京都大学の学生から見た、おすすめ人気学部はどこ?【2019年調査】

最終更新日:2020/01/21

このページでは、京大生による、京都大学におけるおすすめの学部をご紹介します。京都大学への進学を検討している方はぜひ結果とその理由を併せて参考にしてみましょう。

集計方法について

大学スクールナビでは、口コミ投稿フォームに「自分の大学の中でおすすめの学部はどこか?」という項目があります。今回の調査では、京都大学に通っている(もしくは直近まで通っていた)学生31人から回収したアンケート結果(回答期間:2018前半~2019年前半)を集計した結果をお伝えします。

京大生から見た人気学部

1位.総合人間学部(35.5%)

京都大学 総合人間学部

※画像は各大学HPより引用

総合人間学部

大学受験をする際には普通、どの学部を受験するのか決めなければなりません。しかしながら高校生の時点で自分が将来したいことが明確に決まっている学生は多くはないと思います。京大の総合人間学部はその名の通り、自分の勉強したい学問を好きなように勉強することができる学部です。したがっておすすめです。

京都大学の評判・口コミ【農学部編】

総合人間学部

自分の専攻を自分で決められるので、やりたいこと、自分が好きになれることを自分で見つけることが出来るからです。副専攻も決めることが出来るので、様々な分野にまで知識を張り巡らせることが出来そうです。

京都大学の評判・口コミ【教育学部編】

総合人間学部

この学部は他の大学ではまず有り得ないと言われる学部です。何故かというと、理系文系どちらの生徒も入学することが出来る上にその研究内容も「なんでも良い」のです。文系の研究を行なったり、理系の研究を行なったりと、その研究内容は多岐に渡ります。そのため、理系に進もうか文系に進もうか迷っている学生にとって入学しやすいことが大きなポイントです。研究内容は想像性豊かなものが多く、例えば世界で初めて「クイズ学」を作り出し、クイズの研究を始めたのもこの学部であり、その他にも人間が言葉を使い始めた起源を探るなどとても興味をそそられるものばかりです。

京都大学の評判・口コミ【法学部編】

総合人間学部

大学に入ってから正式に自分の専門を決められるため、将来の選択肢を広く残しておきたい高校生にオススメの学部です。偏差値が高く優秀な生徒があつまっており、また文理混合のため、幅広く知識を得られます。ただし、自由度合いが強い分、自己管理できない人は留年しがちなので、自己管理がしっかりできる人におすすめです。

京都大学の評判・口コミ【教育学部編】

総合人間学部

総合人間学部は文系の生徒も理系の生徒も入試を受けることができるので、門戸が広がっています。また、大学に入ってからも様々なことを勉強できます。例えば、歴史について学んでいる人や心理学を専攻している人などがいます。その上、ほかの学部と比べて卒業までに必要な単位を揃えやすく、1、2回生の間にきちんと一般教養科目を取っておけば自分の興味のある勉強だけに専念することもできます。

京都大学の評判・口コミ【農学部編】

総合人間学部

一般的には「何をやっているかわからない学部」などと揶揄されることも多いですが、総合人間学部の学生は皆幅広い興味を持っていて、面白い人が多いと思います。カリキュラム的にも様々な可能性が開けます。文理両方の受験枠があるので、入ってから理転・文転するということも可能です。

また、1学年の規模があまり大きくないので、学部の縦と横のつながりがあって、バイトやサークル以外でコミュニティを築けるのも魅力的なポイントです。

京都大学の評判・口コミ【文学部編】

総合人間学部

総合人間学部はいわゆる教養学部で、自分の好きな分野にしぼって深く学ぶことができます。高校生の時点でやりたいことや将来について明確に決まっていなかったとしても修正可能で、入学後は好きな専門分野に没頭できる、非常におすすめです。

京都大学の評判・口コミ【法学部編】

総合人間学部

京都大学には学部を現すキャッチコピーのようなものがあり、総合人間学部は「ゆるそうじん」と言われています。そのような二つ名がつくほど、授業数が少なく、さまざまなジャンルから自由に授業を組むことができるので、自由で楽そうだなと私は思っています。ただ総合人間学部は京都大学の中でも偏差値が高く合格が難しいという面もあります。

