口コミから見た、鳥取大学の評判は?

大学スクールナビに寄せられた、鳥取大学に通っている(直近まで通っていた)人から集めた口コミをもとに、鳥取大学の評判についてご紹介します。鳥取大学の雰囲気や魅力、特色を理解するのにお役立てください。




目次

鳥取大学に通ってみて、満足しているポイント
鳥取大学に通ってみて、不満に感じているポイント
おすすめ学部は?
鳥取大学に通って良かったか
鳥取大学について
鳥取大学の口コミ・評判一覧

Q.鳥取大学に通ってみて、満足している点を教えてください。

  • 大学:鳥取大学 工学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

勉学する環境が整っている

鳥取大学は、国立大学であまりレベルの高くない方なので留学などに必要な条件が緩いように感じます。また大学院などでは奨学金の免除が大学ごとなのでレベルが高くないことはメリットになると思います。しかし、教員のレベルは決して低くなく、jaxaやnasaで研究員をしていた方々が多く在籍しているので勉強するのに非常に良い環境だと思います。また、家賃などの固定費が非常に安いため金銭的な負担もそこまでかからないと思います。

鳥取大学の評判・口コミ【工学部編】
公開日:2020年3月
  • 大学:鳥取大学 工学部 化学バイオ系学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

一人暮らしが多い

鳥取大学は一人暮らしの学生が多いためか、サポートが充実しているように感じます。大学に入る際には特にお世話になりました。大学の周りには一人暮らし用のアパートがたくさんあり、大学の生協と不動産会社のいくつかが提携し部屋を紹介しています。また、生協のスタッフも鳥取大学の学生なので部屋選びのコツや大学生活に関しての情報を教えてくれました。鳥取は気候が厳しいので冬の情報は特に助かります。また、4年保証付きのパソコンの販売や相談の受付もあったり、コピー機などの設置をサポートしてくれたりと一人暮らしには助かるサポートが多々あると思います。

鳥取大学の評判・口コミ【工学部編】
公開日:2020年2月
  • 大学:鳥取大学 医学部 生命科学科
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

勉強・研究環境が整っている

実験に使う機器が多く設置されている施設がいくつかあり、共同で利用することができます。研究室内に実験機器がなくても、予約をしてすぐに使うことができ、自分の研究をスムーズに進めることができます。キャンパス内には最先端の研究を行っている施設、再生医療や臨床に近い研究を行っている分野など様々なので、自分の興味のある分野がきっと見つかると思います。定期的に学外の先生による最先端の研究の話を聞くことができるのでとても勉強になります。

鳥取大学の評判・口コミ【医学部編】
公開日:2020年1月
  • 大学:鳥取大学 医学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

複数の資格を4年間で取れる

最近は保健師の資格は大学4年では取れないところが増えてきており、また4年で取れたとしても成績上位者のみという学校が増えて来ていますが、鳥取大学では全員が保健師の資格を取ることができます。また、希望する人は助産師の資格も4年間で取ることができますし、必要な授業を取れば、養護教諭の第2種免許も取ることができるなど、複数の免許を取ることが可能です。 サークルや部活動も充実しており、その活動の中で資格を取れる部活動も多いので、卒業時に様々な資格をもって社会人になれるのは強みだと思います。

鳥取大学の評判・口コミ【医学部編】
公開日:2020年1月
  • 大学:鳥取大学 工学部 化学バイオ系学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★☆☆(ふつう)

留学プログラムが充実している

入学前のガイダンスから留学の情報がたくさんもらえました。学部は英語や留学とはあまり関係ありませんが、大学ぐるみで留学を促進する動きがとても強いです。先生からだけではなく、実際に留学してきた学生がプレゼンテーションをしに授業に来たり、情報交換の場を作ったりしています。特にトビタテ!留学JAPANという国家プロジェクトへの取り組みがしっかりとされており、地方国公立にしては高い合格率を誇っています。短期留学もあり、学科からの海外プロジェクトもあり、留学のチャンスは多いです。

鳥取大学の評判・口コミ【工学部編】
公開日:2019年9月
  • 大学:鳥取大学 農学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

留学制度が整っている

主に農学部ではありますが、海外の大学と提携を結んでおり、長期休暇を利用した留学に参加することができます。語学留学だけではなく、農学部ならではの専門性を高める機会にもなっており、英語圏以外への留学もあります。また、学部にかかわらず、アメリカや、アフリカへの留学を支援しており、さらに海外へ行くにあたって情報収集や危機管理などに関する講義もあり、大学全体で留学を支援してくれています。また、留学生の受け入れが多く、外国人学生にとっても、留学しやすくなっています。

鳥取大学の評判・口コミ【農学部編】
公開日:2019年4月
  • 大学:鳥取大学 農学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学2年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

教授との距離が近い

鳥取大学は、どちらかといえば小規模な大学なので、学部の人数もそこまで多くなく、教授と学生の距離が近いことが満足出来る点である思います。学生と教授の距離が近いと、研究の際にしっかりサポートしてもらえる上に、交流も多いため手厚い教育が受けられます。また普段の講義も、多くても50人程度で受けるため、学生が理解できるように丁寧に教えて下さいます。国立大学ということもあり、基本的にはマジメに出席して講義を受けている学生が多いです。その点も満足しているところです。

