国人の教授から英語で詳しく教えてもらうことが出来ます。また、留学が必修化しているため、留学体制やサポートが非常に手厚いです。外国語に興味がある方や、しっかりとした留学をしたい方におすすめです。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2020年3月
  • 大学:早稲田大学 教育学部 国語国文学科
  • 状況:大学卒業後、1年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

政治経済学部

政治経済学部はなによりも建物がきれいで、教室の机にも電源があるなど設備も充実しているように感じました。ミーティングルームなども大小あって、グループでの作業や会議などもやりやすそうでした。また、ラウンジも広くてコンビニも併設されているので、お昼を食べながら授業の準備をしたりパソコンをいじったりしている人も多く見かけました。大学内でも偏差値が高めな学部なので、勉強のための設備は整っていると思います。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2020年2月
  • 大学:早稲田大学 教育学部 教育学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

人間科学部

人間科学部では様々なことが学べます。具体的には人間環境学科、健康福祉学科、人間情報学科があります。人間環境学科では文化や心理学など、健康福祉学科では健康科学など、人間情報学科では情報科学などが学べます。また、一つの学科の中でも様々なことが学べます。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2020年1月
  • 大学:早稲田大学 教育学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

教育学部

教育学部をおすすめする理由は、他の学部に比べると合格しやすく、かつ入学してからも専門的な勉強ができるからです。入試の問題自体にくせがなく、基礎がしっかり身についている人なら、対策をしなくても合格できる可能性が高いです。教職を取るか取らないかは自由なので、教員を目指していない人が進学しても、自分のやりたいことがはっきりしていれば満足できると思います。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2019年12月
  • 大学:早稲田大学 教育学部 社会科 社会科学専修
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

教育学部

教育を志している学生はもちろん、そうでない学生でも、かなり多くの学科があるため、自らが興味をもって学んでいける学問を見つけられるからです。大学入学後に、自分の学生生活をかけて学ぶ学問を見つけられる体制が整っていることは、大きな魅力です。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2019年7月
  • 大学:早稲田大学 教育学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★☆☆(ふつう)

文化構想学部

もし受験時に大学のことをちゃんと調べて第一志望として受験するなら文化構想学部だと思います。文化構想学部の講義は本当に様々な分野があり、非常に興味深いものばかりです。そのため、まだ何をしたいか決めていないという人にはもってこいの学部だと思いました。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2019年6月
  • 大学:早稲田大学 教育学部 複合文化学科
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

政治経済学部

私立文系大学のトップと呼ばれる学部なので、どこへ就職するにも有利だと思います。教授陣も優秀、有名な方が多いです。また、キャンパスが新しく綺麗という点でも私にとって魅力的なポイントのひとつです。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2019年3月
  • 大学:早稲田大学 教育学部 英語英文学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

教育学部

教育学部と聞くと必ず教員免許をとって教職に就かなければならないのかと感じる人も多いと思いますが、早稲田大学の教育学部は強制的に教員免許をとる必要はなく、また様々な学科に分かれており、自分の興味や価値観にあった学科に進めることができます。特に、教育学部の授業は殆どが30人程度の少人数授業であるため、学科または学部内での友人をつくることも他学部に比べて容易であると思っています。その上、前述のように教育学部には沢山の学科があるため、自分とは違う分野を専門に勉強している学生と触れ合う機会もあり、良い刺激をもらえます。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2019年3月
  • 大学:早稲田大学 教育学部
  • 状況:大学卒業後、1年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

法学部

まず、テストが少ないのがとても羨ましいです。法学部以外の学部は基本的に全ての授業で一学期間に中間テスト、期末テストと二回のテストがあるのですが、法学部は語学などの授業を除いて基本的に期末テストの一回しかありません。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2018年11月
  • 大学:早稲田大学 教育学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

文化構想学部

開講している講義が、他学部からも受講する生徒が押し寄せるほど魅力的です。特にメディア関係の授業は全国的に見ても充実しており、現役の広告代理店や出版社、テレビ局の社員が講師として招かれるので、マスコミ志望者にとってはたまりません。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2018年11月
  • 大学:早稲田大学 教育学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