京都大学の評判・口コミ【医学部編】

総合人間学部

例えば工学部であれば工学について、医学部であれば医学について学びますが、総合人間学部の場合は理系・文系問わず様々な専攻に進むことが出来ます。そして、自分でテーマを選び、自分のやりたい研究を行うことが出来ます。

京都大学の評判・口コミ【工学部編】

総合人間学部

私の出身学部ですが、我が総合人間学部を推すのは、この学部が京大で最も京大らしい学部だと思うからです。総合人間学部は専門のるつぼであり、そこにいるだけで、様々な分野の人から刺激を受けることができます。学生にもとても面白い人が(他学部と比べても)多いので、入って損することはないと思います。

京都大学の評判・口コミ【総合人間学部編】

総合人間学部

なんでも出来るという自由の学風を体現した学部であるためです。専門の単位は全て、全学共通科目であるため、学問領域にこだわらず幅広く知識を蓄えるという贅沢な学習を実現することができます。また、他学部聴講のシステムを利用してある一分野を掘り下げて研究することも可能であり、入学してから学びたいことをじっくり考える猶予があるところがおすすめです。

京都大学の評判・口コミ【文学部編】

京都大学 総合人間学部の評判・口コミはこちら

2位.経済学部(19.4%)

京都大学 経済学部

※画像は各大学HPより引用

経済学部

京都大学ではいわゆる変人が多いというのはみんなが言うことですし、いわゆる暗い人の割合がかなり多いです。しかし経済学部はその中でも比較的社交的な人が多いため、この学部であれば学部の友達と存分に大学生活を満喫できることと思います。

京都大学の評判・口コミ【理学部編】

経済学部

まず卒業論文を書く必要がないことが挙げられます。また、経済学部は多彩で明るい人が多いイメージがあり、ゼミも活発なので、理想のキャンパスライフを送れるという印象が強いからです。就職もゼミで学んだことを生かして大企業にいく人が多数です。

京都大学の評判・口コミ【文学部編】

経済学部

卒業論文を書く必要がなく一番楽に卒業ができるからです。数学が少し得意だからなどといった中途半端な気持ちで理系学部に入学すべきではないと思います。特にしたいことがないのであれば一番楽に卒業できる学部に入り、入学後に熱中できることを見つけそれに取り組めばいいと思います。そこで遊び倒すというのも1つの選択肢ではあると思います。

京都大学の評判・口コミ【工学部編】

経済学部

カリキュラム上の制約が少なく、他学部開口の科目を専門科目に算入できるほか、法学部のようなキャップ制による縛りも受けません。故に、特別優秀な学生でなくても、3年次までに卒業単位を揃えることができ、4年時の就職活動や課外活動に多くの時間を割くことができます。

京都大学の評判・口コミ【法学部編】

経済学部

卒業後、就職を考えている人は経済学部をお勧めします。経済学部は他学部に比べると就職活動に対するサポートがあり、社会人として働いていた教授も多いので相談もできます。また、授業では出席日数が重視されない場合が多いので、自分で時間を自由に使うことができます。

京都大学の評判・口コミ【経済学部編】

経済学部

経済学部をおすすめします。文系理系どちらからでも入ることができるため、文理選択を終わった高3からでも目指す事が可能である他、他の学部に比べて単位取得が容易である点が挙げられます。単位を3回生のうちに取り終える事が多いです。

京都大学の評判・口コミ【文学部編】

京都大学 経済学部の評判・口コミはこちら

3位.工学部(16.1%)

京都大学 工学部

※画像は各大学HPより引用

工学部

京都大学の工学部は建築や情報、工業化学を始めとして様々な分野の工学を学ぶことが出来ます。志望学科をいくつか選んで受験することが出来るので、リスク分散にもなります。どの学科でも研究予算は潤沢で自由な校風は変わらないため、興味のある分野での発想力を伸ばすことができます。

