早稲田大学の評判・口コミ【社会科学部編】

最終更新日:2020/01/21
, , ,


今回は、早稲田大学 社会科学部の卒業生(卒業後1年以内)に早稲田大学の雰囲気や魅力、特色について、伺いました。お話の中で、知名度、稲門会など、在籍している人ならではのリアルな口コミ・評判を教えていただくことができました。後半パートでは、早稲田大学に通って良かったかについても、ずばり答えていただきましたので、早稲田 社学に対するイメージを具体的にしたいとお考えの方は、ぜひ最後までお読みください。
※画像は各大学HPより引用(URLは基本情報欄に記載)



回答者プロフィール

  • 大学:早稲田大学 社会科学部
  • 状況:大学卒業後、1年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

早稲田大学の特徴

早稲田大学の最大の特徴は、開かれた大学であるということ。というと大学なんだからそんなの当たり前じゃないかと仰る方がいるかもしれませんが、早稲田の開かれ具合は周辺のどの大学よりも抜きん出ています。これはキャンパスが高田馬場というもはや学生街と言っても過言ではない素晴らしい街にあること、そして学生たちの多くがが自信を持っているがゆえに何事にもチャレンジして当たり前という性質を持っていることが理由と考えられます。学生が自分を成長させるのに最高の環境がそろっていると言い切ってしまってもいいくらいでしょう。



満足していること:知名度

早稲田大学と言えば何と言っても知名度です。ちょっと遊びすぎな学生なんかが多いためバカ田大学などと呼ばれているのはまあご愛嬌。ただ知名度だけは本当に本物です。全国津々浦々どこへ行っても名前が通用します。就職活動、転職活動、取引先とのコミュニケーション、さらには同性・異性関係なしに出会いの場などとにかく優遇されます。東大卒の人たちと肩を並べるくらい優遇されることもあって、正直ちょっと申し訳なく思っちゃうくらいです。

満足していること②:稲門会

早稲田大学には稲門会というものが存在します。これは学年やサークルといった区分は関係なしに、出身地域ごとに学生およびOBOGがつながることができるという早稲田特有のシステムのことです。在学中は就職活動の際に本当に頼りになりますし(希望する業界のOBOGの数が多ければ多いほど就職は有利になる)、卒業した後でも異業種の人間同士でつながりあえる(最近はラインアプリなどでさらに簡単に連絡をとりあえるようになりました)というメリットがあります。



不満に感じていること:授業

早稲田大学の社会科学部というのは早稲田の中でもかなり特殊な部類に位置しています。そのため授業内容的に非常にきびしい状態となっているのが現状です。その理由は、何と言っても文学や理工学以外のすべてを学問の対象にしてしまっているから。これはその昔、早稲田が一部(昼部)と二部(夜間)でわかれていた時に、文学部と理工学部以外の学部の二部学部として社会科学部が存在していた名残であります。そのため法学も商学も政治経済学もすべてが学部の対象範囲に入ってきてしまい、何を勉強しているのかわからない状態になってしまうのです。

不満に感じていること②:キャンパスの立地

キャンパスの立地が良すぎるんです。と言うと贅沢な悩みかもしれませんが、まず学生の時はその立地ゆえに遊びの誘惑が非常に大きく、勉強をしなければいけない時にどうしても勉強に集中できなくなるという弊害をもたらします。そして次に、卒業した後は地方や田舎に馴染めなくなるという弊害となります。4年間都心の中心部での学生生活を謳歌してしまうと、就職してから東京都以外に転勤させられた際にどうしても物足りなさを感じるようになり不便です。



早稲田大学のおすすめ学部:創造理工学部

理系といえば国立の方が強いはずなのに、なぜか創造理工学部の就職実績は例年すばらしいものとなっているから。これは建築学科や総合機械工学科の生徒が特に優秀で、おまけに学科のカリキュラムが優れているためだと個人的に考えています。


早稲田大学に通って良かった?