政治経済学部

早稲田大学の政治経済学部には、東京大学、一橋大学などからの学生が授業を聞きに来ることがしばしばあります。それは、他大学に足を運んでまでその知識を享受したいと思う教授の授業があるからに他なりません。むろん他学部や他学科でもこのような傾向は見られますが、政治経済の分野では特に、早稲田大学の学術水準は高いと思われます。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2018年7月
  • 大学:早稲田大学 教育学部社会科
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

政治経済学部

まず、知名度が高いです。学外でもわかる知名度の高さは、就職活動含めて人から信頼されるきっかけになると思います。また優秀な学生が多いことも魅力です。東大落ちが多く、知能レベルや教養の深さな学内随一です。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2018年6月
  • 大学:早稲田大学 教育学部 教育心理学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

政治経済学部

やはり早稲田大学の顔といえば政治経済学部です。偏差値も早稲田で一番高く学内でも一目置かれることは間違いなしです。キャンパスも早稲田1おしゃれで過ごしやすい環境だと思います。正直言って羨ましいです。なので周りの人から羨望の眼差しで見られたい願望のある方には強く政治経済学部をお勧めしたいです。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2018年6月
  • 大学:早稲田大学 教育学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学2年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

政治経済学部

政治経済学部といえば早稲田大学の顔であり、予備校のつける偏差値ランキングの中でも学内トップに位置します。そうしたことから早稲田キャンパス内でのカーストは最上位に位置し、他学部生からも一目置かれる様子をよく見ます。もちろんそれ以外にも、他の学部と比べても最新設備の整った学部棟を有していて非常に環境が良く、学生の本分である学業に身が入れやすいです。マスコミ関係や金融など、就職にも強い学部であると感じます。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2018年6月



Q.早稲田大学 教育学部に通って良かった?

  • 大学:早稲田大学 教育学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学2年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

早稲田大学 教育学部に通って良かった

サークルで尊敬できる友人に出会えたからです。その友人といると自分ももっと頑張らなければとモチベーションが上がり、多方面の事柄に集中して結果が出せるようになりました。常に切磋琢磨できる環境にありとても充実しています。また、授業の時間割も他大学に比べると忙しすぎず、サークルやアルバイト、遊びといった自分の時間をしっかりと確保することが出来ます。そのためにボランティアといったような様々な事柄に挑戦することが出来ました。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2020年3月
  • 大学:早稲田大学 教育学部 国語国文学科
  • 状況:大学卒業後、1年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

早稲田大学 教育学部に通って良かった

時間割もそこまで忙しくなく、サークルやアルバイトにも時間を割くことができたのでよかったです。勉強面でも、日本文学を学びたいと願っていたことがちゃんと実現できました。キャンパスには人がたくさんいるので、留学生と仲良くなるチャンスもたくさんあって色んな人や文化と触れ合うことができたのも魅力的だったなと思います。大学が大きい分、図書館や学生課などの設備やサポートも充実していて、学生生活で困ることはあまりありませんでした。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2020年2月
  • 大学:早稲田大学 教育学部 教育学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

早稲田大学 教育学部に通って良かったと強く思う

自分が学びたいことが思う存分学べるからです。自分が進学した学部では一年生でも専門的な知識が学べます。また、それ以外にも本人の意志で他学部や他学科の授業を受けることもできます。それでも違う学部にいた方が自分の学びたいことが学びやすいと思ったら、他学部に編入するための試験を受けることもできます。さらに、是枝裕和など有名人が行う授業もあります。これは他の大学ではなかなか体験できないことだと思います。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2020年1月
  • 大学:早稲田大学 教育学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

早稲田大学 教育学部に通って良かったと強く思う

とにかくOB、OGの方がたくさんいます。どこに行っても「早稲田大学に通っています」と言うと「私の知り合いの〇〇さんも早稲田だよー」とか、「私の同僚も早稲田だよー」と言われます。それだけで会話のきっかけができたりして、たくさんの人と話すことができます。私は運動部に所属しているのですが、OB、OGの方が試合の時にたくさん来て下さいます。社会人の方から70代の方までいらっしゃって、そのような方々とお話できるのはとてもいい経験になります。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2019年12月
  • 大学:早稲田大学 教育学部 社会科 社会科学専修
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