京都大学の評判・口コミ【工学部編】

工学部

京都大学の学生の3割が所属する最大の学部であるため、施設や研究費が豊富であるばかりでなく、研究分野の選択肢も広く先生方も多いです。結果、あらゆる分野について指導を仰ぐことが叶います。授業のカリキュラムも無理なく、しかし基礎から専門的な範囲までカバーするよう組まれています。

京都大学の評判・口コミ【工学部編】

工学部

やはりおすすめは、僕の所属する工学部です。工学部では、それぞれの分野について日本最先端の研究を行っている教授が多く在籍していて、学科によっては大学4回生から桂キャンパスにうつって、より専門的な研究に触れることができます。(1回生が講義を受けるのは吉田キャンパスです)。

京都大学の評判・口コミ【工学部編】

工学部

圧倒的に就職が有利です。大手企業に入ることができます。就職活動もとても楽で、企業のほうから交通費を出してもらえるほどです。OBとのつながりも強く、企業在籍のOBが研究室まで説明に来てくれます。そのときに、フランクに話しをすることができたので、就職後のイメージがしやすく、企業選びの参考になりました。

京都大学の評判・口コミ【工学部編】

工学部 建築学科

友人に聞いた話をもとにしていますが、工学部の中では異色な学科で、建築の設計のようなことだけでなく、デザイン系のことも学べるようでした。泊まり込みで作業することもあるみたいですが、その分達成感や楽しみはありそうでした。

京都大学の評判・口コミ【工学部編】

京都大学 工学部の評判・口コミはこちら

4位.文学部(12.9%)

京都大学 文学部

※画像は各大学HPより引用

文学部

資格の取得といった具体的な利益を求めるのではなく、純粋に興味を持ったことに取り組める、今では珍しい環境です。学科などに細分化されていないので、入学後にゆっくりと自分が興味を持てる分野を検討することができます。

京都大学の評判・口コミ【文学部編】

文学部

やはり自分が所属しているから、というのもありますが、文学部は研究の選択肢が比較的広いと言えます。言語、社会、歴史が主な3つの柱ではありますが、その中で行われていることは多種多様であり、文学部なのに理系的な研究をしているという分野もあります。私が所属している地理学も文理融合したような学問であり、周囲には理系から転向したという方もおります。研究内容についてもシミュレーションのような仮想的なものから、フィールドワークのような地道なものまであり、また教授陣も研究の指針を親身に考えてくださるので、自分に合ったスタイルで研究を続けていけるというのが京都大学文学部の魅力だと思います。

京都大学の評判・口コミ【文学部編】

文学部

多様な専修(=研究室)が開講されています。文学系だけでも国文学、英文学、フランス文学、イタリア文学、ドイツ文学、ロシア文学、サンスクリット文学など個性的なものもたくさんあります。その他美学美術史学、キリスト教学、二十世紀学、などなど。

京都大学の評判・口コミ【文学部編】

文学部

京大の文学部は社会学も学べるのが特徴です。社会学を通じて文学を学ぶ視点は他にはないと思います。メディアや報道などに興味がある人は文学部を選んだ方がいいと思います。

京都大学の評判・口コミ【文学部編】

京都大学 文学部の評判・口コミはこちら

5位.医学部(6.5%)

京都大学 医学部

※画像は各大学HPより引用

医学部

やはり医学部がおすすめです。入ろうと思って入れるようなものではないかもしれませんが、やはり医師という職業は将来性がありますし、大変ではありますが、やりがいも感じられることでしょう。医学部サークルというものもあり、医学部内で交流を深められます。

京都大学の評判・口コミ【経済学部編】

医学部、理学部

医学部は研究面ではiPS細胞で有名な山中教授がいらっしゃいますし、教育面ではテストや実習の充実した教育を受けられると聞きます。また、医学部は独自のサークル(部活)を持っているので、学部内でのつながりが深くなります。同様に理学部には多くの世界的に高名な教授がいらっしゃるので、研究するならこの学部が一番だと思います。