早稲田大学への満足度:とても満足

早稲田大学に入るのが難しいのかどうかは何とも言えません。人によっては難しいかもしれませんし、東大や一橋大を視野に入れている人には楽勝かもしれません。ただ一度入学してしまえば(なんとか卒業して早稲田卒という肩書きを手に入れさえすれば)後の人生は比較的イージーモードで進みます。そのくらい早稲田大学は知名度を持っています。これはもしかしたら日本が依然として学歴社会ということなのかもしれません。ただ学歴社会であろうとなかろうと早稲田の肩書きは強力ですので、すべてのみなさんにおすすめです。




人気記事 学歴フィルターとは?どの大学から学歴フィルタに引っかかるか口コミから検証【学歴フィルター42校】

人気記事 【大学ランク】大学をSランクからEランクまで格付け(2019年4月調査)

ほかの学生による投稿口コミ(早稲田大学 社会科学部)

回答者プロフィール

  • 大学:早稲田大学 社会科学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

早稲田大学の評判・口コミ【社会科学部編】

志望理由

早稲田大学を選んだ理由は尊敬していた祖父が目指していた大学だったからです。入試方式は自己推薦です。1次試験では書類選考、通過した場合2次試験で小論文と面接があります。1…続きを読む

学んでいること

社会科学部は様々な分野(法律や文学、歴史など)を広く浅く学ぶことが出来ます。もちろん興味がある分野は深く学ぶことも可能です。私が興味をもって勉強したのは国際法です。国際…続きを読む

満足している点

最初の英語の授業で驚いたことがありました。同じクラスに留学生がいたのです。高校生のときはこのような体験をしたことはありませんでした。とても英語を流暢に話すのでものすごい…続きを読む

不満に感じている点

移動教室が大変というのは登録した科目によって人それぞれです。一限と二限の間の休み時間だけ10分に設定されている(3-4などは15分)のですが、一限でキャンパス内の端っこ…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


回答者プロフィール

  • 大学:早稲田大学 社会科学部
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

早稲田大学の評判・口コミ【社会科学部編】

志望理由

将来マスコミ関係の職に就きたく、マスコミに強いといえば早稲田大学というイメージがあったことや、高校時代に親しくしていた先輩が進学し毎日楽しそうに過ごされていたので迷わず…続きを読む

学んでいること

入学後は経済学、心理学、法学、文学など本当に幅広い講義を受講しました。またゲストスピーカーなどが来校されての講義も多く、ただの大学生として過ごすだけでは得られなかった思…続きを読む

満足している点

日本一留学生の多い大学ならではの国際色豊かなキャンパスであることはもちろん、聴講生制度なども充実しており、年齢層も幅広く、自分の価値観や視野を一気に広げられる環境が整っ…続きを読む

不満に感じている点

大学内には学部棟と呼ばれる、各学部の講義がメインで行われるビル様の建物がいくつもあります。この学部棟と ですが、学部ごとに順番に再建をしているのか施設の充実度やクオリテ…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


回答者プロフィール

  • 大学:早稲田大学 社会科学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

早稲田大学の評判・口コミ【社会科学部編】

志望理由

奨学金を借りて進学する予定だったので、将来的に選択肢が多くなると思われる大学として早稲田大学を選びました。文系の学部を志望しているなかで、複合的に社会問題を解決する力を…続きを読む

学んでいること

1年次は社会科学を総合的に学びました。コアとなる科目でミクロ・マクロ経済学、民法、私法、経営学、社会学などを学びました。基礎的なコンピュータの使い方や、学術的な文章の書…続きを読む

満足している点

環境が良いことが満足している理由として挙げられます。まず立地は都内にあります。学部ごとにビルディングが割り振られ、図書館も学部ごとにあります。建物は綺麗に保たれており、…続きを読む

不満に感じている点

朝、夕のラッシュ時には高田馬場駅、早稲田駅が非常に混雑する。お昼には学校の近くの飲食店は行列となる。とにかく人が多いためそれがストレスと感じることがある。学費が高いこと…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