早稲田大学 教育学部に通って良かったと強く思う

他の大学に行った友人よりも、勉強も遊びも充実した学生生活を送ることができたと感じているからです。自らの好きなことに集中して打ち込めるサークル活動。豊富な選択肢から選ぶことのできる授業。恩師とも呼べる教授と出会い、仲間と真剣に学問を行うことができるゼミ活動。どれをとっても非の打ち所がないです。また、卒業後も愛校心を持っている卒業生が多いため、多くの企業では学閥というものが存在し、社会人になっても早稲田大学の繋がりに感謝する機会があるためです。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2019年7月
  • 大学:早稲田大学 教育学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★☆☆(ふつう)

早稲田大学 教育学部に通って良かったかどちらとも言えない

早稲田大学といえば、ネームバリューがあり就職に多少は有利だとされています。私は早稲田大学と上智大学を受験し両方合格しましたが、ネームバリューを取って早稲田大学に入学しました。早稲田大学の強みはまずそれと言って良いでしょう。しかし早稲田大学の生徒は、その多くがサークルに参加したくさん遊んで大学生らしい生活をしています。しかし私はサークルの雰囲気に馴染めず、結局サークルに参加せず大学生らしいことはあまりせずに生活しています。早稲田大学の生徒はチャラい、酒癖が悪いなど様々な悪い噂がある中で、私のようなその噂に何も関係のない人が巻き込まれ、非難されるのは非常に迷惑だと思います。早稲田大学に入学した宿命だと思っていますが、やはりあまり良い気はしません。入学しなければ良かったとは思いませんが、入学して良かったとも思いません。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2019年6月
  • 大学:早稲田大学 教育学部 複合文化学科
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

早稲田大学 教育学部に通って良かったと強く思う

日本で二番目に学生数が多い大学だけあって、いろんな人に出会える、そしていろんな授業を受ける事が出来たのが大きな魅力です。有名大学と言われるだけあって皆目標を持って聡明で自信があって行動力がある学生が周囲の友人と比較して多い気がします。また、今海外にいるのですが、海外にも稲門会があり大学OB、OGの人と出会う事ができ、改めて早稲田にはいって良かったと感じています。知識も勿論ですが、人脈という点で早稲田に入って良かったと思います。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2019年3月
  • 大学:早稲田大学 教育学部 英語英文学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

早稲田大学 教育学部に通って良かったと強く思う

前述の通り、小さな不満は多少はありますが、トータルしてみると大学生活が非常に充実しており、満足しています。しっかり授業を受けていれば自分のためになることもありますし、何よりも人間関係がいいです。特に、サークルで共に練習などをしあった友人は、一生の関係になると思います。また、バイトをする時間も十分あるので、自分の人生においてとても良い経験になります。勉学、サークル、バイトなど様々なことに全力で打ち込める、そのような大学でとても良いと思います。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2019年3月
  • 大学:早稲田大学 教育学部
  • 状況:大学卒業後、1年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

早稲田大学 教育学部に通って良かったと強く思う

早稲田大学は前に述べたこと以外にも、あらゆることに恵まれています。学業、スポーツはもちろんのこと、就職活動なども強いです。特にわたしは毎年早慶戦や早明戦の応援にいくのですが、学生だけでなくOBとも一体となって応援するのはとても熱くなり、楽しいです。ただし、熱中症には注意が必要です笑。早稲田大学では、高校生が夢みていることのほとんどは実現させることができる大学です。まだみんながやったことのないことをやろうと、挑戦している人もいます。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2018年11月
  • 大学:早稲田大学 教育学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

早稲田大学 教育学部に通って良かったと強く思う

他のどの大学よりも刺激が多く、自分自身に正直でいられる大学だと思うからです。学生一人一人が自分のやりたいことを素直に行っているため、いい意味で「人の目を意識しないで済む環境」だと思います。高校時代までが人の目を気にしなければいけなく、とても窮屈に感じていたため、早稲田では生き生きと過ごせて幸せです。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2018年11月
  • 大学:早稲田大学 教育学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