京都大学の評判・口コミ【薬学部編】

京都大学 医学部の評判・口コミはこちら

おわりに

京大生から見た、京都大学における人気学部についてご紹介しました。特定の学部をおすすめする理由は人さまざまです。全体のランキングだけでなく、ぜひ個別のコメントもご覧くださいね。あなたにとって魅かれるコメントがあるかもしれません。





人気記事 学歴フィルターとは?どの大学から学歴フィルタに引っかかるか口コミから検証【学歴フィルター42校】

人気記事 【大学ランク】大学をSランクからEランクまで格付け(2019年4月調査)

関連記事

回答者プロフィール

  • 大学:京都大学 医学部 人間健康科学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

京都大学の評判・口コミ【医学部編】

志望理由

『特色入試』という総合型入試で合格し、入学しました。特色入試は合格人数も過去問も少なく、対策はとても大変でした。母親の実家が京都にあるため、小さい頃から大学で京都に来た…続きを読む

学んでいること

私は学部1年生なので専門的な医療についてはまだ学んでいません。1年生のうちは一般教養科目を取ります。文系科目・理系科目のなかで自分の興味のある講義を受講することができま…続きを読む

満足している点

医療系の施設だと京大病院の他にがん免疫総合研究センター、ゲノム医学センターなど多くの医療系施設が充実しています。また、図書館や資料室も数十個あり、自主的に学ぶ体制が整っ…続きを読む

不満に感じている点

国公立大学なので多少は仕方ないと思いますが、建物があまり綺麗ではありません。古い建物も多く、虫も出ます。以前、私は女子トイレでムカデに噛まれたことがありました。新しく綺…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


回答者プロフィール

  • 大学:京都大学 法学部
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

京都大学の評判・口コミ【法学部編】

志望理由

元々は東大を目指していたのですが、京都大学出身の先輩の話を聞いて自由な校風に惹かれ、高3の夏頃に京都大学志望に切り替えました。学部に関しては願書提出直前まで迷っていたの…続きを読む

学んでいること

1年目は一般教養科目、いわゆる「パンキョー」と呼ばれる科目を学びました。法学部関連だけでなく理系科目や心理学など様々な科目を学びました。また、『ポケゼミ』というゼミの軽…続きを読む

満足している点

履修科目についてはあまりキツい制約はなく、自分で選択できる範囲が広いです。また、法学部であっても経済学部の科目も取得単位として扱ってもらえるなど、本当に自由度が高かった…続きを読む

不満に感じている点

多様性があって面白い一方で、思想が偏っていたり少し問題のある行動をしたりする人も多かったです。具体的には、大学の学生寮の寮祭で時計台を登ったり、構内にこたつを持ってきて…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


回答者プロフィール

  • 大学:京都大学 工学部 工業化学科
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

京都大学の評判・口コミ【工学部編】

志望理由

高校時代から理系科目、特に化学が得意であったため、化学系の学部・学科を中心に進学先を探していました。その中でも研究環境の充実という面で京都大学は魅力的であったため、工学…続きを読む

学んでいること

工業化学科では化学に関する基礎を網羅的に学びました。有機化学、量子化学と熱力学、無機化学を基本とし、高分子化学や生化学、プロセス工学などを選択的に学ぶカリキュラムとなっ…続きを読む

満足している点

京都大学の研究環境は非常に充実しており、理系学部であれば4回生から最先端の研究に携わることができます。また、他大学に比して予算の面でも充実していることから、測定機器や設…続きを読む

不満に感じている点

不満点はほとんどありませんが、強いてあげるとするなら成績評価制度が国際的評価方法と合致していないということでしょうか。一般的に用いられるGPA制度への変換表は公開されて…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


回答者プロフィール

  • 大学:京都大学 医学部 人間健康科学科
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

京都大学の評判・口コミ【医学部編】

志望理由

臨床検査技師にとして働きたいと思っており、その国家資格を取れる国立大学を目指していました。京都大学は日本の検査技師養成教育機関の中でトップの偏差値をもつ大学なので、ハイ…続きを読む