回答者プロフィール

  • 大学:早稲田大学 社会科学部 社会科学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

早稲田大学の評判・口コミ【社会科学部編】

志望理由

「社会学を学べること」の他、起業にも興味があったため「経営学等、他の学問も並行して学べること」「オープンな校風であること」「都内の大学であること」を軸に大学・学部選びを…続きを読む

学んでいること

社会科学部は、幅広い学問領域を満遍なく学ぶことが特徴の学部です。「まちづくり」「社会学」「ジェンダー論」の3つを基軸としつつ、法学・経済学・経営学等、様々な科目を幅広く…続きを読む

満足している点

「早稲田=自由」というイメージが強い人も多いかと思いますが、実際のキャンパスも、他大学と比べて活気に溢れ、自分らしく自由に生きている人が多いように感じます。例えば、入学…続きを読む

不満に感じている点

人数が多いため仕方ない部分もあるのかもしれませんが、基本的に放任主義です。そのため、常に自分で目的意識を持って行動をとっていないと、大事な申請を見逃してしまったり、就職…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


回答者プロフィール

  • 大学:早稲田大学 社会科学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学2年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

早稲田大学の評判・口コミ【社会科学部編】

志望理由

親の影響もあり、経営および商学系を学ぶことができる学部をメインに受験しました。自分は大学そのものの名前というより、大学に入ってどういったことを学ぶのか、あるいは大学でど…続きを読む

学んでいること

入学前に学びたいと思っていた、経営学系をメインに学習しています。「経営」と一単語でいってもどういったことをしているのかというと、マーケティングであったり、会計などといっ…続きを読む

満足している点

早稲田大学社会科学部には数多くの教授がいらっしゃるため、広く分野を踏破し、なおかつ分野の細部にまでその学びを広げています。さらに、社会科学部生は必修の授業が英語および第…続きを読む

不満に感じている点

学生数がとても多いため、自分の考えを広げられる可能性はとても大きいものです。しかしながら、その分学業そっちのけでサークル活動に没頭する人であったり、授業に来ても騒ぎ立て…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


早稲田大学の学生から見た、おすすめ人気学部はどこ?【2019年調査】

このページでは、早稲田大学生による、早稲田大学におけるおすすめの学部をご紹介します。早稲田大学への進学を検討している方はぜひ結果とその理由を併せて参考にしてみましょう。

続きを読む

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


回答者プロフィール

  • 大学:早稲田大学 社会科学部
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

早稲田大学の評判・口コミ【社会科学部編】

満足している点

本校は日本の大学で一番サークル数が多いと言われています。王道のサークルからニッチなサークルまで幅広く網羅されています。また、ジャンルだけでなく様々な大学の学生が所属して…続きを読む

不満に感じている点

本校はマンモス大学と言われることが多々ありますが、そのことによって弊害も生じております。多種多様な講義を受講することができるのは良い点ですが、その分講義によって大きく質…続きを読む

おすすめ学部:政治経済学部

早稲田大学の中で圧倒的に就職に有利だからです。高校時代は早稲田に受かることを目標にする方も多いと思いますが、就職を考えたときに一番上の学部にいると有利に働きます。今から…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


回答者プロフィール

  • 大学:早稲田大学 社会科学部 社会科学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

早稲田大学の評判・口コミ【社会科学部編】

満足している点

私は就職活動を今年の6月に終えたばかりですが、無事に第一志望の会社の内定を獲得することが出来たのは、大学の知人のおかげだと思っているからです。 マンモス校であるために、…続きを読む

不満に感じている点

最近は様々な校舎で建て替え工事が行われ、きれいに使いやすい校舎が増えたことも事実ですが、まだボロボロで、授業のために5階分階段を上がらなければいけない校舎もあります。た…続きを読む

おすすめ学部:文化構想学部

私の個人的な意見ですが、文化構想学部の授業は面白い授業が多いと思うからです。例えば、人気ドラマを毎回考察する授業があったり、映画についてディスカッションする授業があった…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