早稲田大学 教育学部に通って良かったと強く思う

早稲田大学は、様々な活動ができる、質と水準の高い学習ができる、進路・就職先が充実しているなど多くの特色があります。しかし、そうした大学そのもののよさと同時に、大学に通う学生との交流から多く得るものがあると感じます。早稲田大学には何千人もの国内外の学生が在籍し、多民族国家であるアメリカ合衆国になぞらえて、人種のるつぼとも言われています。価値観やバックボーンの異なる人々との交流は、自らの人格の陶冶、他者の視座の獲得に非常に重要な影響をもたらします。私自身も、大学に入学してから価値観が変わったり、視野が広くなったりする経験をしました。このような机上の学習に留まらない「学び」が得られることが、最もこの大学に入ってよかったと思う点です。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2018年7月
  • 大学:早稲田大学 教育学部社会科
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

早稲田大学 教育学部に通って良かったと強く思う

2点あります。まず、刺激を受ける環境にあることです。学生数の多さ、バックグラウンドが多様な人間の多さは日本にある大学でも随一ではないでしょうか。さまざまな方と触れ合う機会がありますので、その機会を生かせればモラトリアムとして抜群に良い経験を得られると考えます。次に、就職のしやすさです。何だかんだで学歴主義の残る日本では、大学名だけで採用してくれる会社が多いです。就職活動でも殆どの学生が多くの会社で面接選考まで辿り着けます。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2018年6月
  • 大学:早稲田大学 教育学部 教育心理学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

早稲田大学 教育学部に通って良かった

まだ分からないことも多いので、通って本当に良かったとは言い切れませんが、だいたいの所は満足しています。ネームバリューもあり、校風も自由でやる気次第ではなんでもできると思わせてくれるような素晴らしい環境で毎日が非常に楽しいです。大学生活の中で本当に自分がやりたいことを探したいのなら、迷わずに早稲田大学をお勧めできます。まだまだ始まったばかりの大学生活、自分がこの先どうなるかの期待で非常にワクワクしています。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2018年6月
  • 大学:早稲田大学 教育学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学2年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

早稲田大学 教育学部に通って良かった

何と言っても有名大学ということで、有名な講師の授業を取れたり、芸能人も呼んだ規模の大きな学祭を行えるなど活気にあふれているというのは大きなメリットです。しかし、私が個人的に最も気に入っているのは、上野にある東京国立博物館、国立美術館、国立科学博物館に、学生証を提示すれば無料で常設展を見学することができることです(特別展も割引が受けられる)。これは、早稲田大学が国立科学博物館大学パートナーシップ、東京国立博物館および国立美術館のキャンパスメンバーズに加入しているためですが、単に文化体験という意味だけでなく、大学生ではなかなかそこまでお金が回らないという問題も解決してくれています。非常にありがたいです。

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】
公開日:2018年6月

早稲田大学 教育学部について

  • 名称:早稲田大学 教育学部
  • 法人名:学校法人早稲田大学
  • キャンパス:早稲田キャンパス
  • アクセス:地下鉄東西線早稲田駅下車、またはJR・西武新宿線高田馬場駅下車、地下鉄副都心線西早稲田駅下車、いずれも徒歩。高田馬場駅前から大学まで都バス(学バス)の便がある
  • 所在地:〒169-0051 東京都新宿区西早稲田1-6-1
  • 公式HP:https://www.waseda.jp/fedu/edu/

早稲田大学 教育学部の口コミ・評判一覧

早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】

  • 大学:早稲田大学 教育学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学2年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

志望理由

早稲田大学ではグローバルエデュケーションセンターという特別な機関があり、その機関の授業は全学部の学生が受講出来ます。グローバルエデュケーションセンターでは、単位が取得で…続きを読む

学んでいること

私は教育学部に所属しているため、人はどのように学習していくのか、どのような教授方法が効果的なのかといった教育心理学など教育学に関する事柄を学んでいます。また日本文学につ…続きを読む

満足している点

学生数が多いです。とにかく学生数が多いため、自分と趣味や嗜好などが似ている人や、自分とは全く異なった考えを持つ人まで様々な人々に出会うことが出来ます。また3000以上のサークルがあります…続きを読む

不満に感じている点

施設設備が学部間で異なるです。看板学部の政治経済学部は美術館かというレベルで外観も中身も綺麗です。しかし私の所属する教育学部は、ここ私立大学だよねと言ってしまいたくなるような建物の古さと汚さに加え、…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】

  • 大学:早稲田大学 教育学部 国語国文学科
  • 状況:大学卒業後、1年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