鳥取大学の評判・口コミ【農学部編】
公開日:2018年12月
  • 大学:鳥取大学 医学部 保健学科看護学専攻
  • 状況:現在大学に通っている(大学2年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

保健師助産師看護師の免許が取れる

医学部の中でも保健学科は一年目は、鳥取市の方にある湖山キャンパスに通います。そこでサークルに入ったり、友達関係を広げられます。また、2年目からは、病棟実習が始まるため、保健学科は米子市にある米子キャンパスへ異動になります。そのため、引っ越しをしなくてはなりませんが、米子医大病院が大学の向かいにあり見学などもすぐに行くことができます。実習も医大の病院で行うため、とても高度な技術を目の当たりにすることができます。先生たちのサポート体制もよく、仲良くなれます。また、医学部は湖山キャンパスに比べ、人数が少ないため、学部間の交流がよくあり、充実したキャンパスライフを送ることができます。

鳥取大学の評判・口コミ【医学部編】
公開日:2018年11月
  • 大学:鳥取大学 医学部 生命科学科
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

研究内容が充実している

私は特に、鳥取大学医学部生命科学科の保有している研究機材、教授陣、それぞれの研究室の研究内容などに特に満足していました。国公立大学としては京都大学に続き2番目に長い歴史を持つ生命科学科です。特に遺伝子工学部門などは世界的に有名な研究室出身の先生がいらっしゃいます。そのため、研究室配属前からかなり高度な講義を受けることができます。また、研究室のほかに、鳥取県管轄の研究センターとバイオベンチャー企業が建設されており、学生の枠を越えた研究活動が可能です。

鳥取大学の評判・口コミ【医学部編】
公開日:2018年8月
  • 大学:鳥取大学 工学部
  • 状況:大学卒業後、1年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★☆☆(ふつう)

学生食堂

鳥取大学の学生食堂は、まず誰でも立ち入り可能で、近くにある付属高校や小学生の子もたまに来ていたりします。さらに2箇所あることにより、容量もそれなりにあり30分も待つことなど滅多にありません。メニューはそれぞれ違い、飽きることなく訪れることができます。中でもおすすめなのは、期間限定メニューです。九州に近いからか、そこの産物を使った料理はとても美味しく満足します。片方の食堂では新入生歓迎会などが行われ、イベントで使うことも可能です。

鳥取大学の評判・口コミ【工学部編】
公開日:2018年7月
  • 大学:鳥取大学 地域学部 地域学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

授業

地域学部と謳いながら教職、社会学、政策学等様々な授業を選ぶことができます。それぞれ最低限の数の先生方がおり、先生方もユニークで面白い方がとても多いので授業自体がとても面白いです。また、生徒数の少ない授業も多いため、その日の授業の感想コーナーに質問を書くと返ってくることがあります。また、一人一人プレゼンテーションを発表する授業やグループでプレゼンテーションを作成しそれを前で発表し、先生がその場で指導してくださったりと手厚い教育だなあと思います。生徒と先生の距離が授業内外問わず近いのがとても満足している理由です。

鳥取大学の評判・口コミ【地域学部編】
公開日:2018年7月

Q.鳥取大学に通ってみて、不満に感じている点を教えてください。

  • 大学:鳥取大学 工学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

遊ぶところがない

鳥取は生活する上での最低限のスーパーなどはありますが、遊ぶところは自転車圏内ではなく車が必須になってきます。また、汽車の本数もなく1時間に一本程度です。そのため、実家に帰省するときや大阪などに出るときも鳥取駅まで出る必要があるのですが、電車の本数が少ないため非常に不便です。また、大学内は鳥取大学付属の小学生や中学生などが歩き回っているため、不快感を表している人がたまにいます。図書館は非常に小さいためテスト期間中は席が空いてないです。

鳥取大学の評判・口コミ【工学部編】
公開日:2020年3月
  • 大学:鳥取大学 工学部 化学バイオ系学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

鳥取に執着している

鳥取大学では人口の少ない鳥取にあるためか地域密着という言葉にとらわれているような気がします。例えば、授業が選べる教養科目があるのですが、必ず人文・社会という科目の単位を取らなければならず、この科目は鳥取砂丘学や鳥取のことについて調べる授業が多い科目です。また、これは友人から聞いた話なのですが、教育実習は他の大学ならどこへ行ってもいいはずなのにこの大学では鳥取大学付属小学校でないといけないという決まりがあり、母校へ実習をしに行きたかった友人はがっかりしていました。

鳥取大学の評判・口コミ【工学部編】
公開日:2020年2月
  • 大学:鳥取大学 医学部 生命科学科
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