学んでいること

専攻の保健学を学びました。保健学は幅広く、臨床医学から工学、保健法律まで様々な授業を受けました。臨床検査技師となる為には必修の授業がたくさんあったのですが、その中には各…続きを読む

満足している点

京都大学は自由な校風で有名ですが、本当に変わり者が多いです。年季の入った自治寮に住んでいる人、変わった服装をする目立った人、クラスメイトやサークルメイトの友人も勉強が出…続きを読む

不満に感じている点

最寄り駅に止まる地下鉄はJRの駅に直結しておらず、何かと不便でした。これに加えて大学構内が広いので、近くに住んで自転車で生活する人がほとんどなのですが、構内には駐輪場が…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


回答者プロフィール

  • 大学:京都大学 教育学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

京都大学の評判・口コミ【教育学部編】

志望理由

私がこの大学を選んだ理由は、関西最高峰の国立大学で就職にも強く、かつ自身の学力レベルに近かったためです。また、オープンキャンパスで「自由の学風」を謳っていて、その雰囲気…続きを読む

学んでいること

まず英語の授業でアカデミックライティングについて学びました。これは論文を英語で書くための授業です。また、精神病理学や行動病理学などの授業を取り、精神医療の歴史や症例につ…続きを読む

満足している点

学生は高難易度の入試を突破しているため学力が高いのはもちろん、他にも音楽やスポーツなど優れた特技を持つ人ばかりです。まさに文武両道な人材が揃っていると言えます。また、話…続きを読む

不満に感じている点

文部科学省が単位の実質化を推進した影響で、数年前からCAP制というものがあります。これは1回の期間で週に、時間的には25コマ取れるところを、最大15コマまでしか取れない…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


回答者プロフィール

  • 大学:京都大学 経済学部
  • 状況:大学卒業
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

京都大学の評判・口コミ【経済学部編】

志望理由

選んだ理由は二つあります。一つ目は、受験当時の合格圏内の大学・学部の中で最も偏差値が高かったことです。一概には言えませんが、一般的に偏差値の高い大学・学部ほど将来就職す…続きを読む

学んでいること

京都大学経済学部では、私が通学していた当時は専門科目に必修がありませんでした。このため、個人個人が興味のある講義を受講して勉強していました。私の場合は、基礎についてはミ…続きを読む

満足している点

京都大学では入学前の印象通り、学生の自主性を重んじる自由な校風がありました。どのような講義をどのようなスケジュールで受講し、学ぶかについても自分で考えて決めていく必要が…続きを読む

不満に感じている点

長所と表裏一体にはなりますが、学生の主体性を重んじているためか、大学側での就職支援や留学支援等のバックアップ制度は整っておらず、自分で調べて自ら行動していく必要がありま…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


回答者プロフィール

  • 大学:京都大学 経済学部
  • 状況:大学卒業後、1年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

京都大学の評判・口コミ【経済学部編】

志望理由

京都大学ののびのびとした学風と、そこで得られる最高レベルの教育に惹かれたからです。大学受験前に東京の大学も含めていくつかの大学のオープンキャンパスや学祭に行きましたが、…続きを読む

学んでいること

経済学部でマーケティングを学びました。授業では古典的なマーケティングの有名な著書を掘り下げる形で基礎を学び、いくつか具体的なマーケティングの成功事例として企業の方による…続きを読む

満足している点

とにかく一人一人の個性が強いです。大学の卒業式のコスプレが世間一般では有名ですが、学内でも常に皆が個性を出しています。そして、何より良いことは互いが互いの個性を排除しな…続きを読む

不満に感じている点

大学内でのコミュニケーションスペースが少ないです。皆が授業を受ける教室や食堂や外でわいわい話している感じです。室内にどこかコミュニケーションを取れるスペースがあればより…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


回答者プロフィール

  • 大学:京都大学 薬学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

京都大学の評判・口コミ【薬学部編】

志望理由

学生を社会に出すための養成施設というよりも研究色の強い点に憧れて京都大学を受験しました。学部は小さい頃からの将来の夢として薬学研究者というのがあったので、薬学部にしまし…続きを読む