志望理由

私はもともと国語が1番得意で、漠然と大学でも国文学を学びたいと思っていたので文学部を中心に大学を調べていました。しかし、文学部だと入学して1、2年は英文学や仏文学など外…続きを読む

学んでいること

古代・上代から現代まで、幅広い時代の文学や当時の文化を中心に学びました。古文や漢文もありましたが、文法や現代語訳をするというよりも、文章の内容に注目してその時代の情勢や…続きを読む

満足している点

図書館が充実しているです。1番大きい中央図書館をはじめ、各学部にも「〇〇学部学生読書室」という図書館があり、図書館自体の数も多いので本の数はとても充実しています。研究書庫には古い時代の本や資料な…続きを読む

不満に感じている点

学食が遠く、人が多いです。大学生になったばかりのとき、学食に行くのを楽しみにしていたのですが、私がいた教育学部の建物は学食からわりと離れたところにあるため、授業が終わって学食に着くころには人がい…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】

  • 大学:早稲田大学 教育学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

志望理由

小さい頃から英語を習っていて、英語が大好きだったからです。もともと早稲田大学の国際教養学部が第一志望で、英語を学ぶのなく、英語で学ぶ学部に行きたいと思っていました。しか…続きを読む

学んでいること

必修科目として、英語でのプレゼンを学ぶ授業、米文学史、ライティングを学ぶ授業、そして第二外国語があります。第二外国語はスペイン語、ドイツ語、フランス語、中国語、朝鮮語が…続きを読む

満足している点

学校自体に活気があるです。早稲田大学は、勉強面はもちろん部活動などでも有名なので、学校自体に活気があります。早慶戦や学祭などは学校をあげて盛り上がりますが、普段の昼休みも大隈銅像の前で他校の応援…続きを読む

不満に感じている点

教育学部の棟が古いです。教育学部の棟は、早稲田駅を利用している人からすると一番遠い位置にあります。授業に遅れそうな時や、学食に行く時などは不便です。唯一誇れるのは、中央図書館からは一番近いとい…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】

  • 大学:早稲田大学 教育学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学2年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

満足している点

キャンパスの環境です。中心である早稲田キャンパスには、会津八一記念博物館と演劇博物館という二つの博物館があり、貴重な作品や史料を見ることができます。さらに、多くの蔵書を誇る中央図書館が併設さ…続きを読む

不満に感じている点

授業です。確かに他学部の授業までも取ることができるなど多種多様で、非常に質の高い授業が存在しています。しかし一方で、高額の授業料に見合わないような残念な授業も多く見られます。そう…続きを読む

おすすめ学部:政治経済学部

政治経済学部といえば早稲田大学の顔であり、予備校のつける偏差値ランキングの中でも学内トップに位置します。そうしたことから早稲田キャンパス内でのカーストは最上位に位置し、…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】

  • 大学:早稲田大学 教育学部 教育心理学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

満足している点

サークルです。僕が入っているのは音楽系のサークルなんですが、とにかく楽しいです!なんといっても人数の多さが半端じゃないです。学年、学部を問わずに多勢の人が集まり、みんなでワイワイ活動…続きを読む

不満に感じている点

キャンパスの環境です。僕は教育学部なんですけど、この教育学部の棟である16号館という場所は非常に不便です。他の学部の棟にはエスカレーターが完備されているのに16号館にはエスカレーターがなく、…続きを読む

おすすめ学部:政治経済学部

やはり早稲田大学の顔といえば政治経済学部です。偏差値も早稲田で一番高く学内でも一目置かれることは間違いなしです。キャンパスも早稲田1おしゃれで過ごしやすい環境だと思いま…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】

  • 大学:早稲田大学 教育学部社会科
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

満足している点

サークルです。理由は2つあります。まず、数が非常に多いところです。自分の趣味や嗜好にあった内容、雰囲気のサークルが必ずどこかにあると思います。そのため、掛け持ちも頻繁にでき、交友の輪…続きを読む

不満に感じている点

授業です。理由は2つです。まず、大人数向け授業が多いことです。教授が一方的に教科書に沿って喋り続けるだけの講義が多いです。講義に出る時間で自身で学んだ方がより多くのことを学べると…続きを読む

おすすめ学部:政治経済学部

まず、知名度が高いです。学外でもわかる知名度の高さは、就職活動含めて人から信頼されるきっかけになると思います。また優秀な学生が多いことも魅力です。東大落ちが多く、知能レ…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】