就職支援が他の大学に比べて手薄

就職支援が他の大学に比べて少ないように感じました。就職活動に有利な資格を取ることができない学部にとっては大変でした。就職活動が始まる直前に就職セミナーが2回ほど開かれます。それ以外のサポートについては、基本的に就職支援の方に個人的に連絡をとって依頼するような感じでした。資格が取れず、将来が不安になっている人も多かったので、もう少し早めに就職先、就職活動の情報や具体的な対策についての情報を提供する場があればよいと思いました。

鳥取大学の評判・口コミ【医学部編】
公開日:2020年1月
  • 大学:鳥取大学 医学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

医学部は引っ越しがある

医学科以外の医学部生は1年時のみ鳥取県東部の湖山キャンパスで勉強し、2年生になると鳥取県西部の米子キャンパスで勉強することになるので、1年生から2年生に変わる時に引っ越しをしなければなりません。この引っ越しに関して学校側の支援はほとんどないので、1年生のうちに自分で米子市に行き、次の家探しをしなければなりません。新たな家に変わるにあたり、敷金や礼金、引っ越し業者にお願いすると引っ越し代などもかかってくるので、お金もかかりますし手間も大きいです。

鳥取大学の評判・口コミ【医学部編】
公開日:2020年1月
  • 大学:鳥取大学 工学部 化学バイオ系学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★☆☆(ふつう)

周りに遊ぶところがない

鳥取なので、田舎です。周りに大きな商業施設等もありません。飲食店やスーパーはあるので、生活に困ることはないですが、遊びに行こうと思うと車が必要です。電車は走っていますが、30分に1本ほどの頻度なので、便利とは言えません。割と近くにカラオケがあるくらいです。それに伴い、アルバイトができる場所も限られてしまいます。車のない学生は、だいたい大学の周りか、鳥取駅前でバイトをしています。と言っても飲食店や塾講師のバイト以外なかなか見つからない、さらには時給が安いというデメリットがあります。

鳥取大学の評判・口コミ【工学部編】
公開日:2019年9月
  • 大学:鳥取大学 農学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

成績の基準が不安定

全学部共通科目として、英語と第二外国語の受講が必須なのですが、人数が多いため当然クラスが分かれ指導教員も違います。指導教員が違えば、授業の進め方や評価基準も違い、中間、期末テストの難易度も違います。そんな中出された成績を比べられても、正しく比較できるはずがありませんし、非常に理不尽であると思います。さらには、これらの成績がコース分属や研究室配属にまで響いてくるので、早急に改善を行ってほしいと思います。

鳥取大学の評判・口コミ【農学部編】
公開日:2019年4月
  • 大学:鳥取大学 農学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学2年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

キャンパスが狭い

鳥取大学はキャンパスがあまり広くないため、人が集中する場所がとても混み合います。お昼時になるとショップや学食はとても混雑していて、毎日窮屈な感じです。なかなかレジが進まなかったり、時間がない時は次の講義に間に合うのかとヒヤヒヤしたりして、その点が少し不満です。また、キャンパス内で同じ人に何度も出会います。名前は知らないけれど顔は何度も見たことがあるという人もいます。これは不満とまではいきませんが気まずくなる時はあります。

鳥取大学の評判・口コミ【農学部編】
公開日:2018年12月
  • 大学:鳥取大学 医学部 保健学科看護学専攻
  • 状況:現在大学に通っている(大学2年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

部活動に入らないといけないという風潮がある

湖山キャンパスにはたくさんサークルがあり、アルバイトをしたり、休日をゆっくり過ごしたりすることが出来るのですが、米子キャンパスは部活動が多く、部活に入らなくてはならないと言う風潮が見られます。部活動はどこの部活動も基本的には週3日であります。そのため、がっつりバイトで稼ぎたい!という方にとっては、少し邪魔な存在になっては来るのかなあと感じます。また、医学部の学生と同じ条件で部活動を行うため、遠征費などが少し高いです。

鳥取大学の評判・口コミ【医学部編】
公開日:2018年11月
  • 大学:鳥取大学 医学部 生命科学科
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

キャンパスが離れている

医学部生命科学科は、1年目の基礎教育科目を、約100kmはなれた鳥取キャンパスで受ける必要があります。ですので、大学1年目の新生活にやっと慣れた7月ごろには引っ越しを意識し始め、夏休みが終わったら引っ越しの下見へ。春休みには引っ越し完了!という具合で、アルバイトや部活などが難しいことがあります。また、1年目で必修科目の単位を落としてしまうと、片道約90分かけて毎週米子市から鳥取市へ移動しなければなりませんので、気を抜くことができません。

鳥取大学の評判・口コミ【医学部編】
公開日:2018年8月
  • 大学:鳥取大学 工学部
  • 状況:大学卒業後、1年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★☆☆(ふつう)

アルバイト

鳥取県は人口が日本国内でもっとも少ないことで有名です。そのせいかアルバイトの最低賃金がなんと時給730円でとても低いです。都会の友達の時給は1000円を超えていて、自分たちが3時間働くことが彼らは2時間で済むというのがとても驚きであり、不満な点でもあります。さらに田舎の人は優しいと言いますがそんなことはありません。バイト先のラーメン屋では、僕が働いている時に毎回クレームを言ってくる客がいてとても嫌でした。