学んでいること

一回生では理系科目や外国語などの一般教養を中心に勉強します。二回生以降は化学、生物、物理を中心とした薬学部専門科目の勉強をします。受験時は物理と化学を選択している人が多…続きを読む

満足している点

大学のシンボルとなっている時計台の近くに国際交流センターがあり、その近くの建物の中に『きずなラウンジ』があります。その中に掲示板では各々が自分の情報を書き込んで貼ってい…続きを読む

不満に感じている点

『CAP制』と呼ばれる半期に取得できる単位数があります。これは元々は卒業に必要な単位を早く取得するためにたくさん講義をとりすぎて半期に勉強できるキャパシティを超えてしま…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


回答者プロフィール

  • 大学:京都大学 農学部 資源生物科学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学2年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

京都大学の評判・口コミ【農学部編】

志望理由

自宅から電車一本で通えること、勉強はある程度できる方だったので、地元で一番いいところに行きたかったという理由から京都大学を選びました。また、農学部を選んだ理由は、生物の…続きを読む

学んでいること

資源生物科学科は植物、動物、海洋、環境の4つのコースに分かれています。ただ、このコース配属は4回生なので、3回生まではそれぞれの分野について自由に学べます。実際私はまだ…続きを読む

満足している点

まずはキャンパスが広いです。総合大学なので文系・理系、様々な学部のキャンパスが大体同じエリアに集中するため、とても広いキャンパスとなっています。また、人も広いです。日本…続きを読む

不満に感じている点

京大と言えば『自由の校風』として知られます。しかし最近は職員が厳しく、その校風が失われつつあります。たとえば、京大のキャンパスの周りには以前まで”タテカン”と呼ばれるサ…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


回答者プロフィール

  • 大学:京都大学 薬学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学2年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

京都大学の評判・口コミ【薬学部編】

志望理由

母が薬剤師で毎日とても楽しそうに仕事をしている姿を見ていたので、私も薬剤師になりたいと思い薬学部に興味を持ちました。高校での成績が良かったので国公立大学の薬学部を目指す…続きを読む

学んでいること

1回生の時は全学共通科目という、いわゆる一般教養科目(般教)と呼ばれるような講義を中心に受けました。学部によって必要な単位数が異なりますが、薬学部はクラスで指定されてい…続きを読む

満足している点

周りの友人たちが驚くほどすごい人ばかりです。全体の水準が上がるので、高校時代上位をキープしていたような人でも京都大学では周りとそんなに変わらないということが多々あります…続きを読む

不満に感じている点

良くないと言っても、京都駅からバスで30~40分、繁華街までも20~30分と悪くはありません。ただ、そのバスの種類が多くなく、それぞれ一種類ずつしかありません。京都駅と…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます




京都大学の口コミ・評判一覧をチェック
※京都大学の口コミ一覧ページへ遷移します



京都大学 の基本情報

  • 大学名:京都大学
  • 法人名:国立大学法人京都大学
  • 創立:1869年
  • 本部所在地:京都府京都市左京区吉田本町36番地1
  • 公式HP:http://www.kyoto-u.ac.jp/ja
名古屋大学 文学部
名古屋大学の評判・口コミ【文学部編】

大学:名古屋大学 文学部 人文学科状況:現在大学に通っている(大学

宮城教育大学 教育学部
宮城教育大学の評判・口コミ【教育学部編】

大学:宮城教育大学 教育学部 初等教育教員養成課程状況:大学卒業後

東京農業大学 国際食料情報学部
東京農業大学の評判・口コミ【国際食料情報学部編】

大学:東京農業大学 国際食料情報学部 食料環境経済学科状況:現在大

名古屋大学 経済学部
名古屋大学の評判・口コミ【経済学部編】

大学:名古屋大学 経済学部 状況:大学卒業後、2年以内性別:男性総

明治大学 理工学部
明治大学の評判・口コミ【理工学部編】

大学:明治大学 理工学部 情報科学科状況:大学卒業後、2年以内性別

→もっと見る