  • 大学:早稲田大学 教育学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

満足している点

様々な活動ができるです。早稲田大学ではまず、高水準の教育が受けられます。授業を受け持つ教授の方々は、各分野で第一線に立たれている方々です。教材は教授自ら執筆なさった著書で、学生の理解のために授…続きを読む

不満に感じている点

高額な学費です。早稲田大学は私立の大学であるため、学費が高額になってしまいます。理系学部は特にその傾向があり、1年で200万に及ぶ学部も存在します。大学院に進学ともなれば、さらに200…続きを読む

おすすめ学部:政治経済学部

早稲田大学の政治経済学部には、東京大学、一橋大学などからの学生が授業を聞きに来ることがしばしばあります。それは、他大学に足を運んでまでその知識を享受したいと思う教授の授…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】

  • 大学:早稲田大学 教育学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

満足している点

様々なタイプの学生がいるです。一人ひとりの学生が持つ個性から形成される大学の雰囲気がとても好きで、満足しています。真面目系・やんちゃ系・体育会系・バンカラ系などなど様々なタイプの学生が混在している中…続きを読む

不満に感じている点

キャンパスでの移動に苦労するです。キャンパスが大きすぎる上に生徒数が多すぎて、キャンパス内や周辺道路がたいへん混みあうため、移動がとても大変です。例えば、早稲田キャンパス(通称:本キャン)から戸山キャン…続きを読む

おすすめ学部:文化構想学部

開講している講義が、他学部からも受講する生徒が押し寄せるほど魅力的です。特にメディア関係の授業は全国的に見ても充実しており、現役の広告代理店や出版社、テレビ局の社員が講…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】

  • 大学:早稲田大学 教育学部
  • 状況:大学卒業後、1年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

満足している点

知名度が高いです。なんといってもやはり早稲田大学は知名度が高いです。映画館で学割のために学生証を見せるのですが、その時の店員さんの羨望の眼差しがとても気持ちいいです。また、合コンでのウケ…続きを読む

不満に感じている点

キャンパスが狭いです。大学は他の大学と比べても狭い部類に入ると思います。だから、大学構内での部活動やサークルを行うことはできず、電車なのでどこかにいって活動するというかたちになります。そのた…続きを読む

おすすめ学部:法学部

まず、テストが少ないのがとても羨ましいです。法学部以外の学部は基本的に全ての授業で一学期間に中間テスト、期末テストと二回のテストがあるのですが、法学部は語学などの授業を…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】

  • 大学:早稲田大学 教育学部 英語英文学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

満足している点

サークルの種類が非常に多いです。早稲田大学は学問のレベルが高いことで有名ですが、学問のみならずサークルの数も非常に多いです。そのため、自分の趣味にあったサークルをほぼ必ず見つけることができ、充実したキ…続きを読む

不満に感じている点

手入れの行き届いていない施設が多いです。大学内には沢山の施設が建てられており、改修工事が行われて非常にキレイな校舎もあるのですが、全く工事が行われていない建物も存在し、中学校の校舎並みにボロいものもあります。…続きを読む

おすすめ学部:教育学部

教育学部と聞くと必ず教員免許をとって教職に就かなければならないのかと感じる人も多いと思いますが、早稲田大学の教育学部は強制的に教員免許をとる必要はなく、また様々な学科に…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】

  • 大学:早稲田大学 教育学部 複合文化学科
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

満足している点

生徒が多く、コミュニティが広がるです。「オープン科目」と呼ばれるどの学部の人でも取れる授業が用意されており、その授業を通じて交友関係を広げる事が出来たことが私の大学生活において最も有益であったと思います。私…続きを読む

不満に感じている点

教育学部が遠いです。私の所属する教育学部は、キャンパスの中でも最も駅から遠く、またエレベーターもエスカレーターもない古い建物です。エレベーターも二台しかなく、小さいので授業前は大変混雑しま…続きを読む

おすすめ学部:政治経済学部

私立文系大学のトップと呼ばれる学部なので、どこへ就職するにも有利だと思います。教授陣も優秀、有名な方が多いです。また、キャンパスが新しく綺麗という点でも私にとって魅力的…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】

  • 大学:早稲田大学 教育学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★☆☆(ふつう)