回答者プロフィール

  • 大学:早稲田大学 社会科学部
  • 状況:大学卒業後、1年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

早稲田大学の評判・口コミ【社会科学部編】

満足している点

私の大学では都心にしては広いキャンパスが2つありました。1つ目に早稲田キャンパス(通称本キャン)では多くの施設がありました。図書館や読書室が充実していて授業合間に読書や…続きを読む

不満に感じている点

大学のキャリアセンターで就職支援を受けることが出来ます。学生数が多いことから就活の最も忙しい時期にはかなり混み合っていて相談に行ってもかなり待つことが多かったです。大学…続きを読む

おすすめ学部:政経

やはり看板学部だからです。比較的単位も取りやすいらしく、最近政経の建物はきれいになりました図書館も快適でよく他学部ですが利用していました。また、エスカレーターで移動でき…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


回答者プロフィール

  • 大学:早稲田大学 社会科学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

早稲田大学の評判・口コミ【社会科学部編】

満足している点

就職活動を開始するまでは早稲田大学が就職に強いかどうかは疑心暗鬼の状態でした。しかし、いざ活動を始めてみると企業が自分達の大学の名前を知らないということはなく安心して面…続きを読む

不満に感じている点

早稲田大学は学費が非常に高いと思います。そしてその学費が私達学生に還元されてないよう思えてしまいます。大学運営には諸々の費用がかかるのは承知の上ですが、単位を取りきって…続きを読む

おすすめ学部:社会科学部

自分のやりたい事が思う存分できる学部であると考えるからです。ゼミに入るかどうかも選べます。卒業論文を書くかどうかも選べます。自分が学びたい学問も選べます。授業が忙しくな…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます



早稲田大学 社会科学部の口コミ・評判一覧をチェック
※早稲田大学 社会科学部の口コミ一覧ページへ遷移します

早稲田大学(社会科学部)専用掲示板


名無しさん
早稲田大学 社会科学部に実際に通っている方、通っていた方へ。

早稲田大学の評判はどうですか?早稲田大学の雰囲気・校風、学校行事・イベントの盛り上がり具合、就活の進めやすさなどについて語り合いましょう!社会科学部についてのコメントも大歓迎です。

コメントお待ちしてます。
回答受付中

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA






早稲田大学 社会科学部の基本情報

  • 名称:早稲田大学 社会科学部
  • 法人名:学校法人早稲田大学
  • キャンパス:早稲田キャンパス
  • アクセス:地下鉄東西線早稲田駅下車、またはJR・西武新宿線高田馬場駅下車、地下鉄副都心線西早稲田駅下車、いずれも徒歩。高田馬場駅前から大学まで都バス(学バス)の便がある
  • 所在地:〒169-0051 東京都新宿区西早稲田1-6-1
  • 公式HP:https://www.waseda.jp/fsss/sss/

目次

早稲田大学の特徴
満足していること:知名度
満足していること②:稲門会
不満に感じていること:授業
不満に感じていること②:キャンパスの立地
早稲田大学のおすすめ学部:創造理工学部
早稲田大学に通って良かった?
早稲田大学(社会科学部)専用掲示板  
 
中部大学 現代教育学部
中部大学の評判・口コミ【現代教育学部編】

大学:中部大学 現代教育学部 状況:大学卒業性別:女性総合評価:★

日本獣医生命科学大学 獣医学部
日本獣医生命科学大学の評判・口コミ【獣医学部編】

大学:日本獣医生命科学大学 獣医学部 状況:大学卒業性別:女性総合

東洋大学 経営学部
東洋大学の評判・口コミ【経営学部編】

大学:東洋大学 経営学部 状況:大学卒業性別:女性総合評価:★★★

釧路公立大学 経済学部
釧路公立大学の評判・口コミ【経済学部編】

大学:釧路公立大学 経済学部 経営学科状況:大学卒業後、1年以内性

立教大学 文学部
立教大学の評判・口コミ【文学部編】

大学:立教大学 文学部 文学科 英米文学専修状況:大学卒業後、2年

→もっと見る