鳥取大学の評判・口コミ【工学部編】
公開日:2018年7月
  • 大学:鳥取大学 地域学部 地域学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

キャンパスの環境

覚悟はしていましたが、みたことのない虫ばかりで、それらは大抵大きく、またとにかく数も多いことです。キャンパス内も木が多く、一見涼しそうに見えますが、緑が多いということはその分虫も多いわけです。大学の掲示板に虫刺されに注意と書いてあったのですが、例に挙げられていた虫たちは、知らない虫ばかりで卒倒しそうになりました。梅雨が明け蒸し暑くなるであろうこれからの時期が、雪が多く降るらしい冬よりも心配な季節です。

鳥取大学の評判・口コミ【地域学部編】
公開日:2018年7月


Q.おすすめ学部は?

  • 大学:鳥取大学 工学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

工学部

工学部、もっと言えば機械物系学科がおすすめです。なぜかというと、教員方はjaxaやnasaで働いていた非常に優秀な先生方に教えて頂け更に、就職も大学院まで行けば有名な企業に推薦で入ることができるためです。

鳥取大学の評判・口コミ【工学部編】
公開日:2020年3月
  • 大学:鳥取大学 工学部 化学バイオ系学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

農学部

獣医学科と生命環境学科がありますが、生命環境学科についての話になります。この学部は2回生になると5つにプログラムが分かれ、それぞれ専門性が高い分野になるので将来の事を考えるにしても学びたいことが多い人に関しても一番満足する学部だと思います。

鳥取大学の評判・口コミ【工学部編】
公開日:2020年2月
  • 大学:鳥取大学 医学部 生命科学科
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

医学部

他の大学と比較して鳥取大学に特徴的なのは医学部生命科学科だと思います。医学部にある生命科学科というのはめずらしいので、基礎医学を身に着けた科学者になりたい人にはおすすめです。そのような人になれるだけの勉強・研究環境は整っています。

鳥取大学の評判・口コミ【医学部編】
公開日:2020年1月
  • 大学:鳥取大学 医学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

医学部

附属病院が大学の近くにあるので、実習等も附属病院で行う事ができ、遠くに通うというような事がないので安心です。また、実習期間から病院の雰囲気が分かるので就職を考える際も安心ですし、病院関係の方も優しく接してくださるので、勉強環境は非常に整っていると思います。

鳥取大学の評判・口コミ【医学部編】
公開日:2020年1月
  • 大学:鳥取大学 工学部 化学バイオ系学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★☆☆(ふつう)

農学部

私が農学部に入りたかったからですが、やはり工学部の中の農学部寄りの学科にいても、工学部は工学部です。一般的な農学部らしいことがしたい人は農学部を目指すことをオススメします。農学部の後期はセンター試験のみなので、センターで失敗すると二次で挽回ということが不可能なので、滑り止めにできません。その点は念頭において受験に挑んでいただきたいです。

鳥取大学の評判・口コミ【工学部編】
公開日:2019年9月
  • 大学:鳥取大学 農学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

農学部

農学部は、鳥取大学創設よりある歴史ある学科です。しかし、古臭いだけでなく、新しいことに積極的に取り組む力があり、それが近年の研究成果として表れています。さらに、人が多い分、友人や気の合う先輩を見つけやすく、充実した大学生活が送りやすいです。

鳥取大学の評判・口コミ【農学部編】
公開日:2019年4月
  • 大学:鳥取大学 農学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学2年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

農学部

鳥取大学の農学部は、菌類の研究や、乾燥地の研究などが有名であり、研究をする環境も非常に整っています。鳥取大学特有の授業なども多く、地域と密着した授業や演習も多く、フィールドワークをするには最適の環境であると思うからです。また、海外留学も充実しており、その点もおすすめする理由です。

鳥取大学の評判・口コミ【農学部編】
公開日:2018年12月
  • 大学:鳥取大学 医学部 保健学科看護学専攻
  • 状況:現在大学に通っている(大学2年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

医学部

最先端医療が行われている現場で働く先生方などの授業や、外部の方からの授業の機会があり、様々なことに気付くことができるためとてもオススメです。将来の進路先も、医大で実習をすることができるので、多くのことを学んで選ぶことができるのではないかと考えます。

鳥取大学の評判・口コミ【医学部編】
公開日:2018年11月
  • 大学:鳥取大学 医学部 生命科学科
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

生命科学科、農学部

生命科学科につきましては上記の質問で申し上げた通りです。農学部についてですが、鳥取県には砂丘があり「乾燥地研究センター」があります。また「菌類きのこセンター」についても世界的に有名な研究施設ですので、質の高い研究ができます。留学生も多く、メキシコ島への留学のチャンスもたくさんあります。ちなみに鳥取キャンパスでの研究となりますので、引っ越しの心配はありません。

鳥取大学の評判・口コミ【医学部編】
公開日:2018年8月
  • 大学:鳥取大学 工学部
  • 状況:大学卒業後、1年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★☆☆(ふつう)

農学部

この先食料が減った時に、農学の知識は、かならず必要になってくると思うし、さらに男女比もなかなか良くて、大学生活を充実させることが可能な学部であると思います。さらに全国的にも、鳥大の農学部は有名と友達が言っていたのでおすすめです。

鳥取大学の評判・口コミ【工学部編】
公開日:2018年7月
  • 大学:鳥取大学 地域学部 地域学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

農学部

地域の特性を生かしたコースがたくさん用意されているようです。またその選んだコースで現地実習へ行ったりととても楽しいようです。海も山もすぐ近くにあるため、現地実習はさまざまな場所へ行くことができ、様々な美味しいものを食べることができると噂に聞きました。

鳥取大学の評判・口コミ【地域学部編】
公開日:2018年7月



Q.鳥取大学に通って良かった?