志望理由

受験勉強をしているうちに、日本史の中で勉強する文学史で取り上げられている本や、国語で扱われる小説に興味を持ち、受験が終わったらそれらの本を全て読み尽くしたいと思うように…続きを読む

学んでいること

1年生では国文学のみならず、漢文も勉強しました。漢文は国文学に大きな影響を与えているからです。1年生から4年生にかけて、上代文学から近代文学を順番に勉強します。内容は主…続きを読む

満足している点

変わった講義が多いです。大学に入る前は好きな講義を取れるだけで、中身は高校の授業を少し自由にしただけだと思っていましたが、実際は全然違いました。講義になるとは予想できないような講義がたくさんあ…続きを読む

不満に感じている点

受講人数が多過ぎるです。日本のほぼ全ての人が知っていると思いますが、早稲田大学は本当に生徒が多い学校です。そのために、各講義で受講人数が多くなることは必然です。大教室では何百人もの生徒が集まり…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】

  • 大学:早稲田大学 教育学部 社会科 社会科学専修
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

志望理由

就活で自ら選択できる企業が多くなるように、少しでも上のレベルの大学に進学することを目指しました。マーケティングなどに興味があったため、同大学の商学部も希望していましたが…続きを読む

学んでいること

力を入れて勉強したのは、所属していたゼミのテーマである労働経済学・統計です。入学前は、マーケティングに興味があったのですが、経済学を学ぶうちに、その奥深さに興味を持ち、…続きを読む

満足している点

大学生活を思いっきり楽しめるです。早稲田大学の早稲田キャンパスの周りは完全に学生街となっています。高田馬場~早稲田周辺には、安くて満腹になれる飲食店が軒を連ね、学生のお腹を満たしてくれます。また、居酒屋…続きを読む

不満に感じている点

大学の人が多すぎるです。毎年1万人の新入生が入学してくる早稲田大学には「中退一流、留年二流、4年卒業三流」という言葉があり、実際に3人に1人の割合で留年する学生がいます。そのため、在籍している…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学の評判・口コミ【教育学部編】

  • 大学:早稲田大学 教育学部 教育学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

志望理由

小学生の頃から早稲田大学の独特で楽しそうな雰囲気や個性的な人が多いところが好きで、早稲田大学を第一志望で受験しました。私は心理学に興味があったので、心理学が勉強できる文…続きを読む

学んでいること

私は教育学部教育学科の中で教育学専攻教育心理学専修を選択しました。ここでは主に教育心理学を勉強するのですが、学部一年生は基本的な心理学全般を勉強します。具体的には臨床心…続きを読む

満足している点

様々な人と交流できるです。早稲田大学に通う学生はとても多くて様々な学生がおりますし、外国人留学生も多数受け入れております。ですから、キャンパスを歩いているだけでも様々な言語が飛び交っており、最低…続きを読む

不満に感じている点

学部によって建物のレベルが異なるです。早稲田大学の建物は基本的にとても綺麗です。しかし、教育学部の建物である16号館はとても古く、数十年変わっていないということを聞きました。さらに、他の学部の建物には必ずつ…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学の学生から見た、おすすめ人気学部はどこ?【2019年調査】

このページでは、早稲田大学生による、早稲田大学におけるおすすめの学部をご紹介します。早稲田大学への進学を検討している方はぜひ結果とその理由を併せて参考にしてみましょう。

続きを読む

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


静岡大学 農学部
静岡大学の評判・口コミ【農学部編】

大学:静岡大学 農学部 応用生物化学科状況:大学卒業後、2年以内性

琉球大学 農学部
琉球大学の評判・口コミ【農学部編】

大学:琉球大学 農学部 状況:現在大学に通っている(大学4年生)性

阪南大学 国際観光学部
阪南大学の評判・口コミ【国際観光学部編】

大学:阪南大学 国際観光学部 国際観光学科状況:現在大学に通ってい

東京経済大学 現代法学部
東京経済大学の評判・口コミ【現代法学部編】

大学:東京経済大学 現代法学部 状況:大学卒業後、2年以内性別:男

麻布大学 生命・環境科学部
麻布大学の評判・口コミ【生命・環境科学部編】

大学:麻布大学 生命・環境科学部 状況:現在大学に通っている(大学

→もっと見る