  • 大学:鳥取大学 工学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

鳥取大学に通って良かった

鳥取大学では、一般入試でほとんど入ってくるため学生のレベルにムラがなくテスト期間など勉強会を開くとき気兼ねなく教えてたり、教えて貰ったりすることができます。また、教員に質問にいっても嫌な顔をせずに教えていただけることがほとんどなので勉強する環境はいいと思います。評価を一つ下げた理由としてはやはり、バイトの時給が低く、遊ぶところがないため充実している学生生活とはあまり言えないためです。しかし、研究室では人間関係は良好なため楽しく通わせってもらってます。

鳥取大学の評判・口コミ【工学部編】
公開日:2020年3月
  • 大学:鳥取大学 工学部 化学バイオ系学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

鳥取大学に通って良かった

周りも鳥取県外から来た学生が多く話が弾んで楽しいです。また、偏見で鳥取大学は合格基準が他より低めだから授業もそこまでだろうと心の隅で思っていましたが、阪大卒の教授やフッ素化学会の会長をやっていた教授が授業をしてくださったり、海外や北海道から遥々講習会をしに来てくださったりと勉強に関して充実していてよかったと思います。サークルに関してもとても楽しく取り組めています。しかし、やはり都会ではないため、バイトに関しては賃金が安く、人手不足のため激務になりやすいのが難点だと思いました。

鳥取大学の評判・口コミ【工学部編】
公開日:2020年2月
  • 大学:鳥取大学 医学部 生命科学科
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

鳥取大学に通って良かった

遊ぶことのできる時間は少なかったですが、入学前から学びたかったことについてしっかり学ぶことができたと思います。また、勉強だけでなく、部活動やアルバイトにも取り組むことができ、充実した大学生活を送ることができました。部活動は医学部の場合は、週3日など適度に行われたり、試験週間は休みになる部が多く、勉強とスポーツを両立できる環境があります。先輩・後輩、先生との距離も近く、世間話も研究の話も積極的に行うことができました。

鳥取大学の評判・口コミ【医学部編】
公開日:2020年1月
  • 大学:鳥取大学 医学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

鳥取大学に通って良かった

他の大学に比べると学校の規模もそこまで大きくないためか、他学部との交流機会が多く、学部を越えての交流が多いので違う価値観を持った友人が多くできます。また、特に湖山キャンパス周辺は学生の街なので、周辺のお店は学生のために安くて美味しいご飯を出してくれたり、学生のための割引コース等も出してくれているので非常に住みやすいです。アルバイトもやはり学生が多いので、勉強やサークル活動への理解がある所が多くて安心して働くことができますし、充実した生活を送ることができると思います。

鳥取大学の評判・口コミ【医学部編】
公開日:2020年1月
  • 大学:鳥取大学 工学部 化学バイオ系学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★☆☆(ふつう)

鳥取大学に通って良かったかどちらとも言えない

留学制度が充実している恩恵を受けて、現在留学に来られている点はかなり満足しています。この大学でないと成し得なかったことなので。しかし一方で、きっとどこの大学でもそうなのかと思いますが、授業はただこなすだけ、といった印象です。どうにか出席し、とりあえずその時間中座って、理解せずに丸覚えしてテストを受けて単位を取る・・・。楽ではありますが、授業料を無駄にしているという感覚に陥ることがあります。自分のモチベーション次第でなんとかできる問題ですが、周りのモチベーションは低く感じます。

鳥取大学の評判・口コミ【工学部編】
公開日:2019年9月
  • 大学:鳥取大学 農学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

鳥取大学に通って良かった

大学内の部活動やサークル活動などの設備、援助が充実しており、それが日常生活の充実につながっていると思います。課外活動で知り合った友人や先輩と様々な交流ができるのはその恩恵であると思います。また、講義も非常に充実しており、他大学に引けを取らないほど密で、勉学においても十分満足しています。3年後期より始まった研究室生活においても、すぐに自らの研究テーマに没頭することができ、研究者としての第一歩を進めていると思います。

鳥取大学の評判・口コミ【農学部編】
公開日:2019年4月
  • 大学:鳥取大学 農学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学2年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

鳥取大学に通って良かった

講義も充実しており、学習する環境が整っているという点が素晴らしいと思います。キャンパスの雰囲気も良く、問題を起こす学生もあまりいないため、平和な日々を送れています。学校が終わると友達と食事に行ったり趣味を楽しんだりと楽しい毎日です。鳥取は遊ぶ場所が少ないですが、自然が多いため、散歩などをするのもリフレッシュできて良いです。また、サークルや部活などに参加している人も多いですが、それぞれの仲間と色々な面で向上しあっていて良い雰囲気の部活が多いです。

鳥取大学の評判・口コミ【農学部編】
公開日:2018年12月
  • 大学:鳥取大学 医学部 保健学科看護学専攻
  • 状況:現在大学に通っている(大学2年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

鳥取大学に通って良かった

他の大学と比べても、やはり国立であるのでそこまでの変化はないのですが、授業などに関しては、とても満足できるものであると感じます。また、テスト勉強はみんながテスト期間に図書館に集まって行う風潮があり、とても励みになるし頑張れます。学祭も楽しいです!二年生になってからは専門分野の学習がすごく増えてとても大変ではありますが、先輩方の情報提供や先生たちのサポートにより、悩むことは解決しながら進めていけるので大丈夫です!

鳥取大学の評判・口コミ【医学部編】
公開日:2018年11月
  • 大学:鳥取大学 医学部 生命科学科
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

鳥取大学に通って良かったと強く思う

やはり、質の高い研究と、教授陣からの教えには感謝しているところが大きいです。就職活動中に、他大学の生命科学部出身の学生と触れ合う機会がありましたが、持っている知識の差や考え方の違いを肌で感じることができました。研究者としての能力的にも人間的にも、かなり成長できたと感じております。自信をもってお勧めできる大学です。

鳥取大学の評判・口コミ【医学部編】
公開日:2018年8月
  • 大学:鳥取大学 工学部
  • 状況:大学卒業後、1年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★☆☆(ふつう)

鳥取大学に通って良かったかどちらとも言えない

すでに述べたように、周辺のアルバイトの環境、ラグビーの部活動があまり良くなかったです。国立大学の中でも偏差値が低いほうなのも理由のひとつです。良かった点は単位が取りやすかったことです。友達は難関大に行っていて、単位を取るのにかなり多くの勉強をしていたらしいです。鳥大は過去問の通りに出題されることが多かったので、容易に点を取ることができました。さらに食の面でも、学食があったおかげで健康的な生活を送れたので良かったです。

鳥取大学の評判・口コミ【工学部編】
公開日:2018年7月
  • 大学:鳥取大学 地域学部 地域学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

鳥取大学に通って良かったと強く思う

進学が決定した際は何もなさそうと皆が口を揃えて言っていましたが、結構なんでもあります。もちろん自転車が必須ですが、もともとインドアで外で遊ぶことが少ない私にとってはそれほど苦労しない土地です。また、自分の興味のない授業でも取ってみるとそぼ授業の良さに気づくことができ、昔よりさまざまな視点から物事を見られるようになったような気がします。一人暮らしを始めてから、自分が最低限生きていくための料理ができるようになった点も良かった点の一つです。

鳥取大学の評判・口コミ【地域学部編】
公開日:2018年7月

鳥取大学について

  • 法人名:国立大学法人鳥取大学
  • 本部所在地:鳥取県鳥取市湖山町南4丁目101
  • WEBサイト:https://www.tottori-u.ac.jp/
  • 学部:地域学部、医学部、工学部、農学部

鳥取大学の口コミ・評判一覧

鳥取大学の評判・口コミ【工学部編】

  • 大学:鳥取大学 工学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

志望理由

大学受験時は私立大学は学費が高いため国立大学に行きたいと考えており、センター試験の点数によって行く大学を決めようと考えていました。そして、センター試験の点数があまり良く…続きを読む

学んでいること

私は工学機械物理系学科なので、基本的には四力学と呼ばれる機械力学、材料力学、熱力学、流体力学が主要な専門科目です。1年生や2年生では、基本となる四力学、大学数学、大学の…続きを読む

満足している点

勉学する環境が整っているです。鳥取大学は、国立大学であまりレベルの高くない方なので留学などに必要な条件が緩いように感じます。また大学院などでは奨学金の免除が大学ごとなのでレベルが高くないことはメリッ…続きを読む

不満に感じている点

遊ぶところがないです。鳥取は生活する上での最低限のスーパーなどはありますが、遊ぶところは自転車圏内ではなく車が必須になってきます。また、汽車の本数もなく1時間に一本程度です。そのため、実家に…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


鳥取大学の評判・口コミ【工学部編】

  • 大学:鳥取大学 工学部 化学バイオ系学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

志望理由

私は化学が好きで理学より工学の方が興味があったので、工学部の化学系の学科がある大学を受けようと思っていました。また、化学系と生物系で迷っていたのですが、化学バイオ系学科…続きを読む

学んでいること

数学や物理などの高校までの基礎知識を少し授業で復習し、電子の動きや配列による静電的な影響やその法則、化学に関する数学の知識、無機物に関しての概要を1回生で学びました。ま…続きを読む

満足している点

一人暮らしが多いです。鳥取大学は一人暮らしの学生が多いためか、サポートが充実しているように感じます。大学に入る際には特にお世話になりました。大学の周りには一人暮らし用のアパートがたくさんあり…続きを読む

不満に感じている点

鳥取に執着しているです。鳥取大学では人口の少ない鳥取にあるためか地域密着という言葉にとらわれているような気がします。例えば、授業が選べる教養科目があるのですが、必ず人文・社会という科目の単位を…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


鳥取大学の評判・口コミ【医学部編】

  • 大学:鳥取大学 医学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学4年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

志望理由

看護師になりたいという夢と、兄弟もいるので学費の安い国公立大学を目指しており、学力とも相談した結果鳥取大学の医学部を選びました。また、地元にも割と近くよく知っている大学…続きを読む

学んでいること

1年生の時は看護分野以外の化学や物理、教育の分野の授業も受けました。2年生以降になると専門的な授業がぐっと増え、概論的な勉強から、看護の中でもより細分化した分野の勉強を…続きを読む

満足している点

複数の資格を4年間で取れるです。最近は保健師の資格は大学4年では取れないところが増えてきており、また4年で取れたとしても成績上位者のみという学校が増えて来ていますが、鳥取大学では全員が保健師の資格を取…続きを読む

不満に感じている点

医学部は引っ越しがあるです。医学科以外の医学部生は1年時のみ鳥取県東部の湖山キャンパスで勉強し、2年生になると鳥取県西部の米子キャンパスで勉強することになるので、1年生から2年生に変わる時に引っ越…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


鳥取大学の評判・口コミ【医学部編】

  • 大学:鳥取大学 医学部 生命科学科
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

志望理由

小さい頃から人の身体や病気について興味があり、医学について学びたかったので医学部を選びました。また、私は医療従事者になって患者さんの病気を治すことよりも、新しいことを発…続きを読む

学んでいること

1年次は鳥取キャンパスで、専門的な授業は少なく、自分の興味のある教養科目や語学を学びます。2年次からは附属病院がある米子キャンパスに移ります。そして、医学や生命科学につ…続きを読む

満足している点

勉強・研究環境が整っているです。実験に使う機器が多く設置されている施設がいくつかあり、共同で利用することができます。研究室内に実験機器がなくても、予約をしてすぐに使うことができ、自分の研究をスムーズに…続きを読む

不満に感じている点

就職支援が他の大学に比べて手薄です。就職支援が他の大学に比べて少ないように感じました。就職活動に有利な資格を取ることができない学部にとっては大変でした。就職活動が始まる直前に就職セミナーが2回ほど開かれま…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


鳥取大学の評判・口コミ【工学部編】

  • 大学:鳥取大学 工学部
  • 状況:大学卒業後、1年以内
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★☆☆(ふつう)

満足している点

学生食堂です。鳥取大学の学生食堂は、まず誰でも立ち入り可能で、近くにある付属高校や小学生の子もたまに来ていたりします。さらに2箇所あることにより、容量もそれなりにあり30分も待つこと…続きを読む

不満に感じている点

アルバイトです。鳥取県は人口が日本国内でもっとも少ないことで有名です。そのせいかアルバイトの最低賃金がなんと時給730円でとても低いです。都会の友達の時給は1000円を超えていて、自分…続きを読む

おすすめ学部:農学部

この先食料が減った時に、農学の知識は、かならず必要になってくると思うし、さらに男女比もなかなか良くて、大学生活を充実させることが可能な学部であると思います。さらに全国的…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


鳥取大学の評判・口コミ【工学部編】

  • 大学:鳥取大学 工学部 化学バイオ系学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★☆☆(ふつう)

志望理由

後期受験で合格しました。もともとは農学部に入りたかったので広島大学を受験しましたが、落ちてしまったので鳥取大学に通うことになりました。ですので鳥取大学は後期出願でした。…続きを読む

学んでいること

有機化学、無機化学等の化学系、微生物学や生化学などの生物系が中心でした。中には物理系や英語等もありました。1年ではほとんど化学系でしたが、2年でバイオ系と化学系に分かれ…続きを読む

満足している点

留学プログラムが充実しているです。入学前のガイダンスから留学の情報がたくさんもらえました。学部は英語や留学とはあまり関係ありませんが、大学ぐるみで留学を促進する動きがとても強いです。先生からだけではなく…続きを読む

不満に感じている点

周りに遊ぶところがないです。鳥取なので、田舎です。周りに大きな商業施設等もありません。飲食店やスーパーはあるので、生活に困ることはないですが、遊びに行こうと思うと車が必要です。電車は走っていますが…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


鳥取大学の評判・口コミ【医学部編】

  • 大学:鳥取大学 医学部 生命科学科
  • 状況:大学卒業後、2年以内
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

満足している点

研究内容が充実しているです。私は特に、鳥取大学医学部生命科学科の保有している研究機材、教授陣、それぞれの研究室の研究内容などに特に満足していました。国公立大学としては京都大学に続き2番目に長い歴史…続きを読む

不満に感じている点

キャンパスが離れているです。医学部生命科学科は、1年目の基礎教育科目を、約100kmはなれた鳥取キャンパスで受ける必要があります。ですので、大学1年目の新生活にやっと慣れた7月ごろには引っ越しを意…続きを読む

おすすめ学部:生命科学科、農学部

生命科学科につきましては上記の質問で申し上げた通りです。農学部についてですが、鳥取県には砂丘があり「乾燥地研究センター」があります。また「菌類きのこセンター」についても…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


鳥取大学の評判・口コミ【医学部編】

  • 大学:鳥取大学 医学部 保健学科看護学専攻
  • 状況:現在大学に通っている(大学2年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

満足している点

保健師助産師看護師の免許が取れるです。医学部の中でも保健学科は一年目は、鳥取市の方にある湖山キャンパスに通います。そこでサークルに入ったり、友達関係を広げられます。また、2年目からは、病棟実習が始まるため、…続きを読む

不満に感じている点

部活動に入らないといけないという風潮があるです。湖山キャンパスにはたくさんサークルがあり、アルバイトをしたり、休日をゆっくり過ごしたりすることが出来るのですが、米子キャンパスは部活動が多く、部活に入らなくてはならない…続きを読む

おすすめ学部:医学部

最先端医療が行われている現場で働く先生方などの授業や、外部の方からの授業の機会があり、様々なことに気付くことができるためとてもオススメです。将来の進路先も、医大で実習を…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


鳥取大学の評判・口コミ【地域学部編】

  • 大学:鳥取大学 地域学部 地域学科
  • 状況:現在大学に通っている(大学1年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★★(大満足)

満足している点

授業です。地域学部と謳いながら教職、社会学、政策学等様々な授業を選ぶことができます。それぞれ最低限の数の先生方がおり、先生方もユニークで面白い方がとても多いので授業自体がとても面…続きを読む

不満に感じている点

キャンパスの環境です。覚悟はしていましたが、みたことのない虫ばかりで、それらは大抵大きく、またとにかく数も多いことです。キャンパス内も木が多く、一見涼しそうに見えますが、緑が多いということは…続きを読む

おすすめ学部:農学部

地域の特性を生かしたコースがたくさん用意されているようです。またその選んだコースで現地実習へ行ったりととても楽しいようです。海も山もすぐ近くにあるため、現地実習はさまざ…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


鳥取大学の評判・口コミ【農学部編】

  • 大学:鳥取大学 農学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学2年生)
  • 性別:男性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

満足している点

教授との距離が近いです。鳥取大学は、どちらかといえば小規模な大学なので、学部の人数もそこまで多くなく、教授と学生の距離が近いことが満足出来る点である思います。学生と教授の距離が近いと、研究の際…続きを読む

不満に感じている点

キャンパスが狭いです。鳥取大学はキャンパスがあまり広くないため、人が集中する場所がとても混み合います。お昼時になるとショップや学食はとても混雑していて、毎日窮屈な感じです。なかなかレジが進ま…続きを読む

おすすめ学部:農学部

鳥取大学の農学部は、菌類の研究や、乾燥地の研究などが有名であり、研究をする環境も非常に整っています。鳥取大学特有の授業なども多く、地域と密着した授業や演習も多く、フィー…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


鳥取大学の評判・口コミ【農学部編】

  • 大学:鳥取大学 農学部
  • 状況:現在大学に通っている(大学3年生)
  • 性別:女性
  • 総合評価:★★★★☆(満足)

満足している点

留学制度が整っているです。主に農学部ではありますが、海外の大学と提携を結んでおり、長期休暇を利用した留学に参加することができます。語学留学だけではなく、農学部ならではの専門性を高める機会にもなっ…続きを読む

不満に感じている点

成績の基準が不安定です。全学部共通科目として、英語と第二外国語の受講が必須なのですが、人数が多いため当然クラスが分かれ指導教員も違います。指導教員が違えば、授業の進め方や評価基準も違い、中間、…続きを読む

おすすめ学部:農学部

農学部は、鳥取大学創設よりある歴史ある学科です。しかし、古臭いだけでなく、新しいことに積極的に取り組む力があり、それが近年の研究成果として表れています。さらに、人が多い…続きを読む


続きを見る

※このサイトの情報は会員登録なしですべて見られます


       
宮城教育大学 教育学部
宮城教育大学の評判・口コミ【教育学部編】

大学:宮城教育大学 教育学部 初等教育教員養成課程状況:現在大学に

大阪大学 外国語学部
大阪大学の評判・口コミ【外国語学部編】

大学:大阪大学 外国語学部 外国語学科状況:現在大学に通っている(

中央大学 商学部
中央大学の評判・口コミ【商学部編】

大学:中央大学 商学部 会計学科状況:大学卒業後、2年以内性別:女

金沢大学 人間社会学域
金沢大学の評判・口コミ【人間社会学域編】

大学:金沢大学 人間社会学域 人文学類状況:現在大学に通っている(

大谷大学 文学部
大谷大学の評判・口コミ【文学部編】

大学:大谷大学 文学部 歴史学科状況:現在大学に通っている(大学3

→もっと見る